KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 観光客
  • 紅葉
  • 平成
  • 空撮
  • ドローン
  • 地区
  • 昭和
  • 位置

「秋の気配」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
96
( 1 96 件を表示)
  • 1
96
( 1 96 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1949年08月27日
    スケッチ1121 ススキ

    秋の気配が次第に深まり、風に揺れるススキの穂=1949(昭和24)年8月27日、撮影場所不明

    商品コード: 2016093000235

  • 1949年08月27日
    スケッチ1124 ススキ

    秋の気配が次第に深まり、風に揺れるススキの穂=1949(昭和24)年8月27日、撮影場所不明

    商品コード: 2016093000237

  • 1949年08月31日
    スケッチ1057 ススキの穂

    秋の気配が次第に深まり、風に揺れるススキの穂=1949(昭和24)年8月、撮影場所不明

    商品コード: 2016092900488

  • 1949年08月31日
    スケッチ1060 ススキの穂

    秋の気配が次第に深まり、風に揺れるススキの穂=1949(昭和24)年8月、撮影場所不明

    商品コード: 2016092900492

  • 1950年08月08日
    スケッチ1908 立秋

    立秋を迎え、早くも秋の気配が濃厚な農村地帯=1950(昭和25)年8月8日、撮影場所不明

    商品コード: 2016102500390

  • 1950年08月08日
    スケッチ1909 立秋

    立秋を迎え、早くも秋の気配が濃厚な農村地帯=1950(昭和25)年8月8日、撮影場所不明

    商品コード: 2016102500391

  • 1950年08月23日
    スケッチ1955 豊作の稲と夏雲

    畑作業を終え帰路に着く農家の人たち。豊作の稲田と夏雲に秋の気配=1950(昭和25)年8月23日、撮影場所不明

    商品コード: 2016102500293

  • 1950年08月23日
    スケッチ1956 豊作の稲と夏雲

    畑作業を終え帰路に着く農家の婦人たち。豊作の稲田と夏雲に秋の気配=1950(昭和25)年8月23日、撮影場所不明

    商品コード: 2016102500294

  • 1950年09月01日
    スケッチ1972 深みゆく秋

    深まりゆく秋の気配の中、ソバ畑を行く捕虫網をかついだ少年ら=1950(昭和25)年9月1日、北海道内

    商品コード: 2016102500361

  • 1951年08月04日
    スケッチ7717 スズムシ売り

    スズムシが店頭に並び早くも漂う秋の気配=1951(昭和26)年8月4日、撮影場所不明

    商品コード: 2016122100335

  • 1953年08月22日
    スケッチ14455 秋の気配

    店頭に出た秋の七草のオミナエシ=1953(昭和28)年8月22日、撮影場所不

    商品コード: 2017041900840

  • 03:15.56
    1961年09月06日
    「福島民報」「民報ニュース」特報 両陛下スカイラインへ

    9月6日、天皇・皇后両陛下(昭和天皇・皇后)が来県。翁島駅から元高松宮別邸「迎賓館」で休憩後、赤井谷地へ。天皇お一人で湿地を視察された。9月7日は檜原湖、五色沼で秋の気配を楽しまれた。湖見峠から磐梯山や湖を見てから、スカイラインへ。好天に恵まれ、29㎞のドライブを楽しまれた。撮影日:1961(昭和36)年9月6~7日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080701086

  • 1965年09月28日
    屋台のラーメン

    昼間あわただしかった岡山駅前も深夜になるとネオンも消えて、秋の気配が漂う。この年は冷え込みが早かった。活気づき始めたのが屋台のラーメン屋さん。なじみの客が一人二人とコートのえりをたてて集まってくる。「熱いラーメン一杯、早めに頼む」。辺り一面に、いいにおいがたち込めてきた。=1965(昭和40)年9月28日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112108607

  • 1967年08月31日
    畳表のふるさと

    織り上げたばかりのカラフルなイござが庭先に並ぶ。イ草の青くさいにおいがぷんと鼻をつく。都窪郡庄村栗坂(倉敷市庄地区)は、県内有数のイ草生産地で「畳表のふるさと」とも呼ばれた。稲田の上を渡る風が秋の気配を感じさせるころ。農家の納屋では自動織機の音が一斉に響きだす。=1967(昭和42)年8月ごろ=1967(昭和42)年8月31日、岡山県倉敷市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622351

  • 1976年08月29日
    散歩する三木首相夫妻 首相、“秘策”胸に散策

    睦子夫人とともに秋の気配が漂う明治神宮を参拝、散歩する三木武夫首相。政局は週明け早々再び緊迫した場面が予想されるが、30日以後に表明される「首相見解」を受けた党執行部の収拾案作成、臨時国会の召集-を軸に両陣営の対立が一層激化しそうだ=1976(昭和51)年8月29日、東京都渋谷区(51年内地 6043)

    商品コード: 2014020600244

  • 1979年08月28日
    岡山市 露地ブドウの収穫

    厳しい残暑の中にもようやく秋の気配。雨上がりの岡山県内はさわやかな青空が広がり、山の緑もくっきり。岡山市草ケ部の山地では露地ブドウの収穫が盛んになっている。枝には、はちきれそうな紫色の粒がびっしり。農家の人たちはたわわに実ったブドウを一房ずつていねいに摘み取っていた。 =1979(昭和54)年8月28日、岡山市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041601688

