KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 延長
  • 令和
  • 記者
  • 集団
  • 交通
  • 作業員
  • 高速道路
  • 開始
  • 完成
  • 列車

「総延長」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1,767
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,767
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  日光東照宮唐門
    -
    日光東照宮唐門

    唐門は東照宮本社の正門である。江戸時代には将軍に直接拝謁できる身分の幕臣や大名だけが使用を許された。正面上部の彫刻は「舜帝朝見の儀」。唐門の左右には彫刻で飾られた総延長160メートルの透塀(すきべい)が後ろの本社を囲むように延びている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐22‐0]

    商品コード: 2017081400910

  •  日光東照宮唐門と拝殿
    -
    日光東照宮唐門と拝殿

    右手前から順に東照宮本社の正門である唐門と拝殿。江戸時代には将軍に直接拝謁できる身分の幕臣や大名だけが使用を許された。正面上部の彫刻は「舜帝朝見の儀」。唐門の左右には彫刻で飾られた総延長160メートルの透塀(すきべい)が後ろの本社を囲んでいる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号50‐28‐0]

    商品コード: 2017080903336

  •  日光東照宮唐門と拝殿
    -
    日光東照宮唐門と拝殿

    総延長160メートルの透塀(すきべい)に囲まれた東照宮本社境内の内側から、唐門と本社拝殿を側面から撮影している。画面の右端が唐門で左端が本社拝殿。江戸時代は将軍に直接拝謁できる高い身分の幕臣や大名だけが使用した。唐門の内側を撮影したこの種の写真は珍しい。=撮影年月日不明、日光、撮影者:臼井秀三郎(?)、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号65‐29‐0]

    商品コード: 2017082400157

  •  日光東照宮唐門
    -
    日光東照宮唐門

    唐門は東照宮本社の正門である。江戸時代には将軍に直接拝謁できる身分の幕臣や大名だけが使用を許された。正面上部の彫刻は「舜帝朝見の儀」。唐門の左右には彫刻で飾られた総延長160メートルの透塀(すきべい)が後ろの本社を囲むように延びている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐44‐0]

    商品コード: 2017081401290

  •  日光東照宮唐門
    -
    日光東照宮唐門

    唐門は東照宮本社の正門である。江戸時代には将軍に直接拝謁できる身分の幕臣や大名だけが使用を許された。正面上部の彫刻は「舜帝朝見の儀」。唐門の左右には彫刻で飾られた総延長160メートルの透塀(すきべい)が延びている。唐門の後ろは本社拝殿である。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐108‐0]

    商品コード: 2017081401651

  •  日光東照宮唐門と拝殿
    -
    日光東照宮唐門と拝殿

    唐門は東照宮本社の正門である。江戸時代には将軍に直接拝謁できる身分の幕臣や大名だけが使用を許された。正面上部の彫刻は「舜帝朝見の儀」。唐門の左右には彫刻で飾られた総延長160メートルの透塀(すきべい)が後ろの本社を囲むように延びている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐7‐0]

    商品コード: 2017082301014

  •  日光東照宮唐門と拝殿
    -
    日光東照宮唐門と拝殿

    唐門は東照宮本社の正門である。江戸時代には将軍に直接拝謁できる身分の幕臣や大名だけが使用を許された。正面上部の彫刻は「舜帝朝見の儀」。唐門の左右には彫刻で飾られた総延長160メートルの透塀(すきべい)が後ろの本社を囲むように延びている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号71‐7‐0]

    商品コード: 2017082301131

  •  日光東照宮唐門
    -
    日光東照宮唐門

    唐門は東照宮本社の正門である。江戸時代には将軍に直接拝謁できる身分の幕臣や大名だけが使用を許された。正面上部の彫刻は「舜帝朝見の儀」。唐門の左右には彫刻で飾られた総延長160メートルの透塀(すきべい)が後ろの本社を囲むように延びている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号82‐38‐0]

