KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 筆跡鑑定
  • 令和
  • 記者
  • 文字
  • 石碑
  • 隷書
  • 歴史
  • 場所
  • 保存
  • 彫刻

「筆跡」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
84
( 1 84 件を表示)
  • 1
84
( 1 84 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Dutch Girl in White.

    Dutch Girl in White. Artist: Robert Henri (American, Cincinnati, Ohio 1865-1929 New York). Dimensions: 24 x 20 in. (61 x 50.8 cm). Date: 1907.Henri championed truth and vitality in life and art. He echoed in his paintings the dark palette and gestural brushwork of the old masters Diego Velázquez and Frans Hals and the more recent Realists Édouard Manet and Edgar Degas. In the summer of 1907 he and some of his students traveled to the Netherlands and visited Hals‘s hometown, Haarlem. There, responding to the Dutch painter‘s gift for characterization, Henri made portraits of local models, including this one of Martche, who was among his favorites. While most of his Ashcan School colleagues dedicated themselves to depicting urban flux, Henri was, and remains, best known for portraits. Museum: Metropolitan Museum of Art, New York, USA.、クレジット:Album/Metropolitan Museum of Art,NY/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020031302955

  • -
    Vincent Van Gogh (1853-1890). Dutch Post-Impressionist painter. Morning: Going out to Work (after Millet), 1890. Detail. Oil on

    Vincent Van Gogh (1853-1890). Dutch Post-Impressionist painter. Morning: Going out to Work (after Millet), 1890. Detail. Oil on canvas. The State Hermitage Museum. Saint Petersburg. Russia.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019082400419

  • -
    David Copperfield, “Trotwood, you will be glad to hear that I shall finish the memorial when I have nothing else to do,

    David Copperfield, “Trotwood, you will be glad to hear that I shall finish the memorial when I have nothing else to do, and that your aunt‘s the most extraordinary woman in the world, Sir!“.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020052204121

  • -
    ? ?? (?) ????????? ?, Landscape in the Style of Yan Wengui and Fan Kuan, Yuan (12711368) or Ming (13681644) dynasty,

    ? ?? (?) ????????? ?, Landscape in the Style of Yan Wengui and Fan Kuan, Yuan (12711368) or Ming (13681644) dynasty, late 14th century, China, Handscroll; ink on paper, Image: 9 13/16 x 30 1/2 in. (24.9 x 77.5 cm), Paintings, Zhao Yuan (Chinese, active ca. 135075), Couched in the Northern Song idioms of Yan Wengui (active ca. 9701030) and Fan Kuan (active ca. 9901030), this small landscape by Zhao Yuan exemplifies late Yuan and early Ming scholar painting in which ancient models were transformed by calligraphic brushwork.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022050703161

  • -
    Charles Lamb Portrait 1798

    Charles Lamb Portrait 1798.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020020509043

  • 1928年12月31日
    Robert Louis Stevenson ‘The Strange Case of Dr Jekyll and Mr Hyde‘ first published 1886.

    Robert Louis Stevenson ‘The Strange Case of Dr Jekyll and Mr Hyde‘ first published 1886. Mr Utterson, reading Hyde‘s letter to Jekyll, realising that the handwriting of the two is the same. Illustration by Edmund J. Sullivan from an edition published 1928.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019082400091

  • 1930年12月09日
    日本電報通信社資料

    遭難後最初の浜口雄幸首相の筆跡。宛名に「幣原喜重郎代理閣下、鈴木(冨士弥)書記官長持参」と記した封書(右)と自身の署名=1930(昭和5)年12月9日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930120900001

  • 1930年12月09日
    日本電報通信社資料

    狙撃事件後最初に書かれた浜口雄幸首相の手紙の筆蹟=1930(昭和5)年12月9日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013031300294

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年12月11日
    坂井直中尉の筆跡 二・二六事件(2・26事件)

    歩兵第3連隊の坂井直(さかい・なおし)中尉が書いた「尊皇討奸」

    商品コード: 2009121100112

  • 1946年10月09日
    三田庸子氏の筆跡

    和歌山刑務所長の三田庸子氏の筆跡=1946(昭和21)年10月9日(21年内地番号なし)

    商品コード: 2014110700365

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1948年08月24日
    平沢貞通の筆跡

    帝銀事件の有力容疑者として逮捕された平沢貞通の筆跡。(左)安田銀行板橋支店から小切手を引き出した時のもの、(右)警視庁手配の犯人の筆跡=出稿1948(昭和23)年8月24日(23年内地11414)

    商品コード: 2004033000363

  • 1949年09月30日
    志賀直哉の筆跡

    志賀直哉の筆跡=整理1949(昭和24)年9月(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016092100671