  • 1996年08月25日
    海辺に並ぶ帆 日本列島に秋の気配

    8月最後の日曜日となった25日、大陸からの高気圧に覆われた日本列島は一気に秋の気配。海辺にはボードセーリングを楽しむ人たちがカラフルな帆を並べ、夏の終わりを惜しんでいた=神奈川県藤沢市の片瀬海岸で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1996082500016

  • 1997年08月24日
    手を振る登山客 北アルプスも秋の気配

    夏山シーズンも終盤を迎えた北アルプスの奥穂高岳山頂で、取材ヘリに手を振る登山客。穂高岳山荘の話では頂上付近は、最低気温約5度、最高気温約20度と残暑の続く下界に比べひと足早い秋の気配=24日午前、共同通信社ヘリから

    商品コード: 1997082400012

  • 1998年08月19日
    幾何学模様のような小麦畑 秋の気配漂う北海道

    秋の気配が漂う大雪山系の峰を背に、熱気球がゆっくりと雲の中へ上昇していく。刈り入れの終わった小麦畑は幾何学模様のように美しい。雄大な十勝平野が広がる、時間の流れまで止めてしまいそうな眺めは、慌ただしい日常の生活を忘れさせ、自然の大切さを教えてくれる=北海道上士幌町

    商品コード: 1998081900101

  • 1999年09月16日
    流鏑馬(やぶさめ)神事 勇壮華麗にやぶさめ神事

    神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で、恒例の例大祭を締めくくる「流鏑馬(やぶさめ)神事」が16日行われた。鎌倉時代から800年以上続く伝統行事で、「あげ装束」と呼ばれる武士の狩りの衣装に身を包んだ18人の射手が、長さ約260メートルの馬場内にある3つの的を早駆けする馬上から射抜く勇壮華麗なもの。平日にもかかわらず大勢の見物人が訪れ、的が射抜かれるたびに大きな拍手が秋の気配の漂う境内に響きわたった。

    商品コード: 1999091600110

  • 2000年08月22日
    京都・貴船の川床 川床に早くも秋の気配

    早くも秋の気配が感じられる京都・貴船の川床でくつろぐ観光客=京都市左京区

    商品コード: 2000082200007

  • 2002年08月13日
    満開のキバナコスモス 都心に早くも秋の気配

    東京都中央区の浜離宮庭園ではキバナコスモスが咲き乱れ、オレンジ色のじゅうたんを敷き詰めたような、都心とは思えない空間が出現。日本の秋を代表する白、紫色の「秋桜」と合わせてまるで別世界のよう。厳しい暑さが続く毎日だが、秋の訪れは案外早いかも=13日午後

    商品コード: 2002081300154

  • 2004年09月16日
    リハーサルに向かう観客 あす未明に開幕

    秋の気配が感じられるようになったアテネで、夕日に映える五輪総合会場内をパラリンピックの開会式リハーサルに向かう人たち=15日夕(共同)

    商品コード: 2004091600139

  • 2007年06月18日
    昭和29年秋・登場/新庁舎、テレビ… 沸き返る 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    格安燃料/秋の気配とともに活気づく練炭工場。ほかの燃料と比べ格安なことから需要を大幅に伸ばした[下野新聞掲載日:1954(昭和29)年9月/2007(平成19)年6月18日]=1954(昭和29)年9月、撮影場所不明、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081905188

  • 01:35.12
    2007年09月02日
    山形で日本一の芋煮会 3万7千食を観光客が堪能

    東北地方の名物料理「芋煮」を、直径6メートルの大鍋などでつくる「日本一の芋煮会フェスティバル」が2日、山形市の馬見ケ崎河川敷で行われた。秋の気配を感じさせるさわやかな気候の中、3万7000食の芋煮が振る舞われ、大勢の観光客が堪能した。この日は午前7時から調理を開始。大鍋にサトイモ3トンや山形牛1.2トンなど地元産の材料を次々と入れて4時間近く煮込み、しょうゆ味の芋煮3万食分が完成。長さ約3メートルのひしゃくで鍋をかきまぜると、香ばしい香りが辺りに漂った<映像内容>巨大な鍋で芋を煮る様子、ショベルカーで出来上がった芋煮をすくう、小分けにして観光客らに提供する様子、芝生の上で芋煮を食べる人たち、撮影日:2007(平成19)年9月2日、撮影場所:山形市の馬見ケ崎河川敷

    商品コード: 2020021925570

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月09日
    陸前高田市のビル解体工事 被災地の表情

    東日本大震災から間もなく半年。秋の気配が感じられ始めた岩手県陸前高田市ではビルの解体工事が続いていた=9日

    商品コード: 2011090900389

  • 2017年09月08日
    岡山県総社市上林 備中国分寺

    備中国分寺南に出現した「逆さ五重塔」(高所作業車から撮影)。備中国分寺(総社市上林)の南側の田んぼに、五重塔を水面に映したように古代米・赤米を植えて表現した「逆さ五重塔」がお目見えし、観光客らの目を楽しませている。逆さ五重塔は、実際の五重塔と同じサイズ(高さ約34メートル)になるよう、6月下旬に総社吉備路商工会の会員ら約30人が苗を手植えした。日増しに色濃くなる秋の気配を受け、赤く色づき始めた稲穂が観光名所の風景に彩りを添えている。 =2017(平成29)年9月8日、岡山県総社市上林、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061700708

