KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 秦始皇帝兵馬俑
  • 令和
  • 記者
  • 歴史
  • 発見
  • 文化財
  • 兵士
  • 兵馬俑坑
  • 見学
  • 資料

「秦始皇」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
279
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
279
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1975年07月18日
    歴史 中国関連

    陝西省で1974年に農民が発見し、1975年7月4日から発掘調査が続く、秦始皇帝陵墓近くの兵馬俑の出土品=1975年7月18日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2014011600342

  • 1975年07月22日
    歴史 中国関連

    陝西省で1974年に農民が発見し、1975年7月4日から発掘調査が続く、秦始皇帝陵墓近くの兵馬俑の遺跡=1975年7月22日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2014011600352

  • 1975年07月22日
    歴史 中国関連

    陝西省で1974年に農民が発見し、1975年7月4日から発掘調査が続く、秦始皇帝陵墓近くの兵馬俑の出土品=1975年7月22日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2014011600350

  • 1988年08月29日
    兵馬俑見学 竹下首相が中国を訪問

    兵馬俑を見学する竹下登首相夫妻=1988(昭和63)年8月29日、西安郊外の秦始皇帝兵馬俑博物館(共同)

    商品コード: 1988083000008

  • 2003年10月26日
    呉館長と福田寺住職 将軍俑レプリカを寄贈

    秦始皇帝兵馬俑博物館から寄贈された将軍俑のレプリカの前で握手する呉館長(右)と大聖寺の福田寺住職=26日、岡山県作東町

    商品コード: 2003102600076

  • 2006年04月07日
    発見された馬骨 始皇帝の祖母の陵墓か

    秦始皇帝の祖母の墓とみられる陵墓で見つかった馬骨=中国陝西省西安(共同)

    商品コード: 2006040700011

  • 2006年04月07日
    陵墓の出土品 始皇帝の祖母の陵墓か

    秦始皇帝の祖母の墓とみられる陵墓の出土品=中国陝西省西安(共同)

    商品コード: 2006040700012

  • 2006年04月07日
    発掘作業が行われる陵墓 始皇帝の祖母の陵墓か

    中国陝西省西安で発掘作業が行われている、秦始皇帝の祖母の墓とみられる陵墓(共同)

    商品コード: 2006040700013

  • 2013年11月21日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓の墓室の中心にあるくぼみ。(2013年11月21日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2013(平成25)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602435

  • 2014年05月06日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓上層部の発掘現場。(2014年5月6日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2014(平成26)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602501

  • 2014年12月15日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓の地層堆積状況。(2014年12月15日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2014(平成26)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602389

  • 2016年03月09日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓の墓室構造。(2016年3月9日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2016(平成28)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602122

  • 2018年07月17日
    秦始皇帝兵馬俑博物館、観光シーズンを迎える

    17日、秦始皇帝兵馬俑博物館の1号坑を見学する観光客。中国陝西省西安市臨潼区の秦始皇帝兵馬俑博物館は、夏休みに入ってから大勢の人で込み合い、1日当たり見学者数が前年同期比28・3%増の延べ3万5千人を超え、観光シーズンを迎えている。(西安=新華社記者/劉蓮芬)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071900184

  • 2018年07月17日
    秦始皇帝兵馬俑博物館、観光シーズンを迎える

    17日、秦始皇帝兵馬俑博物館の1号坑を見学する観光客。中国陝西省西安市臨潼区の秦始皇帝兵馬俑博物館は、夏休みに入ってから大勢の人で込み合い、1日当たり見学者数が前年同期比28・3%増の延べ3万5千人を超え、観光シーズンを迎えている。(西安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071900199

  • 2018年07月17日
    秦始皇帝兵馬俑博物館、観光シーズンを迎える

    17日、秦始皇帝兵馬俑博物館の3号坑を見学する観光客。中国陝西省西安市臨潼区の秦始皇帝兵馬俑博物館は、夏休みに入ってから大勢の人で込み合い、1日当たり見学者数が前年同期比28・3%増の延べ3万5千人を超え、観光シーズンを迎えている。(西安=新華社記者/劉蓮芬)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071900186

