KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 芸術
  • 工芸
  • 伝統文化
  • 雲南省
  • 一種
  • 国家
  • 歴史
  • 登録

「紫砂」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
128
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
128
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年03月31日
    歴史ある町、鶯歌で育まれた陶磁器文化

    3月31日、鶯歌陶磁博物館に展示されている宜興紫砂壺。中国台湾地区新北市に位置する歴史ある町、鶯歌には陶磁博物館、陶磁テーマパーク、陶磁老街(古い町並みのストリート)などが設けられ、「台湾の景徳鎮(中国一の陶磁器生産地)」とたたえられており、陶磁器文化を体験できる格好の場所になっている。(新北=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040300168

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、如東掘港唐宋国清寺遺跡から出土した法器。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400888

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、遺構から発掘された磁器を点検する専門家。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400830

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、出土した唐代様式の蓮の花紋様の礎石の説明をする考古学者。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400866

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、如東掘港唐宋国清寺遺跡から出土した「国清」の文字が書かれた磁器。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400872

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、発掘現場で作業の状況を説明する発掘プロジェクトの責任者、南京大学歴史学院の賀雲翱教授(中央)。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400868

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、如東掘港唐宋国清寺遺跡から出土した瓦当の一部。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400899

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、出土した建造部材を点検する専門家。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400869

  • 2018年07月31日
    中国の紫砂陶芸家、冬季五輪テーマにスイスのオリンピック·ミュージアムで初の作品展

    7月31日、呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展を鑑賞する国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長。2022年北京冬季五輪招致成功3周年に際し、中国の紫砂芸術を通して五輪精神を伝え、北京冬季五輪応援を目的とした「五環・五色」呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展が7月31日、スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで始まった。中国の紫砂陶芸家が初めて同ミュージアムで開催する、冬季五輪をテーマとした作品展となる。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300389

  • 2018年07月31日
    中国の紫砂陶芸家、冬季五輪テーマにスイスのオリンピック·ミュージアムで初の作品展

    7月31日、呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展の開会式であいさつする国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長(前)。2022年北京冬季五輪招致成功3周年に際し、中国の紫砂芸術を通して五輪精神を伝え、北京冬季五輪応援を目的とした「五環・五色」呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展が7月31日、スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで始まった。中国の紫砂陶芸家が初めて同ミュージアムで開催する、冬季五輪をテーマとした作品展となる。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300387

  • 2018年07月31日
    中国の紫砂陶芸家、冬季五輪テーマにスイスのオリンピック·ミュージアムで初の作品展

    7月31日、呂俊傑氏と言葉を交わす国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長(左)。2022年北京冬季五輪招致成功3周年に際し、中国の紫砂芸術を通して五輪精神を伝え、北京冬季五輪応援を目的とした「五環・五色」呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展が7月31日、スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで始まった。中国の紫砂陶芸家が初めて同ミュージアムで開催する、冬季五輪をテーマとした紫砂作品展となる。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300406

  • 2018年07月31日
    中国の紫砂陶芸家、冬季五輪テーマにスイスのオリンピック·ミュージアムで初の作品展

    7月31日、紫砂作品冬季五輪テーマ展の開会式であいさつする呂俊傑氏。2022年北京冬季五輪招致成功3周年に際し、中国の紫砂芸術を通して五輪精神を伝え、北京冬季五輪応援を目的とした「五環・五色」呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展が7月31日、スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで始まった。中国の紫砂陶芸家が初めて同ミュージアムで開催する、冬季五輪をテーマとした作品展となる。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300413

  • 2018年07月31日
    中国の紫砂陶芸家、冬季五輪テーマにスイスのオリンピック·ミュージアムで初の作品展

    7月31日、呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展を鑑賞する来場者。2022年北京冬季五輪招致成功3周年に際し、中国の紫砂芸術を通して五輪精神を伝え、北京冬季五輪応援を目的とした「五環・五色」呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展が7月31日、スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで始まった。中国の紫砂陶芸家が初めて同ミュージアムで開催する、冬季五輪をテーマとした作品展となる。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300391

