KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 文字
  • 漢代
  • 時代
  • 記者
  • 会期
  • 青銅器
  • 文化財
  • 手段
  • 発見

「簡牘」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
84
( 1 84 件を表示)
  • 1
84
( 1 84 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 03:41.99
    2018年11月16日
    「新華社」木や竹の札展示会、長沙の博物館で初公開

    湖南省長沙の簡牘博物館で16日、同省で過去最大規模となる木や竹の札の展示会「湖南地区出土簡牘展」が開幕した。これらの札は「簡牘(かんどく)」と呼ばれ、中国で紙が普及する前に使われていた。湖南省で簡牘の文化史を全面的かつ体系的に展示するのは今回が初めて。同展の展示面積は約2千平方メートルで、展示物は503点、うち簡牘は366点を占め、人形木簡を含むその多くが初公開となる。同展は湖南省における簡牘の考古学的発見を主軸とし、各時代の簡牘の出土状況を年代別に整理・紹介している。また、大局的観点から、簡牘が使われていた時代の政治や経済、軍事、文化のあらゆる分野を紹介するとともに、わずかな手がかりから全体像を掴むことで、秦の時代から魏晋南北朝の時代までのさまざまな人々の生活の様子を明らかにしている。統計によると、中国全土でこれまでに出土している簡牘は30万枚余りで、うち20万枚ほどが湖南省で出土し、全国の出土総数の3分の2を占めている。同省で出土した簡牘の数は、全国最多を誇るだけでなく、種類や時期の面でも際立っており、戦国時代から秦、漢、三国さらには西晋時代に至るまで、すべての年代のものが揃っているという。(記者/丁春雨)<映像内容>湖南地区出土簡牘展の様子、撮影日:2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112616077

  • 2019年12月18日
    漢代の簡牘「漢簡」が出版甘粛省蘭州市

    18日、研究成果発表会の会場で「懸泉漢簡」と「玉門関漢簡」を閲覧する専門家ら。中国甘粛省蘭州市の簡牘(かんどく)博物館は18日、同市で「懸泉漢簡」「玉門関漢簡」研究成果発表会を行った。同省で出土した漢代の簡牘である「懸泉漢簡」と「玉門関漢簡」が20年余りの整理と研究を経て出版された。これは学術界が「両漢(前漢と後漢)」「西北」「シルクロード」などのテーマで研究を行う際の、レベルの高い一次資料となる。同省で出土した簡牘は、中国の中古時代(魏・晋・南北朝・隋・唐の時期)の百科全書であると同時に、古代シルクロードが開かれ隆盛した証しとして、極めて高い歴史的、科学的、芸術的価値を持つ。簡牘とは、竹の札に書かれた文書、竹簡(ちくかん)と木の札に書かれた文書、木牘(もくとく)を合わせた呼称。(蘭州=新華社配信/郎兵兵)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603132

  • 2019年12月18日
    漢代の簡牘「漢簡」が出版甘粛省蘭州市

    18日、甘粛簡牘博物館の最新の研究成果として出版された「懸泉漢簡」。中国甘粛省蘭州市の簡牘(かんどく)博物館は18日、同市で「懸泉漢簡」「玉門関漢簡」研究成果発表会を行った。同省で出土した漢代の簡牘である「懸泉漢簡」と「玉門関漢簡」が20年余りの整理と研究を経て出版された。これは学術界が「両漢(前漢と後漢)」「西北」「シルクロード」などのテーマで研究を行う際の、レベルの高い一次資料となる。同省で出土した簡牘は、中国の中古時代(魏・晋・南北朝・隋・唐の時期)の百科全書であると同時に、古代シルクロードが開かれ隆盛した証しとして、極めて高い歴史的、科学的、芸術的価値を持つ。簡牘とは、竹の札に書かれた文書、竹簡(ちくかん)と木の札に書かれた文書、木牘(もくとく)を合わせた呼称。(蘭州=新華社配信/郎兵兵)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603131

