KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 会見
  • 仕事
  • 内容
  • 定義
  • 最大
  • 質問主意書
  • ソウル
  • 一人
  • 厚生省
  • 安倍内閣

「答弁書」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1989年02月14日
    腕の運動をする竹下登首相 リ事件、憂慮すべき事態

    参院本会議場で自民党の西村尚治参院議員副会長の質問中に、閣僚席で答弁書を見ながら腕の運動をする竹下登首相=1989(平成元)年2月14日

    商品コード: 2019070201936

  • 1996年03月06日
    会見する菅厚相 大阪HIV訴訟で答弁書

    大阪HIV訴訟で国の対応などについて記者会見する菅直人厚相=6日午後7時45分、厚生省(カラーネガ)

    商品コード: 1996030600119

  • 1996年03月06日
    会見する菅厚相 大阪HIV訴訟で答弁書

    大阪HIV訴訟で国の対応などについて記者会見する菅直人厚相=6日午後7時45分、厚生省(カラーネガ)

    商品コード: 1996030600118

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年03月15日
    一人でも戦える“武器”

    最近の主な質問主意書と答弁書の内容

    商品コード: 2010031500007

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年03月15日
    一人でも戦える“武器”

    最近の主な質問主意書と答弁書の内容

    商品コード: 2010031500008

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年07月14日
    答弁書を手にする梅尾さん 「点字訴状の受理は英断」

    名古屋市が提出した答弁書の点訳を手に記者会見する原告の梅尾朱美さん=14日午前、名古屋市中区の名古屋司法記者クラブ

    商品コード: 2010071400195

  • 2015年07月03日
    「定義定まらず」多用

    安倍内閣の答弁書による歴史認識見直し

    商品コード: 2015070300599

  • 2015年07月03日
    「定義定まらず」多用

    安倍内閣の答弁書による歴史認識見直し

    商品コード: 2015070300601

  • 2015年07月03日
    政府答弁書 「定義定まらず」多用

    2006年10月6日付の、侵略の定義に関する衆院議員の質問主意書に対する政府答弁書

    商品コード: 2015070300606

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年12月16日
    記者会見する弁護団 朴氏、弾劾訴追の棄却要求

    韓国の憲法裁判所に答弁書を提出し、記者会見する朴槿恵大統領の弁護団=16日、ソウル(共同)

    商品コード: 2016121600837

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年12月16日
    答弁書を提出する弁護人 朴氏、弾劾訴追の棄却要求

    韓国の憲法裁判所に答弁書を提出する朴槿恵大統領の弁護人(右)=16日、ソウル(共同)

    商品コード: 2016121600836

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月24日
    記者会見する今野団長 遺族側「理由なき上告」

    宮城県石巻市立大川小を巡る訴訟で、最高裁に提出した答弁書について説明する原告団の今野浩行団長=24日午後、仙台市

    商品コード: 2018082420980

  • 2018年11月22日
    答弁する桜田五輪相 答弁書朗読「最大の仕事」

    衆院内閣委で答弁する桜田五輪相=22日午後

    商品コード: 2018112228732

  • 2018年11月22日
    内閣委に出席した五輪相 答弁書朗読「最大の仕事」

    衆院内閣委に出席した桜田五輪相=22日午後

    商品コード: 2018112228745

  • 2018年11月22日
    桜田義孝氏 答弁書朗読「最大の仕事」

    桜田義孝五輪相

    商品コード: 2018112232835

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:17.63
    2019年11月15日
    ふるさと納税訴訟、初弁論 泉佐野市「除外は違法」

    総務省がふるさと納税の新制度から大阪府泉佐野市を除外した決定は違法として、市が取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、大阪高裁(佐村浩之(さむら・ひろゆき)裁判長)で開かれた。総務省側は答弁書や意見陳述で、除外について「法令の根拠に基づき行われた適法なもので市の主張は理由がない」と主張。市の寄付募集のやり方は「制度の根幹を損ない法に抵触し、新制度に該当しないのは明らかだ」と請求棄却を求めた。一方、千代松大耕(ちよまつ・ひろやす)市長も意見陳述し、提訴した理由を「制度への復帰だけが目的ではない」とした上で、除外決定を「地方自治の根幹を揺るがす大きな問題。国と地方の主従関係を是としており地方自治を後退させるものだ」と批判した。<映像内容>泉佐野市の千代松市長らの裁判所への入り、大阪高裁の外観、千代松市長(中央)らによる記者会見、撮影日:2019(令和元)年11月15日、撮影場所:大阪府大阪市北区

    商品コード: 2019111803794

  • 1