KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • 北京
  • 実現
  • ちょう
  • キュウリ
  • スイカ
  • トマト
  • 協同組合
  • 品種

「粛寧県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
38
( 1 38 件を表示)
  • 1
38
( 1 38 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県
    2018年11月15日
    中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県

    15日、河北省粛寧県にある民族楽器工場で作業する従業員。中国河北省の民族楽器生産拠点、粛寧県はここ数年、企業の産業高度化を積極的に指導し、楽器産業では従来の家内工業による生産から近代化、企業化された生産経営モデルへの転換を推進し、良好な成果を上げている。同県の民族楽器生産企業は現在60社余りで、筝、琵琶、揚琴などの楽器の年間生産量は70万面余りに達している。楽器製品は国内だけでなく、日本、アメリカなどにも出荷されている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119399

  •  中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県
    2018年11月15日
    中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県

    15日、河北省粛寧県にある民族楽器工場で作業する従業員。中国河北省の民族楽器生産拠点、粛寧県はここ数年、企業の産業高度化を積極的に指導し、楽器産業では従来の家内工業による生産から近代化、企業化された生産経営モデルへの転換を推進し、良好な成果を上げている。同県の民族楽器生産企業は現在60社余りで、筝、琵琶、揚琴などの楽器の年間生産量は70万面余りに達している。楽器製品は国内だけでなく、日本、アメリカなどにも出荷されている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119564

  •  中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県
    2018年11月15日
    中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県

    15日、河北省粛寧県にある民族楽器工場で作業する従業員。中国河北省の民族楽器生産拠点、粛寧県はここ数年、企業の産業高度化を積極的に指導し、楽器産業では従来の家内工業による生産から近代化、企業化された生産経営モデルへの転換を推進し、良好な成果を上げている。同県の民族楽器生産企業は現在60社余りで、筝、琵琶、揚琴などの楽器の年間生産量は70万面余りに達している。楽器製品は国内だけでなく、日本、アメリカなどにも出荷されている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119121

  •  中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県
    2018年11月15日
    中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県

    15日、河北省粛寧県にある民族楽器工場で作業する従業員。中国河北省の民族楽器生産拠点、粛寧県はここ数年、企業の産業高度化を積極的に指導し、楽器産業では従来の家内工業による生産から近代化、企業化された生産経営モデルへの転換を推進し、良好な成果を上げている。同県の民族楽器生産企業は現在60社余りで、筝、琵琶、揚琴などの楽器の年間生産量は70万面余りに達している。楽器製品は国内だけでなく、日本、アメリカなどにも出荷されている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119343

  •  中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県
    2018年11月15日
    中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県

    15日、河北省粛寧県にある民族楽器工場で作業する従業員。中国河北省の民族楽器生産拠点、粛寧県はここ数年、企業の産業高度化を積極的に指導し、楽器産業では従来の家内工業による生産から近代化、企業化された生産経営モデルへの転換を推進し、良好な成果を上げている。同県の民族楽器生産企業は現在60社余りで、筝、琵琶、揚琴などの楽器の年間生産量は70万面余りに達している。楽器製品は国内だけでなく、日本、アメリカなどにも出荷されている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119418

  •  「手推繡」で豊かさへ河北省粛寧県
    2018年11月21日
    「手推繡」で豊かさへ河北省粛寧県

    21日、「手推繡」用の糸を選ぶ粛寧県・麗秀坊工芸品有限公司の従業員。中国河北省粛寧(しゅくねい)県は2016年に北京から手推繡(てすいしゅう、伝統的な刺繍工芸で、蘇州刺繍の技法を受け継いでいる)の企業を郷・鎮に誘致し、「政府+企業+農家」の方式で、周辺地域の女性、特に貧困家庭の女性に無料の研修や雇用の機会を与えてきた。現在、同県の手推繡製品は、フランス、イタリア、日本などの国と地域に輸出され、女性400人余りの雇用や増収の実現を後押しした。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615281

  •  「手推繡」で豊かさへ河北省粛寧県
    2018年11月21日
    「手推繡」で豊かさへ河北省粛寧県

    21日、「手推繡」製品を刺繍している粛寧県・麗秀坊工芸品有限公司の従業員。中国河北省粛寧(しゅくねい)県は2016年に北京から手推繡(てすいしゅう、伝統的な刺繍工芸で、蘇州刺繍の技法を受け継いでいる)の企業を郷・鎮に誘致し、「政府+企業+農家」の方式で、周辺地域の女性、特に貧困家庭の女性に無料の研修や雇用の機会を与えてきた。現在、同県の手推繡製品は、フランス、イタリア、日本などの国と地域に輸出され、女性400人余りの雇用や増収の実現を後押しした。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615593