  • 2018年09月08日
    秋の気配深まる白露

    8日、中国河北省廊坊市安次区の瑞豊公園で植物の葉に宿る露。8日は二十四節気の一つ「白露(はくろ)」。次第に秋の気配が深まりつつある。(廊坊=新華社配信/劉学民)=2018(平成30)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021343

  • 2018年09月08日
    秋の気配深まる白露

    8日、中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県を流れる長江のほとりに咲く花の、花びらに宿る露。8日は二十四節気の一つ「白露(はくろ)」。次第に秋の気配が深まりつつある。(宜昌=新華社配信/王罡)=2018(平成30)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021436

  • 2018年09月08日
    秋の気配深まる白露

    8日、中国江蘇省南通市の公園で、露を宿した葉の上に止まるテントウムシ。8日は二十四節気の一つ「白露(はくろ)」。次第に秋の気配が深まりつつある。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021435

  • 2018年09月08日
    秋の気配深まる白露

    8日、中国江蘇省南通市の公園で植物の葉に宿る露。8日は二十四節気の一つ「白露(はくろ)」。次第に秋の気配が深まりつつある。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021361

  • 2018年09月08日
    秋の気配深まる白露

    8日、中国江蘇省南通市の公園で草花に宿る露。8日は二十四節気の一つ「白露(はくろ)」。次第に秋の気配が深まりつつある。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021454

  • 2018年09月12日
    大小井景勝地に秋の気配貴州省羅甸県

    12日、大小井景勝地の川面に浮かぶいかだ。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州羅甸県にある大小井景勝地は、秋の気配が深まるこの時期、多くの観光客を引き付ける。(羅甸=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423213

  • 2018年09月12日
    大小井景勝地に秋の気配貴州省羅甸県

    12日、大小井景勝地をいかだで遊覧する観光客。(小型無人機から)中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州羅甸県にある大小井景勝地は、秋の気配が深まるこの時期、多くの観光客を引き付ける。(羅甸=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423149

  • 2018年09月12日
    大小井景勝地に秋の気配貴州省羅甸県

    12日、大小井景勝地をいかだで遊覧する観光客。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州羅甸県にある大小井景勝地は、秋の気配が深まるこの時期、多くの観光客を引き付ける。(羅甸=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423187

  • 2018年09月12日
    大小井景勝地に秋の気配貴州省羅甸県

    12日に撮影した大小井景勝地の景色。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州羅甸県にある大小井景勝地は、秋の気配が深まるこの時期、多くの観光客を引き付ける。(羅甸=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423130

  • 2018年09月12日
    大小井景勝地に秋の気配貴州省羅甸県

    12日、大小井景勝地をいかだで遊覧する観光客。(小型無人機から)中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州羅甸県にある大小井景勝地は、秋の気配が深まるこの時期、多くの観光客を引き付ける。(羅甸=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423180

  • 2018年09月23日
    秋分を迎え、文化の秋到来

    23日、イベント会場で灯籠を吊り下げ幸せを祈る上海市民。今年は暦の上で秋分と中秋節が並び、秋の気配が一段と増した。二十四節気の秋分にあたる23日、中国上海市長寧区で「節気中国詩意江南」(節気を迎えた中国、詩意の江南)と題した二十四節気にまつわる詩文や書画などを楽しむ風流イベントが開始された。会場には節気にちなんだ挿絵の入った灯籠が吊り下げられて、優雅な雰囲気にあふれた。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620790

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月22日
    錦秋到来新疆ウイグル自治区南部の農村

    22日、新疆ウイグル自治区巴楚県阿納庫勒(アナキョル)郷で撮影した、広範囲に及ぶ自然の胡楊(コトカケヤナギ)林風景区。(小型無人機から)葉爾羌(ヤルカンド)河の流域に位置する中国新疆ウイグル自治区巴楚(マラルベシ)県では秋の気配が濃さを増し、色とりどりの自然が織りなす絵巻のような風景が田園に広がっている。「白波」がさざめく銀色の綿畑では農家が忙しく綿花を摘み取り、収穫の喜びを味わっている。広範囲に及ぶ自然の胡楊(コトカケヤナギ)の林も見頃を迎え、観光客は黄金色に染まった景色に酔いしれ、自然の美しさを楽しんでいる。(巴楚=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925687

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月23日
    錦秋到来新疆ウイグル自治区南部の農村

    23日、新疆ウイグル自治区巴楚県多来提巴格(デョレトバグ)郷卡扎尼塔皮提村の綿畑で綿花を摘む農家。葉爾羌(ヤルカンド)河の流域に位置する中国新疆ウイグル自治区巴楚(マラルベシ)県では秋の気配が濃さを増し、色とりどりの自然が織りなす絵巻のような風景が田園に広がっている。「白波」がさざめく銀色の綿畑では農家が忙しく綿花を摘み取り、収穫の喜びを味わっている。広範囲に及ぶ自然の胡楊(コトカケヤナギ)の林も見頃を迎え、観光客は黄金色に染まった景色に酔いしれ、自然の美しさを楽しんでいる。(巴楚=新華社記者/李志浩)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925698

