KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 国土交通省
  • 避難指示
  • ドローン
  • フロート
  • 再発防止
  • 名護市辺野古
  • 小型無人機
  • 熊本県阿蘇
  • 米軍普天間飛行場
  • 規制解除

「立ち入り」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
65
( 1 65 件を表示)
  • 1
65
( 1 65 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:21.58
    2020年10月03日
    空撮 「軍艦島」建物の崩落進む 世界遺産、保全は困難

    世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を構成する長崎市の端島(通称・軍艦島)で、国内最古の鉄筋コンクリート造りアパート「30号棟」など大正から昭和初期に建てられた建物の崩落が進んでいる。強風や大雨により浸食が拡大しているが、市の担当者によると「安全性の問題から立ち入りが厳しく、修繕や保全は困難」といい、市は今後、国や長崎県と対応を協議する考えだ。<映像内容> 軍艦島の直近の空撮映像、撮影日:2020(令和2)年10月3日、撮影場所:長崎県長崎市

    撮影: 2020(令和2)年10月3日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.12
    2020年09月02日
    「新華社」観光地付近で砲弾を発見四川省宜賓市

    中国四川省宜賓(ぎひん)市公安局によると、同市翠屏区にある国家4A級(上から2番目)の観光地、「李荘古鎮」外側の工事現場で2日午後、砲弾と見られる物体が見つかった。通報を受けた李荘鎮派出所の警察が現場に急行、立ち入り規制を実施して調査した後、同市公安局の特殊警察支隊が到着。物体を60ミリ迫撃砲の砲弾と特定した。戦時中に遺留されたと考えられるが、具体的な年代は不明という。砲弾は爆薬が装填されたままになっており、爆発の可能性があったため、同支隊が同日夜、近くの河原に運んで爆破処理した。(記者/楊迪、楊華)<映像内容>工事現場で砲弾を発見、処理の様子、撮影日:2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:11.50
    2020年08月22日
    ランドセルようやく手元に 原発事故避難の学校が返却

    福島県双葉町教育委員会は22日、東京電力福島第1原発事故で児童や生徒が避難し、小中学校に残されたままになっていたランドセルや授業で使ったプリントなどの私物を持ち主に返却した。3月に町の一部地域で立ち入り規制が緩和されたことでようやく実現。当時の児童や生徒が母校で受け取り、突如終わった古里での学校生活を懐かしみながら持ち帰った。 2011年3月の東日本大震災で多くの児童や生徒が何も持たずに校舎の外に逃げ出し、直後の原発事故が追い打ちを掛けた。避難は長期化し、校舎内は教科書やノートが床に散乱するなど、当時の慌ただしさが残ったままとなっていた。<映像内容> 原発から北西約4キロに位置する当時の双葉南小の外観や机の上のランドセル、教室内雑観と、南小の近くにある双葉中の外観や当時の生徒が母校を訪れた際の様子など、撮影日:2020(令和2)年8月22日、撮影場所:福島県双葉町

    撮影: 2020(令和2)年8月22日

  • 02:21.07
    2020年06月22日
    「新華社」ネパール向け医療物資のスピード通関を実施チベット自治区

    中国チベット自治区シガツェ市ニャラム県の樟木(ダム)口岸(通関地)では、「健康申告カード」の確認や検温、衛生検疫、立ち入り検査などを済ませたネパールのトラック14台が、中国・ネパール友誼大橋を渡ってニャラム税関監督管理区に入り、貨物の積み換えを行った。ダム口岸は以前、チベット自治区最大の国家1類陸路通商口岸だった。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、ネパールが一時的に通関地を閉鎖し、国際旅客便の運航も停止したため、ダム口岸がネパールにとって、中国から医療物資を輸入する唯一のルートとなった。医療物資の迅速な通関を最大限確保するため、同口岸は輸出用医療物資を優先的に申告、検査させる「グリーンゲート」を設けている。(記者/羅博、唐弢、侯捷、陳尚才)<映像内容>ネパールが中国から医療物資を輸入、スピード通関を実施、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:32.62
    2020年05月30日
    空撮 箱根・大涌谷や片瀬海岸 首都圏解除後初の週末

    新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が全国で最後に解除された首都圏と北海道で30日、最初の週末を迎えた。神奈川県箱根町の観光名所、大涌谷では立ち入り規制が1カ月ぶりに解除。片瀬海岸東浜では浜辺を散策する人などが訪れた。<映像内容>大涌谷や片瀬海岸東浜の空撮、撮影日:2020(令和2)年5月30日、撮影場所:神奈川県

    撮影: 2020(令和2)年5月30日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.92
    2020年05月23日
    「新華社」ヒグマが研究スタッフの圧力鍋持ち去り新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区アルチン(阿爾金)山国家級自然保護区でこのほど、研究スタッフの作業中、ヒグマがテントに入って来た。スタッフはヒグマが圧力鍋を持ち去る様子を携帯電話で撮影した。同自然保護区ではここ数年、巡回体制や科学技術を活用した管理の強化、放牧禁止、保護区への立ち入り規制などの措置により生態環境が大幅に改善されている。(記者/宿伝義)<映像内容>テントに入るヒグマ、圧力鍋を触る様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。※画質が良くありません。

  • 02:05.99
    2020年04月08日
    王寺は全堂を閉鎖へ 住吉大社はきょうから閉門

    大阪市の四天王寺は、新型コロナ感染症の拡大を防止するため、10日から全ての堂塔などを閉鎖する。四天王寺の閉鎖は6世紀とされる建立以来初という。堂内への立ち入りはできないが境内の参拝はできる。 一方、同じ大阪市にある住吉大社は8日から国宝の本殿に通じる門を全て閉じ、祈祷、お守りやおみくじの頒布など全ての業務を停止した。門の前では外から本殿に向かって手を合わせる参拝者の姿が見られた。<映像内容>①10日から全てのお堂が閉堂になる四天王寺(全堂の閉堂を伝える張り紙、四天王寺の中心伽藍に通じる石の鳥居、コロナウイルス感染防止を呼びかける張り紙、通常より早く午後3時に閉堂する四天王寺の関係者、境内の雑観)、8日午後2時45分ごろから午後3時15分ごろにかけて大阪市天王寺区の四天王寺で撮影。②本殿に通じる門が閉じられた住吉大社(神武磐彦(こうたけ・いわひこ)権宮司のインタビュー、8日午後1時半ごろから午後2時半ごろにかけて大阪市住吉区の住吉大社で撮影、撮影日:2020(令和2)年4月8日、撮影場所:大阪市天王寺区の四天王寺と住吉大社

