KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 収穫
  • 出荷
  • 平成
  • 果実
  • 果物
  • 測定
  • ムー
  • 産地

「糖度」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
101
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
101
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1982年05月04日
    マスカット収穫始まる

    マスカットどころ、浅口郡船穂町(現・倉敷市船穂地区)で、加温マスカットの収穫が始まった。同町船穂千行の栽培農家では午前8時ごろから、温室いっぱいに垂れ下がったみずみずしい房の中から成熟したものを丹念に選び、一房ずつ丁寧に摘み取り箱に詰めていった。船穂地区の今年の作柄は〝豊作型〞。春先から天候が良かったため、粒ぞろいが良く、糖度も16~17度と甘い。出荷先は京阪神、東京、名古屋など。=1982(昭和57)年5月4日、岡山県船穂町(現・倉敷市)、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050801788

  • 1999年02月19日
    糖度センサーで甘さ合格 スイカ甘いか初出荷

    スイカ生産量日本一を誇る熊本県植木町で19日、早くもハウスものの出荷が始まった。農家から集まった1万個の大玉をJA総合流通センターの検査員が丹念に選別、全国で初めて導入されたスイカ用「糖度センサー」で甘味を測定した。平均糖度は「甘い」と出て、判定にニッコリ。同センターでは「暖冬で日照時間が長かったため、例年より一回り大きく色も抜群の出来」と自信満々。東京、大阪を中心に出荷され、店頭では昨年より高めの一玉4千円ほどで並ぶという

    商品コード: 1999021900075

  • 2000年06月08日
    沖縄でマンゴー本格収穫 サミット首脳も召し上がれ

    「サミット首脳も召し上がれ」。マンゴーの本格収穫が八日、沖縄県豊見城村で始まった。今年は開花時期の天候不順のため、収穫量は昨年の約六割に減少したが、梅雨入り後も好天が続いたことや、ハウスを加温する栽培法で、糖度が高く甘い果実が実った。生産農家の赤嶺智英さんは「世界的にも沖縄のマンゴーはおいしいとの評判」と自信をのぞかせた。

    商品コード: 2000060800128

  • 2001年09月25日
    トマト ソ菜(野菜)

    水平放任で高糖度トマト栽培=2001(平成13)年9月25日、長野県蓑輪町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外13−1733−10]

    商品コード: 2017072001283

  • 2003年04月11日
    ビールかすで栽培のトマト アサヒが高糖度トマト販売

    ビール大麦の殻皮で作ったモルトセラミックス(ビールかす)を使って栽培した高糖度トマト

    商品コード: 2003041100162

  • 2004年08月21日
    収穫する鳥取の農家 二十世紀ナシの収穫始まる

    過去最高の糖度となった二十世紀ナシを収穫する山田一寿さん夫妻=21日午前、鳥取県東郷町

    商品コード: 2004082100089

  • 02:56.87
    2007年07月05日
    立方体メロンを初出荷 愛知、1万5百円

    愛知県立渥美農業高校(田原市)の生徒が発案したサイコロのような形のメロン「カクメロ」を、豊橋市や田原市の農家が5日、初出荷した。インターネット「JAタウン」などを通じて、首都圏を中心にした全国に1個1万500円で100個を出荷する予定だ。カクメロは、マスクメロンに鉄製の型枠をはめ、立方体になるよう栽培した。今年1月に、同校と地元の2つの農協が共同で特許を取得した<映像内容>「カクメロ」を収穫する栽培農家、豊橋の農協で出荷準備をする渥美農業高校の生徒たち、メロンの糖度を測る担当教諭、特徴についてコメントする生徒、撮影日:2007(平成19)年7月5日、撮影場所:愛知県立豊橋市

    商品コード: 2020020702113

  • 2009年07月02日
    トマトの新品種 高糖度のトマト商品化

    新システムで栽培した高糖度のトマト「紀の川ジュレア」=2日、和歌山県橋本市

    商品コード: 2009070200273

  • 2012年04月05日
    マンゴー 果樹

    専用のトレーに載せて果実の重さや糖度を自動で計測=2012(平成24)年4月5日、宮崎県日南市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20120405DSR_6189e]

    商品コード: 2017071100190

  • 2012年04月05日
    マンゴー 果樹

    専用のトレーに載せて果実の重さや糖度を自動で計測=2012(平成24)年4月5日、宮崎県日南市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20120405選果機]

    商品コード: 2017071100191

  • 2012年04月05日
    マンゴー 果樹

    専用のトレーに載せて果実の重さや糖度を自動で計測=2012(平成24)年4月5日、宮崎県日南市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20120405DSR_6044e]

    商品コード: 2017071100198

  • 2013年01月26日
    高糖度イチゴを販売

    ジェイアール東海商事が名古屋駅構内の土産店で売り出す高糖度イチゴ「こはる」

    商品コード: 2013012600133

  • 2013年09月05日
    熊本県 超高糖度デコポン開発へ

    熊本県が生産量日本一を誇るデコポン=2013(平成25)年9月5日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015070200500