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月23日
    錦秋到来新疆ウイグル自治区南部の農村

    23日、新疆ウイグル自治区巴楚県多来提巴格(デョレトバグ)郷卡扎尼塔皮提村で撮影した防風林に守られた綿畑。(小型無人機から)葉爾羌(ヤルカンド)河の流域に位置する中国新疆ウイグル自治区巴楚(マラルベシ)県では秋の気配が濃さを増し、色とりどりの自然が織りなす絵巻のような風景が田園に広がっている。「白波」がさざめく銀色の綿畑では農家が忙しく綿花を摘み取り、収穫の喜びを味わっている。広範囲に及ぶ自然の胡楊(コトカケヤナギ)の林も見頃を迎え、観光客は黄金色に染まった景色に酔いしれ、自然の美しさを楽しんでいる。(巴楚=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925645

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月24日
    錦秋到来新疆ウイグル自治区南部の農村

    24日、新疆ウイグル自治区巴楚県多来提巴格(デョレトバグ)郷卡扎尼塔皮提村で撮影した朝の風景。葉爾羌(ヤルカンド)河の流域に位置する中国新疆ウイグル自治区巴楚(マラルベシ)県では秋の気配が濃さを増し、色とりどりの自然が織りなす絵巻のような風景が田園に広がっている。「白波」がさざめく銀色の綿畑では農家が忙しく綿花を摘み取り、収穫の喜びを味わっている。広範囲に及ぶ自然の胡楊(コトカケヤナギ)の林も見頃を迎え、観光客は黄金色に染まった景色に酔いしれ、自然の美しさを楽しんでいる。(巴楚=新華社記者/李志浩)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925691

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月26日
    錦秋到来新疆ウイグル自治区南部の農村

    26日、新疆ウイグル自治区巴楚県阿納庫勒(アナキョル)郷に広がる胡楊(コトカケヤナギ)の自然林を散策する観光客。葉爾羌(ヤルカンド)河の流域に位置する中国新疆ウイグル自治区巴楚(マラルベシ)県では秋の気配が濃さを増し、色とりどりの自然が織りなす絵巻のような風景が田園に広がっている。「白波」がさざめく銀色の綿畑では農家が忙しく綿花を摘み取り、収穫の喜びを味わっている。広範囲に及ぶ自然の胡楊(コトカケヤナギ)の林も見頃を迎え、観光客は黄金色に染まった景色に酔いしれ、自然の美しさを楽しんでいる。(巴楚=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925588

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月26日
    錦秋到来新疆ウイグル自治区南部の農村

    26日、新疆ウイグル自治区巴楚県阿納庫勒(アナキョル)郷の紅海風景区で色づいた胡楊(コトカケヤナギ)。葉爾羌(ヤルカンド)河の流域に位置する中国新疆ウイグル自治区巴楚(マラルベシ)県では秋の気配が濃さを増し、色とりどりの自然が織りなす絵巻のような風景が田園に広がっている。「白波」がさざめく銀色の綿畑では農家が忙しく綿花を摘み取り、収穫の喜びを味わっている。広範囲に及ぶ自然の胡楊(コトカケヤナギ)の林も見頃を迎え、観光客は黄金色に染まった景色に酔いしれ、自然の美しさを楽しんでいる。(巴楚=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925650

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月26日
    錦秋到来新疆ウイグル自治区南部の農村

    26日、新疆ウイグル自治区巴楚県阿納庫勒(アナキョル)郷の夜の胡楊(コトカケヤナギ)。葉爾羌(ヤルカンド)河の流域に位置する中国新疆ウイグル自治区巴楚(マラルベシ)県では秋の気配が濃さを増し、色とりどりの自然が織りなす絵巻のような風景が田園に広がっている。「白波」がさざめく銀色の綿畑では農家が忙しく綿花を摘み取り、収穫の喜びを味わっている。広範囲に及ぶ自然の胡楊(コトカケヤナギ)の林も見頃を迎え、観光客は黄金色に染まった景色に酔いしれ、自然の美しさを楽しんでいる。(巴楚=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925660

  • 02:43.86
    2018年10月27日
    「新華社」大別山に秋の気配河南省新県

    爽やかな秋を迎え、中国河南省信陽市新県の大別山脈の北麓に位置する連康山国家級自然保護区では水がさらさら流れ、紅葉がひらひらと舞い、あたり一面静寂に包まれている。同保護区は、長江、淮河の2つの水系にまたがり、華東、華中、華北の3大植物区が交わる区域で、森林率は96%に達している。この数年、新県は10億元(1元=約16円)以上の資金を社会から調達し、林業建設に投入。(砂漠化阻止の)防護用森林や木材用森林の造営と同時に、ユチャ、キウイフルーツ、ザクロなどの作物の生産により、農民の増収を強力に支援している。現在、同県の森林率は80%を超えており、全国緑化模範県、全国緑色小康県、国家生態模範県、国家園林県などとして表彰されている。(記者/張彩霞、尚崑崙)<映像内容>秋の大別山の景色、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925707

