KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 空撮資料
  • 定点空撮
  • 天神空撮
  • 宮城空撮
  • 空撮映像
  • 夜景空撮
  • 福島空撮
  • 岩手空撮
  • 博多駅空撮
  • 小型無人機

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
60,752
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
60,752
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月23日
    那覇市の米軍那覇港湾施設 玉城知事、勢力拡大目指す

    那覇市の米軍那覇港湾施設(手前)=2020年10月(共同通信社機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月23日
    那覇市の米軍那覇港湾施設 玉城知事、勢力拡大目指す

    那覇市の米軍那覇港湾施設(手前)=2020年10月(共同通信社機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月23日
    太陽光発電所 相馬市メガソーラー・資料

    福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

    撮影: 2021年1月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月23日
    太陽光発電所 相馬市メガソーラー・資料

    福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

    撮影: 2021年1月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月23日
    夕刻の国立競技場 東京五輪、開幕まで半年

    日暮れ時に夕日を受ける東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月23日
    夕闇に浮かぶ国立競技場 東京五輪、開幕まで半年

    夕闇に浮かぶ東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月23日
    夕闇に浮かぶ国立競技場 東京五輪、開幕まで半年

    夕闇に浮かぶ東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月23日
    かすみがかった国立競技場 東京五輪、開幕まで半年

    東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月22日
    改修中の彦根総合運動場 彦根総合運動場・資料

    改修工事中の滋賀県立彦根総合運動場(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月22日
    夕刻の国立競技場と富士山 東京五輪開幕まで半年

    夕暮れに浮かび上がる国立競技場。ここを主会場とする東京五輪は23日で開幕まで半年となった。奥は富士山(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月22日
    国立競技場の航空写真 東京五輪開幕まで半年

    東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。1年延期された東京五輪は23日で開幕まで半年となった(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月22日
    国立競技場の航空写真 東京五輪開幕まで半年

    東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。1年延期された東京五輪は23日で開幕まで半年となった(共同通信社ヘリから)

  • 2021年01月22日
    彦根城天守 彦根城・資料

    彦根城天守=滋賀県彦根市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県彦根市

  • 2021年01月22日
    彦根城天守 彦根城・資料

    彦根城天守=滋賀県彦根市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県彦根市

  • 2021年01月22日
    彦根城 彦根城・資料

    彦根城=滋賀県彦根市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県彦根市

  • 2021年01月22日
    (2)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンターの一角。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (3)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (13)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (11)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (8)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.34
    2021年01月22日
    「新華社」内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。同大学の翟鵬輝(てき・ほうき)博士は取材に対し、今回撮影したのはシカ科の動物数十匹と明らかにした。同自治区大興安嶺汗馬国家級自然保護区はここ数年、東北林業大学、北京大学など国内の大学や研究機関と協力し、大学院生、院士(アカデミー会員)のワークステーション、国家長期科学研究拠点を設立。保護区内では毎年、科学研究チームが研究や技術指導を行っている。同大学の姜広順(きょう・こうじゅん)教授が指導する研究チームは、保護区内の野生動物が頻繁に出没する地域で遠赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを飛ばし、機器の低温耐性をテストしながら野生動物を探した。しばらくして、シカ科の動物数十匹が現れ、サーモグラフィーに白く写った。翟博士は「こうした大きな群れは、従来の固定式赤外線カメラでは観測が難しい。この森林区で初めて、サーモグラフィー技術を活用し空中から大規模な野生動物の動きを捉えた」と話した。自然保護区管理局の担当者、許家忠(きょ・かちゅう)氏によると、森林区には野生動物の移動と個体数の変化を観察するための赤外線カメラ約千台を設置しており、維持・管理コストの負担が大きくなっていた。ドローンを使った遠赤外線サーモグラフィーシステムや、可視光と非可視光を組み合わせて画像を撮影するハイパースペクトルイメージング(HSI)、レーザーレーダーなど新技術の活用で、作業効率の大幅な向上が期待できるという。許氏はまた、今後も保護区内の重要な野生動物に衛星測位システムで位置を追跡できる首輪を取り付け、移動経路や習性、活動量などのデータ収集を続けることで、適切な管理措置の策定と、より良い生態保護につなげると述べ、国内の研究機関と協力を深め、森林区の科学研究教育拠点としての役割を存分に発揮させるとの意向を示した。(記者/趙沢輝) =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (5)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (4)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (14)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (10)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、全工程自動化改修を終えた天津港コンテナターミナル。(小型無人機から)中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (5)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、全工程自動化改修を終えた天津港コンテナターミナル。(小型無人機から)中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (12)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (9)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (7)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    大興安嶺汗馬国家級自然保護区で赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを調整する研究者。(2020年12月26日撮影)中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。(根河=新華社配信/馬健)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (2)内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    大興安嶺汗馬国家級自然保護区で赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを操作する研究者。(2020年12月26日撮影)中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。(根河=新華社配信/馬健)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    国立競技場の夕景空撮 五輪の中止、再延期を否定

