KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 販売
  • デザイン
  • 登録
  • 指導
  • 竹林
  • 制作
  • 従事
  • 記者
  • 技法

「竹工芸」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
50
( 1 50 件を表示)
  • 1
50
( 1 50 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Shichidaime ichikawa danjūrō no shimizu no kanja yoshitaka

    Shichidaime ichikawa danjūrō no shimizu no kanja yoshitaka, Ichikawa Danjūrō VII as Shimizu Yoshitaka., Utagawa, Kuniyasu, 1794-1832, artist, [181-], 1 print : woodcut, color ; 35.7 x 24.3 cm., Print shows Ichikawa Danjūrō VII, full-length portrait, facing slightly left, sitting on a sofa, in the role of a warrior, wild-eyed and clutching a bamboo staff.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019122403444

  • 1995年04月14日
    山崎、北村、前田の3氏 人間国宝に小さん氏ら10人

    山崎旭萃さん(琵琶、やまざき・きょくすい、本名永井ハル、筑前琵琶の代表的演奏者。後継者の養成や琵琶の普及に尽力。大阪府)、北村武資氏(羅、きたむら・たけし、経(たて)糸を絡み合わせた染織技術で、唐花文など複雑な文様の現代的感覚の作風。京都市)、二代前田竹房斎(竹工芸、まえだ・ちくぼうさい、本名前田房次、竹材の美しさを生かしながら意匠表現に独自の工夫を凝らした繊細で高雅な作風。大阪府)(カラーネガ)

    商品コード: 1995041400087

  • 1999年03月04日
    作品と本間さん 竹工芸作家が米国で個展

    3日、ワシントンの日本大使館にある広報文化センターで展示された作品と本間一秋さん(共同)

    商品コード: 1999030400004

  • 2004年09月06日
    飯塚小[7A3D]斎氏死去

    死去した飯塚小[7A3D]斎氏(竹工芸家、人間国宝)[AD]王ヘンに干

    商品コード: 2004090600240

  • 2005年07月15日
    竹工芸の勝城蒼鳳さん 自由にやってきただけ

    アトリエで竹を編む勝城蒼鳳さん

    商品コード: 2005071500295

  • 2012年07月19日
    竹工芸の藤沼昇さん 情熱と想像力、ここから

    竹工芸家として人間国宝に選ばれた藤沼昇さん=栃木県大田原市

    商品コード: 2012071900387

  • 2012年07月19日
    竹工芸の藤沼昇さん 情熱と想像力、ここから

    竹工芸家として人間国宝に選ばれた藤沼昇さん=栃木県大田原市

    商品コード: 2012071900388

  • 2012年12月01日
    (ふじぬま・のぼる) 藤沼昇

    竹工芸家、人間国宝、2012年11月30日撮影

    商品コード: 2012120100055

  • 2017年06月13日
    実演する藤沼さん 日本の「技」竹工芸を紹介

    12日、ニューヨークのメトロポリタン美術館で竹工芸製作を実演する藤沼昇さん(共同)

    商品コード: 2017061300069

  • 2017年06月13日
    竹工芸の特別展 日本の「技」竹工芸を紹介

    12日、ニューヨークのメトロポリタン美術館で、報道関係者に公開された竹工芸の特別展(共同)

    商品コード: 2017061300072

  • 2018年02月12日
    中国、貧困脱却の堅塁攻略を加速全人代が農村教育を監督·査察

    インターネットを通して竹工芸品を販売する、江西省井岡山市茅坪郷神山村に住む左香雲(さ・こううん)氏。(2018年2月12日撮影)「義務教育の弱点は農村にあり、農村義務教育の弱点は農村教師にある」。中国の全国人民代表大会(全人代)教育科学文化衛生委員会の呉恒(ご・こう)副主任委員は10日、第13期全人代第2回会議の「人民代表大会の監督活動」に関する記者会見でこのように述べた。李克強(り・こくきょう)国務院総理は数日前、政府活動報告を行った際、中国は都市部と農村部の義務教育の一体化発展を推し進め、良質な教育資源の共有を促進すると強調した。「中国革命のゆりかご」と呼ばれる江西省井岡山(せいこうざん)市から来た全人代代表の左香雲(さ・こううん)氏は、良質な農村教育は、地元村民が貧困を脱却した後も引き続き豊かになるための助けになると考えている。(井岡山=新華社記者/周密)=2018(平成30)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203623

