KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 空撮資料
  • 定点空撮
  • 天神空撮
  • 宮城空撮
  • 空撮映像
  • 夜景空撮
  • 福島空撮
  • 岩手空撮
  • 博多駅空撮
  • 小型無人機

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
62,030
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
62,030
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    崩落事故現場の作業員ら 東横線、運転見合わせ続く

    東急東横線、自由が丘駅付近の線路脇で起きたビル建設現場の足場崩落事故で、復旧作業に当たる作業員ら=3日午前8時57分、東京都目黒区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 3日午前8時57分、東京都目黒区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    崩落事故現場の作業員ら 東横線、運転見合わせ続く

    東急東横線、自由が丘駅付近の線路脇で起きたビル建設現場の足場崩落事故で、復旧作業に当たる作業員ら=3日午前8時52分、東京都目黒区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 3日午前8時52分、東京都目黒区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    崩落事故の現場 東横線、運転見合わせ続く

    東急東横線、自由が丘駅(左上)付近の線路脇で起きたビル建設の足場崩落事故現場(下)=3日午前8時59分、東京都目黒区(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    崩落事故の現場の航空写真 東横線、運転見合わせ続く

    東急東横線、自由が丘駅付近の線路脇で起きたビル建設現場の足場崩落事故で、復旧作業に当たる作業員ら=3日午前8時57分、東京都目黒区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 3日午前8時57分、東京都目黒区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    崩落事故現場の航空写真 東横線、運転見合わせ続く

    東急東横線、自由が丘駅付近の線路脇で起きたビル建設現場の足場崩落事故で、復旧作業にあたる作業員ら=3日午前8時55分、東京都目黒区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 3日午前8時55分、東京都目黒区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    崩落事故の現場 東横線、運転見合わせ続く

    東急東横線、自由が丘駅付近の線路脇で起きたビル建設現場の足場崩落事故で、復旧作業にあたる作業員ら=3日午前8時57分、東京都目黒区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 3日午前8時57分、東京都目黒区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (3)内陸河川最大のコンテナ船、武漢と上海洋山港間に初就航湖北省

    2月28日、湖北省武漢市の陽邏港第2期埠頭(ふとう)に停泊するコンテナ船「漢海5号」。(小型無人機から)中国で最も先進的で積載量最大の内陸河川コンテナ船「漢海5号」が2月28日、湖北省武漢市の陽邏(ようら)港から上海洋山港に向けて出航した。同船は主に武漢と上海洋山港を結ぶコンテナ船の河川・海上連携輸送特別航路を運航することになっており、武漢長江中流域水運センター建設で重要な意義を持つ。(武漢=新華社配信/趙軍)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (8)美姑大風頂自然保護区がうっすら雪化粧四川省涼山イ族自治州

    1日、雪化粧した美姑大風頂国家級自然保護区。(小型無人機から)初春を迎えた中国四川省涼山イ族自治州の美姑大風頂国家級自然保護区でこのほど、雪が降り、山々がうっすらと雪化粧した。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (1)美姑大風頂自然保護区がうっすら雪化粧四川省涼山イ族自治州

    1日、雪化粧した美姑大風頂国家級自然保護区。(小型無人機から)初春を迎えた中国四川省涼山イ族自治州の美姑大風頂国家級自然保護区でこのほど、雪が降り、山々がうっすらと雪化粧した。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (9)美姑大風頂自然保護区がうっすら雪化粧四川省涼山イ族自治州

    1日、雪化粧した美姑大風頂国家級自然保護区。(小型無人機から)初春を迎えた中国四川省涼山イ族自治州の美姑大風頂国家級自然保護区でこのほど、雪が降り、山々がうっすらと雪化粧した。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (2)美姑大風頂自然保護区がうっすら雪化粧四川省涼山イ族自治州

    1日、雪化粧した美姑大風頂国家級自然保護区。(小型無人機から)初春を迎えた中国四川省涼山イ族自治州の美姑大風頂国家級自然保護区でこのほど、雪が降り、山々がうっすらと雪化粧した。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (3)美姑大風頂自然保護区がうっすら雪化粧四川省涼山イ族自治州

    1日、雪化粧した美姑大風頂国家級自然保護区。(小型無人機から)初春を迎えた中国四川省涼山イ族自治州の美姑大風頂国家級自然保護区でこのほど、雪が降り、山々がうっすらと雪化粧した。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (5)紺碧の湖水を彩る春の花々広西南寧

