KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 篆書体
  • 令和
  • 文字
  • 高さ
  • 上方
  • 国宝
  • 指定
  • 発見
  • 表面
  • 重要文化財

「篆書」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年01月29日
    陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見

    中国陝西省咸陽にある2200年余り前の秦代(紀元前221-207年)の都、咸陽の宮殿、咸陽宮遺跡区域内で先ごろ、役所の文書などを収蔵する建物「府庫」の跡が初めて見つかった。大型のもので、1970年代から80年代にかけ咸陽宮遺跡が発掘されて以来、秦代の役所の大型建物跡が見つかったのは再度のことである。今回見つかった場所は同省西咸新区秦漢新城窯店鎮にある咸陽城宮区西側の胡家溝。「府庫」は四方を土で固めた壁で囲まれている。壁は厚さが約3メートル、幅が19・5メートル、全長が110メートルある。発掘過程で石製の打楽器「編磬」(へんけい)の一部が多数見つかった。そのうちの23個には篆書体で「北宮楽府」と刻まれていた。「楽府」は歌曲の収集など音楽を担当する役所で、秦代にも「楽府」があったことがあらためて確認された。=2018(平成30)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020701107

  • 2018年01月29日
    陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見

    中国陝西省咸陽にある2200年余り前の秦代(紀元前221-207年)の都、咸陽の宮殿、咸陽宮遺跡区域内で先ごろ、役所の文書などを収蔵する建物「府庫」の跡が初めて見つかった。大型のもので、1970年代から80年代にかけ咸陽宮遺跡が発掘されて以来、秦代の役所の大型建物跡が見つかったのは再度のことである。今回見つかった場所は同省西咸新区秦漢新城窯店鎮にある咸陽城宮区西側の胡家溝。「府庫」は四方を土で固めた壁で囲まれている。壁は厚さが約3メートル、幅が19・5メートル、全長が110メートルある。発掘過程で石製の打楽器「編磬」(へんけい)の一部が多数見つかった。そのうちの23個には篆書体で「北宮楽府」と刻まれていた。「楽府」は歌曲の収集など音楽を担当する役所で、秦代にも「楽府」があったことがあらためて確認された。(新華社記者/李一博)=2018(平成30)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020701101

  • 2018年01月29日
    陝西省で秦代の文書収蔵建物跡初めて発見

    中国陝西省咸陽にある2200年余り前の秦代(紀元前221-207年)の都、咸陽の宮殿、咸陽宮遺跡区域内で先ごろ、役所の文書などを収蔵する建物「府庫」の跡が初めて見つかった。大型のもので、1970年代から80年代にかけ咸陽宮遺跡が発掘されて以来、秦代の役所の大型建物跡が見つかったのは再度のことである。今回見つかった場所は同省西咸新区秦漢新城窯店鎮にある咸陽城宮区西側の胡家溝。「府庫」は四方を土で固めた壁で囲まれている。壁は厚さが約3メートル、幅が19・5メートル、全長が110メートルある。発掘過程で石製の打楽器「編磬」(へんけい)の一部が多数見つかった。そのうちの23個には篆書体で「北宮楽府」と刻まれていた。「楽府」は歌曲の収集など音楽を担当する役所で、秦代にも「楽府」があったことがあらためて確認された。=2018(平成30)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020701134

