KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • ユネスコ
  • 会議
  • 記者
  • 令和
  • 風景
  • 景観
  • 平成
  • 動物
  • 生き物
  • 位置

「第43回世界遺産委員会」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
77
( 1 77 件を表示)
  • 1
77
( 1 77 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2011年03月09日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    発掘中の良渚古城城壁遺跡。(2011年3月9日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/徐昱)=2011(平成23)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901368

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2011年03月09日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    発掘中の良渚古城遺跡。(2011年3月9日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/徐昱)=2011(平成23)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901367

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2016年05月27日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚博物院の倉庫で、良渚遺跡から出土した石を測定する浙江省文物考古研究所、浙江大学、良渚博物院の専門家。(2016年5月27日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社配信)=2016(平成28)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901386

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月14日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の大豊麋鹿国家級自然保護区に生息するシフゾウの群れ。(2017年11月14日撮影、小型無人機から)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2017(平成29)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901310

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月14日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の大豊麋鹿国家級自然保護区に生息するシフゾウの群れ。(2017年11月14日撮影、小型無人機から)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2017(平成29)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901364

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月14日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の大豊麋鹿国家級自然保護区に生息するシフゾウの群れ。(2017年11月14日撮影、小型無人機から)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2017(平成29)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901298

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月15日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区の上空を飛ぶタンチョウの群れ。(2017年11月15日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2017(平成29)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901309

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月15日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    空から見た中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区の景色。(2017年11月15日撮影、小型無人機から)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2017(平成29)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901265

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月15日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区の上空を飛ぶタンチョウの群れ。(2017年11月15日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2017(平成29)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901284

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月15日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区の上空を飛ぶタンチョウ。(2017年11月15日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2017(平成29)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901285

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月15日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区で、羽を休めるタンチョウの群れ。(2017年11月15日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2017(平成29)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901256

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月15日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    空から見た中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区の景色。(2017年11月15日撮影、小型無人機から)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2017(平成29)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901334

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月15日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区で、羽を休めるタンチョウ。(2017年11月15日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2017(平成29)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901259

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月15日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区で、羽を休めるタンチョウ。(2017年11月15日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2017(平成29)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901363

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2017年11月15日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区内でエサを探すタンチョウ。(2017年11月15日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/李博)=2017(平成29)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901264

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2018年06月26日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚博物館を見学する来場者。(2018年6月26日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901245

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2018年06月26日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚博物館の入口。(2018年6月26日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901378

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2018年10月01日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚国家考古遺跡公園の出入り口に立つ石碑。(2018年10月1日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901379

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2018年10月23日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区の上空を飛ぶタンチョウ。(2018年10月23日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(塩城=新華社記者/邱氷清)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901291

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2018年10月23日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    江蘇省塩城湿地珍禽国家級自然保護区の空を飛ぶタンチョウ。(2018年10月23日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(塩城=新華社記者/邱氷清)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901268

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2018年10月23日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区に生息するタンチョウ。(2018年10月23日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(塩城=新華社記者/邱氷清)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901301

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2018年10月23日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の塩城湿地珍禽類国家級自然保護区の上空を飛ぶタンチョウ。(2018年10月23日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(塩城=新華社記者/邱氷清)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901319

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2018年12月04日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の大豊麋鹿国家級自然保護区に生息するシフゾウ。(2018年12月4日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(塩城=新華社記者/邱氷清)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901351

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2018年12月04日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    カメラが捉えたシフゾウの「表情」。(2018年12月4日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(塩城=新華社記者/邱氷清)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901294

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2018年12月04日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    草むらを走るシフゾウ。(2018年12月4日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(塩城=新華社記者/邱氷清)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901280

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2018年12月04日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    シフゾウの家族。(2018年12月4日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(塩城=新華社記者/邱氷清)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901286

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2018年12月04日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    ニンジンを食べるシフゾウ。(2018年12月4日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(塩城=新華社記者/邱氷清)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901288

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2018年12月04日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    川を渡るシフゾウの群れ。(2018年12月4日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(塩城=新華社記者/邱氷清)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901269

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2018年12月04日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省の大豊麋鹿国家級自然保護区に生息するシフゾウ。(2018年12月4日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(塩城=新華社記者/邱氷清)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901296

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月02日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    ミャンマーのバガンでタビニュ寺院内部の亀裂と変形の状態を確認する中国の専門家。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706658

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月02日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    ミャンマーのバガンで滑車を使ってタビニュ寺院にセメントモルタルを運ぶ労働者。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706578

