KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 空撮資料
  • 定点空撮
  • 天神空撮
  • 宮城空撮
  • 空撮映像
  • 夜景空撮
  • 福島空撮
  • 岩手空撮
  • 博多駅空撮
  • 小型無人機

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
60,779
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
60,779
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    旧大川小校舎の全景 宮城・大川小、遺構に

    宮城県石巻市の旧大川小校舎。左奥は北上川(小型無人機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    旧大川小校舎 宮城・大川小、遺構に

    宮城県石巻市の旧大川小校舎(小型無人機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月24日
    流氷に覆われた海面 海原に白銀、うろこ模様

    北海道・網走沖で流氷に覆われた海面。観光砕氷船の航跡が曲線で描かれた=24日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 24日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月24日
    流氷に覆われた海面 海原に白銀、うろこ模様

    北海道・網走沖で流氷に覆われた海面。観光砕氷船の航跡が描かれた=24日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 24日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月24日
    進む観光砕氷船 海原に白銀、うろこ模様

    北海道・網走沖で、流氷に覆われた海面をかき分けるように進む観光砕氷船=24日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 24日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月24日
    流氷を進む観光砕氷船 海原に白銀、うろこ模様

    北海道・網走沖で、流氷に覆われた海面をかき分けるように進む観光砕氷船=24日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 24日午前

  • 2021年01月24日
    (5)福廈高速鉄道、九竜江大橋の一区間が回転架設に成功福建省

    21日、旋回架設工事中の九竜江大橋の一区間。(小型無人機から)中国福建省で建設が進む福廈高速鉄道(福建省福州市-アモイ市)の九竜江特大橋は21日、鷹廈鉄道(江西省鷹潭市-福建省アモイ市)を跨ぐ区間の旋回架設に成功した。今回架設に成功した区間は、全長が160メートルで、重量は1万4千トンを超える。(漳州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (6)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (3)福廈高速鉄道、九竜江大橋の一区間が回転架設に成功福建省

    21日、旋回架設工事中の九竜江大橋の1区間。(小型無人機から)中国福建省で建設が進む福廈高速鉄道(福建省福州市-アモイ市)の九竜江特大橋は21日、鷹廈鉄道(江西省鷹潭市-福建省アモイ市)を跨ぐ区間の旋回架設に成功した。今回架設に成功した区間は、全長が160メートルで、重量は1万4千トンを超える。(漳州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (2)福廈高速鉄道、九竜江大橋の一区間が回転架設に成功福建省

    21日、旋回架設工事中の九竜江大橋の一区間。(小型無人機から)中国福建省で建設が進む福廈高速鉄道(福建省福州市-アモイ市)の九竜江特大橋は21日、鷹廈鉄道(江西省鷹潭市-福建省アモイ市)を跨ぐ区間の旋回架設に成功した。今回架設に成功した区間は、全長が160メートルで、重量は1万4千トンを超える。(漳州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (5)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場にある「加油(頑張れ)」と書かれたプレハブハウス。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (2)河北省石家荘市の新型コロナ隔離施設を建設する人々

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で13日から建設工事が始まった新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者や二次接触者を収容する仮設隔離施設では、4千人以上の作業員が昼夜を問わず建設作業に取り組んでいる。同施設では19日までにプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。現場では関連作業が順次、急ピッチで進められている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (4)福廈高速鉄道、九竜江大橋の一区間が回転架設に成功福建省

    21日、旋回架設工事中の九竜江大橋の一区間。(小型無人機から)中国福建省で建設が進む福廈高速鉄道(福建省福州市-アモイ市)の九竜江特大橋は21日、鷹廈鉄道(江西省鷹潭市-福建省アモイ市)を跨ぐ区間の旋回架設に成功した。今回架設に成功した区間は、全長が160メートルで、重量は1万4千トンを超える。(漳州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    那覇市の米軍那覇港湾施設 玉城知事、勢力拡大目指す

    那覇市の米軍那覇港湾施設(手前)=2020年10月(共同通信社機から)

  • 2021年01月23日
    那覇市の米軍那覇港湾施設 玉城知事、勢力拡大目指す

    那覇市の米軍那覇港湾施設(手前)=2020年10月(共同通信社機から)

  • 2021年01月23日
    太陽光発電所 相馬市メガソーラー・資料

    福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

    撮影: 2021年1月

  • 2021年01月23日
    太陽光発電所 相馬市メガソーラー・資料

    福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

    撮影: 2021年1月

  • 2021年01月23日
    夕刻の国立競技場 東京五輪、開幕まで半年

    日暮れ時に夕日を受ける東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月23日
    夕闇に浮かぶ国立競技場 東京五輪、開幕まで半年

    夕闇に浮かぶ東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月23日
    夕闇に浮かぶ国立競技場 東京五輪、開幕まで半年

    夕闇に浮かぶ東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月23日
    かすみがかった国立競技場 東京五輪、開幕まで半年

    東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月23日
    (5)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (4)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (4)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (2)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (1)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (1)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (5)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン極地館。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (3)欧亜班列、山東省の「一帯一路」による対外開放を後押し