  • 03:02.99
    2018年12月07日
    「新華社」河北省臨西県で金代の陶製墓誌銘発見王朝交代の戦火を生きた庶民の姿を記録

    中国河北省邢台市臨西県の揺鞍鎮郷でこのほど、一軒の農家から中国の金王朝(1115年~1234年)時代の墓誌銘が完全な状態で見つかった。地元の歴史文化研究者が発見した。墓誌銘は長さ70センチ、幅37センチの長方形で厚さは9・5センチ。陶製で表面はきめ細かく、つやがあり、叩くと音がする。上方に篆書体で「金故郭公墓銘」の6文字が大きく刻まれており、銘文は楷書体で720文字刻まれている。「金代大定二十年」(1180年)に作られたもので、830年余りの歴史を持つ。墓誌銘には墓の主・郭琮(かく・そう)の家族構成が記載され、彼が一族のもめごとを処理するにあたり「役所に訴えようとしたが、義を損なうことを恐れ耐え忍んだ」という逸話を紹介し、その温和で善良な人柄や喜んで人を助け、見返りを求めない美徳を称賛している。銘文には、北宋の靖康(せいこう)年間(1126~1127年)に郭琮と父親が金軍との戦いに従軍し、自身が重傷を負って戻ったことや、父親が故郷からそう遠くない場所で戦死したいきさつが特に詳細に書かれている。知らせを受けた家族、墓主の妻・劉氏が命の危険を顧みず、父親の遺体を背負って郷里に戻り埋葬したことについては「いにしえの親孝行の嫁といえども滅多に聞く話ではなく、これも(郭)公の義挙の致すところでは?」「郷里で一番の善行と称えられる」などの記載が見られ、郭琮が孝道により家を治めたすぐれた家風を褒め称えている。(記者/張碩)<映像内容>金代の陶製墓誌銘発見の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020807

  • 2019年09月15日
    上海で韓天衡氏らの作品展新型コロナと闘う英雄称える

    15日、韓天衡氏の弟子の作品。新型コロナウイルス感染拡大後、日本が中国に寄贈した支援物資に添えられ、中国の人々を深く感動させた詩を篆書体で書いた。中国の書画家・篆刻(てんこく)家の韓天衡(かん・てんこう)氏らの作品を集めた「韓天衡師生書画篆刻作品展」が15日、中国上海市の呉昌碩海派芸術空間で始まった。新型コロナウイルスに打ち勝つために韓氏と弟子たちが創作した書道や絵画、篆刻作品68点を展示。感染拡大中に生まれたこれらの作品は、新型コロナと闘う精神を言葉や絵で表現し、最前線で闘う英雄を称えている。韓氏は1940年、上海生まれ。書道や中国画、篆刻のほか、美術理論や作品の鑑定など幅広く活躍している。(上海=新華社記者/何曦悦)=2019(令和元)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900940

  • 2019年09月15日
    上海で韓天衡氏らの作品展新型コロナと闘う英雄称える

    15日、韓天衡氏の弟子の作品。新型コロナウイルス感染拡大後、日本が中国に寄贈した支援物資に添えられ、中国の人々を深く感動させた詩を篆書体で書いた。中国の書画家・篆刻(てんこく)家の韓天衡(かん・てんこう)氏らの作品を集めた「韓天衡師生書画篆刻作品展」が15日、中国上海市の呉昌碩海派芸術空間で始まった。新型コロナウイルスに打ち勝つために韓氏と弟子たちが創作した書道や絵画、篆刻作品68点を展示。感染拡大中に生まれたこれらの作品は、新型コロナと闘う精神を言葉や絵で表現し、最前線で闘う英雄を称えている。韓氏は1940年、上海生まれ。書道や中国画、篆刻のほか、美術理論や作品の鑑定など幅広く活躍している。(上海=新華社記者/何曦悦)=2019(令和元)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900792

  • 00:47.63
    2019年12月04日
    「新華社」南京博物院の秘蔵品を紹介-清乾隆仿金釉法輪

    中国江蘇省の南京博物院が所蔵する清乾隆仿金釉法輪(しんけんりゅうほうきんゆうほうりん)。両面対称で、蓮座の脚部はラッパ状に広がっている。磁器全体に金釉(金メッキ)が施されており、ルビーやサファイヤ、エメラルドを模した宝石釉による装飾がある。底部には金彩で「乾隆年制」四文字の篆書印章款がある。法輪はチベット仏教によく見られる法器で、仏教のいわゆる「七宝」の一つであることから「輪宝」とも呼ばれる。チベット地区のラマ寺院の屋根に高々とそびえる銅に金メッキが施された法輪は、チベット仏教寺院を示すシンボルとなっている。金釉瓷法輪は官窯(宮廷直属の陶磁窯)特有の磁器工芸で、清代の乾隆、嘉慶年間に制作されていた。仏教七宝がセットになったものは七宝(景泰藍)製が多く、磁器のものは非常に珍しい。(記者/劉宇軒)<映像内容>南京博物院が所蔵する「清乾隆仿金釉法輪」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406954

