KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 思川
  • 令和
  • 住民
  • 小林隼人
  • 材料
  • 発見
  • 遺体
  • しょこ
  • エタノール
  • オフィスビル

「網戸」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1977年06月20日
    厚相、網戸越しに話聞く 有田市の集団コレラ事件

    プレハブ臨時病棟で隔離患者(左側)に網戸越しに話しかける渡辺美智雄厚相。窓の中から「どこからうつったのか分からない。早く感染ルートを調べて」と訴えられた=1977(昭和52)年6月20日、和歌山県有田市港町のプレハブ臨時隔離病棟

    商品コード: 2014090900441

  • 1999年03月12日
    窓や網戸を丸洗い

    ジョンソンが発売する家庭用洗剤「クルー 外回りのウォッシャー」

    商品コード: 1999031200122

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年09月14日
    捜索活動見つめる住民 不明の弟を遺体で発見

    小林隼人ちゃんの遺体が発見された思川の捜索を見守る地元の人たち=14日午後5時20分、栃木県小山市網戸

    商品コード: 2004091400163

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年09月14日
    捜索する捜査員 不明の弟を遺体で発見

    小林隼人ちゃんが遺体で発見された思川の中州付近を捜索する捜査員=14日午後4時30分、栃木県小山市網戸

    商品コード: 2004091400164

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年09月15日
    手を合わせる住民 栃木の兄弟誘拐事件

    思川に架かる網戸橋のたもとに花束などを供え、手を合わせる住民=15日午後、栃木県小山市

    商品コード: 2004091500134

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年06月12日
    落下したガラス破片と網戸 ボンベ破裂でガラス落下

    マンションから落下したガラス破片と網戸=12日午後4時20分、京都市上京区

    商品コード: 2007061200180

  • 2012年04月20日
    真剣

    米サンフランシスコの民家で、巣の材料にするため網戸を細かく切る雌の鳥。目つきは真剣そのものです。(UPI=共同)

    商品コード: 2012042000162

  • 02:04.80
    2019年02月19日
    「新華社」中国の研究者、室内空気が浄化可能な「スマート網戸」を開発

    中国安徽省合肥市にある中国科学技術大学の兪書宏(ゆ・しょこう)教授の研究開発チームはこのほど、短期間かつ低コストで製造可能な「スマート網戸」の素材を開発した。室内の空気浄化効率は最大99・65%に達し、50秒以内に空気中のPM2・5濃度を「深刻な汚染」レベルから「優」レベルまで低減できる。研究成果は米出版社CellPressが発行する学術誌「iScience」に発表された。兪氏のチームは「ディップコーティング・セルフアセンブリー(dip-coatingandself-assembly)」方式を通じて、従来の業務用ナイロンメッシュ(ポリアミド)を元に、柔軟性があり透明な大面積の「スマート網戸」素材の開発に成功した。約7・5平方メートルの「スマート網戸」製作コストはわずか約100元(1元=約16円)だという。これらの材料は、サーモクロミック顔料と組み合わせることで室内の照度を変えることができるだけでなく、高効率なスモッグ捕集装置として室内の空気を浄化することもできる。「スマート網戸」は、スモッグを浄化した後にエタノールに20分間浸すだけで元の状態に戻り、再使用できる。実験では、何百回洗浄をくり返した後でも、浄化効率は保たれているという。(記者/曹力)<映像内容>「スマート網戸」開発の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021901141

  • 2020年07月22日
    オフィスのコロナ感染対策に網戸活用

    換気のため網戸を取り付けたフジワラテクノアートのオフィス。高さ2メートルを超える大きな窓に、特注の網戸。60人ほどが働くオフィスを風が緩やかに吹き抜ける。新型コロナウイルスの感染対策で換気を促そうと、醸造機械製造のフジワラテクノアート(岡山市北区富吉)が6月末、本社1階に取り付けた。「風通しが良く、虫が入ってくることもない。快適に安心して仕事ができるようになった」と同社。今年は職場でも網戸を活用する動きが広がりそうだ。=2020(令和2)年7月22日、岡山市北区富吉、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080502831

