KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国陝西省
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 中国中部
  • 陝西省西安市
  • ジャイアントパンダ
  • 陝西省漢中市
  • 大巴山脈
  • 野生動物
  • 保護動物

「秦嶺山脈」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
331
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
331
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:55.24
    2020年12月07日
    「新華社」秦嶺山脈の霧氷陝西省鳳県

    中国秦嶺山脈に位置する陝西省鳳(ほう)県でこのほど、降雪があり、山間の木々に厚く積もった雪が作り出す霧氷の景観が多くの観光客を魅了した。(記者/都紅剛)<映像内容>雪が積もった秦嶺山脈、霧氷の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.61
    2020年12月04日
    「新華社」パンダの「ふん」で紙作り陝西省西安市

    中国陝西省西安市周至県起良村で、伝統的な製紙技術の継承者、劉暁東(りゅう・ぎょうとう)さんがパンダのふんを原料とした「パンダ紙」の製造を試みている。後漢の時代から製紙を生業としてきた同村は、秦嶺山脈北麓の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターに近くに位置している。ササの葉の混じったパンダのふんを選別し、水中で2回分離させてから、消石灰と混ぜ合わせて20時間以上煮沸し、叩いて繊維を細かくする。村特産の「蔡侯紙」の製紙過程には、浸す、蒸す、叩きほぐす、紙をすく、プレスする、乾かすなど36の大工程と、72の小工程があり、互いに密接につながっている。劉さんは3年間で数百回に及ぶテストを実施し、2017年に「パンダ紙」の制作に成功。現在のところ一般販売はしていないが、昨年は多くの中国駐在各国大使に贈られた。また、一部の書家や画家にも使用されている。(記者/李華、張博文、賀占軍)<映像内容>パンダのふんを原料としたパンダ紙の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.57
    2020年11月27日
    「新華社」野生の四川キンシコウ、穏やかに人と触れ合い陝西省

    中国陝西省宝鶏市馬頭灘林業局の職員がこのほど、保護林区での育成作業中に野生のキンシコウ1匹を発見した。専門家の鑑定を経て、発見されたのは四川キンシコウであることが暫定的に確認された。野生のキンシコウは動きが機敏で、体格も良く、職員の手から食べ物を受け取り、カメラを向けられても動じなかった。秦嶺山脈の頂にある同林業局の林区で野生のキンシコウが発見されたのは今回が初めて。四川キンシコウは中国固有種で、年間を通じて標高1500〜3300メートルの森で暮らしている。国家1級重点保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやトキ、ターキンと合わせて「秦嶺四宝」と呼ばれている。(記者/都紅剛)<映像内容>野生の四川キンシコウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.59
    2020年11月23日
    「新華社」サンシュユ豊作、地元に恵み陝西省太白県

    秦嶺山脈の奥地に位置する中国陝西省宝鶏市太白県でサンシュユの実が赤く熟し、農家らが収穫や日干し作業に追われている。同県は豊かな環境資源を生かし、祭りなどの行事を通してサンシュユ関連産業と観光業の効果的な融合を実現してきた。地元住民にとってサンシュユ栽培は収入を増やし生活を豊かにするための新たな手段となっている。県内では現在、サンシュユの栽培面積が2万ムー(約1333ヘクタール)以上、年間生産量が200トンに達している。年間総収入は300万元(1元=約16円)を超え、世帯平均で3千元以上の収入増を実現している。(記者/都紅剛)<映像内容>サンシュユの実の収穫、日干しの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.75
    2020年11月22日
    「新華社」雪の中でのんびりと枝をかじるパンダ陝西省仏坪県

    中国秦嶺山脈の一部地域は22日、大雪となった。陝西省漢中市仏坪県にある秦嶺ジャイアントパンダ研究センターの救護野生復帰支援基地では、雌パンダの安安(アンアン)が降り続く雪も気にせず、木の上でのんびりと枝をかじっていた。(記者/孫正好)<映像内容>雪の降る中木の上で枝をかじるパンダ、撮影日:2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.63
    2020年11月14日
    「新華社」秦嶺山脈で紅葉が見頃陝西省商洛市

    中国陝西省商洛市に広がる秦嶺山脈では晩秋を迎え、山肌の木々が赤や黄色に色づき、1年で最も美しい姿で観光客を魅了している。鮮やかな紅葉が常緑樹の緑と見事なコントラストを織りなし、油絵のような重厚感のある景色が広がっている。(記者/張晨俊)<映像内容>秦嶺山脈の紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.66
    2020年11月08日
    「新華社」秦嶺山脈の奥地に初雪陝西省太白県