  • 2014年11月13日
    糖度計を見る皇太子さま 皇太子さまジャム作り視察

    ジャム作り教室を視察し、糖度計をのぞき込まれる皇太子さま=13日午前、神戸市西区の「兵庫楽農生活センター」

    商品コード: 2014111300228

  • 2015年06月09日
    桃をPRする松本さん ギネスお墨付き、甘~い桃

    桃の糖度の高さがギネス世界記録に登録され、松井一郎大阪府知事(左)にPRする松本隆弘さん=9日午後、大阪府庁

    商品コード: 2015060900533

  • 2015年06月27日
    採れたて野菜

    店頭に並ぶ北海道長沼町の高糖度トマト「フルティカ」

    商品コード: 2015062700209

  • 2016年05月14日
    トマトのリキュール

    高糖度のトマトを使った「フルーツトマトリキュール」

    商品コード: 2016051400252

  • 01:54.54
    2016年06月14日
    でんすけすいか1玉50万 初競り、北海道当麻町産

    北海道当麻町の特産品で、黒光りした皮とシャキシャキとした食感が特徴の高級スイカ「でんすけすいか」の初競りが14日、旭川市と札幌市の青果市場で開かれた。両市場で計約260玉が競りにかけられ、最高額は旭川の市場で付いた1玉50万円だった。過去最高額は2008年の65万円。JA当麻によると、今年は天候に恵まれ、順調に生育。品種改良で糖度がより高く、身が詰まったものになったという。約7万玉を出荷する予定で、最盛期は7月上旬ごろ。小売店では1玉5千円前後で販売される。<映像内容>旭川市の青果市場で行われた競り、でんすけすいかの物撮り、すいかを切る市場関係者、撮影日:2016(平成28)年6月14日、撮影場所:北海道旭川市

    商品コード: 2020022706685

  • 00:53.18
    2016年07月19日
    「東奥日報」ブランド認定メロン 出荷式/つがる

    つがる市のつがるブランド推進会議(会長・福島弘芳市長)は19日、ごしょつがる農協木造総合支店で本年産ブランド認定メロンの出荷式を行い、糖度15度以上のタカミメロン3200箱を大阪、名古屋の市場に送った。<映像内容>メロンの出荷風景、撮影日:2016(平成28)年7月19日、撮影場所:ごしょつがる農協木造総合支店(青森県つがる市)、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材

    商品コード: 2018012600577

  • 2018年08月21日
    Start of the grape harvest on the Hessian Bergstrasse

    21 August 2018, Germany, Heppenheim: Otto Guthier, Managing Director of Bergstr舖ser Winzergenossenschaft, looks into a refractometer in a vineyard in the “Heppenheimer Stemmler“ location. Harvesting begins today on the Hessian Bergstrasse. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082221981

  • 2018年08月21日
    Start of the grape harvest on the Hessian Bergstrasse

    21 August 2018, Germany, Heppenheim: Otto Guthier, Managing Director of Bergstr舖ser Winzergenossenschaft, looks into a refractometer in a vineyard in the “Heppenheimer Stemmler“ location. Harvesting begins today on the Hessian Bergstrasse. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082221978

  • 2018年08月21日
    Start of the grape harvest on the Hessian Bergstrasse

    21 August 2018, Germany, Heppenheim: Otto Guthier, managing director of Bergsträsser Winzergenossenschaft, distributes grape juice of the grape variety Frühburgunder on a refractometer in a vineyard in the location “Heppenheimer Stemmler“. Harvesting begins today on the Hessian Bergstrasse. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082222386

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: A employee from the Harzer Winery harvest the first Müller-Thurgau grapes of the year. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423541

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: The employee Doreen Klinger from the Harzer Weingut harvests the first Müller-Thurgau grapes of the year. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423593

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: Matthias Kirrmann from the Harzer Weingut pours the first Müller-Thurgau grapes of the year into a vat. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423532

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: The trainee Jenny Flügel (l) and the employee Doreen Klinger from the Harzer Weingut are happy about the start of the vintage. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423600

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: The employee Doreen Klinger from the Harzer Weingut harvests the first Müller-Thurgau grapes of the year. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423475

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: Matthias Kirrmann from the Harzer Weingut pours the first Müller-Thurgau grapes of the year into a vat. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423477

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: The trainee Jenny Flügel (l) and the employee Doreen Klinger from the Harzer Winery harvest the first Müller-Thurgau grapes of the year. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423479

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: Müller-Thurgau grapes hang on the vines of the Harz vineyard. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423500

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: Matthias Kirrmann from the Harzer Weingut gets the first Müller-Thurgau grapes of the year from his vineyard. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423478

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: The employee Doreen Klinger from the Harzer Weingut harvests the first Müller-Thurgau grapes of the year. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423610

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: Matthias Kirrmann from the Harzer Weingut pours the first Müller-Thurgau grapes of the year into a vat. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423491

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: Matthias Kirrmann (l) from the Harzer Weingut gets the first Müller-Thurgau grapes of the year from his vineyard. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423501

  • 2018年09月03日
    Grape harvest in the Harz Mountains

    03.09.2018, Saxony-Anhalt, Quedlinbburg: Matthias Kirrmann from the Harzer Weingut pours the first Müller-Thurgau grapes of the year into a vat. Harvesting had never begun so early as this year in the vineyards of the Harz winery. Strong heat and drought, however, have reduced the yield and caused the sugar content to be too high. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090423499

  • 2018年10月18日
    AIで糖度を判定するウリ専門店が登場海南省海口市

    18日、AIでウリの糖度を判定する専門店で、店員の手を借りてスマホでマクワウリをスキャンする消費者(左)。中国海南省海口市で17日、AIでウリの糖度を判定するウリ専門店が誕生した。消費者は支付宝(アリペイ)のアプリからミニプログラム「ウリの顔認証」を立ち上げ、ウリをスキャンすれば甘さの判定ができる。「ウリの顔認証」はサンプルデータとして何万枚もの成熟度の異なるマクワウリの画像を学習しており、強力なAIアルゴリズムや画像認証システムを駆使することで、精度は90%以上に達する。甘くないと判定されたマクワウリは、無料で持ち帰ることができる。(海口=新華社記者/趙穎全)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216608