    商品コード: 2017081401363

  •  日光東照宮唐門
    -
    日光東照宮唐門

    唐門は東照宮本社の正門である。江戸時代には将軍に直接拝謁できる身分の幕臣や大名だけが使用を許された。正面上部の彫刻は「舜帝朝見の儀」。唐門の左右には彫刻で飾られた総延長160メートルの透塀(すきべい)が後ろの本社を囲むように延びている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号54‐35‐0]

    商品コード: 2017081002683

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1942年11月12日
    太平洋戦争

    ソロモン諸島ガダルカナル島で、ジャングルのやぶの中に通信線を敷設する米軍兵士。米海兵隊が島を奪取して以来、彼らが敷設した通信線は総延長約1600キロにも及ぶ=1942年11月(ACME)

    商品コード: 2010070900285

  • トンネル出る電気機関車 北陸トンネルが開通
    1962年06月10日
    トンネル出る電気機関車 北陸トンネルが開通

    日本最長(総延長1万3870メートル)の北陸トンネルが開通。同時に敦賀-福井間の電化が完成した=1962(昭和37)年6月10日

    商品コード: 1962061050001

  •  天草に架ける夢のかけ橋
    1966年01月01日
    天草に架ける夢のかけ橋

    今秋完成する天草架橋 手前熊本県三角港の本土側から大矢野島と永浦島を結ぶ2号橋(架設中)とその隣の池島にかかる3号橋、総延長4・2キロの有料架橋道路=1966(昭和41)年1月1日掲載用 (41年内地008)共同ヘリ

    商品コード: 2011031600097

  • 46年(1971)/上/不穏な空気の中、庶民は… 「昭和」の記憶 レンズが見た栃木の世相
    1971年12月31日
    46年(1971)/上/不穏な空気の中、庶民は… 「昭和」の記憶 レンズが見た栃木の世相

    未来への架け橋/建設が進む宇都宮市と高根沢町を結ぶ柳田橋(仮称)。総延長741.45メートルと当時県下最長の永久橋として注目された[下野新聞掲載日:2021(令和3)年1月25日]=1971(昭和46)年、栃木県、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803137

  •  ビルの谷間に汽車ポッポ
    1974年06月21日
    ビルの谷間に汽車ポッポ

    ビルの谷間に“SL出現”-といっても模型蒸気機関車のお話。東京・副都心の現在日本一の高さを誇る新宿住友ビルの広場。同ビル商店会「フォンターナ」が「フェスト・フォンターナ(開業祭り)」の一環として開設した「SL広場」。車体は全長150センチと小粒だが、総延長250メートルのコースを大人6人乗せて、2分足らずで一回りする=1974(昭和49)年6月21日、東京・新宿

    商品コード: 2011122600218

  •  鉄骨に覆われた大仏殿
    1975年06月25日
    鉄骨に覆われた大仏殿

    ▽人手不足を機械が解決 大屋根の瓦は総数11万3千枚、うち半分をふき替えるのが今度の作業。24万6千人も動員した明治のように多数の職人を集められない現代とあって作業のすべてを機械化。チェーンコンベヤーで取り外した瓦は上層屋根の約40メートル地点から大仏殿を一回り半、総延長約500メートルをスキー場と同じリフトでゆっくり地上へ下ろそうという計画で、地上到達までは約2時間。これだと1日に必要な瓦職人は約20人で済む(写真ニュース「鉄骨に覆われた大仏殿」5枚組の3)(50年内地 4332)

    商品コード: 2012121100160

  •  中国とアフリカの友誼の種をまく北京交通大学·紀嘉倫教授とタンザニア‐ザンビア鉄道
    1975年09月30日
    中国とアフリカの友誼の種をまく北京交通大学·紀嘉倫教授とタンザニア‐ザンビア鉄道