    撮影: 2020(令和2)年4月8日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.55
    2020年02月10日
    空撮 楽天に立ち入り検査 公取委、独禁法違反容疑

    通販サイト「楽天市場」を運営する楽天が、一定額以上の購入者への送料を出店者負担で無料にする方針を決めた問題で、公正取引委員会は10日、独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いで楽天に立ち入り検査した。関係者への取材で分かった。関係者によると、公取委が既に調査を始めているものの、楽天は3月18日から実施に踏み切ると明言している。立ち入り検査で強制的に証拠を収集し、速やかに調査を進める必要があると判断したもようだ。<映像内容>東京都内の楽天本社の空撮、撮影日:2020(令和2)年2月10日、撮影場所:東京都内の楽天本社

    撮影: 2020(令和2)年2月10日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:27.68
    2020年02月04日
    首里城、全焼の正殿公開 「見せる再建」へ

    昨年10月に火災があった首里城(那覇市)を管理する一般財団法人「沖縄美ら島財団」などは4日、沖縄県警が火災の捜査を終結したことを受け、出火場所とみられる正殿周辺を含む火災現場を報道陣に公開した。県などは一般向けの立ち入りエリアを広げ、「見せる再建」を進める。奉神門から先にある焼失建物の公開は初めて。正殿跡にはがれきが散乱し、正面には竜をかたどった「大龍柱(だいりゅうちゅう)」一対がすすけた状態で立っていた。北殿や南殿・番所(ばんどころ)は骨組みが残ったが、赤瓦が落ちたり、窓ガラスが割れたりしていた。県や政府は、3月上旬から首里城公園内でプロジェクションマッピングをしたり、今春の大型連休をめどに一般公開したりして、観光客誘致に力を入れる方針だ。<映像内容>がれきが散乱する正殿跡、すすけた状態で立つ「大龍柱」一対、骨組みが残った北殿や南殿・番所など、撮影日:2020(令和2)年2月4日、撮影場所:沖縄県那覇市

    撮影: 2020(令和2)年2月4日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:24.38
    2019年10月28日
    岩の割れ目からは今なお白い噴気が上がっている。 「西日本新聞」【長崎・雲仙】普賢岳山頂、なお上がる噴気 溶岩ドームで視察登山

    長崎県の雲仙・普賢岳の溶岩ドーム(平成新山、1483メートル)で28日、火山研究者や防災関係者による防災視察登山が行われた。1996年の噴火終息宣言から23年。山頂には高さ約30メートルの岩尖(がんせん)が立ち、岩の割れ目からは今なお白い噴気が上がっている。国土交通省雲仙復興事務所によると、約1億立方メートルの溶岩ドームは年平均約6センチずつ東南東にずり落ちている。地震や大雨で大崩落すれば麓の約500世帯が影響を受けるとされる。このため地元の同県島原市と九州大地震火山観測研究センターは、18年前から年2回、現状把握のための登山を続けている。この日は約80人が、立ち入り制限された警戒区域を視察。ドームに染みた雨水が湯気となって白く上がる部分の温度は前回よりやや高い91度だった。清水洋センター長(63)は「火山活動は落ち着いた状態だが、急斜面で不安定な溶岩ドームは地震などで崩落の恐れがある」と指摘した。<映像内容>雲仙・普賢岳 溶岩ドーム 平成新山 火山研究者 防災 防災視察登山 噴火終息宣言 岩尖 国土交通省雲仙復興事務所 大崩落 島原市 九州大地震火山観測研究センター 警戒区域 清水洋センター長、撮影日:2019(令和元)年10月28日、撮影場所:長崎県・雲仙普賢岳、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(令和元)年10月28日、長崎県・雲仙普賢岳

  • 00:56.38
    2019年10月24日
    「新華社」秋色に染まるトングリ砂漠内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区アルシャー盟アルシャー左旗にあるトングリ砂漠の東端では、灌木の梭梭(ソウソウ、Haloxylonammodendron)や砂地固定用の草方格などの植物も深まる秋の気配に覆われ、砂漠を色彩豊かに染め上げている。アルシャー盟などの地域では長年にわたり、三北(東北・西北・華北)防護林や天然林保護などの生態保護プロジェクトのもとで「封山育林(天然林への立ち入り禁止)」や「飛播造林(飛行機による種子の空中散布)」などの緑化を実施。砂漠の南東端に約350キロ、幅3~20キロの砂防林帯を築き上げた。今ではアルシャー盟内の三つの砂漠(バダインジャラン、トングリ、ウランプハ)の連結阻止に成功している。(記者/張晟、王燕、王雪氷)<映像内容>秋のトングリ砂漠の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:29.05
    2019年10月05日
    勇壮な大天守、間近で 熊本城開放、被災後初

    2016年4月の熊本地震で被災し、立ち入り規制が続いていた熊本城(熊本市)の大天守周辺が5日、3年半ぶりに一般開放された。今後も日時を限定して開放され、外観が修復した大天守の勇壮な姿を間近で楽しめる。市は来年3月末までに52万人の来城者を見込む。<映像内容>オープニングイベント、大西一史・熊本市長あいさつ、熊本城の様子、撮影日:2019(令和元)年10月5日、撮影場所:熊本県熊本市 熊本城

    撮影: 2019(令和元)年10月5日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:28.49
    2019年07月01日
    空撮 御嶽山頂までの規制解除 噴火後、夏季通しては初

    2014年に噴火し、58人が死亡、5人が行方不明となった御嶽山(おんたけさん)(岐阜、長野両県)の麓にある長野県木曽町は1日、同町側から山頂に至る登山道の立ち入り規制を、山開きに合わせて解除した。10月16日までの夏山シーズンを通じての規制解除は、噴火災害後初めて。御嶽山は噴火4年を翌日に控えた昨年9月26日、木曽町側から山頂までの登山道の立ち入り規制が解除され、遺族らが初めて、慰霊のため山頂に赴いた。冬季には安全確保のため、再び立ち入りが規制されていた。〈映像内容〉登山道の立ち入り規制が、山開きに合わせて解除された御嶽山の空撮、撮影日:2019(令和元)年7月1日、撮影場所:御嶽山

    撮影: 2019(令和元)年7月1日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.94
    2019年05月03日
    空撮 阿蘇山でごく小規模噴火 4月に続き、レベル2維持