  • 2018年10月18日
    AIで糖度を判定するウリ専門店が登場海南省海口市

    18日、AIでウリの糖度を判定する専門店で、スマホを使ってマクワウリをスキャンする消費者。中国海南省海口市で17日、AIでウリの糖度を判定するウリ専門店が誕生した。消費者は支付宝(アリペイ)のアプリからミニプログラム「ウリの顔認証」を立ち上げ、ウリをスキャンすれば甘さの判定ができる。「ウリの顔認証」はサンプルデータとして何万枚もの成熟度の異なるマクワウリの画像を学習しており、強力なAIアルゴリズムや画像認証システムを駆使することで、精度は90%以上に達する。甘くないと判定されたマクワウリは、無料で持ち帰ることができる。(海口=新華社記者/趙穎全)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216855

  • 2018年10月18日
    AIで糖度を判定するウリ専門店が登場海南省海口市

    18日、AIでウリの糖度を判定する専門店で、マクワウリを試食する消費者。中国海南省海口市で17日、AIでウリの糖度を判定するウリ専門店が誕生した。消費者は支付宝(アリペイ)のアプリからミニプログラム「ウリの顔認証」を立ち上げ、ウリをスキャンすれば甘さの判定ができる。「ウリの顔認証」はサンプルデータとして何万枚もの成熟度の異なるマクワウリの画像を学習しており、強力なAIアルゴリズムや画像認証システムを駆使することで、精度は90%以上に達する。甘くないと判定されたマクワウリは、無料で持ち帰ることができる。(海口=新華社記者/趙穎全)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216959

  • 2018年11月29日
    Peter Heinrich Brix

    29 November 2018, Hamburg: Actor Peter Heinrich Brix during an interview with the German Press Agency. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121821919

  • 2018年11月29日
    Peter Heinrich Brix

    29 November 2018, Hamburg: Actor Peter Heinrich Brix during an interview with the German Press Agency. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121822184

  • 2018年11月29日
    Peter Heinrich Brix

    29 November 2018, Hamburg: Actor Peter Heinrich Brix during an interview with the German Press Agency. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121822025

  • 2018年11月29日
    Axel Milberg and Peter Heinrich Brix

    29 November 2018, Hamburg: The actors Axel Milberg (l) and Peter Heinrich Brix laugh during a joint interview with the German Press Agency. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121822024

  • 2018年11月29日
    Peter Heinrich Brix

    29 November 2018, Hamburg: Actor Peter Heinrich Brix during an interview with the German Press Agency. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121822002

  • 2018年11月29日
    Peter Heinrich Brix

    29 November 2018, Hamburg: Actor Peter Heinrich Brix during an interview with the German Press Agency. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121822015

  • 2018年12月04日
    NDR presents new series sequences

    04 December 2018, Hamburg: The actors Hendrik von Bültzingslöwen (l-r), Jürgen Uter, Peter Heinrich Brix, Sven Walser and Hans Kahlert come to a cinema preview of new episodes of the television series “Tatortreiniger“, “Jennifer“ and “Büttenwarder“ of the Norddeutscher Rundfunk (NDR) in the Passage Kino. Photo: Georg Wendt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120531500

  • 2018年12月04日
    NDR presents new series sequences

    04 December 2018, Hamburg: The actors Bjarne Mädel (l-r), Olli Dittrich, Peter Heinrich Brix and Katrin Ingendoh come to a cinema preview of new episodes of the television series “Tatortreiniger“, “Jennifer“ and “Büttenwarder“ of the Norddeutscher Rundfunk (NDR) in the Passage Kino. Photo: Georg Wendt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120531598

  • 2019年02月28日
    Diabetes

    28 February 2019, Berlin: A girl suffering from type 1 diabetes uses a blood sugar meter to measure her current sugar content in the blood. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051406770

  • 2019年02月28日
    Diabetes

    28 February 2019, Berlin: A girl suffering from type 1 diabetes uses a blood sugar meter to measure her current sugar content in the blood. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051406388

  • 2019年02月28日
    Diabetes

    28 February 2019, Berlin: A girl suffering from type 1 diabetes uses a blood sugar meter to measure her current sugar content in the blood. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051406788

  • 2019年02月28日
    Diabetes

    28 February 2019, Berlin: A girl suffering from type 1 diabetes uses a blood sugar meter to measure her current sugar content in the blood. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051406459

  • 2019年06月15日
    中米の科学者、昆虫の産卵場所選択の謎を解明

    15日、大学院生の実験を指導する呉順凡博士(中央)。蚊は柔らかな水面に産卵し、イナゴは柔らかな土の中に卵を産む。イネの害虫トビイロウンカは硬いイネの葉鞘の内、ショウジョウバエは甘い果物に産卵する。昆虫はどのように「産室」を選んでいるのか。中国と米国の科学研究者がこのほど、この謎を解明した。研究成果は生命科学分野の科学誌「eLife」に掲載された。論文の第一著者、南京農業大学・植物保護学院の呉順凡(ご・じゅんはん)博士は、昆虫が産卵時に異なる材質の硬さと糖度を区別できることを研究で発見したと紹介。味覚(糖度)が昆虫の触覚(硬さ)の感知に影響を与えると説明した。(南京=新華社配信/黄素芳)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004069

