KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 空撮資料
  • 定点空撮
  • 天神空撮
  • 宮城空撮
  • 空撮映像
  • 夜景空撮
  • 福島空撮
  • 岩手空撮
  • 博多駅空撮
  • 小型無人機

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
61,914
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
61,914
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    東京都江東区の火災現場 12棟焼け2人けが

    東京都江東区の火災現場=1日午前9時19分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時19分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    江東区の火災現場 12棟焼け2人けが

    東京都江東区の火災現場=1日午前9時21分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時21分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    火災現場の消火活動 12棟焼け2人けが

    東京都江東区の火災現場=1日午前9時20分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時20分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    岩手県大槌町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(上)と今年2月25日の岩手県大槌町。かさ上げした土地に住宅が立ち並び、鉄道も復旧。グラウンドも整備された(上は共同通信社ヘリ、下は小型無人機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    釜石鵜住居復興スタジアム 競技場に残る津波の教訓

    釜石東中と鵜住居小の跡地に立つ釜石鵜住居復興スタジアム=2020年12月、岩手県釜石市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2020年12月、岩手県釜石市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県気仙沼市鹿折地区 震災10年、復興の現在地

    2011年3月12日(上、共同通信社ヘリから)と今年2月19日(小型無人機から)の宮城県気仙沼市。3月に開園予定の復興祈念公園(右下)の整備が進んでいた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県東松島市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月28日(上)と今年2月14日の宮城県東松島市。高台の造成地に災害公営住宅などが立ち並ぶ。昨年、浸水区域に奥松島運動公園がオープンした(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    仙台市若林区荒浜地区 震災10年、復興の現在地

    2011年3月12日(上)と今年2月14日の仙台市若林区荒浜地区。災害危険区域に指定され、住民は内陸に移転した。震災遺構として荒浜小校舎が保存され、かさ上げ道路なども整備された。3月には大規模観光農園(下、中央)もオープン予定(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県名取市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月11日(上)と今年2月14日の宮城県名取市。防潮堤が築かれ、防災林の再生事業が進められている(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県石巻市 震災10年、復興の現在地

    2015年3月3日(上)と今年2月14日の宮城県石巻市。仮設住宅が並んでいた場所は更地となり、企業の誘致が行われている。市の複合文化施設(下、中央)で3月11日に追悼式が行われる予定。ピーク時には約1万7千人が生活した市内のプレハブ仮設住宅は昨年1月に解消した(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県陸前高田市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(上)と今年2月12日の岩手県陸前高田市。かさ上げされた土地に店舗や公共施設などが並ぶ。海寄りにはグラウンドも整備された(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県宮古市田老 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(上)と今年2月25日の岩手県宮古市田老地区。津波が乗り越えた防潮堤は高さを増して建設が進んでいる(上は共同通信社ヘリ、下は小型無人機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県女川町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月22日(左)と今年2月12日の宮城県女川町。新しい駅(中央)前には商店街や公園ができ、高台(右上)には災害公営住宅などが整備された(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県気仙沼市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月12日(上)と今年2月12日の宮城県気仙沼市。水産業の施設などが再建されたが、空き地も目立つ。気仙沼湾には三陸沿岸道の橋が架かった。復興道路として整備が進む同道は今年中にも全線開通する予定だ(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県双葉町 震災10年、復興の現在地

    2013年12月14日(上)と今年2月13日の福島県双葉町。手前は除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設、奥は東京電力福島第1原発(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県石巻市立大川小 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(左)と今年2月14日の宮城県石巻市立大川小の校舎。児童74人と教職員10人が津波の犠牲になった。震災遺構として保存される(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県南三陸町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月13日(上)と今年2月12日の宮城県南三陸町。町職員ら43人が犠牲になった防災対策庁舎の周囲には昨年10月、震災復興祈念公園が全面開園した。震災伝承施設も建設予定だ(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県石巻市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月29日(上)と今年2月14日の宮城県石巻市長面地区。災害危険区域になり、人が住めない土地に防潮堤がそびえる(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    東京電力福島第1原発 震災10年、復興の現在地