    紀嘉倫(きかりん)氏が担当したタンザニア・ザンビア留学生クラスの卒業写真。(1975年9月撮影)東はタンザニアの港湾都市ダルエスサラームから西はザンビア中部のカピリムポシに至るタンザニア‐ザンビア鉄道の総延長は1860・5キロ。1970年10月に建設が始まり、1976年7月に全線竣工した。新中国の外交史を代表する事業とされる。中国政府は1972年、同鉄道の開通に協力し、タンザニア、ザンビア両国の鉄道管理能力を向上させるため、両国の留学生200人を北方交通大学(現在の北京交通大学)に受け入れた。留学生に新たな知識をより速く身につけさせるため、当時最高レベルの教師陣にクラスを担当させ、また政府の指示に基づき、1968~1970年に同校を卒業した男子学生のうち100人を呼び戻し、留学生の「チューター」とした。1969年に卒業し鄭州鉄路局で数年間勤務していた紀嘉倫氏もその中の一人だった。(北京=新華社配信/紀嘉倫提供)=1975(昭和50)年9月30日、クレジット:紀嘉倫提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303826

  • ラバウルの洞穴入り口 「洞穴、私が設計した」
    1976年06月09日
    ラバウルの洞穴入り口 「洞穴、私が設計した」

    ニューブリテン島ラバウルのマタラタ村の旧日本軍第38師団長のごう入り口。「洞穴の総延長は2・5キロ。元日本兵2人が逃げ込んだといわれるのは、終戦まで司令部として使われていたところ」と設計者の元陸軍大尉の土屋博さんが証言(土屋博さん撮影)

    商品コード: 2013111100119

  • 土屋博さん 「洞穴、私が設計した」
    1976年06月09日
    土屋博さん 「洞穴、私が設計した」

    ニューブリテン島ラバウルのマタラタ村洞穴について説明する設計者の元陸軍大尉の土屋博さん。「洞穴の総延長は2・5キロ。元日本兵2人が逃げ込んだといわれるのは、終戦まで旧日本軍第38師団司令部として使われていたところ」と証言=1976(昭和51)年6月9日、名古屋市中区栄

    商品コード: 2013111100121

  •  加賀前田家の大名行列屏風
    1977年01月02日
    加賀前田家の大名行列屏風

    石川県立郷土資料館に寄贈された「加賀藩大名行列図びょうぶ(屏風)」。総延長37メートル余もある。1868(明治元)年生まれ、昭和14年72歳で死んだ郷土金沢市の“町絵師”厳如春(いわおじょしゅん)の作=石川県立郷土資料館(1976年12月26日撮影)(52年内地 041)

    商品コード: 2014031900381

  •  吹屋ふるさと村
    1980年07月24日
    吹屋ふるさと村

    ベンガラとともに古くから銅山でも栄えた岡山県成羽町吹屋(現・高梁市)。周囲の山々には坑道が縦横に掘られ、総延長は160キロにも及ぶ。今やこの坑道跡は吹屋の観光メーンコース。ふるさと村事業で整備され、子どもたちの社会科の勉強の場にもなっている。特に夏場は涼しく別天地とあって、多くの人が訪れている。=1980(昭和55)年7月24日、岡山県高梁市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050801752

  •  工事進む吉備新線
    1981年04月03日
    工事進む吉備新線

    吉備高原都市と岡山市街地を結ぶ幹線道路「岡山吉備新線」。岡山県賀陽町(現・吉備中央町)で工事が進んでいる第一期工事分6・4キロがまもなく開通。同線は総延長約30キロで一期分は岡山県が53年度から4カ年で工事を行ってきた。最終的な幅員は13メートル(4車線)だが、とりあえず暫定2車線で使用を始めた。1981(昭和56)年4月3日、岡山県吉備中央町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050801782

  • 本が並ぶ国立国会図書館の書庫 在宅のまま閲覧OKへ
    1989年04月22日
    本が並ぶ国立国会図書館の書庫 在宅のまま閲覧OKへ

    (2)「延長172キロ」45メートル四方の部屋にぎっしりと本が並ぶ国立国会図書館の書庫。総延長172キロメートルの書棚に約500万冊、その膨大な蔵書の出し入れは、いまだに“入力”頼み

