KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 空撮資料
  • 天神空撮
  • 宮城空撮
  • 夜景空撮
  • 福島空撮
  • 岩手空撮
  • 博多駅空撮
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 本社ヘリ

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
61,753
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
61,753
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年05月15日
    Feast Day of San Isidro in Madrid, Spain - 15 May 2021

    May 15, 2021, Madrid, Spain: Aerial view of the ferial zone during the San Isidro festivity in the IFEMA fairground..One of the most celebrated holidays of Madrid is the Feast Day of San Isidro which this year took place in the IFEMA fairground. (Credit Image: © Guillermo Guterrez Carrascal/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Guillermo Guterrez Carrascal/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月15日
    火災があった建物 マンション火災、男女遺体

    火災があった建物=15日午前10時38分、大阪府柏原市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 15日午前10時38分、大阪府柏原市

  • 2021年05月15日
    (3)母なる川、黄河が流れる省都甘粛省蘭州市

    8日、甘粛省蘭州市を流れる黄河。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市は、中華民族の母なる川、黄河が流れる唯一の省都となっている。1986年には同市七里河区の黄河のほとりに石像「黄河母親」が完成し、観光スポットとして注目されるようになった。黄河流域の生態保護や質の高い発展は中国の国家戦略となっており、至る所で人と自然が調和する光景を見ることができる。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月15日
    (6)竜巻発生後の湖北省武漢市

    15日、竜巻の被害を受けた武漢市蔡甸区の奓山地区。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で14日午後8時39分(日本時間同9時39分)、竜巻が発生した。風速は23・9メートルで、一部村落の家屋が損傷し、倒木の被害が相次いだ。15日午前4時半現在、6人が死亡、218人が負傷した。同市応急管理局が明らかにした。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月15日
    (8)竜巻発生後の湖北省武漢市

    15日、竜巻の被害を受けた武漢市蔡甸区の奓山地区。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で14日午後8時39分(日本時間同9時39分)、竜巻が発生した。風速は23・9メートルで、一部村落の家屋が損傷し、倒木の被害が相次いだ。15日午前4時半現在、6人が死亡、218人が負傷した。同市応急管理局が明らかにした。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月15日
    (11)竜巻発生後の湖北省武漢市

    15日、竜巻の被害を受けた武漢市蔡甸区の奓山地区。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で14日午後8時39分(日本時間同9時39分)、竜巻が発生した。風速は23・9メートルで、一部村落の家屋が損傷し、倒木の被害が相次いだ。15日午前4時半現在、6人が死亡、218人が負傷した。同市応急管理局が明らかにした。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月15日
    (12)竜巻発生後の湖北省武漢市

    15日、竜巻の被害を受けた武漢市蔡甸区の奓山地区。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で14日午後8時39分(日本時間同9時39分)、竜巻が発生した。風速は23・9メートルで、一部村落の家屋が損傷し、倒木の被害が相次いだ。15日午前4時半現在、6人が死亡、218人が負傷した。同市応急管理局が明らかにした。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月15日
    (4)竜巻発生後の湖北省武漢市

    15日、竜巻の被害を受けた武漢市蔡甸区の奓山地区。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で14日午後8時39分(日本時間同9時39分)、竜巻が発生した。風速は23・9メートルで、一部村落の家屋が損傷し、倒木の被害が相次いだ。15日午前4時半現在、6人が死亡、218人が負傷した。同市応急管理局が明らかにした。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月15日
    (9)母なる川、黄河が流れる省都甘粛省蘭州市

    8日、甘粛省蘭州市を流れる黄河。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市は、中華民族の母なる川、黄河が流れる唯一の省都となっている。1986年には同市七里河区の黄河のほとりに石像「黄河母親」が完成し、観光スポットとして注目されるようになった。黄河流域の生態保護や質の高い発展は中国の国家戦略となっており、至る所で人と自然が調和する光景を見ることができる。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月15日
    (4)母なる川、黄河が流れる省都甘粛省蘭州市

    8日、甘粛省蘭州市を流れる黄河。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市は、中華民族の母なる川、黄河が流れる唯一の省都となっている。1986年には同市七里河区の黄河のほとりに石像「黄河母親」が完成し、観光スポットとして注目されるようになった。黄河流域の生態保護や質の高い発展は中国の国家戦略となっており、至る所で人と自然が調和する光景を見ることができる。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月15日
    (5)母なる川、黄河が流れる省都甘粛省蘭州市

    8日、甘粛省蘭州市を流れる黄河。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市は、中華民族の母なる川、黄河が流れる唯一の省都となっている。1986年には同市七里河区の黄河のほとりに石像「黄河母親」が完成し、観光スポットとして注目されるようになった。黄河流域の生態保護や質の高い発展は中国の国家戦略となっており、至る所で人と自然が調和する光景を見ることができる。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月15日
    (8)母なる川、黄河が流れる省都甘粛省蘭州市

