KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 農業
  • 平成
  • 令和
  • 茶摘み
  • 生態
  • 茶業
  • 発展
  • ムー
  • 風景

「福鼎市」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
119
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
119
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月12日
    台風一過、復旧にむけ自助努力続く福建省

    12日、台風で破壊された浜辺の巾着網を修復する福建省福鼎市点頭鎮の竜田村青嶼頭自然村の村民・薛敬閙さん(右)と薛家回さん。11日に中国に上陸した台風8号「マリア」は、福建省の農業や交通、水利、電力に異なる程度の損失をもたらした。台風が過ぎ去った被災地では生活と生産秩序の速やかな回復を目指し、生産再開に向けた自助努力が続けられている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071300440

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月12日
    台風一過、復旧にむけ自助努力続く福建省

    12日、台風の被害を受けたマサトイモの葉を切り落とす福建省福鼎市貫岭鎮何坑村の村民・張良海さん。11日に中国に上陸した台風8号「マリア」は、福建省の農業や交通、水利、電力に異なる程度の損失をもたらした。台風一過の被災地では生活と生産秩序の速やかな回復を目指し、生産復旧に向け自助努力が続けられている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071300442

  • 2018年07月25日
    生態系と水環境の総合的な整備を全面推進福建省福鼎市

    25日、河川管理の専門職員がモバイル端末を利用して、福鼎河長制情報化総合管理プラットフォームに送った竜山渓河畔の漂流ごみの写真について説明する福鼎市河川管理センターの林上霞主任(右)。今年に入ってから、中国福建省福鼎市は生態系と水環境の整備において、「河長制」(河川の管理や保護活動を行う責任者を地方政府の指導層から指名する制度)の実施方案や指導機関の調整・改善を加速している。県レベルの河長の「月1回河川パトロール」や郷レベルの河長の「週1回河川パトロール」および専門職員による「1日1回河川パトロール」制度を厳格に実行することで、水環境の総合的な整備を全面的に推進し、河川流域の美しい生態環境を確保するよう努めている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700391

  • 2018年07月25日
    生態系と水環境の総合的な整備を全面推進福建省福鼎市

    25日、桐山渓(河)をパトロールする河川管理の専門職員、王念碰さん(左から2人目)。今年に入ってから、中国福建省福鼎市は生態系と水環境の整備において、「河長制」(河川の管理や保護活動を行う責任者を地方政府の指導層から指名する制度)の実施方案や指導機関の調整・改善を加速している。県レベルの河長の「月1回河川パトロール」や郷レベルの河長の「週1回河川パトロール」および専門職員による「1日1回河川パトロール」制度を厳格に実行することで、水環境の総合的な整備を全面的に推進し、河川流域の美しい生態環境を確保するよう努めている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700341

  • 2018年07月25日
    生態系と水環境の総合的な整備を全面推進福建省福鼎市

    25日、桐山渓(河)の漂流ごみを取り除いている河川の清掃員、葉志属さん。今年に入ってから、中国福建省福鼎市は生態系と水環境の整備において、「河長制」(河川の管理や保護活動を行う責任者を地方政府の指導層から指名する制度)の実施方案や指導機関の調整・改善を加速している。県レベルの河長の「月1回河川パトロール」や郷レベルの河長の「週1回河川パトロール」および専門職員による「1日1回河川パトロール」制度を厳格に実行することで、水環境の総合的な整備を全面的に推進し、河川流域の美しい生態環境を確保するよう努めている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700362

  • 2018年12月12日
    福建省福鼎市に消防ロボット納入省内で最大規模

    12日、福建省福鼎市の特殊ロボット生産基地で、消火作業のデモンストレーションを行う消防・消火調査ロボット。中国福建省福鼎(ふくてい)市で12日、中国機械設備大手の中信重工機械の子会社、中信重工開誠智能装備が開発した消防ロボット60台が引き渡された。同省での消防ロボットの引渡しは今回が最大の規模となる。排煙ロボットは今回が省内初配置となり、消火演習に導入された。また、市内の特殊ロボット生産基地も同日に稼働を開始した。今後は10種類以上の消防用特殊ロボットを現地生産し、地元の産業高度化や新旧原動力の転換、技術人材の育成をけん引していく。(福鼎=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314076