    気象庁は3日、熊本県・阿蘇山の中岳(標高1506メートル)第1火口で同日午後3時40分、ごく小規模な噴火が発生したと発表した。噴煙は火口縁上600メートルまで上がった。県などによると、火口周辺約1キロは立ち入りが規制されており、人的被害は確認されていない。気象庁は、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)は維持するとし、火口から約1キロの範囲で飛散する大きな噴石や火砕流などに注意するよう呼び掛けている。〈映像内容〉ごく小規模な噴火が発生した阿蘇山の中岳の空撮、撮影日:2019(令和元)年5月3日、撮影場所:熊本県 阿蘇山

    撮影: 2019(令和元)年5月3日

  • 01:01.32
    2019年03月17日
    和歌山の原始林で「神秘ウオーク」 那智の滝

    和歌山県那智勝浦町で17日、世界遺産・那智の滝の東に広がり、普段は立ち入り禁止の原始林をガイドと共に訪ねるイベント「神秘ウオーク」が開かれた。参加者らは熊野那智大社でおはらいを受けて入山。急な山道を登り、手つかずの自然が残る原始林で神秘的な滝などを見学した。神秘ウオークは同町観光協会が毎年2~3月に4回開催。予約開始と同時に満杯になるほどの人気でリピーターも多い。千葉県や神奈川県、岡山県などから46人が参加。今年の神秘ウオークは17日で終了だが、観光協会に申し込めば5月末まで入山できる。〈映像内容〉熊野那智大社の外観、参加者や、おはらいのようす、ウオークの様子、撮影日:2019(平成31)年3月17日、撮影場所:和歌山県那智勝浦町

    撮影: 2019(平成31)年3月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.88
    2018年11月27日
    パイロット飲酒で立ち入り 副操縦士逮捕の日航に

    パイロットによる飲酒不祥事で、国土交通省は27日、大量飲酒を理由に英国で副操縦士が逮捕された日航に、航空法に基づき立ち入り検査した。日航への立ち入りは27日の羽田空港の事務所を皮切りに、29日まで3日間の予定。東京都品川区の本社にも入り、再発防止策や問題の経緯をまとめた同社の報告内容を現場で確認する。〈映像内容〉羽田空港の日航が運航を担当する「オペレーションセンター」に国土交通省の職員が立ち入り検査する様子、外観など、撮影日:2018(平成30)年11月27日、撮影場所:羽田空港

    撮影: 2018(平成30)年11月27日

  • 02:00.28
    2018年11月01日
    政府、辺野古で工事再開 周辺の海上では抗議活動

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、政府は1日、辺野古沿岸部で埋め立てに向けた関連工事を再開した。工事主体の防衛省沖縄防衛局は、海上で立ち入り禁止海域を示すフロート(浮具)や海上保安庁のゴムボートなどを係留する浮桟橋を再び設置する作業を始めた。周辺の海上では船を使った抗議活動が行われ、海保の船が警戒に当たった。〈映像内容〉浮桟橋の設置作業の様子、海上会場での抗議活動、撮影日:2018(平成30)年11月1日、撮影場所:沖縄県名護市辺野古沿岸部

    撮影: 2018(平成30)年11月1日

  • 03:12.05
    2018年11月01日
    空撮とドローン空撮 政府、辺野古で工事再開

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、政府は1日、辺野古沿岸部で埋め立てに向けた関連工事を再開した。工事主体の防衛省沖縄防衛局は、海上で立ち入り禁止海域を示すフロート(浮具)や海上保安庁のゴムボートなどを係留する浮桟橋を再び設置する作業を始めた。周辺の海上では船を使った抗議活動が行われ、海保の船が警戒に当たった。〈映像内容〉浮桟橋の設置作業の様子、海上会場での抗議活動、小型無人機による現場付近の空撮、撮影日:2018(平成30)年11月1日、撮影場所:沖縄県名護市辺野古沿岸部

    撮影: 2018(平成30)年11月1日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:10.51
    2018年10月25日
    「新華社」インド、3年間で約5万人が列車にはねられて死亡

    インドの鉄道部門がこのほど発表した公式データによると、2015~2017年に同国で計4万9790人が列車にはねられて死亡した。インドPTI通信の22日の報道では、同国の鉄道事故による死者数が高止まりしている主な原因として、歩行者の線路への不法な立ち入りや線路横断時の安全警告違反、スマートフォンなどの電子機器の使用などを挙げている。報道によると、鉄道部門では乗客に対する注意喚起案内の定期的な配布や、隔壁や警告標識の設置、交通ルール違反者への罰則強化などの鉄道事故対策を講じている。インドの鉄道網は世界最大の鉄道網の一つとされ、国内を北から南まで網羅しているが、線路や設備の老朽化により毎年列車事故が多発している。<映像内容>インドで線路内への立ち入りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:50.17
    2018年09月26日
    空撮 遺族初めて御嶽山頂に 噴火4年、犠牲者に黙とう 26日撮影

    2014年9月27日の噴火で58人が死亡、5人が行方不明となった長野、岐阜両県の御嶽山(3067メートル)で、噴火から4年を前に犠牲者の遺族ら約30人が26日、慰霊登山をした。麓の長野県木曽町が午前10時半に山頂付近の登山道の規制を解除し、噴火災害後初めて山頂に立った。遺族らは山頂で慰霊式を行い犠牲者に黙とうをささげた。「この悲劇を風化させることは許されません」と記された慰霊碑も新たに設置された。この日は好天に恵まれ、遺族らは花などを持って山道を進んだ。御嶽山では犠牲者の多くが山頂周辺で見つかったが、噴火後は立ち入りが規制されていた。木曽町は約90人が避難できるシェルターや登山者に情報を伝える屋外スピーカーを設置するなど安全策を強化し、規制解除が可能と判断した。対象は9合目付近から山頂までの約600メートル。今季、山頂に登れるのは10月8日正午まで。〈映像内容〉御嶽山の山頂付近での慰霊登山の様子など、撮影日:2018(平成30)年9月26日、撮影場所:御嶽山

    撮影: 2018(平成30)年9月26日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:20.28
    2018年08月09日
    ヤマト子会社に立ち入り 国交省、過大請求問題

    ヤマトホールディングス(HD)子会社が引っ越し代を過大請求していた問題で、国土交通省は9日午後、同子会社の本社(東京)に対し、貨物自動車運送事業法に基づき立ち入り検査を実施した。国交省が安全面での監査を実施するケースはあるが、顧客との取引を巡って検査に乗り出すのは珍しいという。<映像内容>立ち入り検査に入る国交省職員ら、ヤマトホームコンビニエンスの本社が入るビル外観など、撮影日:2018(平成30)年8月9日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2018(平成30)年8月9日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:57.33
    2018年07月31日
    避難区域の廃村に暮らす チェルノブイリ原発事故32年半

