KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • アースデイ
  • 国家湿地
  • 山東省済南市
  • 済西国家
  • 湿地公園
  • サミット
  • アジア太平洋経済協力会議
  • パプアニューギニア

「空撮した」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
61
( 1 61 件を表示)
  • 1
61
( 1 61 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    春の済西国家湿地公園を空から楽しもう山東省済南市

    17日、済南市の済西国家湿地公園に広がる清々しい風景。(小型無人機から)22日の「アースデイ」(地球の日)を前に、記者は17日、中国山東省済南市の済西国家湿地公園を小型無人機で空撮した。川がゆったりと流れ、小さな島があちこちに点在する園内は、穏やかな春の息吹に包まれていた。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:49.94
    2020年02月10日
    ドローン空撮 ドローンと地上撮 静岡・河津桜まつり

    静岡県河津町で「第30回河津桜まつり」が始まった。暖冬の影響もあり「河津桜」は早くも見頃を迎え、多くの観光客でにぎわった<映像内容>静岡県河津町で「第30回河津桜まつり」の会場を小型無人機ドローンで空撮した様子と、地上で撮影した映像、撮影日:2020(令和2)年2月10日、撮影場所:静岡県河津町

    撮影: 2020(令和2)年2月10日

  • 2019年11月19日
    北方領土の島名入り 冬を前に北方領土を空撮

    19日、本格的な冬の訪れを前に北方領土を空撮した。高度約1万4千㍍上空から、北海道・根室半島の納沙布岬(下)沖に大小の島々で構成される歯舞群島(中央)、色丹島(上)が見えた(共同通信社機から)

  • 2019年11月19日
    北方領土を空撮の島名入り 冬を前に北方領土を空撮

    19日、本格的な冬の訪れを前に北方領土を空撮した。高度約1万4千㍍上空からは、北海道・根室半島の納沙布岬(左下)沖に大小の島々で構成される歯舞群島(中央)、色丹島(右上)、国後島(左上)が見えた(共同通信社機から)

  • 2019年11月19日
    北方領土 冬を前に北方領土を空撮

    19日、本格的な冬の訪れを前に北方領土を空撮した。高度約1万4千㍍上空から、北海道・根室半島の納沙布岬(下)沖に大小の島々で構成される歯舞群島(中央)、色丹島(上)が見えた(共同通信社機から)

  • 2019年11月19日
    北方領土を空撮 冬を前に北方領土を空撮

    19日、本格的な冬の訪れを前に北方領土を空撮した。高度約1万4千㍍上空からは、北海道・根室半島の納沙布岬(左下)沖に大小の島々で構成される歯舞群島(中央)、色丹島(右上)、国後島(左上)が見えた(共同通信社機から)

  • 01:23.28
    2019年11月19日
    空撮 冬を前にした北方領土

    19日、本格的な冬の訪れを前に北方領土を空撮した。高度約1万4千メートルからは北海道・根室半島の納沙布岬(左下)沖に大小の島々で構成される歯舞群島(中央)、色丹島(右上)、国後島(左上)がくっきりと見えた。 <映像内容>北海道東部上空から撮影した北方領土(歯舞群島、色丹島、国後島)の空撮、撮影日:2019(令和元)年11月19日、撮影場所:北海道東部上空

    撮影: 2019(令和元)年11月19日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月13日
    展示されたパネル 伊勢湾台風被害示す米空撮

    伊勢湾台風の被災地を米軍が空撮した写真をつなぎ合わせ、企画展で展示されたパネル=13日、名古屋市の名古屋大減災連携研究センター

  • 00:44.81
    2019年10月31日
    「東奥日報」ドローン空撮 紅葉から冬支度へ 縫道石山の空からの眺め

    本州最北端の下北半島に位置し、津軽海峡に面した断崖に奇岩、巨岩が群立する青森県佐井村の縫道石山(ぬいどういしやま)。国天然記念物の特殊植物群落があることでも知られる同山を31日、小型無人機(ドローン)で空撮した。<映像内容>青森県佐井村の縫道石山をドローンで空撮、撮影日:2019(令和元)年10月31日、撮影場所:青森県佐井村の縫道石山、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(令和元)年10月31日、青森県佐井村の縫道石山

  • 00:48.04
    2019年06月26日
    空撮 G20開催を前に準備進む 大阪市内の会場予定地

    28日に大阪で開幕する20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を前に、主会場の国際展示場「インテックス大阪」や、関連行事に向けて会場の整備が進む大阪迎賓館(大阪城公園内)などを26日、空撮した。〈映像内容〉大阪城公園内で行われる関連行事に向け各国首脳を迎える準備が進む大阪迎賓館や大阪城天守閣、大阪府庁周辺など、主会場となる国際展示場「インテックス大阪」や、インテックス大阪がある人工島・咲洲など、撮影日:2019(令和元)年6月26日、撮影場所:大阪府 インテックス大阪 大阪迎賓館