    2011年3月17日(上)と今年2月14日の東京電力福島第1原発。(右から)1、2、3、4号機。敷地内には放射性物質トリチウムを含む処理水をためるタンクが並ぶ(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県名取市閖上地区 震災10年、復興の現在地

    2011年3月11日、東日本大震災の津波に襲われる宮城県名取市閖上地区(上)。住宅や店舗、高齢者介護施設(左端)などがのみ込まれ、多くの人が犠牲となった。震災から10年となる同地区(下、2月14日)ではかさ上げされた土地に災害公営住宅(右)などが建ち、新たな町ができた(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県陸前高田市空撮 震災10年、復興の現在地

    (上から)2011年6月10日、2014年9月1日、今年2月12日の岩手県陸前高田市。巨大ベルトコンベヤー(中央)を使ったかさ上げ工事が行われた。「奇跡の一本松」や伝承施設がある復興祈念公園では震災遺構などの整備が進んでいる(共同通信社ヘリから)

  • 2021年02月28日
    (1)コケ栽培で就業と増収を後押し浙江省

    24日、毛垟郷にあるコケ栽培基地の全景。(小型無人機から)中国浙江省麗水市景寧ショオ族自治県の毛垟郷は、山間部にある辺ぴな場所として知られる。2019年以降、同郷は豊富な高山湿地資源を生かしたコケ栽培の発展に尽力。郷内の低所得農家100世帯余りの自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(景寧=新華社記者/江漢)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (4)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県にある九曲民俗文化園の黄河九曲竜門灯陣。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (2)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県にある九曲民俗文化園の黄河九曲竜門灯陣。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (6)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、ライトアップされた寧夏回族自治区塩池県の長城関。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (1)中国内地企業が建設する香港将軍澳大橋、主橋部の架設が完了

    26日、架設が完了した香港将軍澳大橋の主橋部。(小型無人機から)中国内地企業が単独で建設を請け負った香港将軍澳大橋でこのほど、主橋部の架設が完了した。高強度の鋼材を使用したアーチ橋で、アーチ部材を外側に傾けた設計。重さ約1万トン、径間は200メートルで、完成後は、香港に新たな洋上ランドマークが加わることになる。(香港=新華社記者/李鋼)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (1)九曲民俗文化園で元宵節を祝う寧夏塩池県

    26日、寧夏回族自治区塩池県にある九曲民俗文化園の黄河九曲竜門灯陣。(小型無人機から)旧暦1月15日の「元宵節」に当たる26日、中国寧夏回族自治区塩池県の九曲民俗文化園と長城関には多数の地元民や観光客が訪れた。同文化園にある「黄河九曲竜門灯陣」と呼ばれるちょうちん回廊は敷地面積19・09ムー(約1・27ヘクタール)、遊歩道の長さは2・4キロにのぼる。元宵節に「一年が順調でありますように」との思いを込めて回廊を歩くのは、地元の風習となっている。友だちや家族と連れ立って訪れた人々は「猜灯謎」(ちょうちんに付けられたなぞなぞを解く遊び)を楽しみ、回廊を歩き、元宵節の鐘を鳴らして新しい一年に祈りをささげた。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    消火活動するヘリ 群馬の山林火災は鎮圧

    自衛隊のヘリコプターによる消火活動が続く山林火災の現場=27日午後2時39分、群馬県桐生市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午後2時39分、群馬県桐生市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    消火活動のヘリ 群馬の山林火災は鎮圧

    自衛隊のヘリコプターによる消火活動が続く山林火災の現場=27日午後2時49分、群馬県桐生市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午後2時49分、群馬県桐生市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    火災現場の空撮 悪条件、散水追い付かず

    延焼が続く栃木県足利市の山林火災現場=27日午後3時4分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午後3時4分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    山林火災の空撮 悪条件、散水追い付かず