  • 1967年12月21日
    近衛首相の辞表も 「近衛日記」の筆者と入手経路解る

    当時の上野福松秘書の筆跡(右)と近衛首相の辞表文の比較=1967(昭和42)年12月21日(42年内地5529)

    商品コード: 2011060700227

  • 1975年06月30日
    3億円犯人が書いた字です

    警視庁が発表した3億円事件犯人の脅迫状のポスター。時効まであと半年足らずとなった東京・府中の3億円事件捜査本部は、脅迫状のポスター20万枚を作成、府中市を中心に全国手配した。事件当時に多摩農協や金融機関などに届いた脅迫状9通の筆跡の一部(50年内地 4450)

    商品コード: 2013011500327

  • 1979年05月21日
    「海部メモ」筆跡鑑定結果を発表

    「海部メモ」の筆跡鑑定結果を発表する竹下登・衆院予算委員長=1979(昭和54)年5月21日、国会(54年内地4608)

    商品コード: 2015061700181

  • 1989年02月19日
    特殊な筆跡の犯行声明文のチラシ 筆跡のチラシ57万枚作製

    埼玉県警が公開手配した特殊な筆跡の犯行声明文のチラシ

    商品コード: 2019082801766

  • 1989年08月10日
    宮崎勤容疑者の筆跡 綾子ちゃん事件で宮崎勤逮捕

    宮崎勤容疑者の筆跡。大量に集めたビデオテープのリストが克明に記されている=1989(平成元)年8月10日午後5時すぎ、東京都五日市町の自宅

    商品コード: 2018060500469

  • 1995年05月26日
    法華義疏 太子の義疏、題字は別人

    聖徳太子が書いたとされる「法華義疏」。筆跡鑑定の結果、右上1行のタイトル部分と右下2行の注記部分が、後に書き加えられたとみられることが分かった(現存する国内最古の書物、法華経の注釈書「法華義疏(ほっけぎしょ)」(宮内庁所蔵))

    商品コード: 1995052600129

  • 1996年01月29日
    直筆の文書 「竜馬の筆跡でない」

    踊るような筆の運びが特徴の竜馬直筆の文書。右下が「龍馬」の署名(光風社出版の坂本竜馬全集)

    商品コード: 1996012900083

  • 1996年01月29日
    直筆でないとされた文書 「竜馬の筆跡でない」

    竜馬の直筆でないと指摘された文書。右下に「龍馬謹白」と書かれている(光風社出版の坂本竜馬全集)

    商品コード: 1996012900082

  • 1996年02月10日
    故佐伯米子夫人の書簡 2通は“真筆”に変更

    福井県武生市が依頼した筆跡鑑定家が鑑定結果を“真筆”に修正した故佐伯米子夫人の書簡の一通(さえき・よねこ・洋画家故佐伯祐三夫人)(カラーネガ)

    商品コード: 1996021000006

  • 2001年03月07日
    筆跡鑑定めぐり応酬 参院予算委

    参院予算委で、パネルを用いながら機密費文書の筆跡鑑定結果を報告する共産党の筆坂秀世氏=7日午後(ふでさか・ひでよ)

    商品コード: 2001030700206

  • 2001年06月22日
    「田」の文字 中国のまじないと関連か

    )、社会455S、27日付朝刊以降使用、解禁厳守(一括使用可)  三重県嬉野町の貝蔵遺跡で見つかった「田」の文字が書かれた土器

    商品コード: 2001062200085

  • 2001年06月22日
    彫られた線刻 手本は身近にあった「鏡」

    )、社会454S、27日付朝刊以降使用、解禁厳守(一括使用可)  福岡県前原市の三雲遺跡群から出土した甕(かめ)に彫られた線刻。写真を右に90度回転させると「竟」とも読める=福岡県太宰府市の九州歴史資料館

    商品コード: 2001062200083

  • 2001年06月22日
    日本最古の文字 中国のまじないと関連か

    )、社会455S、27日付朝刊以降使用、解禁厳守(一括使用可)  三重県安濃町の大城遺跡から出土した2世紀中ごろの土器片に刻まれた漢字とみられる日本最古の文字(K98-711)

    商品コード: 2001062200084

  • 2001年06月22日
    出土した甕(かめ) 手本は身近にあった「鏡」

    )、社会454S、27日付朝刊以降使用、解禁厳守(一括使用可)  三雲遺跡群から出土した甕(かめ)の矢印部分に線刻が彫られている=福岡県太宰府市の九州歴史資料館

    商品コード: 2001062200079

  • 2001年06月22日
    「大」の文字 信州に朝鮮・伽耶の影響

    )、社会456S、27日付朝刊以降使用、解禁厳守(一括使用可)  長野県の根塚遺跡から出土した「大」の文字が刻まれた土器片

    商品コード: 2001062200088

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年10月24日
    NY・ポスト紙あての手紙 筆跡、内容が酷似