  • 2018年07月31日
    中国の紫砂陶芸家、冬季五輪テーマにスイスのオリンピック·ミュージアムで初の作品展

    7月31日、呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展でテープカットをする国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長(中央)と于再清副会長(右)、呂俊傑氏。2022年北京冬季五輪招致成功3周年に際し、中国の紫砂芸術を通して五輪精神を伝え、北京冬季五輪応援を目的とした「五環・五色」呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展が7月31日、スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで始まった。中国の紫砂陶芸家が初めて同ミュージアムで開催する、冬季五輪をテーマとした作品展となる。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300397

  • 2018年07月31日
    中国の紫砂陶芸家、冬季五輪テーマにスイスのオリンピック·ミュージアムで初の作品展

    7月31日、呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展の開会式であいさつする国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長(前)。2022年北京冬季五輪招致成功3周年に際し、中国の紫砂芸術を通して五輪精神を伝え、北京冬季五輪応援を目的とした「五環・五色」呂俊傑紫砂作品冬季五輪テーマ展が7月31日、スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで始まった。中国の紫砂陶芸家が初めて同ミュージアムで開催する、冬季五輪をテーマとした作品展となる。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080300410

  • 02:44.86
    2019年01月07日
    「新華社」瀋陽故宮博物院、清朝宮廷文化財の造形芸術展開催

    中国遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物院で7日、「惟妙惟肖翹首迎春(迫真の描写新春を待ち望む)清朝宮廷文化財の造形芸術展」が開幕した。同博物院所蔵の貴重な文化財70点余りを展示する今回の展覧会は、同博物院が新年を迎えるに当たり企画した特別展。展示は植物をテーマとした「琪花玉樹」、動物をテーマとした「珍禽瑞獣」、人物をテーマとした「形具神生」という3コーナーに分かれている。展示されている清朝宮廷の芸術品は、あらゆる種類を網羅している。宗教用品、家具・調度品、文房具、生活用品といったものや、室内装飾品、装身具、宝飾品など、さらに磁器、竹木牙角彫器、玉器、琺瑯(ほうろう)器、漆器、紫砂器、玻璃(ガラス)器などを網羅しており、清代の工芸美術の卓抜した成果を示している。専門家の解説によると、清の宮廷内や地方の名工たちは、自然界のさまざまな動物、植物、人間へのきめ細かい観察に基づいて、優れた構想と熟練した技術で各種工芸品を製作した。迫真の描写と吉祥の意味が込められた大量の造形芸術品は、極めて高い芸術性と鑑賞性を兼ね備えているという。(記者/高銘)<映像内容>「惟妙惟肖翹首迎春清朝宮廷文化財の造形芸術展」の様子、撮影日:2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717851

  • 2019年02月08日
    ポルトガル、中国との国交樹立40周年記念切手を発行

    8日、ポルトガルで発行された中国ポルトガル国交樹立40周年記念切手。ポルトガル郵便局(CTT)は8日、首都リスボンで、中国との国交樹立40周年記念切手と初日カバーの発行式を行った。今回新たに発行された記念切手は2種類。それぞれ両国の伝統文化要素を持つ紫砂茶器と銀茶器のデザインで、両国の伝統的な友情と文化の共鳴を表している。(リスボン=新華社記者/張立雲)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217109

  • 2019年02月08日
    ポルトガル、中国との国交樹立40周年記念切手を発行

    8日、ポルトガルで発行された中国ポルトガル国交樹立40周年記念の初日カバー。ポルトガル郵便局(CTT)は8日、首都リスボンで、中国との国交樹立40周年記念切手と初日カバーの発行式を行った。今回新たに発行された記念切手は2種類。それぞれ両国の伝統文化要素を持つ紫砂茶器と銀茶器のデザインで、両国の伝統的な友情と文化の共鳴を表している。(リスボン=新華社記者/張立雲)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217142

  • 2019年02月08日
    ポルトガル、中国との国交樹立40周年記念切手を発行

    8日、ポルトガルで発行された中国ポルトガル国交樹立40周年記念切手。ポルトガル郵便局(CTT)は8日、首都リスボンで、中国との国交樹立40周年記念切手と初日カバーの発行式を行った。今回新たに発行された記念切手は2種類。それぞれ両国の伝統文化要素を持つ紫砂茶器と銀茶器のデザインで、両国の伝統的な友情と文化の共鳴を表している。(リスボン=新華社記者/張立雲)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217299