  • 2019年06月15日
    中米の科学者、昆虫の産卵場所選択の謎を解明

    15日、大学院生の実験を指導する呉順凡博士(中央)。蚊は柔らかな水面に産卵し、イナゴは柔らかな土の中に卵を産む。イネの害虫トビイロウンカは硬いイネの葉鞘の内、ショウジョウバエは甘い果物に産卵する。昆虫はどのように「産室」を選んでいるのか。中国と米国の科学研究者がこのほど、この謎を解明した。研究成果は生命科学分野の科学誌「eLife」に掲載された。論文の第一著者、南京農業大学・植物保護学院の呉順凡(ご・じゅんはん)博士は、昆虫が産卵時に異なる材質の硬さと糖度を区別できることを研究で発見したと紹介。味覚(糖度)が昆虫の触覚(硬さ)の感知に影響を与えると説明した。(南京=新華社配信/黄素芳)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004122

  • 2019年06月15日
    中米の科学者、昆虫の産卵場所選択の謎を解明

    15日、大学院生の実験を指導する呉順凡博士(奥)。蚊は柔らかな水面に産卵し、イナゴは柔らかな土の中に卵を産む。イネの害虫トビイロウンカは硬いイネの葉鞘の内、ショウジョウバエは甘い果物に産卵する。昆虫はどのように「産室」を選んでいるのか。中国と米国の科学研究者がこのほど、この謎を解明した。研究成果は生命科学分野の科学誌「eLife」に掲載された。論文の第一著者、南京農業大学・植物保護学院の呉順凡(ご・じゅんはん)博士は、昆虫が産卵時に異なる材質の硬さと糖度を区別できることを研究で発見したと紹介。味覚(糖度)が昆虫の触覚(硬さ)の感知に影響を与えると説明した。(南京=新華社配信/黄素芳)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004111

  • 02:20.90
    2019年06月18日
    「新華社」阜城県でスイカ祭り多彩なイベントで豊作を祝う河北省

    中国河北省阜城(ふじょう)県で18日、年一度のスイカ祭りが行われた。会場では提携契約や品評会などのほか、地元農家による各種イベントも開かれ、豊作の喜びは頂点に達した。「スイカ大王」コンテストでは、出品されたスイカがその場で計量され、今年の「スイカ王」を競った。最終的に地元栽培農家の李振(り・しん)さんが出品したスイカが74・1キロの成績で今年の「スイカ王」に輝いた。李さんは、特殊な栽培方法を用いたことで今年の「スイカ王」を生み出すことができたと語った。重さだけでなく、糖度を競うスイカコンテストも行われた。判定には専門の糖度計が用いられた。阜城のスイカはここ数年、品種改良が重ねられ、糖度も向上し続けている。早食いコンテストも注目を集めた。スイカ農家の杜国峰(と・こくほう)さんが30秒で3キロのスイカを平らげて優勝した。スイカの重量挙げやスイカ運び競走なども祭りに趣を添えた。阜城県漫河(まんか)郷は「スイカの里」として知られる。記録によると、スイカの栽培が始まったのは清朝乾隆(けんりゅう)年間(1736~1795年)。これまで数百年の歴史を持つ。阜城県のスイカ栽培面積は現在、3万5千ムー(約2300ヘクタール)で、年間収穫量は2億キロにも達する。今はスイカの出荷最盛期に当たり、毎日多くの業者が仕入れに訪れている。(記者/張碩)<映像内容>「スイカ大王」コンテストなどスイカ祭りの様子、撮影日:2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062104380

  • 2019年08月27日
    Wine Bonitur

    27 August 2019, Thuringia, Kromsdorf: Martin Gurks, the main vine protection officer of the Freyburg-Unstrut e.G. winegrowers‘ association, uses a refractometer to examine the sugar content of a grape as part of the wine bonitur at the Werkstück Weimar winery. The experts estimate the quality and quantity of the coming vintage. Photo: Bodo Schackow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082904160

  • 2019年08月27日
    Wine Bonitur

    27 August 2019, Thuringia, Kromsdorf: Martin Gurks, the main vine protection officer of the Freyburg-Unstrut e.G. winegrowers‘ association, uses a refractometer to examine the sugar content of a grape as part of the wine bonitur at the Werkstück Weimar winery. The experts estimate the quality and quantity of the coming vintage. Photo: Bodo Schackow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082904086

  • 2019年08月28日
    Vintage at the Sächsische Winzergenossenschaft Meißen

    28 August 2019, Saxony, Meißen: The winegrower Dietmar Franke checks the sugar content of the must with a refractometer on the occasion of the official start of the grape harvest of the Saxon winegrowers‘ cooperative in a bishop‘s costume on the Ratsweinberg. The approximately 1,500 winegrowers of the Winzergenossenschaft start the grape harvest with the Müller-Thurgau variety. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082903737

  • 2019年08月28日
    Vintage at the Sächsische Winzergenossenschaft Meißen

    28 August 2019, Saxony, Meißen: The winegrower Dietmar Franke checks the sugar content of the must with a refractometer on the occasion of the official start of the grape harvest of the Saxon winegrowers‘ cooperative in a bishop‘s costume on the Ratsweinberg. The approximately 1,500 winegrowers of the Winzergenossenschaft start the grape harvest with the Müller-Thurgau variety. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082903699