  • 2021年02月16日
    SEOUL: Construction

    February 16, 2021, Seoul, Bucheon, South Korea: A construction safety worker guards subway passengers waiting for a train arriving in Singil Station in Seoul as the platform screen doors undergo renovation. (Credit Image: © Jintak Han/ZUMA Wire)、クレジット:©Jintak Han/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021711132

  • 2021年03月08日
    中国のレバノン派遣PKO部隊現地農業局のオフィス修復を支援

    8日、ティール市農業局オフィスビルの古くなった網戸を撤去する中国のレバノン派遣PKO部隊。レバノン南部のティール市農業局は19日、オフィスビルの竣工・プレート除幕式典を開催した。中国の第19次レバノン派遣平和維持活動(PKO)部隊の多機能工兵分隊の支援によって農業局オフィスビルの修復が完了し、改修されたオフィスエリアと会議室の使用が再開された。ティール市は国連の駐レバノンPKO部隊の駐屯地。同局は、オフィスビルが時間の経過とともに壁や扉、窓などの損壊が深刻化していたことから、国連の駐レバノン暫定隊(UNIFIL)に協力を求めた。状況を把握した中国の第19次レバノン派遣PKO部隊の多機能工兵分隊は、専門部隊員15人を派遣して施工チームを組織し、同局の問題解決に当たった。(ベイルート=新華社配信/劉攀)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032506871

  • 2021年04月02日
    Canada News - April 2, 2021

    April 2, 2021, Toronto, on, Canada: A building superintendent speaks to a tenant named Alex from behind a screen door as the tenant tries to prevent his eviction from his home in Toronto on Friday, April 2, 2021. Alex, a single father of two children, aged one and six, fell behind in rent after his income was reduced when the pandemic negatively affected his work, and was served an eviction notice under Bill 184 in September 2020. He remained in his apartment as he was subsequently able to meet his rent. Alex managed to gather the money to repay his arrears, which he claims the property management company refused to accept, and was visited by Sheriffs on Monday March 29, who instructed him that he and his children had to leave the apartment. (Credit Image: © Chris Young/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chris Young/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

    商品コード: 2021040507782

  • 2021年07月09日
    Highest level of social distancing Highest level of social distancing

    Highest level of social distancing A notice is put up on a screen door at a Subway station in Seoul on July 9, 2021, to inform people of a 20 percent cutback of post-10 p.m. subway operations. The measure is part of steps to be taken under Level 4 social distancing that will be introduced on July 12 amid concerns of a fourth wave of COVID-19. (Yonhap)/2021-07-09 15:13:43/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071208908

  • 2021年07月22日
    China Henan Flooding

    People wash window screens on a flooded road in Lushan county in central China‘s Henan province Thursday, July 22, 2021.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2021072207157

  • 2022年05月28日
    6th anniv. of death of maintenance worker at Seoul subway sta...

    6th anniv. of death of maintenance worker at Seoul subway stationWritings commemorating the sixth anniversary of the death of a maintenance worker at Guui Station in Seoul‘s Gwangjin Ward are posted on screen doors at a platform at the station on the city‘s subway line No. 2. The 19-year-old worker was killed in an accident while doing repair work there. The death was blamed on lack of safety awareness by subway operators who overlooked required regulations, such as by having the intern work alone at the subway station. (Yonhap)/2022-05-28 15:22:27/<Copyright ⓒ 1980-2022 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>、クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052809888

  • 2022年05月28日
    6th anniv. of death of maintenance worker at Seoul subway sta...

    6th anniv. of death of maintenance worker at Seoul subway stationWritings commemorating the sixth anniversary of the death of a maintenance worker at Guui Station in Seoul‘s Gwangjin Ward are posted on screen doors at a platform at the station on the city‘s subway line No. 2. The 19-year-old worker was killed in an accident while doing repair work there. The death was blamed on lack of safety awareness by subway operators who overlooked required regulations, such as by having the intern work alone at the subway station. (Yonhap)/2022-05-28 15:53:07/<Copyright ⓒ 1980-2022 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>、クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052810253

  • 1