  • 2018年12月12日
    福建省福鼎市に消防ロボット納入省内で最大規模

    12日、福建省福鼎市の特殊ロボット生産基地で、階段昇降テストを行う消防・消火調査ロボット。中国福建省福鼎(ふくてい)市で12日、中国機械設備大手の中信重工機械の子会社、中信重工開誠智能装備が開発した消防ロボット60台が引き渡された。同省での消防ロボットの引渡しは今回が最大の規模となる。排煙ロボットは今回が省内初配置となり、消火演習に導入された。また、市内の特殊ロボット生産基地も同日に稼働を開始した。今後は10種類以上の消防用特殊ロボットを現地生産し、地元の産業高度化や新旧原動力の転換、技術人材の育成をけん引していく。(福鼎=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314200

  • 2018年12月12日
    福建省福鼎市に消防ロボット納入省内で最大規模

    12日、福建省福鼎市の特殊ロボット生産基地で、完成した消防ロボットを整備する従業員。中国福建省福鼎(ふくてい)市で12日、中国機械設備大手の中信重工機械の子会社、中信重工開誠智能装備が開発した消防ロボット60台が引き渡された。同省での消防ロボットの引渡しは今回が最大の規模となる。排煙ロボットは今回が省内初配置となり、消火演習に導入された。また、市内の特殊ロボット生産基地も同日に稼働を開始した。今後は10種類以上の消防用特殊ロボットを現地生産し、地元の産業高度化や新旧原動力の転換、技術人材の育成をけん引していく。(福鼎=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314236

  • 2018年12月12日
    福建省福鼎市に消防ロボット納入省内で最大規模

    12日、福建省福鼎市の特殊ロボット生産基地で、消火作業のデモンストレーションを行う高発泡消火ロボット。中国福建省福鼎(ふくてい)市で12日、中国機械設備大手の中信重工機械の子会社、中信重工開誠智能装備が開発した消防ロボット60台が引き渡された。同省での消防ロボットの引渡しは今回が最大の規模となる。排煙ロボットは今回が省内初配置となり、消火演習に導入された。また、市内の特殊ロボット生産基地も同日に稼働を開始した。今後は10種類以上の消防用特殊ロボットを現地生産し、地元の産業高度化や新旧原動力の転換、技術人材の育成をけん引していく。(福鼎=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314101

  • 2018年12月12日
    福建省福鼎市に消防ロボット納入省内で最大規模

    12日、福建省福鼎市の特殊ロボット生産基地で、排煙・消火作業のデモンストレーションを行う消防用排煙ロボット。中国福建省福鼎(ふくてい)市で12日、中国機械設備大手の中信重工機械の子会社、中信重工開誠智能装備が開発した消防ロボット60台が引き渡された。同省での消防ロボットの引渡しは今回が最大の規模となる。排煙ロボットは今回が省内初配置となり、消火演習に導入された。また、市内の特殊ロボット生産基地も同日に稼働を開始した。今後は10種類以上の消防用特殊ロボットを現地生産し、地元の産業高度化や新旧原動力の転換、技術人材の育成をけん引していく。(福鼎=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121314241

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、福鼎市にある福鼎白茶無形文化遺産展示室で、「国家無形文化遺産の代表的継承者」と記された胸章(きょうしょう)を掲げて見せる梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902208

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、福鼎市にある福鼎白茶無形文化遺産展示室で、祖父の自伝的エッセイ「篠渓陳情書」を掲げて見せる梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902204

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福建鼎白茶業有限公司で天日干しされた茶葉。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800840

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市佳陽(かよう)ショオ族郷の天湖山茶園。(小型無人機から)「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800871