    21日、「欧亜班列」に積まれていたコンテナの運搬作業の様子。(小型無人機から)中国鉄路済南局集団はここ数年、貨物輸送の最適化に取り組み、中国と欧州や「一帯一路」沿線諸国を結ぶ国際定期貨物列車「欧亜班列」のうち、山東省済南市からオランダのフェンロに向かう「斉魯号」の急速な発展を後押ししている。斉魯号の昨年の運行本数は前年比42・9%増の1506本、輸出入総額は130億8千万元(1元=約16円)に上る。2018年10月31日の運行開始から昨年末までの運行本数は累計2635本に達しており、同列車は同省が「一帯一路」構想による対外開放を推進する上で、重要な役割を担っている。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (3)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン大劇院。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (13)中国西南地区最大の空港で試験飛行年内開港予定

    22日、空撮した成都天府国際空港のターミナル。中国四川省の成都天府国際空港で22日、実機による試験飛行が行われ、西南地区最大の空港が開業に向けた重要な一歩を踏み出した。成都市内二つ目の国際空港として、年内の開業を予定している。(成都=新華社記者/胥氷潔)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (4)都市地下総合共同溝の掘削工事始まる広東省深圳市

    21日、深圳地下鉄第4期工事の14号線と同時に建設する地下共同溝のシールドトンネル工事の着工式で、地下に設置されるシールドマシン。(小型無人機から)中国鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄上海工程局集団が建設を請け負った広東省深圳市の深圳地下鉄第4期工事は21日、地下鉄14号線と同時に建設する地下共同溝のシールドトンネル工事が始まった。共同溝は全長が約84キロで、総投資額は252億6800万元(1元=約16円)、電力ケーブルや通信ケーブル、給水管、天然ガスパイプラインなど各種幹線が敷設される。(深圳=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (2)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止した太陽島国際雪像芸術博覧会。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    改修中の彦根総合運動場 彦根総合運動場・資料

    改修工事中の滋賀県立彦根総合運動場(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月22日
    夕刻の国立競技場と富士山 東京五輪開幕まで半年

    夕暮れに浮かび上がる国立競技場。ここを主会場とする東京五輪は23日で開幕まで半年となった。奥は富士山(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月22日
    国立競技場の航空写真 東京五輪開幕まで半年

    東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。1年延期された東京五輪は23日で開幕まで半年となった(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月22日
    国立競技場の航空写真 東京五輪開幕まで半年

    東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。1年延期された東京五輪は23日で開幕まで半年となった(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月22日
    彦根城天守 彦根城・資料

    彦根城天守=滋賀県彦根市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県彦根市

  • 2021年01月22日
    彦根城天守 彦根城・資料

    彦根城天守=滋賀県彦根市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県彦根市

  • 2021年01月22日
    彦根城 彦根城・資料

    彦根城=滋賀県彦根市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県彦根市

  • 01:04.34
    2021年01月22日
    「新華社」内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。同大学の翟鵬輝(てき・ほうき)博士は取材に対し、今回撮影したのはシカ科の動物数十匹と明らかにした。同自治区大興安嶺汗馬国家級自然保護区はここ数年、東北林業大学、北京大学など国内の大学や研究機関と協力し、大学院生、院士(アカデミー会員)のワークステーション、国家長期科学研究拠点を設立。保護区内では毎年、科学研究チームが研究や技術指導を行っている。同大学の姜広順(きょう・こうじゅん)教授が指導する研究チームは、保護区内の野生動物が頻繁に出没する地域で遠赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを飛ばし、機器の低温耐性をテストしながら野生動物を探した。しばらくして、シカ科の動物数十匹が現れ、サーモグラフィーに白く写った。翟博士は「こうした大きな群れは、従来の固定式赤外線カメラでは観測が難しい。この森林区で初めて、サーモグラフィー技術を活用し空中から大規模な野生動物の動きを捉えた」と話した。自然保護区管理局の担当者、許家忠(きょ・かちゅう)氏によると、森林区には野生動物の移動と個体数の変化を観察するための赤外線カメラ約千台を設置しており、維持・管理コストの負担が大きくなっていた。ドローンを使った遠赤外線サーモグラフィーシステムや、可視光と非可視光を組み合わせて画像を撮影するハイパースペクトルイメージング(HSI)、レーザーレーダーなど新技術の活用で、作業効率の大幅な向上が期待できるという。許氏はまた、今後も保護区内の重要な野生動物に衛星測位システムで位置を追跡できる首輪を取り付け、移動経路や習性、活動量などのデータ収集を続けることで、適切な管理措置の策定と、より良い生態保護につなげると述べ、国内の研究機関と協力を深め、森林区の科学研究教育拠点としての役割を存分に発揮させるとの意向を示した。(記者/趙沢輝) =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (2)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンターの一角。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (3)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (13)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (11)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (8)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (5)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (4)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (14)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (10)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、全工程自動化改修を終えた天津港コンテナターミナル。(小型無人機から)中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (5)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、全工程自動化改修を終えた天津港コンテナターミナル。(小型無人機から)中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (12)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (9)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (7)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    大興安嶺汗馬国家級自然保護区で赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを調整する研究者。(2020年12月26日撮影)中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。(根河=新華社配信/馬健)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (2)内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    大興安嶺汗馬国家級自然保護区で赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを操作する研究者。(2020年12月26日撮影)中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。(根河=新華社配信/馬健)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    国立競技場の夕景空撮 五輪の中止、再延期を否定

