KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 開発
  • 中国
  • 記者
  • トンネル
  • 世界初
  • 変化
  • 将来性
  • 期待
  • 東海

「空気抵抗」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1977年04月16日
    日向市の国鉄実験線 “夢のスピード”に挑む

    “秘密のベール”を脱ぎ時速500キロに挑むリニアモーターカー(磁気浮上式鉄道)。長さ13メートル、高さ2・7メートル、幅3・8メートル、重さ10トンの軽合金製。空気抵抗を減らすため、極端な流線型をしている=1977(昭和52)年4月16日、宮崎県日向市美々津の国鉄実験線(52年内地 2926)

    商品コード: 2014072200175

  • 1980年09月30日
    乗物関連

    1980年9月6日、英ブライトンで開かれた自転車のスピード競技会の2人乗り以上部門に出場した新型自転車。プラスチックのパイプとフィルムで空気抵抗を少なくしようとしている=1980年9月30日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2014020600370

  • 1993年10月01日
    風洞実験で理想フォームを

    風洞内で、空気抵抗が最も少ない飛型を試みる全日本の原田雅彦選手=1日午後、東京・駒場の東大先端科学技術研究センター

    商品コード: 1993100100081

  • 1994年08月04日
    空気抵抗ゼロ目指し 100分の1秒に挑む

    ミズノのユニホームを着て力走する米国のジャンセン選手(スケート)

    商品コード: 1994080400034

  • 1995年06月15日
    空気抵抗を20%削減

    イオンスポーツが発売したメタルドライバー「フェアライン チタン」

    商品コード: 1995061500034

  • 1995年11月06日
    公開された新型新幹線 ポストのぞみの「顔」公開

    公開されたJR西日本の新型新幹線の先頭車両。時速300キロの営業運転を目指し、空気抵抗や騒音軽減のため鳥のくちばしのような形をしている=6日午後、神戸市の川崎重工業兵庫工場(カラーネガ)(JR西日本・500系新型新幹線車両)

    商品コード: 1995110600068

  • 1995年11月06日
    公開された新型新幹線 ポストのぞみの「顔」公開

    公開されたJR西日本の新型新幹線の先頭車両。時速300キロの営業運転を目指し、空気抵抗や騒音軽減のため鳥のくちばしのような形をしている=6日午後、神戸市の川崎重工業兵庫工場(カラーネガ)(JR西日本・500系新型新幹線車両)

    商品コード: 1995110600067

  • 1998年06月25日
    グリーンピースの出品車 北京でモーターショー

    西暦2030年には全世界で20億台に達するとみられる自動車。その排ガスによる地球の温暖化を防ぐにはこれしかないと環境保護団体「グリーンピース」が25日一般公開の「98北京モーターショー」に出品したのがこの車。「歓顔」と名付けられ、軽量化や空気抵抗の削減などで燃費を半分にしたという。大気汚染が深刻化している北京で市民の関心を集めようとボンネットには「救救大自然気候」の文字も=北京市内(共同)

    商品コード: 1998062500157

  • 2001年08月30日
    スケルトンの越和宏 空気抵抗のデータ収集

    空気抵抗データの測定を終えた、ソルトレークシティー五輪スケルトン男子の代表内定選手、越和宏=30日、茨城県つくば市の日本自動車研究所

    商品コード: 2001083000148

  • 2002年09月25日
    ガソリン1リットルで何キロ走れる

    空気抵抗を減らすため、流線形にしてタイヤも細くしたマシン(栃木県茂木町のサーキット、ツインリンクもてぎ)

    商品コード: 2002092500033

  • 2002年09月25日
    ガソリン1リットルで何キロ走れる

    空気抵抗を気にしない?立ち乗りマシンもある。後輪付近の瓶のような容器は、すべての車が装着している1リットル燃料タンク(栃木県茂木町のサーキット、ツインリンクもてぎ)

    商品コード: 2002092500034

  • 2005年06月25日
    新幹線試験車両 新型最速新幹線が試験開始

    新幹線試験車両「ファステック」。「耳」のような半円形の板は空気抵抗で急減速する装置=24日、宮城県利府町の新幹線総合車両センター

    商品コード: 2005062500062

  • 2006年04月05日
    「耳」出した試験車両 秋田、山形新幹線車両公開

    JR東日本の秋田、山形新幹線用の次世代型試験車「ファステック360Z」。「耳」のような半円形の板は緊急時に使用される空気抵抗増加装置=5日午前、宮城県利府町

    商品コード: 2006040500093

  • 2012年10月11日
    空気抵抗減らすラケット 商品ニュース

    ダンロップスポーツの「バイオミメティック」の新商品

    商品コード: 2012101100273

  • 03:19.53
    2018年06月05日
    新型新幹線、日中走行公開 JR東海、新大阪駅で

    JR東海は5日、新大阪駅(大阪市)で東海道新幹線の新型「N700S」の試験走行を公開した。3月に夜間の走行試験を始めており、4日から日中の試験も始めた。加速やブレーキの性能、対向する新幹線とすれ違った際の揺れ方などを確認する。N700Sは2020年度に営業運転を始める予定。空気抵抗を減らすため、先頭車両は従来のN700系に比べ鋭い形状になっている。〈映像内容〉新幹線「N700S」車両がJR新大阪駅のホームに入る様子、車両の外観、新大阪駅を出発する様子、撮影日:2018(平成30)年6月5日、撮影場所:JR新大阪駅