    商品コード: 2019102800315

  • 青森・三内丸山遺跡 墓列の総延長285メートルに
    1996年10月23日
    青森・三内丸山遺跡 墓列の総延長285メートルに

    国内最長と見られる土壙墓(どこうぼ)の列の延長線上で新たに発見された墓=23日午後、青森市の三内丸山遺跡

    商品コード: 1996102300030

  • 青森・三内丸山遺跡 墓列の総延長420メートル
    1997年07月10日
    青森・三内丸山遺跡 墓列の総延長420メートル

    本年度の調査で見つかった土壙墓(どこうぼ)=10日午後、青森市の三内丸山遺跡

    商品コード: 1997071000108

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年11月02日
    北朝鮮の政府関係者 松代地下壕を初めて訪問

    松代地下壕(ごう)を朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)政府関係者としては初めて訪れた朝鮮対外文化連絡協会の代表団=2日午前10時30分、長野市松代(長野市南部の松代の地下壕は終戦末期、本土決戦に備えて大本営などを移転させるため、現在気象庁の地震観測所などがある舞鶴山など、三つの山中に掘られた。総延長約十キロにわたった地下壕建設には、強制連行された約四千人の朝鮮人などが当たり、約三百人が落盤事故や栄養失調などで死亡したとされる)

    商品コード: 1997110200020

  •  いずこも同じ…
    2001年03月04日
    いずこも同じ…

    ドアからあふれるほど人を乗せているのはインド・コルカタ(カルカッタ)郊外を走る列車。十万キロ以上という世界二位の鉄道総延長を誇るインドだが、カバン片手のビジネスマンがラッシュに苦しむのは日本と同じ。でもどこかのどかな感じがするのはお国柄?(ロイター=共同)

    商品コード: 2001030400039

  • 世界最長級の広告 3百メートル広告で新車アピール
    2005年02月15日
    世界最長級の広告 3百メートル広告で新車アピール

    JR東京駅の地下街に登場した総延長が311メートルに及ぶ写真広告=15日午後

    商品コード: 2005021500174

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年02月04日
    総延長5千キロの地下長城?

    中国・太行山脈

    商品コード: 2010020400177

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年02月04日
    総延長5千キロの地下長城?

    中国・太行山脈

    商品コード: 2010020400179

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年02月04日
    総延長5千キロの地下長城?

    中国・太行山脈

    商品コード: 2010020400180

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年02月04日
    総延長5千キロの地下長城?

    中国・太行山脈

    商品コード: 2010020400181

  • 日本最長1万3870メートル 北陸トンネルが開通
    2012年05月31日
    日本最長1万3870メートル 北陸トンネルが開通

    1962(昭和37)年6月10日、日本最長の北陸トンネルが開通した。北陸線の敦賀―南今庄駅間に、4年7カ月の突貫工事で掘られた総延長1万3870メートルで、同時に敦賀―福井間の電化完成も記念する祝賀列車が走った。山陽新幹線の六甲トンネルができて追い抜かれたが、狭軌道の陸上トンネルでは現在も最長。

    商品コード: 2012053100444

  •  中国とアフリカの友誼の種をまく北京交通大学·紀嘉倫教授とタンザニア‐ザンビア鉄道
    2012年08月21日
    中国とアフリカの友誼の種をまく北京交通大学·紀嘉倫教授とタンザニア‐ザンビア鉄道

    タンザニアのダルエスサラーム駅をバックに記念撮影する紀嘉倫(きかりん)氏。(2012年8月撮影)東はタンザニアの港湾都市ダルエスサラームから西はザンビア中部のカピリムポシに至るタンザニア‐ザンビア鉄道の総延長は1860・5キロ。1970年10月に建設が始まり、1976年7月に全線竣工した。新中国の外交史を代表する事業とされる。中国政府は1972年、同鉄道の開通に協力し、タンザニア、ザンビア両国の鉄道管理能力を向上させるため、両国の留学生200人を北方交通大学(現在の北京交通大学)に受け入れた。留学生に新たな知識をより速く身につけさせるため、当時最高レベルの教師陣にクラスを担当させ、また政府の指示に基づき、1968~1970年に同校を卒業した男子学生のうち100人を呼び戻し、留学生の「チューター」とした。1969年に卒業し鄭州鉄路局で数年間勤務していた紀嘉倫氏もその中の一人だった。(北京=新華社配信/紀嘉倫提供)=2012(平成24)年8月21日、クレジット:紀嘉倫提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303889