    撮影: 2019(令和元)年6月26日

  • 2019年04月26日
    標高5200メートルのチョモランマ北側ベースキャンプを訪ねて

    4月26日、ベースキャンプ付近から空撮したチョモランマ。中国チベット自治区チョモランマ峰国家級自然保護区の中心エリアに位置する世界最高峰のチョモランマの中国側ベースキャンプは、標高約5200メートルの場所にあり、世界各国の登山家の登頂の拠点となっている。登山隊が利用するにはチベット体育行政管理部門が発行した登山許可証が必要で、一般の観光客が立ち入ることはできない。同ベースキャンプは季節限定で、毎年4月初めに登山期が始まると設置され、5月下旬の登山期終了後に閉鎖される。(ラサ=新華社配信/孫非)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月19日
    岡山県笠岡市 一面を黄色に染める菜の花 笠岡湾干拓地

    春の日差しを浴び、一面を黄色に染める菜の花=19日午後3時19分、笠岡湾干拓地(小型無人機から)。一面に広がる〝黄色いじゅうたん〞が陽光に輝く。19日、小型無人機ドローンで空撮した笠岡市の笠岡湾干拓地。四季折々の花が楽しめる観光スポットは、咲き誇る約1千万本の菜の花で彩られていた。=2019(平成31)年3月19日、岡山県笠岡市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 19日午後3時19分、笠岡湾干拓地

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月24日
    真備の夕暮れ 日はまた昇る 西日本豪雨

    暮れゆく町並みの中を、井原鉄道井原線の車両が走る。24日、小型無人機ドローンで空撮した倉敷市真備町地区。鉄橋を越え前に向かって進む車体が、復興へ歩む被災地の姿と重なる。真備町地区では面積の約3割が浸水し、51人が亡くなってから5カ月半が過ぎた。小田川など4河川には決壊の爪痕が残る一方、夕闇が迫ると営業を再開した店舗の明かりが浮かび上がった。住宅街の灯は少なく復興の険しさを伝えるが、明けない夜はない。「日はまた昇る」。平成最後の年の瀬に、夕日がそっと語り掛けているようだ。=2018(平成30)年12月24日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2018年11月11日
    APECサミット、ポートモレスビーで開催へ

    11日に空撮したパプアニューギニアの首都ポートモレスビーにあるAPECハウス。ここで最も重要な首脳による会議が開かれる。アジア太平洋経済協力会議(APEC)サミットが12日から18日にかけてパプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開催される。(ポートモレスビー=新華社記者/白雪飛)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月11日
    APECサミット、ポートモレスビーで開催へ

    11日に空撮したパプアニューギニアの首都ポートモレスビーにあるAPECハウス。ここで最も重要な首脳による会議が開かれる。アジア太平洋経済協力会議(APEC)サミットが12日から18日にかけてパプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開催される。(ポートモレスビー=新華社記者/白雪飛)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月10日
    APECサミット、ポートモレスビーで開催へ

    10日に空撮したパプアニューギニアの首都ポートモレスビーにある国際会議場。ここでAPECビジネスサミットが開かれる。アジア太平洋経済協力会議(APEC)サミットが12日から18日にかけてパプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開催される。(ポートモレスビー=新華社記者/白雪飛)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月09日
    APECサミット、ポートモレスビーで開催へ

    9日に空撮したパプアニューギニアの首都ポートモレスビーにあるAPECハウス。ここで最も重要な首脳による会議が開かれる。アジア太平洋経済協力会議(APEC)サミットが12日から18日にかけてパプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開催される。(ポートモレスビー=新華社記者/呂小煒)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月09日
    APECサミット、ポートモレスビーで開催へ

    9日に空撮したパプアニューギニアの首都ポートモレスビーにあるAPECハウス。ここで最も重要な首脳による会議が開かれる。アジア太平洋経済協力会議(APEC)サミットが12日から18日にかけてパプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開催される。(ポートモレスビー=新華社記者/呂小煒)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月09日
    APECサミット、ポートモレスビーで開催へ

    9日に空撮したパプアニューギニアの首都ポートモレスビーにあるAPECハウス。ここで最も重要な首脳による会議が開かれる。アジア太平洋経済協力会議(APEC)サミットが12日から18日にかけてパプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開催される。(ポートモレスビー=新華社記者/呂小煒)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月26日
    倉敷市美観地区 小型無人機から