    23日、米司法省が公開したニューヨーク・ポスト紙あての手紙(ロイター=共同)

    商品コード: 2001102400015

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年10月24日
    NBCあての手紙 筆跡、内容が酷似

    23日、米司法省が公開したNBCテレビのニュースキャスター、トム・ブロコー氏あての手紙(ロイター=共同)

    商品コード: 2001102400016

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年10月24日
    ダシュル議員あての手紙 筆跡、内容が酷似

    23日、米司法省が公開したダシュル上院院内総務あての手紙(ロイター=共同)

    商品コード: 2001102400014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2006年06月05日
    法廷のフセイン元大統領 「中立的な筆跡鑑定」要求

    5日、バグダッドで開かれたイラク高等法廷で発言するフセイン元大統領(ロイター=共同)

    商品コード: 2006060500294

  • 2006年10月06日
    魂を刻んだ中上健次の筆跡

    市立図書館では、中上健次が知人にあてたはがきや、肉筆原稿のコピーを閲覧できる=和歌山県新宮市

    商品コード: 2006100600086

  • 2006年10月06日
    魂を刻んだ中上健次の筆跡

    トンネルを抜けると県境を流れる熊野川に差しかかる=和歌山県新宮市のJR新宮駅近く

    商品コード: 2006100600085

  • 2006年10月06日
    魂を刻んだ中上健次の筆跡

    川舟で、険しい山並みを縫うように蛇行する熊野川を下る。川風が心地よい=和歌山、三重県境

    商品コード: 2006100600087

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年08月13日
    ポツダム宣言に触れた記載 東条元首相の手記公開

    公開された東条英機元首相の手記で、ポツダム宣言に触れた8月12日の記載。ほかより大きく丸みがある字体で筆跡が明らかに違う=13日午前、東京都千代田区の国立公文書館

    商品コード: 2008081300142

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年05月26日
    会見する水上社長 前田五郎さんの筆跡を鑑定

    中田カウスさんの自宅に脅迫状が届いた問題で記者会見する吉本興業子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシーの水上晴司社長=26日午前、大阪市中央区

    商品コード: 2009052600087

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年05月26日
    会見する中田さん 「年賀状の筆跡似ていた」

    自宅に脅迫状が届いた問題で記者会見する漫才師の中田カウスさん=26日午後、大阪市中央区

    商品コード: 2009052600278

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年05月26日
    会見場を出る中田さん 「年賀状の筆跡似ていた」

    自宅に脅迫状が届いた問題で記者会見し、退席する漫才師の中田カウスさん=26日午後、大阪市中央区

    商品コード: 2009052600281

  • 2009年09月13日
    神社の中の看板など 鳩山家ゆかりの神社に脚光

    由紀夫氏の父、威一郎氏の筆跡とされる鳩山神社の看板など=10日、北海道栗山町

    商品コード: 2009091300115

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年12月15日
    会見する石川さんら 筆跡鑑定を証拠提出

    記者会見で筆跡鑑定の結果を説明する石川一雄さん(右)ら=15日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

    商品コード: 2010121500582

  • 2011年04月23日
    一茶筆跡の部分 一茶の句会記録公開

    小林一茶と門人の句会を記録した新発見の資料「探題句牒」の一茶筆跡部分=23日、長野県信濃町の町立一茶記念館

    商品コード: 2011042300234

  • 2015年06月22日
    筆跡を分析した資料 「賢治ノート」は直筆

    宮沢賢治の筆跡を分析した資料。漢字の払いの部分を途中ではね上げるなどの特徴がある

    商品コード: 2015062200789

  • 2016年02月22日
    アンケートの回答 同一文面で育鵬社「支持」

    育鵬社版を支持したアンケートの回答。ほぼ同じ文面で筆跡の似たものが多数あった

    商品コード: 2016022200797

  • 2018年01月06日
    福原索子さん 中日本拠・名古屋のファン

    星野仙一氏の筆跡で「夢」「野球っていいなぁ」と染められたのれんを手にする福原索子さん=6日午後、名古屋市

    商品コード: 2018010600640

  • 2018年07月10日
    Schumann‘s Draft for Goethe‘s “Faust“

    HANDOUT - Date Unknown, Germany, Frankfurt am Main: The overture of Robert Schumann‘s “Scenes from Goethe‘s Faust“ in the hand writing of the composer (2nd version), piano score. Schumann‘s handwritten drafts for his “Scenes from Goethe‘s Faust“ are available to the public for the first time. The famous piece purchased by auction by the French community of owners Aristophil, as reported by the Freie Deutsche Hochstift in Frankfurt. Photo: Axel Schneider/Freies Deutsches Hochstift / Frankfurter Goethe-Museum/dpa - ACHTUNG: Nur zur redaktionellen Verwendung im Zusammenhang mit der aktuellen Berichterstattung und nur mit vollständiger Nennung des vorstehenden Credits、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071701337