  •  中国とアフリカの友誼の種をまく北京交通大学·紀嘉倫教授とタンザニア‐ザンビア鉄道
    2012年08月21日
    中国とアフリカの友誼の種をまく北京交通大学·紀嘉倫教授とタンザニア‐ザンビア鉄道

    タンザニア鉄道局のロビーに立つ紀嘉倫氏。壁には鉄道建設開始時の3カ国指導者の写真が飾られている。(2012年8月撮影)東はタンザニアの港湾都市ダルエスサラームから西はザンビア中部のカピリムポシに至るタンザニア‐ザンビア鉄道の総延長は1860・5キロ。1970年10月に建設が始まり、1976年7月に全線竣工した。新中国の外交史を代表する事業とされる。中国政府は1972年、同鉄道の開通に協力し、タンザニア、ザンビア両国の鉄道管理能力を向上させるため、両国の留学生200人を北方交通大学(現在の北京交通大学)に受け入れた。留学生に新たな知識をより速く身につけさせるため、当時最高レベルの教師陣にクラスを担当させ、また政府の指示に基づき、1968~1970年に同校を卒業した男子学生のうち100人を呼び戻し、留学生の「チューター」とした。1969年に卒業し鄭州鉄路局で数年間勤務していた紀嘉倫(きかりん)氏もその中の一人だった。(北京=新華社配信/紀嘉倫提供)=2012(平成24)年8月21日、クレジット:紀嘉倫提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303822

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年05月04日
    伊豆沖2キロに活断層

    伊豆沖に見つかった活断層帯

    商品コード: 2013050400355

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年05月04日
    伊豆沖2キロに活断層

    伊豆沖に見つかった活断層帯

    商品コード: 2013050400356

  • 新型リニアの車内 最高速度505キロを体験
    2013年08月29日
    新型リニアの車内 最高速度505キロを体験

    総延長42・8キロに延伸した山梨県内の実験線を走る新型リニアの車内。報道陣を乗せた走行試験で最速505キロを記録した=29日午後

    商品コード: 2013082900837

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年09月28日
    JR北海道、二重確認せず

    JR各社のダブルチェックの有無と営業区間の総延長

    商品コード: 2013092800557

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年09月28日
    JR北海道、二重確認せず

    JR各社のダブルチェックの有無と営業区間の総延長

    商品コード: 2013092800559

  • トンネル出る電気機関車 北陸トンネルが開通
    2014年09月26日
    トンネル出る電気機関車 北陸トンネルが開通

    国鉄北陸線敦賀-南今庄間に日本最長(総延長1万3870メートル)の北陸トンネルが開通。同時に敦賀-福井間の電化が完成した=1962(昭和37)年6月10日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第4巻使用画像(P88)

    商品コード: 2014092600543

  •  時速500キロの世界に歓声 新型リニア100人初試乗
    00:53.65
    2014年11月13日
    時速500キロの世界に歓声 新型リニア100人初試乗

    2027年のリニア中央新幹線開業を目指すJR東海は13日、山梨県の実験センターでリニア新型車両の一般向けの試乗会を初めて開いた。抽選に当たった約100人が最高時速500キロの世界を一足早く体験、車内に歓声が上がった。総延長42・8キロの実験線(同県笛吹市―上野原市)を行き来して約30分間走行。乗客は新設の発券機で搭乗券を受け取り、2次元コードを読み取る改札を通って新型車両L0系に乗り込んだ。走行中、時速が500キロに達すると車内は歓声と拍手に包まれ、時速表示のモニターを記念撮影していた。<映像内容>リニア中央新幹線の試乗会で新型車両L0系に乗る親子、山梨県笛吹市―上野原市間リニア中央新幹線の試乗会で時速500キロを表示するモニター、撮影日:2014(平成26)年11月13日、撮影場所:山梨県 実験センター