  • 01:58.40
    2019年09月03日
    「新華社」漂うハスの香りに秋の深まり感じる

    秋の気配が徐々に深まり、美しい季節を迎えている。中国浙江省桐盧(とうろ)県江南鎮環渓(かんけい)村は、このほど観光客と村人が共にハスの花托を摘んでハスの花を鑑賞し、暑気を払い秋を迎える情景は、絵巻物のように美しい。40ムー(約2・6ヘクタール)超のハス池では、ピンク色のハスの花が満開を迎え、村人が固有品種「九品香蓮」の摘み取りに追われている。九品香蓮は、台湾省原産で、独特な芳醇な香りがある。淡黄色、深紫、深紅色などの九品香蓮は、花の色が美しい上、香りも魅力的で、あぜ道に立つと清らかな香りを思い切り味わうことができる。(記者/殷暁聖)<映像内容>ハスの花の風景、摘み取りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500823

  • 2019年09月05日
    岡山県美咲町大垪和西「日本の棚田百選」

    稲刈りのシーズンを迎えた棚田=5日、岡山県美咲町大垪和西。農林水産省の「日本の棚田百選」の一つ岡山県美咲町大垪和西地区が、稲刈りのシーズンを迎えた。黄金色に染まった稲穂が時折吹く風に揺れ、山あいに秋の気配を漂わせている。=2019(令和元)年9月5日、岡山県美咲町大垪和西、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100302304

  • 00:43.20
    2019年09月24日
    「新華社」草原に収穫の秋牧草の刈り取り進む

    秋の気配が深まる中国内モンゴル自治区のシリンゴル草原では、牧畜民による牧草刈りの季節を迎えている。刈った草は牛や羊など家畜の越冬用の餌となる。草刈りはかつて主に手作業で行われ、時間と体力を要したが、今では機械に取って代わられるようになった。草刈り機、集草機、ベーラーで順に作業を行い、地面から刈り取られた牧草は、2日ほど日干しされた後、ロールにして冬まで貯蔵される。(記者/葉紫嫣)<映像内容>牧草刈りの季節のシリンゴル草原の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206528

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満族自治県洋湖溝村を散策する観光客。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703475

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満族自治県洋湖溝村の秋景色。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703361

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満州族自治県洋湖溝村の秋景色。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605564

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満州族自治県洋湖溝村を散策し記念撮影する観光客。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605552

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満州族自治県洋湖溝村の秋景色。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605524

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満州族自治県洋湖溝村を散策する観光客。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605526

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満州族自治県洋湖溝村を散策し記念撮影する観光客。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605527

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満州族自治県洋湖溝村を散策する観光客。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605514

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満族自治県洋湖溝村を散策し記念撮影する観光客。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703377

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満族自治県洋湖溝村の秋景色。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703392

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満族自治県洋湖溝村を散策し記念撮影する観光客。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703398

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満族自治県洋湖溝村の秋景色。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703479

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満族自治県洋湖溝村の秋景色。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703353

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満州族自治県洋湖溝村の秋景色。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605585

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満州族自治県洋湖溝村の秋景色。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605587

  • 2019年10月12日
    秋の気配が深まる山々遼寧省本渓市

    12日、本渓市本渓満族自治県洋湖溝村を散策する観光客。秋の気配が色濃くなってきた中国遼寧省本渓(ほんけい)市本渓満族自治県の洋湖溝村地区ではこのところ、山々が色鮮やかに染まり、景色を楽しむ観光客が続々と訪れている。(本渓=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703463

  • 2019年10月18日
    秋の気配深まる「天空の城」四川省理塘県

    チベット仏教寺院のチャムチェン・チョェコルリン(長青春科爾)寺。(10月18日撮影)青海チベット高原の東部にある中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高約4千メートルで「天空の城」と呼ばれている。同県はここ数年、独特な歴史的・文化的資源を活かして、文化・観光業の発展に力を入れている。県の中心に位置する勒通(ろくつう)古鎮のチベット族大型住居建築群・千戸蔵寨風景区は既におおむねの形が整い、ますます大勢の観光客を引きつけている。(カンゼ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304824

  • 2019年10月18日
    秋の気配深まる「天空の城」四川省理塘県

    四川省理塘県の風景。(10月18日撮影)青海チベット高原の東部にある中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高約4千メートルで「天空の城」と呼ばれている。同県はここ数年、独特な歴史的・文化的資源を活かして、文化・観光業の発展に力を入れている。県の中心に位置する勒通(ろくつう)古鎮のチベット族大型住居建築群・千戸蔵寨風景区は既におおむねの形が整い、ますます大勢の観光客を引きつけている。(カンゼ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304828

  • 2019年10月18日
    緑の山に囲まれ湖を抱く都市江蘇省徐州市

    18日、徐州市雲竜湖風景区を散策する観光客。(小型無人機から)中国の「国家生態庭園都市」に指定されている江蘇省徐州市では10月も下旬を迎え、市内の雲竜湖や雲竜山が次第に秋の気配を深め、秀麗な風景が広がっている。かつて黒と灰色を基調とする「石炭の都」だった同市は近年、新たな発展理念の実践に努め、エコという「地色」をしっかりと塗り固め、生態系の修復や汚染対策、景観構築を通じて、「石炭と土の都市」から「緑の山に囲まれ湖を抱く都市」へと変貌を遂げている。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304840

