KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 会場
  • 創作
  • 記念
  • いんげん
  • 住職
  • 入り口
  • 創建
  • 参加
  • 台座

「篆刻家」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
38
( 1 38 件を表示)
  • 1
38
( 1 38 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1950年10月27日
    山田正平

    書道家、篆刻家の山田正平=1950(昭和25)年10月27日(25年内地番号なし)

    商品コード: 2014012200532

  • 1981年02月05日
    斉良芷さん 中国画の公開実演

    中国画の公開実演をする斉白石(現代中国画の巨匠)の末娘、斉良芷さん。父親の白石は、画家・書家・篆刻家でもある=1981(昭和56)年2月5日、北京市の大鐘寺(芷は草カンムリに止)(共同)

    商品コード: 2016021500160

  • 1981年10月29日
    大石隆子さん、小林斗☆さん

    (左)大石隆子(おおいし・たかこ)、書家、(右)小林斗☆(☆今の下に酒のツクリ、下に皿)(こばやし・とあん)、篆刻家、書家=1981(昭和56)年10月29日撮影

    商品コード: 1981102900004

  • 2004年04月02日
    篆刻家の師村妙石さん 上海で日本人篆刻家の個展

    2日、中国・上海市の上海美術館で、立体展示した作品について説明する師村妙石さん(右)(共同)

    商品コード: 2004040200172

  • 2010年06月30日
    説明する師村妙石さん 日本人篆刻家が上海で個展

    30日、中国上海市の上海図書館で始まった個展で、作品の説明をする師村妙石さん(共同)

    商品コード: 2010063000599

  • 2010年06月30日
    作品と師村妙石さん 日本人篆刻家が上海で個展

    30日、中国上海市の上海図書館で始まった個展で、作品の前に立つ師村妙石さん(共同)

    商品コード: 2010063000603

  • 2013年10月23日
    師村さんと贈呈する作品 日本人篆刻家が作品を贈呈

    中日青年交流センターに贈呈する作品について説明する篆刻家の師村妙石さん=23日、北京市内(共同)

    商品コード: 2013102300615

  • 2016年04月21日
    師村妙石さん 日本人篆刻家が杭州で個展

    21日、中国浙江省杭州市の美術館で始まった個展で作品を説明する師村妙石さん(共同)

    商品コード: 2016042100781

  • 2018年11月08日
    作品を紹介する師村さん 日本人篆刻家が個展

    個展の会場で作品を紹介する師村妙石さん=8日、北京(共同)

    商品コード: 2018110824291

  • 02:31.10
    2019年08月14日
    「新華社」「100歳までのスタートの展覧会」日本の篆刻家が結んだ中国との絆

    中国浙江省安吉市の呉昌碩(ご・しょうせき)記念館にこのほど、今年70歳になる日本の篆刻(てんこく)芸術家、師村妙石氏の篆刻作品が展示された。師村氏は芸術の道において中国篆刻の巨匠、呉昌碩氏に心服している。師村氏は1972年の中日国交正常化から半世紀近く、呉氏の芸術の足跡を追う旅に熱中し、218回も中国を訪れた。篆刻に並々ならぬ愛着を持つ師村氏は、中国の伝統文化に魅せられながらも、欧米文化を糧に、東洋の線と西洋の色彩を組み合わせて伝統的な篆刻と現代美術を融合させてきた。また、印刀で漢字や仮名、記号、図柄を彫り出し、中国の従来の篆刻芸術に世界共通の言語をもたらした。師村氏はこの数十年、中国美術館や上海美術館などで個展を計30回開いたが、夢は呉昌碩記念館で自分の作品を展示することだった。師村氏は「安吉市の呉昌碩記念館での展示会は、私の出発の展覧会で、100歳までのスタートの展覧会です。非常に思い出のある展覧会になりました」と語った。(記者/応曲川、孔令杭)<映像内容>日本の篆刻芸術家である師村妙石氏の作品展示とインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407268

