KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 空撮資料
  • 天神空撮
  • 宮城空撮
  • 空撮映像
  • 夜景空撮
  • 福島空撮
  • 岩手空撮
  • 博多駅空撮
  • 小型無人機
  • ドローン

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
64,627
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
64,627
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    楽天グループのビル 日米、楽天を共同監視

    楽天グループが入るビル=東京都世田谷区(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (5)牧畜民の春の大移動新疆ブルルトカイ県

    17日、家畜の群れを追って山と谷の間を通り抜ける牧畜民。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のブルルトカイ(福海)県では4月中旬に入り、牧畜民が春の家畜大移動の時期を迎えている。千世帯余りの牧畜民が家畜の群れ45万匹余りを追って春・秋用の牧場に向かっている。(ブルルトカイ=新華社記者/顧煜)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (6)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村の道を自転車で駆け抜けるサイクリング愛好者。(小型無人機から)中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (3)牧畜民の春の大移動新疆ブルルトカイ県

    17日、家畜の群れを追ってエルティシ川を渡り、春と秋の放牧地へ向かうブルルトカイ県の牧畜民。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のブルルトカイ(福海)県では4月中旬に入り、牧畜民が春の家畜大移動の時期を迎えている。千世帯余りの牧畜民が家畜の群れ45万匹余りを追って春・秋用の牧場に向かっている。(ブルルトカイ=新華社記者/馬鍇)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (2)牧畜民の春の大移動新疆ブルルトカイ県

    17日、家畜の群れを追ってエルティシ川のサルブラク大橋を渡り、春と秋の放牧地に向かうブルルトカイ県の牧畜民。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のブルルトカイ(福海)県では4月中旬に入り、牧畜民が春の家畜大移動の時期を迎えている。千世帯余りの牧畜民が家畜の群れ45万匹余りを追って春・秋用の牧場に向かっている。(ブルルトカイ=新華社記者/馬鍇)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (16)深海高性能センサー探査機器、今年度初の海上試験を完了

    5日、有人潜水艇「深海勇士」の母船「探索2号」。(小型無人機から)中国科学院が主導する特別プロジェクトが開発した深海高性能センサー探査機器がこのほど、2021年度最初の海上試験を無事終えた。今回の試験では、南中国海で6回の潜水を実施。中国初の深海用MEMSガスクロマトグラフや深海放射線測定器などをテストした。これらの機器はいずれも中国が独自の知的財産権を持ち、今後実施するメタンのサイクルと生態環境効果に関する研究に重要な技術的手段を提供する。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (4)深海高性能センサー探査機器、今年度初の海上試験を完了

    4日、母船「探索2号」に帰還した有人潜水艇「深海勇士」。(小型無人機から)中国科学院が主導する特別プロジェクトが開発した深海高性能センサー探査機器がこのほど、2021年度最初の海上試験を無事終えた。今回の試験では、南中国海で6回の潜水を実施。中国初の深海用MEMSガスクロマトグラフや深海放射線測定器などをテストした。これらの機器はいずれも中国が独自の知的財産権を持ち、今後実施するメタンのサイクルと生態環境効果に関する研究に重要な技術的手段を提供する。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    火災現場 大阪・ミナミで店舗火災

    大阪・ミナミで煙を上げる火災現場=19日午後0時34分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日午後0時34分

  • 2021年04月19日
    (2)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県小寨壩鎮紅岩村で植物保護作業を行うドローン。(小型無人機から)春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)イルミネーションきらめく江蘇園博園南京市

    16日、江蘇園博園をきらびやかに彩る夜景。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会の会場、中国江蘇省南京市の江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)では、夜のとばりが降りるとライトアップショーや没入型イルミネーションなどが始まり、辺り一面がきらびやかな光に包まれる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (8)イルミネーションきらめく江蘇園博園南京市

    16日、江蘇園博園をきらびやかに彩る夜景。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会の会場、中国江蘇省南京市の江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)では、夜のとばりが降りるとライトアップショーや没入型イルミネーションなどが始まり、辺り一面がきらびやかな光に包まれる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)ライトアップで古鎮の魅力向上浙江省杭州市

