KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • ホンダ
  • アライアンス
  • エンジン
  • カギ
  • サプライズ
  • 令和
  • 全固体電池
  • 具体
  • 反応
  • 姿勢

「竹内弘」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月18日
    手を合わせる知人ら 福知山の花火会場爆発

    事故現場近くで花を手向け、手を合わせる亡くなった竹内弘美さんの知人ら=18日午後、京都府福知山市

    商品コード: 2013081800286

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月21日
    竹内弘美さんの葬儀 花火大会事故、市長が献花

    花火大会の露店爆発事故で亡くなった竹内弘美さんのひつぎを運ぶ葬儀参列者ら=21日正午、京都府京丹波町

    商品コード: 2013082100209

  • 竹内弘高 ボランティアが転機に
    2018年10月17日
    竹内弘高 ボランティアが転機に

    インタビューに答える竹内弘高ハーバード大経営大学院教授

    商品コード: 2018101722505

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408657

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する竹内弘平代表執行役副社長
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する竹内弘平代表執行役副社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408659

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408655

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408661

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(手前)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(奥)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408663

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する竹内弘平代表執行役副社長
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する竹内弘平代表執行役副社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408656

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する竹内弘平代表執行役副社長
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについて説明する竹内弘平代表執行役副社長

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408649

  •  ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会
    2022年04月12日
    ホンダ・四輪電動ビジネスについての説明会

    ホンダが2040年の〝脱エンジン〞を宣言してから1年。具体的な電気自動車(EV)戦略をようやく発表した。ただ「2030年までにEV30車種投入、年産200万台超」との目標にサプライズは少なく、市場では期待外れだとの反応も見られる。一方、ソフトウエア領域、全固体電池、アライアンス(提携)に関して野心的な姿勢をみせた。ホンダがEVで巻き返すには、これら三つの要素がカギを握る。(左)青山真二執行役専務、(中)三部敏宏代表執行役社長、(右)竹内弘平代表執行役副社長。=2022(令和4)年4月12日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041408654

  • 事業説明会の竹内副社長 ホンダ、二輪温室ガスゼロ
    2022年09月13日
    事業説明会の竹内副社長 ホンダ、二輪温室ガスゼロ

    事業説明会で話すホンダの竹内弘平副社長=13日、東京都内

    商品コード: 2022091307720

  • 1