KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 全長
  • 場所
  • 日本
  • 時速
  • 発注
  • 内容
  • 安全性
  • 完成
  • 定員

「総トン数」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
25
( 1 25 件を表示)
  • 1
25
( 1 25 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1941年07月20日
    爆撃受けて船尾が炎上 欧州戦線

    オランダ沖で英国軍機の爆撃を受けて船尾が炎上するデンマークのディーゼル船。ドイツ船団に組み込まれていた。英国側はこのところ、ドイツ艦船54隻を沈め、その規模は総トン数は22万トンに達した=1941年7月(ACME)

    商品コード: 2014111100309

  • 1942年01月12日
    英舟艇に乗る捕虜の独軍兵 欧州戦線・ノルウェー

    ノルウェー南部ボークセ、モーレイ両島への急襲作戦を受けて敗退し、英国の上陸用舟艇に乗り移るドイツ軍捕虜。1941年12月27日実施の作戦は英国の艦船と爆撃機による支援の下、特殊部隊が両島上陸を敢行。ドイツ軍陣地を撃破し、石油タンクなどの施設を破壊したほか、総トン数1万5650トンに上るドイツ艦船を沈めた=1942年1月(ACME)

    商品コード: 2011060100262

  • 1975年05月24日
    “邪馬台国”への道探る

    韓国から日本までこぎ渡る古代推定船「野性号」の模型。倭人伝研究会が「魏志倭人伝」に記された朝鮮から日本に至る「海上の道」を古代の船・古代のそう(漕)法で体験しようと計画。野性号は、カナダ松製。長さ16・5メートル、幅2・2メートル。総トン数約30・9トン。定員約30人(50年内地 3482)

    商品コード: 2012111900158

  • 1975年06月26日
    世界最大タンカー引き渡し

    発注先への引き渡し、“処女航海”を待つ世界最大のマンモスタンカー「日精丸」。総トン数23万8518トン、全長378・85メートル、幅62メートル、深さ36メートル、航海速力は時速27キロを誇る=1975(昭和50)年6月26日、広島県呉市の石川島播磨重工呉工場

    商品コード: 2012121100163

  • 1975年09月18日
    そこのけそこのけ試運転

    試運転のため明石海峡を航行する巨大タンカー「ヒルダ・クヌッセン号」。後方は淡路島。全長378メートル、幅69メートル、深さ28・7メートル、総トン数20万3967トンの巨大さ=1975(昭和50)年9月18日午前10時20分、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2013031300148

  • 1976年08月27日
    春日丸 日本最大のコンテナ船

    引き渡し式が行われた日本最大のコンテナ船「春日丸」。三菱重工業神戸造船所で完成、27日発注元の日本郵船への引き渡し式が行われた。総トン数は5万8438総トン、船体は全長289メートル、幅32メートル。20フィート型コンテナが2326個積める

    商品コード: 2014020600226

  • 1978年08月30日
    「フェスティバル号」 世界第5位の大型客船に

    貨客船が“変身”−大型客船になった「フェスティバル号」(米国船籍)。川崎重工が神戸工場で進めていた3万トン級の貨客船を純客船にする改装工事が完工。総トン数で世界第5位の大型客船に“変身”。客室を33室から369室に増やしたほか劇場やバーなどの娯楽施設を新設した。工費は約40億円とか…

    商品コード: 2015070700301

  • 00:59.49
    2016年10月05日
    「東奥日報」海洋地球研究船「みらい」公開/むつ

    海洋研究開発機構むつ研究所は5日、世界最大級の海洋地球研究船「みらい」(総トン数8706トン)の母港・青森県むつ市関根浜港で、報道機関を対象とした船内見学会を開いた。みらいを活用して進めている北極域での研究についても紹介。同機構北極環境変動総合研究センターの西野茂人主任技術研究員は「北極海の環境変化、生態系の変化を明らかにしていきたい」と意欲を述べた。<映像内容>船の外観、内部の紹介、観測機器の説明など、撮影日:2016(平成28)年10月5日、撮影場所:青森県むつ市関根浜港、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材

    商品コード: 2018021400479

  • 2019年08月01日
    大阪市立大学の燃料電地車を使って水素で船舶運航する実証実験

    大阪市立大学複合先端研究機構の南繁行特任教授らは1日、燃料電池車を水素発電システムとして駆動する水素燃料電池搭載船(写真)の実証実験を公開した。カレントダイナミックス(大阪市住吉区)との共同開発。岸壁に水素補給ステーションがなくても、内陸部の既存施設で水素補給ができる。製作コストは従来の燃料電池船の約10分の1で、ランニングコストも抑えられる。実績のある燃料電池車の利用で安全性も確保できる。同船舶は総トン数が約2.6トン、全長は約9.5メートル。トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」を搭載し、最大50立方メートルの水素を積める。国土交通省から運行認可も取得済み。時速8キロメートルで約13時間、時速4キロメートルでは約93時間の航行が可能。南特任教授は「安全で長期的に動くことを確認し、燃料電池船開発の発展のきっかけとしたい」と語った。=2019(令和元)年8月1日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080903384