    商品コード: 2019030712533

  •  甘粛省、万里の長城に対する保護条例を可決
    2015年04月17日
    甘粛省、万里の長城に対する保護条例を可決

    国家級の重要文化財に指定されていることを示す石碑。(資料写真)中国甘粛省人民代表大会常務委員会はこのほど、「甘粛省長城保護条例」を可決、公布した。条例では同省の実情を踏まえ、万里の長城の壁を用いた建築など、長城や長城保護区域内での破壊活動の禁止を明文化した。同省の長城は広範囲に分布し、総延長は中国で2番目に長い3654キロに上る。現存する長城は主に戦国や秦、漢、明などの時代に建てられたもので、その多くは黄土を突き固めて構築する「版築」と呼ばれる手法を用いている。(敦煌=新華社配信/甘粛省文物局提供)=2015(平成27)年4月17日、クレジット:甘粛省文物局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403733

  •  鉛給水管の撤去進まず
    2015年10月04日
    鉛給水管の撤去進まず

    鉛製給水管の総延長と使用世帯数

    商品コード: 2015100400373

  •  鉛給水管の撤去進まず
    2015年10月04日
    鉛給水管の撤去進まず

    鉛製給水管の総延長と使用世帯数

    商品コード: 2015100400374

  •  鉛給水管の撤去進まず
    2015年10月04日
    鉛給水管の撤去進まず

    鉛製給水管の総延長と使用世帯数

    商品コード: 2015100400375

  •  鉛給水管の撤去進まず
    2015年10月04日
    鉛給水管の撤去進まず

    鉛製給水管の総延長と使用世帯数

    商品コード: 2015100400376

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:58.91
    2015年11月07日
    ドローン空撮 海と陸を隔てる巨大防潮堤 東北の被災地で進む建設

    東日本大震災の被災地で、海と陸を隔てる巨大な壁が姿を見せ始めました。岩手、宮城、福島3県で建設が進む防潮堤の総延長は400キロ、予算は1兆円規模です。風景が一変した海辺をルポしました。〈映像内容〉宮城県各地の防潮堤の様子、撮影日:2015(平成27)年11月7日、撮影場所:宮城県

    商品コード: 2019020124978

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:19.66
    2015年12月01日
    ドローン空撮 東北の被災地で進む建設 海と陸を隔てる巨大防潮堤

    東日本大震災の被災地で、海と陸を隔てる巨大な壁が姿を見せ始めた。岩手、宮城、福島­3県で建設が進む防潮堤の総延長は400キロ、予算は1兆円規模だ。数十年から百数十­年に一度の津波に備え、既存の堤より高い計画が多い。〈映像内容〉宮城県気仙沼市唐桑町荒谷前の傾斜型防潮堤、松島湾内にある宮城県塩釜市の無人島大森島、撮影日:2015(平成27)年11月30日、撮影場所:宮城県

    商品コード: 2019100402585

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年09月27日
    はるかかなたへ続く道新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区初の砂漠道路、タリム砂漠道路。(2016年9月27日、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区はここ数年、交通インフラの整備を着実に進めてきた。道路網を張り巡らせ、農村道路の「最後の1キロ」をつなぎ、社会と経済の両面で効果と利益を上げている。さらに、高速道路、国道や省道、南北新疆観光環状線、天山風景回廊を中心とした観光道路網を整備し、各地からの観光客を引き付けている。新疆ウイグル自治区交通運輸庁の統計によると、2017年末時点で新疆の道路の総延長は18万6千キロに達した。天山の南北を巡る道路が現地の人々に豊かさをもたらす。(ウルムチ=新華社記者/江文耀)=2016(平成28)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000629

  •  貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に
    2016年10月05日
    貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に

    2016年10月5日、貴州省遵義市綏陽県にある双河洞を観光する観光客。中国貴州省遵義市の洞窟、双河洞の実地調査に関する記者会見が24日開かれ、考証の結果、双河洞の総延長が更新され238・48キロになったことが明らかになった。これにより、マレーシアのクリアウォーター洞窟を抜き、アジアで最も長い洞窟となった。(貴陽=羅星漢)=2016(平成28)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700581

  •  貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に
    2016年10月05日
    貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に