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓の墓室。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602631

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した羅婉順の墓誌。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602753

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した墓誌。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602710

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した元大謙の墓誌。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602691

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602645

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓内にある棺床。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602719

  • 2020年08月28日
    「招撫副使之印」、黒竜江省博物館で公開

    8月28日、黒竜江省博物館で展示された「招撫副使之印」。中国黒竜江省ハルビン市の黒竜江省博物館で「招撫副使之印」と呼ばれる印章が1カ月間の期間限定で展示されている。1963年に同省佳木斯(ジャムス)市大賚(だいらい)郷の南城子村で発見された銅製の重さ755グラムの印で、正方形の印面は一辺が6・5センチ、厚さ1・6センチ。「九畳篆(くじょうてん)」と呼ばれる篆書の派生書体で「招撫副使之印」と浮き彫りされている。印鈕(いんちゅう)部分の高さは3・5センチ、幅1・7センチ、奥行き3・5センチとなる。同博物館の専門家は招撫使について、戦時に臨時で設置される武官職で、史料にも多く記載されていると説明。今回の銅印は年代が刻まれていないが、史料と刻印の書体から金王朝(12~13世紀)末期の官印との見方を示した。(ハルビン=新華社配信/宋天寧)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090803274

  • 2020年08月28日
    「招撫副使之印」、黒竜江省博物館で公開

    8月28日、黒竜江省博物館で展示された「招撫副使之印」。中国黒竜江省ハルビン市の黒竜江省博物館で「招撫副使之印」と呼ばれる印章が1カ月間の期間限定で展示されている。1963年に同省佳木斯(ジャムス)市大賚(だいらい)郷の南城子村で発見された銅製の重さ755グラムの印で、正方形の印面は一辺が6・5センチ、厚さ1・6センチ。「九畳篆(くじょうてん)」と呼ばれる篆書の派生書体で「招撫副使之印」と浮き彫りされている。印鈕(いんちゅう)部分の高さは3・5センチ、幅1・7センチ、奥行き3・5センチとなる。同博物館の専門家は招撫使について、戦時に臨時で設置される武官職で、史料にも多く記載されていると説明。今回の銅印は年代が刻まれていないが、史料と刻印の書体から金王朝(12~13世紀)末期の官印との見方を示した。(ハルビン=新華社配信/宋天寧)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090803307

  • 2020年10月15日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶駱駝俑。(10月15日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602689

  • 2020年10月15日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶猪俑。(10月15日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602696

  • 2020年10月15日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶馬俑。(10月15日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602580

  • 2020年10月20日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶人俑。(10月20日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602734

  • 2020年10月20日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶人俑。(10月20日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602708

  • 2020年10月20日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶人俑。(10月20日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602653

  • 2020年10月21日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶磁器。(10月21日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602614

  • 2020年10月24日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した羅婉順の墓誌。(10月24日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602704

  • 2020年10月24日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した羅婉順の墓誌。(10月24日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602607