  • 2020年03月18日
    Meyer shipyard transfers cruise liner “Iona

    18 March 2020, Lower Saxony, Papenburg: The new cruise liner “Iona“ is located at the Meyer shipyard. With 184,700 GT (gross tonnage/formerly: gross registered tons/GRT), the “Iona“ is the largest ship ever built at Meyer an der Ems. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031924644

  • 2020年03月18日
    Meyer shipyard transfers cruise liner “Iona

    18 March 2020, Lower Saxony, Papenburg: Spectators stand on the dike in front of the new cruise ship “Iona“ at the Meyer shipyard. With 184,700 GT (gross tonnage/formerly: gross registered tons/GRT), the “Iona“ is the largest ship ever built at Meyer an der Ems. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031924652

  • 2020年03月18日
    Meyer shipyard transfers cruise liner “Iona

    18 March 2020, Lower Saxony, Papenburg: A lamb lies on the dike in front of the Meyer shipyard with the new cruise ship “Iona“. With 184,700 GT (gross tonnage/formerly: gross registered tons/GT), the “Iona“ is the largest ship ever built by Meyer an der Ems. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031924677

  • 2020年03月18日
    Meyer shipyard transfers cruise liner “Iona

    18 March 2020, Lower Saxony, Papenburg: Observers stand in front of the new cruise ship “Iona“ at the Meyer shipyard. With 184,700 GT (gross tonnage/formerly: gross registered tons/GRT), the “Iona“ is the largest ship ever built at Meyer an der Ems. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031924475

  • 2020年03月18日
    Meyer shipyard transfers cruise liner “Iona

    18 March 2020, Lower Saxony, Papenburg: The new cruise liner “Iona“ is located at the Meyer shipyard. With 184,700 GT (gross tonnage/formerly: gross registered tons/GRT), the “Iona“ is the largest ship ever built at Meyer an der Ems. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031924673

  • 2020年03月19日
    Meyer shipyard transfers cruise liner “Iona

    19 March 2020, Lower Saxony, Papenburg: Spectators stand on the dyke in front of the new cruise ship “Iona“, which is being towed by a tugboat from the Meyer shipyard to the Ems river. With 184,700 GT (gross tonnage/formerly: gross registered tons/GRT), the “Iona“ is the largest ship ever built by Meyer an der Ems. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031924614

  • 2020年03月19日
    Meyer shipyard transfers cruise liner “Iona

    19 March 2020, Lower Saxony, Papenburg: Spectators stand on the dike in front of the new cruise ship “Iona“, which is being towed by a tugboat from the Meyer shipyard to the Ems river. With 184,700 GT (gross tonnage/formerly: gross registered tons/GRT), the “Iona“ is the largest ship ever built by Meyer an der Ems. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031924672

  • 2020年03月19日
    Meyer shipyard transfers cruise liner “Iona

    19 March 2020, Lower Saxony, Papenburg: Spectators stand on the dyke in front of the new cruise ship “Iona“, which is being towed by a tugboat from the Meyer shipyard to the Ems river. With 184,700 GT (gross tonnage/formerly: gross registered tons/GRT), the “Iona“ is the largest ship ever built by Meyer an der Ems. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031924687

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:18.07
    2020年07月13日
    海の上〝飛ぶ〞高速船就航 25年ぶり建造、離島路線で

    海水を噴き出して進む高速旅客船「ジェットフォイル」が13日、東京都や静岡県と伊豆諸島を結ぶ路線で就航した。運航する東海汽船(東京)が鉄道建設・運輸施設整備支援機構と共同で川崎重工業に発注し、6月末に完成した。ジェットフォイルの新規建造は25年ぶり。 船体の前後から垂直に伸びる三つの水中翼が海水を吸い込み、ガスタービンの力で後方に噴射する仕組み。全長27・4㍍、総トン数176㌧の船体が浮き上がって最高時速80㌔で進み、海面の上を飛んでいるように見える。 12日に役目を終えた「セブンアイランド虹」の後継船で「セブンアイランド結」と名付けられた。定員は241人。バリアフリーに対応し、多目的トイレなどを整備。クジラとの衝突などに備え、座席下部にスプリングを入れて乗客の安全性を高めた。 船体の基調である藍色は、東京五輪の大会エンブレムを手掛けた美術家の野老朝雄氏が選び、命名も担当した。 <映像内容>東京・竹芝客船ターミナル、船に乗り込む乗客ら、船が桟橋を離れ出航する様子=以上が東京・竹芝周辺、海面を飛ぶように走行する様子、撮影日:2020(令和2)年7月13日、撮影場所:東京都大田区

