KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 飼育
  • 交通
  • 定住
  • 家畜
  • 期間
  • 気温
  • 甘粛
  • 青海

「紅原県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
35
( 1 35 件を表示)
  • 1
35
( 1 35 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年07月07日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    7日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村の草原に放牧されたヤク。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100279

  • 2019年07月07日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    7日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村で、ヤクを放牧する牧畜民。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100258

  • 2019年07月07日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    7日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村の草原に放牧されたヤクの群れ。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100341

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村の草原に放牧されたヤク。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100289

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村で集乳する林清溝十五公里集乳所の技術者(右)。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/高健鈞)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100348

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村の草原に放牧されたヤク。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/高健鈞)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100253

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村の草原に放牧されたヤク。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/高健鈞)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100264

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村で、牧畜民を訪ね集乳する林清溝十五公里集乳所の技術者(右)。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100329

  • 2019年07月08日
    ヤク産業の高度化で牧畜民の収入増を後押し四川省

    8日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の紅原ヤク乳業有限責任公司の工場で働く技術者。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の奥地、平均標高約3500メートルの草原に位置する紅原県の地元牧畜民たちは長年、ヤクの飼育とミルク販売を主な収入源としており、収入増や豊かな暮らしへの道が限られていた。同県ではここ数年、企業と合作社(協同組合)、畜産家の提携を深める発展モデルを取り入れ、ヤク乳業を産業化することで、牧畜業を急速に発展させてきた。地元の乳業企業が牧畜民6千戸余りと契約を結び、500人以上を雇用するとともに、貧困世帯350戸以上が収入を増やし豊かさを手に入れられるよう後押ししている。(アバ=新華社記者/周相吉)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100222

  • 2021年02月18日
    (4)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県卡口村の牧草地で、ゴム跳びをする子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800219

  • 2021年02月18日
    (5)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県卡口村で、牧場の番犬と遊ぶ子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800222

  • 2021年02月18日
    (8)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県卡口村で、生後1カ月足らずの妹の世話をする子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800225

  • 2021年02月18日
    (2)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州若爾蓋県の黒河牧場の牧草地で、スケートボードを楽しむ子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800217

  • 2021年02月18日
    (6)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県卡口村の保温小屋で、記念写真を撮る母娘。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800218

  • 2021年02月18日
    (9)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州若爾蓋県の黒河牧場の保温小屋で、生後7カ月になるいとこの世話をする子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021800226

  • 2021年08月19日
    (5)高原野菜が農業振興を推進四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    13日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県刷経寺鎮の加当村で、ステムレタスを収穫する農家の人たち。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州はここ数年、科学技術による農業振興の取り組みを推進しており、高原野菜の栽培区域を標高千メートル余りから3300メートル余りに広げ、栽培面積を28万ムー(約1万8700ヘクタール)以上に拡大させてきた。特色ある野菜の年間生産量は73万トンに上る。同地では野菜の栽培が高原地域の人々の食卓を豊かにし、増収を後押しする新たな手段になっている。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082002355

  • 2021年08月19日
    (9)高原野菜が農業振興を推進四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    13日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県刷経寺鎮の加当村で、ステムレタスを収穫する農家の人たち。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州はここ数年、科学技術による農業振興の取り組みを推進しており、高原野菜の栽培区域を標高千メートル余りから3300メートル余りに広げ、栽培面積を28万ムー(約1万8700ヘクタール)以上に拡大させてきた。特色ある野菜の年間生産量は73万トンに上る。同地では野菜の栽培が高原地域の人々の食卓を豊かにし、増収を後押しする新たな手段になっている。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082002375

  • 2021年08月19日
    (4)高原野菜が農業振興を推進四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    13日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村にある農業用ハウスで、セロリを収穫する農家の人たち。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州はここ数年、科学技術による農業振興の取り組みを推進しており、高原野菜の栽培区域を標高千メートル余りから3300メートル余りに広げ、栽培面積を28万ムー(約1万8700ヘクタール)以上に拡大させてきた。特色ある野菜の年間生産量は73万トンに上る。同地では野菜の栽培が高原地域の人々の食卓を豊かにし、増収を後押しする新たな手段になっている。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082002360

  • 2021年08月19日
    (1)高原野菜が農業振興を推進四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    13日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村に立ち並ぶ農業用ハウス。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州はここ数年、科学技術による農業振興の取り組みを推進しており、高原野菜の栽培区域を標高千メートル余りから3300メートル余りに広げ、栽培面積を28万ムー(約1万8700ヘクタール)以上に拡大させてきた。特色ある野菜の年間生産量は73万トンに上る。同地では野菜の栽培が高原地域の人々の食卓を豊かにし、増収を後押しする新たな手段になっている。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082002335