    川舟が往来し、風情あふれる白壁の町並み=26日午前10時32分、倉敷市美観地区(小型無人機から)。秋晴れに白壁の町並みが輝く。倉敷川を舟が行き交い、屋根瓦の色から「緑御殿」と呼ばれる有隣荘、柳並木も彩り豊か。小型無人機ドローンで空撮した倉敷市美観地区は、一段と魅力的に映る。=2018(平成30)年10月26日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 26日午前10時32分、倉敷市美観地区

  • 2018年10月10日
    中国企業が建設支援の学校中国·タジキスタン友情の象徴に

    10日、タジキスタンの首都ドゥシャンベで空撮したドゥシャンベ101学校。中国の変圧器大手、特変電工(TBEA)社が出資し建設を支援したタジキスタンに四つある「中国・タジキスタン友好学校」の一つ、ドゥシャンベ101学校。同校は2015年8月3日に施工を開始し、2016年8月30日に竣工した。総建築面積は1万平方メートル、敷地面積は3万8千平方メートルで、1200人を収容できる。現在タジキスタンで最も先進的で現代的な学校の一つで、メイン講義棟や一般教室、専門科目教室、体育館、大型イベントホール、屋外サッカー場やバスケットボール場などの施設を備えている。敷地は樹木に囲まれ、生徒たちにとって快適な学習環境が整えられている。ドゥシャンベ101学校の建設により、タジキスタンが抱える教育資源、教育の場の深刻な不足という問題が解決され、同校は中国とタジキスタンの友情の象徴となっている。(ドゥシャンベ=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月10日
    中国企業が建設支援の学校中国·タジキスタン友情の象徴に

    10日、タジキスタンの首都ドゥシャンベで空撮したドゥシャンベ101学校の建物。中国の変圧器大手、特変電工(TBEA)社が出資し建設を支援したタジキスタンに四つある「中国・タジキスタン友好学校」の一つ、ドゥシャンベ101学校。同校は2015年8月3日に施工を開始し、2016年8月30日に竣工した。総建築面積は1万平方メートル、敷地面積は3万8千平方メートルで、1200人を収容できる。現在タジキスタンで最も先進的で現代的な学校の一つで、メイン講義棟や一般教室、専門科目教室、体育館、大型イベントホール、屋外サッカー場やバスケットボール場などの施設を備えている。敷地は樹木に囲まれ、生徒たちにとって快適な学習環境が整えられている。ドゥシャンベ101学校の建設により、タジキスタンが抱える教育資源、教育の場の深刻な不足という問題が解決され、同校は中国とタジキスタンの友情の象徴となっている。(ドゥシャンベ=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月04日
    黄河壺口瀑布の絶景を俯瞰

    4日、山西省臨汾市吉県で空撮した黄河壺口瀑布。中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布ではここ数日、増水期の影響で急激に増えた水が勢いよく流れている。(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月04日
    黄河壺口瀑布の絶景を俯瞰

    4日、山西省臨汾市吉県で空撮した黄河壺口瀑布。中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布ではここ数日、増水期の影響で急激に増えた水が勢いよく流れている。(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月04日
    黄河壺口瀑布の絶景を俯瞰

    4日、山西省臨汾市吉県で空撮した黄河壺口瀑布。中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布ではここ数日、増水期の影響で急激に増えた水が勢いよく流れている。(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年08月04日
    黄河壺口瀑布の絶景を俯瞰

    4日、山西省臨汾市吉県で空撮した黄河壺口瀑布。中国の山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布ではここ数日、増水期の影響で急激に増えた水が勢いよく流れている。(臨汾=新華社配信/劉宏達)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月18日
    中国のセネガル建設支援プロジェクト、両国の友好協力を促進

    18日、セネガルの首都ダカールで空撮したレスリング競技場。中国・セネガル関係はここ数年、急速な発展という良好な勢いが表れ、実務協力で実り多い成果を収めている。中国がセネガルで建設支援しているレスリング競技場、国立劇場、黒人文明博物館、児童病院など一連の大型協力プロジェクトは一部が竣工し、建設中のプロジェクトも順調に進んでいる。中国は現在、セネガルの第2の貿易パートナーで最大の融資提供国でもある。(ダカール=新華社記者/呂帥)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月18日
    中国のセネガル建設支援プロジェクト、両国の友好協力を促進