    2月27日、南寧市の南湖に浮かぶ生態島を彩る満開の花々。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市にある南湖の湖心に浮かぶ生態島では、キワタやフイリソシンカなどの花が満開を迎え、紺碧の湖水と色鮮やかな花々が織りなすのどかな初春の風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (6)美姑大風頂自然保護区がうっすら雪化粧四川省涼山イ族自治州

    1日、雪化粧した美姑大風頂国家級自然保護区。(小型無人機から)初春を迎えた中国四川省涼山イ族自治州の美姑大風頂国家級自然保護区でこのほど、雪が降り、山々がうっすらと雪化粧した。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (1)紺碧の湖水を彩る春の花々広西南寧

    2月27日、南寧市の南湖に浮かぶ生態島を彩る満開の花々。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市にある南湖の湖心に浮かぶ生態島では、キワタやフイリソシンカなどの花が満開を迎え、紺碧の湖水と色鮮やかな花々が織りなすのどかな初春の風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (7)美姑大風頂自然保護区がうっすら雪化粧四川省涼山イ族自治州

    1日、雪化粧した美姑大風頂国家級自然保護区。(小型無人機から)初春を迎えた中国四川省涼山イ族自治州の美姑大風頂国家級自然保護区でこのほど、雪が降り、山々がうっすらと雪化粧した。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (5)美姑大風頂自然保護区がうっすら雪化粧四川省涼山イ族自治州

    1日、雪化粧した美姑大風頂国家級自然保護区。(小型無人機から)初春を迎えた中国四川省涼山イ族自治州の美姑大風頂国家級自然保護区でこのほど、雪が降り、山々がうっすらと雪化粧した。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (4)美姑大風頂自然保護区がうっすら雪化粧四川省涼山イ族自治州

    1日、雪化粧した美姑大風頂国家級自然保護区。(小型無人機から)初春を迎えた中国四川省涼山イ族自治州の美姑大風頂国家級自然保護区でこのほど、雪が降り、山々がうっすらと雪化粧した。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (2)紺碧の湖水を彩る春の花々広西南寧

    2月27日、南寧市の南湖に浮かぶ生態島を彩る満開の花々。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市にある南湖の湖心に浮かぶ生態島では、キワタやフイリソシンカなどの花が満開を迎え、紺碧の湖水と色鮮やかな花々が織りなすのどかな初春の風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (3)紺碧の湖水を彩る春の花々広西南寧

    2月27日、南寧市の南湖に浮かぶ生態島を彩る満開の花々。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市にある南湖の湖心に浮かぶ生態島では、キワタやフイリソシンカなどの花が満開を迎え、紺碧の湖水と色鮮やかな花々が織りなすのどかな初春の風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (4)紺碧の湖水を彩る春の花々広西南寧

    2月27日、南寧市の南湖に浮かぶ生態島を彩る満開の花々。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市にある南湖の湖心に浮かぶ生態島では、キワタやフイリソシンカなどの花が満開を迎え、紺碧の湖水と色鮮やかな花々が織りなすのどかな初春の風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (6)紺碧の湖水を彩る春の花々広西南寧

    2月27日、南寧市の南湖に浮かぶ生態島を彩る満開の花々。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市にある南湖の湖心に浮かぶ生態島では、キワタやフイリソシンカなどの花が満開を迎え、紺碧の湖水と色鮮やかな花々が織りなすのどかな初春の風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (1)内陸河川最大のコンテナ船、武漢と上海洋山港間に初就航湖北省

    2月28日、湖北省武漢市の陽邏港第2期埠頭(ふとう)に停泊するコンテナ船「漢海5号」。(小型無人機から)中国で最も先進的で積載量最大の内陸河川コンテナ船「漢海5号」が2月28日、湖北省武漢市の陽邏(ようら)港から上海洋山港に向けて出航した。同船は主に武漢と上海洋山港を結ぶコンテナ船の河川・海上連携輸送特別航路を運航することになっており、武漢長江中流域水運センター建設で重要な意義を持つ。(武漢=新華社配信/趙軍)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (5)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、上空から見た清東陵の裕陵(乾隆帝の陵墓)。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (3)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、清東陵の主神路(参道)に立つ大碑楼。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    Glashütten-Schlossborn after arrest of soldiers