  • 2019年01月07日
    CESに参加する中国企業がメディアに事前公開

    7日、スタッフの筆跡をまねして字を書く深圳市越彊科技の習字ロボット。このロボットは習字の他、さまざまな素材へのレーザー彫刻もできる。世界最大の家電・IT見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2019」に参加する一部の中国企業は7日、メディア向けに事前公開を行い、スマートスーツケースや習字ロボット、手持ち型雲台など多くの革新的な電子製品を披露した。CES2019は現地時間8日から米ラスベガスで開催される。(ラスベガス=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011003641

  • 01:37.56
    2019年04月05日
    太宰治の完全原稿を発見 日本近代文学館が発表、公開

    日本近代文学館(東京)は5日、作家太宰治(1909~48年)による短編集「お伽草紙」の、全編がそろった完全原稿が発見されたと発表した。戦争末期、空襲に見舞われながら書き継がれた中期の代表作。6日から同館での特別展「生誕110年 太宰治 創作の舞台裏」で公開される。記者会見した東京大教授の安藤宏さんによると、原稿は400字詰め原稿用紙を半分に切った200字詰めで計387枚。数年前、個人が所蔵していることが分かった。筆跡などで太宰の直筆と特定し、内容から下書きなどではなく、最終稿とみられるという。<映像内容>日本近代文学館での記者会見、日本近代文学館外観、「お伽草紙」完全原稿の物撮り、特別展の展示室雑観など、撮影日:2019(平成31)年4月5日、撮影場所:東京都目黒区 日本近代文学館

    商品コード: 2019040800352

  • 00:53.27
    2019年06月11日
    「新華社」明代の官吏が記した434年前の「朱氏家譜」発見河北省南和県

    中国河北省邢台(けいたい)市南和県はこのほど、同県賈宋鎮朱営村で文化財保護員が明代の賢臣、朱正色(しゅ・せいしょく)による「朱氏家譜」を発見したことを明らかにした。手書きで書かれたこの家譜は朱氏一族の家系図としては中国で唯一の伝存本(孤本)で、今から434年前の明代万暦13年(1585年)12月(旧暦)に完成した。朱正色は明の順徳府南和(現在の邢台市南和県)の人で、万暦2年(1574年)に科挙に合格し、当時の官職である県令や兵部の員外郎、兵備道の僉事(せんじ)・副使、巡撫(じゅんぶ)、右副都御史、官階正二品に就いた。今回発見された「朱氏家譜」は糸とじの手書き本で、筆跡がはっきりしていて丁寧に書かれ、楷書体の文字は力強く、最後のページには「万暦13年冬12月、正色が酒泉の容膝亭(ようしつてい)で記す」などと書かれている。また、書かれてから長い時間が経過しているため、紙が黄変し、一部は破損している。内容は朱氏の繁栄の足跡や朱正色自身の学問探求の経歴の他、朱家のおきてや家訓、作法、家を治める格言なども書かれている。河北省の文化歴史学者、蘭剣輝(らん・けんき)氏によると、「家譜」は保存状態が良く、内容がはっきりしているので、朱正色の生涯や明代の政治、経済、文化、社会生活、書道、家風などを研究する上で比較的高い歴史的価値がある。(記者/李継偉)<映像内容>朱氏一族の家系図「朱氏家譜」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108275

  • 2019年06月13日
    「古代石刻拓本傑作展」開幕、貴重な蘇軾の筆跡も四川省眉山市

    13日、蘇軾の書の石刻拓本を撮影する来場者。唐代以降の石刻拓本合計130点余りを展示する「碑説眉山古代石刻拓本傑作展」が13日、中国四川省眉山(びざん)市で開幕した。これらの拓本は、地元文化財部門の石刻古跡に対する「緊急記録措置」の成果の一部で、北宋の大文豪・蘇軾(そ・しょく、蘇東坡)が残した「喚魚池」「連鰲山」などの筆跡が特に注目を集めた。(眉山=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805649