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市点頭(てんとう)鎮の福鼎茶葉取引市場で茶葉を売買する農家。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800885

  • 2019年03月21日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    21日、福鼎市佳陽シェオ族郷後陽村にある「華茶2号」生態茶園で、茶葉を摘み取る茶農家たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902296

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶工房の庭で、茶葉の萎凋プロセスの状況をチェックする梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902284

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市佳陽(かよう)ショオ族郷後陽(こうよう)村の鼎白生態茶園で茶を摘む農家。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800839

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶工房で息子の梅伝鑾(ばい・でんらん)さんに炭火を用いた焙煎技術について説明する梅相靖さん(右)。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902279

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市点頭(てんとう)鎮の福鼎茶葉取引市場で茶葉を売買する農家。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800811

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市前岐鎮の小岳村で撮影した白茶の天日干し。(小型無人機から)「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800908

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市佳陽(かよう)ショオ族郷後陽(こうよう)村の鼎白生態茶園で茶を摘む農家。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800869

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日に撮影した福鼎市佳陽(かよう)ショオ族郷後陽(こうよう)村の鼎白生態茶園。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800886

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福鼎市の工場で天日干しされた茶葉。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800889

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、農家らでにぎわう福鼎市点頭(てんとう)鎮の福鼎茶葉取引市場。(小型無人機から)「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800836

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、点頭鎮柏柳村にある白茶工房の庭で、茶葉を天日干しする梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902277

  • 2019年03月21日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    21日、福鼎市佳陽シェオ族郷後陽村にある生態茶園で、茶葉を摘む茶農家。(小型無人機から)新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200465

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶工房で茶葉の萎凋プロセスの状況をチェックする梅相靖さん。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902293

  • 2019年03月21日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    21日、空から見た福建鼎白茶業有限公司の茶葉の天日干し場。(小型無人機から)新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200518

  • 2019年03月21日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    21日、茶農家で活気あふれる福鼎市点頭鎮の福鼎茶葉市場。(小型無人機から)新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200456

  • 2019年03月21日
    福鼎白茶の文化を広めたい無形文化遺産の継承者梅相靖さん

    21日、白茶の工房で息子の梅伝鑾(ばい・でんらん)さんに炭火を用いた焙煎技術について説明する梅相靖さん(右)。「中国白茶第一村」と称される中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮の柏柳(はくりゅう)村は、白茶の栽培において悠久な歴史を持つ。梅相靖(ばい・そうせい)さん(79)の祖父で同市の有名な茶商、梅篠渓(ばい・しょうけい)さんは1915年に海を越え、同地の福鼎白茶を遠方の東南アジア各地まで運んで販売した。梅さんの祖父が自らの生い立ちや茶の製造に関する経験を記した自伝的エッセー「篠渓陳情書」が、今では福鼎の茶産業の状況を示す重要な文献資料となっている。幼い頃から祖父のもとで白茶の製造を学んできた梅さんは、梅家に代々伝わる昔ながらの方法を受け継ぎ、白茶の伝統的な製法を頑なに守り、茶製造における萎凋(いちょう、生葉に含まれている水分の約半分を平均的に取り除く作業)、乾燥などの技術的プロセスを発展させ続けてきた。梅さんは祖父が福鼎白茶を通して築き上げた輝かしい歴史を引き継ぎ、福鼎白茶の文化を大いに広め続け、その製造技術を後世の人々に伝えることで、これらを師から弟子へと受け継がせていくという。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902214

