KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 米ぬか油
  • カネミ倉庫
  • 保存
  • 福岡市
  • 一升瓶
  • 企業
  • 福岡県
  • 食品
  • 一斗缶
  • 原料

「米糠」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1968年10月16日
    カネミ油症

    米ぬか油からヒ素を抽出する北九州市衛生研究所員=北九州衛生研究所(43年内地 4870)

    商品コード: 2011061700144

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1968年10月16日
    カネミ油症

    米ぬか油を製造したカネミ倉庫の製油部(43年内地 4871)

    商品コード: 2011061700145

  • 03:39.80
    1972年06月12日
    「中日映画社」PCB汚染

    昭和29年にPCBが生産されて以来57,000t。都立大の磯野先生は次世代に影響が出ると警告。1968年頃、カネミ倉庫がつくった米ぬか油(食用油)を使った人たちの間で発症した。原因は、米ぬか油の脱臭の工程で使ったPCB(ポリ塩化ビフェニル)が混入したためである。のちに、本当の原因物質はPCBの中にごくわずか混じっていたダイオキシンだとわかった。いままでカネミ油症の原因物質はPCBといわれてきたが、じつはPCBが熱せられてできたジベンゾフランが本当の原因物質だという。<映像内容>患者のインタビュー PCB検査の様子 食品を購入する人々 都立大磯野先生のインタビュー 東京都衛生試験部のひよこを使った実験 環境破壊の映像、※撮影日不明・公開日:1972年(昭和47年)6月16日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2017112100389

  • 1976年06月21日
    回収された米ぬか油 裁かれる人間破壊

    各地から回収されたPCB混入の米ぬか油。患者宅で使った油の中には3000PPMの毒性濃度が検出されたものもあった(昭和43年10月)(写真特集「裁かれる人間破壊」6枚組の2)

    商品コード: 2013111100160

  • 1997年02月15日
    「炎くん」を持つ社長 米ぬかをストーブ燃料に

    米ぬかと廃油を再利用した固形燃料「炎くん」を持つ長谷川秀夫社長=富山県黒部市沓掛

    商品コード: 1997021500047

  • 1999年08月17日
    新素材のRBセラミックス 米ぬか素材にセラミックス

    米ぬかを素材にした「RBセラミックス」(右)、中央は焼き上げる前の原材料、左は原料の脱脂米ぬか

    商品コード: 1999081700012

  • 2000年10月03日
    堀切川一男助教授 米ぬか素材の靴底を開発

    米ぬかを原料とするセラミックスを配合し、滑りにくくした靴底を示す山形大の堀切川一男助教授=山形県米沢市の山形大工学部

    商品コード: 2000100300123

  • 2000年12月26日
    抗菌物質を持つ谷口主任 米ぬか利用し抗菌剤精製

    )、社始573S、1月6日付朝刊用  抗菌物質の「フェルラ酸メチル」を手にする和歌山県工業技術センターの谷口久次主任研究員=和歌山市

    商品コード: 2000122600085

  • 2003年12月25日
    スノーパッチと開発者 米ぬか素材で「靴パッチ」

    米ぬかから作られた「スノーパッチ」を手にする堀切川一男教授=18日、仙台市青葉区

    商品コード: 2003122500152

  • 2004年03月09日
    仕込み作業をする職員ら 健康アミノ酸ギャバを増産

    培養器に米ぬかを入れ、仕込み作業をする研究所職員(左)と酒造会社社員=9日午前、秋田市の県総合食品研究所

    商品コード: 2004030900208

  • 2005年11月07日
    誇り高い民族の味継承

    ライギョの餌は、小魚や小さなエビ、トウモロコシや米ぬか=フウ・スエンの養殖場(共同)

    商品コード: 2005110700134

  • 2009年08月03日
    死がいをたい肥化 赤潮でブリ14万匹死ぬ

    赤潮で死んだ養殖ブリなどの死がいをたい肥化するため、米ぬかや専用薬剤を振り掛ける天草漁協関係者=2009(平成21)年8月3日午後5時すぎ、熊本県天草市牛深町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015070100378

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年03月05日
    米ぬかを測定 母親らが「市民測定所」

    米ぬかを測定器に入れる測定員=5日午前、横浜市磯子区

    商品コード: 2012030500102

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月30日
    記者会見する保田弁護士 「つらさ、例えようない」

    カネミ油症訴訟の結審後、記者会見する保田行雄弁護士。左はカネミ倉庫製の米ぬか油の瓶=30日午後、北九州市小倉北区

    商品コード: 2012083000450

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年09月06日
    わなに米ぬか 白昼の住宅街にイノシシ