    17日、浙江省杭州市臨安区河橋古鎮の夜景。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区河橋古鎮はここ数年、緑化やライトアップ事業による美しい街づくりを計画的に推進してきた。付近のレジャー施設や観光スポットも結びつきを強めており、観光客は古い町並みの風情をより楽しめるようになっている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)太陽光発電関連産業の高度化を支援河北省唐山市

    16日、河北省唐山市玉田県唐自頭鎮の山あいにある太陽光発電設備。(小型無人機から)中国河北省唐山市玉田県はここ数年、太陽光発電産業に力を入れており、県内の関連設備製造企業の工場に高度自動化生産ラインを建設し、研究機関と協力して高効率太陽光発電シリコンウエハーなどの製品を共同開発する取り組みを進めている。生産される太陽電池モジュールは、発電所の系統連系に使用することで、生産活動や生活を支えるエネルギーの提供を可能にする。製品は日本や欧州などの海外市場にも輸出されている。(唐山=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)河北省初のドイツ直通「中欧班列」が出発

    17日、石家荘国際陸港を出発するドイツ・ハンブルク行きの中欧班列。(小型無人機から)中国河北省の石家荘国際陸港(ドライポート)で17日、同省初のドイツ直通「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)、冀欧号がドイツ・ハンブルクに向け出発した。冀欧号の「冀」は河北省の略称。標準コンテナ100個編成の列車は、主に機械部品や家具、衣類、電子製品などを運ぶ。予定では18日後にハンブルクに到着する。(石家荘=新華社配信/張暁峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (7)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    9日、銅陵市義安区鐘鳴鎮九榔村の油用ボタン栽培基地。(小型無人機から)中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社配信/詹俊)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)イルミネーションきらめく江蘇園博園南京市

    15日、江蘇園博園をきらびやかに彩る夜景。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会の会場、中国江蘇省南京市の江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)では、夜のとばりが降りるとライトアップショーや没入型イルミネーションなどが始まり、辺り一面がきらびやかな光に包まれる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (7)イルミネーションきらめく江蘇園博園南京市

    16日、江蘇園博園をきらびやかに彩る夜景。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会の会場、中国江蘇省南京市の江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)では、夜のとばりが降りるとライトアップショーや没入型イルミネーションなどが始まり、辺り一面がきらびやかな光に包まれる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、峡谷の上のつり橋を渡る壺瓶山供電所の作業員たち。(小型無人機から)中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.06
    2021年04月19日
    空撮と地上撮 大阪・ミナミでビル火災 けが人なしも一時騒然

    大阪市中央区東心斎橋1丁目の飲食店で19日、「2階から火が出ている」と119番があった。けが人はいなかったが、現場一帯はミナミと呼ばれる大阪有数の繁華街で、避難する人らで一時騒然となった。<映像内容>大阪・ミナミのビル火災、撮影日:2021(令和3)年4月19日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2021(令和3)年4月19日

  • 2021年04月19日
    Dark clouds over Frankfurt

    19 April 2021, Hessen, Frankfurt/Main: Dark clouds pass over the skyline (aerial view with a drone). The weather should also show its changeable and cool side in the coming days. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)イルミネーションきらめく江蘇園博園南京市

    16日、江蘇園博園をきらびやかに彩る夜景。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会の会場、中国江蘇省南京市の江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)では、夜のとばりが降りるとライトアップショーや没入型イルミネーションなどが始まり、辺り一面がきらびやかな光に包まれる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鳳凰山風景区のボタン園。(小型無人機から)中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社配信/詹俊)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ライトアップで古鎮の魅力向上浙江省杭州市

    17日、浙江省杭州市臨安区河橋古鎮の夜景。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区河橋古鎮はここ数年、緑化やライトアップ事業による美しい街づくりを計画的に推進してきた。付近のレジャー施設や観光スポットも結びつきを強めており、観光客は古い町並みの風情をより楽しめるようになっている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)イルミネーションきらめく江蘇園博園南京市