  • 2019年09月21日
    Winegrowing in Lower Saxony

    21 September 2019, Lower Saxony, Bad Iburg: Farmer Jan Brinkmann tastes the grape variety Helios. The sugar content of a grape is expressed in degrees Oechsle. Winegrowing in Lower Saxony is making progress: For the first time this year, the Bad Iburger Neuwinzer family Brinkmann harvests the grapes from their vineyard. The 5000 vines on the “Teutoburger Südhang“ grow on an area of 1.5 hectares. About 600 bottles of wine are planned. Lower Saxony has only been a wine-growing country since 2016. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092709303

  • 2019年09月21日
    Winegrowing in Lower Saxony

    21 September 2019, Lower Saxony, Bad Iburg: Grapes of the variety Helios are determined with a refractometer. The device shows the concentration of dissolved substances. The sugar content of a grape is expressed in degrees Oechsle. Winegrowing in Lower Saxony is making progress: For the first time this year, the Bad Iburger Neuwinzer family Brinkmann harvests the grapes from their vineyard. The 5000 vines on the “Teutoburger Südhang“ grow on an area of 1.5 hectares. About 600 bottles of wine are planned. Lower Saxony has only been a wine-growing country since 2016. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092709412

  • 2019年09月21日
    Winegrowing in Lower Saxony

    21 September 2019, Lower Saxony, Bad Iburg: Farmer Jan Brinkmann looks through a refractometer to test the Helios grape variety. The device shows the concentration of dissolved substances. The sugar content of a grape is expressed in degrees Oechsle. Winegrowing in Lower Saxony is making progress: For the first time this year, the Bad Iburger Neuwinzer family Brinkmann harvests the grapes from their vineyard. The 5000 vines on the “Teutoburger Südhang“ grow on an area of 1.5 hectares. About 600 bottles of wine are planned. Lower Saxony has only been a wine-growing country since 2016. Photo: Friso Gentsch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092709450

  • 2019年10月10日
    収穫期を迎えたワイン用ブドウ甘粛省河西回廊

    10日、ブドウ栽培基地でトラクターに乗り、剪定作業を行うスタッフ。中国甘粛省の河西回廊にある醸造用ブドウ栽培地区では収穫期を迎え、ピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネなど優良品種のブドウが次々と収穫され、地元のワイン企業が大々的に搾汁・醸造作業を行っている。同省の河西回廊は北緯36~38度に位置し、典型的な温帯の乾燥砂漠・半砂漠地域に属している。ここで栽培した醸造用ブドウは糖度と酸度のバランスが最適で、中国や世界で有機ワインに最も適した産地の一つとされている。(武威=新華社記者/郎兵兵)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605200

  • 2019年10月10日
    収穫期を迎えたワイン用ブドウ甘粛省河西回廊

    10日、甘粛省武威市涼州区のワイン醸造所が大切に保管しているワイン。中国甘粛省の河西回廊にある醸造用ブドウ栽培地区では収穫期を迎え、ピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネなど優良品種のブドウが次々と収穫され、地元のワイン企業が大々的に搾汁・醸造作業を行っている。同省の河西回廊は北緯36~38度に位置し、典型的な温帯の乾燥砂漠・半砂漠地域に属している。ここで栽培した醸造用ブドウは糖度と酸度のバランスが最適で、中国や世界で有機ワインに最も適した産地の一つとされている。(武威=新華社記者/郎兵兵)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604863

  • 2019年10月10日
    収穫期を迎えたワイン用ブドウ甘粛省河西回廊

    10日、収穫期を迎えた甘粛省武威市涼州区の醸造用ブドウ栽培基地。(小型無人機から)中国甘粛省の河西回廊にある醸造用ブドウ栽培地区では収穫期を迎え、ピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネなど優良品種のブドウが次々と収穫され、地元のワイン企業が大々的に搾汁・醸造作業を行っている。同省の河西回廊は北緯36~38度に位置し、典型的な温帯の乾燥砂漠・半砂漠地域に属している。ここで栽培した醸造用ブドウは糖度と酸度のバランスが最適で、中国や世界で有機ワインに最も適した産地の一つとされている。(武威=新華社記者/郎兵兵)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605136

  • 2019年10月10日
    収穫期を迎えたワイン用ブドウ甘粛省河西回廊

    10日、甘粛省武威市涼州区の醸造用ブドウ栽培基地で収穫するスタッフ。中国甘粛省の河西回廊にある醸造用ブドウ栽培地区では収穫期を迎え、ピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネなど優良品種のブドウが次々と収穫され、地元のワイン企業が大々的に搾汁・醸造作業を行っている。同省の河西回廊は北緯36~38度に位置し、典型的な温帯の乾燥砂漠・半砂漠地域に属している。ここで栽培した醸造用ブドウは糖度と酸度のバランスが最適で、中国や世界で有機ワインに最も適した産地の一つとされている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604859

  • 2019年10月10日
    収穫期を迎えたワイン用ブドウ甘粛省河西回廊

    10日、甘粛省武威市涼州区のワイン企業に陳列されたワイン。中国甘粛省の河西回廊にある醸造用ブドウ栽培地区では収穫期を迎え、ピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネなど優良品種のブドウが次々と収穫され、地元のワイン企業が大々的に搾汁・醸造作業を行っている。同省の河西回廊は北緯36~38度に位置し、典型的な温帯の乾燥砂漠・半砂漠地域に属している。ここで栽培した醸造用ブドウは糖度と酸度のバランスが最適で、中国や世界で有機ワインに最も適した産地の一つとされている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605177

