KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国陝西省
  • 陝西省西安市
  • 一般公開
  • 皇兵馬俑
  • 兵馬俑坑
  • 世界遺産
  • ユネスコ
  • 兵馬俑博物館
  • 兵馬俑陝西省
  • 木製戦車

「秦始皇帝陵」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
196
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
196
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月22日
    (4)陝西省、昨年は古墓4千基近くを発掘

    秦始皇帝陵外城西側1号墓から出土した副葬品。(資料写真)中国で豊富な文化財資源を持つ陝西省では昨年、古墓3956基が発掘された。年代は竜山時代(新石器時代後期)から秦、隋・唐代など幅広い時代にわたる。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (6)「チベット文物珍品展」、陝西省西安市で開幕

    28日、「チベット文物珍品展」で展示されている錦のマント。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で28日、「チベット文物珍品展」が開幕した。磁器やタンカ(チベット仏教の仏画)、衣服、装身具など、優れた文化財が集まっており、今回初めて一般公開された展示品が大半を占めている。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (5)「チベット文物珍品展」、陝西省西安市で開幕

    28日、「チベット文物珍品展」で展示されている首飾り。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で28日、「チベット文物珍品展」が開幕した。磁器やタンカ(チベット仏教の仏画)、衣服、装身具など、優れた文化財が集まっており、今回初めて一般公開された展示品が大半を占めている。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (2)「チベット文物珍品展」、陝西省西安市で開幕

    28日、秦始皇帝陵博物院で「チベット文物珍品展」を見る来場者。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で28日、「チベット文物珍品展」が開幕した。磁器やタンカ(チベット仏教の仏画)、衣服、装身具など、優れた文化財が集まっており、今回初めて一般公開された展示品が大半を占めている。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)「チベット文物珍品展」、陝西省西安市で開幕

    28日、「チベット文物珍品展」で展示されている金銅製のソンツェン・ガンポ(松賛干布)座像。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で28日、「チベット文物珍品展」が開幕した。磁器やタンカ(チベット仏教の仏画)、衣服、装身具など、優れた文化財が集まっており、今回初めて一般公開された展示品が大半を占めている。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (3)「チベット文物珍品展」、陝西省西安市で開幕

    28日、「チベット文物珍品展」で展示されている清代皇帝の玉冊(ぎょくさつ)。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で28日、「チベット文物珍品展」が開幕した。磁器やタンカ(チベット仏教の仏画)、衣服、装身具など、優れた文化財が集まっており、今回初めて一般公開された展示品が大半を占めている。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)「チベット文物珍品展」、陝西省西安市で開幕

    28日、秦始皇帝陵博物院で「チベット文物珍品展」を見る来場者。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で28日、「チベット文物珍品展」が開幕した。磁器やタンカ(チベット仏教の仏画)、衣服、装身具など、優れた文化財が集まっており、今回初めて一般公開された展示品が大半を占めている。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    磁器に秘められた中国の民族間交流

    陝西省秦始皇帝陵博物館に展示された明代宣徳年間(1426~1435年)の「白釉暗花蔵文文僧帽壺」。(1月26日撮影)かつての中国でチベット地区へ行くことは容易でなく、同地に伝わった官窯古磁器について知る人も長い歴史の中でほとんどいなかった。1980年代にサキャ寺が所蔵する明・宣徳年間(1426~35年)の青花五彩磁器碗に関する文章や写真が、研究者によって初めて発表されると、チベットに保存されている国宝級の官窯磁器が各界の注目を集めるようになった。大まかな統計によると、現在チベットにある古磁器の総数は1万点以上。歴代王朝の中央政府がチベットの高僧と寺院に与えた恩賞や供養品、同地区の高級僧侶や貴族が景徳鎮に赴き注文した特別な磁器、チベット地区と内地の民間貿易の交易品などが中心だという。これらの貴重な品々は、明清時代の景徳鎮官窯で焼かれたものが多く、ポタラ宮やロブリンカ、チベット自治区博物館、各地の寺院が数多く所蔵している。中でもサキャ寺とタシルンポ寺は、貴重な宝物を所蔵する寺院として知られる。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=配信日:2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    秦始皇帝陵博物院、来場者数が1日延べ2万人に陝西省西安市