  • 2018年05月01日
    東京で竹工芸展を開催

    四代田辺竹雲斎さんと、インスタレーション=東京都港区の菊池寛実記念智美術館

    商品コード: 2018050100058

  • 09:29.51
    2018年12月04日
    「新華社」改革開放とともに歩んだ烏鎮の40年

    数千年の歴史を持つ江南の古鎮、烏鎮(うちん)にとって40年という歳月は一瞬でしかない。ただ、改革開放の40年は烏鎮にも輝かしい軌跡を留めた。烏鎮はその根底にある落ち着きを保ちつつも、インターネットのDNAを取り入れ、産業やプロジェクト、プラットフォームが盛んな活力を放出している。鐘志新(しょう・ししん)さん(48)は、その変化を身で体験した一人。烏鎮育ちの鐘さんは大学卒業後、海外貿易の仕事を始めた。資金がなく企業でアルバイトをしたこともあったが、その後事業を立ち上げ、烏鎮にアパレル会社を設立した。鐘さんは時代と故郷がもたらした奮闘のチャンスをその手につかんだ。鐘さんの会社は、政府の支援と指導の下でオリジナルのデザインに立脚し、競合他社を圧倒する競争力を持つに至った。鐘さんの目には、足踏みミシンから工業用ミシン、産業機械を経てスマート製造に至るまでの40年間は、まさしく烏鎮の伝統産業のたゆまぬ「進化」の縮図と映る。年末には鐘さんの「未来工場エリア」が操業を開始する。中国で「80後」と呼ばれる1980年代生まれの烏鎮の竹工芸伝承者、銭利淮(せん・りかい)さんにとって、改革開放の40年は烏鎮竹工芸の再生の40年でもあった。改革開放の初期、烏鎮の竹工芸はほとんど途絶えており、竹編み職人の生活は苦しかった。銭さんは、そうした忠告を受けても、この仕事をあきらめるつもりはなかったと語る。従来の造形や継承の仕方では新しい時代に通用しないと考え、全く新しい竹編み体験キットを売り出し、オンラインでオリジナル図案をシェアし、オフラインで竹編み教室を開くなど、竹工芸の歴史や制作技法、文化的背景の普及に努めた。祖父母の時代で進歩が止まった竹編み技術は、再び若い人たちの生活に入り込んだ。銭さんは次の一手として、竹工芸商品のハイエンド化を進めている。2014年に初の世界インターネット大会が開催されて以来、烏鎮はインターネットとの結びつきをより強め、中国のインターネット産業と世界を結ぶ窓口となった。千年の古鎮は「スマートシティー」と姿を変え、浙江省で最も情報発信が盛んなエリアの一つになりつつある。(記者/王懌文、孔令杭)<映像内容>烏鎮の産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120431813

  • 2019年01月17日
    竹工芸家の中臣一さん 市立中の旧校舎、工房に

    旧中学校舎の音楽室を工房として使用している竹工芸家の中臣一さん=2018年12月、大分県竹田市

    商品コード: 2019011720808

  • 2019年01月17日
    音楽室を使用の中臣一さん 市立中の旧校舎、工房に

    旧中学校舎の音楽室を工房として使用している竹工芸家の中臣一さん=2018年12月、大分県竹田市

    商品コード: 2019011720809

  • 2019年05月16日
    北京園芸博でINBAR栄誉デー竹籐文化を多彩に展示

    16日、竹工芸品作りを実演する竹職人の張徳明(ちょう・とくめい)さん。国際竹籐ネットワーク(INBAR)が主催するINBAR栄誉デーのイベントが16日、中国北京市延慶区で開催中の2019年北京国際園芸博覧会(北京園芸博)INBAR園で行われ、豊かな展示内容で竹や籐(ラタン)の文化、魅力、重要な価値をアピールした。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002203

  • 2019年11月11日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    髪の毛ほどに細くした竹材を見せる「赤水竹編み」の伝承者、楊昌芹(よう・しょうきん)さん。(2019年11月11日撮影)中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904551

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、完成した竹工芸品。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800626

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、黄山市霊山村でモウソウチクを編んで竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800690

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、観光客の目に留まるよう完成した竹工芸品をドアの外に掛ける村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800661

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、完成した竹工芸品を車に載せ、周辺地域へ運んで販売する村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、黄山市霊山村の村民が制作した竹工芸品。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800689

