KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 平成
  • ウルムチ
  • ドローン
  • 中核
  • 位置
  • 初秋
  • 変化
  • 小石

「紅土」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年08月29日
    空から見た東川紅土地雲南省昆明市

    29日、雲南省昆明市にある東川紅土地の景色。(小型無人機から)中国雲南省昆明市東川区紅土地鎮の東川紅土地は初秋を迎え、鮮やかで変化に富んだ色彩に包まれている。(東川=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303938

  • 2018年08月29日
    空から見た東川紅土地雲南省昆明市

    29日、雲南省昆明市にある東川紅土地の景色。(小型無人機から)中国雲南省昆明市東川区紅土地鎮の東川紅土地は初秋を迎え、鮮やかで変化に富んだ色彩に包まれている。(東川=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303894

  • 2018年08月29日
    空から見た東川紅土地雲南省昆明市

    29日、雲南省昆明市にある東川紅土地の景色。(小型無人機から)中国雲南省昆明市東川区紅土地鎮の東川紅土地は初秋を迎え、鮮やかで変化に富んだ色彩に包まれている。(東川=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303969

  • 2018年08月29日
    空から見た東川紅土地雲南省昆明市

    29日、雲南省昆明市にある東川紅土地の景色。(小型無人機から)中国雲南省昆明市東川区紅土地鎮の東川紅土地は初秋を迎え、鮮やかで変化に富んだ色彩に包まれている。(東川=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303942

  • 2018年08月29日
    空から見た東川紅土地雲南省昆明市

    29日、雲南省昆明市にある東川紅土地の景色。(小型無人機から)中国雲南省昆明市東川区紅土地鎮の東川紅土地は初秋を迎え、鮮やかで変化に富んだ色彩に包まれている。(東川=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303792

  • 2018年08月29日
    空から見た東川紅土地雲南省昆明市

    29日、雲南省昆明市にある東川紅土地の景色。(小型無人機から)中国雲南省昆明市東川区紅土地鎮の東川紅土地は初秋を迎え、鮮やかで変化に富んだ色彩に包まれている。(東川=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303918

  • 2018年12月08日
    湖南紅土航空が開業湖南省初の航空会社

    湖南紅土航空の旅客機。(資料写真)中国湖南省初の航空会社「湖南紅土航空」が2日、同省長沙市の臨空経済モデル区で開業した。湖南省は現在、省都の長沙市から4時間圏内の航空経済圏の構築を加速しており、国内の大部分と東アジア、東南アジア、南アジアの主要国をカバーする。同社は長沙を中心とした戦略的産業配置を進め、経済圏の拡大を目指す。(長沙=新華社配信)=2018(平成30)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611654

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、会場に展示された遼寧省無形文化財、朝陽紅土泥塑(泥人形)。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001327

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:51.22
    2020年06月28日
    「新華社」土石流で高齢者が孤立、警察官が救出湖北省

    中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州恩施市紅土郷で28日、集鎮老街の裏山で土石流が起こり、70代の高齢者6人が木造家屋に取り残された。紅土郷派出所は警察官を急行させ、6人を無事救助した。(記者/譚元斌)<映像内容>土石流で孤立した高齢者を救助する様子、撮影日:2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200714

  • 2020年07月02日
    湖南紅土航空が開業湖南省初の航空会社

    2日、湖南紅土航空の看板除幕式。中国湖南省初の航空会社「湖南紅土航空」が2日、同省長沙市の臨空経済モデル区で開業した。湖南省は現在、省都の長沙市から4時間圏内の航空経済圏の構築を加速しており、国内の大部分と東アジア、東南アジア、南アジアの主要国をカバーする。同社は長沙を中心とした戦略的産業配置を進め、経済圏の拡大を目指す。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611814

  • 2020年07月02日
    湖南紅土航空が開業湖南省初の航空会社

    2日、湖南紅土航空のプレート除幕式であいさつする同社の責任者。中国湖南省初の航空会社「湖南紅土航空」が2日、同省長沙市の臨空経済モデル区で開業した。湖南省は現在、省都の長沙市から4時間圏内の航空経済圏の構築を加速しており、国内の大部分と東アジア、東南アジア、南アジアの主要国をカバーする。同社は長沙を中心とした戦略的産業配置を進め、経済圏の拡大を目指す。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611804

  • 2020年11月03日
    雲南紅土航空が湖南航空に名称変更拠点を長沙に

    湖南省長沙市にある湖南航空の運航センター。(11月3日撮影)中国雲南省の昆明長水国際空港を本拠地としていた雲南紅土航空が拠点を湖南省長沙市に移し、一連の手続きを終え、名称を湖南航空に変更した。湖南航空の前身である雲南紅土航空は、2016年5月に運航を開始した。現在、機体の塗装変更や名称、マークの切り替えなどの作業が徐々に行われている。今後、長沙を中心に、「長沙4時間航空経済圏」に積極的に溶け込み、株主の旅行会社、同程航空旅游服務集団の技術と資源、ルートの優位性を結び付け、「インターネット+優良航空」を築くとしている。湖南航空はエアバスA320シリーズを12機保有しており、平均機齢は約3年。すでに昆明、長沙、南京、成都、無錫、青島など全国31都市に就航している。国内線ネットワークを構築するとともに、国際線の運航資格を取得し、湖南省と世界を結ぶ航空路線の開拓を目指す。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704888