    2016年10月5日、貴州省遵義市綏陽県にある双河洞内部。中国貴州省遵義市の洞窟、双河洞の実地調査に関する記者会見が24日開かれ、考証の結果、双河洞の総延長が更新され238・48キロになったことが明らかになった。これにより、マレーシアのクリアウォーター洞窟を抜き、アジアで最も長い洞窟となった。(貴陽=羅星漢)=2016(平成28)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700557

  •  貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に
    2016年10月05日
    貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に

    2016年10月5日、貴州省遵義市綏陽県にある双河洞を観光する観光客。中国貴州省遵義市の洞窟、双河洞の実地調査に関する記者会見が24日開かれ、考証の結果、双河洞の総延長が更新され238・48キロになったことが明らかになった。これにより、マレーシアのクリアウォーター洞窟を抜き、アジアで最も長い洞窟となった。(貴陽=羅星漢)=2016(平成28)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700566

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月13日
    はるかかなたへ続く道新疆ウイグル自治区

    天山の奥深くへ延びる独山子とクチャ(庫車)を結ぶ独庫道路。(2017年7月13日、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区はここ数年、交通インフラの整備を着実に進めてきた。道路網を張り巡らせ、農村道路の「最後の1キロ」をつなぎ、社会と経済の両面で効果と利益を上げている。さらに、高速道路、国道や省道、南北新疆観光環状線、天山風景回廊を中心とした観光道路網を整備し、各地からの観光客を引き付けている。新疆ウイグル自治区交通運輸庁の統計によると、2017年末時点で新疆の道路の総延長は18万6000キロに達した。天山の南北を巡る道路が現地の人々に豊かさをもたらす。(ウルムチ=新華社記者/江文耀)=2017(平成29)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000635

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年10月21日
    はるかかなたへ続く道新疆ウイグル自治区

    タリム川下流の小道。(2017年10月21日撮影)。中国新疆ウイグル自治区はここ数年、交通インフラの整備を着実に進めてきた。道路網を張り巡らせ、農村道路の「最後の1キロ」をつなぎ、社会と経済の両面で効果と利益を上げている。さらに、高速道路、国道や省道、南北新疆観光環状線、天山風景回廊を中心とした観光道路網を整備し、各地からの観光客を引き付けている。新疆ウイグル自治区交通運輸庁の統計によると、2017年末時点で新疆の道路の総延長は18万6千キロに達した。天山の南北を巡る道路が現地の人々に豊かさをもたらす。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2017(平成29)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000628

  •  北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工
    2018年02月28日
    北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工

    28日、起工式会場で記念写真を撮る作業員。中国河北省雄安新区初の重点交通プロジェクトである北京ー雄安新区都市間高速鉄道が28日、着工した。同鉄道は京九鉄道(北京西駅ー中国香港紅磡駅)の李営駅(北京市大興区)を起点とし、大興区から北京新空港、覇州市を経由して雄安新区に至る総延長92・4キロの高速鉄道で、5つの駅が設置される。総投資額は約335億3千万元(1元=約17円)となっている。(北京=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100849

  •  北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工
    2018年02月28日
    北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工

    28日、起工式会場。中国河北省雄安新区初の重点交通プロジェクトである北京ー雄安新区都市間高速鉄道が28日、着工した。同鉄道は京九鉄道(北京西駅ー中国香港紅磡駅)の李営駅(北京市大興区)を起点とし、大興区から北京新空港、覇州市を経由して雄安新区に至る総延長92・4キロの高速鉄道で、5つの駅が設置される。総投資額は約335億3千万元(1元=約17円)となっている。(北京=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100841

  •  北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工
    2018年02月28日
    北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工

    北京ー雄安新区都市間高速鉄道が着工28日、起工式会場。中国河北省雄安新区初の重点交通プロジェクトである北京ー雄安新区都市間高速鉄道が28日、着工した。同鉄道は京九鉄道(北京西駅ー中国香港紅磡駅)の李営駅(北京市大興区)を起点とし、大興区から北京新空港、覇州市を経由して雄安新区に至る総延長92・4キロの高速鉄道で、5つの駅が設置される。総投資額は約335億3千万元(1元=約17円)となっている。(北京=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100856