    16日、江蘇園博園をきらびやかに彩る夜景。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会の会場、中国江蘇省南京市の江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)では、夜のとばりが降りるとライトアップショーや没入型イルミネーションなどが始まり、辺り一面がきらびやかな光に包まれる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)イルミネーションきらめく江蘇園博園南京市

    15日、夜のとばりが降り、明かりが灯る江蘇園博園の紫東閣。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会の会場、中国江蘇省南京市の江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)では、夜のとばりが降りるとライトアップショーや没入型イルミネーションなどが始まり、辺り一面がきらびやかな光に包まれる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (7)古人類の洞窟遺跡「招果洞遺跡」を探訪貴州省貴安新区

    16日、貴州省貴安新区の招果洞遺跡。(小型無人機から)中国貴州省貴安新区にあるカルスト地形の洞窟に、同省中部で最も古い遺跡「招果洞遺跡」がある。同遺跡は4万年前から2千年前の数万年にわたる人類活動の痕跡が残されており、今月13日に発表された2020年度の中国十大考古新発見に選定された。遺跡では、これまでの発掘調査で火の使用痕跡51カ所、墓2基、多数の石器と磨製骨角器、人間の活動に関連する動植物遺物が相次ぎ発見されている。うち、1万年以上前の磨製石器は中国でこれまで発見された中で最も早い時期のものの一つだという。火の使用痕跡が最も多く残る後期旧石器時代遺跡の一つであり、1万年以上前の墓と副葬品は、中国南部で最も早い時期の遺物と埋葬行為の一つだとされる。(貴安=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    Coronavirus - Thuringia

    18 April 2021, Thuringia, Sonneberg: Aerial view of downtown Sonneberg (captured by drone). Sonneberg County is currently one of the counties with the highest incidence of infection so far in the Corona pandemic, with a 7-day incidence of over 450 (as of 18.04.2021). Photo: Bodo Schackow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)杭紹台鉄道の椒江特大橋で接合工事が完了浙江省

    17日、杭紹台鉄道の椒江特大橋の接合作業現場。(小型無人機から)中国浙江省台州市の杭紹台鉄道の建設現場で17日、最後の鋼梁の吊り上げ架設が完了し、同鉄道全体の要となるプロジェクト、椒江特大橋が無事接合した。同鉄道は中国初の民間資本出資率が51%の高速鉄道プロジェクトで、浙江省の杭州、紹興、台州の3市を結び、設計時速は350キロとなっている。(台州=新華社配信/潘侃俊)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)湖の環境保護に住民が共同参加、恩恵も受ける浙江省杭州市

    15日、杭州市臨安区青山湖国家森林公園で、船に乗り湖を巡回するスタッフ。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区はここ数年、青山湖の「幸福な河川・湖沼」計画を強力に推進し、美しい湖を持つふるさとを市民が共に守るよう促し、さまざまな形で湖の保護ボランティア活動を展開してきた。また、村落の環境整備、デジタル技術配備を通じて、生態改善の恩恵を住民にもたらしている。青山湖国家森林公園には、年間延べ100万人以上の観光客が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (4)湖の環境保護に住民が共同参加、恩恵も受ける浙江省杭州市

    15日、杭州市臨安区青山湖国家森林公園で、船に乗り湖を巡回するスタッフ。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区はここ数年、青山湖の「幸福な河川・湖沼」計画を強力に推進し、美しい湖を持つふるさとを市民が共に守るよう促し、さまざまな形で湖の保護ボランティア活動を展開してきた。また、村落の環境整備、デジタル技術配備を通じて、生態改善の恩恵を住民にもたらしている。青山湖国家森林公園には、年間延べ100万人以上の観光客が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた「牛経済」を推進河北省唐山市