    02 March 2021, Hessen, Glashütten: The Taunus town of Glashütten-Schloßborn (aerial view with a drone). Here, special police forces arrested a Bundeswehr soldier and two other men on 27.02.2021. During the search of the house in the town center, the police seized weapons, ammunition and explosives. The men are under investigation on suspicion of incitement of the people, unauthorized possession of weapons and explosives, as well as dangerous bodily harm. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (2)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、清東陵の主神路(参道)に立つ大碑楼。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (7)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (6)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、清東陵の主神路(参道)に立つ大碑楼。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (10)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵の主神路(参道)。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (9)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵の主神路(参道)。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (1)清東陵が雪化粧河北省遵化市

    1日、雪化粧した清東陵の石牌坊。(小型無人機から)中国河北省遵化市馬蘭峪鎮にある清王朝の陵墓群「清東陵」では1日、点在する古建築が雪で白く覆われた。清東陵は中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコの世界遺産にも登録されている。(唐山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    Glashütten-Schlossborn after arrest of soldiers

    02 March 2021, Hessen, Glashütten: The Taunus town of Glashütten-Schloßborn (aerial view with a drone). Special forces of the Hessian police have arrested a Bundeswehr soldier and seized weapons and ammunition. A relative of the man was also arrested, and a third suspect turned himself in. The men are being investigated on suspicion of incitement of the people, unauthorized possession of weapons and explosives, and dangerous bodily harm. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    仙台市の防災集団移転跡地 スポーツ施設整備に活路

    仙台市の防災集団移転跡地(手前)。大半の区画で利用計画が決まっていたが、地元の企業が昨年11月に全面撤退した=1日(小型無人機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    仙台市の防災集団移転跡地 スポーツ施設整備に活路

    仙台市の防災集団移転跡地。大半の区画で利用計画が決まっていたが、地元の企業が昨年11月に全面撤退した。左奥は震災遺構の荒浜小校舎=2月14日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2月14日

  • 2021年03月01日
    整備が進む大槌町の被災地 スポーツ施設整備に活路

    岩手県大槌町で整備が進む野球場=2020年12月(小型無人機から)

    撮影: 2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    東京都江東区の火災現場 12棟焼け2人けが

    東京都江東区の火災現場=1日午前9時19分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時19分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    江東区の火災現場 12棟焼け2人けが

    東京都江東区の火災現場=1日午前9時21分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時21分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    火災現場の消火活動 12棟焼け2人けが

    東京都江東区の火災現場=1日午前9時20分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時20分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    岩手県大槌町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(上)と今年2月25日の岩手県大槌町。かさ上げした土地に住宅が立ち並び、鉄道も復旧。グラウンドも整備された(上は共同通信社ヘリ、下は小型無人機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    釜石鵜住居復興スタジアム 競技場に残る津波の教訓

    釜石東中と鵜住居小の跡地に立つ釜石鵜住居復興スタジアム=2020年12月、岩手県釜石市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2020年12月、岩手県釜石市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県気仙沼市鹿折地区 震災10年、復興の現在地

    2011年3月12日(上、共同通信社ヘリから)と今年2月19日(小型無人機から)の宮城県気仙沼市。3月に開園予定の復興祈念公園(右下)の整備が進んでいた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県東松島市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月28日(上)と今年2月14日の宮城県東松島市。高台の造成地に災害公営住宅などが立ち並ぶ。昨年、浸水区域に奥松島運動公園がオープンした(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    仙台市若林区荒浜地区 震災10年、復興の現在地

    2011年3月12日(上)と今年2月14日の仙台市若林区荒浜地区。災害危険区域に指定され、住民は内陸に移転した。震災遺構として荒浜小校舎が保存され、かさ上げ道路なども整備された。3月には大規模観光農園(下、中央)もオープン予定(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県名取市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月11日(上)と今年2月14日の宮城県名取市。防潮堤が築かれ、防災林の再生事業が進められている(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県石巻市 震災10年、復興の現在地