    商品コード: 2020072300495

  • 2021年04月23日
    第2回輸入博で話題集めたクルーズ船、22年3月に上海へ

    クルーズ船ワンダー・オブ・ザ・シーズのイメージ図。(資料写真)世界有数の高級クルーズ大手、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルはこのほど、建造中のクルーズ船ワンダー・オブ・ザ・シーズ(総トン数23万7千トン)を2022年3月に上海に配置し、中国発の国際クルーズツアーを実施していくと発表した。これまでの計画によると、同号の最初の目的地には、日本の東京、大阪、福岡、神戸、沖縄などが含まれている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042311975

  • 2021年09月03日
    The Fastest Most Intelligent Passenger Rolling Ship in China

    Photo taken on The evening of September 3, 2021 shows the passenger rolling ship jilong Island berthing at The Port of Yantai, Shandong Province, China. The “Jilong Island“ passenger rolling ship invested and built by COSCO Shipping has officially been put into operation of the dalian - Yantai route and completed its maiden voyage. “Jilong Island“ has a total length of 208 meters, a width of 28.6 meters, a total tonnage of 43,195 tons, a maximum passenger capacity of 1375 people, a total length of 2,800 meters, and a maximum speed of 22.3 knots. It is currently the fastest and most intelligent large passenger rolling ship in China.=2021(令和3)年9月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092104757

  • 2021年09月03日
    The Fastest Most Intelligent Passenger Rolling Ship in China

    Photo taken on The evening of September 3, 2021 shows the passenger rolling ship jilong Island berthing at The Port of Yantai, Shandong Province, China. The “Jilong Island“ passenger rolling ship invested and built by COSCO Shipping has officially been put into operation of the dalian - Yantai route and completed its maiden voyage. “Jilong Island“ has a total length of 208 meters, a width of 28.6 meters, a total tonnage of 43,195 tons, a maximum passenger capacity of 1375 people, a total length of 2,800 meters, and a maximum speed of 22.3 knots. It is currently the fastest and most intelligent large passenger rolling ship in China.=2021(令和3)年9月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092104870

  • 2021年09月03日
    The Fastest Most Intelligent Passenger Rolling Ship in China

    Photo taken on The evening of September 3, 2021 shows the passenger rolling ship jilong Island berthing at The Port of Yantai, Shandong Province, China. The “Jilong Island“ passenger rolling ship invested and built by COSCO Shipping has officially been put into operation of the dalian - Yantai route and completed its maiden voyage. “Jilong Island“ has a total length of 208 meters, a width of 28.6 meters, a total tonnage of 43,195 tons, a maximum passenger capacity of 1375 people, a total length of 2,800 meters, and a maximum speed of 22.3 knots. It is currently the fastest and most intelligent large passenger rolling ship in China.=2021(令和3)年9月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092104736

  • 2021年09月03日
    The Fastest Most Intelligent Passenger Rolling Ship in China

    Photo taken on The evening of September 3, 2021 shows the passenger rolling ship jilong Island berthing at The Port of Yantai, Shandong Province, China. The “Jilong Island“ passenger rolling ship invested and built by COSCO Shipping has officially been put into operation of the dalian - Yantai route and completed its maiden voyage. “Jilong Island“ has a total length of 208 meters, a width of 28.6 meters, a total tonnage of 43,195 tons, a maximum passenger capacity of 1375 people, a total length of 2,800 meters, and a maximum speed of 22.3 knots. It is currently the fastest and most intelligent large passenger rolling ship in China.=2021(令和3)年9月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092104727

  • 2021年09月03日
    The Fastest Most Intelligent Passenger Rolling Ship in China

    Photo taken on The evening of September 3, 2021 shows the passenger rolling ship jilong Island berthing at The Port of Yantai, Shandong Province, China. The “Jilong Island“ passenger rolling ship invested and built by COSCO Shipping has officially been put into operation of the dalian - Yantai route and completed its maiden voyage. “Jilong Island“ has a total length of 208 meters, a width of 28.6 meters, a total tonnage of 43,195 tons, a maximum passenger capacity of 1375 people, a total length of 2,800 meters, and a maximum speed of 22.3 knots. It is currently the fastest and most intelligent large passenger rolling ship in China.=2021(令和3)年9月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092104856

  • 2021年09月03日
    The Fastest Most Intelligent Passenger Rolling Ship in China

    Photo taken on The evening of September 3, 2021 shows the passenger rolling ship jilong Island berthing at The Port of Yantai, Shandong Province, China. The “Jilong Island“ passenger rolling ship invested and built by COSCO Shipping has officially been put into operation of the dalian - Yantai route and completed its maiden voyage. “Jilong Island“ has a total length of 208 meters, a width of 28.6 meters, a total tonnage of 43,195 tons, a maximum passenger capacity of 1375 people, a total length of 2,800 meters, and a maximum speed of 22.3 knots. It is currently the fastest and most intelligent large passenger rolling ship in China.=2021(令和3)年9月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092104878

  • 1