  • 2019年10月18日
    秋の気配深まる「天空の城」四川省理塘県

    四川省理塘県の風景。(10月18日撮影)青海チベット高原の東部にある中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高約4千メートルで「天空の城」と呼ばれている。同県はここ数年、独特な歴史的・文化的資源を活かして、文化・観光業の発展に力を入れている。県の中心に位置する勒通(ろくつう)古鎮のチベット族大型住居建築群・千戸蔵寨風景区は既におおむねの形が整い、ますます大勢の観光客を引きつけている。(カンゼ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304954

  • 2019年10月18日
    緑の山に囲まれ湖を抱く都市江蘇省徐州市

    18日、徐州市雲竜湖風景区を散策する観光客。(小型無人機から)中国の「国家生態庭園都市」に指定されている江蘇省徐州市では10月も下旬を迎え、市内の雲竜湖や雲竜山が次第に秋の気配を深め、秀麗な風景が広がっている。かつて黒と灰色を基調とする「石炭の都」だった同市は近年、新たな発展理念の実践に努め、エコという「地色」をしっかりと塗り固め、生態系の修復や汚染対策、景観構築を通じて、「石炭と土の都市」から「緑の山に囲まれ湖を抱く都市」へと変貌を遂げている。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304801

  • 2019年10月18日
    緑の山に囲まれ湖を抱く都市江蘇省徐州市

    18日、徐州市内にある雲竜湖の景色。中国の「国家生態庭園都市」に指定されている江蘇省徐州市では10月も下旬を迎え、市内の雲竜湖や雲竜山が次第に秋の気配を深め、秀麗な風景が広がっている。かつて黒と灰色を基調とする「石炭の都」だった同市は近年、新たな発展理念の実践に努め、エコという「地色」をしっかりと塗り固め、生態系の修復や汚染対策、景観構築を通じて、「石炭と土の都市」から「緑の山に囲まれ湖を抱く都市」へと変貌を遂げている。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102305009

  • 2019年10月18日
    緑の山に囲まれ湖を抱く都市江蘇省徐州市

    18日、徐州市雲竜湖風景区を散策する観光客。(小型無人機から)中国の「国家生態庭園都市」に指定されている江蘇省徐州市では10月も下旬を迎え、市内の雲竜湖や雲竜山が次第に秋の気配を深め、秀麗な風景が広がっている。かつて黒と灰色を基調とする「石炭の都」だった同市は近年、新たな発展理念の実践に努め、エコという「地色」をしっかりと塗り固め、生態系の修復や汚染対策、景観構築を通じて、「石炭と土の都市」から「緑の山に囲まれ湖を抱く都市」へと変貌を遂げている。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304827

  • 2019年10月18日
    秋の気配深まる「天空の城」四川省理塘県

    ダライ・ラマ七世(1708~1757年)の生誕地とされる「仁康古屋」。(10月18日撮影)青海チベット高原の東部にある中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高約4千メートルで「天空の城」と呼ばれている。同県はここ数年、独特な歴史的・文化的資源を活かして、文化・観光業の発展に力を入れている。県の中心に位置する勒通(ろくつう)古鎮のチベット族大型住居建築群・千戸蔵寨風景区は既におおむねの形が整い、ますます大勢の観光客を引きつけている。(カンゼ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304731

  • 2019年10月18日
    秋の気配深まる「天空の城」四川省理塘県

    四川省理塘県の風景。(10月18日撮影)青海チベット高原の東部にある中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高約4千メートルで「天空の城」と呼ばれている。同県はここ数年、独特な歴史的・文化的資源を活かして、文化・観光業の発展に力を入れている。県の中心に位置する勒通(ろくつう)古鎮のチベット族大型住居建築群・千戸蔵寨風景区は既におおむねの形が整い、ますます大勢の観光客を引きつけている。(カンゼ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304746

  • 2019年10月18日
    緑の山に囲まれ湖を抱く都市江蘇省徐州市

    18日、空から見た徐州市内にある雲竜湖の景色。(小型無人機から)中国の「国家生態庭園都市」に指定されている江蘇省徐州市では10月も下旬を迎え、市内の雲竜湖や雲竜山が次第に秋の気配を深め、秀麗な風景が広がっている。かつて黒と灰色を基調とする「石炭の都」だった同市は近年、新たな発展理念の実践に努め、エコという「地色」をしっかりと塗り固め、生態系の修復や汚染対策、景観構築を通じて、「石炭と土の都市」から「緑の山に囲まれ湖を抱く都市」へと変貌を遂げている。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304762

  • 2019年10月18日
    緑の山に囲まれ湖を抱く都市江蘇省徐州市

    18日、空から見た徐州市内にある雲竜湖の景色。(小型無人機から)中国の「国家生態庭園都市」に指定されている江蘇省徐州市では10月も下旬を迎え、市内の雲竜湖や雲竜山が次第に秋の気配を深め、秀麗な風景が広がっている。かつて黒と灰色を基調とする「石炭の都」だった同市は近年、新たな発展理念の実践に努め、エコという「地色」をしっかりと塗り固め、生態系の修復や汚染対策、景観構築を通じて、「石炭と土の都市」から「緑の山に囲まれ湖を抱く都市」へと変貌を遂げている。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304784