    秦嶺山脈の奥地に位置する中国陝西省宝鶏市太白県でこのほど、初雪が観測され、遠くの山の峰は雪を頂き、山肌は雲や霧に包まれた。山腹では黄色に染まったカラマツと紅葉した低木が数十キロにわたってコントラストを織りなし、秋と冬が入り混じった見事な風景を作り出した。(記者/都紅剛)<映像内容>陝西省太白県で初雪、雪が積もる様子、紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:34.80
    2020年11月06日
    「新華社」春秋戦国~秦漢時代の大規模祭祀遺跡見つかる陝西省宝鶏市

    中国国家博物館、陜西考古研究院などからなる合同考古発掘チームはこのほど、陝西省宝鶏市で春秋戦国~秦漢時代の祭祀(さいし)遺跡を発見した。考古学者らは遺跡の規模と出土器物から、同遺跡が歴史書に記された中国の帝王が五天帝のうち春をつかさどる青帝を祭った祭場「密畤(みつじ)」の跡だと推定。春秋時代の秦の宣公の時代から前漢中~後期までの約600年間使用されていたとし、秦漢時代の国家祭祀儀式の盛大さがうかがえるとの見方を示した。遺跡は同市陳倉区潘渓鎮下站(かたん)村にあり、総面積は約23万平方メートル。秦嶺山脈北麓の渭河(いが)の南岸に形成された沖積段丘に位置する。(記者/都紅剛)<映像内容>発見された祭祀遺跡の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.60
    2020年11月04日
    「新華社」秋色に染まる秦巴山区、紅葉が見頃に湖北省十堰市

    中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山区に位置する湖北省十堰市鄖陽区では、大柳や城関、譚家湾などの多くの町や村で紅葉が見頃を迎えている。高い所から山野を見渡すと、まるで夕日に照らされているかのように赤く、幾重にも染められている。同区の紅葉はナンキンハゼやハグマノキなどが中心で、面積は10万ムー(約6600ヘクタール)を超える。毎年秋になると多くの観光客が観賞に訪れるという。(記者/李偉)<映像内容>湖北省十堰市の紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.76
    2020年10月28日
    「新華社」陝西省の自然保護区でヒョウの撮影に成功

    中国陝西省商洛市鎮安県の陝西鷹嘴石(ようすいせき)省級自然保護区でこのほど、回収された赤外線カメラの映像の中に国家1級保護動物のヒョウの姿が発見された。県内の管轄区でヒョウの撮影に成功したのはこの40年近くで今回が初めて。同保護区は秦嶺山脈の南斜面中腹に位置し、主にジャイアントパンダの潜在的生息地とターキン、ジャコウジカなど森林の野生動植物を保護している。(記者/都紅剛、劉彤)<映像内容>赤外線カメラが捉えた野生のヒョウの様子、パンダなどの動物の様子、陝西鷹嘴石省級自然保護区の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.30
    2020年10月24日
    「新華社」鮮やかに色づく秋の秦嶺山脈陝西省鳳県

    10月も後半となり、中国陝西省宝鶏市鳳県では鮮やかに色づいた木々が山の斜面を華やかに染めている。秦嶺山脈の南麓に位置する同県は、森林カバー率が80・4%に達している。毎年10~11月になると、県内の20種類以上の紅葉が競うように赤や黄色に色づき、青々とした松や柏と相まって人々を魅了する美しい光景を生み出している。(記者/都紅剛)<映像内容>秦嶺山の紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    鮮やかに色づく秋の秦嶺山脈陝西省鳳県

    21日、陝西省西安市鄠邑(こゆう)区甘峪溝村の景色。(小型無人機から)10月も後半となり、中国陝西省宝鶏市鳳県では鮮やかに色づいた木々が山の斜面を華やかに染めている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    鮮やかに色づく秋の秦嶺山脈陝西省鳳県

    21日、陝西省西安市鄠邑(こゆう)区にある甘峪ダムの景色。(小型無人機から)10月も後半となり、中国陝西省宝鶏市鳳県では鮮やかに色づいた木々が山の斜面を華やかに染めている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    鮮やかに色づく秋の秦嶺山脈陝西省鳳県

    21日、陝西省西安市鄠邑(こゆう)区にある甘峪ダムの景色。(小型無人機から)10月も後半となり、中国陝西省宝鶏市鳳県では鮮やかに色づいた木々が山の斜面を華やかに染めている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月19日
    美しい驪山の夕暮れ陝西省