  • 00:41.98
    2019年02月08日
    「新華社」ポルトガル、中国との国交樹立40周年記念切手を発行

    ポルトガル郵便局(CTT)は8日、首都リスボンで、中国との国交樹立40周年記念切手と初日カバーの発行式を行った。今回新たに発行された記念切手は2種類。それぞれ両国の伝統文化要素を持つ紫砂茶器と銀茶器のデザインで、両国の伝統的な友情と文化の共鳴を表している。CTTのフランシスコ・デ・ラセルダ最高経営責任者(CEO)は発行式で、両国の人々の間には長い交流の歴史と深い友情があり、今日、両国が共同で記念切手と初日カバーを発行し、国交樹立40周年を祝ったことは、両国の各分野における相互尊重と友好的な交流を表していると述べた。(記者/章亜東)<映像内容>ポルトガル郵便局で中国との国交樹立40周年記念切手など発行式の様子、撮影日:2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501689

  • 2019年02月08日
    ポルトガル、中国との国交樹立40周年記念切手を発行

    8日、ポルトガルで発行された中国ポルトガル国交樹立40周年記念初日カバー。ポルトガル郵便局(CTT)は8日、首都リスボンで、中国との国交樹立40周年記念切手と初日カバーの発行式を行った。今回新たに発行された記念切手は2種類。それぞれ両国の伝統文化要素を持つ紫砂茶器と銀茶器のデザインで、両国の伝統的な友情と文化の共鳴を表している。(リスボン=新華社記者/張立雲)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217101

  • 2019年02月08日
    ポルトガル、中国との国交樹立40周年記念切手を発行

    8日、ポルトガルで発行された中国ポルトガル国交樹立40周年記念切手。ポルトガル郵便局(CTT)は8日、首都リスボンで、中国との国交樹立40周年記念切手と初日カバーの発行式を行った。今回新たに発行された記念切手は2種類。それぞれ両国の伝統文化要素を持つ紫砂茶器と銀茶器のデザインで、両国の伝統的な友情と文化の共鳴を表している。(リスボン=新華社記者/張立雲)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217648

  • 2019年02月08日
    ポルトガル、中国との国交樹立40周年記念切手を発行

    8日、ポルトガルの首都リスボンで行われた発行式に出席した蔡潤(さい・じゅん)駐ポルトガル中国大使(左)と、CTTのフランシスコ・デ・ラセルダ最高経営責任者(CEO)。ポルトガル郵便局(CTT)は8日、首都リスボンで、中国との国交樹立40周年記念切手と初日カバーの発行式を行った。今回新たに発行された記念切手は2種類。それぞれ両国の伝統文化要素を持つ紫砂茶器と銀茶器のデザインで、両国の伝統的な友情と文化の共鳴を表している。(リスボン=新華社記者/張立雲)=2019(平成31)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217336

  • 2019年04月29日
    2019年中国北京国際園芸博覧会、一般公開始まる

    29日、北京園芸博の中華園芸展示エリアにある江蘇園で、来場者に中国茶器、紫砂壺(しさへい・しさこ)について説明する紫砂陶芸家の呂俊傑(りょ・しゅんけつ)氏(左から2人目)。2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の一般公開が29日、中国北京市延慶区で始まった。(北京=新華社記者/李賀)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100606

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された四大名陶の作品。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903034

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された雲南省の「建水紫陶」。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903039

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された宋代の通景画を模した小口水滴瓶。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903145

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された欽州「坭興陶」の作品。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903149

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された坭興陶「福寿大葫芦」。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903010

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された四大名陶の作品。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903070

  • 2019年05月25日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    25日、広西チワン族自治区認定の工芸美術大師、劉明洲(りゅう・めいしゅう)氏が彫刻を施した「道徳真経」。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/朱麗莉)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903158

  • 2019年05月25日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    25日、欽州市で行われた第2回中国四大名陶展の開幕式。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/朱麗莉)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903127