  • 2019年12月18日
    漢代の簡牘「漢簡」が出版甘粛省蘭州市

    18日、甘粛簡牘博物館の最新の研究成果として出版された「懸泉漢簡」。中国甘粛省蘭州市の簡牘(かんどく)博物館は18日、同市で「懸泉漢簡」「玉門関漢簡」研究成果発表会を行った。同省で出土した漢代の簡牘である「懸泉漢簡」と「玉門関漢簡」が20年余りの整理と研究を経て出版された。これは学術界が「両漢(前漢と後漢)」「西北」「シルクロード」などのテーマで研究を行う際の、レベルの高い一次資料となる。同省で出土した簡牘は、中国の中古時代(魏・晋・南北朝・隋・唐の時期)の百科全書であると同時に、古代シルクロードが開かれ隆盛した証しとして、極めて高い歴史的、科学的、芸術的価値を持つ。簡牘とは、竹の札に書かれた文書、竹簡(ちくかん)と木の札に書かれた文書、木牘(もくとく)を合わせた呼称。(蘭州=新華社配信/郎兵兵)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122603106

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005642

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された「宮一品太監劉華仁墓誌銘」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005695

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された商代甲骨文(約紀元前1600年~前1046年)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005697

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北宋時代の「范仲淹神道碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005700

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された漢代画像磚の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005705

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「李佑墓誌銘(蓋)」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005724

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された漢代の「『富貴昌』文字碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005726

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を撮影する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005727

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「陳専墓誌銘(蓋)」の拓本を撮影する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005733

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で拓本の採拓を実演するスタッフ。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005759

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された新石器時代・仰韶文化期の刻符彩陶(約7千~5千年前)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005659

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された商代甲骨文(約紀元前1600年~前1046年)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020011005706

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北斉時代の「故假黄鉞太師太尉蘭陵忠武王碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005760

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された西周時代「毛公鼎」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005667

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された商代甲骨文(約紀元前1600年~前1046年)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020011005707

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された漢代画像磚の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005732

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日に撮影した「冀州従事馮君碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005699

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された「武則天撰書『昇仙太子之碑』」の拓本(中央)を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005719

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「武則天撰書『昇仙太子之碑』」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005721

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北斉時代の「造像刊経碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005723

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005729

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北魏時代の「仏教造像碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005713

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北宋時代の「富直方墓誌銘(蓋)」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005715

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005708

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北宋時代の「富弼墓誌銘(蓋)」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005710

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「張之甫墓誌銘」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005717

  • 00:57.46
    2020年04月26日
    「新華社」簡牘の魅力に迫る甘粛省

    中国では紙の発明以前に、文字を記録するために「簡牘(かんどく)」が使われていた。書籍にまつわる名詞は今でも簡牘の時代の伝統を受け継いでいる。甘粛簡牘博物館整理研究部の肖従礼(しょう・じゅうれい)主任は、簡牘が主に木や竹で作られ、一般に竹の札を「簡」、木の札を「牘」と呼び、二つを合わせた名称が簡牘だと説明した。甘粛省では多くの簡牘が出土しており、1907年以降に出土した計8万枚のうち7万枚余りを漢墓から出土した竹簡「漢簡」が占めている。肖主任によると、同館で現在所蔵している秦・漢代から西晋時代までの簡牘計4万枚近くの大部分は漢簡で、漢簡の保存数は中国で出土した簡牘全体の約80%を占めている。(記者/馬莎)<映像内容>保管されている簡牘、竹簡「漢簡」など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803224

  • 01:06.08
    2020年05月22日
    「新華社」エキスパートを養成、博物館に「簡牘読解クラス」開設甘粛省

    中国甘粛省は木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」の出土が多く、1907年から今までに計8万枚余りが見つかっている。うち漢代の漢簡は7万枚以上を占めている。甘粛簡牘博物館では現在、簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した文物1万件余りをまとめて保存している。同博物館では簡牘の内容により精通し、文物の研究・整理を進め、職員の業務遂行能力を高めることを目的に、3月末から「簡牘読解クラス」を設け週一回のペースで勉強会を行っている。(記者/馬莎)<映像内容>甘粛簡牘博物館に保存されている簡牘、勉強会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701205

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:00.64
    2020年05月23日
    「新華社」「割り勘」でおもてなし、2千年前に書かれた勘定書