  • 2018年07月17日
    秦始皇帝兵馬俑博物館、観光シーズンを迎える

    17日、秦始皇帝兵馬俑博物館の1号坑を見学する観光客。中国陝西省西安市臨潼区の秦始皇帝兵馬俑博物館は、夏休みに入ってから大勢の人で込み合い、1日当たり見学者数が前年同期比28・3%増の延べ3万5千人を超え、観光シーズンを迎えている。(西安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071900189

  • 2018年07月17日
    秦始皇帝兵馬俑博物館、観光シーズンを迎える

    17日、秦始皇帝兵馬俑博物館の1号坑を見学する観光客。中国陝西省西安市臨潼区の秦始皇帝兵馬俑博物館は、夏休みに入ってから大勢の人で込み合い、1日当たり見学者数が前年同期比28・3%増の延べ3万5千人を超え、観光シーズンを迎えている。(西安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071900170

  • 2018年08月08日
    西安市、秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の陶俑を同時に展示

    8日、秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の出土陶俑展で展示された漢代の上絵を施した家畜俑。「時空を超えた出会い秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の出土陶俑展」が7日、中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で始まった。今回の陶俑展では、同博物院と漢景帝陽陵博物院の文化財141点(組)が集められ、12組の秦・漢代の陶俑が対話する形の陳列方法で、2基の帝陵の発掘成果を来場者に紹介している。会期は1年。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000624

  • 2018年08月08日
    西安市、秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の陶俑を同時に展示

    8日、秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の出土陶俑展で展示された漢代の上絵を施した騎兵俑を見学する来場者。「時空を超えた出会い秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の出土陶俑展」が7日、中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で始まった。今回の陶俑展では、同博物院と漢景帝陽陵博物院の文化財141点(組)が集められ、12組の秦・漢代の陶俑が対話する形の陳列方法で、2基の帝陵の発掘成果を来場者に紹介している。会期は1年。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000560

  • 2018年08月08日
    西安市、秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の陶俑を同時に展示

    8日、秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の出土陶俑展で展示された秦の騎兵俑を見学する外国人観光客。「時空を超えた出会い秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の出土陶俑展」が7日、中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で始まった。今回の陶俑展では、同博物院と漢景帝陽陵博物院の文化財141点(組)が集められ、12組の秦・漢代の陶俑が対話する形の陳列方法で、2基の帝陵の発掘成果を来場者に紹介している。会期は1年。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000595

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月08日
    西安市、秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の陶俑を同時に展示

    8日、秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の出土陶俑展で展示された秦代の鎧を着た兵士俑を見学する外国人観光客。「時空を超えた出会い秦始皇帝陵と漢景帝陽陵の出土陶俑展」が7日、中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で始まった。今回の陶俑展では、同博物院と漢景帝陽陵博物院の文化財141点(組)が集められ、12組の秦・漢代の陶俑が対話する形の陳列方法で、2基の帝陵の発掘成果を来場者に紹介している。会期は1年。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000631

  • 2018年09月26日
    国慶節の大型連休目前秦の兵馬俑、観光熱高まる

    26日、秦始皇帝兵馬俑博物館を見学する観光客。中国の国慶節の大型連休(10月1日~7日)が近づき、陝西省西安市臨潼(りんとう)区の秦始皇帝兵馬俑博物館を訪れる観光客の数が増えている。連休中のピークを避けるため、多くの観光客が休み前に出発している。同博物館ではピーク対応として、連休中はチケット販売や入場時間を早め、閉館時間を延長することで、より多くの観光客に世界遺産を見学してもらおうとしている。(臨潼=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120601

