KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 傷口
  • 専門家
  • 平成
  • 成功
  • 排便
  • 排尿
  • 癒合
  • 確認
  • 福福
  • 行動

「精巣腫瘍」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年04月20日
    働き盛り世代に多く発症

    精巣腫瘍の特徴

    商品コード: 2017042000355

  • 2017年04月20日
    働き盛り世代に多く発症

    精巣腫瘍の特徴

    商品コード: 2017042000357

  • 2019年02月22日
    ジャイアントパンダ「福福」、精巣腫瘍の手術が成功

    精巣摘出手術中のジャイアントパンダ「福福」。(2月22日撮影)中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の獣医が1月、ジャイアントパンダ「福福(フーフー)」の定期健診で、左側精巣に腫瘍ができていることを確認。その後、専門家の診察で精巣腫瘍と診断された。「福福」は2月22日、基地内の動物病院手術室で左側精巣を摘出したが、現在は気力や食欲、行動、排尿・排便がいずれも正常時に戻っており、傷口の癒合も良好だ。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700511

  • 2019年03月18日
    ジャイアントパンダ「福福」、精巣腫瘍の手術が成功

    18日、順調な回復ぶりを見せるジャイアントパンダ「福福」。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の獣医が1月、ジャイアントパンダ「福福(フーフー)」の定期健診で、左側精巣に腫瘍ができていることを確認。その後、専門家の診察で精巣腫瘍と診断された。「福福」は2月22日、基地内の動物病院手術室で左側精巣を摘出したが、現在は気力や食欲、行動、排尿・排便がいずれも正常時に戻っており、傷口の癒合も良好だ。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700456

  • 2019年03月20日
    ジャイアントパンダ「福福」、精巣腫瘍の手術が成功

    20日、順調な回復ぶりを見せるジャイアントパンダ「福福」。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の獣医が1月、ジャイアントパンダ「福福(フーフー)」の定期健診で、左側精巣に腫瘍ができていることを確認。その後、専門家の診察で精巣腫瘍と診断された。「福福」は2月22日、基地内の動物病院手術室で左側精巣を摘出したが、現在は気力や食欲、行動、排尿・排便がいずれも正常時に戻っており、傷口の癒合も良好だ。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700496

  • 2019年03月20日
    ジャイアントパンダ「福福」、精巣腫瘍の手術が成功

    20日、順調な回復ぶりを見せるジャイアントパンダ「福福」。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の獣医が1月、ジャイアントパンダ「福福(フーフー)」の定期健診で、左側精巣に腫瘍ができていることを確認。その後、専門家の診察で精巣腫瘍と診断された。「福福」は2月22日、基地内の動物病院手術室で左側精巣を摘出したが、現在は気力や食欲、行動、排尿・排便がいずれも正常時に戻っており、傷口の癒合も良好だ。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700464

  • 00:53.28
    2019年03月22日
    「新華社」ジャイアントパンダ「福福」、精巣腫瘍の手術が成功

    中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の獣医が1月、ジャイアントパンダ「福福(フーフー)」の定期健診を行った際に、左側精巣がやや肥大し、硬くなっているのを発見した。さらに超音波検査を行った結果、初期診断で左側精巣に腫瘍ができていることを確認。その後、専門家の診察で精巣腫瘍と診断された。「福福」は2月22日午後、基地内の動物病院手術室で左側精巣の摘出手術を受けた。手術は約1時間で無事終了し、術中の「福福」の生理・生化学指数は正常で、バイタルサインも安定していた。術後40分で立って歩けるようになり、6時間後には気力や食欲、行動が正常時に戻った。現在も「福福」の気力や食欲、行動、排尿・排便はいずれも正常で、排尿・排便量も術前のレベルに戻っている。血液指数も正常で、傷口の癒合も良好だ。同基地では「福福」の腫瘍摘出後、採取した検体を三つの異なる研究室に送り、病理診断を行った。その結果、最終的に精上皮腫(セミノーマ)と診断された。セミノーマは悪性腫瘍だが、そのほとんどは予後が良好だとされる。同基地では、引き続き最大の注意を払い、定期的に「福福」の再検査を行いながら、反対側の精巣の変化を注意深く観察していく。(記者/蕭永航)<映像内容>ジャイアントパンダの手術と術後の様子、撮影日:2019(平成31)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700533

  • 1