    1986年に史上最悪の原子力災害を起こした旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発事故から32年半。周辺の立ち入り禁止区域の中にある廃村には「サマショール」と呼ばれる、避難先から自主帰還した人々が暮らす。平均年齢は80歳を超え、孤独死などに直面。原発周辺に使用済み核燃料の集積計画が浮上するなど区域再編の動きが加速する中、孤立した故郷で晩年を過ごす人たちの暮らしを見つめた。〈映像内容〉ウクライナの首都キエフ雑観や、サマショールの調査をしている独協医大の木村真三准教授、現在のチェルノブイリ原発4~6号機の外観や、プリピャチ市内の観覧車などの遺構。サマショールの女性インタビュー、撮影日:2018(平成30)年7月31日、撮影場所:ウクライナ

    撮影: 2018(平成30)年7月31日

  • 01:56.48
    2018年05月16日
    国がスバル本社立ち入り データ改ざんで幹部聴取

    国土交通省は16日、新車の燃費や排ガスの検査データを改ざんしていたSUBARU(スバル)本社(東京)を立ち入り検査した。国に提出した調査報告書について吉永泰之社長ら幹部から事情を聴き、事実関係や再発防止策の内容が適切かどうかを確認する。データ改ざんに先立って発覚した新車の無資格検査問題を含む一連の不正で、スバル本社への立ち入りは初めて。〈映像内容〉スバル本社の外観、国土交通省の担当者7人の本社入りの様子、撮影日:2018(平成30)年5月16日、撮影場所:東京都渋谷区

    撮影: 2018(平成30)年5月16日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.44
    2018年04月20日
    空撮 志賀草津の観光ルート開通 噴火影響なく例年同時期

    長野県山ノ内町と群馬県草津町を結ぶ重要な観光ルート「志賀草津道路」(国道292号)の冬季閉鎖が20日、解除された。1月23日に起きた草津白根山の本白根山噴火の影響が懸念されたが、立ち入り規制範囲を町が3月に縮小し、例年と同時期の開通となった。道路は標高2172メートルの地点を通る日本一高地の国道で、夏場は景勝地・湯釜に向かう観光客らが利用。道路脇に火山灰が残り、雪解けで道路に流入して車がスリップする可能性があるため、当面は一部区間で通行を午前7時~午後6時に限定する。<映像内容>開通された志賀草津道路の空撮、撮影日:2018(平成30)年4月20日、撮影場所:群馬県草津町、中之条町

    撮影: 2018(平成30)年4月20日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:30.54
    2018年02月15日
    阿蘇火口で規制解除へ訓練 濃霧の中、市職員40人避難

    熊本県阿蘇市は15日、立ち入り規制が2014年8月から続く阿蘇山・中岳第1火口で、観光客の避難を想定した市職員ら約40人による避難訓練を行った。早ければ今月末の再開が検討されている一般公開への準備の一環。2016年4月の熊本地震で落ち込んだ観光客を呼び戻す目玉として期待が高まっている。冷たい雨と深い霧の中、市職員らが火山ガスのにおいが漂う火口の観光客役で参加。「ガスが著しく濃くなりました」とスピーカーから避難指示が放送されると、火口監視員の誘導で、バスや車で約1キロ離れた広場に避難した。ガスマスクを着けた消防隊員による救急搬送訓練も行われた。〈映像内容〉訓練の様子、撮影日:2018(平成30)年2月15日、撮影場所:熊本県阿蘇市

    撮影: 2018(平成30)年2月15日

  • 01:51.01
    2017年12月22日
    国交省が日産本社立ち入り 無資格検査で、発覚後初

    国土交通省は22日、新車の無資格検査問題を起こした日産自動車の横浜市の本社を立ち入り検査した。原因と再発防止策をまとめた日産の報告書の内容が適正かどうか確認する。一連の問題が発覚して以来、日産本社への立ち入り検査は初めて。報道陣や一般人も見守る中、厳しい表情の国交省職員8人が本社ビルに入った。 <映像内容>日産自動車本社外観(22日午前10時前)、立ち入り検査に入る国交省職員ら(同10時すぎ)など。

  • 01:52.67
    2017年11月29日
    空撮 北海道松前沖に北朝鮮船か 船内に防寒着姿の人影

    第1管区海上保安本部(小樽)は29日午前9時半ごろ、北海道松前町の南西沖の無人島、松前小島周辺の海域で国籍不明の木造船が漂っているのを上空から発見した。現場に向かった巡視船が、複数の乗員を確認した。北朝鮮の漁船と形状が似ており、船内を立ち入り検査する。島に船が漂着しているとの情報を受け、28日午後から捜索していた。29日午前11時ごろ、北海道松前町の南西沖の無人島、松前小島の周辺海域を飛んだ航空機からは、警戒監視する海上保安庁の巡視船2隻も確認することができた。木造船は目測では全長20メートルくらいの黒色で屋根のようなものが付いた構造。少なくとも船内に4人の人影を確認でき、そのうち3人はくすんだ色の防寒着を着ていた。<映像内容>松前小島(撮影は29日午前10時50分ごろ)、木造船と海上保安庁の巡視船(同11時5分ごろ、同午後2時15分ごろ)などを共同通信機(サイテーション)から撮影した映像。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:09.34
    2017年08月09日
    東京消防庁 築地場外500棟立ち入り 市場火災受け

    東京都中央区の築地場外市場で店舗7棟が全焼した火災を踏まえ、東京消防庁は9日、地域の建物の防火管理態勢などを確認するため立ち入り検査を始めた。飲食店など約500棟が対象で、期間は8月末までの予定。今回の検査では、調理設備が劣化していないかを調べるほか、消火器の設置状況や避難経路の確認も行っていく。この日は午前9時半ごろから、約40人の消防職員が検査を開始し火災の原因となる恐れについて説明しながら防火指導した。〈映像内容〉築地場外市場の店舗雑観、到着した消防職員ら、立ち入り検査で店舗の設備の点検や指導を行う様子、京橋消防署の佐藤雄二予防課長の囲み記者会見など。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:33.47
    2017年07月01日
    火山ガスに注意 阿蘇火口で試験ツアー 3年ぶり、規制解除検討へ