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が閉幕遼寧省瀋陽市

    7日、茶産業博覧会で展示された急須。中国遼寧省瀋陽市の新世界博覧館で10日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会及び紫砂(江蘇省宜興市の陶器)、陶磁器、茶器用品展が閉幕した。同博覧会は、中国の69の銘茶の産地から500社余りの有名企業が参加した。多くのイベントが開催され、中国茶文化の多様性を披露した。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300531

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕遼寧省瀋陽市

    7日、博覧会に出品された陶磁器を鑑賞する来場者。中国遼寧省瀋陽市で7日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕した。同博覧会の展示面積は2万平方メートルで、全国の名茶、プーアル茶・黒茶、白茶、紫砂茶器、茶器・工芸品のエリアに分かれている。全国から数百社が出展しており、10日まで開催される。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001035

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕遼寧省瀋陽市

    7日、博覧会会場に展示された生け花。中国遼寧省瀋陽市で7日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕した。同博覧会の展示面積は2万平方メートルで、全国の名茶、プーアル茶・黒茶、白茶、紫砂茶器、茶器・工芸品のエリアに分かれている。全国から数百社が出展しており、10日まで開催される。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001117

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕遼寧省瀋陽市

    7日、博覧会に出品された急須を鑑賞する来場者。中国遼寧省瀋陽市で7日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕した。同博覧会の展示面積は2万平方メートルで、全国の名茶、プーアル茶・黒茶、白茶、紫砂茶器、茶器・工芸品のエリアに分かれている。全国から数百社が出展しており、10日まで開催される。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001072

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕遼寧省瀋陽市

    7日、博覧会に出品された陶磁器を鑑賞する来場者。中国遼寧省瀋陽市で7日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕した。同博覧会の展示面積は2万平方メートルで、全国の名茶、プーアル茶・黒茶、白茶、紫砂茶器、茶器・工芸品のエリアに分かれている。全国から数百社が出展しており、10日まで開催される。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001189

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が閉幕遼寧省瀋陽市

    7日、茶産業博覧会で展示されたプーアル茶。中国遼寧省瀋陽市の新世界博覧館で10日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会及び紫砂(江蘇省宜興市の陶器)、陶磁器、茶器用品展が閉幕した。同博覧会は、中国の69の銘茶の産地から500社余りの有名企業が参加した。多くのイベントが開催され、中国茶文化の多様性を披露した。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300644

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が閉幕遼寧省瀋陽市

    7日、茶産業博覧会会場で展示されたお茶。中国遼寧省瀋陽市の新世界博覧館で10日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会及び紫砂(江蘇省宜興市の陶器)、陶磁器、茶器用品展が閉幕した。同博覧会は、中国の69の銘茶の産地から500社余りの有名企業が参加した。多くのイベントが開催され、中国茶文化の多様性を披露した。(瀋陽=新華社配信/鄭磊)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300599

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕遼寧省瀋陽市

    7日、博覧会会場に展示された生け花を鑑賞する来場者。中国遼寧省瀋陽市で7日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕した。同博覧会の展示面積は2万平方メートルで、全国の名茶、プーアル茶・黒茶、白茶、紫砂茶器、茶器・工芸品のエリアに分かれている。全国から数百社が出展しており、10日まで開催される。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001088

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕遼寧省瀋陽市

    7日、博覧会会場でお茶を味わう来場者。中国遼寧省瀋陽市で7日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕した。同博覧会の展示面積は2万平方メートルで、全国の名茶、プーアル茶・黒茶、白茶、紫砂茶器、茶器・工芸品のエリアに分かれている。全国から数百社が出展しており、10日まで開催される。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001008

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が閉幕遼寧省瀋陽市

    7日、茶産業博覧会で展示された茶葉。中国遼寧省瀋陽市の新世界博覧館で10日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会及び紫砂(江蘇省宜興市の陶器)、陶磁器、茶器用品展が閉幕した。同博覧会は、中国の69の銘茶の産地から500社余りの有名企業が参加した。多くのイベントが開催され、中国茶文化の多様性を披露した。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300618

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が閉幕遼寧省瀋陽市

    7日、茶産業博覧会で点前を披露するショオ族の茶道家。中国遼寧省瀋陽市の新世界博覧館で10日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会及び紫砂(江蘇省宜興市の陶器)、陶磁器、茶器用品展が閉幕した。同博覧会は、中国の69の銘茶の産地から500社余りの有名企業が参加した。多くのイベントが開催され、中国茶文化の多様性を披露した。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300588