  • 2019年06月13日
    「古代石刻拓本傑作展」開幕、貴重な蘇軾の筆跡も四川省眉山市

    13日、四川省眉山市美術館で石刻拓本を鑑賞する来場者。唐代以降の石刻拓本合計130点余りを展示する「碑説眉山古代石刻拓本傑作展」が13日、中国四川省眉山(びざん)市で開幕した。これらの拓本は、地元文化財部門の石刻古跡に対する「緊急記録措置」の成果の一部で、北宋の大文豪・蘇軾(そ・しょく、蘇東坡)が残した「喚魚池」「連鰲山」などの筆跡が特に注目を集めた。(眉山=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805869

  • 2019年06月13日
    「古代石刻拓本傑作展」開幕、貴重な蘇軾の筆跡も四川省眉山市

    13日、四川省眉山市美術館で石刻拓本を鑑賞する来場者。唐代以降の石刻拓本合計130点余りを展示する「碑説眉山古代石刻拓本傑作展」が13日、中国四川省眉山(びざん)市で開幕した。これらの拓本は、地元文化財部門の石刻古跡に対する「緊急記録措置」の成果の一部で、北宋の大文豪・蘇軾(そ・しょく、蘇東坡)が残した「喚魚池」「連鰲山」などの筆跡が特に注目を集めた。(眉山=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805643

  • 2019年06月13日
    「古代石刻拓本傑作展」開幕、貴重な蘇軾の筆跡も四川省眉山市

    13日、蘇軾の「喚魚池」石刻拓本の前で記念撮影をする来場者。唐代以降の石刻拓本合計130点余りを展示する「碑説眉山古代石刻拓本傑作展」が13日、中国四川省眉山(びざん)市で開幕した。これらの拓本は、地元文化財部門の石刻古跡に対する「緊急記録措置」の成果の一部で、北宋の大文豪・蘇軾(そ・しょく、蘇東坡)が残した「喚魚池」「連鰲山」などの筆跡が特に注目を集めた。(眉山=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805853

  • 01:23.36
    2019年06月13日
    「新華社」「古代石刻拓本傑作展」開幕、貴重な蘇軾の筆跡も四川省眉山市

    唐代以降の石刻拓本合計130点余りを展示する「碑説眉山古代石刻拓本傑作展」が13日、中国四川省眉山(びざん)市で開幕した。これらの拓本は、地元文化財部門の石刻古跡に対する「緊急記録措置」の成果の一部で、北宋の大文豪・蘇軾(そ・しょく、蘇東坡)が残した「喚魚池」「連鰲山」などの筆跡が特に注目を集めた。眉山は古くは眉州(びしゅう)と呼ばれ、蘇軾にとって故郷となる。今回展示された拓本のうち最も注目を集めたのが、いずれも蘇軾が書いた眉山市青神(せいしん)県中岩寺の「喚魚池」の石刻拓本と、同市東坡(とうば)区広済(こうさい)郷の「連鰲山」の石刻拓本。同市文化財部門は2018年10月から四川省文物考古研究院、四川省芸術研究院と共同で古代石刻文字の特別調査・整理を実施し、情報の収集や文字拓本の採取などの方法を通して、野外の貴重な石刻の「緊急記録措置」を行った。これまでに野外の石刻1514カ所全ての拓本記録作業を完了した。内訳は古墓石刻1100カ所、古建築石刻167カ所、単体石刻153カ所、摩崖石刻94カ所となっている。(記者/陳健)<映像内容>唐代以降の石刻拓本の展示の様子、撮影日:2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061808823

  • 2019年06月13日
    「古代石刻拓本傑作展」開幕、貴重な蘇軾の筆跡も四川省眉山市

    13日、四川省眉山市美術館で、古代石刻拓本の詩文を鑑賞する来場者。唐代以降の石刻拓本合計130点余りを展示する「碑説眉山古代石刻拓本傑作展」が13日、中国四川省眉山(びざん)市で開幕した。これらの拓本は、地元文化財部門の石刻古跡に対する「緊急記録措置」の成果の一部で、北宋の大文豪・蘇軾(そ・しょく、蘇東坡)が残した「喚魚池」「連鰲山」などの筆跡が特に注目を集めた。(眉山=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805712

  • 2019年06月24日
    Constituent session of SPD parliamentary group Bremen

    24 June 2019, Bremen: A look at the handwriting of the Bremische Bürgerschaft. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062524252

  • 00:47.11
    2019年07月10日
    蓮如、一向一揆非難の書状 岐阜・白川、NPO入手

    岐阜県白川村の郷土史研究などに取り組んでいるNPO法人は10日、室町時代の浄土真宗中興の祖・蓮如が、現在の同村に当たる地域で起きた一向一揆を非難する書状を入手したと明らかにした。一向一揆と蓮如の関係の研究に貴重な史料だとして、近く公開予定で「全国の研究者に議論してほしい」としている。NPO法人「白川郷耕雲塾」などによると、書状は縦約15センチ、横約44センチ。北陸地方の門徒をまとめていた四男に宛てたもので、白川での一揆に門徒たちが加わっていることを強く非難し、関わった者は破門するように伝える内容と解釈されるという。複数の専門家に意見を聞き、筆跡や花押(かおう)などから、15世紀後半の蓮如の書状とみている。〈映像内容〉書状を説明する様子や物撮りなど、撮影日:2019(令和元)年7月10日、撮影場所:岐阜県白川村