  • 2019年10月11日
    収穫期を迎えたワイン用ブドウ甘粛省河西回廊

    11日、甘粛省武威市涼州区で収穫したブドウをベルトコンベアにのせるスタッフ。中国甘粛省の河西回廊にある醸造用ブドウ栽培地区では収穫期を迎え、ピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネなど優良品種のブドウが次々と収穫され、地元のワイン企業が大々的に搾汁・醸造作業を行っている。同省の河西回廊は北緯36~38度に位置し、典型的な温帯の乾燥砂漠・半砂漠地域に属している。ここで栽培した醸造用ブドウは糖度と酸度のバランスが最適で、中国や世界で有機ワインに最も適した産地の一つとされている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605161

  • 2019年10月28日
    【輸入博】中国国際輸入博まもなく開幕出展企業の舞台裏を探る

    28日、都楽(上海)水果蔬菜貿易有限公司の従業員が加工配送センターの品質検査室で果物の糖度を測定している。第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)が来月5日、中国上海で開幕する。出展企業の一つ、都楽(上海)水果蔬菜貿易有限公司の市内にある加工配送センターでは、あわただしく準備が進められていた。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500852

  • 2019年10月28日
    【輸入博】中国国際輸入博まもなく開幕出展企業の舞台裏を探る

    28日、都楽(上海)水果蔬菜貿易有限公司の従業員が加工配送センターの品質検査室で果物の糖度を測定している。第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)が来月5日、中国上海で開幕する。出展企業の一つ、都楽(上海)水果蔬菜貿易有限公司の市内にある加工配送センターでは、あわただしく準備が進められていた。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500899

  • 2020年01月08日
    イチゴ

    イチゴ。老若男女問わず人気の果物。ビタミンCなど栄養豊富なため、寒い時期の風邪予防にもぴったりだ。ハウス栽培が主流で、ケーキ用需要が高まるクリスマスに出荷のピークを合わせる生産者も多い。岡山県内では岡山市東区西大寺地区が主な産地。「さがほのか」や「章姫(あきひめ)」といったなじみの品種が栽培されているほか、県は昨年度から糖度が高く、濃い赤色が特徴の「おいCベリー」を独自ブランド「晴苺(はれいちご)」として売り出している、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010807328

  • 2020年06月26日
    光センサーで桃を選別 最新機導入

    浅原選果場に導入された光センサー選果機。JA晴れの国岡山浅原選果場(岡山県倉敷市浅原)は、光を当てて桃の糖度や内部の様子を測定する最新式の光センサー選果機を導入した。処理速度も従来の6割増しになり、これまで年間180トン前後だった出荷量を2、3年以内に200トン超に高める。桃に光を当て、吸収される波長をセンサーで読み取る仕組み。糖度や熟れ具合のほか、これまで切ってみるまで分からなかった生育不順で種が割れたり、腐ったりするといった内部の傷みもチェックできる。1秒間に1・5個だった処理速度は最大で2・5個まで上がり、選果結果を農家に細かく伝えることで、栽培技術の向上にもつなげられるという。=2020(令和2)年6月26日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070702595

  • 2020年07月02日
    「水蜜桃の郷」で「モモの王様」品評会江蘇省無錫市

    2日、品評会でモモの重さを測る審査員。中国江蘇省無錫市陽山鎮は「スイミツトウ(水蜜桃)の里」と呼ばれ、栽培面積が3万ムー(2千ヘクタール)を超えている。同地で収穫されたスイミツトウは、毎年6月中下旬から8月末にかけて続々と市場に出回っている。2、3両日、同鎮で年に一度の「モモの王様」品評会が開催された。会場では、同省農業科学院などの機関から成る専門の審査チームが、出品されたモモを糖度計で糖度を測定するとともに、香りを嗅いだり形を確認して点数を付けた。また果実の肉質や風味、液汁、種子などの要素も取り入れ、総合的に審査した。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705343

  • 2020年07月02日
    「水蜜桃の郷」で「モモの王様」品評会江蘇省無錫市

    2日、今年の「モモの王様」を競うスイミツトウの品評会会場。中国江蘇省無錫市陽山鎮は「スイミツトウ(水蜜桃)の里」と呼ばれ、栽培面積が3万ムー(2千ヘクタール)を超えている。同地で収穫されたスイミツトウは、毎年6月中下旬から8月末にかけて続々と市場に出回っている。2、3両日、同鎮で年に一度の「モモの王様」品評会が開催された。会場では、同省農業科学院などの機関から成る専門の審査チームが、出品されたモモを糖度計で糖度を測定するとともに、香りを嗅いだり形を確認して点数を付けた。また果実の肉質や風味、液汁、種子などの要素も取り入れ、総合的に審査した。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705304

  • 2020年07月03日
    「水蜜桃の郷」で「モモの王様」品評会江蘇省無錫市

    3日、今年の「モモの王様」に選ばれたスイミツトウ。中国江蘇省無錫市陽山鎮は「スイミツトウ(水蜜桃)の里」と呼ばれ、栽培面積が3万ムー(2千ヘクタール)を超えている。同地で収穫されたスイミツトウは、毎年6月中下旬から8月末にかけて続々と市場に出回っている。2、3両日、同鎮で年に一度の「モモの王様」品評会が開催された。会場では、同省農業科学院などの機関から成る専門の審査チームが、出品されたモモを糖度計で糖度を測定するとともに、香りを嗅いだり形を確認して点数を付けた。また果実の肉質や風味、液汁、種子などの要素も取り入れ、総合的に審査した。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705383