    19日、夕暮れ時に驪山の「灞臨路」を走る車。(小型無人機から)中国陝西省にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山は悠久の歴史を持つ自然・人文風景区。美しい景色は今も昔も変わらず、山頂に至る「最も美しい山岳道路」の灞臨(はりん)路は観光客やドライバーの人気スポットとなっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月19日
    美しい驪山の夕暮れ陝西省

    19日、夕暮れ時の驪山の景色。(小型無人機から)中国陝西省にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山は悠久の歴史を持つ自然・人文風景区。美しい景色は今も昔も変わらず、山頂に至る「最も美しい山岳道路」の灞臨(はりん)路は観光客やドライバーの人気スポットとなっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月19日
    鮮やかに色づく秋の秦嶺山脈陝西省鳳県

    19日、陝西省西安市臨潼区にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山(りざん)の景色。(小型無人機から)10月も後半となり、中国陝西省宝鶏市鳳県では鮮やかに色づいた木々が山の斜面を華やかに染めている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月19日
    鮮やかに色づく秋の秦嶺山脈陝西省鳳県

    19日、陝西省西安市臨潼区にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山(りざん)の景色。(小型無人機から)10月も後半となり、中国陝西省宝鶏市鳳県では鮮やかに色づいた木々が山の斜面を華やかに染めている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    鮮やかに色づく秋の秦嶺山脈陝西省鳳県

    16日、陝西省西安市周至県畛子(しんし)鎮の景色。(小型無人機から)10月も後半となり、中国陝西省宝鶏市鳳県では鮮やかに色づいた木々が山の斜面を華やかに染めている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    鮮やかに色づく秋の秦嶺山脈陝西省鳳県

    16日、陝西省西安市周至県畛子(しんし)鎮の景色。(小型無人機から)10月も後半となり、中国陝西省宝鶏市鳳県では鮮やかに色づいた木々が山の斜面を華やかに染めている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    鮮やかに色づく秋の秦嶺山脈陝西省鳳県

    16日、陝西省西安市周至県畛子(しんし)鎮の景色。(小型無人機から)10月も後半となり、中国陝西省宝鶏市鳳県では鮮やかに色づいた木々が山の斜面を華やかに染めている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    鮮やかに色づく秋の秦嶺山脈陝西省鳳県

    16日、陝西省西安市周至県畛子(しんし)鎮の景色。(小型無人機から)10月も後半となり、中国陝西省宝鶏市鳳県では鮮やかに色づいた木々が山の斜面を華やかに染めている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.63
    2020年10月08日
    「新華社」凍結した雨滴が美しい景観を作り出す秦嶺山脈太白山

    中国陝西省にある秦嶺山脈最高峰の太白山風景区でこのほど、2日にわたってみぞれが降り、山間部の気温が急激に低下、草花や樹木に付着した雨滴が寒さのため凍結して美しい景観を作り出した。(記者/都紅剛)<映像内容>太白山風景区の風景、凍結した植物の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月26日
    秦嶺国家植物園でトキ20羽を放鳥陝西省西安市

    26日、陝西省西安市で行われた「秦嶺北麓トキ放鳥活動」の参加者ら。中国陝西省西安市にある秦嶺国家植物園で26日、「秦嶺北麓トキ放鳥活動」が実施された。秦嶺山脈の北麓に生息するトキの個体数増加と分布範囲の拡大を継続的に実現し、群れの健全な発展を目指す。(西安=新華社記者/孫正好)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月26日
    秦嶺国家植物園でトキ20羽を放鳥陝西省西安市

    26日、「秦嶺北麓トキ放鳥活動」で放鳥されたトキ。中国陝西省西安市にある秦嶺国家植物園で26日、「秦嶺北麓トキ放鳥活動」が実施された。秦嶺山脈の北麓に生息するトキの個体数増加と分布範囲の拡大を継続的に実現し、群れの健全な発展を目指す。(西安=新華社配信/杜膚陽)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月26日
    秦嶺国家植物園でトキ20羽を放鳥陝西省西安市

    26日、「秦嶺北麓トキ放鳥活動」で放鳥されたトキ。中国陝西省西安市にある秦嶺国家植物園で26日、「秦嶺北麓トキ放鳥活動」が実施された。秦嶺山脈の北麓に生息するトキの個体数増加と分布範囲の拡大を継続的に実現し、群れの健全な発展を目指す。(西安=新華社配信/杜膚陽)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.22
    2020年09月26日
    「新華社」秦嶺国家植物園でトキ20羽を放鳥陝西省西安市