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (5)労働節連休の国内旅行者2億3千万人コロナ流行前の水準上回る

    2日、河北省滄州市粛寧県の牡丹文化園で披露された槍術の「五虎断門槍」。中国文化・観光部は5日夜、労働節(メーデー)連休(1~5日)の国内旅行者数は前年同期比2・2倍の2億3千万人で、新型コロナウイルス流行前の同じ時期を3・2%上回る水準だったと発表した。新型コロナウイルス流行前の同じ時期を3・2%上回る水準。国内観光収入は前年同期比2・4倍の1132億3千万元(1元=約17円)と、新型コロナ流行前の77%まで回復した。連休中に大きな事故や感染拡大などは報告されていないという。(滄州=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606524

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月17日
    (6)ネット起業の道を歩む新卒者河北省石家荘市

    10日、ライブ配信を通して釣竿や釣具を販売する李媛媛さん。中国河北省滄州市粛寧県出身の李媛媛(り・えんえん)さんは、河北能源職業技術学院の新卒者。大学でクラウドコンピューティング技術と応用を学んだ後、同県にUターンし、ライブ配信を通じて商品を販売する「ライブコマース」に携わっている。粛寧県はここ数年、ライブコマースなど特産品の電子商取引(EC)に力を入れており、配信者の養成センターを設立した。李さんも研修に参加し、ショート動画の制作やライブ配信による商品販売の基本を習得した。同県の特産品、釣竿と釣具関連の従事者は2万人以上で、ECによる売上高は年間16億元(1元=約20円)と全体の8割を占める。地元農家のほとんどが釣竿や釣具の販売に従事しているため、李さんは友人たちと起業し、ライブコマースを手掛けることにした。李さんは「今後は困難もあると思うが、起業の道を歩み続けたい」と語る。(石家荘=新華社記者/張碩)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061709636

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月17日
    (5)ネット起業の道を歩む新卒者河北省石家荘市

    9日、起業支援拠点で講師からライブ配信の技術を学ぶ李媛媛さん(右)。中国河北省滄州市粛寧県出身の李媛媛(り・えんえん)さんは、河北能源職業技術学院の新卒者。大学でクラウドコンピューティング技術と応用を学んだ後、同県にUターンし、ライブ配信を通じて商品を販売する「ライブコマース」に携わっている。粛寧県はここ数年、ライブコマースなど特産品の電子商取引(EC)に力を入れており、配信者の養成センターを設立した。李さんも研修に参加し、ショート動画の制作やライブ配信による商品販売の基本を習得した。同県の特産品、釣竿と釣具関連の従事者は2万人以上で、ECによる売上高は年間16億元(1元=約20円)と全体の8割を占める。地元農家のほとんどが釣竿や釣具の販売に従事しているため、李さんは友人たちと起業し、ライブコマースを手掛けることにした。李さんは「今後は困難もあると思うが、起業の道を歩み続けたい」と語る。(石家荘=新華社記者/張碩)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061709623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月17日
    (3)ネット起業の道を歩む新卒者河北省石家荘市

    9日、起業支援拠点でライブ配信の練習をする李媛媛さん。中国河北省滄州市粛寧県出身の李媛媛(り・えんえん)さんは、河北能源職業技術学院の新卒者。大学でクラウドコンピューティング技術と応用を学んだ後、同県にUターンし、ライブ配信を通じて商品を販売する「ライブコマース」に携わっている。粛寧県はここ数年、ライブコマースなど特産品の電子商取引(EC)に力を入れており、配信者の養成センターを設立した。李さんも研修に参加し、ショート動画の制作やライブ配信による商品販売の基本を習得した。同県の特産品、釣竿と釣具関連の従事者は2万人以上で、ECによる売上高は年間16億元(1元=約20円)と全体の8割を占める。地元農家のほとんどが釣竿や釣具の販売に従事しているため、李さんは友人たちと起業し、ライブコマースを手掛けることにした。李さんは「今後は困難もあると思うが、起業の道を歩み続けたい」と語る。(石家荘=新華社記者/張碩)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061709681

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月17日
    (4)ネット起業の道を歩む新卒者河北省石家荘市

