KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • レッドリスト
  • 絶滅危惧種
  • 保護動物
  • 広西チワン族自治区
  • 一級保護
  • 中国貴州省
  • 国家一級
  • スタッフ
  • トゥチャ
  • フランソワルトン

「絶滅危惧種レッドリスト」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
35
( 1 35 件を表示)
  • 1
35
( 1 35 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年08月30日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐピンクイルカ。(8月30日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月28日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    魚を捉える三娘湾のピンクイルカ。(8月28日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月14日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾をたわむれながら泳ぐ3頭のピンクイルカ。(4月14日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月14日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐピンクイルカの群れ。(4月14日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:27.28
    2020年04月02日
    「新華社」絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来

    中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。2013年に「国際自然保護連合(IUCN)」の絶滅危惧種レッドリストの低危険種に分類されたシロスキハシコウは、主に草、魚、エビを食べる大型の渡り鳥で、毎年春から6月にかけて飛来する。シロスキハシコウが羽を休め、エサを食べる双江大壩は、平均海抜768メートル、面積1189ムー(約79ヘクタール)で、主導産業はブドウと水稲。水源に恵まれ、現地で有名な生態系・アグリツーリズムの基地として知られる。(記者/呉斯洋、斉健)<映像内容>世界絶滅危惧種のシロスキハシコウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月22日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐ3頭のピンクイルカ。(3月22日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月01日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐピンクイルカ。(1月1日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月12日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐピンクイルカの「親子」。(2019年12月12日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月18日
    「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に

    18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月12日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐ2頭のピンクイルカ。(2019年10月12日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトン。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトンとその赤ちゃん。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトン。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトンとその赤ちゃん。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトン。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で、フランソワルトンに餌をやる森林保護員。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトン。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトンとその赤ちゃん。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトン。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトンとその赤ちゃん。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトン。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトンとその赤ちゃん。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトン。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトン。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のクラスフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月04日
    フランソワルトンの数が年々増加貴州省麻陽河保護区

    4日、麻陽河国家級自然保護区の大河壩観測所で撮影したフランソワルトン。中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間活動を厳しく管理し、生息地への妨害を減らし、特定地点での餌付けや専門スタッフによる管理などの措置を講じて、村民のフランソワルトンへの愛護意識を高めたことから、保護区内のフランソワルトンの数は年々増加している。保護区管理局の最新の観測データによると、現在、保護区内に生息するフランソワルトンは70群、550頭余りに達し、2019年には7頭の赤ちゃんが誕生した。フランソワルトンは国家一級保護動物、世界絶滅危惧種(レッドリスト)に指定されている霊長類で、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布している。(沿河=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:05.03
    2019年04月12日
    「新華社」繁殖「第2世代」のシロサイが一般公開広東省広州市

    中国広東省の広州長隆野生動物世界でこのほど、同園で最初に生まれた雄のシロサイから誕生した「第2世代」が一般公開された。国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種レッドリストに登録されているシロサイは、ゾウに次いで2番目に大きい陸生脊椎動物であり、体重は3・5トンに達する。アフリカ北部と南部の異なる地域に分布し、生息地に基づきキタシロサイとミナミシロサイの2亜種に分かれる。キタシロサイは2018年に最後の雄「スーダン」が死亡し、雌が2頭残るだけとなっており、シロサイ個体群の生存・繁殖保護は世界が注目する問題となっている。広州長隆野生動物世界は1997年、南アフリカからやって来たサイの飼育管理を始めた。現在はミナミシロサイ24頭、クロサイ13頭を飼育し、うちクロサイ8頭とミナミシロサイ4頭の繁殖に成功している。同園の専門家、陳思明(ちん・しめい)氏は、今回のミナミシロサイ「第2世代」の繁殖は、希少種の繁殖や生息地以外での保護において重要な意義を持つと述べた。2009年3月3日、同園は初めて雄のミナミシロサイの繁殖に成功した。その時に誕生した「小王子(シャオワンズ)」が父親となり、2018年6月19日に息子の「大壮(ダージュアン)」が生まれ、同園で誕生したミナミシロサイの「第2世代」の最初の1頭となった。母の「南鳳(ナンフォン)」は2015年1月に南アフリカからやって来た。広州長隆野生動物世界では現在、シロサイ2頭の妊娠を確認しており、今年11月と来年上半期に赤ちゃんが誕生するとみられる。(記者/鄧瑞璇、劉大偉、黄国保)<映像内容>中国の広州長隆野生動物世界で誕生したシロサイの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:19.28
    2019年03月15日
    「新華社」保護された中国イタチアナグマが野生復帰雲南省金平県

