KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 震災
  • リード
  • 復興
  • アクセス
  • アリババグループ
  • オフライン
  • データシステム
  • ビッグデータ
  • リアルタイム
  • 主体

「総合版」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 03:53.20
    2018年12月29日
    「新華社」新版「都市大脳」、都市管理分野などに導入杭州

    中国浙江省杭州市西湖区の、同市とアリババグループがビッグデータとクラウド・プログラム開発のために創設した雲棲小鎮(クラウドタウン)で12月29日、「杭州都市大脳(総合版)」の正式導入が発表された。すでに中央システムを基盤とする都市大脳が都市管理、衛生・健康、観光、環境保護など各分野に導入されているという。杭州都市大脳(総合版)の鍵となる飛躍は、都市大脳の中央システムを構築し、管理やサービスの主体が各自のデータシステムをそこに接続することで、双方向性と連携性を確立した点にある。簡単な例を挙げるなら、観光、交通、都市管理などの部門が同時にある地区の地図を必要とした場合、彼らは直接中央システムを通じてリアルタイムにオンライン上で情報を取得できるため、部門間のオフラインでの相互調整が必要なくなる。杭州都市大脳技術チーフアーキテクトの王堅(おう・けん)氏は、これは、中央システムを基盤とし、システマティックにアクセスする方式で相互連携する、初めての都市レベルの総合的枠組み設計であり、これがキーポイントであると説明している。この仕組みはさらに拡大する可能性があり、広範囲に及ぶ都市全体の管理を支えることが可能になる。中央システムを持った杭州都市大脳(総合版)は、正式に都市管理、衛生・健康、観光、環境保護などの分野にアクセスし、都市全域での駐車スペースの共同利用や診察費の後払い、公園カード(年間パス)による近郊観光を含む9項目の市民向けサービスを実施する。(記者/馬剣、宋立峰)<映像内容>雲棲小鎮で「杭州都市大脳(総合版)」の導入発表、撮影日:2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019514

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月05日
    震災9年、私の支え

    被災者ひと言集・これが私の支えになった(総合版)

    商品コード: 2020030504034

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月05日
    震災9年、私の支え

    被災者ひと言集・これが私の支えになった(総合版)

    商品コード: 2020030504041

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    震災10年私の復興

    被災者ひと言集・私の復興(総合版・リード含む)

    商品コード: 2021022300733

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    震災10年私の復興

    被災者ひと言集・私の復興(総合版・リード含む)

    商品コード: 2021022300734

  • 1