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、黄山市霊山村で竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800627

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月01日
    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省

    1日、黄山市霊山村でモウソウチクを編んで竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800642

  • 2020年04月11日
    竹産業の発展で雇用と増収をけん引福建省政和県

    11日、政和県にある竹製品の展示館「中国竹工芸の城」で展示されている竹製の化粧道具入れ。中国福建省南平市政和県は、46万ムー(約3万667ヘクタール)に広がる竹林を有し「中国竹工芸の城」と呼ばれている。同県は竹産業の研究や竹製品のデザイン、成果の転化、学術交流など複数の分野から竹産業の発展を推進し、人々の雇用と農家の増収をけん引している。同県では現在、竹に関連する産業に従事している人が5万人以上、竹製品の加工企業は220社を超えており、茶器や食器、家具などの竹製品は国内外の消費者から高い評価を得ている。同県の2019年の竹産業の生産高は43億7900万元(1元=約15円)、輸出額は8億7600万元だった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003841

  • 2020年04月11日
    竹産業の発展で雇用と増収をけん引福建省政和県

    11日、福建省瑞祥竹木の塗装作業場で作業する女性従業員。中国福建省南平市政和県は、46万ムー(約3万667ヘクタール)に広がる竹林を有し「中国竹工芸の城」と呼ばれている。同県は竹産業の研究や竹製品のデザイン、成果の転化、学術交流など複数の分野から竹産業の発展を推進し、人々の雇用と農家の増収をけん引している。同県では現在、竹に関連する産業に従事している人が5万人以上、竹製品の加工企業は220社を超えており、茶器や食器、家具などの竹製品は国内外の消費者から高い評価を得ている。同県の2019年の竹産業の生産高は43億7900万元(1元=約15円)、輸出額は8億7600万元だった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003793

  • 2020年04月11日
    竹産業の発展で雇用と増収をけん引福建省政和県

    11日、福建省瑞祥竹木の作業場でNC彫刻機を使い、竹製のまな板に彫刻を施す従業員。中国福建省南平市政和県は、46万ムー(約3万667ヘクタール)に広がる竹林を有し「中国竹工芸の城」と呼ばれている。同県は竹産業の研究や竹製品のデザイン、成果の転化、学術交流など複数の分野から竹産業の発展を推進し、人々の雇用と農家の増収をけん引している。同県では現在、竹に関連する産業に従事している人が5万人以上、竹製品の加工企業は220社を超えており、茶器や食器、家具などの竹製品は国内外の消費者から高い評価を得ている。同県の2019年の竹産業の生産高は43億7900万元(1元=約15円)、輸出額は8億7600万元だった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003840

  • 2020年04月11日
    竹産業の発展で雇用と増収をけん引福建省政和県

    11日、福建省瑞祥竹木の展示室で製品を撮影する見学客。中国福建省南平市政和県は、46万ムー(約3万667ヘクタール)に広がる竹林を有し「中国竹工芸の城」と呼ばれている。同県は竹産業の研究や竹製品のデザイン、成果の転化、学術交流など複数の分野から竹産業の発展を推進し、人々の雇用と農家の増収をけん引している。同県では現在、竹に関連する産業に従事している人が5万人以上、竹製品の加工企業は220社を超えており、茶器や食器、家具などの竹製品は国内外の消費者から高い評価を得ている。同県の2019年の竹産業の生産高は43億7900万元(1元=約15円)、輸出額は8億7600万元だった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003750

  • 2020年04月11日
    竹産業の発展で雇用と増収をけん引福建省政和県

    11日、政和県にある竹製品の展示館「中国竹工芸の城」を見学する顧客。中国福建省南平市政和県は、46万ムー(約3万667ヘクタール)に広がる竹林を有し「中国竹工芸の城」と呼ばれている。同県は竹産業の研究や竹製品のデザイン、成果の転化、学術交流など複数の分野から竹産業の発展を推進し、人々の雇用と農家の増収をけん引している。同県では現在、竹に関連する産業に従事している人が5万人以上、竹製品の加工企業は220社を超えており、茶器や食器、家具などの竹製品は国内外の消費者から高い評価を得ている。同県の2019年の竹産業の生産高は43億7900万元(1元=約15円)、輸出額は8億7600万元だった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003825

  • 2020年10月24日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    貴州省赤水市の市中街道にある竹編み貧困支援作業場で工芸品を製作する女性。(10月24日撮影)中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904625