    商品コード: 2019071100217

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102936

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102941

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103010

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102951

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102908

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102865

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102889

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102967

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102973

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102930

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102981

  • 2020年04月28日
    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103059

  • 01:07.64
    2020年05月04日
    「新華社」西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省

    中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(記者/李一博)<映像内容>西安碑林博物館の石碑、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302709

  • 00:40.40
    2020年11月13日
    「新華社」顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、中国国内で唯一、科学的な発掘調査で見つかった顔真卿の初期の筆跡となる。考古チームは今年6月から、秦漢新城龔東(きょうとう)村にある漢~唐代の墓の発掘調査を実施。隋唐時代の墓が多数出土し、元氏一族の墓3基と墓誌4点を確認した。顔真卿の筆による墓誌は、上の蓋石と下の誌石がいずれも51・4センチ四方で、花や草、四神の線刻で縁取られた蓋石の上面には篆書体(てんしょたい)16文字が、誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれていた。西安碑林博物館の陳根遠(ちん・こんえん)研究員は、今回見つかった羅婉順の墓誌は顔真卿が38歳の時に書いたもので、初期の書道作品の特徴である繊細で優雅な筆致が現れていると述べた。(記者/梁愛平、楊一苗)<映像内容>秦漢新城の調査、顔真卿の筆による墓誌、撮影日:2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111600266

  • 00:56.83
    2021年01月05日
    「新華社」河南省で隋代の漢白玉石棺床墓を発見

    中国河南省安陽市でこのほど、大型で緻密な彫刻が施された漢白玉(大理石の一種)製石棺床を持つ隋代の墓が発見された。専門家は墓が極めて高い組積技術と彫刻技術を持つことから、隋代の美術工芸研究の新たな実物資料になるほか、民族と宗教融合の研究に重要な意義を持つとしている。出土した墓誌により、隋の開皇10(590)年に麴慶(きく・けい)夫妻を合葬した墓だと分かった。墓の形状は磚室(せんしつ、れんが造りの墓室)石棺床墓だった。棺床の各部には各種図案が彫刻されていた。屏風型の図案には被葬者の日常生活や宗教故事が描かれ、正面2カ所の格狭間(こうざま)には霊獣が彫られていた。格狭間の両側には楽器を持つ人がおり、棺床の両端には神の王が配されていた。いずれもゾロアスター教の風格が色濃く表れていた。安陽市文物考古研究所の孔徳銘(こう・とくめい)所長は、被葬者の麹慶に代表される麹氏一族について、隴西地方(現在の甘粛省)で長期間生活し、シルクロードの要路を勢力下に収め、欧州や西アジア、中央アジアの文化の影響を深く受けていたと説明。「墓内の棺床とそれに施された仏教とゾロアスター教の影響の色濃い数十個の浮き彫り図案は、シルクロードの東西文明が互いに交流し、影響を与え合ったことを歴史的に証明している」と述べた。墓誌には丁寧で美しい筆跡で麹慶と夫人の出身と生涯が書かれていた。麹慶は歴史書の記載がないことから、墓誌は隋代の文字の変遷と書道芸術の研究の新たな証拠となるだけでなく、歴史を補う価値も持つ。墓からは、種類が豊富で精巧な作りの相州窯の白磁も多数見つかった。孔氏は、隋代の安陽相州窯が非常に高い焼成技術を持っていたことを示していると説明。相州窯磁器の研究の空白を埋めるとともに、中国の白磁の起源と発展における貴重な実物資料になると語った。(記者/史林静、李文哲、袁月明) =配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608785

  • 01:00.32
    2021年07月05日
    「新華社」磁気チップ測定分野で新たな進展北京航空航天大学

    中国共産党創立100周年を祝賀し、北京航空航天大学の研究者は五つの原子層の厚さを持つナノ磁性薄膜に「100年中国『芯』」と書いた。この厚さは普通コピー用紙1枚の10万分の1に相当する。磁気チップの製造過程では、ナノ磁性薄膜をウエハー上に均一に広げる必要がある。研究者は今回、測定機器を使い磁性ペンで薄膜に字を書いたが、字のコントラストが同じで筆跡も鮮明であれば、薄膜が均一であることを示すという。この測定機器は、ウエハーレベルの磁気光学カー測定装置で北航集積回路学院の研究チームが開発した。同学院工程・設備学科の王新河(おう・しんか)主任は、磁気チップについて、信頼性が高い情報記憶モジュール、高感度の磁気信号センサーモジュールとして、航空機や衛星の制御システム、携帯電話の電子コンパス、自動車の自動運転などに応用できると説明。磁気チップの製造過程におけるコア技術である磁性薄膜測定は、中国がこれまで長い間、外国の制約を受けてきた技術だったと述べた。同機器はすでに科学研究分野に応用されており、10月には産業分野での商用化が始まる予定となっている。(記者/烏夢達、馬暁冬、趙旭) =配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070503203