    中国では紙が発明されるまで、簡牘(かんどく)が最も主要な記録媒体だった。昔の人は木や竹の札に文字を書き、絹や麻のひもでとじて書物のようにし、これを簡牘と呼んでいた。甘粛省は簡牘の出土が最も多い省で、1907年から今までに計8万枚以上が見つかっている。うち漢代(紀元前202年~220年)の簡牘「漢簡」は7万枚以上に上る。甘粛省簡牘博物館では現在、4万枚以上の簡牘とそれらと一緒に出土した文物1万件余りがまとめて保存されている。中でも、2千年前の昔の人の支払い方法が詳細に記録された「割り勘」の勘定書は、同館が所蔵する宝物の一つとなっている。同館整理研究部の肖従礼(しょう・じゅうれい)主任によると、これは2千年前に国境付近の関所で人をもてなした際の勘定書で、標題には「労辺使者過界中費」と書かれているという。辺境の兵士を慰労するために朝廷から派遣された使者(労辺使者)を、地方の関所の官吏がもてなした際にかかった費用をについて書かれており、食材には穀物や米、羊、酒、野菜などを用意したとの記録がある。また、最後に費用を集計し、肩水金関(酒泉市金塔県にある関所)の官吏27人が1人55銭ずつを均等に分担したことも書かれている。木や竹の札一枚一枚が歴史の移り変わりを目撃しただけでなく、2千年前の人々の日常生活を詳細に記録していた。(記者/馬莎)<映像内容>甘粛省簡牘博物館に保管されている簡牘、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701221

  • 2020年05月25日
    多岐にわたる収蔵品が登場江南文化芸術展開幕上海市

    25日、上海博物館で開催中の「春風千里‐江南文化芸術展」に展示された湖南省博物館所蔵の「青釉対書俑(せいゆうたいしょよう)」。西晋時代に作られた簡牘(かんどく)の校正を行う人物をかたどった人形で、これまで発見された唯一の対書俑。中国上海市の上海博物館で25日、「春風千里‐江南文化芸術展」が開幕した。同展は同館所蔵の文化財を中心に、安徽博物院、湖南省博物館、遼寧省博物館、南京博物院、浙江省博物館などの15機関から貸し出された重要な文化財を含む計197点(組)を展示している。展示品の種類は骨角器や玉石器、青銅器、陶磁器、書画、古籍、漆器、家具、印章、竹器・木器、ガラス器など多岐にわたる。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802112

  • 2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館に展示されている三国時代の標識用の木札。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120805968

  • 2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館に展示されている簡牘。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120806011

  • 2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館で展示品を見つめる来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120805985

  • 2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館に展示されている後漢の簡牘と出土品。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120806081

  • 2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館で展示品を見つめる来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120805998

  • 2020年12月12日
    (5)漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    遺跡から出土した封緘(ふうかん)用の簡牘「封検」。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。(寧波=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506405

  • 2020年12月12日
    (2)漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    遺跡から出土した鳥の頭の形をした磁器の彫刻。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。(寧波=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506385

  • 2020年12月12日
    (3)漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    遺跡から出土した土器の甕、器、鉢。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。(寧波=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506101

  • 00:53.56
    2020年12月12日
    「新華社」漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。今回の調査では、封緘(ふうかん)用の簡牘である「封検」や複数の面に文字が書かれた「觚(こ)」、表と裏に墨書のある木の板が各1点ずつ出土した。「封検」の長さは22センチで、底には書物の封印に用いた封泥(ふうでい)の跡を示す小型の四角い窪みや穴、溝が見つかった。寧波市文化遺産管理研究院の関係者は、「当時の人は公私文書の郵送時に秘密を保持するために、木簡を使って文書を覆った。そして紐で縛り、結び目を粘土で覆い印を押して封じた。封緘に用いた木簡は『検』と言い、『検』には通常、受取人の名前、住所、郵送方法が書かれていた。これは現在の封筒に相当する」と説明した。同遺跡の出土品は浙江地域の漢代基層集落の考古学調査における重要な発見で、簡牘は後漢前・中期の中国南東地域の民間宗教信仰を研究する上で重要な資料となる。(記者/顧小立)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506704

  • 2020年12月12日
    (1)漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    余姚花園新村にある漢六朝遺跡の発掘エリア。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。(寧波=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506182