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕遼寧省瀋陽市

    7日、博覧会会場に展示された生け花。中国遼寧省瀋陽市で7日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕した。同博覧会の展示面積は2万平方メートルで、全国の名茶、プーアル茶・黒茶、白茶、紫砂茶器、茶器・工芸品のエリアに分かれている。全国から数百社が出展しており、10日まで開催される。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001095

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕遼寧省瀋陽市

    7日、博覧会会場に展示された生け花を鑑賞する来場者。中国遼寧省瀋陽市で7日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が開幕した。同博覧会の展示面積は2万平方メートルで、全国の名茶、プーアル茶・黒茶、白茶、紫砂茶器、茶器・工芸品のエリアに分かれている。全国から数百社が出展しており、10日まで開催される。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000931

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が閉幕遼寧省瀋陽市

    7日、茶産業博覧会で茶芸を見学する来場者。中国遼寧省瀋陽市の新世界博覧館で10日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会及び紫砂(江蘇省宜興市の陶器)、陶磁器、茶器用品展が閉幕した。同博覧会は、中国の69の銘茶の産地から500社余りの有名企業が参加した。多くのイベントが開催され、中国茶文化の多様性を披露した。(瀋陽=新華社配信/鄭磊)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300569

  • 2019年06月07日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が閉幕遼寧省瀋陽市

    7日、茶産業博覧会で展示された陳皮(ちんぴ)。中国遼寧省瀋陽市の新世界博覧館で10日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会及び紫砂(江蘇省宜興市の陶器)、陶磁器、茶器用品展が閉幕した。同博覧会は、中国の69の銘茶の産地から500社余りの有名企業が参加した。多くのイベントが開催され、中国茶文化の多様性を披露した。(瀋陽=新華社配信/鄭磊)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300603

  • 2019年06月09日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が閉幕遼寧省瀋陽市

    9日、茶産業博覧会で展示された急須。中国遼寧省瀋陽市の新世界博覧館で10日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会及び紫砂(江蘇省宜興市の陶器)、陶磁器、茶器用品展が閉幕した。同博覧会は、中国の69の銘茶の産地から500社余りの有名企業が参加した。多くのイベントが開催され、中国茶文化の多様性を披露した。(瀋陽=新華社配信/鄭磊)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300579

  • 2019年06月09日
    第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会が閉幕遼寧省瀋陽市

    9日、茶産業博覧会で展示された急須。中国遼寧省瀋陽市の新世界博覧館で10日、第4回中国(瀋陽)国際茶産業博覧会及び紫砂(江蘇省宜興市の陶器)、陶磁器、茶器用品展が閉幕した。同博覧会は、中国の69の銘茶の産地から500社余りの有名企業が参加した。多くのイベントが開催され、中国茶文化の多様性を披露した。(瀋陽=新華社配信/鄭磊)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300622

  • 2019年06月13日
    2019第10回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会開幕

    13日、博覧会の会場で紫砂茶壺(江蘇省宜興市で産する陶土を用いた急須)を眺める来場者。中国遼寧省瀋陽市の瀋陽工業展覧館で13日、5日間にわたって開かれる「2019第10回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会」が開幕し、中国の茶企業、茶商200社余りが参加した。同博覧会では各産地の茶葉や国内の有名なブランド茶および茶器などが展示された。(瀋陽=新華社配信/鄭磊)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805826

  • 2019年06月13日
    2019第10回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会開幕

    13日、博覧会の会場に展示された紫砂茶壺(江蘇省宜興市で産する陶土を用いた急須)。中国遼寧省瀋陽市の瀋陽工業展覧館で13日、5日間にわたって開かれる「2019第10回東北(瀋陽)国際茶文化博覧会」が開幕し、中国の茶企業、茶商200社余りが参加した。同博覧会では各産地の茶葉や国内の有名なブランド茶および茶器などが展示された。(瀋陽=新華社配信/鄭磊)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061805678

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月13日
    清代の沈没船から見つかった磁器、中国国家博物館に収蔵へ