    18日、セネガルの首都ダカールで空撮したレスリング競技場。中国・セネガル関係はここ数年、急速な発展という良好な勢いが表れ、実務協力で実り多い成果を収めている。中国がセネガルで建設支援しているレスリング競技場、国立劇場、黒人文明博物館、児童病院など一連の大型協力プロジェクトは一部が竣工し、建設中のプロジェクトも順調に進んでいる。中国は現在、セネガルの第2の貿易パートナーで最大の融資提供国でもある。(ダカール=新華社記者/呂帥)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月05日
    雪で覆われたホトアラ古城

    2月5日に空撮した赫図阿拉(ホトアラ)古城の壮大な雪景色。赫図阿拉古城は中国遼寧省新賓満族自治県の永陵鎮に位置し、その雪化粧した姿が、まるで水墨画のような風景を作り出している。(遼寧省・撫順=新華社記者/潘昱竜)=2018(平成30)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月05日
    雪で覆われたホトアラ古城

    2月5日に空撮した赫図阿拉(ホトアラ)古城の壮大な雪景色。赫図阿拉古城は中国遼寧省新賓満族自治県の永陵鎮に位置し、その雪化粧した姿が、まるで水墨画のような風景を作り出している。(遼寧省・撫順=新華社記者/潘昱竜)=2018(平成30)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月05日
    美しく輝く明の太原県城

    2月5日に空撮した太原県城ライトアップの夜景。春節(中国の旧正月)を目前に控え、中国山西省太原市晋源区にある明の太原県城ではライトアップフェスティバルが行われ、多くの観光客が訪れている。600年以上の歴史をもつこの古い城は、140個余りのイルミネーションライトで美しく飾られ、冬の夜空をきらびやかに彩っている。(太原=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月05日
    美しく輝く明の太原県城

    2月5日に空撮した太原県城ライトアップの夜景。春節(中国の旧正月)を目前に控え、中国山西省太原市晋源区にある明の太原県城ではライトアップフェスティバルが行われ、多くの観光客が訪れている。600年以上の歴史をもつこの古い城は、140個余りのイルミネーションライトで美しく飾られ、冬の夜空をきらびやかに彩っている。(太原=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月05日
    雪で覆われたホトアラ古城

    2月5日に空撮した赫図阿拉(ホトアラ)古城の壮大な雪景色。赫図阿拉古城は中国遼寧省新賓満族自治県の永陵鎮に位置し、その雪化粧した姿が、まるで水墨画のような風景を作り出している。(遼寧省・撫順=新華社記者/潘昱竜)=2018(平成30)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月05日
    美しく輝く明の太原県城

    2月5日に空撮した太原県城ライトアップの夜景。春節(中国の旧正月)を目前に控え、中国山西省太原市晋源区にある明の太原県城ではライトアップフェスティバルが行われ、多くの観光客が訪れている。600年以上の歴史をもつこの古い城は、140個余りのイルミネーションライトで美しく飾られ、冬の夜空をきらびやかに彩っている。(太原=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月01日
    「数々の成果」が花開く「一帯一路」海外事業巡礼記

    2月1日、マレーシアのマラッカ(ムラカ)州の上空より空撮したマラッカ・ゲートウェイの埋め立て工事の様子。今年は「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」国際協力サミットフォーラム開催から1周年を迎える。2017年5月、同フォーラムが北京で成功裏に開催されたことは、「一帯一路」構想の共同構築が理念から行動、計画から実施へと新たな段階に入ったことを示している。「一帯一路」構想が打ち出されてから5年にわたり、中国企業は海外へ次々と進出して国際市場を開拓し、多くのインフラプロジェクトを主宰・実施してきた。ケニアのモンバサ港とナイロビを結ぶ鉄道、ギリシャのピレウス港、中国・パキスタン経済回廊の2大道路といったプロジェクトは、全て秩序よく進められたか、すでに運営が始まっている。今では、「一帯一路」沿線に現れた「数々の成果」のうち、すでに着工している鉄道、道路、港湾、大橋および工業園区(パーク)などのインフラ整備プロジェクトでは、中国の知恵により大地が潤され、あでやかな花が咲き、活力に満ちあふれ、沿線諸国のインフラ環境の改善や同地の経済社会の発展促進に、積極的な役割を果たした。(マレーシア・マラッカ=新華社記者/劉彤)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:03.55
    2017年10月20日
    空撮 製品データ改ざんの神戸製鋼 本社と関連工場

    製品データ改ざん問題を起こした神戸製鋼所の神戸本社(神戸市中央区)と神戸製鉄所(神戸市灘区)をヘリコプターから空撮した。<映像内容>神戸市の神戸製鋼本社、神戸製鉄所の空撮で、撮影時間は午後3時ごろから午後3時20分ごろ。