    10日、梱包の練習をする李媛媛さん(左)。まずはアシスタントとして仕入れや梱包を担当している。中国河北省滄州市粛寧県出身の李媛媛(り・えんえん)さんは、河北能源職業技術学院の新卒者。大学でクラウドコンピューティング技術と応用を学んだ後、同県にUターンし、ライブ配信を通じて商品を販売する「ライブコマース」に携わっている。粛寧県はここ数年、ライブコマースなど特産品の電子商取引(EC)に力を入れており、配信者の養成センターを設立した。李さんも研修に参加し、ショート動画の制作やライブ配信による商品販売の基本を習得した。同県の特産品、釣竿と釣具関連の従事者は2万人以上で、ECによる売上高は年間16億元(1元=約20円)と全体の8割を占める。地元農家のほとんどが釣竿や釣具の販売に従事しているため、李さんは友人たちと起業し、ライブコマースを手掛けることにした。李さんは「今後は困難もあると思うが、起業の道を歩み続けたい」と語る。(石家荘=新華社記者/張碩)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061709602

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月17日
    (1)ネット起業の道を歩む新卒者河北省石家荘市

    9日、ECの無料講習を受ける李媛媛さん(中央)。中国河北省滄州市粛寧県出身の李媛媛(り・えんえん)さんは、河北能源職業技術学院の新卒者。大学でクラウドコンピューティング技術と応用を学んだ後、同県にUターンし、ライブ配信を通じて商品を販売する「ライブコマース」に携わっている。粛寧県はここ数年、ライブコマースなど特産品の電子商取引(EC)に力を入れており、配信者の養成センターを設立した。李さんも研修に参加し、ショート動画の制作やライブ配信による商品販売の基本を習得した。同県の特産品、釣竿と釣具関連の従事者は2万人以上で、ECによる売上高は年間16億元(1元=約20円)と全体の8割を占める。地元農家のほとんどが釣竿や釣具の販売に従事しているため、李さんは友人たちと起業し、ライブコマースを手掛けることにした。李さんは「今後は困難もあると思うが、起業の道を歩み続けたい」と語る。(石家荘=新華社記者/張碩)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061709627

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月17日
    (7)ネット起業の道を歩む新卒者河北省石家荘市

    10日、ライブ配信を通して釣竿や釣具を販売する李媛媛さん。中国河北省滄州市粛寧県出身の李媛媛(り・えんえん)さんは、河北能源職業技術学院の新卒者。大学でクラウドコンピューティング技術と応用を学んだ後、同県にUターンし、ライブ配信を通じて商品を販売する「ライブコマース」に携わっている。粛寧県はここ数年、ライブコマースなど特産品の電子商取引(EC)に力を入れており、配信者の養成センターを設立した。李さんも研修に参加し、ショート動画の制作やライブ配信による商品販売の基本を習得した。同県の特産品、釣竿と釣具関連の従事者は2万人以上で、ECによる売上高は年間16億元(1元=約20円)と全体の8割を占める。地元農家のほとんどが釣竿や釣具の販売に従事しているため、李さんは友人たちと起業し、ライブコマースを手掛けることにした。李さんは「今後は困難もあると思うが、起業の道を歩み続けたい」と語る。(石家荘=新華社記者/張碩)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061709686

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月17日
    (8)ネット起業の道を歩む新卒者河北省石家荘市

    10日、釣竿や釣具を選ぶ李媛媛さん(左)。まずはアシスタントとして仕入れや梱包を担当している。中国河北省滄州市粛寧県出身の李媛媛(り・えんえん)さんは、河北能源職業技術学院の新卒者。大学でクラウドコンピューティング技術と応用を学んだ後、同県にUターンし、ライブ配信を通じて商品を販売する「ライブコマース」に携わっている。粛寧県はここ数年、ライブコマースなど特産品の電子商取引(EC)に力を入れており、配信者の養成センターを設立した。李さんも研修に参加し、ショート動画の制作やライブ配信による商品販売の基本を習得した。同県の特産品、釣竿と釣具関連の従事者は2万人以上で、ECによる売上高は年間16億元(1元=約20円)と全体の8割を占める。地元農家のほとんどが釣竿や釣具の販売に従事しているため、李さんは友人たちと起業し、ライブコマースを手掛けることにした。李さんは「今後は困難もあると思うが、起業の道を歩み続けたい」と語る。(石家荘=新華社記者/張碩)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061709598

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月17日
    (2)ネット起業の道を歩む新卒者河北省石家荘市