  • 2020年12月12日
    (4)漢~六朝時代の「簡牘」を発見浙江省寧波市

    遺跡から出土した漢代の銅銭。(資料写真)中国浙江省寧波市文化遺産管理研究院によると、同市余姚花園新村にある漢六朝遺跡で行われた考古学調査の結果がこのほど、明らかになった。今回出土した「簡牘」(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)は、浙江地域の漢代文化を全体的に理解する上で重要な意義を持つ。同遺跡は明・清代の余姚県城南城の巽水門の外側にあり、今回、簡牘と共に陶器や磁器、石器、銅器、木器、骨器など300点余りが出土し、動植物の遺物も多数見つかった。(寧波=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506245

  • 2021年04月30日
    里耶古城遺跡から出土した簡牘などを公開湖南省長沙市

    4月30日、湖南省の里耶古城遺跡から出土した「洞庭郡」の簡牘。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州での出土品を集めた企画展「里耶から長沙へ-簡牘の中の湖湘史を読み解く」が先月30日から長沙博物館で開かれている。同州竜山県里耶鎮や同省益陽、長沙両市で出土した簡牘(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)158点に加え、金器や玉器、青銅器、陶磁器など127点を公開している。会期は6月30日まで。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011708

  • 2021年05月02日
    (2)里耶古城遺跡から出土した簡牘などを公開湖南省長沙市

    4月30日、会場でトゥチャ族に伝わる絹織物の技法を披露する伝承者。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州での出土品を集めた企画展「里耶から長沙へ-簡牘の中の湖湘史を読み解く」が先月30日から長沙博物館で開かれている。同州竜山県里耶鎮や同省益陽、長沙両市で出土した簡牘(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)158点に加え、金器や玉器、青銅器、陶磁器など127点を公開している。会期は6月30日まで。(長沙=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050203194

  • 2021年05月02日
    (4)里耶古城遺跡から出土した簡牘などを公開湖南省長沙市

    4月30日、展示された簡牘に見入る来場者。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州での出土品を集めた企画展「里耶から長沙へ-簡牘の中の湖湘史を読み解く」が先月30日から長沙博物館で開かれている。同州竜山県里耶鎮や同省益陽、長沙両市で出土した簡牘(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)158点に加え、金器や玉器、青銅器、陶磁器など127点を公開している。会期は6月30日まで。(長沙=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050203204

  • 2021年05月02日
    (7)里耶古城遺跡から出土した簡牘などを公開湖南省長沙市

    4月30日、展示された簡牘に見入る来場者。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州での出土品を集めた企画展「里耶から長沙へ-簡牘の中の湖湘史を読み解く」が先月30日から長沙博物館で開かれている。同州竜山県里耶鎮や同省益陽、長沙両市で出土した簡牘(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)158点に加え、金器や玉器、青銅器、陶磁器など127点を公開している。会期は6月30日まで。(長沙=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050203208

  • 2021年05月02日
    (8)里耶古城遺跡から出土した簡牘などを公開湖南省長沙市

    4月30日、展示された簡牘に見入る来場者。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州での出土品を集めた企画展「里耶から長沙へ-簡牘の中の湖湘史を読み解く」が先月30日から長沙博物館で開かれている。同州竜山県里耶鎮や同省益陽、長沙両市で出土した簡牘(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)158点に加え、金器や玉器、青銅器、陶磁器など127点を公開している。会期は6月30日まで。(長沙=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050203217

  • 2021年05月02日
    (5)里耶古城遺跡から出土した簡牘などを公開湖南省長沙市

    4月30日、展示された簡牘を撮影する来場者。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州での出土品を集めた企画展「里耶から長沙へ-簡牘の中の湖湘史を読み解く」が先月30日から長沙博物館で開かれている。同州竜山県里耶鎮や同省益陽、長沙両市で出土した簡牘(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)158点に加え、金器や玉器、青銅器、陶磁器など127点を公開している。会期は6月30日まで。(長沙=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050203207