    8日、甘粛省蘭州市を流れる黄河。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市は、中華民族の母なる川、黄河が流れる唯一の省都となっている。1986年には同市七里河区の黄河のほとりに石像「黄河母親」が完成し、観光スポットとして注目されるようになった。黄河流域の生態保護や質の高い発展は中国の国家戦略となっており、至る所で人と自然が調和する光景を見ることができる。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月15日
    (10)母なる川、黄河が流れる省都甘粛省蘭州市

    8日、甘粛省蘭州市を流れる黄河。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市は、中華民族の母なる川、黄河が流れる唯一の省都となっている。1986年には同市七里河区の黄河のほとりに石像「黄河母親」が完成し、観光スポットとして注目されるようになった。黄河流域の生態保護や質の高い発展は中国の国家戦略となっており、至る所で人と自然が調和する光景を見ることができる。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月15日
    (13)中国、希少動物ワニトカゲの個体数が安定的に推移

    13日、広東羅坑ワニトカゲ国家級自然保護区。(小型無人機から)ワニトカゲは、恐竜と同時代に誕生し、第四紀氷河時代を生き延びた爬虫類で、「生きた化石」とも呼ばれる。中国はその主な生息地で、個体数が少ないことから、国家1級保護野生動物に指定されている。ここ数年、中国における同種の野生個体数は国の政策や資金援助の下、林業部門や保護区、研究者が努力した結果、安定的に推移している。(広州=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月15日
    (9)竜巻発生後の湖北省武漢市

    15日、竜巻の被害を受けた武漢市蔡甸区の奓山地区。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で14日午後8時39分(日本時間同9時39分)、竜巻が発生した。風速は23・9メートルで、一部村落の家屋が損傷し、倒木の被害が相次いだ。15日午前4時半現在、6人が死亡、218人が負傷した。同市応急管理局が明らかにした。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月15日
    (10)竜巻発生後の湖北省武漢市

    15日、竜巻の被害を受けた武漢市蔡甸区の奓山地区。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で14日午後8時39分(日本時間同9時39分)、竜巻が発生した。風速は23・9メートルで、一部村落の家屋が損傷し、倒木の被害が相次いだ。15日午前4時半現在、6人が死亡、218人が負傷した。同市応急管理局が明らかにした。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月15日
    (2)竜巻発生後の湖北省武漢市

    15日、竜巻の被害を受けた武漢市蔡甸区の奓山地区。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で14日午後8時39分(日本時間同9時39分)、竜巻が発生した。風速は23・9メートルで、一部村落の家屋が損傷し、倒木の被害が相次いだ。15日午前4時半現在、6人が死亡、218人が負傷した。同市応急管理局が明らかにした。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月15日
    (7)母なる川、黄河が流れる省都甘粛省蘭州市

    8日、甘粛省蘭州市を流れる黄河。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市は、中華民族の母なる川、黄河が流れる唯一の省都となっている。1986年には同市七里河区の黄河のほとりに石像「黄河母親」が完成し、観光スポットとして注目されるようになった。黄河流域の生態保護や質の高い発展は中国の国家戦略となっており、至る所で人と自然が調和する光景を見ることができる。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月15日
    (1)中国花卉博覧会に「日本華道光影館」出展

    第10回中国花卉博覧会の会場。(3月10日、小型無人機から撮影)中国上海市崇明区で5月21日から7月2日まで開かれる第10回中国花卉(かき)博覧会のフラワーアレンジメント館にこのほど、「日本華道光影館」が設けられた。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    浜岡原発空撮 浜岡原発、再稼働見通せず

    中部電力浜岡原発。手前から1号機、2号機、3号機、4号機、5号機=静岡県御前崎市

    撮影: 静岡県御前崎市

  • 2021年05月14日
    浜岡原発空撮 浜岡原発、再稼働見通せず

    中部電力浜岡原発。左下から1号機、2号機、3号機、4号機、5号機=静岡県御前崎市

    撮影: 静岡県御前崎市

  • 2021年05月14日
    (1)見頃迎えたコウシンバラ、観光産業の発展を後押し河南省南陽市

    12日、南陽市にある南陽月季(コウシンバラ)博覧園の風景。(小型無人機から)中国河南省南陽市ではこのところ、コウシンバラ(ロサ・キネンシス)が競うように咲き誇る姿を見ることができる。南陽コウシンバラは品種が多く、弁質に優れ、栽培面積が大きいため、その名は全国に轟いている。同市は2000年に「中国コウシンバラの里」と命名された。コウシンバラ産業は南陽の「生態富民」プロジェクトとして知られているだけでなく、現地の観光産業の発展にも一役買っている。(南陽=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (8)「全国防災・減災デー」中国各地で安全教育活動展開