  • 00:40.40
    2020年11月13日
    「新華社」顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、中国国内で唯一、科学的な発掘調査で見つかった顔真卿の初期の筆跡となる。考古チームは今年6月から、秦漢新城龔東(きょうとう)村にある漢~唐代の墓の発掘調査を実施。隋唐時代の墓が多数出土し、元氏一族の墓3基と墓誌4点を確認した。顔真卿の筆による墓誌は、上の蓋石と下の誌石がいずれも51・4センチ四方で、花や草、四神の線刻で縁取られた蓋石の上面には篆書体(てんしょたい)16文字が、誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれていた。西安碑林博物館の陳根遠(ちん・こんえん)研究員は、今回見つかった羅婉順の墓誌は顔真卿が38歳の時に書いたもので、初期の書道作品の特徴である繊細で優雅な筆致が現れていると述べた。(記者/梁愛平、楊一苗)<映像内容>秦漢新城の調査、顔真卿の筆による墓誌、撮影日:2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111600266

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.03
    2020年11月17日
    「新華社」贛州市の福寿溝博物館都市を水害から千年守った秘密を探る

    中国江西省贛州(かんしゅう)市に、千年近く前に築かれた排水設備「福寿溝」があり、現在でも都市を水害から守っている。同市章貢区にある同施設は、経路の形が「福」と「寿」の篆書(てんしょ)体に似ていることからその名がついた。福寿溝博物館地下一階の展示室では、当時の遺構の一部を見ることができる。博物館の真下を走る排水溝は現在でも使われているという。贛州の市街地は昔から降水量が多く、水害に悩まされてきたことから、北宋の熙寧(きねい)年間(1068年~1077)年に当時の知州(州の長官)劉彝(りゅう・い)が福寿溝を建設した。劉彝は以前からあった簡易的な排水システムをもとに、水路を城内の池につなげ、洪水を防ぐための調整池とした。また、城壁に「水窓」と呼ばれる排水口を12カ所設け、城壁外の水位が城壁内より高くなると、自動的に排水口が閉まり城壁内への水の逆流を防ぐ仕組みを作った。こうした総合的な洪水対策設備が、同市を千年間洪水から守ってきたという。(記者/黄和遜)<映像内容>贛州市の福寿溝博物館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806608

  • 2021年01月02日
    (1)天津美術館で李叔同の生誕140周年を記念する展覧会

    12月31日、李叔同の初期の作品「篆書衛生金鏡四条屏」。日本に留学経験のある中国人芸術家、李叔同(り・しゅくどう)の生誕140周年を記念する展覧会「李叔同生誕140周年記念書法伝承展」がこのほど、中国天津市の天津美術館で開催された。入場は無料。会期は31日まで。李叔同は1880年10月23日天津生まれ。法号を弘一(こういつ)とし、出家後は弘一大師と称された。中国伝統文化の伝承者、大成者であり、その独特な書体は「弘体」書法と呼ばれている。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400096

  • 2021年02月13日
    (11)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺の境内にある宋高宗趙構篆書残碑。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021501154

  • 2022年05月05日
    (2)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    三絶碑風景区の庭。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600749

  • 2022年05月05日
    (9)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600750

  • 2022年05月05日
    (14)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑と受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600754

  • 2022年05月05日
    (3)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    三絶碑風景区の正殿。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600762

  • 2022年05月05日
    (12)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600768

  • 2022年05月05日
    (4)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600746

  • 2022年05月05日
    (7)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600747

  • 2022年05月05日
    (8)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600751

  • 2022年05月05日
    (10)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600755

  • 2022年05月05日
    (18)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600757

  • 2022年05月05日
    (1)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    三絶碑風景区の入り口。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600759

  • 2022年05月05日
    (13)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑の側面。。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれる。それぞれ受禅台前と漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600760

  • 2022年05月05日
    (11)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    正殿の内部。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600763

  • 2022年05月05日
    (6)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600765

  • 2022年05月05日
    (17)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600767

  • 2022年05月05日
    (20)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑拓本の印刷版。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600770

  • 2022年05月05日
    (16)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600756

  • 2022年05月05日
    (21)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑と受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600761

  • 2022年05月05日
    (15)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑の裏面(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600752

  • 2022年05月05日
    (19)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600764

  • 2022年05月05日
    (5)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600766

  • 1