KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 自分
  • 自宅
  • 大城立裕
  • 手法
  • 日本
  • 演劇
  • 虚実
  • アルバイト
  • キャッチャー・イン・ザ・ライ
  • グレート・ギャツビー

「私小説」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1978年10月26日
    尾崎一雄氏 喜びの受章者

    「ビックリしたね」と文化勲章受章の喜びを語る作家の尾崎一雄氏。「ボクの流儀は“自然流”。寝たい時に寝て、起きたい時に起きる。押し相撲はしない」−私小説を書き続けて60年の78歳=1978(昭和53)年10月26日、神奈川県小田原市の自宅(53年内地 9849)

    商品コード: 2015081900093

  • 2003年02月26日
    私小説から最も遠く

    「自分のつくった人物の“縫いぐるみ”の中に入って話をつくる」と語る作家・高樹のぶ子さん=福岡市の自宅

    商品コード: 2003022600106

  • 2004年02月24日
    私小説を超えた「門」

    ダミアン・フラナガン氏

    商品コード: 2004022400119

  • 2005年07月11日
    価値紊乱期を描く戦中派

    「山田さんは驚くべき読書家でした。孤児のような環境で育ちましたが、文学を通して悲哀に満ちた人は自分だけではないことを知り、自分の孤独も相対化していった。他人の表現に常に興味を持ち、私小説から一番遠い小説を書いた偉大な作家です」と語る関川夏央さん=東京・銀座のホテル

    商品コード: 2005071100214

  • 2005年08月11日
    超現実世界と私小説の一致

    「大傑作『田紳有楽』で藤枝さんは風狂の意味を広げ、非常にリアルにした。問題提起の爆弾作家との感じもある。読んで安心するということはないし、整合性にも到達しないけれど、それは藤枝静男の栄光だ」と話す小川国夫さん=JR藤枝駅前の喫茶店

    商品コード: 2005081100183

  • 2017年04月07日
    成熟の文体、読者への信頼

    「成熟した一人称小説だと思う」と話す鴻巣友季子さん

    商品コード: 2017040700385

  • 2017年09月08日
    スプレーでさらけ出す自分

    「嫁をモデルに描いた作品のシリーズは、私小説のようなもの」と話すMADSAKIさん

    商品コード: 2017090800238

  • 2018年10月23日
    演劇的手法を私小説に

    「事実をそのまま書いても小説にはならない。フィクションも混ぜています」と話す大城立裕さん

    商品コード: 2018102309288

  • 2018年10月23日
    演劇的手法を私小説に

    自宅のベランダに立つ大城立裕さん

    商品コード: 2018102309326

  • 2019年05月14日
    ギャツビーなど翻訳3作 久しぶりの一人称小説

    村上春樹さんが翻訳した「グレート・ギャツビー」「ロング・グッドバイ」「キャッチャー・イン・ザ・ライ」

    商品コード: 2019051403269

  • 2020年02月12日
    野口冨士男さん 文壇の底荷のような存在

    全集刊行時、野口冨士男さんは「今、残っているのは徳田秋声の弟子の僕と横光利一の弟子の八木義徳だけ。2人が私小説作家であることに、いかに自分を守ることが大変だったかが分かってもらえると思う」と語った=1991年8月14日、東京都新宿区の自宅

    商品コード: 2020021200814

  • 00:47.78
    2022年02月05日
    西村賢太さんが死去 芥川賞作家

    破滅型の私小説で知られる芥川賞作家の西村賢太さんが5日朝、東京都内の病院で死去した。54歳。東京都出身。 中学卒業後、アルバイトで生計を立てながら小説を執筆。2007年に「暗渠の宿」で野間文芸新人賞、11年に「苦役列車」で芥川賞を受けた。受賞決定後の記者会見での破天荒な発言が注目され、同作はベストセラーに。他の著書に「小銭をかぞえる」「どうで死ぬ身の一踊り」など。 関係者によると、4日夜、タクシー乗車中に意識を失い病院に搬送されていた。  <映像内容>芥川賞受賞時の記者会見、撮影日:2011年1月17日、撮影場所:東京都

    商品コード: 2022020709556

  • 2022年05月19日
    語りに迫力、虚実は曖昧

    日本の文学界で注目を集めてきた私小説や自伝的小説

    商品コード: 2022051906315

  • 2022年05月19日
    語りに迫力、虚実は曖昧

    「私小説を日本独自の形式としてありがたがる風潮に違和感を覚える」と話す小澤英実さん

    商品コード: 2022051906317

  • 1