    秦始皇帝陵博物院の文物陳列館。(6月20日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は4日、1日当たりの来場者数が2万人近くに達したと明らかにした。中国では夏の国内旅行が最盛期を迎えている。同博物院は新型コロナウイルスの影響で中止していた一般公開を再開して以降、来場者の集中と接触を減らすため、1日当たりの受け入れ人数の上限を延べ8千人に引き下げた。上限を超過した場合は臨時閉館措置を取っていた。その後は、1日当たりの受け入れ人数を最大許容人数の3割に抑えるとする関係部門の規定に従い、当面の上限を延べ2万人に調整。一方で公開再開時に導入した記名式のオンライン予約による見学制度は継続し、引き続き個人情報や感染症の有無を証明する「健康コード」の確認、体温検査などを実施している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院を見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院を見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    秦始皇帝陵博物院、来場者数が1日延べ2万人に陝西省西安市

    秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。(6月20日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は4日、1日当たりの来場者数が2万人近くに達したと明らかにした。中国では夏の国内旅行が最盛期を迎えている。同博物院は新型コロナウイルスの影響で中止していた一般公開を再開して以降、来場者の集中と接触を減らすため、1日当たりの受け入れ人数の上限を延べ8千人に引き下げた。上限を超過した場合は臨時閉館措置を取っていた。その後は、1日当たりの受け入れ人数を最大許容人数の3割に抑えるとする関係部門の規定に従い、当面の上限を延べ2万人に調整。一方で公開再開時に導入した記名式のオンライン予約による見学制度は継続し、引き続き個人情報や感染症の有無を証明する「健康コード」の確認、体温検査などを実施している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院を訪れた観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    秦始皇帝陵博物院、来場者数が1日延べ2万人に陝西省西安市

    秦始皇帝陵博物院で兵馬俑を見学する来場者。(6月20日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は4日、1日当たりの来場者数が2万人近くに達したと明らかにした。中国では夏の国内旅行が最盛期を迎えている。同博物院は新型コロナウイルスの影響で中止していた一般公開を再開して以降、来場者の集中と接触を減らすため、1日当たりの受け入れ人数の上限を延べ8千人に引き下げた。上限を超過した場合は臨時閉館措置を取っていた。その後は、1日当たりの受け入れ人数を最大許容人数の3割に抑えるとする関係部門の規定に従い、当面の上限を延べ2万人に調整。一方で公開再開時に導入した記名式のオンライン予約による見学制度は継続し、引き続き個人情報や感染症の有無を証明する「健康コード」の確認、体温検査などを実施している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院を見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月20日
    始皇帝兵馬俑に多くの観光客、コロナ対策も徹底

    20日、秦始皇帝陵博物院を見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院では、新型コロナウイルス対策の一環として、1日当たりの入場者数を8千人以下に制限している。入場には事前のオンラインによる実名予約が必要で、見学中はマスクの着用が求められる。現在は、恒常化する感染対策に対応した感染防止メカニズムが既に確立しており、整然とした秩序の中で、多くの観光客が見学に訪れている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、全長約138メートルに及ぶ作品「中国の世界遺産百メートル絵巻」の一部、西安秦始皇帝陵と兵馬俑坑を紹介する周文虎さん。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月04日
    千年以上受け継がれてきた伝統工芸「紙織画」福建省永春県

    4日、全長約138メートルに及ぶ作品「中国の世界遺産百メートル絵巻」の一部、西安秦始皇帝陵と兵馬俑坑。中国福建省泉州市永春(えいしゅん)県の永春紙織画(ししょくが、細長い紙を織って作られた絵)は、絵画と紙編みを一体化した伝統工芸品で、隋末から唐の初め頃に始まった。絵を描いた料紙を縦糸に、無地の料紙を横糸にして織り込んで作られる。2011年に国家級無形文化遺産に登録された。永春紙織画の代表的な伝承者、周文虎(しゅう・ぶんこ)さんは、1957年に師匠に弟子入りして紙織画を学び始め、60年以上にわたり紙織画の創作と研究に尽力、次世代の伝承者を育ててきた。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月05日
    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人

    5日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールで写真を撮る観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月04日
    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人

    4日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールを見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人

    3日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールで写真を撮る観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人