    16日、唐山市漢沽管理区の牧草栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省唐山市の漢沽管理区はここ数年、現代的な乳牛飼育業の発展に力を入れている。主導企業の育成を手がかりとし、企業が現代的な管理方法を通じて牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた循環式発展モデルを作り上げるようけん引。産業チェーンの継続的な改善により、乳牛飼育の質と効率の向上を効果的に推進している。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (5)ゴビ砂漠で植樹、砂漠化対策進む内モンゴル自治区

    16日、アルシャー左旗吉蘭泰鎮付近のゴビ砂漠で梭梭の苗に水をやる散水車。(小型無人機から)気温が暖かくなるにつれ、中国内モンゴル自治区アルシャー盟に広がるゴビ砂漠で、砂漠化防止のための植樹活動が始まった。今年、同自治区アルシャー左旗での植樹面積はすでに30万6千ムー(約2万400ヘクタール)に達し、主に「梭梭(ソウソウ)」や「花棒(ファーバン)」などの乾燥地に適した植物が植えられた。(アルシャー=新華社記者/劉磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (9)杭紹台鉄道の椒江特大橋で接合工事が完了浙江省

    17日、杭紹台鉄道の椒江特大橋の接合作業現場。(小型無人機から)中国浙江省台州市の杭紹台鉄道の建設現場で17日、最後の鋼梁の吊り上げ架設が完了し、同鉄道全体の要となるプロジェクト、椒江特大橋が無事接合した。同鉄道は中国初の民間資本出資率が51%の高速鉄道プロジェクトで、浙江省の杭州、紹興、台州の3市を結び、設計時速は350キロとなっている。(台州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (4)杭紹台鉄道の椒江特大橋で接合工事が完了浙江省

    17日、杭紹台鉄道の椒江特大橋の接合作業現場。(小型無人機から)中国浙江省台州市の杭紹台鉄道の建設現場で17日、最後の鋼梁の吊り上げ架設が完了し、同鉄道全体の要となるプロジェクト、椒江特大橋が無事接合した。同鉄道は中国初の民間資本出資率が51%の高速鉄道プロジェクトで、浙江省の杭州、紹興、台州の3市を結び、設計時速は350キロとなっている。(台州=新華社配信/孫金標)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (10)杭紹台鉄道の椒江特大橋で接合工事が完了浙江省

    17日、杭紹台鉄道の椒江特大橋の接合作業現場。(小型無人機から)中国浙江省台州市の杭紹台鉄道の建設現場で17日、最後の鋼梁の吊り上げ架設が完了し、同鉄道全体の要となるプロジェクト、椒江特大橋が無事接合した。同鉄道は中国初の民間資本出資率が51%の高速鉄道プロジェクトで、浙江省の杭州、紹興、台州の3市を結び、設計時速は350キロとなっている。(台州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)杭紹台鉄道の椒江特大橋で接合工事が完了浙江省

    17日、杭紹台鉄道の椒江特大橋の接合作業現場。(小型無人機から)中国浙江省台州市の杭紹台鉄道の建設現場で17日、最後の鋼梁の吊り上げ架設が完了し、同鉄道全体の要となるプロジェクト、椒江特大橋が無事接合した。同鉄道は中国初の民間資本出資率が51%の高速鉄道プロジェクトで、浙江省の杭州、紹興、台州の3市を結び、設計時速は350キロとなっている。(台州=新華社配信/孫金標)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (8)湖の環境保護に住民が共同参加、恩恵も受ける浙江省杭州市

    15日、杭州市臨安区青山湖国家森林公園で、「水上森林」の歩道橋を歩く観光客。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区はここ数年、青山湖の「幸福な河川・湖沼」計画を強力に推進し、美しい湖を持つふるさとを市民が共に守るよう促し、さまざまな形で湖の保護ボランティア活動を展開してきた。また、村落の環境整備、デジタル技術配備を通じて、生態改善の恩恵を住民にもたらしている。青山湖国家森林公園には、年間延べ100万人以上の観光客が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)湖の環境保護に住民が共同参加、恩恵も受ける浙江省杭州市