    熊本県阿蘇市は1日、立ち入り規制が続く阿蘇山・中岳第1火口で、一般募集による少人数の試験ツアーを開催した。観光客の見学は、噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられた2014年8月以来、約3年ぶり。規制解除に向け、安全確保のための課題を探る。気象庁は今年2月、警戒レベルを1(活火山であることに留意)に引き下げたが、昨年10月の爆発的噴火で火口近くは噴石が散乱。安全柵や国設置のガス検知器は壊れた状態で、観光客の立ち入りは規制されている。<映像内容> 「火山ガスに注意」の看板など火口周辺雑観、感想を聞かれる佐藤義興(さとう・よしおき)阿蘇市長、ヘルメットをかぶったりガスマスクを付けたりするツアー客、係員に噴火に伴う被害状況の説明を受けるツアー客、第一火口の雑観。

  • 05:19.25
    2017年04月25日
    空撮とドローン空撮と地上撮 沖縄・辺野古の埋め立て着手

    政府は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で護岸工事に着手した。石材などで埋め立てて代替施設の外枠を造る。周辺の海上では、反対派のカヌー約10艇が立ち入り禁止区域を示すフロート(浮具)に近づき、警備に当たる海上保安庁などの船とにらみ合った。移設先に隣接する米軍キャンプ・シュワブのゲート前には、反対する市民ら約100人が集結。「違法工事中止せよ!」「新基地阻止」と書かれたプラカードを掲げて抗議の声を上げた。<映像内容>工事が始まった辺野古沿岸部の空撮、工事現場を望む海域に着いた反対派、警戒する海保、海保と反対派のにらみ合いの様子、ネットの中に入れた石を吊り上げる様子、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、歌や座り込みで抗議を続ける反対派の人たち雑観。ドローンで撮影した、護岸工事の現場周辺の様子を小型無人機ドローンで撮影した映像。

  • 02:55.07
    2017年03月31日
    大阪府が「森友学園」の塚本幼稚園を立ち入り調査

    大阪市の学校法人「森友学園」を巡る補助金の不正受給などの疑惑について解明するため、大阪府は31日午前、学園が運営する塚本幼稚園を立ち入り調査した。<映像内容> 調査に向かう大阪府の職員、調査終了後に幼稚園を出る籠池氏が乗った園バスなど。

  • 03:44.82
    2017年03月31日
    大阪府が「森友学園」幼稚園の立ち入り調査結果を説明

    大阪府が31日午前に森友学園が運営する幼稚園の立ち入り調査した結果を、31日午後、報道陣に説明した。この中で大阪府は、学園側から補助金の算定根拠となる資料が十分に示されず、改めて提出を要求したと明らかにした。<映像内容>橋本正司・私学監と吉本馨・私学課長の記者会見。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:40.38
    2017年02月08日
    阿蘇山火口周辺を公開 灰堆積・建物損傷

    昨年10月に爆発的噴火があった熊本県・阿蘇山の周辺自治体でつくる阿蘇火山防災会議協議会は8日、中岳第1火口周辺を報道陣に公開した。約2年半ぶりに噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)から1に引き下げられたためで、堆積した火山灰や、噴石によるとみられる建造物の損傷が確認された。協議会は公開に先立って火口から半径約1キロの立ち入り規制を継続すると決めた。安全確保の環境整備が整っていないと判断した。〈映像内容〉防護柵やシェルター、割れた窓ガラス、もくもくと上がる白い噴煙 など、噴石や火山灰に埋もれた火口付近の様子。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:49.20
    2017年01月15日
    鳥インフル 岐阜県の周辺農場を検査

    岐阜県山県市の養鶏場で死んだ鶏が高病原性鳥インフルエンザと判明したことを受け、岐阜県は15日、他に感染例がないか調べるため、周辺の農場の立ち入り検査を始めた。養鶏場で飼育していた8万羽の殺処分も進めた。県は養鶏場から半径3キロの4農場に立ち入り調査。一つは鶏がおらず、他の三つも異常は見られなかった。ウイルス検査などでさらに詳しく調べる。〈映像内容〉15日も続いた殺処分の様子。消毒ポイントに立つ警察官や、養鶏場へ続く道路で進入を規制する警察官、養鶏場での作業の様子など、撮影日:2017(平成29)年1月15日、撮影場所:岐阜県

    撮影: 2017(平成29)年1月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:41.90
    2016年12月27日
    空撮 熊本県で10万羽殺処分開始 高病原性鳥インフル検出

    熊本県は27日、南関町(なんかんまち)の養鶏場の鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたとして、飼育する約10万7千羽の殺処分を始めた。熊本県は27日、家畜伝染病予防法に基づき、この養鶏場から半径3キロ圏にある南関町と玉名市の計6農場に対する立ち入り検査を開始。農場の鶏やウズラなど計約14万7千羽と卵の移動を制限した。<映像内容>鳥インフルエンザウイルスが検出された熊本県南関町の養鶏場など。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:55.61
    2016年12月21日
    「兵士が村焼いた」 ミャンマー、ロヒンギャ住民

    ミャンマー西部ラカイン州でイスラム教徒少数民族ロヒンギャが迫害されている問題で、ミャンマー政府は21日、国際的な批判の高まりを受け、共同通信など一部のメディアに対し、破壊された村々への立ち入りを認めた。取材に応じた住民は口々に「国軍兵士らが村を焼いた」などと証言した

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.25
    2016年11月08日
    国交省が福岡市へ立ち入り検査 JR博多駅前の道路陥没事故

    国土交通省は8日深夜、JR博多駅近くで起きた道路陥没事故を受け、福岡市交通局に立ち入り検査をした。市が発注した地下鉄延伸工事や陥没現場の状況などを確認する。<映像内容>福岡市中央区の福岡市交通局外観、福岡市交通局の立ち入り検査に入る国交省の検査官。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:39.36
    2016年11月07日
    違法 長時間労働 労働局が電通を家宅捜索 女性新入社員が過労自殺

    東京労働局などは7日、女性新入社員が過労自殺した電通の東京本社を労働基準法違反容疑で家宅捜索した。既に「臨検」と呼ばれる立ち入り調査をしているが、他の社員にも違法な長時間労働をさせた疑いが強まり、強制調査に切り替えた。〈映像内容〉東京都内の電通の東京本社に東京労働局などが家宅捜索に入る様子と本社外観。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:34.86
    2016年10月14日
    電通に労働局が立ち入り調査 新入社員の過労自殺受け

    広告大手の電通の新入社員高橋まつりさん=当時(24才)=が昨年過労自殺したことを受けて、東京労働局の過重労働撲滅特別対策班などは14日、労働基準法に基づき、同社に立ち入り調査した。違法な時間外労働などが確認されれば、行政指導を検討する。遺族代理人によると、高橋さんは昨年4月、電通に入社し、インターネット広告などを担当。本採用となった10月以降、業務が増加し、11月上旬にはうつ病を発症したとみられる。12月25日、都内の社宅から投身自殺し、今年9月に労災認定された。<映像内容>立ち入り雑観、電通外観など。撮影は14日午後1時ごろ,電通本社ビル前。