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月02日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    ミャンマーのバガンで撮影した仏塔内部の亀裂を示すマーク。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706579

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月02日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    ミャンマーのバガンでタビニュ寺院内部の亀裂と変形の状態を確認する中国の専門家。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706554

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月02日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    ミャンマーのバガンで修復作業が進むタビニュ寺院。ミャンマー中部で2016年8月24日、マグニチュード(M)6・8の地震が発生し、タビニュ寺院を含む数百の仏塔や仏像が被害を受けた。今年の雨期を前に、中国の文化財保護の専門家らが同寺院の修復作業を行った。(5月2日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社記者/荘北寧)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706656

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2019年06月22日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚博物館で、出土した動物の骨を見る来場者。(6月22日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901357

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2019年06月22日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚文化瑤山祭壇遺跡を見学する人々。(6月22日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901376

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2019年06月22日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚博物館で、良渚文化遺跡から出土した(左上から時計回り)黒陶器、玉琮(ぎょくそう)、木靴、玉璧、陶片、漆器。(組み合わせ写真、6月22日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901387

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2019年06月22日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚博物館で、良渚文化遺跡から出土した玉璧を鑑賞する来場者。(6月22日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901388

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2019年06月22日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚博物館で、良渚文化遺跡から出土した農具を来場者に説明するスタッフ。(6月22日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901398

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2019年06月23日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚国家考古遺跡公園。(6月23日撮影、小型無人機から)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901451

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2019年06月23日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚国家考古遺跡公園内の反山遺跡。ここには王族の墓地がある。(6月23日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901382

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2019年06月23日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚国家考古遺跡公園で展示された良渚古城の宮殿の模型。(6月23日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901354

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2019年06月23日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚国家考古遺跡公園の宮殿エリア。(6月23日撮影、小型無人機から)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901359

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2019年06月23日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚国家考古遺跡公園の宮殿エリア。(6月23日撮影、小型無人機から)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901454

  •  世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市
    2019年06月23日
    世界遺産に登録された「良渚古城遺跡」浙江省杭州市

    浙江省杭州市にある良渚国家考古遺跡公園内の反山遺跡の地層。(6月23日撮影)新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901385

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2019年06月26日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省塩城(えんじょう)市東部の沿岸に位置する大豊麋鹿国家級自然保護区の湿地で、よちよち歩くアジサシのヒナ。(6月26日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/李博)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901260

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2019年06月26日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省塩城(えんじょう)市東部の沿岸に位置する大豊麋鹿国家級自然保護区の上空を飛ぶ鳥の群れ。(6月26日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/李博)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901282

  •  中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録
    2019年06月27日
    中国の黄(渤)海渡り鳥生息地、世界遺産に登録

    中国江蘇省塩城(えんじょう)市東部の沿岸に位置する大豊麋鹿国家級自然保護区の湿地にたたずむ一羽のコサギとシフゾウの群れ。(6月27日撮影)アゼルバイジャンの首都バクーで開かれた新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で5日、中国の「黄(渤)海渡り鳥生息地(第1期)」が登録されることが決まった。(南京=新華社記者/李博)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901306

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月05日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706581

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月05日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    5日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706647

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月05日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    5日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706550

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月05日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706537

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月05日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706535

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月05日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    5日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706551

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月05日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    5日に撮影したミャンマー「バガン遺跡」の一角。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706594

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月05日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    5日、馬車に乗り、ミャンマー・バガンの風景を楽しむ観光客。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706654

  •  「新華社」中国の「良渚古城遺跡」、世界遺産に登録
    01:45.79
    2019年07月06日
    「新華社」中国の「良渚古城遺跡」、世界遺産に登録

    新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(記者/王懌文、馮源、李濤)<映像内容>良渚古城遺跡の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005894

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月06日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    6日、ミャンマー・バガンの平原にそびえる仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706534

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月06日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    6日、ミャンマー・バガンの風景を楽しむ観光客。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706541

  •  「新華社」中国の「良渚古城遺跡」、世界遺産登録決定の瞬間
    00:32.66
    2019年07月06日
    「新華社」中国の「良渚古城遺跡」、世界遺産登録決定の瞬間