    13日、寄贈された磁器の一部。中国北京市の中国国家博物館で13日、清代の沈没船「泰興(たいこう)号」から回収された陶磁器の寄贈式が開かれた。寄贈したのは美術品交易や不動産事業を手がける泮廬集団。「泰興号」は清代に沈没した中国の商船で、陶磁器のほかにも少量の紫砂(しさ)陶器や石製品、金属製品などを積んでいた。同船は1990年代に外国の商業チームによって引き上げられ、回収された文化財は国際市場で競売にかけられたが、2018年に泮廬集団が陶磁器10万点余りを海外から買い戻した。今回はそのうちの40種類190点余りが博物館へ寄贈された。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900532

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月13日
    清代の沈没船から見つかった磁器、中国国家博物館に収蔵へ

    13日、泮廬集団の鄭長来(てい・ちょうらい)会長に収蔵証書を手渡す中国国家博物館の王春法(おう・しゅんほう)館長(左)。中国北京市の中国国家博物館で13日、清代の沈没船「泰興(たいこう)号」から回収された陶磁器の寄贈式が開かれた。寄贈したのは美術品交易や不動産事業を手がける泮廬集団。「泰興号」は清代に沈没した中国の商船で、陶磁器のほかにも少量の紫砂(しさ)陶器や石製品、金属製品などを積んでいた。同船は1990年代に外国の商業チームによって引き上げられ、回収された文化財は国際市場で競売にかけられたが、2018年に泮廬集団が陶磁器10万点余りを海外から買い戻した。今回はそのうちの40種類190点余りが博物館へ寄贈された。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900553

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月13日
    清代の沈没船から見つかった磁器、中国国家博物館に収蔵へ

    13日、寄贈された磁器を眺めるゲストたち。中国北京市の中国国家博物館で13日、清代の沈没船「泰興(たいこう)号」から回収された陶磁器の寄贈式が開かれた。寄贈したのは美術品交易や不動産事業を手がける泮廬集団。「泰興号」は清代に沈没した中国の商船で、陶磁器のほかにも少量の紫砂(しさ)陶器や石製品、金属製品などを積んでいた。同船は1990年代に外国の商業チームによって引き上げられ、回収された文化財は国際市場で競売にかけられたが、2018年に泮廬集団が陶磁器10万点余りを海外から買い戻した。今回はそのうちの40種類190点余りが博物館へ寄贈された。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900529

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月13日
    清代の沈没船から見つかった磁器、中国国家博物館に収蔵へ

    13日、寄贈された磁器を眺めるゲストたち。中国北京市の中国国家博物館で13日、清代の沈没船「泰興(たいこう)号」から回収された陶磁器の寄贈式が開かれた。寄贈したのは美術品交易や不動産事業を手がける泮廬集団。「泰興号」は清代に沈没した中国の商船で、陶磁器のほかにも少量の紫砂(しさ)陶器や石製品、金属製品などを積んでいた。同船は1990年代に外国の商業チームによって引き上げられ、回収された文化財は国際市場で競売にかけられたが、2018年に泮廬集団が陶磁器10万点余りを海外から買い戻した。今回はそのうちの40種類190点余りが博物館へ寄贈された。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900636

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月13日
    清代の沈没船から見つかった磁器、中国国家博物館に収蔵へ

    13日、寄贈された磁器を眺める中国国家博物館の王春法(おう・しゅんほう)館長(右から2人目)。中国北京市の中国国家博物館で13日、清代の沈没船「泰興(たいこう)号」から回収された陶磁器の寄贈式が開かれた。寄贈したのは美術品交易や不動産事業を手がける泮廬集団。「泰興号」は清代に沈没した中国の商船で、陶磁器のほかにも少量の紫砂(しさ)陶器や石製品、金属製品などを積んでいた。同船は1990年代に外国の商業チームによって引き上げられ、回収された文化財は国際市場で競売にかけられたが、2018年に泮廬集団が陶磁器10万点余りを海外から買い戻した。今回はそのうちの40種類190点余りが博物館へ寄贈された。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900488

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月13日
    清代の沈没船から見つかった磁器、中国国家博物館に収蔵へ