  • 2019年09月15日
    上海で韓天衡氏らの作品展新型コロナと闘う英雄称える

    15日、中国の書画家・篆刻家の雪泥(せつでい)氏による中国画。新型コロナウイルス感染拡大後、医療現場で働く中国の医療従事者を描いた。中国の書画家・篆刻(てんこく)家の韓天衡(かん・てんこう)氏らの作品を集めた「韓天衡師生書画篆刻作品展」が15日、中国上海市の呉昌碩海派芸術空間で始まった。新型コロナウイルスに打ち勝つために韓氏と弟子たちが創作した書道や絵画、篆刻作品68点を展示。感染拡大中に生まれたこれらの作品は、新型コロナと闘う精神を言葉や絵で表現し、最前線で闘う英雄を称えている。韓氏は1940年、上海生まれ。書道や中国画、篆刻のほか、美術理論や作品の鑑定など幅広く活躍している。(上海=新華社記者/何曦悦)=2019(令和元)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900609

  • 2019年10月31日
    西泠印社、東京で篆刻作品展開催

    10月31日、会場に展示された西泠印社の数世代の社員による篆刻作品。中国浙江省杭州市に本社を置く国際的有名な篆刻(てんこく)専門学術団体の西泠印社は10月31日~11月2日、東京・多元文化会館で所蔵作品展「西泠印社所蔵孤山勝蹟印痕展」を開催した。会場には、同社数世代にわたる社員が杭州の本社と名勝古跡をテーマに創作した篆刻作品が展示された。原印の精拓(せいたく、精巧な拓本)や現代の高解像度写真技術により、韓登安(かん・とうあん)、高式熊(こう・しきゆう)、劉江(りゅう・こう)各氏ら中国の著名篆刻家の作品を鮮明に表現したほか、西泠印社の名勝古跡の昔と今を写したパネルも展示された。(東京=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500667

  • 2019年10月31日
    西泠印社、東京で篆刻作品展開催

    10月31日、会場で西泠印社の著名篆刻家の作品を鑑賞する来場者。中国浙江省杭州市に本社を置く国際的有名な篆刻(てんこく)専門学術団体の西泠印社は10月31日~11月2日、東京・多元文化会館で所蔵作品展「西泠印社所蔵孤山勝蹟印痕展」を開催した。会場には、同社数世代にわたる社員が杭州の本社と名勝古跡をテーマに創作した篆刻作品が展示された。原印の精拓(せいたく、精巧な拓本)や現代の高解像度写真技術により、韓登安(かん・とうあん)、高式熊(こう・しきゆう)、劉江(りゅう・こう)各氏ら中国の著名篆刻家の作品を鮮明に表現したほか、西泠印社の名勝古跡の昔と今を写したパネルも展示された。(東京=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500686

  • 2019年10月31日
    西泠印社、東京で篆刻作品展開催

    10月31日、会場で西泠印社の著名篆刻家の作品を鑑賞する来場者。中国浙江省杭州市に本社を置く国際的有名な篆刻(てんこく)専門学術団体の西泠印社は10月31日~11月2日、東京・多元文化会館で所蔵作品展「西泠印社所蔵孤山勝蹟印痕展」を開催した。会場には、同社数世代にわたる社員が杭州の本社と名勝古跡をテーマに創作した篆刻作品が展示された。原印の精拓(せいたく、精巧な拓本)や現代の高解像度写真技術により、韓登安(かん・とうあん)、高式熊(こう・しきゆう)、劉江(りゅう・こう)各氏ら中国の著名篆刻家の作品を鮮明に表現したほか、西泠印社の名勝古跡の昔と今を写したパネルも展示された。(東京=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500570

  • 2019年10月31日
    西泠印社、東京で篆刻作品展開催

    10月31日、東京・多元文化会館で開かれた西泠印社所蔵孤山勝蹟印痕展の開幕式。中国浙江省杭州市に本社を置く国際的有名な篆刻(てんこく)専門学術団体の西泠印社は10月31日~11月2日、東京・多元文化会館で所蔵作品展「西泠印社所蔵孤山勝蹟印痕展」を開催した。会場には、同社数世代にわたる社員が杭州の本社と名勝古跡をテーマに創作した篆刻作品が展示された。原印の精拓(せいたく、精巧な拓本)や現代の高解像度写真技術により、韓登安(かん・とうあん)、高式熊(こう・しきゆう)、劉江(りゅう・こう)各氏ら中国の著名篆刻家の作品を鮮明に表現したほか、西泠印社の名勝古跡の昔と今を写したパネルも展示された。(東京=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500416