  • 2017年08月04日
    雲の上

    霧の深い日、米サンフランシスコの金門橋を空撮した。雲の上に浮かんでいるかのよう。(ゲッティ=共同)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:03.12
    2017年03月10日
    空撮 福島第1原発 東日本大震災6年

    あすで東日本大震災から6年を迎えるのを前に、10日、現在の福島第1原子力発電所の様子を空撮した。〈映像内容〉福島第1原発の空撮、撮影日:2017(平成29)年3月10日、撮影場所:福島第1原発

    撮影: 2017(平成29)年3月10日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:05.12
    2017年03月10日
    空撮 福島第1原発 東日本大震災6年

    3月11日で東日本大震災から6年を迎えるのを前に、10日、現在の福島第1原子力発電所の様子を空撮した。〈映像内容〉福島第1原発の空撮。撮影日:2017(平成29)年3月10日、撮影場所:福島第1原発

    撮影: 2017(平成29)年3月10日

  • 01:15.97
    2016年05月09日
    「東奥日報」ドローン空撮 横浜町の菜の花畑を空撮

    海原のように広がる花々が春風に揺れ、陽光を浴びてきらめく。9日、ちょうど満開を迎えた横浜町の菜の花畑を小型無人機で空撮した。<映像内容>満開の菜の花畑の様子、撮影日:2016(平成28)年5月9日、撮影場所:青森県横浜町、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材

    撮影: 2016(平成28)年5月9日、青森県横浜町

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:39.99
    2016年03月11日
    空撮 福島第1原発 東日本大震災5年

    3月11日で東日本大震災から5年を迎えた福島第1原子力発電所の様子を空撮した。〈映像内容〉福島第1原発の空撮、撮影日:2016(平成28)年3月11日、撮影場所:福島第1原発

    撮影: 2016(平成28)年3月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:17.40
    2015年03月07日
    空撮 空撮で見る被災地の現在 東日本大震災から4年

    東日本大震災から4年。福島第一原発を空撮した。<映像内容>福島第一原発の空撮、撮影日:2015(平成27)年3月7日、撮影場所:福島第一原子力発電所

    撮影: 2015(平成27)年3月7日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:14.12
    2015年03月07日
    空撮 空撮で見る被災地の現在 東日本大震災から4年

    東日本大震災から4年。地震と津波に襲われた被災地の変化を捉えるため、共同通信が岩手、宮城、福島の被災地を空撮した。<映像内容>東日本大震災から4年が経過した東北各地の様子、撮影日:2015(平成27)年3月、撮影場所:東北各地 ※無音のシーンがあります。

    撮影: 2015(平成27)年3月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年09月01日
    無人機からの映像 イスラム国「無人機利用」

    「イスラム国」が公開したシリア北部の空軍基地を空撮したとみられる映像。「イスラム国軍の無人機から」との字幕が付いている=撮影日不明(共同)

    撮影: 撮影日不明

  • 2006年12月14日
    寄贈された写真 元米軍人が未公開写真寄贈

    元米陸軍中尉ロバート・ロック氏が1946年ごろに那覇市北部から那覇港方面を臨み空撮した写真

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年09月09日
    朝日新聞が近く紙面訂正 原爆ドーム写真で誤報

    「オダネルさんが空撮したという広島の写真は自分が撮影した地上写真」と語る林重男さん=東京都目黒区目黒の自宅(写真を前に語る)

    撮影: 東京都目黒区目黒の自宅

  • 1923年09月30日
    関東大震災

    横須賀海軍航空隊が空撮した東海道線国府津駅付近の鉄道被害。手前が南、上方が北。中央左に転覆列車、右上の駅構内に倒壊した建物が見える。上の線路は東海道線、下が熱海線。後に国府津から御殿場経由沼津間は御殿場線となり、熱海線は東海道線となった=1923(大正12)年9月9日~12日の間(震災被害 鉄道 空撮 交通)※原プリントは防衛研究所の「横須賀海軍航空隊震災写真帖第二輯」にあり

    撮影: 1923

  • 1923年09月30日
    関東大震災

    陸軍飛行第5大隊の小田曹長・林少尉が空撮した銀座通りの焼け跡。左上の銀座ビルヂングは銀座3丁目付近で、右は京橋方面。銀座ビルには後に松屋が入居した。中央上方のビルは大倉組。下方の堀は三十間堀川で、そこに架かっていた豊玉橋と紀伊国橋は焼け落ちた。宮内庁所蔵の原プリントにはもう少し広く写っている=1923(大正12)年9月5日(軍、空撮)

    撮影: 1923

  • 1