    商品コード: 2018060600304

  • 2020年03月25日
    JR東海が公開したリニア新型試験車

    JR東海は25日、2027年に開業を計画する中央新幹線の「超電導リニア」の改良型試験車(写真)を日立製作所鉄道ビジネスユニット笠戸事業所(山口県下松市)で報道陣に公開した。先頭部の空気抵抗を形状変更で13%改善、前方視認性も高めた。5月末に山梨リニア実験線(山梨県笛吹市―同上野原市)で走行試験を始める。現行試験車「L0(エルゼロ)系」は最初の営業線仕様で、15年に有人鉄道走行で世界最速の時速603キロメートルを記録した。公開した改良型試験車は先頭形状を変更。空気が左右に流れるよう凹凸を際立たせ、先端部に丸みを、先端部から客室部にかけてなめらかさを持たせた。L0では先端にある前照灯と前方視認用カメラを上部に移した。試験線で必要なガスタービン発電装置をなくし、電力供給は営業仕様で目標とした誘導集電方式のみとしたのも特徴で、寺井元昭リニア開発本部長は「8、9割の完成度」としている。実証を経て快適性や省エネ性を向上する。=2020(令和2)年3月25日、山口県下松市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040300468

  • 01:42.93
    2020年10月19日
    改良型リニア、車内初公開 JR東海、500キロで走行

    JR東海は19日、8月から山梨リニア実験線で走行試験を始めたリニア中央新幹線の改良型試験車の報道向け試乗会を開き、車内を初公開した。従来の試験車L0系と比べ、先頭部の形状を改良して空気抵抗を減らし、座席や内装も一部変更した。この日は、開業時に予定している最高時速500キロで試験走行した。<映像内容>車両外観や内装、時速500キロに達したことを示す表示、走行シーン、撮影日:2020(令和2)年10月19日、撮影場所:山梨県の山梨リニア実験線

    商品コード: 2020102101055

  • 2021年01月14日
    (4)高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のプロトタイプ公開設計時速620キロ

    12日、高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプの内部。中国が独自に開発・設計・製造した、世界初の高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプと実験線が13日、四川省成都市で公開された。高温超電導高速磁気浮上のエンジニアリング研究が初めて実際の車両を伴う形に進展したことを示している。このプロトタイプは全炭素繊維による軽量化車体、空気抵抗が少ない頭部形状、大荷重の高温超電導磁気浮上技術などの新技術、新工法が採用されている。設計時速は620キロで、大気環境下の陸上交通として最高速度記録を樹立する見通し。将来は減圧・真空チューブ(トンネル)技術と結び付け、軌道交通に将来性ある革命的変化をもたらすことが期待されている。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407194

  • 2021年01月14日
    (5)高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のプロトタイプ公開設計時速620キロ

    13日、高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプおよび試験線の運用開始式。中国が独自に開発・設計・製造した、世界初の高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプと実験線が13日、四川省成都市で公開された。高温超電導高速磁気浮上のエンジニアリング研究が初めて実際の車両を伴う形に進展したことを示している。このプロトタイプは全炭素繊維による軽量化車体、空気抵抗が少ない頭部形状、大荷重の高温超電導磁気浮上技術などの新技術、新工法が採用されている。設計時速は620キロで、大気環境下の陸上交通として最高速度記録を樹立する見通し。将来は減圧・真空チューブ(トンネル)技術と結び付け、軌道交通に将来性ある革命的変化をもたらすことが期待されている。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407195

  • 2021年01月14日
    (1)高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のプロトタイプ公開設計時速620キロ

    13日、高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプおよび試験線。(小型無人機から)中国が独自に開発・設計・製造した、世界初の高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプと実験線が13日、四川省成都市で公開された。高温超電導高速磁気浮上のエンジニアリング研究が初めて実際の車両を伴う形に進展したことを示している。このプロトタイプは全炭素繊維による軽量化車体、空気抵抗が少ない頭部形状、大荷重の高温超電導磁気浮上技術などの新技術、新工法が採用されている。設計時速は620キロで、大気環境下の陸上交通として最高速度記録を樹立する見通し。将来は減圧・真空チューブ(トンネル)技術と結び付け、軌道交通に将来性ある革命的変化をもたらすことが期待されている。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011407191

  • 01:12.36
    2021年06月26日
    「新華社」より省エネ、快適、スマートに中国で次世代「復興号」登場

    中国の鉄道車両最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車長春軌道客車が開発した次世代スマート動車組(動力分散式列車)「復興号」が25日、運転を開始した。列車は復興号CR400BF型動車組をベースに、スマートデータ分析など多くの新技術を導入し、乗り心地がより快適になり、さらなる省エネも実現した。技術専門家によると、今回開発した先頭車両は長さ12・5メートルで、タカやハヤブサの生体工学デザインを取り入れ、列車全体の空気抵抗をCR400BF型より7・4%減らし、10%の省エネを可能にした。標準編成(8両)と超長編成(17両)に分かれ、定員はそれぞれ578人と1285人となっている。全ての座席にはUSBポートを備え、全車両で第5世代移動通信システム(5G)のWi-Fiが利用できる。身体の不自由な乗客のためにバリアフリー車両も設けられ、広めのドアやバリアフリートイレ、車いす置き場などがあり、点字も刻まれている。車両には静音機能もあり、車内アナウンス音量を一般車両の30%まで下げることができる。スマートサービスは他にも多くの細部に反映されている。車内上部のワイドディスプレイは画面を分割して列車運行情報と娯楽番組を同時に表示。トイレは乗客が入ったことを感知し、ライトが自動的に点灯する。エアコンはさらに省エネ化され、車両内外の環境に合わせて温度と気圧差を自動的に調整できるようになっている。(記者/段続) =配信日: 2021(令和3)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062611371

  • 1