  • 2019年10月31日
    西泠印社、東京で篆刻作品展開催

    10月31日、西泠印社所蔵孤山勝蹟印痕展を見学する来場者。中国浙江省杭州市に本社を置く国際的有名な篆刻(てんこく)専門学術団体の西泠印社は10月31日~11月2日、東京・多元文化会館で所蔵作品展「西泠印社所蔵孤山勝蹟印痕展」を開催した。会場には、同社数世代にわたる社員が杭州の本社と名勝古跡をテーマに創作した篆刻作品が展示された。原印の精拓(せいたく、精巧な拓本)や現代の高解像度写真技術により、韓登安(かん・とうあん)、高式熊(こう・しきゆう)、劉江(りゅう・こう)各氏ら中国の著名篆刻家の作品を鮮明に表現したほか、西泠印社の名勝古跡の昔と今を写したパネルも展示された。(東京=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500593

  • 2020年01月12日
    京劇と篆刻の「巡り合い」無形文化遺産の魅力伝える展覧会開催天津

    12日、京劇の演目名が刻まれた篆刻印。中国天津市の和悦芸術館で12日、同市の書画・篆刻家楊維(よう・い)氏の作品を展示する展覧会「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」が開かれた。楊氏は京劇と篆刻という二つの無形文化遺産を見事に融合させ、初めて京劇の名優100人と100の演目名を篆刻で表現した。天津市無形文化遺産保護協会が主催する同展は、31日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603541

  • 2020年01月12日
    京劇と篆刻の「巡り合い」無形文化遺産の魅力伝える展覧会開催天津

    12日、篆刻印を見つめる来場者。中国天津市の和悦芸術館で12日、同市の書画・篆刻家楊維(よう・い)氏の作品を展示する展覧会「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」が開かれた。楊氏は京劇と篆刻という二つの無形文化遺産を見事に融合させ、初めて京劇の名優100人と100の演目名を篆刻で表現した。天津市無形文化遺産保護協会が主催する同展は、31日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603422

  • 2020年01月12日
    京劇と篆刻の「巡り合い」無形文化遺産の魅力伝える展覧会開催天津

    12日、篆刻印を手に取って見つめる来場者。中国天津市の和悦芸術館で12日、同市の書画・篆刻家楊維(よう・い)氏の作品を展示する展覧会「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」が開かれた。楊氏は京劇と篆刻という二つの無形文化遺産を見事に融合させ、初めて京劇の名優100人と100の演目名を篆刻で表現した。天津市無形文化遺産保護協会が主催する同展は、31日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603495

  • 00:51.00
    2020年01月12日
    「新華社」京劇と篆刻の「巡り合い」無形文化遺産の魅力伝える展覧会開催天津

    中国天津市の和悦芸術館で12日、同市の書画・篆刻家楊維(よう・い)氏の作品を展示する展覧会「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」が開かれた。楊氏は京劇と篆刻という二つの無形文化遺産を見事に融合させ、初めて京劇の名優100人と100の演目名を篆刻で表現した。天津市無形文化遺産保護協会が主催する同展は、31日まで開催される。(記者/周潤健)<映像内容>「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」の様子、撮影日:2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322950

  • 2020年01月12日
    京劇と篆刻の「巡り合い」無形文化遺産の魅力伝える展覧会開催天津

    12日、京劇の演目名が刻まれた篆刻印。中国天津市の和悦芸術館で12日、同市の書画・篆刻家楊維(よう・い)氏の作品を展示する展覧会「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」が開かれた。楊氏は京劇と篆刻という二つの無形文化遺産を見事に融合させ、初めて京劇の名優100人と100の演目名を篆刻で表現した。天津市無形文化遺産保護協会が主催する同展は、31日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603506

  • 2020年01月12日
    京劇と篆刻の「巡り合い」無形文化遺産の魅力伝える展覧会開催天津

    12日、篆刻印が押された縦に細長い書画「条屏」の写真を撮る来場者。中国天津市の和悦芸術館で12日、同市の書画・篆刻家楊維(よう・い)氏の作品を展示する展覧会「伝承と発揚‐書画・篆刻作品展」が開かれた。楊氏は京劇と篆刻という二つの無形文化遺産を見事に融合させ、初めて京劇の名優100人と100の演目名を篆刻で表現した。天津市無形文化遺産保護協会が主催する同展は、31日まで開催される。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603511