    延焼が続く栃木県足利市の山林火災現場=27日午後3時4分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午後3時4分

  • 2021年02月27日
    崇道天皇陵 崇道天皇陵・資料

    崇道天皇陵=奈良市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良市

  • 2021年02月27日
    崇道天皇陵 崇道天皇陵・資料

    崇道天皇陵=奈良市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 奈良市

  • 2021年02月27日
    (4)元宵節の夜空を彩るイベントを満喫湖南省銅官窯古鎮

    26日、銅官窯古鎮の夜空を照らすかがり火。(小型無人機から)中国の伝統的な祝日の一つ「元宵節」(旧暦1月15日)に当たる26日、湖南省長沙市にある観光スポット、銅官窯古鎮では、「打鉄花(空に向かって投げた溶かした鉄を木の板で打ち花火のように散らすパフォーマンス)」や噴水レーザーショー、「かがり火ショー」などのイベントを楽しむ観光客らの姿が見られた。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (3)北京冬季五輪延慶競技エリアに春の雪

    24日、雪化粧した北京冬季五輪延慶競技エリア。(小型無人機から)中国北京市延慶区ではこのほど、春の雪が降り、2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアにも「北国の風景」が広がった。(北京=新華社配信/段学鋒)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (7)北京冬季五輪延慶競技エリアに春の雪

    24日、上空から見た国家アルペンスキーセンターの集散広場。(小型無人機から)中国北京市延慶区ではこのほど、春の雪が降り、2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアにも「北国の風景」が広がった。(北京=新華社配信/段学鋒)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (20)元宵節、中国各地のにぎわい

    26日、寧夏回族自治区呉忠市塩池県の九曲民俗文化園と長城関。(小型無人機から)旧暦1月15日に当たる26日、中国各地は「元宵節」を祝う人らでにぎわった。(塩池=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (1)中国最大規模の100MW級光熱発電所甘粛省敦煌市

    24日、甘粛省敦煌市にある首航高科敦煌100メガワット溶融塩タワー式光熱発電所。(小型無人機から)中国甘粛省敦煌市の西約20キロに位置し、800ヘクタールの敷地面積を持つ首航高科敦煌100メガワット(MW)溶融塩タワー式光熱発電所は、1万2千枚を超える反射鏡(ヘリオスタット)が高さ260メートルの集熱タワーを同心円状に取り囲んでおり、鏡面の総反射面積は140万平方メートル以上に達する。年間設計発電量は3億9千万キロワット時で、年間35万トンの二酸化炭素排出量を削減できる。同発電所は24時間連続発電が可能で、現在中国で完成している100メガワット級溶融塩タワー式光熱発電所の中で、建設規模が最も大きく、集熱タワーが最も高い。(敦煌=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (5)春の耕作進む麦畑河南省浚県

    23日、浚県の高標準農地で水をまく散水機。(小型無人機から)中国河南省鶴壁市浚県では、農民らが麦畑への注水や施肥など春の耕作作業に追われている。(鶴壁=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (6)北京冬季五輪延慶競技エリアに春の雪

    24日、上空から見た北京冬季五輪延慶競技エリア。(小型無人機から)中国北京市延慶区ではこのほど、春の雪が降り、2022年北京冬季五輪・パラリンピック延慶競技エリアにも「北国の風景」が広がった。(北京=新華社配信/段学鋒)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (4)春の耕作進む麦畑河南省浚県

    23日、浚県の高標準農地で水をまく自走式散水機。(小型無人機から)中国河南省鶴壁市浚県では、農民らが麦畑への注水や施肥など春の耕作作業に追われている。(鶴壁=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)河北省の港湾貨物取扱量、好調な滑り出し