  • 2018年09月26日
    国慶節の大型連休目前秦の兵馬俑、観光熱高まる

    26日、秦始皇帝兵馬俑博物館を見学する観光客。中国の国慶節の大型連休(10月1日~7日)が近づき、陝西省西安市臨潼(りんとう)区の秦始皇帝兵馬俑博物館を訪れる観光客の数が増えている。連休中のピークを避けるため、多くの観光客が休み前に出発している。同博物館ではピーク対応として、連休中はチケット販売や入場時間を早め、閉館時間を延長することで、より多くの観光客に世界遺産を見学してもらおうとしている。(臨潼=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120263

  • 2018年09月26日
    国慶節の大型連休目前秦の兵馬俑、観光熱高まる

    26日、秦始皇帝兵馬俑博物館を見学する観光客。中国の国慶節の大型連休(10月1日~7日)が近づき、陝西省西安市臨潼(りんとう)区の秦始皇帝兵馬俑博物館を訪れる観光客の数が増えている。連休中のピークを避けるため、多くの観光客が休み前に出発している。同博物館ではピーク対応として、連休中はチケット販売や入場時間を早め、閉館時間を延長することで、より多くの観光客に世界遺産を見学してもらおうとしている。(臨潼=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120687

  • 2018年09月26日
    国慶節の大型連休目前秦の兵馬俑、観光熱高まる

    26日、秦始皇帝兵馬俑博物館を見学する観光客。中国の国慶節の大型連休(10月1日~7日)が近づき、陝西省西安市臨潼(りんとう)区の秦始皇帝兵馬俑博物館を訪れる観光客の数が増えている。連休中のピークを避けるため、多くの観光客が休み前に出発している。同博物館ではピーク対応として、連休中はチケット販売や入場時間を早め、閉館時間を延長することで、より多くの観光客に世界遺産を見学してもらおうとしている。(臨潼=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120681

  • 2018年10月29日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓副葬坑の発掘現場。(2018年10月29日)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602513

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:48.67
    2018年12月15日
    「新華社」秦の始皇帝の兵馬俑展始まるニュージーランド国立博物館

    2019年の「中国・ニュージーランド観光年」を前に13日、ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で年をまたぐ「秦の始皇帝の兵馬俑:永遠の守衛」展が開幕した。呉璽(ご・じ)駐ニュージーランド中国大使は開幕式のあいさつで、秦の兵馬俑は世界の八大奇跡の一つに数えられ、中国の古代文明を代表するものであることを紹介、この展覧会は中国の古代文明とニュージーランドの観客の時空を超えた対話を実現し、「中国・ニュージーランド観光年」の最高の序章となると述べた。ニュージーランドのケルビン・デービス観光相は、文化交流の兵馬俑展は、ニュージーランドと中国の二国間貿易協力と同様に両国の交流を強化し、相互理解と相互信頼を深める効果的な方法だと表明した。また、この展覧会はより多くのニュージーランド人を引き付け、人々は中国についての理解を深めるだろうと語った。秦始皇帝陵博物院の張岩(ちょう・がん)副院長は、この展覧会は単なる文化財の展示ではなく、十分なスペースによって時間のつながりを示し、見学者に問題を提起して考えさせ、見学する中で答えを探させるという非常に高いレベルを備えたものだと強調した。今回展示される文化財には、中国陜西省文物局がコーディネートし20余りの博物館から選んだ、兵士俑8点と馬俑2点、銅車馬(どうしゃば)の複製品2点、西周から漢代の玉石や青銅器160点余りが含まれている。「秦の始皇帝の兵馬俑:永遠の守衛」展はニュージーランド国立博物館のニューアートホール初の海外テーマ展で、2019年4月22日まで開催される。同国ではこれまで、1986年と2003年に中国の兵馬俑を展示している。<映像内容>秦の始皇帝の兵馬俑展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121704863

  • 2019年03月05日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓の陶器出土現場。(2019年3月5日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602554