  • 2021年05月02日
    (6)里耶古城遺跡から出土した簡牘などを公開湖南省長沙市

    4月30日、展示された簡牘に見入る来場者。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州での出土品を集めた企画展「里耶から長沙へ-簡牘の中の湖湘史を読み解く」が先月30日から長沙博物館で開かれている。同州竜山県里耶鎮や同省益陽、長沙両市で出土した簡牘(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)158点に加え、金器や玉器、青銅器、陶磁器など127点を公開している。会期は6月30日まで。(長沙=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050203203

  • 2021年05月02日
    (1)里耶古城遺跡から出土した簡牘などを公開湖南省長沙市

    4月30日、湖南省益陽市の兎子山遺跡から出土した「掛け算の九九」が記された簡牘。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州での出土品を集めた企画展「里耶から長沙へ-簡牘の中の湖湘史を読み解く」が先月30日から長沙博物館で開かれている。同州竜山県里耶鎮や同省益陽、長沙両市で出土した簡牘(かんどく、文字を記した竹簡や木のふだ)158点に加え、金器や玉器、青銅器、陶磁器など127点を公開している。会期は6月30日まで。(長沙=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050203193

  • 2021年05月18日
    (1)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館で収蔵品の簡牘を見せる職員。(4月19日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809055

  • 2021年05月18日
    (7)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(複製写真、5月6日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809071

  • 2021年05月18日
    (6)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(4月26日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809073

  • 2021年05月18日
    (10)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(複製写真、4月19日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809103

  • 2021年05月18日
    (12)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(複製写真、4月19日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809105

  • 2021年05月18日
    (2)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(2019年10月14日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809057

  • 2021年05月18日
    (8)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(複製写真、5月6日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809106

  • 2021年05月18日
    (13)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(複製写真、4月19日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809108

  • 2021年05月18日
    (3)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(2019年10月14日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809060

  • 2021年05月18日
    (4)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(複製写真、4月19日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809063

  • 2021年05月18日
    (9)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(複製写真、5月6日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅してい。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809104

  • 2021年05月18日
    (17)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(4月26日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809164

  • 2021年05月18日
    (16)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(4月26日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809165

  • 2021年05月18日
    (11)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(複製写真、5月6日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809107

  • 2021年05月18日
    (14)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(4月26日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809115

  • 2021年05月18日
    (15)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(4月26日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809155

  • 2021年05月18日
    (5)甘粛簡牘博物館に収蔵された簡牘に迫る

    甘粛簡牘博物館が収蔵する簡牘。(4月26日撮影)中国北西部に位置する甘粛省は、木や竹の札に文字を記した「簡牘(かんどく)」が多く出土することで知られ、中でも漢代の簡牘「漢簡」は国内で出土した80%以上を同省の出土品が占めている。同省敦煌市で漢簡が発見されて以来、敦煌や居延、武威、天水、甘谷などで相次いで、秦、漢、晋、唐、西夏の五つの時代のものを含んだ簡牘が延べ40回余り出土しており、これまでに出土した簡牘4万枚余りと、それらと一緒に出土した遺物1万点余りが同省蘭州市の甘粛簡牘博物館に収蔵されている。簡牘は、紙が発明される以前の古代中国人にとって最も中心的な筆記媒体の一つであり、簡牘に記録された文献は2種類に大別される。一つは、古代の諸家の経典や著述、詩賦、兵学書、医学書および薬方書の写本で、もう一つは、行政・律法、詔令、勅書、檄文などの中央および地方の公文書で、その使用範囲は基本的に、当時文字が用いられた全ての分野をほぼ網羅している。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809062

  • 2021年09月22日
    (7)数千年伝わる中国伝統医薬が一堂に四川省成都博物館で特別展

    甘粛省博物館所蔵の医学書「治百病方」の簡牘6枚(後漢)。(資料写真)中国四川省の成都博物館で17日、「中国医学の美を見つける‐中国伝統医薬文物特別展」が開幕した。数多くの展示品を通し、中医薬が数千年にわたって受け継がれてきた理由や病気の治療方法をひもといている。中国伝統の医薬文物をテーマに、故宮博物院や中国社会科学院考古研究所、上海中医薬大学など、国内数十の機関が所蔵する展示品300点(セット)余りを一堂に展示。会期は12月12日まで。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092203171