    9日、ECの無料講習を受ける李媛媛さん。中国河北省滄州市粛寧県出身の李媛媛(り・えんえん)さんは、河北能源職業技術学院の新卒者。大学でクラウドコンピューティング技術と応用を学んだ後、同県にUターンし、ライブ配信を通じて商品を販売する「ライブコマース」に携わっている。粛寧県はここ数年、ライブコマースなど特産品の電子商取引(EC)に力を入れており、配信者の養成センターを設立した。李さんも研修に参加し、ショート動画の制作やライブ配信による商品販売の基本を習得した。同県の特産品、釣竿と釣具関連の従事者は2万人以上で、ECによる売上高は年間16億元(1元=約20円)と全体の8割を占める。地元農家のほとんどが釣竿や釣具の販売に従事しているため、李さんは友人たちと起業し、ライブコマースを手掛けることにした。李さんは「今後は困難もあると思うが、起業の道を歩み続けたい」と語る。(石家荘=新華社記者/張碩)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061709603

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月17日
    (9)ネット起業の道を歩む新卒者河北省石家荘市

    11日、粛寧県の人力資源・社会保障局創業サービスホールで、新卒者起業支援政策について相談する李媛媛さん(左)。中国河北省滄州市粛寧県出身の李媛媛(り・えんえん)さんは、河北能源職業技術学院の新卒者。大学でクラウドコンピューティング技術と応用を学んだ後、同県にUターンし、ライブ配信を通じて商品を販売する「ライブコマース」に携わっている。粛寧県はここ数年、ライブコマースなど特産品の電子商取引(EC)に力を入れており、配信者の養成センターを設立した。李さんも研修に参加し、ショート動画の制作やライブ配信による商品販売の基本を習得した。同県の特産品、釣竿と釣具関連の従事者は2万人以上で、ECによる売上高は年間16億元(1元=約20円)と全体の8割を占める。地元農家のほとんどが釣竿や釣具の販売に従事しているため、李さんは友人たちと起業し、ライブコマースを手掛けることにした。李さんは「今後は困難もあると思うが、起業の道を歩み続けたい」と語る。(石家荘=新華社記者/張碩)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061709721

  •  (5)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (5)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、育苗ハウスで作物の生育状況を確認する張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309175

  •  (7)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (7)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、育苗ハウスで作物の生育状況を確認する張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309177

  •  (9)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (9)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、連棟型育苗ハウスでスプリンクラーを確認する張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309180

  •  (21)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (21)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社の育苗拠点。(小型無人機から)中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309224

  •  (4)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (4)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、育苗ハウスで作物の生育状況を確認する張莎莎さん(左)。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309151

  •  (10)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (10)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、育苗ハウスで播種作業を行う張莎莎さん(左)。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309176

  •  (13)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (13)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、試験栽培ハウスで作物の生育状況を確認する張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309178

  •  (1)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (1)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、県外からの見学者に育苗技術を解説する張莎莎さん(中央)。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309147

  •  (20)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (20)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、育苗ハウスで播種作業を行う張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309219

  •  (2)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (2)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、試験栽培ハウスで作物の生育状況を確認する張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309228

  •  (3)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (3)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、育苗ハウスで苗を運ぶ張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309154

  •  (14)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (14)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、育苗ハウスで商品プロモーションのライブ配信を行う張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309182

  •  (6)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (6)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、育苗ハウスで商品プロモーションのライブ配信を行う張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309171

  •  (12)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (12)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、試験栽培ハウスで作物に付けたラベルを整理する張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309172

  •  (15)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (15)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、育苗ハウスで間もなく出荷する苗を確認する張莎莎さん(右から1人目)。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309223

  •  (11)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (11)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、県外からの見学者に育苗技術を解説する張莎莎さん(右から3人目)。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309174

  •  (16)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (16)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、育苗ハウスで間もなく出荷する苗を運ぶ張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309218

  •  (18)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (18)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、連棟型育苗ハウスで苗の生育状況を確認する張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309221

  •  (8)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (8)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、顧客の苗の整理を手伝う張莎莎さん(左)。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309173

  •  (17)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (17)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、連棟型育苗ハウスで苗の生育状況を確認する張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309222

  •  (19)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市
    2023年02月23日
    (19)故郷に戻り2億本の苗を育てる女性河北省滄州市

    17日、連棟型育苗ハウスで育苗トレーを整理する張莎莎さん。中国河北省滄州市粛寧県の緑苑野菜専業合作社(協同組合)の責任者、張莎莎(ちょう・ささ)さん(33)は2015年、故郷に戻り夫とともに野菜の育苗や新品種の導入、モデル栽培、普及活動を始めた。同合作社は現在、苗の専門生産と産業化経営を実現、社員600人余りを抱え、年間を通してキュウリやトマト、スイカなど野菜と果物の苗70種以上を育てている。出荷量は14年の1億本から2億本に増加、出荷先は北京や天津、河北など14省・市に広がっている。(滄州=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022309215

  • 1