    12日、安徽省淮北(わいほく)市の緑金湖で、孤立者をレスキューボートに乗せ移動する訓練を行う救助隊員。(小型無人機から)12日に13回目の「全国防災・減災デー」を迎えた中国では、8~14日の「防災・減災週間」の期間中、各地で「災害リスクを防止・解消し、安全性向上の基礎を打ち立てる」をテーマとする、さまざまな安全教育活動が行われた。(淮北=新華社配信/万善朝)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (6)京徳高速道路(1期)、5月末に開通へ

    10日、京徳高速道路(1期)と津石高速道路(天津市-河北省石家荘市)のジャンクション。(小型無人機から)中国建設大手の中建路橋集団が建設を請け負う、北京大興国際空港と山東省徳州市を結ぶ京徳高速道路(1期)は現在、5月末の全線開通に向けて工事が最終段階に入っている。京徳高速道路(1期)は、河北省雄安新区の対外の基幹道路網を構成する重要な部分で、全長は87・256キロ。2019年11月に着工した。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (5)京徳高速道路(1期)、5月末に開通へ

    10日、京徳高速道路(1期)の河北省廊坊市区間。(小型無人機から)中国建設大手の中建路橋集団が建設を請け負う、北京大興国際空港と山東省徳州市を結ぶ京徳高速道路(1期)は現在、5月末の全線開通に向けて工事が最終段階に入っている。京徳高速道路(1期)は、河北省雄安新区の対外の基幹道路網を構成する重要な部分で、全長は87・256キロ。2019年11月に着工した。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (7)スポーツを通して観光を促進江蘇省

    12日、空から見た江蘇省の常州太湖湾キャンプ谷。(小型無人機から)中国江蘇省はここ数年、スポーツによる観光促進の新たなモデルを構築、質の高い発展の実現に注力してきた。常州江南環球港や太湖湾キャンプ谷など、複合型の特色あるスポーツ観光商品とモデル拠点を育成することで、都市の発展に新たな活力をもたらしている。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (10)京徳高速道路(1期)、5月末に開通へ

    10日、京徳高速道路(1期)と津石高速道路(天津市-河北省石家荘市)のジャンクション。(小型無人機から)中国建設大手の中建路橋集団が建設を請け負う、北京大興国際空港と山東省徳州市を結ぶ京徳高速道路(1期)は現在、5月末の全線開通に向けて工事が最終段階に入っている。京徳高速道路(1期)は、河北省雄安新区の対外の基幹道路網を構成する重要な部分で、全長は87・256キロ。2019年11月に着工した。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (7)京徳高速道路(1期)、5月末に開通へ

    10日、京徳高速道路(1期)の河北省滄州市区間。(小型無人機から)中国建設大手中建路橋集団が建設を請け負う、北京大興国際空港と山東省徳州市を結ぶ京徳高速道路(1期)は現在、5月末の全線開通に向けて工事が最終段階に入っている。京徳高速道路(1期)は、河北省雄安新区の対外の基幹道路網を構成する重要な部分で、全長は87・256キロ。2019年11月に着工した。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (6)スポーツを通して観光を促進江蘇省

    12日、空から見た江蘇省の常州太湖湾キャンプ谷。(小型無人機から)中国江蘇省はここ数年、スポーツによる観光促進の新たなモデルを構築、質の高い発展の実現に注力してきた。常州江南環球港や太湖湾キャンプ谷など、複合型の特色あるスポーツ観光商品とモデル拠点を育成することで、都市の発展に新たな活力をもたらしている。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (6)見頃迎えたコウシンバラ、観光産業の発展を後押し河南省南陽市

    12日、南陽市にある南陽月季(コウシンバラ)博覧園の風景。(小型無人機から)中国河南省南陽市ではこのところ、コウシンバラ(ロサ・キネンシス)が競うように咲き誇る姿を見ることができる。南陽コウシンバラは品種が多く、弁質に優れ、栽培面積が大きいため、その名は全国に轟いている。同市は2000年に「中国コウシンバラの里」と命名された。コウシンバラ産業は南陽の「生態富民」プロジェクトとして知られているだけでなく、現地の観光産業の発展にも一役買っている。(南陽=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (4)初夏の河北省壩上地区、植樹作業が繁忙期に

    12日、囲場満族モンゴル族自治県湖字村の湖泗汰溝(こしたいこう)林業建設工事区で、トラックからモンゴルアカマツの苗を降ろし、造林エリアに運ぶ造林チーム。(小型無人機から)中国河北省承徳市壩上地区の囲場満族モンゴル族自治県は初夏を迎え、植樹造林作業が繁忙期に入っている。300以上の造林チームが結成され植樹を実施し、同地区に新緑を添えている。(承徳=新華社配信/劉環宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (2)京徳高速道路(1期)、5月末に開通へ

    10日、京徳高速道路(1期)と津石高速道路(天津市-河北省石家荘市)のジャンクション。(小型無人機から)中国建設大手の中建路橋集団が建設を請け負う、北京大興国際空港と山東省徳州市を結ぶ京徳高速道路(1期)は現在、5月末の全線開通に向けて工事が最終段階に入っている。京徳高速道路(1期)は、河北省雄安新区の対外の基幹道路網を構成する重要な部分で、全長は87・256キロ。2019年11月に着工した。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (1)京徳高速道路(1期)、5月末に開通へ