  • 2020年07月03日
    「水蜜桃の郷」で「モモの王様」品評会江蘇省無錫市

    3日、受賞トロフィーを手にする「モモの王様」の称号を獲得した桃農家。中国江蘇省無錫市陽山鎮は「スイミツトウ(水蜜桃)の里」と呼ばれ、栽培面積が3万ムー(2千ヘクタール)を超えている。同地で収穫されたスイミツトウは、毎年6月中下旬から8月末にかけて続々と市場に出回っている。2、3両日、同鎮で年に一度の「モモの王様」品評会が開催された。会場では、同省農業科学院などの機関から成る専門の審査チームが、出品されたモモを糖度計で糖度を測定するとともに、香りを嗅いだり形を確認して点数を付けた。また果実の肉質や風味、液汁、種子などの要素も取り入れ、総合的に審査した。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070705357

  • 2020年07月08日
    高級ピオーネ「誉乃AKASAKA」

    「誉乃AKASAKA」の品質をチェックする和田部会長。岡山県赤磐市赤坂地区特産の高級ピオーネ「誉乃AKASAKA」の出荷が最盛期を迎えている。大粒で糖度の高い果実を厳選した「JA晴れの国岡山赤坂ぶどう部会」のオリジナルブランド。贈答用として大都市圏などで需要が高く、卸売市場では通常のピオーネに比べて約2倍の高値で取引されているという。=2020(令和2)年7月8日、岡山県赤磐市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802262

  • 00:49.64
    2020年07月08日
    「新華社」伝統のアンズ栽培、科学技術導入で競争力向上河北省巨鹿県

    中国河北省邢台市巨鹿県はアンズ栽培の長い歴史を持つ。同県ではここ数年、栽培に科学技術を導入し、農家の収入増につなげている。県内のアンズ栽培面積は8万ムー(約5333ヘクタール)余り。年間8千万キログラムを生産している。人工知能(AI)を取り入れた分光法による糖度測定を行うようになり、従来のように果実を切る必要がなくなった。正確な非破壊測定が可能となったことで、巨鹿アンズの市場競争力はさらに高まっている。(記者/白明山)<映像内容>科学技術を導入したアンズ栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300501

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    特産の「留香瓜」で農家の増収を実現新疆ウイグル自治区

    15日、「留香瓜」の糖度を抜き取り検査する上海市ペアリング支援新疆事業前方指揮部幹部の馮超(ふう・ちょう)氏(中央)とマラルベシ県電子商取引サービスセンターのスタッフ(左)。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区マラルベシ(巴楚)県では真夏を迎え、作付面積約1万ムー(約667ヘクタール)の地元特産マクワウリ「留香瓜」が大量に市場に出回り始めている。上海市ペアリング支援新疆事業前方指揮部マラルベシ分指揮部はここ数年、同県政府と協力して留香瓜のブランド化を進め、農家での栽培の標準化を指導している。電子商取引(EC)プラットフォームや同指揮部が提供する販路をよりどころに「農産品を都市部へ運ぶ」物流システムの「ラストワンマイル」を開通させ、同自治区のウリ農家が作物を自治区外の市場に向けて販売するのを支援し、農家の増収を後押ししている。(マラルベシ=新華社記者/馬鍇)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703330

  • 2020年08月17日
    高級シャインマスカット「煌乃」

    「煌乃」の糖度をチェックする生産者。岡山県赤磐市山陽地区で主に栽培されている高級シャインマスカット「煌乃(きらめきの)」の出荷が本格化している。JA晴れの国岡山・岡山東統括本部(岡山市)の独自ブランドで、大粒で高糖度といった厳しい基準を満たした果実を厳選。主に香港や台湾に輸出されており、赤磐産ブドウの知名度を高めている。=2020(令和2)年8月17日、岡山県赤磐市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090906874

  • 2020年09月03日
    Start of the main grape harvest

    03 September 2020, Rhineland-Palatinate, Rhodt unter Rietburg: A refractometer is used to determine the sugar content of the must of the “Sauvignon Blanc“ grape variety at harvest. The German Wine Institute starts the main grape harvest with this grape variety in Rhineland-Palatinate. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090502533

  • 2020年09月03日
    Start of the main grape harvest

    03 September 2020, Rhineland-Palatinate, Rhodt unter Rietburg: Marius Meyer, junior manager of the Klaus & Marius Meyer winery, uses a refractometer to determine the sugar content of the must of the “Sauvignon Blanc“ grape variety. The German Wine Institute starts the main wine harvest with this grape variety in Rhineland-Palatinate. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090502133

  • 2020年09月09日
    Winegrowers in the northeast expect large quantities of wine

    09 September 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Rattey: Winery manager Stefan Schmidt from the Schloss Rattey winery shows how he examines the sugar content of the grapes. The winegrowers in the north-east are satisfied with the weather in 2020 so far. However, the quality of the grapes still depends heavily on the sunshine of the next days and weeks. In Rattey, a total of 12 hectares of vines are growing, of which seven hectares were planted in spring 2020. Photo: Danny Gohlke/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091602308