    23日、唐山港曹妃甸港区の鉄鉱石埠頭で荷揚げを行う船舶。(小型無人機から)中国河北省交通運輸庁によると、同省唐山港、秦皇島港、黄驊(こうか)港などの今年1月の港湾貨物取扱量は前年同月比14・2%増の1億973万200トンで、好調な滑り出しとなった。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (2)河北省の港湾貨物取扱量、好調な滑り出し

    23日、タグボートに牽引されて唐山港曹妃甸港区の鉄鉱石埠頭に接岸した船舶。(小型無人機から)中国河北省交通運輸庁によると、同省唐山港、秦皇島港、黄驊(こうか)港などの今年1月の港湾貨物取扱量は前年同月比14・2%増の1億973万200トンで、好調な滑り出しとなった。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (5)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区馬武鎮にあるザーサイ工場の乾燥場に並べられた青菜頭。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、空から見た重慶市涪陵区江北街道の青菜頭畑。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)河北省の港湾貨物取扱量、好調な滑り出し

    23日、タグボートに牽引されて唐山港曹妃甸(そうひでん)港区の鉄鉱石埠頭に接岸した船舶。(小型無人機から)中国河北省交通運輸庁によると、同省唐山港、秦皇島港、黄驊(こうか)港などの今年1月の港湾貨物取扱量は前年同月比14・2%増の1億973万200トンで、好調な滑り出しとなった。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区の江北街道で青菜頭を収穫する地元住民。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    栃木県足利市の火災現場 焼失拡大、100㌶に

    延焼が続く栃木県足利市の山林火災の現場=25日午後6時(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後6時

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    延焼が続く山林火災の現場 焼失拡大、100㌶に

    発生から5日目を迎え、延焼が続く栃木県足利市の山林火災の現場=25日午後6時11分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後6時11分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    延焼が続く足利市の山林 焼失拡大、100㌶に

    延焼が続く栃木県足利市の山林火災の現場=25日午後2時14分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後2時14分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    延焼が続く山林火災の現場 焼失拡大、100㌶に

    延焼が続く栃木県足利市の山林火災の現場=25日午後2時19分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後2時19分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    足利市の山林火災の現場 焼失拡大、100㌶に

    延焼が続く栃木県足利市の山林火災の現場=25日午後2時31分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後2時31分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    山林火災現場の消火活動 群馬・桐生で山林火災

    消火活動が続く山林火災の現場=25日午後2時2分、群馬県桐生市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後2時2分、群馬県桐生市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    群馬県桐生市の山林火災 群馬・桐生で山林火災

    消火活動が続く山林火災の現場=25日午後1時58分、群馬県桐生市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後1時58分、群馬県桐生市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    桐生市の山林火災現場 群馬・桐生で山林火災

    消火活動が続く山林火災の現場=25日午後2時3分、群馬県桐生市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後2時3分、群馬県桐生市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    消火活動が続く火災の現場 群馬・桐生で山林火災

    消火活動が続く山林火災の現場=25日午後1時53分、群馬県桐生市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後1時53分、群馬県桐生市

  • 2021年02月25日
    東大阪市立ウィルチェアスポーツコート 車いすスポーツ専用コート

    花園ラグビー場の第1グラウンド横に完成した「東大阪市立ウィルチェアスポーツコート」(手前)=大阪府東大阪市(共同通信社ヘリから)

  • 2021年02月25日
    東大阪市立ウィルチェアスポーツコート 車いすスポーツ専用コート

    車椅子スポーツ専用の野外コート「東大阪市立ウィルチェアスポーツコート」=大阪府東大阪市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 大阪府東大阪市

  • 2021年02月25日
    東大阪市立ウィルチェアスポーツコート 車いすスポーツ専用コート

    車椅子スポーツ専用の野外コート「東大阪市立ウィルチェアスポーツコート」=大阪府東大阪市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 大阪府東大阪市

  • 2021年02月25日
    東大阪市立ウィルチェアスポーツコート 車いすスポーツ専用コート

    花園ラグビー場の第1グラウンド横に完成した「東大阪市立ウィルチェアスポーツコート」(左)=大阪府東大阪市(共同通信社ヘリから)