  • 01:45.92
    2019年03月19日
    「新華社」2千年前の「超高級車」復元された秦始皇帝陵の青銅の馬車

    中国陝西省西安市にある秦始皇帝陵博物院に陳列されている2組の青銅の馬と御者、馬車からなる「銅車馬」。かつて副葬品として秦の始皇帝と共に埋葬されていたもので、見事に復元され、再びその姿を現した。2組とも3500を超える部品で構成されており、馬車の車輪は実際に回転する。銅車馬の鋳造技術とその制作技術は、2200年以上前の当時、最先端のものだった。2台の馬車は「安車」と「立車」という。「安車」は座って乗る馬車で、道中横になるなど休息するために使われた。「立車」は立って乗るもので、車上に弩(ど、大弓)や盾が備え付けられ、視察や狩猟などに使われていた。主体は青銅で鋳造され、車体には彩色画が施され、大量の金銀飾りが付いている。2千年以上も地下に埋められていた銅車馬が完全な状態で保存されてきたのは、馬坑が盗掘を免れてきたためだ。また銅車馬の位置がまったく変わらず、構造もそのまま保たれていたことが、修復作業に有利に働いた。破損した3000以上のかけらをつなぎ合わせて元の形にするため、考古学、文化財修復、冶金(やきん)、溶接、材料工学の各分野の専門家が集まるチームが丸々8年の時間を費やし、1988年に2台の「超高級車」が元の姿を取り戻した。副葬品である銅車馬は、実際の半分の大きさしかないが、2200年以上前の職人による素晴らしい技法により華麗で堂々たる風格を伝え、悠久の時を超えて見る人を驚嘆させている。(記者/梁愛平)<映像内容>秦の始皇帝と共に埋葬されていた2千年前の「銅車馬」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000309

  • 2019年05月04日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓で出土した青銅器を取り上げる考古学者。(2019年5月4日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602562

  • 2019年05月14日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓で出土した青銅器。(2019年5月14日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602457

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、秦始皇帝陵博物院の秦兵馬俑一号坑の前で演奏する西安交響楽団。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400337

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、来場者にコンサート「奇跡の夜」について紹介する西安交響楽団首席指揮者のデイン・ラム氏。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400287

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、秦始皇帝陵博物院の秦兵馬俑一号坑の前で合唱する西安交響楽団合唱団。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400272

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、秦始皇帝陵博物院の秦兵馬俑一号坑の前で演奏する西安交響楽団。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400430

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、漢詩「国風・秦風・蒹葭」を音楽に合わせて朗読する民謡歌手の楊一(よう・いち)氏。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400431

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、秦始皇帝陵博物院の秦兵馬俑一号坑の前で合唱する西安交響楽団合唱団。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400325

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、秦始皇帝陵博物院の秦兵馬俑一号坑の前で演奏する西安交響楽団。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400259

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、秦始皇帝陵博物院の秦兵馬俑一号坑の前で合唱する西安交響楽団合唱団。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400351

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、秦始皇帝陵博物院の秦兵馬俑一号坑の前で合唱する西安交響楽団合唱団。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400270

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、秦始皇帝陵博物院の秦兵馬俑一号坑の前で演奏する西安交響楽団。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400432

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、来場者にコンサート「奇跡の夜」について紹介する西安交響楽団首席指揮者のデイン・ラム氏。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400289

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、秦始皇帝陵博物院の秦兵馬俑一号坑の前で演奏する西安交響楽団。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400429

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、漢詩「国風・秦風・蒹葭」を音楽に合わせて朗読する民謡歌手の楊一(よう・いち)氏。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400266

  • 2019年05月18日
    兵馬俑と聴くコンサート「奇跡の夜」開催陝西省西安市

    18日、秦始皇帝陵博物院の秦兵馬俑一号坑の前で演奏する西安交響楽団。国際博物館の日を記念したコンサート「奇跡の夜」が18日、中国陝西省西安市の臨潼(りんどう)区にある秦始皇兵馬俑第一号坑展示ホールの前で行われた。今回のコンサートは秦始皇帝陵博物院と西安交響楽団の共催で、組曲「大秦帝国」やベートーベン「交響曲第5番」の演奏、音楽に合わせた漢詩「国風・秦風・蒹葭(けんか)」の朗読など、素晴らしい演目が数百人の来場者に披露された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400324