    2015年3月3日(上)と今年2月14日の宮城県石巻市。仮設住宅が並んでいた場所は更地となり、企業の誘致が行われている。市の複合文化施設(下、中央)で3月11日に追悼式が行われる予定。ピーク時には約1万7千人が生活した市内のプレハブ仮設住宅は昨年1月に解消した(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県陸前高田市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(上)と今年2月12日の岩手県陸前高田市。かさ上げされた土地に店舗や公共施設などが並ぶ。海寄りにはグラウンドも整備された(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県宮古市田老 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(上)と今年2月25日の岩手県宮古市田老地区。津波が乗り越えた防潮堤は高さを増して建設が進んでいる(上は共同通信社ヘリ、下は小型無人機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県女川町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月22日(左)と今年2月12日の宮城県女川町。新しい駅(中央)前には商店街や公園ができ、高台(右上)には災害公営住宅などが整備された(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県気仙沼市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月12日(上)と今年2月12日の宮城県気仙沼市。水産業の施設などが再建されたが、空き地も目立つ。気仙沼湾には三陸沿岸道の橋が架かった。復興道路として整備が進む同道は今年中にも全線開通する予定だ(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県双葉町 震災10年、復興の現在地

    2013年12月14日(上)と今年2月13日の福島県双葉町。手前は除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設、奥は東京電力福島第1原発(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県石巻市立大川小 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(左)と今年2月14日の宮城県石巻市立大川小の校舎。児童74人と教職員10人が津波の犠牲になった。震災遺構として保存される(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県南三陸町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月13日(上)と今年2月12日の宮城県南三陸町。町職員ら43人が犠牲になった防災対策庁舎の周囲には昨年10月、震災復興祈念公園が全面開園した。震災伝承施設も建設予定だ(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県石巻市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月29日(上)と今年2月14日の宮城県石巻市長面地区。災害危険区域になり、人が住めない土地に防潮堤がそびえる(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    東京電力福島第1原発 震災10年、復興の現在地

    2011年3月17日(上)と今年2月14日の東京電力福島第1原発。(右から)1、2、3、4号機。敷地内には放射性物質トリチウムを含む処理水をためるタンクが並ぶ(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県名取市閖上地区 震災10年、復興の現在地

    2011年3月11日、東日本大震災の津波に襲われる宮城県名取市閖上地区(上)。住宅や店舗、高齢者介護施設(左端)などがのみ込まれ、多くの人が犠牲となった。震災から10年となる同地区(下、2月14日)ではかさ上げされた土地に災害公営住宅(右)などが建ち、新たな町ができた(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県陸前高田市空撮 震災10年、復興の現在地

    (上から)2011年6月10日、2014年9月1日、今年2月12日の岩手県陸前高田市。巨大ベルトコンベヤー(中央)を使ったかさ上げ工事が行われた。「奇跡の一本松」や伝承施設がある復興祈念公園では震災遺構などの整備が進んでいる(共同通信社ヘリから)

  • 2021年02月28日
    (1)コケ栽培で就業と増収を後押し浙江省

    24日、毛垟郷にあるコケ栽培基地の全景。(小型無人機から)中国浙江省麗水市景寧ショオ族自治県の毛垟郷は、山間部にある辺ぴな場所として知られる。2019年以降、同郷は豊富な高山湿地資源を生かしたコケ栽培の発展に尽力。郷内の低所得農家100世帯余りの自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(景寧=新華社記者/江漢)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    Sunrise at the waterway junction

    28 February 2021, Saxony-Anhalt, Magdeburg: The sun rises at the Magdeburg waterway junction. At this point, the Mittelland Canal crosses the Elbe in the trough bridge. With a total length of 918 metres, it is the largest canal bridge in Europe. (Aerial view with drone) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (7)瀾滄江のほとりに広がる古塩田チベット自治区マルカム県

    18日、チャムド市マルカム県ナシ族郷にある古塩田。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県を流れる瀾滄江(らんそうこう)のほとりに広がる古塩田では、昔ながらの手作業による天日塩作りが今も続いている。塩田は瀾滄江両岸に山に沿って作られており、複数の木の柱で棚を建て、その上に透水性の高い泥を平らに敷いて突き固めている。地元住民は瀾滄江のほとりにある塩井戸や塩湖から塩水をくみ上げて塩田に注ぎ、天日で蒸発・乾燥させて結晶化した塩を作る。遠くから見ると、何重にも重なる塩田はふぞろいな鏡面のようで、独特の風景を生み出している。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (4)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県にある九曲民俗文化園の黄河九曲竜門灯陣。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (6)瀾滄江のほとりに広がる古塩田チベット自治区マルカム県