    中国陝西省西安市にある秦嶺国家植物園で26日、「秦嶺北麓トキ放鳥活動」が実施された。秦嶺山脈の北麓に生息するトキの個体数増加と分布範囲の拡大を継続的に実現し、群れの健全な発展を目指す。今回放されたのは年齢層の異なる20羽。野外での採餌、繁殖、移動などの生存状況を把握し、長距離移動能力を回復させるため、職員がうち5羽に衛星追跡器を装着した。また、冬季に餌をまき、野外の生活に適応できない個体を保護、収容するなどの作業も行う。長年にわたる保護活動により、全世界で発見されたトキの個体数は1981年の7羽から現在の5千羽以上に増加し、生息面積は5平方キロ未満から1万5千平方キロに拡大。10世代以上にわたるトキの人工繁殖と野生復帰の取り組みが続いている。(記者/孫正好)<映像内容>秦嶺北麓トキ放鳥活動の様子、撮影日:2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.91
    2020年09月19日
    「新華社」秦巴山区の農村、生活排水対策が効果を発揮

    生活排水対策は農村の環境整備にとって重要な課題となっている。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山区の「連片貧困区」(国が指定した広域特殊困難地区)に当たる四川省巴中(はちゅう)市巴州区ではこのほど、排水の集中処理と分散処理を組み合わせた生活排水対策が進められ、優れた成果を収めている。同区三江鎮民主村の集落では、新たに設置した三槽式浄化槽が31世帯、135人の生活排水処理問題を解決した。浄化槽の周辺に小型の人工湿地を建設して空気中に漂う異臭を取り除き、これまで集落で見られた悪臭漂う用水路に大量の蚊が飛び交うような状況を解消した。(記者/蕭永航)<映像内容>農村の生活排水対策の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    秦嶺山脈の奥深くにたたずむ棣花古鎮を訪ねて陝西省

    18日、朝焼けに染まる棣花古鎮の清風老街。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市丹鳳県を流れる丹江流域には、千年の歴史を持つ古鎮、棣花(ていか)鎮がある。美しい風景や悠久の歴史と文化、豊かな自然が絶妙に融合した同鎮では、観光客が帰るのを忘れてしまうほどの心地さを味わうことができる。(丹鳳=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    秦嶺山脈の奥深くにたたずむ棣花古鎮を訪ねて陝西省

    18日、棣花古鎮を散策する観光客。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市丹鳳県を流れる丹江流域には、千年の歴史を持つ古鎮、棣花(ていか)鎮がある。美しい風景や悠久の歴史と文化、豊かな自然が絶妙に融合した同鎮では、観光客が帰るのを忘れてしまうほどの心地さを味わうことができる。(丹鳳=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    秦嶺山脈の奥深くにたたずむ棣花古鎮を訪ねて陝西省

    18日、棣花古鎮のワイナリーの前で写真を撮る観光客。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市丹鳳県を流れる丹江流域には、千年の歴史を持つ古鎮、棣花(ていか)鎮がある。美しい風景や悠久の歴史と文化、豊かな自然が絶妙に融合した同鎮では、観光客が帰るのを忘れてしまうほどの心地さを味わうことができる。(丹鳳=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    秦嶺山脈の奥深くにたたずむ棣花古鎮を訪ねて陝西省

    18日、秦嶺山脈の奥深くにたたずむ棣花古鎮の全景。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市丹鳳県を流れる丹江流域には、千年の歴史を持つ古鎮、棣花(ていか)鎮がある。美しい風景や悠久の歴史と文化、豊かな自然が絶妙に融合した同鎮では、観光客が帰るのを忘れてしまうほどの心地さを味わうことができる。(丹鳳=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    秦嶺山脈の奥深くにたたずむ棣花古鎮を訪ねて陝西省

    18日、棣花古鎮の民宿でお茶を味わう観光客。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市丹鳳県を流れる丹江流域には、千年の歴史を持つ古鎮、棣花(ていか)鎮がある。美しい風景や悠久の歴史と文化、豊かな自然が絶妙に融合した同鎮では、観光客が帰るのを忘れてしまうほどの心地さを味わうことができる。(丹鳳=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    秦嶺山脈の奥深くにたたずむ棣花古鎮を訪ねて陝西省