    撮影: 当時

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:49.31
    2016年10月13日
    空撮 ケーブル火災の原因調査 東電地下施設

    東京都内の約58万6千軒に影響が出た大規模停電で、埼玉県警と消防、東京電力は13日、原因とみられる送電用地下ケーブルの火災が発生した埼玉県新座市の東電関連施設に立ち入り、出火原因の調査を始めた。<映像内容>東京電力の送電用地下ケーブルの火災が発生した埼玉県新座市の関連施設の空撮。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:27.54
    2016年10月11日
    横浜市が臨時立ち入り検査 中毒死事件の大口病院

    点滴連続中毒死事件で、横浜市は11日、大口病院(同市神奈川区)の臨時立ち入り検査を実施した。2人が亡くなった4階の病棟を中心に、点滴の管理や勤務状況などに問題がなかったか確認する。<映像内容>横浜市担当者の立ち入り(午後1時ごろ)の様子、集まった報道陣、病院の外観など雑観。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:30.51
    2016年06月07日
    ススキノで集中取り締まり YOSAKOI祭り前に

    札幌市で8日から始まる「第25回YOSAKOIソーラン祭り」を前に、同市中心部の繁華街・ススキノから客引きなどの迷惑行為を一掃しようと、中央署は7日、警察官延べ約500人を投入して6日までの5日間、集中取り締まりを実施したと発表した。中央署によると、風俗店や深夜営業の飲食店など計約200店を立ち入り調査し、駐車違反など140件超を摘発した。5日には、客引きの男に報酬を渡す約束をしたとする札幌市迷惑防止条例違反の疑いで、中央区内の性風俗店を家宅捜索し、従業員の男(21)を逮捕した。6日夜には約200人が巡回、「違法な客引きにはだまされないで」と呼び掛けた。<映像内容>警察官の巡回や交通取り締まりの雑観、マイクでの「違法な客引きにだまされないでください」呼び掛け、ススキノ入り口の風景など、撮影日:2016(平成28)年6月7日、撮影場所:北海道札幌市

    撮影: 2016(平成28)年6月7日

  • 04:53.49
    2016年05月13日
    三菱自動車に立ち入り検査 燃費データ改ざん問題で国交省

    三菱自動車の燃費データ改ざん問題で、データを得るための走行試験を実施した子会社の管理職社員が、三菱自の開発担当社員と協議し了解を得た上で改ざんしていたことが13日、国土交通省などへの取材で分かった。燃費目標をクリアできる数値が出なかったのが改ざんの理由。三菱自が不正を指示していた可能性もあり、国交省は同日、三菱自本社を立ち入り検査。11日に受けた2度目の報告の内容は不十分として、三菱自に追加調査と18日までの再度の報告を求めている。〈映像内容〉三菱自動車本社に立ち入り検査に入る国交省の担当者、三菱自動車本社の外観。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:49.27
    2016年05月12日
    ブラジル大統領弾劾停職へ 弾劾賛成派と反対派が集会

    国家会計を不正操作して粉飾したとされるブラジルのルセフ大統領に対する弾劾手続きで、上院は11日から12日にかけて、首都ブラジリアで本会議を開き、弾劾裁判開始の是非について審議を続けた。上院付近では、弾劾賛成派と反対派がそれぞれ集会を開き、立ち入り禁止エリアに近づいた反対派に警官隊が催涙ガスをまく場面もあった。〈映像内容〉ブラジリアで、デモ行動をする市民ら。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    06:33.62
    2016年05月11日
    熊本城 建造物全てが損壊 報道陣に敷地内公開

    熊本市は11日、地震で被災し立ち入りを規制している熊本城の敷地内を地震後初めて、報道陣に公開した。重要文化財13件を含む建造物32件全てが損壊。石垣は53カ所で崩れるなどしていた。熊本城総合事務所によると、詳細な調査は進んでいないが、被害額は数百億円に上る見込みという。〈映像内容〉公開された熊本城。

  • 06:29.92
    2016年04月30日
    空撮と地上撮 フロートの撤去作業始まる 沖縄・辺野古

    米軍普天間飛行場の移設先の名護市辺野古沿岸部で、立ち入り禁止区域を示す海上のフロートを撤去する作業が始まった。<映像内容>海上でフロートを撤去する様子、クレーンでフロートが陸に上げられる様子、作業に抗議する反対のボートなど、撮影日:2016(平成28)年4月30日、撮影場所:沖縄県名護市

    撮影: 2016(平成28)年4月30日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:56.17
    2016年04月23日
    空撮 大涌谷に1年ぶりゴンドラ 箱根ロープウェイ

    神奈川県箱根町の「箱根ロープウェイ」は23日、箱根山・大涌谷の火山活動の影響で昨年5月から運休していた姥子―大涌谷の運行をほぼ1年ぶりに再開した。立ち入り規制区域外の桃源台―姥子は昨年10月に再開していた。運行区間の延長で、大涌谷から上がる水蒸気や富士山の眺めを楽しめるようになり、観光客増加が期待される。〈映像内容〉運行が再開された「箱根ロープウェイ」大涌谷駅周辺、行き交う ゴンドラなどを共同通信ヘリから撮影した雑観。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    14:59.13
    2016年02月29日
    原発問題 放射性物質 除染廃棄物処理場 空撮 福島県富岡町の仮置き場 増え続ける廃棄物の山

    東京電力福島第1原発事故で発生した、放射性物質を含む汚泥など「指定廃棄物」の処理が難航している。国が建設を計画する処分場の候補地は軒並み拒否。事故が起こった福島県に集約を求める声も他県から上がり、押し付け合いの様相すら呈する。帰還困難区域にある富岡町の仮置き場は、一般人の立ち入りは制限されているため、外からは確認しにくい。しかし、廃棄物の山は確実に増え続けているようだ。 〈映像内容〉小型無人機が撮影した沿岸部に積まれた除染廃棄物、撮影日:2016(平成28)年2月29日、撮影場所:福島県

    撮影: 2016(平成28)年2月29日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:49.51
    2016年02月26日
    立ち入り禁止区域 ドローン空撮 防災庁舎、立ち入り禁止に 南三陸、4月から2年間