    3日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールを見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」で、展示品を見つめる来場者。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された戦国時代の「青銅虎紋双剣鞘(刀身を入れる鞘)」。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された「中級鎧甲軍吏俑(鎧をつけた中級将校の人形)」。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された「跪射武士俑(ひざまずいて弓を引く兵士の人形)」。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された「跪射武士俑(ひざまずいて弓を引く兵士の人形)」を見つめる来場者。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された戦国時代の「巴蜀図語青銅矛」。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、展示された戦国時代の犠尊(ぎそん、動物をかたどった酒を蓄える青銅の容器)。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された戦国時代の「青銅手心虎文戈(長柄武器の一種)」。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された「鎧甲武士俑(鎧をつけた兵士の人形)」。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」で、スマホで展示品を撮影する来場者。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された戦国時代後期の金帯鈎(主に革帯を締めるために用いられた金具)。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された前漢の「青銅蒜頭扁壺」。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された「中級鎧甲軍吏俑(鎧をつけた中級将校の人形)」を見つめる来場者。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された秦代の「青銅蒜頭壺」。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された戦国時代の「青銅盔形器(かいけいき)」。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された漢代の「孫子(そんし)兵法」「孫臏(そんぴん)兵法」の竹簡。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された「跪射武士俑(ひざまずいて弓を引く兵士の人形)」。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された春秋時代中後期の金帯鈎(主に革帯を締めるために用いられた金具)。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が開幕

    4月28日、「六合同風‐秦文化大展」に展示された戦国時代の「青銅虎文双剣」。中国山東省済南市にある山東博物館でこのほど、特別展「六合同風-秦文化大展」が開幕した。同展には秦始皇帝陵兵馬俑のほか、全国25の博物館や文化機関などから文化財140点余りが出展されており、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:41.50
    2020年04月25日
    「新華社」兵馬俑と共に楽しむ古典音楽陝西省西安市

    中国陝西省西安市に拠点を置く西安交響楽団が25日夕方、秦始皇帝陵博物院でオンライン演奏会「雲上国宝」をライブ配信した。チャイコフスキーやハイドンといった西洋の古典音楽から、中国の有名な楽曲「十面埋伏」「梁山伯と祝英台」まで、優雅な音楽と2千年以上の歴史を有する秦代の軍陣がユニークなコラボレーションを繰り広げた。「雲上国宝」は同交響楽団が東西の古典音楽と文化財や国宝を組み合わせた新たな試みで、陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館など歴史と文化の名勝地を会場に、オンライン配信の形で、音楽と文化財愛好家に芸術の魅力を伝えている。1974年に発見された兵馬俑坑は秦始皇帝陵の副葬坑で、これまでに3カ所の兵馬俑坑が見つかっており、敷地面積は2万平方メートル以上に達する。敷地内には、実際の人や馬とほぼ同じ大きさの陶俑と陶馬が約8千体並んでいる。(記者/藺娟)<映像内容>秦始皇帝陵博物院でオンライン演奏会をライブ配信、撮影日:2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、展示の準備に追われる山東博物館の職員。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、「六合同風‐秦文化大展」で展示される戦国時代の「騎馬俑」。中国でこれまでに出土した最古の騎馬俑とされる。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員が現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出品され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、展示の準備に追われる山東博物館の職員。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、「六合同風‐秦文化大展」で展示される青銅鼎。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、展示の準備に追われる山東博物館の職員。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、「六合同風‐秦文化大展」で展示される「武士俑」の頭部。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、「六合同風‐秦文化大展」で展示される「商鞅鐓(しょうおうとん)」。鐓は戟(げき)や矛(ほこ)などの武器の柄に付ける金具。秦の宰相、商鞅の名が刻まれている。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、「六合同風‐秦文化大展」で展示される二世元(紀元前209)年の詔版(しょうばん)。「度量衡統一」の命令に関する内容が記されている。詔版は皇帝の命令を記した銅板を指す。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、「六合同風‐秦文化大展」で展示される「跪射武士俑(ひざまずいて弓を引く兵士の人形)」。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、「六合同風‐秦文化大展」で展示される「跪射武士俑(ひざまずいて弓を引く兵士の人形)」(左)。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、「六合同風‐秦文化大展」で展示される秦の兵士、黒夫の木簡(もっかん)。現存する中国の家族宛の手紙の中で最も古いとされる。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、「六合同風‐秦文化大展」で展示される秦代の瓦の破片。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」開幕へ

    24日、「六合同風‐秦文化大展」で展示される戦国時代の虎の形をした割符「杜虎符(とこふ)」。将軍が軍を指揮する証明として国王から授けられた。現存する最古の虎符として知られる。中国山東省済南市にある山東博物館の特別展「六合同風‐秦文化大展」が28日に開幕する。開幕を間近に控え、同館の職員は現在、展示の準備に追われている。同展には秦始皇帝陵兵馬俑の実物のほか、全国25の博物館や研究機関などから文化財140点余りが出展され、来場者は近距離で秦文化の奥深さを感じることができる。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    兵馬俑と共に楽しむ古典音楽陝西省西安市