    18日、棣花古鎮にある民宿の庭でくつろぐ観光客。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市丹鳳県を流れる丹江流域には、千年の歴史を持つ古鎮、棣花(ていか)鎮がある。美しい風景や悠久の歴史と文化、豊かな自然が絶妙に融合した同鎮では、観光客が帰るのを忘れてしまうほどの心地さを味わうことができる。(丹鳳=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    秦嶺山脈の奥深くにたたずむ棣花古鎮を訪ねて陝西省

    18日、棣花古鎮の清風老街でキウイフルーツを売る地元の人。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市丹鳳県を流れる丹江流域には、千年の歴史を持つ古鎮、棣花(ていか)鎮がある。美しい風景や悠久の歴史と文化、豊かな自然が絶妙に融合した同鎮では、観光客が帰るのを忘れてしまうほどの心地さを味わうことができる。(丹鳳=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    美しい驪山の夕暮れ陝西省

    驪山の灞臨路の景色。(9月18日、小型無人機から)中国陝西省にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山は悠久の歴史を持つ自然・人文風景区。美しい景色は今も昔も変わらず、山頂に至る「最も美しい山岳道路」の灞臨(はりん)路は観光客やドライバーの人気スポットとなっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    陝西省の自然保護区でヒョウの撮影に成功

    赤外線カメラが捉えたヒョウの姿。(資料写真)中国陝西省商洛市鎮安県の陝西鷹嘴石(ようすいせき)省級自然保護区でこのほど、回収された赤外線カメラの映像の中に国家1級保護動物のヒョウの姿が発見された。県内の管轄区でヒョウの撮影に成功したのはこの40年近くで今回が初めて。同保護区は秦嶺山脈の南斜面中腹に位置し、主にジャイアントパンダの潜在的生息地とターキン、ジャコウジカなど森林の野生動植物を保護している。(西安=新華社配信)=撮影日:2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    秦嶺山脈の奥深くにたたずむ棣花古鎮を訪ねて陝西省

    18日、棣花古鎮を散策する観光客。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市丹鳳県を流れる丹江流域には、千年の歴史を持つ古鎮、棣花(ていか)鎮がある。美しい風景や悠久の歴史と文化、豊かな自然が絶妙に融合した同鎮では、観光客が帰るのを忘れてしまうほどの心地さを味わうことができる。(丹鳳=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    美しい驪山の夕暮れ陝西省

    夕暮れ時の驪山の景色。(9月18日、小型無人機から)中国陝西省にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山は悠久の歴史を持つ自然・人文風景区。美しい景色は今も昔も変わらず、山頂に至る「最も美しい山岳道路」の灞臨(はりん)路は観光客やドライバーの人気スポットとなっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    古都西安に澄んだ青空陝西省

    8月31日、西安交通大学のキャンパス。(小型無人機から)中国陝西省西安市では8月31日、連日の雨が上がって晴れ渡り、遠くそびえる秦嶺山脈の終南山がはっきりと見えた。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    古都西安に澄んだ青空陝西省

    8月31日、西安市の大唐芙蓉園。(小型無人機から)中国陝西省西安市では8月31日、連日の雨が上がって晴れ渡り、遠くそびえる秦嶺山脈の終南山がはっきりと見えた。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    古都西安に澄んだ青空陝西省

    8月31日、夕日に照らされた西安市の大雁塔。(小型無人機から)中国陝西省西安市では8月31日、連日の雨が上がって晴れ渡り、遠くそびえる秦嶺山脈の終南山がはっきりと見えた。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    古都西安に澄んだ青空陝西省

    8月31日、夕日に照らされた西安市の大雁塔。(小型無人機から)中国陝西省西安市では8月31日、連日の雨が上がって晴れ渡り、遠くそびえる秦嶺山脈の終南山がはっきりと見えた。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    古都西安に澄んだ青空陝西省

    8月31日夕方、西安市の大唐芙蓉園。(小型無人機から)中国陝西省西安市では8月31日、連日の雨が上がって晴れ渡り、遠くそびえる秦嶺山脈の終南山がはっきりと見えた。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    古都西安に澄んだ青空陝西省

    8月31日、西安市の大雁塔。(小型無人機から)中国陝西省西安市では8月31日、連日の雨が上がって晴れ渡り、遠くそびえる秦嶺山脈の終南山がはっきりと見えた。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    古都西安に澄んだ青空陝西省

    8月31日、西安市の大唐芙蓉園。中国陝西省西安市では8月31日、連日の雨が上がって晴れ渡り、遠くそびえる秦嶺山脈の終南山がはっきりと見えた。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    古都西安に澄んだ青空陝西省