    夕日を浴びる東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。五輪開幕まで23日で半年となる=21日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日

  • 2021年01月21日
    国立競技場の夕景空撮 五輪の中止、再延期を否定

    夕日を浴びる東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。五輪開幕まで23日で半年となる=21日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日

  • 2021年01月21日
    竹生島 琵琶湖・資料

    竹生島=滋賀県長浜市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県長浜市

  • 2021年01月21日
    竹生島 琵琶湖・資料

    竹生島=滋賀県長浜市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県長浜市

  • 2021年01月21日
    竹生島 琵琶湖・資料

    竹生島=滋賀県長浜市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 滋賀県長浜市

  • 2021年01月21日
    国立競技場の航空写真 五輪の中止、再延期を否定

    東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。五輪開幕まで23日で半年となる=21日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日午後

  • 2021年01月21日
    国立競技場の航空写真 五輪の中止、再延期を否定

    東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムの国立競技場。五輪開幕まで23日で半年となる=21日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日午後

  • 2021年01月21日
    清水寺 清水寺・資料

    清水寺=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 2021年01月21日
    清水寺 清水寺・資料

    清水寺=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 2021年01月21日
    清水寺 清水寺・資料

    清水寺=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (1)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    7日、空から見たカナス川。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (2)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    9日、空から見たカナス川。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (3)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    8日、カナス風景区の雪景色。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (7)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    9日、空から見たカナス川。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (8)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (9)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (9)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    8日、空から見たカナス風景区の神仙湾。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (6)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    7日、空から見たカナス川。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (7)厳冬の川面で羽ばたく鳥たち遼寧省瀋陽市

    18日、瀋陽市を流れる渾河の鳥島付近で、川面の鳥たちを眺める観光客。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市を流れる渾河に浮かぶ鳥島付近ではこのところ、多くのガンやカモが水面で戯れたり、餌をついばんだりする冬ならではの風景が広がっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (7)冬の大地に連なる明代長城内モンゴル自治区

    19日、清水河県北堡郷の明代長城。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市の清水河県内に残る明代の長城の長さは150キロ余り。うち北堡(ほくほ)郷内の長城には、墩台(とんだい)と呼ばれる防衛施設が林立している。山々の間を湾曲しながら続く長城は、冬空の大地に雄渾(ゆうこん)の気勢を示している。(フフホト=新華社記者/李志鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (5)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    8日、カナス風景区で写真を撮る観光客。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (8)カナス風景区の雪景色新疆ウイグル自治区

    8日、カナス風景区の雪景色。(小型無人機から)真冬を迎えた中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区では雪が降り積もり、一面の銀世界となっている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    陸前高田市の市街地 復興予算、ハードに過半

    かさ上げ地に整備された岩手県陸前高田市の市街地=2020年8月(小型無人機から)

    撮影: 2020年8月

  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    東北道の事故現場付近 複数運転手「地吹雪」証言

    宮城県大崎市の東北自動車道下り線で起きた多重事故の現場付近=19日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日

  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 2021年01月20日
    複数運転手「地吹雪」証言
  • 2021年01月20日
    和歌山テクノセンターⅢ 恵和・資料

    恵和の和歌山テクノセンターⅢ=和歌山県御坊市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 和歌山県御坊市

  • 2021年01月20日
    和歌山テクノセンターⅢ 恵和・資料

    恵和の和歌山テクノセンターⅢ=和歌山県御坊市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 和歌山県御坊市