    10日、京徳高速道路(1期)と津石高速道路(天津市-河北省石家荘市)のジャンクションの一部。(小型無人機から)中国建設大手の中建路橋集団が建設を請け負う、北京大興国際空港と山東省徳州市を結ぶ京徳高速道路(1期)は現在、5月末の全線開通に向けて工事が最終段階に入っている。京徳高速道路(1期)は、河北省雄安新区の対外の基幹道路網を構成する重要な部分で、全長は87・256キロ。2019年11月に着工した。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    鳥取砂丘 鳥取砂丘・資料

    鳥取砂丘=鳥取市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 鳥取市

  • 2021年05月13日
    鳥取砂丘 鳥取砂丘・資料

    鳥取砂丘=鳥取市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 鳥取市

  • 2021年05月13日
    鳥取砂丘 鳥取砂丘・資料

    鳥取砂丘=鳥取市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 鳥取市

  • 2021年05月13日
    JMU舞鶴事業所 JMU舞鶴事業所・資料

    ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所=京都府舞鶴市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都府舞鶴市

  • 2021年05月13日
    JMU舞鶴事業所 JMU舞鶴事業所・資料

    ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所=京都府舞鶴市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都府舞鶴市

  • 2021年05月13日
    島根原発5 島根原発・資料

    中国電力島根原子力発電所(中央)=松江市(共同通信社ヘリから)

  • 2021年05月13日
    島根原発6 島根原発・資料

    中国電力島根原子力発電所(中央)=松江市(共同通信社ヘリから)

  • 2021年05月13日
    島根原発4 島根原発・資料

    松江市の中国電力島根原子力発電所(手前)。右上は出雲市街(共同通信社ヘリから)

  • 2021年05月13日
    島根原発3 島根原発・資料

    中国電力島根原子力発電所。奥は松江市街(共同通信社ヘリから)

  • 2021年05月13日
    島根原発2 島根原発・資料

    中国電力島根原子力発電所。左から1号機、2号機、3号機=松江市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 松江市

  • 2021年05月13日
    島根原発1 島根原発・資料

    中国電力島根原子力発電所。左上は松江市街(共同通信社ヘリから)

  • 2021年05月13日
    航空自衛隊経ケ岬分屯基地 経ケ岬分屯基地・資料

    航空自衛隊経ケ岬分屯基地(左)と米軍経ケ岬通信所=京都府京丹後市(共同通信社ヘリから)

  • 2021年05月13日
    米軍経ケ岬通信所 米軍経ケ岬通信所・資料

    米軍経ケ岬通信所=京都府京丹後市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都府京丹後市

  • 2021年05月13日
    米軍経ケ岬通信所 米軍経ケ岬通信所・資料

    米軍経ケ岬通信所=京都府京丹後市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都府京丹後市

  • 2021年05月13日
    China Jiangsu Coastal Forest

    An aerial view of a building for tourists among the planted trees in the Yellow Sea National Forest Park in Yancheng in east China‘s Jiangsu province Thursday, May 13, 2021.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年05月13日
    China Jiangsu Coastal Forest

    An aerial view of wooden cabins for tourists among the planted trees in the Yellow Sea National Forest Park in Yancheng in east China‘s Jiangsu province Thursday, May 13, 2021.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年05月13日
    (11)衛星測位システム「北斗」を活用しスマート田植え黒竜江省

    11日、北大荒農墾集団紅衛農場のスマート農業先行モデル区に広がる水田。(小型無人機から)中国黒竜江省北大荒農墾集団紅衛農場のスマート農業先行モデル区は田植えの時期を迎え、自動運転の田植機が水田で正確に田植えを行っている。この田植機は、衛星測位システム「北斗」を活用することで、水田での作業時の障害物回避、旋回などを自動で行う。また、車体に搭載したカメラが田植えの状況を第5世代移動通信システム(5G)でリアルタイムにスマート農業センターへ送信、人手をかけず正確な田植えを行い、作業の質と効率の向上に貢献している。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (2)衛星測位システム「北斗」を活用しスマート田植え黒竜江省

    11日、北大荒農墾集団紅衛農場のスマート農業先行モデル区で、作業中の自動運転田植機。(小型無人機から)中国黒竜江省北大荒農墾集団紅衛農場のスマート農業先行モデル区は田植えの時期を迎え、自動運転の田植機が水田で正確に田植えを行っている。この田植機は、衛星測位システム「北斗」を活用することで、水田での作業時の障害物回避、旋回などを自動で行う。また、車体に搭載したカメラが田植えの状況を第5世代移動通信システム(5G)でリアルタイムにスマート農業センターへ送信、人手をかけず正確な田植えを行い、作業の質と効率の向上に貢献している。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月13日
    (2)淮河の増水に備え対策を強化

