KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国
  • 令和
  • 効果
  • 医療機器
  • 婦人科
  • 希望
  • 焦点
  • 肝がん
  • 膵がん
  • 記者

「種ガン」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2009年08月21日
    ガンガゼとクマノミ 次世代につなげ「海の森」

    海藻を食べる代表的なウニの一種ガンガゼ(左)とクマノミ。漁協ではガンガゼを商品化、独特な味わいが特徴という=水深約4メートル

    商品コード: 2009082100155

  • 2021年09月16日
    (4)中国のがん治療システム「海扶刀」、メキシコの患者救う

    メキシコ・チョルラのがんアブレーション医学センターで、「海扶刀」を操作するメキシコの医師。(8月23日撮影)集束超音波治療機器の開発などを手掛ける中国の重慶海扶医療科技とメキシコ企業が共同で設立したがんアブレーション医学センターが4月、同国中部プエブラ州チョルラにオープンした。センターには中国が独自開発した高密度焦点式超音波非侵襲がん治療技術「海扶刀」が導入され、この数カ月間で数多くのがん患者を救ってきた。地元の医師によると、この医療機器はメキシコに多い膵がんや肝がんなどの各種がんや、婦人科の良性腫瘍疾患である子宮筋腫などの治療に効果があり、患者に希望をもたらしている。(チョルラ=新華社記者/朱雨博)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091609166

  • 2021年09月16日
    (6)中国のがん治療システム「海扶刀」、メキシコの患者救う

    メキシコ・チョルラのがんアブレーション医学センターで、取材を受ける重慶海扶医療科技のメキシコ側協力医師アマンド・ソベラネスさん。(8月23日撮影)集束超音波治療機器の開発などを手掛ける中国の重慶海扶医療科技とメキシコ企業が共同で設立したがんアブレーション医学センターが4月、同国中部プエブラ州チョルラにオープンした。センターには中国が独自開発した高密度焦点式超音波非侵襲がん治療技術「海扶刀」が導入され、この数カ月間で数多くのがん患者を救ってきた。地元の医師によると、この医療機器はメキシコに多い膵がんや肝がんなどの各種がんや、婦人科の良性腫瘍疾患である子宮筋腫などの治療に効果があり、患者に希望をもたらしている。(チョルラ=新華社記者/朱雨博)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091609168

  • 2021年09月16日
    (3)中国のがん治療システム「海扶刀」、メキシコの患者救う

    メキシコ・チョルラのがんアブレーション医学センターで、「海扶刀」による治療を受ける地元のがん患者。(8月23日撮影)集束超音波治療機器の開発などを手掛ける中国の重慶海扶医療科技とメキシコ企業が共同で設立したがんアブレーション医学センターが4月、同国中部プエブラ州チョルラにオープンした。センターには中国が独自開発した高密度焦点式超音波非侵襲がん治療技術「海扶刀」が導入され、この数カ月間で数多くのがん患者を救ってきた。地元の医師によると、この医療機器はメキシコに多い膵がんや肝がんなどの各種がんや、婦人科の良性腫瘍疾患である子宮筋腫などの治療に効果があり、患者に希望をもたらしている。(チョルラ=新華社記者/朱雨博)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091609169

  • 2021年09月16日
    (1)中国のがん治療システム「海扶刀」、メキシコの患者救う

    メキシコ・チョルラのがんアブレーション医学センターで、訪れた医師に「海扶刀」を説明する重慶海扶医療科技のメキシコ側協力医師。(8月23日撮影)集束超音波治療機器の開発などを手掛ける中国の重慶海扶医療科技とメキシコ企業が共同で設立したがんアブレーション医学センターが4月、同国中部プエブラ州チョルラにオープンした。センターには中国が独自開発した高密度焦点式超音波非侵襲がん治療技術「海扶刀」が導入され、この数カ月間で数多くのがん患者を救ってきた。地元の医師によると、この医療機器はメキシコに多い膵がんや肝がんなどの各種がんや、婦人科の良性腫瘍疾患である子宮筋腫などの治療に効果があり、患者に希望をもたらしている。(チョルラ=新華社記者/朱雨博)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091609164

  • 2021年09月16日
    (2)中国のがん治療システム「海扶刀」、メキシコの患者救う

    メキシコ・チョルラのがんアブレーション医学センターで、訪れた医師の前で「海扶刀」を実演する重慶海扶医療科技のメキシコ側協力医師。(8月23日撮影)集束超音波治療機器の開発などを手掛ける中国の重慶海扶医療科技とメキシコ企業が共同で設立したがんアブレーション医学センターが4月、同国中部プエブラ州チョルラにオープンした。センターには中国が独自開発した高密度焦点式超音波非侵襲がん治療技術「海扶刀」が導入され、この数カ月間で数多くのがん患者を救ってきた。地元の医師によると、この医療機器はメキシコに多い膵がんや肝がんなどの各種がんや、婦人科の良性腫瘍疾患である子宮筋腫などの治療に効果があり、患者に希望をもたらしている。(チョルラ=新華社記者/朱雨博)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091609165

  • 2021年09月16日
    (5)中国のがん治療システム「海扶刀」、メキシコの患者救う

    メキシコ・チョルラのがんアブレーション医学センターで、取材を受ける「海扶刀」で治療を受けた子宮筋腫患者。(8月23日撮影)集束超音波治療機器の開発などを手掛ける中国の重慶海扶医療科技とメキシコ企業が共同で設立したがんアブレーション医学センターが4月、同国中部プエブラ州チョルラにオープンした。センターには中国が独自開発した高密度焦点式超音波非侵襲がん治療技術「海扶刀」が導入され、この数カ月間で数多くのがん患者を救ってきた。地元の医師によると、この医療機器はメキシコに多い膵がんや肝がんなどの各種がんや、婦人科の良性腫瘍疾患である子宮筋腫などの治療に効果があり、患者に希望をもたらしている。(チョルラ=新華社記者/朱雨博)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091609167

  • 1