    13日、寄贈された磁器を眺めるゲスト。中国北京市の中国国家博物館で13日、清代の沈没船「泰興(たいこう)号」から回収された陶磁器の寄贈式が開かれた。寄贈したのは美術品交易や不動産事業を手がける泮廬集団。「泰興号」は清代に沈没した中国の商船で、陶磁器のほかにも少量の紫砂(しさ)陶器や石製品、金属製品などを積んでいた。同船は1990年代に外国の商業チームによって引き上げられ、回収された文化財は国際市場で競売にかけられたが、2018年に泮廬集団が陶磁器10万点余りを海外から買い戻した。今回はそのうちの40種類190点余りが博物館へ寄贈された。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900656

  • 2019年09月11日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏。(9月11日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604597

  • 2019年09月11日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    国家級無形文化遺産、栄昌陶を制作する職人。(9月11日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604617

  • 2019年09月11日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏。(9月11日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604568

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された蔡志強(さい・しきょう)氏の作品、「金盞」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304921

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された鮑志強(ほう・しきょう)氏の作品、「雪浪橋梁」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102305043

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「茶葉末」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304997

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された季益順(き・えきじゅん)氏の作品、「九九同興」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304896

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に訪れた市民。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304981

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された廖成義(りょう・せいぎ)氏の作品、「竜窯柴焼(りゅうようさいしょう)銀毫盞」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102305052

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された蔡志強(さい・しきょう)氏の作品、「金盞」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102305055

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「浴火蓮衣」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304864

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「伝統銀油滴盞(ぎんゆてきさん)」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304875

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「伝統銀油滴盞(ぎんゆてきさん)」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304877

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「茶葉末鷓鴣斑」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304897

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された作品。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102305003

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「鷓鴣斑盞(しゃこはんさん)」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102305012

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された作品の数々。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102305054

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「鉄銹斑」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304992

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された作品。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102305027

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「兎毫(とごう)盞」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304767

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「鷓鴣斑盞(しゃこはんさん)」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304974

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「兎毫(とごう)盞」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304980

  • 2019年10月20日
    多彩な陶芸作品一堂にマカオで現代陶芸名人招待展が開催

    20日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展に展示された李細妹(り・さいまい)氏の作品、「茶葉末」。中国マカオ特別行政区にある文化施設、マカオ総芸館のメインロビーで18日、「紫砂名壺建陽盞」現代陶芸名人招待展が開かれた。同展では中国の伝統茶器の一種、紫砂壺(しさこ)百点と福建省の建窯(けんよう)で焼かれた天目茶碗、建盞(けんさん)70点の計170点を展示しており、22日まで開催される。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102304999

  • 2019年11月28日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    国家級無形文化遺産伝承者、梁先才(りょう・せんさい)氏の工房に展示された栄昌陶。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604526

  • 2019年11月28日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏の作品。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604569

  • 2019年11月28日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    国家級無形文化遺産伝承者、梁先才(りょう・せんさい)氏の工房に展示された栄昌陶。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604579

  • 2019年11月28日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏の作品。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604551

  • 2019年11月28日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏の作品。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604598

  • 2019年11月28日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    観光客に作品制作の技術を説明する国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏(右)。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604537

  • 2019年11月28日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏の作品。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604535

  • 2019年11月28日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    国家級無形文化遺産栄昌陶の職人、管永双(かん・えいそう)氏の工房に並べられた作品と陶土。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604561

  • 2019年11月28日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    国家級無形文化遺産伝承者、梁先才(りょう・せんさい)氏の工房に展示された栄昌陶。(11月28日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604528

  • 2019年11月30日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    栄昌陶作品。(11月30日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社配信/王位)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604586

  • 2019年11月30日
    中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    栄昌陶作品。(11月30日撮影)中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に世に名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。(重慶=新華社配信/王位)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604585