  • 2021年11月08日
    (2)筆跡を再現できる書道ロボット上海市

    7日、体験者の筆跡を再現する双腕型協働ロボット「YuMi」。中国上海市で開かれている第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、スイス重電大手ABBグループのブースに登場した双腕型協働ロボット「YuMi」が注目を集めている。体験者が毛筆で字を書き、いくつかのボタンを押すと、ロボットは筆跡を学習し、模倣できるようになる。(上海=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110810577

  • 01:08.84
    2021年11月08日
    「新華社」筆跡を再現できる書道ロボット、輸入博で注目上海市

    中国上海市で開かれている第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、スイス重電大手ABBグループのブースに登場した双腕型協働ロボット「YuMi」が注目を集めている。体験者が毛筆で字を書き、いくつかのボタンを押すと、ロボットは筆跡を学習し、模倣できるようになる。このソリューションはロボットによる粗研削や研磨など工業生産に応用できるほか、調整時間を短縮し、人件費削減、迅速な動作の反復や工場ラインの切り替えという新たな要件を満たすこともできる。(記者/張帆) =配信日: 2021(令和3)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110810567

  • 2021年11月08日
    (1)筆跡を再現できる書道ロボット上海市

    7日、筆に墨を付ける双腕型協働ロボット「YuMi」。中国上海市で開かれている第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、スイス重電大手ABBグループのブースに登場した双腕型協働ロボット「YuMi」が注目を集めている。体験者が毛筆で字を書き、いくつかのボタンを押すと、ロボットは筆跡を学習し、模倣できるようになる。(上海=新華社記者/張帆)= 配信日: 2021(令和3)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110810565

  • 2022年01月05日
    PHILIPPINES-PASIG CITY-HOSPITALIZED CHINESE WOMAN-RETURNING HOME

    (220105) -- PASIG CITY, Jan. 5, 2022 (Xinhua) -- A nurse shows the handwriting of Li Jinxin, a 26-year-old Chinese woman, at the Medical City hospital in Pasig City, the Philippines on Dec. 13, 2021. Li Jinxin has found her dream of returning home come true after battling a devastating illness for almost two and a half years in the Philippines that nearly cost her life. Li spent 904 days bedridden in Medical City due to a brain hemorrhage. TO GO WITH “Feature: With help of Filipino medics, once critically-ill Chinese woman gets back home“ (Xinhua/Rouelle Umali)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010608178

  • 2022年04月06日
    Incendiata villa Lago di Como dell‘oligarca russo Solovyev

    April 6, 2022, MENAGGIO, ITALY: One of the villas of the Russian oligarch Vladimir Solovyev smeared with spray writings on Lake Como, Italy, 06 April 2022. A fire, quickly put out by firefighters and currently being investigated as arson, started in the villa in the early hours of 06 April causing limited damage. The villa had been previously seized by Italian authorities as part of the sanctions imposed on Russia following the invasion of Ukraine. .ANSA / MATTEO BAZZI (Credit Image: © ANSA via ZUMA Press)、クレジット:©ANSA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Italy Rights Out

    商品コード: 2022041403367

  • 2022年04月06日
    Incendiata villa Lago di Como dell‘oligarca russo Solovyev

    April 6, 2022, MENAGGIO, ITALY: One of the villas of the Russian oligarch Vladimir Solovyev smeared with spray writings on Lake Como, Italy, 06 April 2022. A fire, quickly put out by firefighters and currently being investigated as arson, started in the villa in the early hours of 06 April causing limited damage. The villa had been previously seized by Italian authorities as part of the sanctions imposed on Russia following the invasion of Ukraine. .ANSA / MATTEO BAZZI (Credit Image: © ANSA via ZUMA Press)、クレジット:©ANSA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Italy Rights Out