    18日、チャムド市マルカム県ナシ族郷にある古塩田。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県を流れる瀾滄江(らんそうこう)のほとりに広がる古塩田では、昔ながらの手作業による天日塩作りが今も続いている。塩田は瀾滄江両岸に山に沿って作られており、複数の木の柱で棚を建て、その上に透水性の高い泥を平らに敷いて突き固めている。地元住民は瀾滄江のほとりにある塩井戸や塩湖から塩水をくみ上げて塩田に注ぎ、天日で蒸発・乾燥させて結晶化した塩を作る。遠くから見ると、何重にも重なる塩田はふぞろいな鏡面のようで、独特の風景を生み出している。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (4)瀾滄江のほとりに広がる古塩田チベット自治区マルカム県

    18日、チャムド市マルカム県ナシ族郷にある古塩田。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県を流れる瀾滄江(らんそうこう)のほとりに広がる古塩田では、昔ながらの手作業による天日塩作りが今も続いている。塩田は瀾滄江両岸に山に沿って作られており、複数の木の柱で棚を建て、その上に透水性の高い泥を平らに敷いて突き固めている。地元住民は瀾滄江のほとりにある塩井戸や塩湖から塩水をくみ上げて塩田に注ぎ、天日で蒸発・乾燥させて結晶化した塩を作る。遠くから見ると、何重にも重なる塩田はふぞろいな鏡面のようで、独特の風景を生み出している。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (5)瀾滄江のほとりに広がる古塩田チベット自治区マルカム県

    18日、チャムド市マルカム県ナシ族郷にある古塩田。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県を流れる瀾滄江(らんそうこう)のほとりに広がる古塩田では、昔ながらの手作業による天日塩作りが今も続いている。塩田は瀾滄江両岸に山に沿って作られており、複数の木の柱で棚を建て、その上に透水性の高い泥を平らに敷いて突き固めている。地元住民は瀾滄江のほとりにある塩井戸や塩湖から塩水をくみ上げて塩田に注ぎ、天日で蒸発・乾燥させて結晶化した塩を作る。遠くから見ると、何重にも重なる塩田はふぞろいな鏡面のようで、独特の風景を生み出している。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    Christening of the rescue ship “Sea-Eye 4“

    28 February 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The fourth rescue ship of the sea rescue organization Sea-Eye will be named “Sea-Eye 4“. The ship is scheduled to begin its mission in the Mediterranean in the spring. Since October, the “Sea-Eye 4“ has been converted into a rescue ship by hundreds of volunteers. (Aerial view with a drone /copter) Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    Sunrise at the waterway junction

    28 February 2021, Saxony-Anhalt, Magdeburg: The sun rises at the Magdeburg waterway junction. At this point, the Mittelland Canal crosses the Elbe in the trough bridge. With a total length of 918 metres, it is the largest canal bridge in Europe. (Aerial view with drone) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    Sunrise at the waterway junction

    28 February 2021, Saxony-Anhalt, Magdeburg: The sun rises at the Magdeburg waterway junction. At this point, the Mittelland Canal crosses the Elbe in the trough bridge. With a total length of 918 metres, it is the largest canal bridge in Europe. (Aerial view with drone) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (4)早春の農作業始まる貴州省

    24日、従江県貫洞鎮であぜ道を整備する農家。(小型無人機から)中国貴州省各地の農家は、春の農作シーズン到来に合わせ、水田や畑の手入れ、種まき、肥料散布などを本格的に開始しており、田畑ではにぎやかな光景が広がっている。(貴州=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (2)瀾滄江のほとりに広がる古塩田チベット自治区マルカム県

    18日、チャムド市マルカム県ナシ族郷にある古塩田。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県を流れる瀾滄江(らんそうこう)のほとりに広がる古塩田では、昔ながらの手作業による天日塩作りが今も続いている。塩田は瀾滄江両岸に山に沿って作られており、複数の木の柱で棚を建て、その上に透水性の高い泥を平らに敷いて突き固めている。地元住民は瀾滄江のほとりにある塩井戸や塩湖から塩水をくみ上げて塩田に注ぎ、天日で蒸発・乾燥させて結晶化した塩を作る。遠くから見ると、何重にも重なる塩田はふぞろいな鏡面のようで、独特の風景を生み出している。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (2)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県にある九曲民俗文化園の黄河九曲竜門灯陣。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    Christening of the rescue ship “Sea-Eye 4“