    新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。世界遺産委員会は、良渚古城遺跡が中国の5千年以上前の偉大な稲作文明の成果を代表するもので、傑出した都市文明の代表だと指摘。同遺跡は新石器時代の長江下流における稲作文明の発展水準を如実に表し、新石器時代早期の地域都市文明の全貌を明らかにし、世界遺産の真実性と完全性に対する要求に合致しているとの認識を示した。浙江省杭州市にある良渚古城遺跡は、天目山東麓の河川が縦横に走る平原地帯に位置し、太湖流域における早期地域国家の権力と信仰の中心地だった。(記者/廖氷清、張若玄)<映像内容>中国の「良渚古城遺跡」世界遺産登録決定の瞬間、撮影日:2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070903589

  •  中国の「良渚古城遺跡」、世界遺産に登録決定
    2019年07月06日
    中国の「良渚古城遺跡」、世界遺産に登録決定

    6日、第43回世界遺産委員会会議で「良渚古城遺跡」の登録が決まったことを喜ぶ中国代表団。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(バクー=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901348

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月06日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    6日、ミャンマー・バガンの平原に林立する仏塔。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706547

  •  中国の「良渚古城遺跡」、世界遺産に登録決定
    2019年07月06日
    中国の「良渚古城遺跡」、世界遺産に登録決定

    6日、第43回世界遺産委員会会議で「良渚古城遺跡」の登録が決まったことを喜ぶ中国代表団。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(バクー=新華社配信/中国代表団提供)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:中国代表団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006063

  •  中国の「良渚古城遺跡」、世界遺産に登録決定
    2019年07月06日
    中国の「良渚古城遺跡」、世界遺産に登録決定

    6日、第43回世界遺産委員会会議で中国が推薦した「良渚古城遺跡」について話し合う委員会の代表ら。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、中国の「良渚古城遺跡」が登録されることが決まった。これで中国の世界遺産は55件となり、国別で世界最多となった。(バクー=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901395

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月06日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    6日に撮影したミャンマー・バガンの風景。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706577

  •  ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録
    2019年07月06日
    ミャンマーの古都バガン世界遺産に登録

    6日、ミャンマー・バガンの平原で写真を撮る観光客。新たな世界遺産を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議が6月30日から7月10日まで、アゼルバイジャンの首都バクーで開かれ、ミャンマーの古都バガンが登録されることが決まった。バガン遺跡群はミャンマーのイラワジ川中流の東岸に広がる平野に位置し、仏教美術や建築物鑑賞の聖地とされる。八つの遺跡からなる同遺跡群には、院や仏塔「ストゥーパ」、修業場、巡礼地、考古遺跡、壁画および彫刻が数多く残され、11~12世紀のパガン王朝時代の面影を残している。(バガン=新華社配信/ウ・アング)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706648

  •  グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
    2019年07月12日
    グッゲンハイム美術館世界遺産に登録

    12日、米ニューヨーク・グッゲンハイム美術館1階のロビーで休憩する来場者。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707024

  •  グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
    2019年07月12日
    グッゲンハイム美術館世界遺産に登録

    12日、米ニューヨークのグッゲンハイム美術館で彫刻作品を鑑賞する来場者。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707022

  •  グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
    2019年07月12日
    グッゲンハイム美術館世界遺産に登録

    12日、米ニューヨークのグッゲンハイム美術館を見学する来場者。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707009

  •  グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
    2019年07月12日
    グッゲンハイム美術館世界遺産に登録

    12日、米ニューヨークのグッゲンハイム美術館を訪れた人々。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707062

  •  グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
    2019年07月12日
    グッゲンハイム美術館世界遺産に登録

    12日、米ニューヨークのグッゲンハイム美術館で彫刻作品を鑑賞する来場者。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707007

  •  グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
    2019年07月12日
    グッゲンハイム美術館世界遺産に登録

    12日、米ニューヨークのグッゲンハイム美術館で絵画作品を撮影する来場者。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707016

  •  グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
    2019年07月12日
    グッゲンハイム美術館世界遺産に登録

    12日、米ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館のドーム状の天窓。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707037

  •  グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
    2019年07月12日
    グッゲンハイム美術館世界遺産に登録

    12日、米ニューヨークのグッゲンハイム美術館を見学する来場者。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707011

  •  グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
    2019年07月12日
    グッゲンハイム美術館世界遺産に登録

    12日、米ニューヨークのグッゲンハイム美術館を見学する来場者。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706991

  •  グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
    2019年07月12日
    グッゲンハイム美術館世界遺産に登録

    12日、米ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館の外観。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707071

  •  グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
    2019年07月12日
    グッゲンハイム美術館世界遺産に登録

    12日、米ニューヨークのグッゲンハイム美術館を見学する来場者。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707039

  • 1