    15日、杭州市臨安区青山湖国家森林公園で、湖を航行する遊覧船から景色を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区はここ数年、青山湖の「幸福な河川・湖沼」計画を強力に推進し、美しい湖を持つふるさとを市民が共に守るよう促し、さまざまな形で湖の保護ボランティア活動を展開してきた。また、村落の環境整備、デジタル技術配備を通じて、生態改善の恩恵を住民にもたらしている。青山湖国家森林公園には、年間延べ100万人以上の観光客が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (7)湖の環境保護に住民が共同参加、恩恵も受ける浙江省杭州市

    15日、杭州市臨安区青山湖国家森林公園で、湖を航行する遊覧船から景色を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区はここ数年、青山湖の「幸福な河川・湖沼」計画を強力に推進し、美しい湖を持つふるさとを市民が共に守るよう促し、さまざまな形で湖の保護ボランティア活動を展開してきた。また、村落の環境整備、デジタル技術配備を通じて、生態改善の恩恵を住民にもたらしている。青山湖国家森林公園には、年間延べ100万人以上の観光客が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Rupatoli Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Rupatoli Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Rupatoli Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Natullahbad Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Natullahbad Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Natullahbad Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Natullahbad Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Natullahbad Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Natullahbad Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Natullahbad Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Natullahbad Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Natullahbad Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Natullahbad Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Rupatoli Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Rupatoli Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Rupatoli Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Rupatoli Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Rupatoli Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Rupatoli Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Bangladesh: Busiest Bus Terminal in the Southern Region

    April 17, 2021, Barisal, Bangladesh: An aerial view of Rupatoli Bus terminal in Barisal as buses remain parked during a strict lockdown enforced by the Bangladesh authorities to combat the spread of the Covid-19 coronavirus in Barisal. (Credit Image: © Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Mustasinur Rahman Alvi/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (11)ボアオ・アジアフォーラムの開催地を訪ねて海南省博鰲鎮

    8日、上空から見た博鰲鎮の博鰲灯台。(小型無人機から)中国海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮で、ボアオ・アジアフォーラム2021年年次総会が18~21日の日程で開催される。(博鰲=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (10)ボアオ・アジアフォーラムの開催地を訪ねて海南省博鰲鎮

    8日、上空から見た博鰲鎮の風景。(小型無人機から)中国海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮で、ボアオ・アジアフォーラム2021年年次総会が18~21日の日程で開催される。(博鰲=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (7)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    16日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (6)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    16日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (15)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    15日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (25)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    15日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Coronavirus - Usedom

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Zinnowitz: The beach promenade with the pier in the Baltic resort of Zinnowitz on the island of Usedom is deserted (aerial view taken with a drone). Tourists are not allowed to travel to the state. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Coronavirus - Usedom

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Zinnowitz: The beach promenade with the pier in the Baltic resort of Zinnowitz on the island of Usedom is deserted (aerial view taken with a drone). Tourists are not allowed to travel to the state. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Coronavirus - Usedom

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Zinnowitz: A walker walks on the beach in the Baltic resort of Zinnowitz on the island of Usedom (aerial view taken by a drone). Tourists are not allowed to travel to the state. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Sea rescue ship “Sea-Eye 4“ sails towards the Mediterranean Sea

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The sea rescue ship “Sea-Eye 4“ departs from the fishing port to head for the Mediterranean. The former offshore supply ship, built in 1972, had been prepared for deployment in the Polish port of Swinoujscie and in Rostock over the past few months. The 55-meter-long ship, owned by the Regensburg-based aid organization Sea-Eye, offers plenty of space for the initial treatment of rescued people. (Aerial view with a drone /copter) Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Sea rescue ship “Sea-Eye 4“ sails towards the Mediterranean Sea

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The sea rescue ship “Sea-Eye 4“ departs from the fishing port to head for the Mediterranean. The former offshore supply ship, built in 1972, had been prepared for deployment in the Polish port of Swinoujscie and in Rostock over the past few months. The 55-meter-long ship, owned by the Regensburg-based aid organization Sea-Eye, offers plenty of space for the initial treatment of rescued people. (Aerial view with a drone /copter) Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Sea rescue ship “Sea-Eye 4“ sails towards the Mediterranean Sea