    9日、安徽省にある淮北大堤の禹山ダム。(小型無人機から)中国の淮河流域が間もなく増水期に入ることを受け、淮河防汛抗旱総指揮部(洪水干ばつ対策本部)の常務副総指揮で水利部淮河水利委員会主任の劉冬順(りゅう・とうじゅん)氏は10日、洪水対策をしっかりと行い、予報や警報、事前演習、事前対策を強化し、洪水干ばつ災害リスク管理の最低ラインを守ると表明した。中央政府と地方政府は昨年の淮河増水から今年4月までの間、流域の河南、安徽、江蘇、山東の4省と水利部淮河水利委員会が直接管轄する水利工事に対し、40億元(1元=約17円)の資金を投入。被害を受けた2507カ所で修復工事を行った。(合肥=新華社記者/劉詩平)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月13日
    (5)淮河の増水に備え対策を強化

    10日、安徽省にある淮河の蚌埠(ほうふ)水門。(小型無人機から)中国の淮河流域が間もなく増水期に入ることを受け、淮河防汛抗旱総指揮部(洪水干ばつ対策本部)の常務副総指揮で水利部淮河水利委員会主任の劉冬順(りゅう・とうじゅん)氏は10日、洪水対策をしっかりと行い、予報や警報、事前演習、事前対策を強化し、洪水干ばつ災害リスク管理の最低ラインを守ると表明した。中央政府と地方政府は昨年の淮河増水から今年4月までの間、流域の河南、安徽、江蘇、山東の4省と水利部淮河水利委員会が直接管轄する水利工事に対し、40億元(1元=約17円)の資金を投入。被害を受けた2507カ所で修復工事を行った。(合肥=新華社記者/劉詩平)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月13日
    (1)淮河の増水に備え対策を強化

    10日、安徽省にある淮河の蚌埠(ほうふ)水門。(小型無人機から)中国の淮河流域が間もなく増水期に入ることを受け、淮河防汛抗旱総指揮部(洪水干ばつ対策本部)の常務副総指揮で水利部淮河水利委員会主任の劉冬順(りゅう・とうじゅん)氏は10日、洪水対策をしっかりと行い、予報や警報、事前演習、事前対策を強化し、洪水干ばつ災害リスク管理の最低ラインを守ると表明した。中央政府と地方政府は昨年の淮河増水から今年4月までの間、流域の河南、安徽、江蘇、山東の4省と水利部淮河水利委員会が直接管轄する水利工事に対し、40億元(1元=約17円)の資金を投入。被害を受けた2507カ所で修復工事を行った。(合肥=新華社記者/劉詩平)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (3)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (4)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (2)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    Dark clouds over the Taunus

    13 May 2021, Hessen, Usingen: Dark clouds form in the sky above Usingen in Taunus (aerial view with a drone). The Feldberg can be seen in the background. The weather remains changeable. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    China Jiangsu Coastal Forest

    An aerial view of the planted trees in the Yellow Sea National Forest Park in Yancheng in east China‘s Jiangsu province Thursday, May 13, 2021.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年05月13日
    Start of the season of the White Fleet on Lake Constance

    13 May 2021, Baden-Wuerttemberg, Meersburg: The old town of Meersburg is illuminated by the morning sun after the fog has lifted. The passenger ships of the Bodensee Schiffsbetriebe started their season today. (Shot with drone) Photo: Felix Kästle/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    Rhineland-Palatinate campsites open again

    13 May 2021, Rhineland-Palatinate, Fachbach: Motorhomes parked at a campsite on the river Lahn. Since May 12, Rhineland-Palatinate campsites are allowed to reopen for self-sufficient guests with their own wet cell. (Aerial view with a drone) Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    China Jiangsu Coastal Forest

    An aerial view of the planted trees in the Yellow Sea National Forest Park in Yancheng in east China‘s Jiangsu province Thursday, May 13, 2021.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年05月13日
    China Jiangsu Coastal Forest

    An aerial view of the planted trees in the Yellow Sea National Forest Park in Yancheng in east China‘s Jiangsu province Thursday, May 13, 2021.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年05月13日
    China Jiangsu Coastal Forest

    An aerial view of the planted trees in the Yellow Sea National Forest Park in Yancheng in east China‘s Jiangsu province Thursday, May 13, 2021.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月13日
    (3)淮河の増水に備え対策を強化

    10日、安徽省蚌埠(ほうふ)市を流れる淮河。(小型無人機から)中国の淮河流域が間もなく増水期に入ることを受け、淮河防汛抗旱総指揮部(洪水干ばつ対策本部)の常務副総指揮で水利部淮河水利委員会主任の劉冬順(りゅう・とうじゅん)氏は10日、洪水対策をしっかりと行い、予報や警報、事前演習、事前対策を強化し、洪水干ばつ災害リスク管理の最低ラインを守ると表明した。中央政府と地方政府は昨年の淮河増水から今年4月までの間、流域の河南、安徽、江蘇、山東の4省と水利部淮河水利委員会が直接管轄する水利工事に対し、40億元(1元=約17円)の資金を投入。被害を受けた2507カ所で修復工事を行った。(合肥=新華社記者/劉詩平)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月13日
    (4)淮河の増水に備え対策を強化