    宮城県は26日、東日本大震災の津波で職員ら43人が犠牲になった南三陸町の防災対策庁舎周辺を4月1日から2018年3月末まで2年間、一般の立ち入りを禁止にすると発表しました。〈映像内容〉宮城県南三陸町の防災対策庁舎を小型無人機「ドローン」で撮影した映像、撮影日:2016(平成28)年2月26日、撮影場所:宮城県南三陸町

    撮影: 2016(平成28)年2月26日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:37.53
    2015年12月03日
    血液製剤問題で厚労省 化血研に立ち入り検査

    熊本市の一般財団法人「化学及(および)血清療法研究所」(化血研)が国の承認と異なる方法で血液製剤やワクチンを製造していた問題で、厚生労働省が3日午後、医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき、化血研へ立ち入り検査に入った。〈映像内容〉厚労省職員らが建物に入る様子、撮影日:2015(平成27)年12月3日、撮影場所:熊本県 熊本市

    撮影: 2015(平成27)年12月3日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:47.54
    2015年09月29日
    老人ホーム虐待問題で厚労省がメッセージ本社を立ち入り検査

    介護サービス大手「メッセージ」(本社・岡山市)が運営する介護付き有料老人ホームで職員が入所者を虐待していた問題で、厚生労働省は29日介護保険法に基づき、本社を立ち入り検査した。大阪府豊中市のホームで6月に30代の男性職員が70代の女性入所者を虐待していたことが判明。子会社が運営する川崎市のホームでも入所者3人が相次いで転落死したほか、職員による虐待や窃盗が発覚しており、厚労省はメッセージグループ全体の業務管理体制や再発防止策について調査する。〈映像内容〉29日午前、岡山市内の本社に立ち入り検査に入る厚労省職員の様子と本社の外観、 検査後に本社建物から出てくる厚労省職員らと、報道陣の質問に答える厚労省介護保険指導室の山本牧子専門官、撮影日:2015(平成27)年9月29日、撮影場所:岡山県岡山市

    撮影: 2015(平成27)年9月29日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    15:31.13
    2015年08月22日
    東京湾 軍艦島 海堡(かいほう) 軍艦要塞 無人島 東京湾の軍艦島・海堡 風化が進む首都防衛の要塞

    東京湾の入り口に浮かぶ2つの人工の島。海堡(かいほう)呼ばれるこの島はかつて、旧日本軍の厳重な機密下にあり、今も立ち入りが禁じられている。海堡は、東京湾に敵の軍艦が侵入するのを防ぐため造られたが、太平洋戦争では航空機による空中戦が主力に代わり、要塞としての役割をほとんど果たさなかった。戦艦同士で戦った時代の戦争遺構といえる海堡。今は1日当たり500隻以上の船が往来する東京湾で航路の目印となっている。〈映像内容〉東京湾の海上雑観、船からの第2海堡外観、第2海堡の倉庫、護岸の様子、護岸からの東京湾、船が行き交う様子など雑観、土砂に埋もれた地下壕、地下壕内部、灯台のパンアップや引き画、見張り台とみられる戦争遺構、第 2海堡から見える第1海堡、ソーラーパネルとその下の遺構、護岸と波打ち際、 海鳥雑観、荒れた護岸の石積みなど、撮影日:2015(平成27)年8月22日、撮影場所:東京湾

    撮影: 2015(平成27)年8月22日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:37.77
    2015年05月27日
    空撮 避難区域に3回目立ち入り 箱根、物産店関係者ら

    噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられた箱根山(神奈川県箱根町)で、大涌谷の半径約300メートルの避難指示区域に27日、物産店やレストランの関係者ら計約80人が、貴重品などを回収するために立ち入った。町がこうした事業者に立ち入りを認めるのは今回が3回目。〈映像内容〉大涌谷の土産物店に入る関係者らの空撮、撮影日:2015(平成27)年5月27日、撮影場所:神奈川県箱根町 大涌谷

    撮影: 2015(平成27)年5月27日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:46.84
    2015年05月18日
    空撮 事業者が大涌谷の避難区域立ち入り

    噴火警戒レベルが2に引き上げられている神奈川県箱根町の箱根山で、噴火が想定される大涌谷の半径およそ300メートルの避難指示区域に18日、名物の黒たまごを販売する業者や火山活動を紹介する博物館などの関係者合わせて90人が、貴重品やごみを回収するために立ち入りました。〈映像内容〉大涌谷全景、避難指示区域に立ち入る業者らの空撮、撮影日:2015(平成27)年5月18日、撮影場所:神奈川県箱根町 箱根山

    撮影: 2015(平成27)年5月18日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:25.64
    2015年05月08日
    空撮 あす大阪の繁華街で不発弾処理

    大阪市は9日、南海電鉄「難波」駅近くの同市浪速区日本橋西1丁目の繁華街の工事現場で見つかった不発弾を処理する。現場から半径約300メートルを立ち入り禁止とし、住民に避難を要請する。対象は約1600世帯の約2200人。鉄道も運休し、商業施設も一時休業する。不発弾は3月に見つかった。重さ約1トンの米国製で、陸上自衛隊が信管を抜き、京都市の陸自桂駐屯地に運搬する。〈映像内容〉不発弾が見つかった同市浪速区の工事現場の空撮、撮影日:2015(平成27)年5月8日、撮影場所:大阪市浪速区

    撮影: 2015(平成27)年5月8日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    06:26.15
    2015年05月07日
    空撮 箱根山、水蒸気噴火の恐れ 警戒レベル2に引き上げ

    気象庁は6日、箱根山(神奈川県箱根町)の大涌谷周辺で、水蒸気爆発による小規模な噴火が発生する恐れがあるとして噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げた。噴火した場合は大きな噴石への警戒が必要とし、風下でも火山灰や小さな噴石への注意を呼び掛けた。箱根町は6日、大涌谷から半径300メートルに避難指示を出し、既に規制していたハイキングコースに加え、大涌谷へ向かう県道も通行止めにした。ロープウエーも運転を見合わせ、バスはルートを変更した。宿泊施設への温泉供給設備も避難指示の範囲に入ったが、7日に、箱根町から許可を得た業者が保守点検のため立ち入り、旅館組合は対応を協議。小中学校は通常通り授業を実施した。〈映像内容〉大涌谷周辺の空撮、撮影日:2015(平成27)年5月7日、撮影場所:神奈川県箱根町 大涌谷周辺

    撮影: 2015(平成27)年5月7日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:41.54
    2015年05月06日
    空撮 箱根で水蒸気噴火の恐れ 大涌谷に避難指示