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The sea rescue ship “Sea-Eye 4“ departs from the fishing port to head for the Mediterranean. The former offshore supply ship, built in 1972, had been prepared for deployment in the Polish port of Swinoujscie and in Rostock over the past few months. The 55-meter-long ship, owned by the Regensburg-based aid organization Sea-Eye, offers plenty of space for the initial treatment of rescued people. (Aerial view with a drone /copter) Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (5)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    16日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (3)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    16日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (2)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    16日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (16)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    15日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から、パノラマ写真)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (18)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    15日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (22)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    15日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (21)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    15日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (4)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    16日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Coronavirus - Usedom

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Zinnowitz: The beach promenade with the pier in the Baltic resort of Zinnowitz on the island of Usedom is deserted (aerial view taken with a drone). Tourists are not allowed to travel to the state. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Coronavirus - Usedom

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Zinnowitz: The beach promenade with the pier in the Baltic resort of Zinnowitz on the island of Usedom is deserted (aerial view taken with a drone). Tourists are not allowed to travel to the state. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Sea rescue ship “Sea-Eye 4“ sails towards the Mediterranean Sea

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The sea rescue ship “Sea-Eye 4“ departs from the fishing port to head for the Mediterranean. The former offshore supply ship, built in 1972, had been prepared for deployment in the Polish port of Swinoujscie and in Rostock over the past few months. The 55-meter-long ship, owned by the Regensburg-based aid organization Sea-Eye, offers plenty of space for the initial treatment of rescued people. (Aerial view with a drone /copter) Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Sea rescue ship “Sea-Eye 4“ sails towards the Mediterranean Sea

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The sea rescue ship “Sea-Eye 4“ departs from the fishing port to head for the Mediterranean. The former offshore supply ship, built in 1972, had been prepared for deployment in the Polish port of Swinoujscie and in Rostock over the past few months. The 55-meter-long ship, owned by the Regensburg-based aid organization Sea-Eye, offers plenty of space for the initial treatment of rescued people. (Aerial view with a drone /copter) Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (7)ボアオ・アジアフォーラムの開催地を訪ねて海南省博鰲鎮

    9日、上空から見た博鰲鎮南強村の風景。(小型無人機から)中国海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮で、ボアオ・アジアフォーラム2021年年次総会が18~21日の日程で開催される。(博鰲=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (1)ボアオ・アジアフォーラムの開催地を訪ねて海南省博鰲鎮

    8日、上空から見たボアオ・アジアフォーラム国際会議センター。(小型無人機から)中国海南省瓊海(けいかい)市博鰲(ボアオ)鎮で、ボアオ・アジアフォーラム2021年年次総会が18~21日の日程で開催される。(博鰲=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (2)恐竜の足跡が集中する「ダンスフロア」、福建省で発見

    6日、恐竜の足跡化石の発掘現場から見た上杭県の市街地。(小型無人機から)中国福建省竜岩市上杭県の関係部門はこのほど、同県竜翔村で恐竜の足跡化石約364点が発見されたと明らかにした。同村で2020年11月に白亜紀後期の恐竜の足跡化石240点以上が初めて見つかったのに続く発見となる。約100平方メートルの範囲に200余りの足跡が集中しており、比較的短期間に非常に多くの恐竜が同エリアを歩き回っていたとみられることから、専門家の間では「恐竜のダンスフロア」と呼ばれている。(福州=新華社配信/楊国鑫)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (10)恐竜の足跡が集中する「ダンスフロア」、福建省で発見