  • 2020年11月05日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    5日、貴州省赤水市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地で、竹編み工芸品を製作する地元の人々。中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111005982

  • 2020年11月05日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    5日、竹林で作品の材料を調達する「赤水竹編み」の伝承者、楊昌芹(よう・しょうきん)さん。中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904619

  • 2020年11月05日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    5日、貴州省赤水市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地で、竹編み工芸品を製作する女性。中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904502

  • 2020年11月05日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    5日、貴州省赤水市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地で、学生に竹編みを指導する「赤水竹編み」の伝承者、楊昌芹(よう・しょうきん)さん(中央)。中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904614

  • 2022年01月07日
    (2)無形文化遺産の「道明竹編み」で活気づく村四川省崇州市

    竹工芸村にある竹編み博物館の展示エリア。中国四川省崇州市では、国家級無形文化遺産の「道明竹編み」が地元産業の発展を後押しし、若者の帰郷を促進するとともに、村の人々を豊かにし、農村の様相を変えるのための「鍵」となっている。道明竹編みの発祥地である同市道明鎮の竜黄村は、竹編みを特色とする「竹工芸村」として売り出しており、国内外の観光客を引き付けるスポットとなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010713144

  • 2022年01月07日
    (1)無形文化遺産の「道明竹編み」で活気づく村四川省崇州市

    3日、竹工芸村を訪れた観光客。中国四川省崇州市では、国家級無形文化遺産の「道明竹編み」が地元産業の発展を後押しし、若者の帰郷を促進するとともに、村の人々を豊かにし、農村の様相を変えるのための「鍵」となっている。道明竹編みの発祥地である同市道明鎮の竜黄村は、竹編みを特色とする「竹工芸村」として売り出しており、国内外の観光客を引き付けるスポットとなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010713145

  • 2022年01月07日
    (3)無形文化遺産の「道明竹編み」で活気づく村四川省崇州市

    子どもに竹の編み方を教える肖瑶さん。(2021年6月1日撮影)中国四川省崇州市では、国家級無形文化遺産の「道明竹編み」が地元産業の発展を後押しし、若者の帰郷を促進するとともに、村の人々を豊かにし、農村の様相を変えるのための「鍵」となっている。道明竹編みの発祥地である同市道明鎮の竜黄村は、竹編みを特色とする「竹工芸村」として売り出しており、国内外の観光客を引き付けるスポットとなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010713190

  • 2022年01月07日
    (4)無形文化遺産の「道明竹編み」で活気づく村四川省崇州市

    上:改装中の地元住民の家。下:民宿に改装された地元住民の家。(資料写真、組み合わせ写真)中国四川省崇州市では、国家級無形文化遺産の「道明竹編み」が地元産業の発展を後押しし、若者の帰郷を促進するとともに、村の人々を豊かにし、農村の様相を変えるのための「鍵」となっている。道明竹編みの発祥地である同市道明鎮の竜黄村は、竹編みを特色とする「竹工芸村」として売り出しており、国内外の観光客を引き付けるスポットとなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010713189

  • 2022年01月17日
    RWANDA-KIGALI-CHINA-BAMBOO MAKING

    (220117) -- KIGALI, Jan. 17, 2022 (Xinhua) -- A Rwandan woman weaves a piece of bamboo craftwork at a bamboo processing training center located in Masaka Incubation Business Center, Kigali, Rwanda, Jan. 14, 2022. A growing number of Rwandan youth have turned to bamboo furniture making and weaving business after skills training by Chinese bamboo experts in a bid to tackle youth unemployment challenges in Rwanda, a landlocked country in east-central Africa.TO GO WITH: “Feature: Rwandan youth turn to bamboo business with Chinese mentorship“ (Xinhua/Ji Li)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011802218

  • 2022年01月17日
    RWANDA-KIGALI-CHINA-BAMBOO MAKING

    (220117) -- KIGALI, Jan. 17, 2022 (Xinhua) -- A Rwandan woman weaves a piece of bamboo craftwork at a bamboo processing training center located in Masaka Incubation Business Center, Kigali, Rwanda, Jan. 14, 2022. A growing number of Rwandan youth have turned to bamboo furniture making and weaving business after skills training by Chinese bamboo experts in a bid to tackle youth unemployment challenges in Rwanda, a landlocked country in east-central Africa.TO GO WITH: “Feature: Rwandan youth turn to bamboo business with Chinese mentorship“ (Xinhua/Ji Li)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011802393