  • 2021年08月19日
    (6)高原野菜が農業振興を推進四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    13日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県刷経寺鎮の加当村で、ステムレタスを収穫する農家の人たち。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州はここ数年、科学技術による農業振興の取り組みを推進しており、高原野菜の栽培区域を標高千メートル余りから3300メートル余りに広げ、栽培面積を28万ムー(約1万8700ヘクタール)以上に拡大させてきた。特色ある野菜の年間生産量は73万トンに上る。同地では野菜の栽培が高原地域の人々の食卓を豊かにし、増収を後押しする新たな手段になっている。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082002353

  • 2021年08月19日
    (2)高原野菜が農業振興を推進四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    13日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県刷経寺鎮の加当村で、収穫したステムレタスの生育状況を確認する、農業技術の普及に携わる苟俊(こう・しゅん)研究員。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州はここ数年、科学技術による農業振興の取り組みを推進しており、高原野菜の栽培区域を標高千メートル余りから3300メートル余りに広げ、栽培面積を28万ムー(約1万8700ヘクタール)以上に拡大させてきた。特色ある野菜の年間生産量は73万トンに上る。同地では野菜の栽培が高原地域の人々の食卓を豊かにし、増収を後押しする新たな手段になっている。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082002344

  • 2021年08月19日
    (8)高原野菜が農業振興を推進四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    13日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県刷経寺鎮の加当村で、ステムレタスを収穫する農家の人たち。(小型無人機から)中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州はここ数年、科学技術による農業振興の取り組みを推進しており、高原野菜の栽培区域を標高千メートル余りから3300メートル余りに広げ、栽培面積を28万ムー(約1万8700ヘクタール)以上に拡大させてきた。特色ある野菜の年間生産量は73万トンに上る。同地では野菜の栽培が高原地域の人々の食卓を豊かにし、増収を後押しする新たな手段になっている。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082002362

  • 2021年08月19日
    (7)高原野菜が農業振興を推進四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    13日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県の邛渓(きょうけい)鎮熱坤村にある農業用ハウスで、野菜栽培に関する質問に答える苟俊(こう・しゅん)研究員(右端)。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州はここ数年、科学技術による農業振興の取り組みを推進しており、高原野菜の栽培区域を標高千メートル余りから3300メートル余りに広げ、栽培面積を28万ムー(約1万8700ヘクタール)以上に拡大させてきた。特色ある野菜の年間生産量は73万トンに上る。同地では野菜の栽培が高原地域の人々の食卓を豊かにし、増収を後押しする新たな手段になっている。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082002359

  • 2021年11月03日
    (3)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月16日、家畜を連れて冬の牧場へ移動する四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民。中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309441

  • 2021年11月03日
    (11)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月17日、冬の牧場に向かう四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民。中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309471

  • 2021年11月03日
    (10)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月16日、冬の牧場への移動中、馬の世話をする四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民。中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309472

  • 2021年11月03日
    (1)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月17日、2日をかけて冬の牧場に戻ってきた四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民と家畜。(小型無人機から)中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309467

  • 2021年11月03日
    (7)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月16日、冬の牧場への移動中、テントを張って休憩する四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民。中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309456

  • 2021年11月03日
    (6)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月17日、家畜を連れて冬の牧場へ移動する四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民。中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309468

  • 2021年11月03日
    (4)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月17日、冬の牧場に戻り、ヤクに載せた荷物を下ろす四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民。中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309442

  • 2021年11月03日
    (2)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月17日、家畜を連れて冬の牧場へ移動する四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民。(小型無人機から)中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309431

  • 2021年11月03日
    (9)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月16日、馬に乗って家畜を冬の牧場に移動させる四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民。中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309463

  • 2021年11月03日
    (12)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月17日、家畜を冬の牧場に移動させる四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民。中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309469

  • 2021年11月03日
    (5)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月17日、冬の牧場への移動中、ヤクを追う四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民。中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309453

  • 2021年11月03日
    (8)川西北草原のチベット族牧畜民冬の牧場へ移動を開始四川省紅原県

    10月17日、家畜を連れて冬の牧場へ移動する四川省紅原県阿木郷卡口村のチベット族牧畜民。中国四川、甘粛、青海3省にまたがる川西北草原ではこのところ気温が低下し、地元のチベット族牧畜民が牛や羊、馬などの家畜を連れて、山奥にある夏の牧場から交通の便が良く水や草も豊かな冬の牧場へ年に1度の移動を始めている。同草原の牧畜民が冬の牧場で放牧する期間は1年の3分の2を占め、冬の牧場は牧畜民の定住地にもなっている。移動距離は近いところで10~20キロ、遠いところで100キロ以上あり、50キロ以上を移動するには2日かかる。(紅原=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110309461

  • 1