    商品コード: 2022041403462

  • 02:31.28
    2022年05月24日
    芭蕉、幻の自筆稿再発見 「野ざらし紀行」挿絵も

    江戸時代の俳人、松尾芭蕉(1644~94年)の最初の紀行文「野ざらし紀行」の挿絵入りの自筆稿を購入したと、福田美術館(京都市)が24日発表した。写真が残され存在は知られていたが、長年所在不明だった幻の資料。再発見は研究を進める上でも意義が大きい。 1940年代に大阪で展示され、70年代末刊行の書籍で「個人蔵」として写真入りで紹介されているが、その後は所在不明になっていた。福田美術館が昨年末に美術商から購入。関西大の藤田真一名誉教授(俳諧研究)が筆跡を検証、真筆と判断した。<映像内容>「野ざらし紀行図巻」の物撮り、藤田真一名誉教授の記者会見、雑観、撮影日:2022(令和4)年5月24日、撮影場所:京都市右京区

    商品コード: 2022052503713

  • 2022年06月08日
    (5)漢字の魅力を体験遼寧省博物館で漢字がテーマの展覧会

    「字途-中華伝統文化系列教育展」で展示された西周時代の青銅器。(5月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で5月31日から、漢字の字体と書写材料の変遷をテーマにした展覧会「字途-中華伝統文化系列教育展」が開かれている。同展は甲骨や爵(酒器)、虎符、銅権、封泥(ふうでい、中国古代に用いられた封印の一種)、瓦当(筒瓦の先端部分)、漢磚、碑帖(ひじょう、石碑などの筆跡を模写したもの)、拓本などさまざまな文化財を通じて、甲骨文から金文、小篆、隷書、楷書、草書、行書までの数千年にわたる漢字字体の発展と変化を紹介している。(瀋陽=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808850

  • 2022年06月08日
    (3)漢字の魅力を体験遼寧省博物館で漢字がテーマの展覧会

    「億年無疆」の文字が入った漢代の瓦当。(5月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で5月31日から、漢字の字体と書写材料の変遷をテーマにした展覧会「字途-中華伝統文化系列教育展」が開かれている。同展は甲骨や爵(酒器)、虎符、銅権、封泥(ふうでい、中国古代に用いられた封印の一種)、瓦当(筒瓦の先端部分)、漢磚、碑帖(ひじょう、石碑などの筆跡を模写したもの)、拓本などさまざまな文化財を通じて、甲骨文から金文、小篆、隷書、楷書、草書、行書までの数千年にわたる漢字字体の発展と変化を紹介している。(瀋陽=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808807

  • 2022年06月08日
    (2)漢字の魅力を体験遼寧省博物館で漢字がテーマの展覧会

    遼寧省博物館に設けられた体験コーナー。(5月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で5月31日から、漢字の字体と書写材料の変遷をテーマにした展覧会「字途-中華伝統文化系列教育展」が開かれている。同展は甲骨や爵(酒器)、虎符、銅権、封泥(ふうでい、中国古代に用いられた封印の一種)、瓦当(筒瓦の先端部分)、漢磚、碑帖(ひじょう、石碑などの筆跡を模写したもの)、拓本などさまざまな文化財を通じて、甲骨文から金文、小篆、隷書、楷書、草書、行書までの数千年にわたる漢字字体の発展と変化を紹介している。(瀋陽=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808756

  • 2022年06月08日
    (1)漢字の魅力を体験遼寧省博物館で漢字がテーマの展覧会

    清代の官僚、那彦成(な・げんせい)が書写した「多宝塔帖册」。(5月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で5月31日から、漢字の字体と書写材料の変遷をテーマにした展覧会「字途-中華伝統文化系列教育展」が開かれている。同展は甲骨や爵(酒器)、虎符、銅権、封泥(ふうでい、中国古代に用いられた封印の一種)、瓦当(筒瓦の先端部分)、漢磚、碑帖(ひじょう、石碑などの筆跡を模写したもの)、拓本などさまざまな文化財を通じて、甲骨文から金文、小篆、隷書、楷書、草書、行書までの数千年にわたる漢字字体の発展と変化を紹介している。(瀋陽=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808757

  • 2022年06月08日
    (4)漢字の魅力を体験遼寧省博物館で漢字がテーマの展覧会

    遼寧省博物館に設けられた体験コーナー。(5月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で5月31日から、漢字の字体と書写材料の変遷をテーマにした展覧会「字途-中華伝統文化系列教育展」が開かれている。同展は甲骨や爵(酒器)、虎符、銅権、封泥(ふうでい、中国古代に用いられた封印の一種)、瓦当(筒瓦の先端部分)、漢磚、碑帖(ひじょう、石碑などの筆跡を模写したもの)、拓本などさまざまな文化財を通じて、甲骨文から金文、小篆、隷書、楷書、草書、行書までの数千年にわたる漢字字体の発展と変化を紹介している。(瀋陽=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808872

  • 1