  • 01:45.44
    2019年12月05日
    「新華社」中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に広く名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の代表的伝承者である梁先才(りょう・せんさい)氏は、栄昌区は国家級の創作拠点を建設し、その成果は良好で、今年3月から現在までに延べ5万5千人が同拠点で栄昌陶の知識を学んだと述べた。師弟による伝承だけでなく、美術アカデミー出身の若者も、この無形文化遺産の伝承に加わっている。栄昌区安富鎮通安村では、四川美術学院を卒業した管永双(かん・えいそう)夫妻が、古い家屋を工房として借り、陶器制作に打ち込んでいる。管氏はここ数年、栄昌陶の革新に取り組み、伝統的な釉薬である漢代の灰釉(かいゆう)をベースに、さまざまな植物の燃え殻を分類し、20種類以上に上る天然の灰釉を試作した。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。現在70才の梁氏は「まだ精力があるうちに、伝承者の育成に取り組みたい」と語った。(記者/黎華玲)<映像内容>栄昌陶器の制作の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604630

  • 2019年12月17日
    著名人の書簡が多数出品上海秋季オークション

    17日、画家の陸儼少(りく・げんしょう)氏が楊諧和(よう・かいわ)氏に送った書簡。中国上海市で17~19日、上海カウンシル国際オークション主催の2019秋季オークションが開催された。例年と同じく、中国書画や仏像、銅鏡、紫砂壺などの伝統的芸術作品がオークションの「主役」となった他、著名人の書簡も多く出品され、古書、書簡、美術文献の部では合わせて169点が出品された。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401605

  • 2019年12月17日
    著名人の書簡が多数出品上海秋季オークション

    17日、オークションの下見会で仏像を撮影する関係者。中国上海市で17~19日、北京カウンシル国際オークション主催の2019秋季オークションが開催された。例年と同じく、中国書画や仏像、銅鏡、紫砂壺などの伝統的芸術作品がオークションの「主役」となった他、著名人の書簡も多く出品され、古書、書簡、美術文献の部では合わせて169点が出品された。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401530

  • 2019年12月17日
    著名人の書簡が多数出品上海秋季オークション

    17日、オークションの銅鏡コーナー。中国上海市で17~19日、北京カウンシル国際オークション主催の2019秋季オークションが開催された。例年と同じく、中国書画や仏像、銅鏡、紫砂壺などの伝統的芸術作品がオークションの「主役」となった他、著名人の書簡も多く出品され、古書、書簡、美術文献の部では合わせて169点が出品された。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401575

  • 2019年12月17日
    著名人の書簡が多数出品上海秋季オークション

    17日、古書、書簡、美術文献のコーナーではオークション参加希望者が問い合わせをしていた。中国上海市で17~19日、北京カウンシル国際オークション主催の2019秋季オークションが開催された。例年と同じく、中国書画や仏像、銅鏡、紫砂壺などの伝統的芸術作品がオークションの「主役」となった他、著名人の書簡も多く出品され、古書、書簡、美術文献の部では合わせて169点が出品された。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401607

  • 2019年12月17日
    著名人の書簡が多数出品上海秋季オークション

    17日、オークションの銅鏡コーナーで作品を鑑賞する来場者。中国上海市で17~19日、北京カウンシル国際オークション主催の2019秋季オークションが開催された。例年と同じく、中国書画や仏像、銅鏡、紫砂壺などの伝統的芸術作品がオークションの「主役」となった他、著名人の書簡も多く出品され、古書、書簡、美術文献の部では合わせて169点が出品された。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401643

  • 2019年12月17日
    著名人の書簡が多数出品上海秋季オークション

    17日、書家で画家の啓功(けい・こう)氏が楊諧和(よう・かいわ)氏に送った書簡。中国上海市で17~19日、北京カウンシル国際オークション主催の2019秋季オークションが開催された。例年と同じく、中国書画や仏像、銅鏡、紫砂壺などの伝統的芸術作品がオークションの「主役」となった他、著名人の書簡も多く出品され、古書、書簡、美術文献の部では合わせて169点が出品された。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401640

  • 2019年12月17日
    著名人の書簡が多数出品上海秋季オークション

    17日、中国書画オークションの下見会で作品を撮影する来場者。中国上海市で17~19日、北京カウンシル国際オークション主催の2019秋季オークションが開催された。例年と同じく、中国書画や仏像、銅鏡、紫砂壺などの伝統的芸術作品がオークションの「主役」となった他、著名人の書簡も多く出品され、古書、書簡、美術文献の部では合わせて169点が出品された。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401565

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、店頭に並ぶ坭興陶の茶筒。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303667

  • 1
  • 2