  • 2019年03月21日
    茶産業の発展で農村振興と増収を実現福建省福鼎市

    21日、福建鼎白茶業有限公司の萎凋(いちょう)台で茶葉を振るう従業員。「中国白茶の里」「中国名茶の里」として名高い福建省福鼎(ふくてい)市は、白茶栽培の長い歴史を持ち、中国最大の白茶の生産・輸出拠点となっている。同市はここ数年、茶産業を農村振興と増収を実現する戦略的産業として発展させ、さまざまな取り組みを通じて産業の転換と高度化を推進することで、農村部の産業発展と農家の収入増を目指してきた。同市は2018年、茶園面積20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量2万7千トン、茶関連の総生産額が56億8800万元(1元=約16円)に達した。現在までに全国各地に営業所8千カ所以上が設立され、9万人以上の雇用が生まれた。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800913

  • 2019年03月22日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    22日、福鼎白茶を味わう観光客たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902297

  • 2019年03月22日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    22日、福鼎白茶を入れる女性。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902222

  • 2019年03月22日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    22日、福鼎市太姥山鎮方家山(ほうかざん)村の国子生態茶業基地で、「華茶2号」の名前をもつ茶葉を摘み取るシェオ族の村民たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902288

  • 2019年03月22日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    22日、福鼎市太姥山鎮方家山(ほうかざん)村の国子生態茶業基地で、「華茶2号」の名前をもつ白茶の茶葉を摘み取るシェオ族の女性たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902213

  • 2019年03月22日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    22日、福鼎市太姥山鎮方家山(ほうかざん)村の国子生態茶業基地で、「華茶2号」の名前をもつ白茶の茶葉を摘み取るシェオ族の女性、鍾秀容(しょう・しゅうよう)さん(左)。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902295

  • 2019年03月23日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    23日、太姥山の「核心茶生産区」で、「華茶1号」の名前をもつ白茶の茶葉を摘み取る朱家亮(しゅ・かりょう)さん(左から2人目)たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902286

  • 2019年03月23日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    23日に撮影した福鼎市の太姥山にある大白茶の親木「緑雪芽」。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902281

  • 2019年03月23日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    23日、福鼎市の太姥山にある大白茶の親木「緑雪芽」。その後ろには「緑雪芽」の文字が刻まれた巨大な岩がそびえている。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902231

  • 2019年03月23日
    太姥山と白茶が織りなす物語福建省福鼎市

    23日、福鼎市の太姥山にある古くからの親木「緑雪芽」を見学に訪れた観光客たち。中国国家重点風景名勝区であり国家地質公園でもある福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山は、「海上仙都」と呼ばれている。尭(ぎょう、中国神話に登場する君主)の時代、太姥娘娘(タイラオニャンニャン)という女性が、太姥山で乾燥させた茶葉を用いてはしかを治したことが、福鼎白茶の始まりだという。この太姥山に自生する古くからの白茶の親木「緑雪芽」は、今では中国茶樹の優良品種対照基準である「華茶1号」、「華茶2号」の名前をもつ「福鼎大白茶」、「福鼎大毫茶」に発展し、福鼎市の農村振興を促し、人々に富をもたらすグリーン産業となっている。目下、福鼎白茶の評判は国内外に広がっており、多くの観光客が「中国白茶の故郷」福鼎を訪れ、白茶を味わい、千年にわたって受け継がれてきた太姥山白茶の文化を楽しんでいる。「福鼎白茶製作伝統技術」は2011年に第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902280

  • 2019年03月24日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    24日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙白茶生態茶園で、茶葉を摘む林倩倩(りん・せいせい)さん(左端)たち。新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200452

  • 2019年03月24日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    24日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙白茶生態茶園で、摘み取った茶葉の質を確かめる李双双(り・そうそう)さん(右端)。新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200482

  • 2019年03月24日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    24日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙白茶生態茶園で、茶葉を摘む林倩倩(りん・せいせい)さん(右端)たち。新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200517

  • 2019年03月24日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    24日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙白茶生態茶園で撮影した茶の木の新芽。新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200455

  • 2019年03月24日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    24日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙荘園にある「中国白茶品種園」で茶葉を摘む女性たち。新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200462

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、闘茶イベントの一般審査で、観光客や茶業関係者のためにお茶を入れる参加企業の国之白茶(福建)有限公司の代表(右端)。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100750