    10日、安徽省淮南市鳳台県を流れる淮河。(小型無人機から)中国の淮河流域が間もなく増水期に入ることを受け、淮河防汛抗旱総指揮部(洪水干ばつ対策本部)の常務副総指揮で水利部淮河水利委員会主任の劉冬順(りゅう・とうじゅん)氏は10日、洪水対策をしっかりと行い、予報や警報、事前演習、事前対策を強化し、洪水干ばつ災害リスク管理の最低ラインを守ると表明した。中央政府と地方政府は昨年の淮河増水から今年4月までの間、流域の河南、安徽、江蘇、山東の4省と水利部淮河水利委員会が直接管轄する水利工事に対し、40億元(1元=約17円)の資金を投入。被害を受けた2507カ所で修復工事を行った。(合肥=新華社記者/劉詩平)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (1)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (5)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (10)600年の歴史を誇る古村落に新たな活力河北省邢台市

    11日、空から見た英談村。(小型無人機から)中国の太行山脈の奥地にある河北省邢台(けいだい)市信都区路羅鎮英談村は、600年以上の歴史を誇る古村落。明清時代の太行山地区の建築様式の特徴を備えた古民家67軒が完全な形で保存され、この時代の同省南部地域の農村文化を研究する上で、「生きた化石」といえる存在となっている。地元ではここ数年、英談村の保存に積極的に取り組み、古村落の科学的な修復を行っている。また、段階的にインフラを整備しながら古村落を目的地とする「民俗観光」開発を行い、村全体の発展を効果的にけん引している。住民は「農家楽(アグリツーリズム)」施設の経営や果樹栽培、特産品の販売などを通じて増収を実現している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (9)600年の歴史を誇る古村落に新たな活力河北省邢台市

    11日、空から見た英談村。(小型無人機から)中国の太行山脈の奥地にある河北省邢台(けいだい)市信都区路羅鎮英談村は、600年以上の歴史を誇る古村落。明清時代の太行山地区の建築様式の特徴を備えた古民家67軒が完全な形で保存され、この時代の同省南部地域の農村文化を研究する上で、「生きた化石」といえる存在となっている。地元ではここ数年、英談村の保存に積極的に取り組み、古村落の科学的な修復を行っている。また、段階的にインフラを整備しながら古村落を目的地とする「民俗観光」開発を行い、村全体の発展を効果的にけん引している。住民は「農家楽(アグリツーリズム)」施設の経営や果樹栽培、特産品の販売などを通じて増収を実現している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    Rhineland-Palatinate campsites open again

    13 May 2021, Rhineland-Palatinate, Fachbach: Motorhomes parked at a campsite on the river Lahn. Since May 12, Rhineland-Palatinate campsites are allowed to reopen for self-sufficient guests with their own wet cell. (Aerial view with a drone) Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    Rhineland-Palatinate campsites open again

    13 May 2021, Rhineland-Palatinate, Fachbach: Motorhomes parked at a campsite on the river Lahn. Since May 12, Rhineland-Palatinate campsites are allowed to reopen for self-sufficient guests with their own wet cell. (Aerial view with a drone) Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    Track-laying crane comes to the museum

    13 May 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Pasewalk: A track-laying crane is lifted with heavy-duty cranes to its final position in the locomotive shed experience centre (aerial view with drone). The exhibition of the Verein Lokschuppen Pomerania e. V. - Eisenbahnerlebniszentrum receives a unique exhibit of railway history with the 90-ton vintage giant. In 1987 the machine was built by the manufacturer Kirow in the design “Platow UK 25/18“. The crane was used for track construction work by the Deutsche Reichsbahn in the former GDR. The machine carried out its last activity in track construction in Switzerland. The track-laying crane was in use for one and a half years during the renovation of the Grenchenberg tunnel. Photo: Stefan Sauer/dpa/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    China Jiangsu Coastal Forest

    An aerial view of wooden cabins for tourists among the planted trees in the Yellow Sea National Forest Park in Yancheng in east China‘s Jiangsu province Thursday, May 13, 2021.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年05月13日
    Start of the season of the White Fleet on Lake Constance

    13 May 2021, Baden-Wuerttemberg, Meersburg: The old town of Meersburg is illuminated by the morning sun after the fog has lifted. The passenger ships of the Bodensee Schiffsbetriebe started their season today. Shot with drone Photo: Felix Kästle/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (3)雲海の中で高山ツツジが見頃陝西省漢中市

    11日、竜頭山風景区に咲くツツジの花。(小型無人機から)初夏を迎えた中国陝西省漢中市南鄭県の竜頭山風景区では、高山ツツジ(サカイツツジ)が見頃となっている。絶壁に設けられた桟道近くには赤やピンク、紫、白など色とりどりの花が咲き、幻想的な雲海と相まって多くの観光客を魅了している。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (5)「世界の屋根の屋根」で実現した野菜栽培チベット・ガリ地区