  • 2019年06月15日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    石製よろい工房遺構の発掘現場。(資料写真)中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社配信)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900543

  • 2019年06月18日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    石製よろい工房遺構の発掘現場。(資料写真)中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社配信)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900549

  • 2019年07月01日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓の青銅の鏡と器の出土現場。(2019年7月1日撮影、小型無人機から)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602568

  • 2019年07月01日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓の墓室。(2019年7月1日、小型無人機より)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602574

  • 2019年07月02日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓の古代楽器「編鐘」と秦の貨幣「半両銭」の出土現場。(2019年7月2日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602447

  • 2019年09月05日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    遺構から出土した銅製や鉄製の工具や材料。(資料写真)中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社配信)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900575

  • 2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、琅琊台に登り、始皇帝と徐福の巨大な石像「秦始皇遣徐福入海求仙群雕像」の前で記念撮影をする美女たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700370

  • 2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、記念撮影をするために、始皇帝と徐福の巨大な石像「秦始皇遣徐福入海求仙群雕像」の前に集まった美女選手たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700375

  • 2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、琅琊台に登り、始皇帝と徐福の巨大な石像「秦始皇遣徐福入海求仙群雕像」の前で記念撮影をする美女たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700451

  • 2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、琅琊台に登り、始皇帝と徐福の巨大な石像「秦始皇遣徐福入海求仙群雕像」の前で記念撮影をする美女たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700470

  • 2019年10月03日
    ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝の美女たち、徐福ゆかりの地を訪問

    3日、琅琊台に登り、始皇帝と徐福の巨大な石像「秦始皇遣徐福入海求仙群雕像」の前で記念撮影をする美女たち。2019ミス・ツーリズム・ワールド世界大会決勝に出場する世界各国・地域の美女たちが3日、中国山東省青島市にある徐福ゆかりの観光スポット、琅琊台(ろうやだい)を訪れ、漢服を着て「四時節令鼓」という名の太鼓を打ち鳴らし、同地に古くから伝わる祈りの文化を体験した。秦(紀元前221年-紀元前206年)の始皇帝がこの地に立ち寄り、高台を築き、方士(呪術師、祈祷師、薬剤師、占星術・天文学に秀でた学者)徐福に海を渡って仙薬を求めるよう命じたことから、同地は国内外に広く知られるようになった。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100700484

  • 2019年10月26日
    「好奇心に敬意を」2019パイナップル科学賞発表

    26日、2019年のパイナップル科学賞で科学賞を受賞した英ケンブリッジ大学のマルコス・マルティノン・トーレス教授(中央)。トーレス氏の研究チームは、中国陝西省西安市にある秦始皇帝陵の「兵馬俑(へいばよう)坑」の青銅武器が2千年余りを経ても腐食しなかった原因を解明した。中国版イグノーベル賞と呼ばれる「パイナップル科学賞」は26日夜、浙江省温州市で2019年の受賞者を発表した。2012年に始まった同賞は今年で8回目。浙江省科学協会と浙江省科学技術館、科学系ポータルサイト「果殻網」が共同で創設し、「好奇心に敬意を」を合言葉に想像力あふれる科学研究作品や案件を幅広く集い、表彰・宣伝している。世界を変えようなどの野心は無くとも、世界から決してつぶされることのない好奇心を持つ人を探し、多くの人に科学をシェアしてもらう。(温州=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500812

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、遺構から出土した石製よろいの破片を手にする考古スタッフ。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900545

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、遺構から出土した石製よろいの破片。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900563

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、遺構から出土した石製よろいの破片。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900555