    8月31日、夕日に照らされた西安曲江新区の集合住宅。(小型無人機から)中国陝西省西安市では8月31日、連日の雨が上がって晴れ渡り、遠くそびえる秦嶺山脈の終南山がはっきりと見えた。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    美しい驪山の夕暮れ陝西省

    驪山の山頂から眺める日没の景色。(8月25日撮影)中国陝西省にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山は悠久の歴史を持つ自然・人文風景区。美しい景色は今も昔も変わらず、山頂に至る「最も美しい山岳道路」の灞臨(はりん)路は観光客やドライバーの人気スポットとなっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:44.98
    2020年08月25日
    「新華社」大自然と一体化、西安交響楽団が野外コンサート陝西省安康市

    中国陝西省の西安交響楽団によるシリーズ企画、「中国の源・秦嶺の声」オンラインコンサートの第4回公演がこのほど、同省安康市の瀛湖(えいこ)エコツーリズムエリアで開催された。演奏家の奏でる旋律が、絵画のような大自然に溶け込み、視聴者は秦嶺山脈の格別な美しさに酔いしれた。コンサートでは、戯曲「ペール・ギュント」第1組曲やオペラ「カルメン」、バレエ「白鳥の湖」組曲、ヨハン・シュトラウス2世の「美しく青きドナウ」、中国民謡「茉莉花」の改作など、人気の曲目が演奏された。(記者/藺娟)<映像内容>西安交響楽団のオンラインコンサートの様子、秦嶺山脈の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    美しい驪山の夕暮れ陝西省

    夕暮れ時の驪山の灞臨路の景色。(8月13日撮影)中国陝西省にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山は悠久の歴史を持つ自然・人文風景区。美しい景色は今も昔も変わらず、山頂に至る「最も美しい山岳道路」の灞臨(はりん)路は観光客やドライバーの人気スポットとなっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    美しい驪山の夕暮れ陝西省

    夕暮れ時の驪山の景色。(8月13日、小型無人機から)中国陝西省にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山は悠久の歴史を持つ自然・人文風景区。美しい景色は今も昔も変わらず、山頂に至る「最も美しい山岳道路」の灞臨(はりん)路は観光客やドライバーの人気スポットとなっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    美しい驪山の夕暮れ陝西省

    夕暮れ時の驪山の景色。(8月13日、小型無人機から)中国陝西省にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山は悠久の歴史を持つ自然・人文風景区。美しい景色は今も昔も変わらず、山頂に至る「最も美しい山岳道路」の灞臨(はりん)路は観光客やドライバーの人気スポットとなっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    美しい驪山の夕暮れ陝西省

    驪山の山頂から眺める夕暮れ時の西安市臨潼区。(8月13日、小型無人機から)中国陝西省にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山は悠久の歴史を持つ自然・人文風景区。美しい景色は今も昔も変わらず、山頂に至る「最も美しい山岳道路」の灞臨(はりん)路は観光客やドライバーの人気スポットとなっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    6日、紫陽県高坪鎮高坪村の茶園で摘み取った茶葉を集める農家。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    6日、紫陽県高坪鎮高坪村の茶園で、茶摘機で茶葉を摘み取る農家。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪

    5日、漢張留侯祠の張良大殿。中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、茶葉の状態を確認する陝西省紫陽県の茶メーカー、閩秦茶業の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、収穫した茶葉を天日干しする陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の工場で、白茶の加工作業をする従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、紫陽県双橋鎮四坪村の茶園で茶の摘採に励む農家。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、茶農家が収穫した茶葉を計量する陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪

    5日、漢張留侯祠の北花園に立つ拝石亭。中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、紫陽県双橋鎮四坪村に広がる茶園風景。(小型無人機から)中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の工場で、加工した固形タイプの白茶の状態を確認する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    石絵に託す農村振興、山村の貧困脱却請負人陝西省留壩県

    劉勇氏が製作した石絵作品。(8月4日撮影)中国西北部の秦嶺山脈山中に位置する陝西省留壩(りゅうは)県河口村は2019年、正式に貧困脱却を果たした。同村の貧困脱却には、貧困対策担当者として村に駐在する劉勇(りゅう・ゆう)氏による食用きのこ栽培、養蜂などの産業復興策や観光地整備が大きく貢献した。劉氏は、同村だけの魅力的な「土産物」も生み出した。村には漢江の支流の一つ、褒河(ほうが)の急流があるが、劉氏は川底の玉石を見て、石絵を描くアイディアを思いついた。劉氏が余暇を利用して石の上に描く村の豊かな生活風景は、同村の色鮮やかな「名物」になっている。(留壩=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    石絵に託す農村振興、山村の貧困脱却請負人陝西省留壩県