    チベット自治区ガリ地区ガル県の生態農業産業パーク。(資料写真、小型無人機から)中国チベット自治区のガリ地区は、平均標高4500メートルで「世界の屋根の屋根」と呼ばれている。この地ではかつて、長期的に野菜の供給が不足し、人々の食事は肉や乳製品などといった高脂肪・高動物性タンパク質の食品が中心で、食事の栄養バランスに偏りがあった。人々の食生活をより健康的なものにするため、地元ではここ数年、現代的な農業を精力的に推し進めている。高効率のソーラー温室と集約化された野菜生産基地の建設を支援し、「高原のゴビ砂漠」に「オアシス」を作り続け、人々の食卓に野菜を届けてきた。(ラサ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    Dark clouds over the Taunus

    13 May 2021, Hessen, Eschbach: Dark clouds form in the sky above Eschbach im Taunus (aerial photo taken with a drone). The weather remains changeable. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (6)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    Rhineland-Palatinate campsites open again

    13 May 2021, Rhineland-Palatinate, Fachbach: Motorhomes parked at a campsite on the river Lahn. Since May 12, Rhineland-Palatinate campsites are allowed to reopen for self-sufficient guests with their own wet cell. (Aerial view with a drone) Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    Rhineland-Palatinate campsites open again

    13 May 2021, Rhineland-Palatinate, Fachbach: Motorhomes parked at a campsite on the river Lahn. Since May 12, Rhineland-Palatinate campsites are allowed to reopen for self-sufficient guests with their own wet cell. (Aerial view with a drone) Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    Eidul fitr amid curfew

    May 12, 2021, Srinagar, Jammu and Kashmir, India: An aerial view of historic Jamia Masjid in Srinagar as strict curfew have been imposed amid concerns over the spread of the COVID-19 coronavirus for the Muslim festival of Eid al-fiter, in Srinagar, Jammu and Kashmir on may, 13, 2021 (Credit Image: © Sajad HameedZUMA Wire)、クレジット:©Sajad HameedZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    Migrants Cross the U.S. and Mexico Border

    May 12, 2021, Los Angeles, California, USA: An aerial view of the wall separating the United States and Mexico on May 12, 2021 in Yuma, Arizona. (Credit Image: © Ringo Chiu/ZUMA Wire)、クレジット:©Ringo Chiu/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    Migrants Cross the U.S. and Mexico Border

    May 12, 2021, Los Angeles, California, USA: An aerial view of the wall separating the United States and Mexico on May 12, 2021 in Yuma, Arizona. (Credit Image: © Ringo Chiu/ZUMA Wire)、クレジット:©Ringo Chiu/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    Migrants Cross the U.S. and Mexico Border

    May 12, 2021, Los Angeles, California, USA: An aerial view of the wall separating the United States and Mexico on May 12, 2021 in Yuma, Arizona. (Credit Image: © Ringo Chiu/ZUMA Wire)、クレジット:©Ringo Chiu/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (1)実体企業が金融企業上回る中国4千社以上の業績出そろう

    浙江省湖州市の呉興ハイテク産業開発区(高新区)にある浙江三一装備で、納品を待つクローラークレーン。(2020年7月29日、小型無人機から撮影)中国上場企業の2020年決算報告と21年第1四半期(1~3月)報告がこのほど出そろい、A株上場企業4千社以上の業績が明らかになった。昨年は上場企業のうち、実体企業の利益伸び率が金融企業を上回った。今年第1四半期に入り、非金融系上場企業の純利益の割合は50%に上昇している。(湖州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (13)長江に現れたスナメリの群れ湖北省宜昌市

    11日、湖北省宜昌市を流れる長江で戯れるスナメリ。(小型無人機から)中国湖北省宜昌市を流れる長江の葛洲ダム下流付近でこのほど、群れを成して泳ぐ長江スナメリの姿が確認された。同区間に生息するスナメリは2015年以前にはわずか2、3頭に過ぎなかったが、地元漁政部門の推計によると、現在は約17頭が2、3の群れを形成しているという。(宜昌=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (4)長江に現れたスナメリの群れ湖北省宜昌市

    11日、湖北省宜昌市を流れる長江に現れたスナメリ。(小型無人機から)中国湖北省宜昌市を流れる長江の葛洲ダム下流付近でこのほど、群れを成して泳ぐ長江スナメリの姿が確認された。同区間に生息するスナメリは2015年以前にはわずか2、3頭に過ぎなかったが、地元漁政部門の推計によると、現在は約17頭が2、3の群れを形成しているという。(宜昌=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (1)素朴で独特な造りの住居「碹窯」河北省懐安県