  • 2022年03月29日
    (8)無形文化遺産「道明竹編み」のパンダがお出迎え四川省崇州市

    「スポーツパンダ」の竹編みオブジェを制作する竹編み職人。(2月24日撮影)中国国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている「道明竹編み」の発祥地、四川省崇州市(成都の管轄下にある県級市)道明鎮の「竹工芸村」でこのほど、「スポーツパンダ」と名付けられた竹編みのオブジェ群が登場した。成都市で開かれる第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の競技種目の一部を生き生きと表している。「スポーツパンダ」は道明竹編みの技法で作られ、同大会の競技種目の陸上競技やバスケットボール、バドミントン、テニス、体操、バレーボール、新体操などを表現。デザインと制作は、工芸品の製造や販売を手掛ける地元企業、四川道明竹芸産業発展が担当した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032908062

  • 2022年03月29日
    (4)無形文化遺産「道明竹編み」のパンダがお出迎え四川省崇州市

    花畑のそばに設置された、新体操の動きを表現したパンダの竹編みオブジェ。(3月4日撮影)中国国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている「道明竹編み」の発祥地、四川省崇州市(成都の管轄下にある県級市)道明鎮の「竹工芸村」でこのほど、「スポーツパンダ」と名付けられた竹編みのオブジェ群が登場した。成都市で開かれる第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の競技種目の一部を生き生きと表している。「スポーツパンダ」は道明竹編みの技法で作られ、同大会の競技種目の陸上競技やバスケットボール、バドミントン、テニス、体操、バレーボール、新体操などを表現。デザインと制作は、工芸品の製造や販売を手掛ける地元企業、四川道明竹芸産業発展が担当した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032908055

  • 2022年03月29日
    (2)無形文化遺産「道明竹編み」のパンダがお出迎え四川省崇州市

    崇州市道明鎮の「竹工芸村」で、「スポーツパンダ」の竹編みオブジェを作る竹編み職人。(2月24日撮影)中国国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている「道明竹編み」の発祥地、四川省崇州市(成都の管轄下にある県級市)道明鎮の「竹工芸村」でこのほど、「スポーツパンダ」と名付けられた竹編みのオブジェ群が登場した。成都市で開かれる第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の競技種目の一部を生き生きと表している。「スポーツパンダ」は道明竹編みの技法で作られ、同大会の競技種目の陸上競技やバスケットボール、バドミントン、テニス、体操、バレーボール、新体操などを表現。デザインと制作は、工芸品の製造や販売を手掛ける地元企業、四川道明竹芸産業発展が担当した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907999

  • 2022年03月29日
    (5)無形文化遺産「道明竹編み」のパンダがお出迎え四川省崇州市

    芝生の上に設置された、フェンシングの動きを表現したパンダの竹編みオブジェ。(3月10日撮影)中国国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている「道明竹編み」の発祥地、四川省崇州市(成都の管轄下にある県級市)道明鎮の「竹工芸村」でこのほど、「スポーツパンダ」と名付けられた竹編みのオブジェ群が登場した。成都市で開かれる第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の競技種目の一部を生き生きと表している。「スポーツパンダ」は道明竹編みの技法で作られ、同大会の競技種目の陸上競技やバスケットボール、バドミントン、テニス、体操、バレーボール、新体操などを表現。デザインと制作は、工芸品の製造や販売を手掛ける地元企業、四川道明竹芸産業発展が担当した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032908057

  • 2022年03月29日
    (9)無形文化遺産「道明竹編み」のパンダがお出迎え四川省崇州市

    芝生の上に設置された、体操の動きを表現したパンダの竹編みオブジェ。(3月10日撮影)中国国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている「道明竹編み」の発祥地、四川省崇州市(成都の管轄下にある県級市)道明鎮の「竹工芸村」でこのほど、「スポーツパンダ」と名付けられた竹編みのオブジェ群が登場した。成都市で開かれる第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の競技種目の一部を生き生きと表している。「スポーツパンダ」は道明竹編みの技法で作られ、同大会の競技種目の陸上競技やバスケットボール、バドミントン、テニス、体操、バレーボール、新体操などを表現。デザインと制作は、工芸品の製造や販売を手掛ける地元企業、四川道明竹芸産業発展が担当した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032908058