    6日、恐竜の足跡化石が見つかった福建省竜岩市上杭県の地形。(小型無人機から)中国福建省竜岩市上杭県の関係部門はこのほど、同県竜翔村で恐竜の足跡化石約364点が発見されたと明らかにした。同村で2020年11月に白亜紀後期の恐竜の足跡化石240点以上が初めて見つかったのに続く発見となる。約100平方メートルの範囲に200余りの足跡が集中しており、比較的短期間に非常に多くの恐竜が同エリアを歩き回っていたとみられることから、専門家の間では「恐竜のダンスフロア」と呼ばれている。(福州=新華社配信/楊国鑫)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (6)恐竜の足跡が集中する「ダンスフロア」、福建省で発見

    6日、恐竜の足跡化石が見つかった福建省竜岩市上杭県の地形。(小型無人機から)中国福建省竜岩市上杭県の関係部門はこのほど、同県竜翔村で恐竜の足跡化石約364点が発見されたと明らかにした。同村で2020年11月に白亜紀後期の恐竜の足跡化石240点以上が初めて見つかったのに続く発見となる。約100平方メートルの範囲に200余りの足跡が集中しており、比較的短期間に非常に多くの恐竜が同エリアを歩き回っていたとみられることから、専門家の間では「恐竜のダンスフロア」と呼ばれている。(福州=新華社配信/楊国鑫)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (13)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    15日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (9)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    16日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (17)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    15日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (20)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    15日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (24)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    15日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園の紫東閣。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (8)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    16日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (11)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    15日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (10)第11回江蘇省園芸博覧会が開幕江蘇省南京市

    16日、第11回江蘇省園芸博覧会会場の江蘇園博園。(小型無人機から)第11回江蘇省園芸博覧会が16日、中国江蘇省南京市江寧区で開幕した。同区湯山街道にある採石場跡地に建てられた江蘇園博園(江蘇省ガーデン・エキスポパーク)は、周辺の環境整備や産業遺産の活用を通じて、人と自然の調和・共存を目指す一大エリアになった。園内の展示エリアでは同省13都市の精巧で美しい庭園を見ることができる。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Coronavirus - Usedom

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Zinnowitz: The beach promenade with the pier in the Baltic resort of Zinnowitz on the island of Usedom is deserted (aerial view taken with a drone). Tourists are not allowed to travel to the state. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (7)恐竜の足跡が集中する「ダンスフロア」、福建省で発見

    6日、恐竜の足跡化石が見つかった斜面。(小型無人機から)中国福建省竜岩市上杭県の関係部門はこのほど、同県竜翔村で恐竜の足跡化石約364点が発見されたと明らかにした。同村で2020年11月に白亜紀後期の恐竜の足跡化石240点以上が初めて見つかったのに続く発見となる。約100平方メートルの範囲に200余りの足跡が集中しており、比較的短期間に非常に多くの恐竜が同エリアを歩き回っていたとみられることから、専門家の間では「恐竜のダンスフロア」と呼ばれている。(福州=新華社配信/楊国鑫)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (12)恐竜の足跡が集中する「ダンスフロア」、福建省で発見

    6日、斜面に密集している恐竜の足跡化石。(小型無人機から)中国福建省竜岩市上杭県の関係部門はこのほど、同県竜翔村で恐竜の足跡化石約364点が発見されたと明らかにした。同村で2020年11月に白亜紀後期の恐竜の足跡化石240点以上が初めて見つかったのに続く発見となる。約100平方メートルの範囲に200余りの足跡が集中しており、比較的短期間に非常に多くの恐竜が同エリアを歩き回っていたとみられることから、専門家の間では「恐竜のダンスフロア」と呼ばれている。(福州=新華社配信/楊国鑫)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Sea rescue ship “Sea-Eye 4“ sails towards the Mediterranean Sea

    17 April 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The sea rescue ship “Sea-Eye 4“ departs from the fishing port to head for the Mediterranean. The former offshore supply ship, built in 1972, had been prepared for deployment in the Polish port of Swinoujscie and in Rostock over the past few months. The 55-meter-long ship, owned by the Regensburg-based aid organization Sea-Eye, offers plenty of space for the initial treatment of rescued people. (Aerial view with a drone /copter) Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...