  • 00:45.44
    2020年11月28日
    「新華社」西泠印社元社長・沙孟海の生誕120年記念催事、北京で開催

    中国北京市の中国美術館で28日、書家・篆刻家の沙孟海(さ・もうかい)の生誕120年を記念する一連の催しが開催された。記念催事は展覧会や記念式典、シンポジウムなど多岐にわたり、中でも中国美術館で開催された「沙孟海書法篆刻芸術大展・学術文献展」は、浙江省博物館や沙孟海書学院、西泠印社(せいれいいんしゃ、篆刻を中心とする学術団体)などが所蔵する沙孟海の書道・篆刻作品、自筆原稿、文献300点余りを展示している。沙孟海は浙江省鄞(ぎん)県(現在の寧波市鄞州区)出身。20世紀の中国書壇の泰斗であり、高等書道教育の先駆者でもある。西泠印社の社長(代表)や浙江博物館名誉館長、中国書法家協会副主席などを歴任した。<映像内容>書家・篆刻家の沙孟海、作品展示の様子、撮影日:2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204565

  • 2021年11月16日
    (7)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、長崎の東明山興福寺で記念写真に納まる来賓。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614622

  • 2021年11月16日
    (10)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、福建省から寄贈された梵鐘のつき初め式の様子。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614627

  • 2021年11月16日
    (4)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、隠元禅師像の開眼式の様子。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614621

  • 2021年11月16日
    (14)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    興福寺創建400周年記念法要で記念撮影する僧侶と来賓。2020年は同寺創建400周年にあたるが、新型コロナウイルス流行の影響を受け、記念法要は今年に延期された。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社記者/華義)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614629

  • 2021年11月16日
    (3)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、隠元禅師像の開眼式と梵鐘のつき初め式であいさつする在長崎中国総領事館の張大興(ちょう・だいこう)総領事(中央)。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614612

  • 2021年11月16日
    (5)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、記念撮影する隠元禅師像の開眼式と梵鐘のつき初め式に出席した来賓。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614618

  • 2021年11月16日
    (6)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、中国仏教協会副会長、福州鼓山湧泉寺の方丈普法法師から託され長崎興福寺に贈られた書。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614619

  • 2021年11月16日
    (9)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、長崎の東明山興福寺で記念写真に納まる来賓。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614624

  • 2021年11月16日
    (12)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、興福寺で開かれた梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社記者/華義)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614625

  • 2021年11月16日
    (13)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、興福寺であいさつする在長崎中国総領事館の張大興(ちょう・だいこう)総領事。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社記者/華義)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614628

  • 03:30.56
    2021年11月16日
    「新華社」長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(記者/鄧敏、華義、楊林) =配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111615676

  • 2021年11月16日
    (2)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、梵鐘のつき初め式の様子。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614611

  • 2021年11月16日
    (8)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、興福寺創建400周年記念法要の様子。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614623

  • 2021年07月02日
    (11)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、長崎県の興福寺で開かれた隠元禅師像の開眼式。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社記者/華義)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614626

  • 2021年11月16日
    (1)長崎興福寺で隠元禅師銅像の開眼式と梵鐘のつき初め式

    14日、中国美術館の呉為山館長が創作した隠元禅師像。長崎県にある興福寺で14日、中国から寄贈された隠元(いんげん)禅師の銅像の開眼式と、福建省から同寺に寄贈された梵鐘「世界平和の鐘」のつき初め式が開かれた。式典には招待された中日の関係者が会場とオンラインで参加した。像は彫刻家で中国美術館館長の呉為山(ご・いざん)氏が興福寺開創400周年を記念して創作、寺の入り口に恒久的に安置される。高さ3・28メートル、重さ438キログラムの銅製で、台座には日本の著名篆刻家、師村妙石氏による「隠元禅師像」の文字が刻まれている。興福寺は1620年創建、中国の高僧、福建省福清出身の黄檗宗隠元禅師が日本に渡って住職を務めた初めての寺院で、寺には隠元禅師自ら筆を執った扁額や対聯(対句を書いた張り紙)などの遺作が今も残り、中日文化交流の長い歴史を物語っている。(長崎=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111614329

  • 1