    夕日を浴びる東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。五輪開幕まで23日で半年となる=21日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日

  • 2021年01月21日
    国立競技場の夕景空撮 五輪の中止、再延期を否定

    夕日を浴びる東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。五輪開幕まで23日で半年となる=21日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日

  • 2021年01月21日
    竹生島 琵琶湖・資料

    竹生島=滋賀県長浜市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県長浜市

  • 2021年01月21日
    竹生島 琵琶湖・資料

    竹生島=滋賀県長浜市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県長浜市

  • 2021年01月21日
    竹生島 琵琶湖・資料

    竹生島=滋賀県長浜市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県長浜市

  • 2021年01月21日
    国立競技場の航空写真 五輪の中止、再延期を否定

    東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。五輪開幕まで23日で半年となる=21日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日午後

  • 2021年01月21日
    国立競技場の航空写真 五輪の中止、再延期を否定

    東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。五輪開幕まで23日で半年となる=21日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日午後

  • 2021年01月21日
    清水寺 清水寺・資料

    清水寺=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 2021年01月21日
    清水寺 清水寺・資料

    清水寺=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 2021年01月21日
    清水寺 清水寺・資料

    清水寺=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (3)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    8日、カナス風景区の雪景色。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (7)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    9日、空から見たカナス川。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (1)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    7日、空から見たカナス川。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (2)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    9日、空から見たカナス川。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (8)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (9)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (9)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    8日、空から見たカナス風景区の神仙湾。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (6)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    7日、空から見たカナス川。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (7)厳冬の川面で羽ばたく鳥たち遼寧省瀋陽市

    18日、瀋陽市を流れる渾河の鳥島付近で、川面の鳥たちを眺める観光客。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市を流れる渾河に浮かぶ鳥島付近ではこのところ、多くのガンやカモが水面で戯れたり、餌をついばんだりする冬ならではの風景が広がっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (7)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (5)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    8日、カナス風景区で写真を撮る観光客。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (8)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    8日、カナス風景区の雪景色。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    陸前高田市の市街地 復興予算、ハードに過半

    かさ上げ地に整備された岩手県陸前高田市の市街地=2020年8月(小型無人機から)

    撮影: 2020年8月

  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    東北道の事故現場付近 複数運転手「地吹雪」証言

    宮城県大崎市の東北自動車道下り線で起きた多重事故の現場付近=19日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日

  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 2021年01月20日
    和歌山テクノセンターⅢ 恵和・資料

    恵和の和歌山テクノセンターⅢ=和歌山県御坊市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 和歌山県御坊市

  • 2021年01月20日
    和歌山テクノセンターⅢ 恵和・資料

    恵和の和歌山テクノセンターⅢ=和歌山県御坊市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 和歌山県御坊市

  • 2021年01月20日
    和歌山テクノセンター 恵和・資料

    恵和の和歌山テクノセンターⅡ(手前)=和歌山県印南町(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (6)禾木村が雪化粧、まるで水墨画の世界新疆ウイグル自治区

    10日、アルタイ地区のカナス風景区クム村の冬景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村にこのほど雪が降り、辺り一面に雪化粧が施され、水墨画のような風景が広がった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Tourism region Rheingau - Abbey Sankt Hildegard

    20 January 2021, Hessen, Rüdesheim: Already free of snow again are the vineyards below the abbey of St. Hildegard in the Rheingau region (aerial view taken with a drone). The Corona lockdown has also led to a drastic decrease of the number of visitors in areas of Hesse which are otherwise popular among tourists. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (1)禾木村が雪化粧、まるで水墨画の世界新疆ウイグル自治区

    10日、アルタイ地区カナス風景区クム村の冬景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村にこのほど雪が降り、辺り一面に雪化粧が施され、水墨画のような風景が広がった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Tourism region Rheingau - Abbey Sankt Hildegard

    20 January 2021, Hessen, Rüdesheim: Already free of snow again are the vineyards below the abbey of St. Hildegard in the Rheingau region (aerial view taken with a drone). The Corona lockdown has also led to a drastic decrease of the number of visitors in areas of Hesse which are otherwise popular among tourists. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (3)禾木村が雪化粧、まるで水墨画の世界新疆ウイグル自治区

    10日、アルタイ地区のカナス風景区クム村の冬景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村にこのほど雪が降り、辺り一面に雪化粧が施され、水墨画のような風景が広がった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    東北道の事故現場 東北自動車道で多重事故

    宮城県大崎市の東北自動車道下りで起きた多重事故の現場=19日午後5時1分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日午後5時1分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    東北道事故現場の車列 東北自動車道で多重事故

    宮城県大崎市の東北自動車道下りで起きた多重事故で、立ち往生する車両の列=19日午後4時56分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日午後4時56分

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...