    動物を誘い込むための米ぬかをわなの中に置く捕獲隊員=8月、福島県浪江町

    商品コード: 2017090600512

  • 2018年10月06日
    米ぬか油の缶と一升瓶 支援拡充、認定緩和訴え

    表面化から50年となる食品公害「カネミ油症」の患者団体が開いた集会で、会場に置かれた発生当時のカネミ倉庫製の米ぬか油の缶(右)と一升瓶=6日午後、福岡市

    商品コード: 2018100600939

  • 2018年10月09日
    米ぬか油の一斗缶と一升瓶 企業や国との協議、今なお

    福岡県内の住宅で50年にわたり保存されていた、カネミ倉庫製の米ぬか油の一斗缶(右)と一升瓶=6日、福岡市

    商品コード: 2018100921028

  • 2018年10月09日
    米ぬか油の一升瓶 企業や国との協議、今なお

    福岡県内の住宅で50年にわたり保存されていた、カネミ倉庫製の米ぬか油の一升瓶=6日、福岡市

    商品コード: 2018100921030

  • 2018年10月09日
    検査依頼月日の記載ラベル 企業や国との協議、今なお

    福岡県内の住宅で50年にわたり保存されていた、カネミ倉庫製の米ぬか油の一升瓶に貼られたラベル。「検査依頼月日 昭和43年10月22日」との記載がある=6日、福岡市

    商品コード: 2018100921031

  • 2018年10月09日
    米ぬか油の一斗缶 企業や国との協議、今なお

    福岡県内の住宅で50年にわたり保存されていた、カネミ倉庫製の米ぬか油の一斗缶=6日、福岡市

    商品コード: 2018100921032

  • 2018年10月09日
    皮膚疾患が生じた被害者 企業や国との協議、今なお

    カネミ倉庫製の米ぬか油を口にした後、皮膚疾患が生じた被害者=1972年3月31日

    商品コード: 2018100921038

  • 2018年11月17日
    米ぬか油の一斗缶と一升瓶 カネミ油症50年、犠牲悼む

    福岡県内の住宅で50年にわたり保存されていた、カネミ倉庫製の米ぬか油の一斗缶と一升瓶=10月、福岡市

    商品コード: 2018111703392

  • 2018年11月17日
    皮膚疾患が生じた被害者 カネミ油症50年、犠牲悼む

    カネミ倉庫製の米ぬか油を口にした後、皮膚疾患が生じた被害者=1972年3月31日

    商品コード: 2018111703401

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月15日
    白石バイオマスのバイオマス材料を30%使用したレジ袋「ネオプラUバッグ」

    白石バイオマス(京都府京丹後市)は、抗菌・消臭機能を持ち、植物由来のバイオマス材料を30%配合したプラスチック製レジ袋を開発し、小売業向けに提案を始めた。政府は7月からプラ製レジ袋の有料化を義務付ける方針だが、開発品は対象外製品になる。価格は厚みや形状、受注枚数などによって異なるが、一般的な汎用プラ製レジ袋に比べ約3割高い程度に抑えた。年間100トンの販売を目指す。白石バイオマスが開発したのは、材料にでんぷんを20%、米ぬかを10%配合したポリ袋「ネオプラUバッグ」。プラ製包装材の製造などを手がける丸真化学工業(兵庫県豊岡市)と共同開発した。白石バイオマスは原料を供給する。ネオプラUバッグは、米ぬかが持つ抗菌・消臭機能を保持したまま、レジ袋に求められる強度を付与した。500ミリリットル入りペットボトルを6本入れた場合でも破れず、持ち運べる。食品衛生法の溶出試験に適合しており、食品などをそのまま入れられる。「レジ袋有料化」の対象外になるのは、植物由来の原料を25%以上含むこと、厚さ0・05ミリメートル以上、微生物によって分解される生分解性素材など、いずれかの条件を満たす必要がある。白石バイオマスは、米ぬかを20%配合し、抗菌などの機能を持たせたポリ袋を販売していたが、強度上20%が限界だった。丸真化学工業の持つ、袋原反の加工工程や添加剤などの技術で、機能を保持したまま強度を持たせることに成功した。買い物袋として使った後は、抗菌の機能を生かした食品保存や消臭機能を生かしたおむつ廃棄、生ゴミ処理などの二次利用ができる。荻野社長は「生分解性樹脂より安価に製造できる。有料化を機に一般消費者にも袋の二次利用を普及させたい」としている。=2020(令和2)年1月15日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020703355

  • 2020年02月14日
    正解がない面白さを知る

    イノシシを箱わなにおびき寄せるため、米ぬかをまく次男の佐路くんと千松信也さん=京都市左京区

    商品コード: 2020021407398

  • 2020年06月29日
    米ぬかのナイトクリーム 商品ニュース

    日本盛の「米ぬか美人 NS―K 吟醸ナイトクリーム」

    商品コード: 2020062908382

  • 2020年11月08日
    World News - November 8, 2020

    November 8, 2020, Klaten, CENTRAL JAVA, INDONESIA: A man unloads rice bran for fodder from a pickup truck against the backdrop of Mount Merapi, in Balerante, Klaten, Central Java, Indonesia Sunday, November 8, 2020. Indonesian authorities raise the danger level for the volatile Mount Merapi volcano on the densely populated island of Java on Thursday, November 5, 2020. Tourism and mining activities were also halted including people living on the slopes of the volcano having been evacuated following increased volcanic activity. (Credit Image: © Slamet Riyadi/ZUMA Wire)、クレジット:©Slamet Riyadi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111101384

  • 1