  • 2020年12月05日
    雲南紅土航空が湖南航空に名称変更拠点を長沙に

    塗装変更後の湖南航空の機体想像図。中国雲南省の昆明長水国際空港を本拠地としていた雲南紅土航空が拠点を湖南省長沙市に移し、一連の手続きを終え、名称を湖南航空に変更した。湖南航空の前身である雲南紅土航空は、2016年5月に運航を開始した。現在、機体の塗装変更や名称、マークの切り替えなどの作業が徐々に行われている。今後、長沙を中心に、「長沙4時間航空経済圏」に積極的に溶け込み、株主の旅行会社、同程航空旅游服務集団の技術と資源、ルートの優位性を結び付け、「インターネット+優良航空」を築くとしている。湖南航空はエアバスA320シリーズを12機保有しており、平均機齢は約3年。すでに昆明、長沙、南京、成都、無錫、青島など全国31都市に就航している。国内線ネットワークを構築するとともに、国際線の運航資格を取得し、湖南省と世界を結ぶ航空路線の開拓を目指す。(長沙=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704608

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (6)新疆の吉仁台溝口遺跡で王陵級墓地が出土太陽崇拝の痕跡

    吉仁台溝口遺跡の高台遺構中心部で見つかった石室墓。(2019年9月2日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県にある吉仁台溝口遺跡の考古調査隊は、2年間の発掘作業を経て同遺跡の高台遺構が約3500年前の大型墓地だと確認した。高台中央部に位置し、墓地の中核をなす墓室は、小石を並べた石敷きが放射状に延び、また紅土が広範囲に使われていることから、強烈な太陽信仰があったことを物語っている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020122203643

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (3)新疆の吉仁台溝口遺跡で王陵級墓地が出土太陽崇拝の痕跡

    吉仁台溝口遺跡の高台遺構。(10月3日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県にある吉仁台溝口遺跡の考古調査隊は、2年間の発掘作業を経て同遺跡の高台遺構が約3500年前の大型墓地だと確認した。高台中央部に位置し、墓地の中核をなす墓室は、小石を並べた石敷きが放射状に延び、また紅土が広範囲に使われていることから、強烈な太陽信仰があったことを物語っている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020122203581

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (5)新疆の吉仁台溝口遺跡で王陵級墓地が出土太陽崇拝の痕跡

    吉仁台溝口遺跡の高台遺構で見つかった石室墓の外壁部分の紅土。(2019年9月2日撮影)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県にある吉仁台溝口遺跡の考古調査隊は、2年間の発掘作業を経て同遺跡の高台遺構が約3500年前の大型墓地だと確認した。高台中央部に位置し、墓地の中核をなす墓室は、小石を並べた石敷きが放射状に延び、また紅土が広範囲に使われていることから、強烈な太陽信仰があったことを物語っている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020122203644

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (1)新疆の吉仁台溝口遺跡で王陵級墓地が出土太陽崇拝の痕跡

    吉仁台溝口遺跡の高台中心部で見つかった石室墓。全体が「甲」字形をしている。(2019年9月2日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県にある吉仁台溝口遺跡の考古調査隊は、2年間の発掘作業を経て同遺跡の高台遺構が約3500年前の大型墓地だと確認した。高台中央部に位置し、墓地の中核をなす墓室は、小石を並べた石敷きが放射状に延び、また紅土が広範囲に使われていることから、強烈な太陽信仰があったことを物語っている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020122203615

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (2)新疆の吉仁台溝口遺跡で王陵級墓地が出土太陽崇拝の痕跡

    吉仁台溝口遺跡の高台遺構。(9月23日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県にある吉仁台溝口遺跡の考古調査隊は、2年間の発掘作業を経て同遺跡の高台遺構が約3500年前の大型墓地だと確認した。高台中央部に位置し、墓地の中核をなす墓室は、小石を並べた石敷きが放射状に延び、また紅土が広範囲に使われていることから、強烈な太陽信仰があったことを物語っている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020122203622

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月21日
    (4)新疆の吉仁台溝口遺跡で王陵級墓地が出土太陽崇拝の痕跡

    吉仁台溝口遺跡の高台遺構北東部で見つかった小石を並べた帯状の石敷き。(2019年9月6日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県にある吉仁台溝口遺跡の考古調査隊は、2年間の発掘作業を経て同遺跡の高台遺構が約3500年前の大型墓地だと確認した。高台中央部に位置し、墓地の中核をなす墓室は、小石を並べた石敷きが放射状に延び、また紅土が広範囲に使われていることから、強烈な太陽信仰があったことを物語っている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020122203645

  • 1