    9日、河北省懐安県第六屯郷の常家溝村に建ち並ぶ碹窯。(小型無人機から)中国河北省張家口市懐安県第六屯郷の常家溝村には、「碹窯(シュエンヤオ)」と呼ばれる素朴な造りの住居が連なって建っている。碹窯はレンガや石、土などで造られた、独特な建築様式の建物として知られている。(張家口=新華社配信/武殿森)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (2)素朴で独特な造りの住居「碹窯」河北省懐安県

    9日、河北省懐安県第六屯郷の常家溝村に建ち並ぶ碹窯。(小型無人機から)中国河北省張家口市懐安県第六屯郷の常家溝村には、「碹窯(シュエンヤオ)」と呼ばれる素朴な造りの住居が連なって建っている。碹窯はレンガや石、土などで造られた、独特な建築様式の建物として知られている。(張家口=新華社配信/武殿森)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (6)サツマイモ育苗で増収を実現河北省

    8日、サツマイモの苗を収穫する河北省灤州市榛子鎮南辛荘子村の農民。(小型無人機から)中国河北省灤州(らんしゅう)市榛子(しんし)鎮南辛荘子村はここ数年、地域の実情に合わせてサツマイモの育苗産業を大きく発展させてきた。村では育苗ハウス400棟近くを共同運用し、毎年400万元(1元=約17円)余りの収益を上げている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (1)サツマイモ育苗で増収を実現河北省

    8日、サツマイモの苗を収穫する河北省灤州市榛子鎮南辛荘子村の農民。(小型無人機から)中国河北省灤州(らんしゅう)市榛子(しんし)鎮南辛荘子村はここ数年、地域の実情に合わせてサツマイモの育苗産業を大きく発展させてきた。村では育苗ハウス400棟近くを共同運用し、毎年400万元(1元=約17円)余りの収益を上げている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (5)サツマイモ育苗で増収を実現河北省

    8日、空から見た河北省灤州市榛子鎮南辛荘子村のサツマイモ育苗ハウス。(小型無人機から)中国河北省灤州(らんしゅう)市榛子(しんし)鎮南辛荘子村はここ数年、地域の実情に合わせてサツマイモの育苗産業を大きく発展させてきた。村では育苗ハウス400棟近くを共同運用し、毎年400万元(1元=約17円)余りの収益を上げている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (3)長江に現れたスナメリの群れ湖北省宜昌市

    11日、湖北省宜昌市を流れる長江に現れたスナメリ。(小型無人機から)中国湖北省宜昌市を流れる長江の葛洲ダム下流付近でこのほど、群れを成して泳ぐ長江スナメリの姿が確認された。同区間に生息するスナメリは2015年以前にはわずか2、3頭に過ぎなかったが、地元漁政部門の推計によると、現在は約17頭が2、3の群れを形成しているという。(宜昌=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (2)サツマイモ育苗で増収を実現河北省

    8日、空から見た河北省灤州市榛子鎮南辛荘子村のサツマイモ育苗ハウス。(小型無人機から)中国河北省灤州(らんしゅう)市榛子(しんし)鎮南辛荘子村はここ数年、地域の実情に合わせてサツマイモの育苗産業を大きく発展させてきた。村では育苗ハウス400棟近くを共同運用し、毎年400万元(1元=約17円)余りの収益を上げている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (11)長江に現れたスナメリの群れ湖北省宜昌市

    11日、湖北省宜昌市を流れる長江に現れたスナメリ。(小型無人機から)中国湖北省宜昌市を流れる長江の葛洲ダム下流付近でこのほど、群れを成して泳ぐ長江スナメリの姿が確認された。同区間に生息するスナメリは2015年以前にはわずか2、3頭に過ぎなかったが、地元漁政部門の推計によると、現在は約17頭が2、3の群れを形成しているという。(宜昌=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月11日
    点火式典会場と大濠公園 聖火リレー福岡1日目

    聖火リレーの公道走行が中止となり、一般客の入場を規制して点火セレモニーが開催された福岡市の平和台陸上競技場(中央左)。同右は当初、リレーコースだった大濠公園=11日午後(共同通信社ヘリから)

  • 2021年05月11日
    大濠公園と点火式典会場 聖火リレー福岡1日目

    当初、聖火リレーのコースだった福岡市の大濠公園(手前)。左奥は一般客の入場を規制して点火セレモニーが開催された平和台陸上競技場=11日午後(共同通信社ヘリから)

  • 2021年05月11日
    福岡市で点火セレモニー 聖火リレー福岡1日目

    福岡県全域で聖火リレーの公道走行が中止となり、一般客の入場を規制して福岡市の平和台陸上競技場で開かれた点火セレモニー=11日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月11日
    福岡市と聖火式典会場空撮 緊急宣言きょう6都府県に

    聖火リレーの公道走行が中止となり、一般客の入場を規制して点火セレモニーが開催された福岡市の平和台陸上競技場(手前)。福岡県は12日から緊急事態宣言の対象地域に追加される=11日午後(共同通信社ヘリから)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...