    21日、兵馬俑坑の前でリハーサルを行う西安交響楽団のメンバー。中国陝西省西安市に拠点を置く西安交響楽団が25日夕方、秦始皇帝陵博物院でオンライン演奏会「雲上国宝」をライブ配信した。チャイコフスキーやハイドンといった西洋の古典音楽から、中国の有名な楽曲「十面埋伏」「梁山伯と祝英台」まで、優雅な音楽と2千年以上の歴史を有する秦代の軍陣がユニークなコラボレーションを繰り広げた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    兵馬俑と共に楽しむ古典音楽陝西省西安市

    21日、兵馬俑坑の前でリハーサルを行う西安交響楽団のメンバー。中国陝西省西安市に拠点を置く西安交響楽団が25日夕方、秦始皇帝陵博物院でオンライン演奏会「雲上国宝」をライブ配信した。チャイコフスキーやハイドンといった西洋の古典音楽から、中国の有名な楽曲「十面埋伏」「梁山伯と祝英台」まで、優雅な音楽と2千年以上の歴史を有する秦代の軍陣がユニークなコラボレーションを繰り広げた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    兵馬俑と共に楽しむ古典音楽陝西省西安市

    21日、兵馬俑坑の前でハープとバイオリンによる二重奏のリハーサルを行う西安交響楽団のメンバー。中国陝西省西安市に拠点を置く西安交響楽団が25日夕方、秦始皇帝陵博物院でオンライン演奏会「雲上国宝」をライブ配信した。チャイコフスキーやハイドンといった西洋の古典音楽から、中国の有名な楽曲「十面埋伏」「梁山伯と祝英台」まで、優雅な音楽と2千年以上の歴史を有する秦代の軍陣がユニークなコラボレーションを繰り広げた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    兵馬俑と共に楽しむ古典音楽陝西省西安市

    21日、兵馬俑の前で行われた西安交響楽団の弦楽四重奏。中国陝西省西安市に拠点を置く西安交響楽団が25日夕方、秦始皇帝陵博物院でオンライン演奏会「雲上国宝」をライブ配信した。チャイコフスキーやハイドンといった西洋の古典音楽から、中国の有名な楽曲「十面埋伏」「梁山伯と祝英台」まで、優雅な音楽と2千年以上の歴史を有する秦代の軍陣がユニークなコラボレーションを繰り広げた。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月14日
    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く

    14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月14日
    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く

    14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月14日
    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く

    14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月14日
    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く

    14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月14日
    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く

    14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月14日
    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く

    14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月05日
    清明節連休、1万2千人が兵馬俑を見学秦始皇帝陵博物院

    5日、秦始皇帝陵博物院で見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は7日、今年の清明節連休(4月4~6日)中に同博物院を訪れた観光客が延べ1万2251人に上ったことを明らかにした。清明節の連休は、新型コロナウイルスの影響で一時休館していた同博物院が一般開放を再開してから最初に迎えた連休で、入場者のうちチケットを購入した人は8463人、政策の恩恵を受けて無料で入場した人は3788人となった。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月04日
    清明節連休、1万2千人が兵馬俑を見学秦始皇帝陵博物院

    4日、秦始皇帝陵博物院で、一般開放を再開してから最初に迎えた連休期間に見学に訪れた観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は7日、今年の清明節連休(4月4~6日)中に同博物院を訪れた観光客が延べ1万2251人に上ったことを明らかにした。清明節の連休は、新型コロナウイルスの影響で一時休館していた同博物院が一般開放を再開してから最初に迎えた連休で、入場者のうちチケットを購入した人は8463人、政策の恩恵を受けて無料で入場した人は3788人となった。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月04日
    清明節連休、1万2千人が兵馬俑を見学秦始皇帝陵博物院

    4日、秦始皇帝陵博物院で見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は7日、今年の清明節連休(4月4~6日)中に同博物院を訪れた観光客が延べ1万2251人に上ったことを明らかにした。清明節の連休は、新型コロナウイルスの影響で一時休館していた同博物院が一般開放を再開してから最初に迎えた連休で、入場者のうちチケットを購入した人は8463人、政策の恩恵を受けて無料で入場した人は3788人となった。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    秦始皇帝陵博物院が一般開放を再開

