KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • てい
  • 儒学者
  • 発展
  • 千年
  • 南宋
  • 周易
  • 哲学
  • 学派

「程氏」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年05月28日
    百年の屋敷が伝える家風、文化観光の新たな目玉に

    5月28日、良好な状態で保存されている汪山土庫の扉や窓の彫刻。中国江西省南昌市新建区には、百年を超える歴史を持つ住宅建築群「汪山土庫(おうさんどこ)」がある。近年ではこの家に代々伝わる優れた家風に引かれた観光客が毎月1万人以上訪れている。新建地区を地盤とする名家、程氏一族が代々共に暮らした汪山土庫の建設が始まったのは清の道光元年(1821年)。108ムー(7・2ヘクタール)の敷地には、25棟の建物が立ち、柱間は1443間、天井(てんせい)と呼ばれる中庭は572カ所ある。200年近い歳月で、進士(科挙の合格者)7人と挙人(進士受験資格者)21人、社会各界の名士百人以上を輩出。長きにわたり文化的名声を保ってきた。(南昌=新華社記者/黄浩然)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403107

  • 2019年05月28日
    百年の屋敷が伝える家風、文化観光の新たな目玉に

    5月28日、汪山土庫の一角。中国江西省南昌市新建区には、百年を超える歴史を持つ住宅建築群「汪山土庫(おうさんどこ)」がある。近年ではこの家に代々伝わる優れた家風に引かれた観光客が毎月1万人以上訪れている。新建地区を地盤とする名家、程氏一族が代々共に暮らした汪山土庫の建設が始まったのは清の道光元年(1821年)。108ムー(7・2ヘクタール)の敷地には、25棟の建物が立ち、柱間は1443間、天井(てんせい)と呼ばれる中庭は572カ所ある。200年近い歳月で、進士(科挙の合格者)7人と挙人(進士受験資格者)21人、社会各界の名士百人以上を輩出。長きにわたり文化的名声を保ってきた。(南昌=新華社記者/黄浩然)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403057

  • 2019年05月28日
    百年の屋敷が伝える家風、文化観光の新たな目玉に

    5月28日、優れた家風を体感しようと汪山土庫を訪れた観光客。中国江西省南昌市新建区には、百年を超える歴史を持つ住宅建築群「汪山土庫(おうさんどこ)」がある。近年ではこの家に代々伝わる優れた家風に引かれた観光客が毎月1万人以上訪れている。新建地区を地盤とする名家、程氏一族が代々共に暮らした汪山土庫の建設が始まったのは清の道光元年(1821年)。108ムー(7・2ヘクタール)の敷地には、25棟の建物が立ち、柱間は1443間、天井(てんせい)と呼ばれる中庭は572カ所ある。200年近い歳月で、進士(科挙の合格者)7人と挙人(進士受験資格者)21人、社会各界の名士百人以上を輩出。長きにわたり文化的名声を保ってきた。(南昌=新華社記者/黄浩然)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403070

  • 2019年05月28日
    百年の屋敷が伝える家風、文化観光の新たな目玉に

    5月28日、汪山土庫の外観。中国江西省南昌市新建区には、百年を超える歴史を持つ住宅建築群「汪山土庫(おうさんどこ)」がある。近年ではこの家に代々伝わる優れた家風に引かれた観光客が毎月1万人以上訪れている。新建地区を地盤とする名家、程氏一族が代々共に暮らした汪山土庫の建設が始まったのは清の道光元年(1821年)。108ムー(7・2ヘクタール)の敷地には、25棟の建物が立ち、柱間は1443間、天井(てんせい)と呼ばれる中庭は572カ所ある。200年近い歳月で、進士(科挙の合格者)7人と挙人(進士受験資格者)21人、社会各界の名士百人以上を輩出。長きにわたり文化的名声を保ってきた。(南昌=新華社記者/黄浩然)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403084

  • 2019年05月28日
    百年の屋敷が伝える家風、文化観光の新たな目玉に

    5月28日、汪山土庫の祖堂(祖先を祭る部屋)。中国江西省南昌市新建区には、百年を超える歴史を持つ住宅建築群「汪山土庫(おうさんどこ)」がある。近年ではこの家に代々伝わる優れた家風に引かれた観光客が毎月1万人以上訪れている。新建地区を地盤とする名家、程氏一族が代々共に暮らした汪山土庫の建設が始まったのは清の道光元年(1821年)。108ムー(7・2ヘクタール)の敷地には、25棟の建物が立ち、柱間は1443間、天井(てんせい)と呼ばれる中庭は572カ所ある。200年近い歳月で、進士(科挙の合格者)7人と挙人(進士受験資格者)21人、社会各界の名士百人以上を輩出。長きにわたり文化的名声を保ってきた。(南昌=新華社記者/黄浩然)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403048