    気象庁は6日、箱根山(神奈川県箱根町)の大涌谷周辺で、小規模な水蒸気噴火が発生する恐れがあるとして噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げた。噴火が起きた場合、大きな噴石に警戒が必要なほか、風下でも火山灰や小さな噴石に注意するよう呼び掛けた。箱根町は6日、大涌谷から半径300メートルに避難指示を発表。既に立ち入りを規制しているハイキングコースに加え、大涌谷へ向かう県道も通行止めにした。ロープウエーも運転を見合わせ、バスもルートを変更するなどした。〈映像内容〉大涌谷周辺の空撮、大涌谷周辺で行われている交通規制の様子の地上映像、撮影日:2015(平成27)年5月6日、撮影場所:神奈川県箱根町 大涌谷

    撮影: 2015(平成27)年5月6日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    06:00.79
    2015年05月06日
    空撮 箱根で水蒸気噴火の恐れ 大涌谷に避難指示

    気象庁は6日、箱根山(神奈川県箱根町)の大涌谷周辺で、小規模な水蒸気噴火が発生する恐れがあるとして噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げた。噴火が起きた場合、大きな噴石に警戒が必要なほか、風下でも火山灰や小さな噴石に注意するよう呼び掛けた。箱根町は6日、大涌谷から半径300メートルに避難指示を発表。既に立ち入りを規制しているハイキングコースに加え、大涌谷へ向かう県道も通行止めにした。ロープウエーも運転を見合わせ、バスもルートを変更するなどした。〈映像内容〉大涌谷周辺の空撮、大涌谷周辺で行われている交通規制の様子の地上映像、撮影日:2015(平成27)年5月6日、撮影場所:神奈川県 箱根山

    撮影: 2015(平成27)年5月6日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:07.15
    2015年03月31日
    東京五輪に向けて新装備 無人小型機ドローンなど警視庁

    警視庁は31日、新たに導入した無人小型機「ドローン」と広報用高性能スピーカー「エルラド」を報道陣に公開した。2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、警備資機材の開発を進める方針で、4月1日には「未来装備プロジェクト」と名付けたチームを発足させる。ドローンは人の立ち入りが難しい災害現場や雑踏を空撮、映像をリアルタイムで送信できる。エルラドは、離れた場所でも明瞭に声が届く。<映像内容>ドローンとエルラドの報道陣への様子、撮影日:2015(平成27)年3月31日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2015(平成27)年3月31日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:58.17
    2007年08月21日
    空撮 原形とどめない機体左側面 事故調委の実況見分を公開 (1/5)

    那覇空港の中華航空機炎上事故で、国土交通省那覇空港事務所は21日午前、報道陣の駐機場付近の立ち入りを許可し、航空・鉄道事故調査委員会の調査官らが事故機を実況見分する様子を公開した。事故機は左側面の損傷が激しく、左主翼や左エンジンはほとんど原形をとどめていない。胴体部分は骨組みが残るだけで側面に大きな穴が開き、焼け焦げた座席シートが並んでいた<映像内容>爆発、炎上した中華航空機の実況見分の様子、空撮、撮影日:2007(平成19)年8月21日、撮影場所:沖縄県の那覇空港

    撮影: 2007(平成19)年8月21日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:54.39
    2007年07月17日
    新潟県中越沖地震5 (3/3)

    新潟県中越沖地震の被害状況。<映像内容>崩れた商店、商店街、道路に出された畳や地震で壊れたものなど、新潟県警により立ち入り禁止の規制線が張られた崩壊した商店、全壊した民家、重機で作業する人、浜辺から見た柏崎刈羽原発、撮影日:2007(平成19)年7月17日、撮影場所:新潟県

    撮影: 2007(平成19)年7月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:48.60
    2007年06月15日
    空撮 新幹線にはねられ男性死亡 新横浜

    15日午後4時ごろ、JR東海道新幹線新横浜駅で男性が線路内に立ち入り、通過中の新大阪発東京行きひかり414号にはねられ死亡した。港北署などによると、跳ね上げられた線路の敷石がホームのベンチに座っていた別の男性(58)の足に当たり軽傷。新横浜駅ホームは通過列車が通る線路側に電動式の安全柵があるが、死亡した男性は閉じた柵を乗り越えたという<映像内容>走行する新幹線、入線し停車中の新幹線、ホーム先端で調査にあたる警察官、ホームで待機する学生たち、混乱する新横浜駅構内の様子、開通後に新横浜に到着した東京行き車両、降車した乗客たち、一部空撮、撮影日:2007(平成19)年6月15日、撮影場所:神奈川県横浜市港北区

    撮影: 2007(平成19)年6月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:36.02
    2007年06月06日
    東邦航空に立ち入り検査 連続墜落事故で国交省

    東邦航空(東京)のヘリコプターが、岐阜県中津川市の恵那山と、岐阜、長野県境の北アルプス・奥穂高岳で相次いで墜落したことを受け、国土交通省東京航空局は6日、同社の東京基地(東京都江東区)と調布基地(同三鷹市)に立ち入り検査した。東京航空局によると、同社には年1回、定期的に立ち入り検査しており、昨年12月の前回検査では問題はなかったという<映像内容>東邦航空東京基地外観、立ち入り検査に入る係官、ヘリポート俯瞰、撮影日:2007(平成19)年6月6日、撮影場所:東京都江東区

    撮影: 2007(平成19)年6月6日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:27.52
    2007年01月11日
    空撮 不二家工場 立ち入り検査 埼玉県、期限切れ牛乳で

    大手菓子メーカーの不二家が消費期限の切れた牛乳を使ったシュークリームを出荷していた問題で、埼玉県は11日、食品衛生法に基づき、同社埼玉工場(同県新座市)を立ち入り検査した<映像内容>不二家埼玉工場外観、空撮、撮影日:2007(平成19)年1月11日、撮影場所:埼玉県新座市

    撮影: 2007(平成19)年1月11日

  • 06:53.45
    -
    「中日映画社」さあオリンピックだ

    五輪を前に日本人の公衆道徳心を正す必要あり。賑やかに選手村の開村式。<映像内容>競技場へ皇太子ご視察、高速道路完成、羽田から浜松町へのモノレール開通、ガムの吐き捨ての問題、清掃運動、立ち入り禁止の芝生への立ち入り、後楽園、中日ー巨人戦 江藤 王 スタンドで飲み食いする人たち、ゴミ問題 トイレにゴミを捨てる、立ち小便に対する注意のビラ、タバコのぽい捨て、駅の酔っ払い、ゴミ箱設置、※撮影日不明・公開日:1964年(昭和39年)9月18日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

  • 1