    25日、秦始皇帝陵博物院で開催中の展覧会「天下平定‐秦の統一」を見学する来場者。新型コロナウイルスの影響で一時休館していた中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、一般公開の再開初日を迎えた。同博物院の入り口には、バーコード読み取りエリアとサーモグラフィー検温エリアが設置された。来場者はまずバーコード読み取りエリアで、公共の場所に出入りする際の通行証として使われる同市の個人電子識別コード「一碼通」を提示し、緑色のバーコードが表示された人はサーモグラフィー検温エリアに進むことができる。検温エリアは、大勢の人が集まる場面での赤外線による検温が可能で、10人以上の来場者の体温をリアルタイムで測定する。(西安=新華社記者/楊一苗)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    秦始皇帝陵博物院が一般開放を再開

    25日、秦始皇帝陵博物院で開催中の展覧会「天下平定‐秦の統一」を見学する来場者。新型コロナウイルス感染症の影響で一時休館していた中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、一般公開の再開初日を迎えた。同博物院の入り口には、バーコード読み取りエリアとサーモグラフィー検温エリアが設置された。来場者はまずバーコード読み取りエリアで、公共の場所に出入りする際の通行証として使われる同市の個人電子識別コード「一碼通」を提示し、緑色のバーコードが表示された人はサーモグラフィー検温エリアに進むことができる。検温エリアは、大勢の人が集まる場面での赤外線による検温が可能で、10人以上の来場者の体温をリアルタイムで測定する。(西安=新華社記者/楊一苗)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    秦始皇帝陵博物院が一般開放を再開

    25日、秦始皇帝陵博物院で展示された兵馬俑を見守る警備員。新型コロナウイルスの影響で一時休館していた中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、一般公開の再開初日を迎えた。同博物院の入り口には、バーコード読み取りエリアとサーモグラフィー検温エリアが設置された。来場者はまずバーコード読み取りエリアで、公共の場所に出入りする際の通行証として使われる同市の個人電子識別コード「一碼通」を提示し、緑色のバーコードが表示された人はサーモグラフィー検温エリアに進むことができる。検温エリアは、大勢の人が集まる場面での赤外線による検温が可能で、10人以上の来場者の体温をリアルタイムで測定する。(西安=新華社記者/楊一苗)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    秦始皇帝陵博物院が一般開放を再開

    25日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールで、秩序を維持する保安スタッフ。新型コロナウイルスの影響で一時休館していた中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、一般公開の再開初日を迎えた。同博物院の入り口には、バーコード読み取りエリアとサーモグラフィー検温エリアが設置された。来場者はまずバーコード読み取りエリアで、公共の場所に出入りする際の通行証として使われる同市の個人電子識別コード「一碼通」を提示し、緑色のバーコードが表示された人はサーモグラフィー検温エリアに進むことができる。検温エリアは、大勢の人が集まる場面での赤外線による検温が可能で、10人以上の来場者の体温をリアルタイムで測定する。(西安=新華社記者/楊一苗)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    秦始皇帝陵博物院が一般開放を再開

    25日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールで、秩序を維持する保安スタッフ。新型コロナウイルスの影響で一時休館していた中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、一般公開の再開初日を迎えた。同博物院の入り口には、バーコード読み取りエリアとサーモグラフィー検温エリアが設置された。来場者はまずバーコード読み取りエリアで、公共の場所に出入りする際の通行証として使われる同市の個人電子識別コード「一碼通」を提示し、緑色のバーコードが表示された人はサーモグラフィー検温エリアに進むことができる。検温エリアは、大勢の人が集まる場面での赤外線による検温が可能で、10人以上の来場者の体温をリアルタイムで測定する。(西安=新華社記者/楊一苗)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    秦始皇帝陵博物院が一般開放を再開

    25日、秦始皇帝陵博物院の入り口で、秩序よく中に入る観光客。新型コロナウイルスの影響で一時休館していた中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、一般公開の再開初日を迎えた。同博物院の入り口には、バーコード読み取りエリアとサーモグラフィー検温エリアが設置された。来場者はまずバーコード読み取りエリアで、公共の場所に出入りする際の通行証として使われる同市の個人電子識別コード「一碼通」を提示し、緑色のバーコードが表示された人はサーモグラフィー検温エリアに進むことができる。検温エリアは、大勢の人が集まる場面での赤外線による検温が可能で、10人以上の来場者の体温をリアルタイムで測定する。(西安=新華社記者/楊一苗)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    秦始皇帝陵博物院が一般開放を再開