    28 February 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The fourth rescue ship of the sea rescue organization Sea-Eye will be named “Sea-Eye 4“. The ship is scheduled to begin its mission in the Mediterranean in the spring. Since October, the “Sea-Eye 4“ has been converted into a rescue ship by hundreds of volunteers. (Aerial view with a drone /copter) Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (1)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県にある九曲民俗文化園の黄河九曲竜門灯陣。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (1)中国内地企業が建設する香港将軍澳大橋、主橋部の架設が完了

    26日、架設が完了した香港将軍澳大橋の主橋部。(小型無人機から)中国内地企業が単独で建設を請け負った香港将軍澳大橋でこのほど、主橋部の架設が完了した。高強度の鋼材を使用したアーチ橋で、アーチ部材を外側に傾けた設計。重さ約1万トン、径間は200メートルで、完成後は、香港に新たな洋上ランドマークが加わることになる。(香港=新華社記者/李鋼)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (6)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、ライトアップされた寧夏回族自治区塩池県の長城関。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (3)瀾滄江のほとりに広がる古塩田チベット自治区マルカム県

    18日、チャムド市マルカム県ナシ族郷にある古塩田。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県を流れる瀾滄江(らんそうこう)のほとりに広がる古塩田では、昔ながらの手作業による天日塩作りが今も続いている。塩田は瀾滄江両岸に山に沿って作られており、複数の木の柱で棚を建て、その上に透水性の高い泥を平らに敷いて突き固めている。地元住民は瀾滄江のほとりにある塩井戸や塩湖から塩水をくみ上げて塩田に注ぎ、天日で蒸発・乾燥させて結晶化した塩を作る。遠くから見ると、何重にも重なる塩田はふぞろいな鏡面のようで、独特の風景を生み出している。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (8)瀾滄江のほとりに広がる古塩田チベット自治区マルカム県

    18日、チャムド市マルカム県ナシ族郷にある塩田近くの集落。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県を流れる瀾滄江(らんそうこう)のほとりに広がる古塩田では、昔ながらの手作業による天日塩作りが今も続いている。塩田は瀾滄江両岸に山に沿って作られており、複数の木の柱で棚を建て、その上に透水性の高い泥を平らに敷いて突き固めている。地元住民は瀾滄江のほとりにある塩井戸や塩湖から塩水をくみ上げて塩田に注ぎ、天日で蒸発・乾燥させて結晶化した塩を作る。遠くから見ると、何重にも重なる塩田はふぞろいな鏡面のようで、独特の風景を生み出している。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (1)瀾滄江のほとりに広がる古塩田チベット自治区マルカム県

    18日、チャムド市マルカム県ナシ族郷にある古塩田。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド(昌都)市マルカム(芒康)県を流れる瀾滄江(らんそうこう)のほとりに広がる古塩田では、昔ながらの手作業による天日塩作りが今も続いている。塩田は瀾滄江両岸に山に沿って作られており、複数の木の柱で棚を建て、その上に透水性の高い泥を平らに敷いて突き固めている。地元住民は瀾滄江のほとりにある塩井戸や塩湖から塩水をくみ上げて塩田に注ぎ、天日で蒸発・乾燥させて結晶化した塩を作る。遠くから見ると、何重にも重なる塩田はふぞろいな鏡面のようで、独特の風景を生み出している。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    消火活動するヘリ 群馬の山林火災は鎮圧

    自衛隊のヘリコプターによる消火活動が続く山林火災の現場=27日午後2時39分、群馬県桐生市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午後2時39分、群馬県桐生市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    消火活動のヘリ 群馬の山林火災は鎮圧

    自衛隊のヘリコプターによる消火活動が続く山林火災の現場=27日午後2時49分、群馬県桐生市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午後2時49分、群馬県桐生市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    火災現場の空撮 悪条件、散水追い付かず

    延焼が続く栃木県足利市の山林火災現場=27日午後3時4分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午後3時4分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    山林火災の空撮 悪条件、散水追い付かず

    延焼が続く栃木県足利市の山林火災現場=27日午後3時4分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午後3時4分