  • 2022年03月29日
    (10)無形文化遺産「道明竹編み」のパンダがお出迎え四川省崇州市

    芝生の上に設置された、バスケットボールの動きを表現したパンダの竹編みオブジェ。(3月10日撮影)中国国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている「道明竹編み」の発祥地、四川省崇州市(成都の管轄下にある県級市)道明鎮の「竹工芸村」でこのほど、「スポーツパンダ」と名付けられた竹編みのオブジェ群が登場した。成都市で開かれる第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の競技種目の一部を生き生きと表している。「スポーツパンダ」は道明竹編みの技法で作られ、同大会の競技種目の陸上競技やバスケットボール、バドミントン、テニス、体操、バレーボール、新体操などを表現。デザインと制作は、工芸品の製造や販売を手掛ける地元企業、四川道明竹芸産業発展が担当した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032908060

  • 2022年03月29日
    (1)無形文化遺産「道明竹編み」のパンダがお出迎え四川省崇州市

    芝生の上に設置された、テコンドーの動きを表現したパンダの竹編みオブジェ。(3月10日撮影)中国国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている「道明竹編み」の発祥地、四川省崇州市(成都の管轄下にある県級市)道明鎮の「竹工芸村」でこのほど、「スポーツパンダ」と名付けられた竹編みのオブジェ群が登場した。成都市で開かれる第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の競技種目の一部を生き生きと表している。「スポーツパンダ」は道明竹編みの技法で作られ、同大会の競技種目の陸上競技やバスケットボール、バドミントン、テニス、体操、バレーボール、新体操などを表現。デザインと制作は、工芸品の製造や販売を手掛ける地元企業、四川道明竹芸産業発展が担当した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907851

  • 2022年03月29日
    (3)無形文化遺産「道明竹編み」のパンダがお出迎え四川省崇州市

    崇州市道明鎮の「竹工芸村」で、「スポーツパンダ」の竹編みオブジェを作る竹編み職人。(2月24日撮影)中国国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている「道明竹編み」の発祥地、四川省崇州市(成都の管轄下にある県級市)道明鎮の「竹工芸村」でこのほど、「スポーツパンダ」と名付けられた竹編みのオブジェ群が登場した。成都市で開かれる第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の競技種目の一部を生き生きと表している。「スポーツパンダ」は道明竹編みの技法で作られ、同大会の競技種目の陸上競技やバスケットボール、バドミントン、テニス、体操、バレーボール、新体操などを表現。デザインと制作は、工芸品の製造や販売を手掛ける地元企業、四川道明竹芸産業発展が担当した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032908003

  • 2022年03月29日
    (6)無形文化遺産「道明竹編み」のパンダがお出迎え四川省崇州市

    花畑のそばで制作作業が進む、新体操の動きを表現したパンダの竹編みオブジェ。竹編み職人が8人がかりで15日間かけて制作した。(2月28日撮影)中国国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている「道明竹編み」の発祥地、四川省崇州市(成都の管轄下にある県級市)道明鎮の「竹工芸村」でこのほど、「スポーツパンダ」と名付けられた竹編みのオブジェ群が登場した。成都市で開かれる第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の競技種目の一部を生き生きと表している。「スポーツパンダ」は道明竹編みの技法で作られ、同大会の競技種目の陸上競技やバスケットボール、バドミントン、テニス、体操、バレーボール、新体操などを表現。デザインと制作は、工芸品の製造や販売を手掛ける地元企業、四川道明竹芸産業発展が担当した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032908056

  • 2022年03月29日
    (7)無形文化遺産「道明竹編み」のパンダがお出迎え四川省崇州市

    芝生の上に設置された、バドミントンの動きを表現したパンダの竹編みオブジェ。(3月10日撮影)中国国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている「道明竹編み」の発祥地、四川省崇州市(成都の管轄下にある県級市)道明鎮の「竹工芸村」でこのほど、「スポーツパンダ」と名付けられた竹編みのオブジェ群が登場した。成都市で開かれる第31回FISUワールドユニバーシティゲームズ夏季大会の競技種目の一部を生き生きと表している。「スポーツパンダ」は道明竹編みの技法で作られ、同大会の競技種目の陸上競技やバスケットボール、バドミントン、テニス、体操、バレーボール、新体操などを表現。デザインと制作は、工芸品の製造や販売を手掛ける地元企業、四川道明竹芸産業発展が担当した。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032908059

  • 1