    25日、秦始皇帝陵博物院の入り口で、観光客の体温を測るスタッフ。新型コロナウイルスの影響で一時休館していた中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、一般公開の再開初日を迎えた。同博物院の入り口には、バーコード読み取りエリアとサーモグラフィー検温エリアが設置された。来場者はまずバーコード読み取りエリアで、公共の場所に出入りする際の通行証として使われる同市の個人電子識別コード「一碼通」を提示し、緑色のバーコードが表示された人はサーモグラフィー検温エリアに進むことができる。検温エリアは、大勢の人が集まる場面での赤外線による検温が可能で、10人以上の来場者の体温をリアルタイムで測定する。(西安=新華社記者/楊一苗)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    秦始皇帝陵博物院が一般開放を再開

    25日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールを見学する観光客。新型コロナウイルスの影響で一時休館していた中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、一般公開の再開初日を迎えた。同博物院の入り口には、バーコード読み取りエリアとサーモグラフィー検温エリアが設置された。来場者はまずバーコード読み取りエリアで、公共の場所に出入りする際の通行証として使われる同市の個人電子識別コード「一碼通」を提示し、緑色のバーコードが表示された人はサーモグラフィー検温エリアに進むことができる。検温エリアは、大勢の人が集まる場面での赤外線による検温が可能で、10人以上の来場者の体温をリアルタイムで測定する。(西安=新華社記者/楊一苗)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    秦始皇帝陵博物院が一般開放を再開

    25日、秦始皇帝陵博物院で展示された兵馬俑を見学する観光客。新型コロナウイルスの影響で一時休館していた中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、一般公開の再開初日を迎えた。同博物院の入り口には、バーコード読み取りエリアとサーモグラフィー検温エリアが設置された。来場者はまずバーコード読み取りエリアで、公共の場所に出入りする際の通行証として使われる同市の個人電子識別コード「一碼通」を提示し、緑色のバーコードが表示された人はサーモグラフィー検温エリアに進むことができる。検温エリアは、大勢の人が集まる場面での赤外線による検温が可能で、10人以上の来場者の体温をリアルタイムで測定する。(西安=新華社記者/楊一苗)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    秦始皇帝陵博物院が一般開放を再開

    25日、秦始皇帝陵博物院で開催中の展覧会「天下平定‐秦の統一」を見学する来場者。新型コロナウイルスの影響で一時休館していた中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、一般公開の再開初日を迎えた。同博物院の入り口には、バーコード読み取りエリアとサーモグラフィー検温エリアが設置された。来場者はまずバーコード読み取りエリアで、公共の場所に出入りする際の通行証として使われる同市の個人電子識別コード「一碼通」を提示し、緑色のバーコードが表示された人はサーモグラフィー検温エリアに進むことができる。検温エリアは、大勢の人が集まる場面での赤外線による検温が可能で、10人以上の来場者の体温をリアルタイムで測定する。(西安=新華社記者/楊一苗)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    兵馬俑、25日から公開再開陝西省西安市

    20日、再開を控えた秦始皇帝陵博物院で予行練習をする従業員。中国内外で知名度の高い陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、2カ月間の臨時休館を経て開館した。約8千体の兵馬俑を所蔵している同博物院は、情報認証、バーコードの読み取り、検温などを行い、入場制限や見学順路の振り分けを厳格に実施する。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    兵馬俑、25日から公開再開陝西省西安市

    20日、再開を控えた秦始皇帝陵博物院の施設を消毒する従業員。中国内外で知名度の高い陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、2カ月間の臨時休館を経て開館した。約8千体の兵馬俑を所蔵している同博物院は、情報認証、バーコードの読み取り、検温などを行い、入場制限や見学順路の振り分けを厳格に実施する。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    兵馬俑、25日から公開再開陝西省西安市

    20日、再開を控えた秦始皇帝陵博物院で予行練習をする従業員。中国内外で知名度の高い陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が25日、2カ月間の臨時休館を経て開館した。約8千体の兵馬俑を所蔵している同博物院は、情報認証、バーコードの読み取り、検温などを行い、入場制限や見学順路の振り分けを厳格に実施する。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した玉製の剣のさや飾り。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した銘文が刻まれた装飾品。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した金の駱駝。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓の玉細工の出土現場。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓の金属俑の出土現場。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した祭祀用の玉璧と玉圭。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月06日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓から出土した金製の装飾品。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院に展示された兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2