  • 2019年10月18日
    緑の山に囲まれ湖を抱く都市江蘇省徐州市

    18日、空から見た徐州市内にある雲竜湖の景色。(小型無人機から)中国の「国家生態庭園都市」に指定されている江蘇省徐州市では10月も下旬を迎え、市内の雲竜湖や雲竜山が次第に秋の気配を深め、秀麗な風景が広がっている。かつて黒と灰色を基調とする「石炭の都」だった同市は近年、新たな発展理念の実践に努め、エコという「地色」をしっかりと塗り固め、生態系の修復や汚染対策、景観構築を通じて、「石炭と土の都市」から「緑の山に囲まれ湖を抱く都市」へと変貌を遂げている。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102305029

  • 2019年10月18日
    秋の気配深まる「天空の城」四川省理塘県

    18日、「仁康古屋」のそばでマニ車を回しながら祈りを捧げる地元住民。青海チベット高原の東部にある中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高約4千メートルで「天空の城」と呼ばれている。同県はここ数年、独特な歴史的・文化的資源を活かして、文化・観光業の発展に力を入れている。県の中心に位置する勒通(ろくつう)古鎮のチベット族大型住居建築群・千戸蔵寨風景区は既におおむねの形が整い、ますます大勢の観光客を引きつけている。(カンゼ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304742

  • 2019年10月18日
    緑の山に囲まれ湖を抱く都市江蘇省徐州市

    18日、空から見た徐州市内にある雲竜湖の景色。(小型無人機から)中国の「国家生態庭園都市」に指定されている江蘇省徐州市では10月も下旬を迎え、市内の雲竜湖や雲竜山が次第に秋の気配を深め、秀麗な風景が広がっている。かつて黒と灰色を基調とする「石炭の都」だった同市は近年、新たな発展理念の実践に努め、エコという「地色」をしっかりと塗り固め、生態系の修復や汚染対策、景観構築を通じて、「石炭と土の都市」から「緑の山に囲まれ湖を抱く都市」へと変貌を遂げている。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102305010

  • 2019年10月21日
    川岸に広がる秋の気配内モンゴル自治区

    21日、木々が色付いた渾河のほとり。晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区ホリンゴル県を流れる渾河(こんが)のほとりでは、色とりどりの秋景色が一面に広がり、訪れた人々を楽しませている。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102407535

  • 2019年10月21日
    川岸に広がる秋の気配内モンゴル自治区

    21日、渾河のほとりで草を食べるヤギの群れ。晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区ホリンゴル県を流れる渾河(こんが)のほとりでは、色とりどりの秋景色が一面に広がり、訪れた人々を楽しませている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102407058

  • 2019年10月21日
    川岸に広がる秋の気配内モンゴル自治区

    21日、木々が色付いた渾河のほとり。(小型無人機から)晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区ホリンゴル県を流れる渾河(こんが)のほとりでは、色とりどりの秋景色が一面に広がり、訪れた人々を楽しませている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102407527

  • 2019年10月21日
    川岸に広がる秋の気配内モンゴル自治区

    21日、木々が色付いた渾河のほとり。晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区ホリンゴル県を流れる渾河(こんが)のほとりでは、色とりどりの秋景色が一面に広がり、訪れた人々を楽しませている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102407531

  • 2019年10月21日
    川岸に広がる秋の気配内モンゴル自治区

    21日、木々が色付いた渾河のほとり。晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区ホリンゴル県を流れる渾河(こんが)のほとりでは、色とりどりの秋景色が一面に広がり、訪れた人々を楽しませている。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102407132

  • 2019年10月21日
    川岸に広がる秋の気配内モンゴル自治区

    21日、木々が色付いた渾河のほとり。(小型無人機から)晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区ホリンゴル県を流れる渾河(こんが)のほとりでは、色とりどりの秋景色が一面に広がり、訪れた人々を楽しませている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102407211

  • 2019年10月21日
    川岸に広がる秋の気配内モンゴル自治区

    21日、木々が色付いた渾河のほとり。晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区ホリンゴル県を流れる渾河(こんが)のほとりでは、色とりどりの秋景色が一面に広がり、訪れた人々を楽しませている。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102407362

  • 00:56.38
    2019年10月24日
    「新華社」秋色に染まるトングリ砂漠内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるトングリ砂漠の東端では、灌木の梭梭(ソウソウ、Haloxylonammodendron)や砂地固定用の草方格などの植物も深まる秋の気配に覆われ、砂漠を色彩豊かに染め上げている。アルシャー盟などの地域では長年にわたり、三北(東北・西北・華北)防護林や天然林保護などの生態保護プロジェクトのもとで「封山育林(天然林への立ち入り禁止)」や「飛播造林(飛行機による種子の空中散布)」などの緑化を実施。砂漠の南東端に約350キロ、幅3~20キロの砂防林帯を築き上げた。今ではアルシャー盟内の三つの砂漠(バダインジャラン、トングリ、ウランプハ)の連結阻止に成功している。(記者/張晟、王燕、王雪氷)<映像内容>秋のトングリ砂漠の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102500760