  • 2021年01月20日
    和歌山テクノセンター 恵和・資料

    恵和の和歌山テクノセンターⅡ(手前)=和歌山県印南町(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (6)禾木村が雪化粧、まるで水墨画の世界新疆ウイグル自治区

    10日、アルタイ地区のカナス風景区クム村の冬景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村にこのほど雪が降り、辺り一面に雪化粧が施され、水墨画のような風景が広がった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Tourism region Rheingau - Abbey Sankt Hildegard

    20 January 2021, Hessen, Rüdesheim: Already free of snow again are the vineyards below the abbey of St. Hildegard in the Rheingau region (aerial view taken with a drone). The Corona lockdown has also led to a drastic decrease of the number of visitors in areas of Hesse which are otherwise popular among tourists. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Tourism region Rheingau - Abbey Sankt Hildegard

    20 January 2021, Hessen, Rüdesheim: Already free of snow again are the vineyards below the abbey of St. Hildegard in the Rheingau region (aerial view taken with a drone). The Corona lockdown has also led to a drastic decrease of the number of visitors in areas of Hesse which are otherwise popular among tourists. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (1)禾木村が雪化粧、まるで水墨画の世界新疆ウイグル自治区

    10日、アルタイ地区カナス風景区クム村の冬景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村にこのほど雪が降り、辺り一面に雪化粧が施され、水墨画のような風景が広がった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (3)禾木村が雪化粧、まるで水墨画の世界新疆ウイグル自治区

    10日、アルタイ地区のカナス風景区クム村の冬景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のカナス(喀納斯)風景区のクム(禾木)村にこのほど雪が降り、辺り一面に雪化粧が施され、水墨画のような風景が広がった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    東北道の事故現場 東北自動車道で多重事故

    宮城県大崎市の東北自動車道下りで起きた多重事故の現場=19日午後5時1分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日午後5時1分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    東北道事故現場の車列 東北自動車道で多重事故

    宮城県大崎市の東北自動車道下りで起きた多重事故で、立ち往生する車両の列=19日午後4時56分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日午後4時56分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    東北道の事故現場付近 東北自動車道で多重事故

    宮城県大崎市の東北自動車道下り(左)で起きた多重事故で立ち往生する車両の列=19日午後5時(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    東北道の事故現場付近 東北自動車道で多重事故

    宮城県大崎市の東北自動車道下りで起きた多重事故の現場=19日午後5時2分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日午後5時2分

  • 2021年01月19日
    (7)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、漁網を設置する漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、鏡泊湖風景区にある吊水楼瀑布の冬景色。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)百花湖の鮮やかな冬景色貴州省貴陽市

    15日、空から見た百花湖。(小型無人機から)中国貴州省貴陽市の百花湖では、青い水面と100を超える緑豊かな島々が鮮やかなコントラストを描いている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚をクレーンで運ぶ漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路の雲霧大橋で、接合部にコンクリートを打設する作業員。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)百花湖の鮮やかな冬景色貴州省貴陽市

    15日、空から見た百花湖。(小型無人機から)中国貴州省貴陽市の百花湖では、青い水面と100を超える緑豊かな島々が鮮やかなコントラストを描いている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮にある丁升平さんが経営する食肉加工場。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路で雲霧大橋で、接合部にコンクリートを打設する作業員。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村でカキを収穫する村民。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)百花湖の鮮やかな冬景色貴州省貴陽市

    15日、空から見た百花湖。(小型無人機から)中国貴州省貴陽市の百花湖では、青い水面と100を超える緑豊かな島々が鮮やかなコントラストを描いている。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路で建設中の雲霧大橋。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路で建設中の雲霧大橋。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、空から見た瀋陽市皇姑区の塔湾、明廉両地区。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、鏡泊湖風景区にある吊水楼瀑布の冬景色。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、鏡泊湖風景区にある吊水楼瀑布の冬景色。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、吊水楼瀑布の下にある黒竜潭に飛び込む寒中水泳愛好者。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、吊水楼瀑布の下にある黒竜潭で泳ぐ寒中水泳愛好者。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚をクレーンで運ぶ漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、プレハブハウス周囲の地面にシートを張る作業員。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (10)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...