  • 2022年01月05日
    (3)海昏侯国の「国除詔書」を発見漢廃帝・劉賀の死去日が判明

    「制曰下」の記載のある「国除詔書」木牘。「制曰下」は詔書の書式で、通常はその後に詔書下達の対象が続く。(資料写真)中国江西省南昌市にある漢代海昏(かいこん)国遺跡の劉賀(りゅう・が)墓から出土した5200枚余りの簡牘(かんどく、竹の札「竹簡」と木の札「木牘」の総称)を整理していた専門家がこのほど、海昏国の廃止を命じる「国除詔書」を発見し、解読に成功した。中国社会科学院古代史研究所の楊博(よう・はく)副研究員によると、前漢の国除詔書の実物が見つかったのは初めてだという。詔書には、劉賀の死から海昏侯国の廃止に至る歴史が記録されていた。劉賀については「九月乙巳に死す」、昌邑(しょうゆう)王国については「六県を合わせ国となす」、海昏侯国については「水旱数重なり、災害多し」など史書に記載がなく、前漢の歴史書「漢書」の記述を補う内容が書かれていた。研究者は、劉賀が「九月乙巳」つまり紀元前59年の太初暦9月8日に死んだと推測している。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010504177

  • 2022年01月05日
    (2)海昏侯国の「国除詔書」を発見漢廃帝・劉賀の死去日が判明

    洗浄を終えた木牘の残片の赤外線写真。(資料写真)中国江西省南昌市にある漢代海昏(かいこん)国遺跡の劉賀(りゅう・が)墓から出土した5200枚余りの簡牘(かんどく、竹の札「竹簡」と木の札「木牘」の総称)を整理していた専門家がこのほど、海昏国の廃止を命じる「国除詔書」を発見し、解読に成功した。中国社会科学院古代史研究所の楊博(よう・はく)副研究員によると、前漢の国除詔書の実物が見つかったのは初めてだという。詔書には、劉賀の死から海昏侯国の廃止に至る歴史が記録されていた。劉賀については「九月乙巳に死す」、昌邑(しょうゆう)王国については「六県を合わせ国となす」、海昏侯国については「水旱数重なり、災害多し」など史書に記載がなく、前漢の歴史書「漢書」の記述を補う内容が書かれていた。研究者は、劉賀が「九月乙巳」つまり紀元前59年の太初暦9月8日に死んだと推測している。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010504173

  • 2022年01月05日
    (4)海昏侯国の「国除詔書」を発見漢廃帝・劉賀の死去日が判明

    劉賀の死後に豫章太守が海昏侯国の廃止を朝廷に進言したことを記す「国除詔書」木牘。「漢書・武五子伝」の記述を裏付けている。(資料写真)中国江西省南昌市にある漢代海昏(かいこん)国遺跡の劉賀(りゅう・が)墓から出土した5200枚余りの簡牘(かんどく、竹の札「竹簡」と木の札「木牘」の総称)を整理していた専門家がこのほど、海昏国の廃止を命じる「国除詔書」を発見し、解読に成功した。中国社会科学院古代史研究所の楊博(よう・はく)副研究員によると、前漢の国除詔書の実物が見つかったのは初めてだという。詔書には、劉賀の死から海昏侯国の廃止に至る歴史が記録されていた。劉賀については「九月乙巳に死す」、昌邑(しょうゆう)王国については「六県を合わせ国となす」、海昏侯国については「水旱数重なり、災害多し」など史書に記載がなく、前漢の歴史書「漢書」の記述を補う内容が書かれていた。研究者は、劉賀が「九月乙巳」つまり紀元前59年の太初暦9月8日に死んだと推測している。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010504332

  • 2022年01月05日
    (1)海昏侯国の「国除詔書」を発見漢廃帝・劉賀の死去日が判明

    出土したばかりの木牘の残片の一部。(資料写真)中国江西省南昌市にある漢代海昏(かいこん)国遺跡の劉賀(りゅう・が)墓から出土した5200枚余りの簡牘(かんどく、竹の札「竹簡」と木の札「木牘」の総称)を整理していた専門家がこのほど、海昏国の廃止を命じる「国除詔書」を発見し、解読に成功した。中国社会科学院古代史研究所の楊博(よう・はく)副研究員によると、前漢の国除詔書の実物が見つかったのは初めてだという。詔書には、劉賀の死から海昏侯国の廃止に至る歴史が記録されていた。劉賀については「九月乙巳に死す」、昌邑(しょうゆう)王国については「六県を合わせ国となす」、海昏侯国については「水旱数重なり、災害多し」など史書に記載がなく、前漢の歴史書「漢書」の記述を補う内容が書かれていた。研究者は、劉賀が「九月乙巳」つまり紀元前59年の太初暦9月8日に死んだと推測している。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010504174