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、茶摘みを終え、福鼎市太姥山鎮の方家山村にある茶畑を後にするショオ族の茶摘み娘たち。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100898

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東ショオ族喊山祭茶式典」で、祭壇に線香をあげる福鼎市太姥山鎮方家山村の村民。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100857

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、会場で茶の香りや味などを審査する専門家。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100812

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、闘茶イベントの一般審査で、観光客や茶業関係者のためにお茶を入れる参加企業の代表。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100859

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東シェ族喊山祭茶式典」で、「祭文」を読み上げる同式典の主祭、鍾金水(しょう・きんすい)さん。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100775

  • 01:05.73
    2019年04月06日
    「新華社」白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。同村の茶園面積は2300ムー(約153ヘクタール)余りで、同市の重要な白茶生産区の一つとなっている。ショオ族の人口は村全体の人口の52%以上、村全体で茶業に従事する人は90%を占めており、「白茶の故郷」と呼ばれている。(記者/林善伝)<映像内容>中国福建省福鼎市の闘茶イベント開催の様子、撮影日:2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223796

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、会場で茶の味などを審査する専門家。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100815

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、福鼎市太姥山鎮の方家山村にある茶畑で、民族衣装に身を包み、茶摘みをするショオ族の茶摘み娘たち。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100820

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、闘茶イベントの一般審査で、観光客や茶業関係者のためにお茶を入れる参加企業の代表。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100850

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東ショオ族喊山祭茶式典」で、民族楽器を吹きながら祈りをささげる祭官。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100819

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、出品された茶葉の審査を行う専門家。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100830

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日に撮影した「閩東ショオ族喊山祭茶式典」の様子。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100851

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日に撮影した「閩東ショオ族喊山祭茶式典」の様子。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100759

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、太姥山鎮方家山村のショオ族「三月三闘茶大会」会場で、イベントに参加し白茶を味わう茶業関係者。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100770

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東シェ族喊山祭茶式典」で、茶農家を率いて「茶摘みの開始」を声高らかに宣言する同式典の主祭、鍾金水(しょう・きんすい)さん。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100773

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、祭壇に線香をあげ、福建省に伝わる最古の女神「太姥娘娘(タイボニャンニャン)」を拝む「第1回閩東シェオ族喊山祭茶式典」の主祭、鍾金水(しょう・きんすい)さん。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100876

  • 2019年04月06日
    白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市

    6日、大会に出品された茶葉を密封する審査員。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100895

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東シェオ族喊山祭茶式典」で、民族衣装に身を包み、茶摘みの歌を披露するショオ族の茶摘み娘たち。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100860

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「閩東ショオ族喊山祭茶式典」で、高い台の上で神に祈りをささげる祭官。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100760

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東シェオ族喊山祭茶式典」で、「祭文」を読み上げる方家山村の人たち。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100776

  • 2019年04月06日
    茶業の繁栄願うショオ族の「喊山祭茶」福建省福鼎市

    6日、「第1回閩東シェ族喊山祭茶式典」に参加する福鼎市太姥山鎮方家山村の人たち。お茶の神を祭る儀式である「第1回閩東(びんとう、福建省東部)ショオ族喊山(かんさん)祭茶式典」が6日、「白茶の故里」として知られる中国福建省福鼎(ふくてい)市の太姥山(たいぼざん)鎮方家山村で開かれた。同村は太姥山の南西山麓の奥深いところにあり、四方を山に囲まれている。平均海抜は600メートル以上で、高海抜地帯にある数少ない茶の生産地だ。温暖な気候と豊富な雨量で、年間を通じて雲と霧に覆われている。同村の周辺地域は豊かな生態系に恵まれ、主に花崗岩と火山岩で構成された風化土壌が茶山に広がり、チャノキ(茶の木)に十分な有機質とミネラル成分を与えている。これらの条件が白茶の栽培と成長に適することから、ここで栽培される白茶の質は極めて高い。毎年の茶摘みの始めに行う「閩東ショオ族喊山開茶」の儀式は、神に感謝し、気候の安定を祈り、茶業の繁栄を願うショオ族に古くから伝わる民俗祭祀となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100781