  • 02:03.71
    2019年06月04日
    「新華社」百年の屋敷が伝える家風、文化観光の新たな目玉に

    中国江西省南昌市北部郊外の新建区に、歴史的建築物が立ち並ぶ「汪山土庫(おうさんどこ)」がある。この屋敷群に代々伝わる優れた家風が独特の「磁場」を形作り、每月万単位の観光客を引き寄せている。汪山土庫は新建程氏一族の居住地で、南昌市北部郊外の新建区大塘坪郷汪山崗に位置し、108ムー(約7ヘクタール)の敷地内に25棟の家屋が建ち、部屋数は全部で1443部屋、572の中庭がある。ここ200年の間に、汪山土庫からは百人以上に上る社会各界の著名人が輩出しており、輝かしい知の流れを脈々と伝えてきた。この5年間で汪山土庫の主だった建物が修理され、各種インフラ設備も日に日に整い、延べ30万人余りの観光客を迎えてきた。その名を慕って訪れ、程氏一族の物語に耳を傾ける人々がますます増えている。観光客を相手に昔の物語を語る合間を縫っては、程さんは小学校入学を控えた孫に「程氏家訓十条」の音読指導をしている。程氏一族の人々は現在、世界31の国や地域に散らばっている。郷里に残った一人として、程さんはこの先も生家を守り続け、より多くの観光客に自らよき家風を伝えていくつもりだ。(記者/黄浩然)<映像内容>「汪山土庫」の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060404900

  • 01:20.92
    2019年12月06日
    「新華社」浙江省の医療機関、「ダビンチ」第4世代モデルを使った手術を実施

    中国浙江省杭州市の中国科学院大学付属腫瘤医院で6日、腫瘍外科専門医の程向東(てい・こうとう)教授が同省で初めて手術支援ロボット「daVinci(ダビンチ)」の第4世代モデルを使った手術を実施した。手術中、程氏が患者の腹部に鍵穴ほどの大きさの穴を5カ所開けると、「ダビンチ」のロボットアームが穿刺したトラクトを通って腹腔に入った。4本のアームは明確に役割分担されており、画像形成システムが拡大した鮮明な3D術野映像を提供。組織や器官の解剖構造、神経血管の走行方向が一目瞭然となった。程氏はその後、コンソールに座ってコントローラーを操作し、ロボットアームを使って毛細血管と神経組織が張り巡らされた腹腔内で器具を機敏に反転させ、病巣の切除や吻合口の縫合処理などの作業を完了した。手術時間は2時間で、患者の胃にあったがんを無事切除した。今回の手術で使用した「ダビンチ」は医師用のコンソールと患者用のカート、ビジョンカートで構成。人間の手の柔軟性と、腹腔鏡システムの低侵襲という優位性を結合し、人間が操作の限界を超え、狭い空間内でのより精密な操作を可能にした。(記者/兪菀、唐弢)<映像内容>手術支援ロボット「daVinci(ダビンチ)」を使った手術の様子、撮影日:2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121113317

  • 2020年05月04日
    明清時代の建築が多く残る村落「水東村」広東省雲浮市

    水東村でも比較的保存状態の良い「程氏大宗祠」を利用して開設された理学文化展示館。(資料写真)中国広東省雲浮(うんふ)市の水東村は、600年前の景観を残す古村落。北宋時代の儒学者・程顥(てい・こう)の子孫が明代に同地に移り建設した。今でも「磚(せん)」と呼ばれる黒灰色のれんがを用いた明清時代の廟(びょう)や祠堂(しどう)、住宅など588棟が、比較的良い状態で残っている。歴史的雰囲気に満ちた道路や古木、石碑なども保存されている。2008年からは、中国古来の学術思想を伝える「国学小鎮」を目指した保護と開発を行い、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を取り入れた村づくりを進めている。2019年には、中国歴史文化名鎮・名村の第7次リストに選定された。(雲浮=新華社配信/李向栄)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700600

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区から長江を見下ろすようにそびえ立つ乾坤閣。(小型無人機から)中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800714

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内の岩に彫られた文字を鑑賞する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800909

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、風光明媚な点易園風景区。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800905

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、文字などが彫られた点易園風景区内の岩。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800956

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区から長江を見下ろすようにそびえ立つ乾坤閣。(小型無人機から)中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800968

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内を見学する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800708

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内の岩に彫られた文字を鑑賞する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800916

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、風光明媚な点易園風景区。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800919

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、点易園風景区内を見学する観光客。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800709

  • 2020年07月15日
    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区

    15日、風光明媚な点易園風景区。中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800917

  • 1