  • 00:27.04
    2022年01月05日
    「新華社」海昏侯国の「国除詔書」を発見漢廃帝・劉賀の死去日が判明

    中国江西省南昌市にある漢代海昏(かいこん)国遺跡の劉賀(りゅう・が)墓から出土した5200枚余りの簡牘(かんどく、竹の札「竹簡」と木の札「木牘」の総称)を整理していた専門家がこのほど、海昏国の廃止を命じる「国除詔書」を発見し、解読に成功した。海昏侯国は前漢時代の諸侯国で、主墓は初代海昏侯の劉賀の墓と判明している。劉賀は武帝の孫で、第9代皇帝(廃帝)として即位したが、不行跡を問われ在位27日で海昏侯に格下げされた。中国社会科学院古代史研究所の楊博(よう・はく)副研究員によると、前漢の国除詔書の実物が見つかったのは初めてだという。詔書には、劉賀の死から海昏侯国の廃止に至る歴史が記録されていた。劉賀については「九月乙巳に死す」、昌邑(しょうゆう)王国については「六県を合わせ国となす」、海昏侯国については「水旱数重なり、災害多し」など史書に記載がなく、前漢の歴史書「漢書」の記述を補う内容が書かれていた。研究者は、劉賀が「九月乙巳」つまり紀元前59年の太初暦9月8日に死んだと推測している。海昏侯国は劉賀の死後、劉充国(りゅう・じゅうこく)と劉奉親(りゅう・ほうしん)の2人の子も相次ぎ死去したことから廃止された。国除詔書が海昏侯国のある豫章郡に届いた日付を「十月甲申(10月17日)」とする史書の記述を考慮すると、同侯国が劉賀の死から40日足らずで廃止されたことが分かる。詔書の木牘は漢代の一尺(現在の約23センチ)で、隷書で記されていた。縦書きで2行ずつ記載する当時の標準的な「罪免詔書(罪を犯した諸侯の除封や役人の免職を命じる詔書)」だという。木牘には、当時の皇帝、宣帝が丞相や博士など中二千石、二千石の高官に公卿会議を開いて海昏侯国廃止を検討するよう命じたことも記載されていた。楊氏によると、詔書の整理は現在も進行中で、今後も劉賀の家族や海昏侯国の史実、漢代公文書制度と諸王列侯制度に関する問題が多く発見される可能性があるという。(記者/袁慧晶) =配信日: 2022(令和4)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010508156

  • 2022年01月11日
    (6)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市

    5日、長沙簡牘博物館で展示された簡牘。中国湖南省長沙市の長沙簡牘博物館で7日、同博物館と甘粛簡牘博物館の共催による「流沙墜簡ー甘粛出土簡牘文物精華展」が始まった。甘粛簡牘博物館が所蔵する、居延、肩水、懸泉置、敦煌、地湾の各遺跡から出土した「簡牘(かんどく、木や竹の札に文字を記したもの)」の名品316組(327点)を厳選して展示。国家1級文化財106点も含まれ、漢代の辺境駐屯兵の生活の様子を紹介している。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011110005

  • 2022年01月11日
    (5)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市

    長沙簡牘博物館で展示された簡牘。(資料写真)中国湖南省長沙市の長沙簡牘博物館で7日、同博物館と甘粛簡牘博物館の共催による「流沙墜簡ー甘粛出土簡牘文物精華展」が始まった。甘粛簡牘博物館が所蔵する、居延、肩水、懸泉置、敦煌、地湾の各遺跡から出土した「簡牘(かんどく、木や竹の札に文字を記したもの)」の名品316組(327点)を厳選して展示。国家1級文化財106点も含まれ、漢代の辺境駐屯兵の生活の様子を紹介している。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011110010