    石絵に色を塗る劉勇氏。(8月4日撮影)中国西北部の秦嶺山脈山中に位置する陝西省留壩(りゅうは)県河口村は2019年、正式に貧困脱却を果たした。同村の貧困脱却には、貧困対策担当者として村に駐在する劉勇(りゅう・ゆう)氏による食用きのこ栽培、養蜂などの産業復興策や観光地整備が大きく貢献した。劉氏は、同村だけの魅力的な「土産物」も生み出した。村には漢江の支流の一つ、褒河(ほうが)の急流があるが、劉氏は川底の玉石を見て、石絵を描くアイディアを思いついた。劉氏が余暇を利用して石の上に描く村の豊かな生活風景は、同村の色鮮やかな「名物」になっている。(留壩=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    石絵に託す農村振興、山村の貧困脱却請負人陝西省留壩県

    自身の作品を見せる劉勇氏。(8月4日撮影)中国西北部の秦嶺山脈山中に位置する陝西省留壩(りゅうは)県河口村は2019年、正式に貧困脱却を果たした。同村の貧困脱却には、貧困対策担当者として村に駐在する劉勇(りゅう・ゆう)氏による食用きのこ栽培、養蜂などの産業復興策や観光地整備が大きく貢献した。劉氏は、同村だけの魅力的な「土産物」も生み出した。村には漢江の支流の一つ、褒河(ほうが)の急流があるが、劉氏は川底の玉石を見て、石絵を描くアイディアを思いついた。劉氏が余暇を利用して石の上に描く村の豊かな生活風景は、同村の色鮮やかな「名物」になっている。(留壩=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    4日、紅茶の在庫を整理する陝西省紫陽県の茶メーカー、麻柳鼎竜茶葉の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    4日、白茶の在庫を整理する陝西省紫陽県の茶メーカー、麻柳鼎竜茶葉の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、村外れに姿を見せたキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、村民らとキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、村民の龐風莉(ほう・ふうり)さんの家の前で休むキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、キンシコウに「あいさつ」する村民。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、山から下りてきたキンシコウを出迎える村民ら。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、農家を「訪問する」キンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、村民と「握手」するキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、山林に戻るキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、山を下り茅坪鎮茅坪村に姿を見せたキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、慣れた様子で村民の龐風莉(ほう・ふうり)さん宅の玄関を探し当てるキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、漢中市洋県茅坪鎮茅坪村の村民と一緒に写真に収まる野生のキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月02日
    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市

    2日、道路脇で、何度も自宅に「招待」してくれた村民の龐風莉(ほう・ふうり)さんを一目で見つける野生のキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.11
    2020年07月31日
    「新華社」高らかに鳴く秦嶺アマガエルを撮影陝西省

    中国陝西省漢中市仏坪(ぶつへい)県の秦嶺山脈でこのほど、動物保護員が声高らかに鳴く秦嶺アマガエル(学名Hylatsinlingensis)の貴重な姿を映像に収めた。同地域ではここ数年の環境改善に伴い、秦嶺アマガエルの個体数が増えてきている。(記者/孫正好)<映像内容>秦嶺アマガエルが鳴く様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:28.34
    2020年07月30日
    「新華社」野生のキンシコウの撮影に成功陝西省桑園自然保護区

    中国陝西省漢中市留壩(りゅうは)県にある桑園国家級自然保護区でこのほど、野生のキンシコウを撮影することに初めて成功した。保護区職員が区内から回収した赤外線カメラの録画映像を整理したところ、ジャイアントパンダやウシ科のターキンなどの野生動物のほか、野生のキンシコウが活動する様子が映っていた。キンシコウは国家1級重点保護動物に指定されており、全身を柔らかな金色の毛で覆われている。標高2千から3千メートルの山岳地帯にある針広混交林に生息。同省南部を東西に走る秦嶺山脈がキンシコウの分布する最北端とされる。(記者/張晨俊)<映像内容>キンシコウなど野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:36.98
    2020年07月21日
    「新華社」秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(記者/藺娟)<映像内容>秦嶺山脈の奥地で開催された野外コンサートの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.86
    2020年07月20日
    「新華社」キンシコウが双子に授乳?実はよその子