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、石製よろい工房遺構の発掘現場。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900546

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、石製よろい工房遺構の発掘現場。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900573

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、遺構から出土した遺物を並べる考古スタッフ。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900586

  • 2019年12月03日
    秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省

    3日、遺構から出土した石製よろいの破片。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900561

  • 2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の1号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200793

  • 2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の1号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200802

  • 2019年12月05日
    貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省

    5日、「平天下-秦の統一」展覧会に展示された「騎馬俑」。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200833

  • 2019年12月05日
    貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省

    5日、「平天下-秦の統一」展に展示された「鳥獣紋穿帯壺」。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200863

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300242

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300198

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300225

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院に展示された兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300226

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300227

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300232

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院に展示された兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300205

  • 2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の2号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200787

  • 2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の2号銅車馬の馬(複製品)。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200815

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院に展示された兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300243

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300193

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300209

  • 2019年12月05日
    貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省

    5日、「平天下-秦の統一」展覧会に展示された秦始皇帝陵の兵馬俑の頭部。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200771

  • 2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の1号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200807

  • 2019年12月05日
    貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省

    5日、「平天下-秦の統一」展の会場に並ぶ展示品。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200825

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院に展示された兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300195

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300212

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300219

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院に展示された兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300262

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院に展示された兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300294

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院に展示された兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300220

  • 2019年12月05日
    貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省

    5日、「平天下-秦の統一」展に展示された秦始皇帝陵の兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200788

  • 2019年12月05日
    貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省

    5日、「平天下-秦の統一」展に展示された「虎紋瓦当」。瓦当(がとう)とは中国の古代建築の一種独特な装飾物を指す。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200790

  • 2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の1号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200801

  • 2019年12月05日
    貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省

    5日、「平天下-秦の統一」展に展示された「双獾紋瓦当」。瓦当(がとう)とは中国の古代建築の一種独特な装飾物を指す。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200830

  • 2019年12月05日
    貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省

    5日、「平天下-秦の統一」展に展示された車馬図壁画。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200864

  • 2019年12月05日
    貴重な文物がずらり「平天下-秦の統一」展を楽しむ陝西省

    5日、「平天下-秦の統一」展に展示された雑技をする芸人の姿をした陶俑「百戯俑」。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院で「平天下-秦の統一」と題する大規模な展覧会が9月25日から開催されている。会場には中国国家博物館、上海博物館など全国33カ所の文化産業の関連団体・機関が所蔵する秦公鼎(しんこうてい)、商鞅方升(しょうおうほうしょう)、杜虎符(とこふ)、雲夢秦簡(うんぼうしんかん)、秦車馬図壁画およびすべての兵種がそろった兵馬俑などを含む「秦の統一」に関する文物317点(組)が並び、来場者は秦の発展の歩みや秦が統一のために行ってきた数々の措置が中国社会の発展にもたらした貢献について知ることができる。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121201037

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院に展示された兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300216

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300229

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300231

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    細部まで実に精巧一体ごとに表情が異なる兵馬俑陝西省

    5日、秦始皇帝陵博物院の陪葬坑に並ぶ兵馬俑。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院(前・秦始皇兵馬俑博物館)では、1979年の一般公開開始からの来場者が延べ1億2千万人を超え、海外からも約2千万人が訪れている。兵馬俑は秦の始皇帝を死後の世界で守るために副葬された素焼きの兵士像で、一体ごとに表情が異なっている。西安市郊外の始皇帝陵で1974年に副葬品などを埋めた竪穴「陪葬坑(ばいそうこう)」が発見され、始皇帝陵の周辺にある三つの兵馬俑坑から、人間や馬の形を模して作られた陶俑と陶馬が約8千体、木製戦車100余台、青銅兵器数万点が見つかった。秦始皇帝陵と兵馬俑坑は1987年にユネスコの世界遺産に登録された。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300238

  • 1
  • 2
  • 3