  • 2021年02月27日
    崇道天皇陵 崇道天皇陵・資料

    崇道天皇陵=奈良市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良市

  • 2021年02月27日
    崇道天皇陵 崇道天皇陵・資料

    崇道天皇陵=奈良市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良市

  • 2021年02月27日
    (4)元宵節の夜空を彩るイベントを満喫湖南省銅官窯古鎮

    26日、銅官窯古鎮の夜空を照らすかがり火。(小型無人機から)中国の伝統的な祝日の一つ「元宵節」(旧暦1月15日)に当たる26日、湖南省長沙市にある観光スポット、銅官窯古鎮では、「打鉄花(空に向かって投げた溶かした鉄を木の板で打ち花火のように散らすパフォーマンス)」や噴水レーザーショー、「かがり火ショー」などのイベントを楽しむ観光客らの姿が見られた。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (3)北京冬季五輪延慶競技エリアに春の雪

    24日、雪化粧した北京冬季五輪延慶競技エリア。(小型無人機から)中国北京市延慶区ではこのほど、春の雪が降り、2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアにも「北国の風景」が広がった。(北京=新華社配信/段学鋒)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (7)北京冬季五輪延慶競技エリアに春の雪

    24日、上空から見た国家アルペンスキーセンターの集散広場。(小型無人機から)中国北京市延慶区ではこのほど、春の雪が降り、2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアにも「北国の風景」が広がった。(北京=新華社配信/段学鋒)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (20)元宵節、中国各地のにぎわい

    26日、寧夏回族自治区呉忠市塩池県の九曲民俗文化園と長城関。(小型無人機から)旧暦1月15日に当たる26日、中国各地は「元宵節」を祝う人らでにぎわった。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (1)中国最大規模の100MW級光熱発電所甘粛省敦煌市

    24日、甘粛省敦煌市にある首航高科敦煌100メガワット溶融塩タワー式光熱発電所。(小型無人機から)中国甘粛省敦煌市の西約20キロに位置し、800ヘクタールの敷地面積を持つ首航高科敦煌100メガワット(MW)溶融塩タワー式光熱発電所は、1万2千枚を超える反射鏡(ヘリオスタット)が高さ260メートルの集熱タワーを同心円状に取り囲んでおり、鏡面の総反射面積は140万平方メートル以上に達する。年間設計発電量は3億9千万キロワット時で、年間35万トンの二酸化炭素排出量を削減できる。同発電所は24時間連続発電が可能で、現在中国で完成している100メガワット級溶融塩タワー式光熱発電所の中で、建設規模が最も大きく、集熱タワーが最も高い。(敦煌=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (3)中国最大規模の100MW級光熱発電所甘粛省敦煌市

    23日、甘粛省敦煌市にある首航高科敦煌100メガワット溶融塩タワー式光熱発電所。(小型無人機から)中国甘粛省敦煌市の西約20キロに位置し、800ヘクタールの敷地面積を持つ首航高科敦煌100メガワット(MW)溶融塩タワー式光熱発電所は、1万2千枚を超える反射鏡(ヘリオスタット)が高さ260メートルの集熱タワーを同心円状に取り囲んでおり、鏡面の総反射面積は140万平方メートル以上に達する。年間設計発電量は3億9千万キロワット時で、年間35万トンの二酸化炭素排出量を削減できる。同発電所は24時間連続発電が可能で、現在中国で完成している100メガワット級溶融塩タワー式光熱発電所の中で、建設規模が最も大きく、集熱タワーが最も高い。(敦煌=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (5)春の耕作進む麦畑河南省浚県

    23日、浚県の高標準農地で水をまく散水機。(小型無人機から)中国河南省鶴壁市浚県では、農民らが麦畑への注水や施肥など春の耕作作業に追われている。(鶴壁=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (4)中国最大規模の100MW級光熱発電所甘粛省敦煌市

    23日、甘粛省敦煌市にある首航高科敦煌100メガワット溶融塩タワー式光熱発電所。(小型無人機から)中国甘粛省敦煌市の西約20キロに位置し、800ヘクタールの敷地面積を持つ首航高科敦煌100メガワット(MW)溶融塩タワー式光熱発電所は、1万2千枚を超える反射鏡(ヘリオスタット)が高さ260メートルの集熱タワーを同心円状に取り囲んでおり、鏡面の総反射面積は140万平方メートル以上に達する。年間設計発電量は3億9千万キロワット時で、年間35万トンの二酸化炭素排出量を削減できる。同発電所は24時間連続発電が可能で、現在中国で完成している100メガワット級溶融塩タワー式光熱発電所の中で、建設規模が最も大きく、集熱タワーが最も高い。(敦煌=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (5)中国最大規模の100MW級光熱発電所甘粛省敦煌市