    中国陝西省漢中市仏坪(ぶつへい)県の秦嶺山脈でこのほど、動物保護員が赤ちゃん2匹に同時に授乳するキンシコウの姿を撮影した。一見すると双子の赤ちゃんのようだが、詳しい観察の結果、授乳しているのは子育て経験が豊富な雌で、他の雌の子に母乳を与えていたことが分かった。野生のキンシコウに見られるこの行動は、心温まる場面と言えるのではないだろうか。(記者/孫正好)<映像内容>自分の子以外に母乳を与えているキンシコウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    美しい驪山の夕暮れ陝西省

    19日、夕暮れ時に驪山の灞臨路を走る車。(7月19日、小型無人機から)中国陝西省にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山は悠久の歴史を持つ自然・人文風景区。美しい景色は今も昔も変わらず、山頂に至る「最も美しい山岳道路」の灞臨(はりん)路は観光客やドライバーの人気スポットとなっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    美しい驪山の夕暮れ陝西省

    夕暮れ時の驪山と西安市臨潼区の景色。(7月19日、小型無人機から)中国陝西省にある秦嶺山脈の支脈の一つ、驪山は悠久の歴史を持つ自然・人文風景区。美しい景色は今も昔も変わらず、山頂に至る「最も美しい山岳道路」の灞臨(はりん)路は観光客やドライバーの人気スポットとなっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    16日、陝西省商洛市柞水県の牛背梁国家森林公園でコンサートを行う西安交響楽団と合唱団。音楽会の初回公演は複数のインターネットプラットフォームで配信され、再生回数は500万回を超えている。中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    16日、陝西省商洛市柞水県の牛背梁国家森林公園で演奏を披露する西安交響楽団。中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    16日、陝西省商洛市柞水県の牛背梁国家森林公園でコンサートを行う西安交響楽団と合唱団。中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    16日、陝西省商洛市柞水県の牛背梁国家森林公園でコンサートを行う西安交響楽団と合唱団。中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    16日、陝西省商洛市柞水県の牛背梁国家森林公園で演奏を披露する西安交響楽団。中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:56.28
    2020年07月10日
    「新華社」「守望大山」プロジェクトで高齢農家の増収を後押し陝西省

    中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市旬陽県では、山村地域に住む貧困高齢者600人余りが「公益農家支援プロジェクト」に参加し、起業して新たな生活を始めている。同県は近年、同省の慈善協会が立ち上げた「守望大山(大山を見守る)」公益プロジェクトにおいてインターネット公益プラットフォームを活用した資金調達を実施。山村地域の高齢農家による地鶏養殖の発展を支援し、電子商取引ルートを利用した販路を拡大することで、増収を後押ししている。2013年から現在までの同プロジェクトの累計資金調達額は400万元(1元=約15円)を超え、参加者数は20万人を上回り、貧困山村地域の農産物の売上高は2000万元近くに達した。(記者/張晨俊)<映像内容>山村地域の高齢農家、電子商取引の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、陝西省太白県咀頭鎮塘口村に広がる高地野菜畑。(小型無人機から)中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、野菜畑で働く陝西省太白県咀頭鎮塘口村の村民。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、陝西省太白県咀頭鎮咀頭街村にある野菜の栽培基地で収穫したロメインレタスを低温貯蔵庫に保管する従業員。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、野菜畑で働く陝西省太白県咀頭鎮塘口村の村民。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、水耕栽培で野菜の苗を育てる陝西省太白県咀頭鎮塘口村の村民。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、陝西省太白県咀頭鎮咀頭街村にある栽培基地で収穫したサニーレタスをチェックする従業員。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月04日
    中国から世界へ高地野菜を輸出陝西省太白県

    4日、陝西省太白県咀頭鎮咀頭街村にある野菜の栽培基地でウリ科の野菜キャッサバナナ(Cassabanana)を収穫する従業員。中国秦嶺山脈の奥地に位置する陝西省宝鶏市太白県は、耕作地の多くが標高1500メートル前後の高地に分布し、年間を通して無農薬野菜と有機農産物の栽培に最適な場所となっている。同県は現在、耕地の86%で野菜を栽培し、住民の85%が生産に従事している。人口わずか5万人余りの「山岳県」で栽培される28分類390種類余りの高地野菜は、中国各地のほか日本や韓国、東南アジア、中東欧諸国などにも出荷される。2020年の同県の野菜栽培面積は10万ムー(約6667ヘクタール)余り、生産高は5億元(1元=約15円)以上を見込んでいる。(太白=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4