  • 2022年01月11日
    (2)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市

    国家1級文化財の懸泉置漢簡「元康四年鶏出入簿」。前漢宣帝の元康4(紀元前62)年、懸泉置を来訪した官吏や使者をもてなすために鶏肉が使われたことや、その出所が記されている。(資料写真)中国湖南省長沙市の長沙簡牘博物館で7日、同博物館と甘粛簡牘博物館の共催による「流沙墜簡ー甘粛出土簡牘文物精華展」が始まった。甘粛簡牘博物館が所蔵する、居延、肩水、懸泉置、敦煌、地湾の各遺跡から出土した「簡牘(かんどく、木や竹の札に文字を記したもの)」の名品316組(327点)を厳選して展示。国家1級文化財106点も含まれ、漢代の辺境駐屯兵の生活の様子を紹介している。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011109997

  • 2022年01月11日
    (3)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市

    甘粛省敦煌市の懸泉置遺跡から出土した国家1級文化財の帛書(はくしょ、絹布に書かれた書)の私信「元致子方書」。(資料写真)中国湖南省長沙市の長沙簡牘博物館で7日、同博物館と甘粛簡牘博物館の共催による「流沙墜簡ー甘粛出土簡牘文物精華展」が始まった。甘粛簡牘博物館が所蔵する、居延、肩水、懸泉置、敦煌、地湾の各遺跡から出土した「簡牘(かんどく、木や竹の札に文字を記したもの)」の名品316組(327点)を厳選して展示。国家1級文化財106点も含まれ、漢代の辺境駐屯兵の生活の様子を紹介している。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011110007

  • 2022年01月11日
    (4)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市

    国家1級文化財の肩水金関漢簡「労辺使者過界中費」。(資料写真)中国湖南省長沙市の長沙簡牘博物館で7日、同博物館と甘粛簡牘博物館の共催による「流沙墜簡ー甘粛出土簡牘文物精華展」が始まった。甘粛簡牘博物館が所蔵する、居延、肩水、懸泉置、敦煌、地湾の各遺跡から出土した「簡牘(かんどく、木や竹の札に文字を記したもの)」の名品316組(327点)を厳選して展示。国家1級文化財106点も含まれ、漢代の辺境駐屯兵の生活の様子を紹介している。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011110008

  • 2022年02月14日
    干支は前漢時代にもあった?海昏簡牘に「虎」が多数出現

    「虎」の記述がある海昏易簡。(資料写真)中国の干支(えと)は数千年の歴史を持つ。寅(とら)年の今年、江西省南昌市にある前漢時代の諸侯墓、海昏(かいこん)侯劉賀(りゅう・が)墓の研究者は、出土した簡牘(かんどく、竹札と木札の総称)に十二支の動物10種類を含む多くの動物の名前があり、うち虎は4回出現していることを突き止めた。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021403739

  • 2022年02月14日
    海昏侯墓の竹簡、前漢諸侯王の儀礼行為が明らかに

    「王会飲義(儀)」竹簡の赤外線スキャン図。(資料写真)中国江西省南昌市にある前漢時代の諸侯墓、海昏(かいこん)侯劉賀(りゅう・が)墓で出土した「海昏簡牘(かんどく、竹札と木札の総称)」を研究するチームはこのほど、竹簡数十枚に記された「王会飲義(儀)」などの記述から、それらが儀礼に関する文献だと判断した。諸侯王の儀礼行為を専門に記録した文献資料の発見は初めてだという。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021403488

  • 2022年04月26日
    漢初に書籍が流行秦の焚書坑儒経て出土簡牘で明らかに

    兔子山遺跡から出土した「献書」の文字が書かれた簡牘。左は実物写真、右は赤外線画像。(資料写真)中国湖南省文物考古研究所の張春竜(ちょう・しゅんりゅう)研究員はこのほど、同省益陽市の兔子山遺跡から出土した前漢時代の簡牘(かんどく、文字を記した竹札と木札の総称)6枚に、秦代の書籍所持禁止から漢初の蔵書や献本、借本の流行に至る歴史の変化が記されていたと明らかにした。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042611838

  • 1