  • 2021年02月25日
    (5)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (1)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖の風景。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)観光客を魅了するハクモクレンの花江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区で咲き誇るハクモクレン。(小型無人機から)中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)観光客を魅了するハクモクレンの花江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区で咲き誇るハクモクレン。(小型無人機から)中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (8)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の壺源渓のほとりで披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の文化広場で披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (4)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖の風景。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    Asparagus fields in Weiterstadt

    25 February 2021, Hessen, Weiterstadt: The film lying over the embankments of an asparagus field in Weiterstadt in southern Hesse appears like waves. (Aerial photograph taken with a drone) Photo: Arne Dedert/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    Single-family house development in Cologne

    25 February 2021, North Rhine-Westphalia, Cologne: Single-family houses are located in a housing estate in Cologne-Widdersdorf (photo taken with a drone). Photo: Henning Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から、パノラマ写真)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (3)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖の風景。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    Asparagus fields in Weiterstadt

    25 February 2021, Hessen, Weiterstadt: The film lying over the embankments of an asparagus field in Weiterstadt in southern Hesse appears like waves. (Aerial photograph taken with a drone) Photo: Arne Dedert/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (6)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、青海省海東市民和回族トゥ族自治県古鄯鎮の山荘村。(小型無人機から)中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の文化広場で披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/劉岭逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    Asparagus fields in Weiterstadt

    25 February 2021, Hessen, Weiterstadt: A dirt road lies between asparagus fields in Weiterstadt, southern Hesse, one of which is covered with foil. (Aerial view with a drone) Photo: Arne Dedert/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、壺口瀑布に現れた虹。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    Single-family house development in Cologne

    25 February 2021, North Rhine-Westphalia, Cologne: Single-family houses are located in a housing estate in Cologne-Widdersdorf (photo taken with a drone). Photo: Henning Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    Single-family house development in Cologne

    25 February 2021, North Rhine-Westphalia, Cologne: Single-family houses are located in a housing estate in Cologne-Widdersdorf (photo taken with a drone). Photo: Henning Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (8)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    Construction status of the Tesla Gigafactory

    25 February 2021, Brandenburg, Grünheide: The construction site of the Tesla Gigafactory east of Berlin (aerial view with a drone). A maximum of 500,000 vehicles per year are to roll off the production line at the factory from July 2021 - with the carmaker planning to reach the maximum as quickly as possible. For the time being, the US electric carmaker expects to employ up to 10,500 people in shifts at its planned first factory in Europe. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (2)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:26.82
    2021年02月25日
    空撮 栃木の山火事、避難勧告200世帯に 群馬・桐生でも発生

    栃木県足利市の両崖山(りょうがいさん)(251メートル)一帯の山林で起きた火災は25日、発生5日目となったものの、延焼が続いた。足利市は、新たに市内の30世帯に避難勧告を出し、勧告対象は計約200世帯に拡大した。消防や陸上自衛隊は消火活動を再開したが、一部地域では火の手が住宅近くに迫るなど鎮火のめどは立っていない。一方、25日午前10時ごろ、群馬県桐生市黒保根町上田沢で山林が燃えていると近くの住民が119番した。近くに住む男性(79)が両脚などにやけどを負ったが搬送時、意識はあった。消防などによると、火災は広範囲に拡大しているものの、住宅への延焼は確認されていない。<映像内容>山火事の空撮、撮影日:2021(令和3)年2月25日、撮影場所:栃木県足利市

    撮影: 2021(令和3)年2月25日

  • 2021年02月25日
    (1)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村内踩街を100メートル超の板竜を担いで練り歩く女性たち。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (9)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    Single-family house development in Cologne

    25 February 2021, North Rhine-Westphalia, Cologne: Single-family houses are located in a housing estate in Cologne-Widdersdorf (photo taken with a drone). Photo: Henning Kaiser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...