  • 01:55.64
    2019年04月11日
    「新華社」緑が映える「中国白茶の故郷」福建省福鼎市

    「世界の白茶は中国にあり、中国の白茶は福鼎(ふくてい)にある」と言われる中国福建省福鼎市は、中国の白茶の里として名高い。同市の太姥山(たいぼざん)は国家重点風景名勝区であり、国家地質公園(国立ジオパーク)でもある。「銘茶は名山から生まれる」という言葉の通り、太姥山から移植された品種「緑雪芽」の小さな苗は、成長して「華茶一号」福鼎大白茶となり、福鼎市の農村振興を促す特色産業を生んだ。大地に春が戻り、春風が緑を連れて来ると、茶農家では茶摘みが始まり、労働の美しさがひときわ輝く。(記者/林善伝、林凱)<映像内容>中国福建省福鼎市の茶畑などの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100682

  • 01:01.31
    2019年05月22日
    「新華社」海からの日の出を満喫福建省嵛山島

    中国福建省寧徳市の管轄下にある県級市福鼎市の嵛山(ゆざん)島は、古くは福瑶列島と呼ばれ、「恵まれた土地」「美しい玉」という意味がある。寧徳市最大の島しょとされ、大嵛山や小嵛山、鴛鴦島、銀嶼など11の大小さまざまな島からなる。陸地面積は28・3平方キロ。おだやかで美しい景観を持ち、中国の地理雑誌「中国国家地理」で中国の最も美しい島10選の一つに選ばれている。水平線に上る朝日の美しさは、見る人の心を洗い、すべての悩みを忘れさせる。(記者/郭圻)<映像内容>中国の嵛山島の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400656

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、決勝会場で香りを審査する福建省農業農村庁の教授級高級農芸師、蘇峰(そ・ほう)氏(左から2人目)ら。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405285

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、競技会の開幕を知らせる海峡両岸茶産業交流協会の元執行会長、福建省茶業協会の楊祖基(よう・そき)会長(右)と寧徳市海峡茶業交流協会の李歩泉(り・ほせん)会長(左)。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405317

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、会場で茶葉を審査する専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405325

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、重さ64キロの「瑞達大茶餅」の説明をする、福鼎市無形文化遺産「福鼎白茶制作技芸」の代表的伝承者、陳家瑞(ちん・かすい)氏。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405389

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、開幕式会場で行われた茶芸の実演。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405392

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、香りを審査する茶葉品評の専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405328

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、闘茶競技会の開幕式で記念撮影する受賞店の代表者と授賞者(中央)。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405284

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、開幕式で「郷村振興貢献企業代表」として表彰される陳家雅(ちん・かが)氏(左から2人目)。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405283

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、決勝会場で官能評価を行う専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405323

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、闘茶競技会の開幕式で記念撮影をする「郷村振興産業発展リーダー」の受賞者ら。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405334

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、決勝会場で開いた茶葉を審査する、茶葉品評の専門家、陳金水(ちん・きんすい)氏(前列右)。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405296

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、決勝会場で茶の風味を審査する専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405303

  • 2019年06月30日
    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市

    6月30日、決勝会場で茶葉の外形を審査する専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405308