  • 02:14.80
    2020年09月18日
    「下野新聞」「美しい村」に実りの秋 那珂川・小砂地区で稲刈り

    里山にも秋の気配が漂い始め、「日本で最も美しい村」連合に加盟する山あいの栃木県那珂川町小砂(こいさご)地区では稲刈りのシーズンを迎えた。時折晴れ間がのぞいた17日は、同町小砂、会社員石井大朗(いしいだいろう)さん(64)が自らの棚田約30アールで作業。地元住民らでつくる「小砂village協議会」の笹沼享一(ささぬまきょういち)会長(70)も協力し、黄金色に色づき穂を垂れた稲を農機具で刈り取っていった。例年並みの収量を見込んでいるという。同協議会は毎年、地区内の民家に宿泊し農業体験などをしてもらう「棚田オーナークラブ」を行っていたが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止になった。笹沼会長は「来年以降も棚田オーナークラブを続けたい。地域で協力しながら里山の美しい景観を守っていく」と話していた、撮影日:2020(令和2)年9月18日、撮影場所:栃木県那珂川町 クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100101301

  • 2020年10月14日
    秋の気配深まる「黄河三湾」甘粛省臨夏回族自治州

    14日、甘粛省臨夏回族自治州永靖県三塬鎮にある「黄河三湾」の風景。(小型無人機から)本格的な秋を迎た中国甘粛省臨夏回族自治州永靖(えいせい)県三塬鎮の「黄河三湾」には、すがすがしい独特な風景が一面に広がっている。(永靖=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900571

  • 2020年10月14日
    秋の気配深まる「黄河三湾」甘粛省臨夏回族自治州

    14日、甘粛省臨夏回族自治州永靖県三塬鎮にある「黄河三湾」の風景。(小型無人機から)本格的な秋を迎た中国甘粛省臨夏回族自治州永靖(えいせい)県三塬鎮の「黄河三湾」には、すがすがしい独特な風景が一面に広がっている。(永靖=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900753

  • 2020年10月14日
    秋の気配深まる「黄河三湾」甘粛省臨夏回族自治州

    14日、甘粛省臨夏回族自治州永靖県三塬鎮にある「黄河三湾」の風景。(小型無人機から)本格的な秋を迎た中国甘粛省臨夏回族自治州永靖(えいせい)県三塬鎮の「黄河三湾」には、すがすがしい独特な風景が一面に広がっている。(永靖=新華社記者/郎兵兵)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900557

  • 2020年10月14日
    秋の気配深まる「黄河三湾」甘粛省臨夏回族自治州

    14日、甘粛省臨夏回族自治州永靖県三塬鎮にある「黄河三湾」の風景。(小型無人機から)本格的な秋を迎た中国甘粛省臨夏回族自治州永靖(えいせい)県三塬鎮の「黄河三湾」には、すがすがしい独特な風景が一面に広がっている。(永靖=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900916

  • 2020年10月14日
    秋の気配深まる「黄河三湾」甘粛省臨夏回族自治州

    14日、甘粛省臨夏回族自治州永靖県三塬鎮にある「黄河三湾」の風景。(小型無人機から)本格的な秋を迎た中国甘粛省臨夏回族自治州永靖(えいせい)県三塬鎮の「黄河三湾」には、すがすがしい独特な風景が一面に広がっている。(永靖=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900871

  • 2020年10月14日
    秋の気配深まる「黄河三湾」甘粛省臨夏回族自治州

    14日、甘粛省臨夏回族自治州永靖県三塬鎮にある「黄河三湾」の風景。(小型無人機から)本格的な秋を迎た中国甘粛省臨夏回族自治州永靖(えいせい)県三塬鎮の「黄河三湾」には、すがすがしい独特な風景が一面に広がっている。(永靖=新華社記者/耿馨寧)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900648

  • 2021年09月04日
    稲刈りのシーズンを迎えた棚田

    稲刈りのシーズンを迎えた棚田=9月4日、岡山県美咲町大垪和西。里山に実りの秋―。農林水産省の「日本の棚田百選」の一つ岡山県美咲町大垪和西地区が、稲刈りシーズンを迎えた。こうべを垂れる稲穂の波をかき分けるコンバインが秋の気配を漂わせ、アマチュアカメラマンらを魅了している。=2021(令和3)年9月4日、岡山県美咲町大垪和西、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091001359

  • 00:59.43
    2021年10月08日
    「新華社」秋の気配深まるハンカ湖黒竜江省密山市

    中国とロシアの国境に位置する黒竜江省密山市の興凱湖(ハンカ湖)国家級自然保護区は、国家4A級(上から2番目)の観光景勝地に指定されており、豊かな植生と多種多様な樹木を有する。秋の気配が深まるにつれて涼しくなり、昼夜の温度差が大きくなると、緑や赤、黄など色とりどりの紅葉が見られ、独特な景観を作り出す。(記者/侯鳴) =配信日: 2021(令和3)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100900152

  • 1