  • 2020年11月13日
    Original Roxburgh Pear Liquid Production Original Roxburgh Pear Liquid Production

    A worker tests the sugar content of roxburgh rosa juice at the original roxburgh rosa liquid production workshop in Bijie, Southwest China‘s Guizhou Province, Nov. 13, 2020.=2020(令和2)年11月13日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111900940

  • 2020年11月13日
    Original Roxburgh Pear Liquid Production Original Roxburgh Pear Liquid Production

    A worker tests the sugar content of roxburgh rosa juice at the original roxburgh rosa liquid production workshop in Bijie, Southwest China‘s Guizhou Province, Nov. 13, 2020.=2020(令和2)年11月13日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111900941

  • 2020年11月13日
    Original Roxburgh Pear Liquid Production Original Roxburgh Pear Liquid Production

    A worker tests the sugar content of roxburgh rosa juice at the original roxburgh rosa liquid production workshop in Bijie, Southwest China‘s Guizhou Province, Nov. 13, 2020.=2020(令和2)年11月13日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111900944

  • 01:46.97
    2020年11月20日
    北海道で南国バナナ生産 皮ごと食べられ高糖度

    南国フルーツを北国で―。北海道釧路市の農業法人「946Skyファーム」が同市でバナナの生産に成功し、初めて収穫を迎えた。農薬や化学肥料を使わずに栽培しているため皮ごと食べることも可能で、糖度は通常の約1・5倍。1月下旬ごろから1本税別千円の高級品としてインターネットで販売する。5千平方メートルの広大な敷地に建てられたビニールハウス12棟に、高級バナナの一種グロス・ミシェルの茎計約900本が1・5メートル間隔で並ぶ。真冬は気温がマイナス10度を下回ることも珍しくないが、ハウスは常時17度以上を保っている。種をマイナス60度まで冷却することで耐寒性や耐病性を高めた苗を、岡山県の業者から1本3万円で仕入れた。ブランド名は産地の釧路にちなんで「946バナナ」とし、年間約15万本を出荷する計画だ。<映像内容>実ったバナナの様子、話をしているのは右が「946Skyファーム」の担当の山口大樹(やまぐち・だいき)さん、左が同ファームの菊池利治(きくち・としはる)社長、撮影日:2020(令和2)年11月20日、撮影場所:北海道釧路市

    商品コード: 2021012204318

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411408

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411242

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411494

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411520

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411326

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411493

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A student at Shenyang Agricultural University studies the technology of cultivating greenhouse tomatoes with high sugar content in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411187

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A teacher at Shenyang Agricultural University guides students in a new solar greenhouse to grow tomatoes with high sugar content in the greenhouse, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411231

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A student at Shenyang Agricultural University studies the technology of cultivating greenhouse tomatoes with high sugar content in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411445

  • 2021年03月23日
    Intelligent Agriculture Intelligent Agriculture

    A student at Shenyang Agricultural University studies the technology of cultivating greenhouse tomatoes with high sugar content in a new solar greenhouse in Shenyang, capital of northeast China‘s Liaoning Province, March 23, 2021.=2021(令和3)年3月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032411532

  • 2021年06月28日
    (4)スイミツトウの収穫・出荷始まる浙江省寧波市

    27日、寧波市奉化区で、携帯型の糖度計でスイミツトウの糖度を測る農家の人。「中国スイミツトウ(水蜜桃)の里」と呼ばれる浙江省寧波市奉化(ほうか)区でこのほど、スイミツトウの収穫・出荷が始まった。奉化スイミツトウは長い栽培の歴史を持つ。同区では早生から晩生種までの主要品種30種を組み合わせた栽培システムを構築しており、水蜜桃産業が現地農家の収入増を後押しする基幹産業になっている。(寧波=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062807446

  • 2021年08月12日
    Harvesting pricey watermelons

    Harvesting pricey watermelons Farmers harvest watermelon of a special variety at a field on the slopes of Mount Mudeung in the city of Gwangju, southwestern South Korea, on Aug. 12, 2021. The Mount Mudeung Water Melon, a specialty crop with high sugar content, sells at a high price of 20,000 won (about US$17) per 8-kilogram one, with an additional 1 kilogram fetching 10,000 won more. (Yonhap)/2021-08-12 16:30:50/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304508

  • 2021年08月18日
    The Health of Elderly Gurkha on Hunger Strike Deteriorate But They Refuse Feeding

    August 18, 2021, London, England, United Kingdom: A Nurse monitors Mr Gyanraj Rai‘s sugar levels in the Gurkha Protest Camp in Whitehall, opposite Downing Street. He has diabetes, and two nights ago he was hospitalised..The health conditions of the elderly Gurkha on hunger strike are deteriorating on the twelfth day of hunger strike, but they refuse to be fed. (Credit Image: © Sabrina Merolla/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Sabrina Merolla/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082002799

  • 2021年08月18日
    The Health of Elderly Gurkha on Hunger Strike Deteriorate But They Refuse Feeding

    August 18, 2021, London, England, United Kingdom: A Nurse monitors Mr Gyanraj Rai‘s sugar levels in Whitehall, opposite Downing Street, as he has diabetes, and two nights ago he was hospitalised..The health conditions of the elderly Gurkha on hunger strike are deteriorating on the twelfth day of hunger strike, but they refuse to be fed. (Credit Image: © Sabrina Merolla/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Sabrina Merolla/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082002843

  • 1
  • 2