    24日、甘粛省敦煌市にある首航高科敦煌100メガワット溶融塩タワー式光熱発電所。(小型無人機から)中国甘粛省敦煌市の西約20キロに位置し、800ヘクタールの敷地面積を持つ首航高科敦煌100メガワット(MW)溶融塩タワー式光熱発電所は、1万2千枚を超える反射鏡(ヘリオスタット)が高さ260メートルの集熱タワーを同心円状に取り囲んでおり、鏡面の総反射面積は140万平方メートル以上に達する。年間設計発電量は3億9千万キロワット時で、年間35万トンの二酸化炭素排出量を削減できる。同発電所は24時間連続発電が可能で、現在中国で完成している100メガワット級溶融塩タワー式光熱発電所の中で、建設規模が最も大きく、集熱タワーが最も高い。(敦煌=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (4)春の耕作進む麦畑河南省浚県

    23日、浚県の高標準農地で水をまく自走式散水機。(小型無人機から)中国河南省鶴壁市浚県では、農民らが麦畑への注水や施肥など春の耕作作業に追われている。(鶴壁=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (6)中国最大規模の100MW級光熱発電所甘粛省敦煌市

    24日、甘粛省敦煌市にある首航高科敦煌100メガワット溶融塩タワー式光熱発電所。(小型無人機から)中国甘粛省敦煌市の西約20キロに位置し、800ヘクタールの敷地面積を持つ首航高科敦煌100メガワット(MW)溶融塩タワー式光熱発電所は、1万2千枚を超える反射鏡(ヘリオスタット)が高さ260メートルの集熱タワーを同心円状に取り囲んでおり、鏡面の総反射面積は140万平方メートル以上に達する。年間設計発電量は3億9千万キロワット時で、年間35万トンの二酸化炭素排出量を削減できる。同発電所は24時間連続発電が可能で、現在中国で完成している100メガワット級溶融塩タワー式光熱発電所の中で、建設規模が最も大きく、集熱タワーが最も高い。(敦煌=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (6)北京冬季五輪延慶競技エリアに春の雪

    24日、上空から見た北京冬季五輪延慶競技エリア。(小型無人機から)中国北京市延慶区ではこのほど、春の雪が降り、2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアにも「北国の風景」が広がった。(北京=新華社配信/段学鋒)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:14.07
    2021年02月27日
    空撮 栃木と群馬の山火事 発生7日目

    栃木県足利市の両崖山(251メートル)一帯の山林火災で、地元消防や陸上自衛隊が27日、消火活動を再開した。発生7日目。乾燥注意報が発令されているものの、市によると、延焼の状況はコントロールできており、避難勧告世帯を追加する見込みはない。群馬県桐生市で発生した山林火災も、消防や自衛隊などが消火活動を続けた。<映像内容>群馬県桐生市の山林火災消火活動の様子の空撮と、栃木県足利市の山林火災の様子の空撮、撮影日:2021(令和3)年2月27日、撮影場所:栃木県足利市

    撮影: 2021(令和3)年2月27日

  • 00:25.64
    2021年02月26日
    Terraces After Snow

    Aerial view of terraced fields after snowfall in Zaozhuang, east China‘s Shandong Province, Feb 25, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:12.76
    2021年02月26日
    Terraces After Snow

    Aerial view of terraced fields after snowfall in Zaozhuang, east China‘s Shandong Province, Feb 25, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:19.44
    2021年02月26日
    Terraces After Snow

    Aerial view of terraced fields after snowfall in Zaozhuang, east China‘s Shandong Province, Feb 25, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 2021年02月26日
    (3)河北省の港湾貨物取扱量、好調な滑り出し

    23日、唐山港曹妃甸港区の鉄鉱石埠頭で荷揚げを行う船舶。(小型無人機から)中国河北省交通運輸庁によると、同省唐山港、秦皇島港、黄驊(こうか)港などの今年1月の港湾貨物取扱量は前年同月比14・2%増の1億973万200トンで、好調な滑り出しとなった。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...