  • 01:03.83
    2020年01月29日
    「新華社」悠久の歴史を刻む街無形文化遺産の宝庫、福建省寧徳市

    中国福建省寧徳市は近年、「保護をメインとし、応急措置を第一に、管理を強化し、合理的に利用する」という文化財保護の方針を堅持し、保護活動を支援するさまざまな政策を打ち出すことで、無形文化遺産の魅力を引き出してきた。同市には、世界的に有名な無形文化遺産である「中国水密隔艙福船(すいみつかくそうふくせん)の建造技術」や「柘栄(しゃえい)県の切り紙細工」のほか、国家級無形文化遺産「中国木造アーチ橋の伝統的建造技術」、福安市のショオ族による銀器制作技術、寿寧県の地方劇「北路戯」、寧徳市霍童鎮に伝わる民間芸術「霍童糸操り獅子舞(霍童線獅)」、福鼎(ふくてい)市沙埕鎮の伝統的な民俗芸能「福鼎沙埕鉄枝」、福建省無形文化遺産に指定されている福鼎市の操り人形「提線木偶」および中国歴史文化名村に指定されている福安市渓潭鎮の廉村など、さまざまな無形文化遺産がある。(記者/郭圻)<映像内容>福建省寧徳市のさまざまな無形文化遺産、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100651

  • 00:47.06
    2020年03月16日
    「新華社」茶畑に訪れた春福建省福鼎市

    長い冬の間、休眠し養分を蓄えていた茶の木に春が訪れ、枝先に新芽が顔をのぞかせるようになった。「中国白茶の郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市の山の茶畑では、柔らかな葉を付けた、鮮やかな緑色の茶の木が整然と広がり、地元の人々はお茶のある素晴らしい暮らしへの準備を始めた。(記者/郭圻)<映像内容>茶畑の風景など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032303307

  • 2020年03月28日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    28日、福鼎市貫嶺鎮西山村の東南白茶有機茶基地で、その年の一番摘みの茶「頭春茶」を摘み取る「福建福鼎東南白茶進出口(輸出入)」の張鄭庫(ちょう・ていこ)さん(右端)。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104193

  • 2020年03月28日
    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省

    3月28日、茶葉の水分を取り除く作業「萎凋(いちょう)」の作業場で、茶葉の状態をチェックする茶の輸出入業者「福建福鼎東南白茶進出口(輸出入)」の従業員。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302590

  • 2020年03月28日
    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省

    3月28日、福鼎市貫嶺鎮西山村の東南白茶有機茶基地で、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」を摘む茶農家。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302573

  • 2020年03月28日
    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省

    3月28日、白茶を炭火で焙煎する福建省福鼎市の無形文化遺産「白茶の伝統制作技術」伝承者、張鄭庫(ちょう・ていこ)さん。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302581

  • 2020年03月28日
    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省

    3月28日、福鼎市貫嶺鎮西山村の東南白茶有機茶基地で、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」を摘む茶農家。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302676

  • 2020年03月28日
    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省

    3月28日、弟子の夏孝同(か・こうどう)さん(左端)に茶葉の炭火焙煎のやり方を教える福建省福鼎市の無形文化遺産「白茶の伝統制作技術」の伝承者、張鄭庫(ちょう・ていこ)さん(奥中央)。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月28日
    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省

    3月28日、従業員に製茶の技術を指導する福建省福鼎市の無形文化遺産「白茶の伝統制作技術」の伝承者、張鄭庫(ちょう・ていこ)さん(左端)。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302631

  • 2020年03月28日
    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省

    3月28日、白茶の日陰干し作業をする茶の輸出入業者「福建福鼎東南白茶進出口(輸出入)」の従業員。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302670

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、「第9回福鼎白茶開茶節」の開幕式で行われた「中国白茶博物館」のプレート除幕式。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104183

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、「第9回福鼎白茶開茶節」の開幕式の様子。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104201

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙白茶生態茶園で、清明節(4月4日)の前に摘まれる「明前茶」を摘む呉晶晶(ご・しょうしょう)さん。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104202

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、六妙白茶の製造工場で、茶葉の選別作業をする従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104225

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、銅鑼の音とともに開かれた「第9回福鼎白茶開茶節」の開幕式の様子。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104196

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、「第9回福鼎白茶開茶節」の開幕式で茶芸を披露する女性。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104281

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、「第9回福鼎白茶開茶節」の開幕式の様子。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104199

  • 1
  • 2