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州金平ミャオ族ヤオ族ダイ族自治県の自然資源公安局はこのほど、ふさふさした毛を持つ小動物を保護した。首は太くて短く、丸く短い耳が直立し、目はつぶらで、かわいらしい姿をしている。同自治県の分水嶺国家級自然保護局の専門家の鑑定で、小動物は中国で生態的・科学的・社会的価値のある陸生野生動物「三有保護動物」とされる中国イタチアナグマ(学名:Melogalemoschata)だと分かった。専門家によると、中国イタチアナグマは夜行性の穴居性動物で、動きが遅く、川辺や谷、丘陵地および山間部の森林、やぶ、草むらに生息し、中国、インド、ラオス、ミャンマー、ベトナムに分布しており、2008年に国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種レッドリストに登録されている。警察が詳細に調べたところ、中国イタチアナグマは健康状態が良好で、野外での生存にも適応できるとの結果が出たことから、人けのない山林で野生に返された。(記者/孫敏)<映像内容>保護された中国イタチアナグマの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:26.39
    2018年11月08日
    「新華社」ベンガルヤマネコを十数年ぶりに発見江蘇省塩城市大豊区

    中国の南京大学環境規画設計研究院自然生態研究所の調査チームはこのほど、江蘇省塩城市大豊区で哺乳類の秋季調査を行い、生態系の頂点捕食者であるベンガルヤマネコの姿を赤外線カメラで捉えた。同省沿海地域でベンガルヤマネコが発見されたのは十数年ぶり。野生のベンガルヤマネコはかつて中国に広く分布し、1960年代には少なくとも100万匹が生息していた。だが、大量の捕殺や輸出により、野生数が激減しており、「中国の絶滅危惧種レッドリスト」で絶滅の恐れがある「易危種」となっている他、ワシントン条約でも輸出入に許可が必要な「付属書2」に掲載されている。ベンガルヤマネコの生存には数多くの良好な生息地と獲物が必要なため、今回の発見は同区の環境管理の成果が表れたことを意味している。(記者/林凱、秦華江)<映像内容>赤外線カメラに映る野生のベンガルヤマネコ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.30
    2018年08月18日
    「新華社」野生ターキンの近距離撮影に成功雲南省怒江リス族自治州

    中国雲南省怒江リス族自治州森林公安人民警察はこのほど、高黎貢山国家級自然保護区内で、国家一級保護動物である野生のターキン11頭の近距離撮影に成功した。保護区でターキンの近距離撮影に成功したのは、ここ1カ月で3度目。同自治州貢山県森林公安局によると、森林公安人民警察が14日、同保護区貢山管理保護分局の巡視員とともに高黎貢ターキンの生息環境を巡視するために独竜江岸を歩いていたところ、11頭のターキンの群れが河辺にいるのを発見。すぐに群れを撮影した。7月19日と8月9日にも、同分局63キロ巡視点の森林保護員と貢山県森林公安人民警察がそれぞれ、独竜江区域でターキンの群れを撮影しており、このうち7月19日は22頭の撮影に成功している。同分局生物多様性研究所の李迎春副所長によると、高黎貢ターキンは国家一級重点保護野生動物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストでは野生絶滅の危険性が高い「危急種」となっている。主にミャンマー北部や高黎貢山山脈の怒江と保山地区に生息しており、最新の調査研究結果によると、貢山独竜江地区には現在、12のターキン個体群があり、400~450頭が生息しているという。(記者/張東強、于嘯月)<映像内容>野生ターキンの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1