  •  空から見る広西の「つづら折りの道」
    2018年03月14日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月14日、広西チワン族自治区那坡県の百南郷上保屯にある「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040500109

  •  空から見る広西の「つづら折りの道」
    2018年03月18日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月18日、広西チワン族自治区那坡県の百省郷那孟村にある「つづら折りの道」の一区間。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土、雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040500149

  •  空から見る広西の「つづら折りの道」
    2018年03月18日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月18日、広西チワン族自治区那坡県百省郷の那孟村各酬屯にある「1里10カーブ」。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040500123

  •  空から見る広西の「つづら折りの道」
    2018年03月30日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月30日、広西チワン族自治区凌雲県の弄福道路。(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040500135

  •  空から見る広西の「つづら折りの道」
    2018年04月02日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    2日、広西チワン族自治区大化ヤオ族自治県六也郷の「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040500124

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月14日
    はるかかなたへ続く道新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区霍城県大西溝中華福寿山景区の道路を通行する車。(4月14日、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区はここ数年、交通インフラの整備を着実に進めてきた。道路網を張り巡らせ、農村道路の「最後の1キロ」をつなぎ、社会と経済の両面で効果と利益を上げている。さらに、高速道路、国道や省道、南北新疆観光環状線、天山風景回廊を中心とした観光道路網を整備し、各地からの観光客を引き付けている。新疆ウイグル自治区交通運輸庁の統計によると、2017年末時点で新疆の道路の総延長は18万6千キロに達した。天山の南北を巡る道路が現地の人々に豊かさをもたらす。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000630

  •  100種のフジ 華やかに
    2018年04月19日
    100種のフジ 華やかに

    岡山県和気町藤野の藤公園で、フジが華やかな花を咲かせ始めた。国内外の約100種が訪れた人たちを魅了。園内約7千平方メートルには、高さ約2・5メートル、幅約7メートル、総延長約500メートルの藤棚があり、沖縄を除く46都道府県や中国、韓国のフジ約150本が並ぶ。=2018(平成30)年4月19日、岡山県和気町藤野、クレジット:山陽新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042500241

  •  2018年に大きく進展した中国·アフリカ協力
    2018年06月01日
    2018年に大きく進展した中国·アフリカ協力

    ケニア東部の港湾都市モンバサと首都ナイロビを結ぶモンバサ-ナイロビ鉄道のモンバサ駅に停車する列車。中国が建設した総延長約480キロの同鉄道は、2017年5月に開通した。(6月1日撮影)中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)北京サミットが9月、成功裏に開催され、双方はさらに緊密な運命共同体を構築することで一致した。新時代における中国・アフリカ関係は力強いエネルギーを蓄えており、その見通しは明るい。中国は世界最大の発展途上国で、アフリカは最も発展途上国が多い大陸だ。中国とアフリカが各分野の実務協力を全面的に強化し、友情の木をより深く根付かせて、生い茂らせることで、協力の成果がより多くの双方の人民に幸福をもたらし、人類のために、より美しい未来を切り開いていくだろう。(北京=新華社記者/王騰)=2018(平成30)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521085

  •  2018年に大きく進展した中国·アフリカ協力
    2018年06月01日
    2018年に大きく進展した中国·アフリカ協力

    ケニア東部の港湾都市モンバサと首都ナイロビを結ぶモンバサ-ナイロビ鉄道のナイロビ駅で自撮りする観光客。中国が建設した総延長約480キロの同鉄道は、2017年5月に正式に開通した。(6月1日撮影)中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)北京サミットが9月、成功裏に開催され、双方はさらに緊密な運命共同体を構築することで一致した。新時代における中国・アフリカ関係は力強いエネルギーを蓄えており、その見通しは明るい。中国は世界最大の発展途上国で、アフリカは最も発展途上国が多い大陸だ。中国とアフリカが各分野の実務協力を全面的に強化し、友情の木をより深く根付かせて、生い茂らせることで、協力の成果がより多くの双方の人民に幸福をもたらし、人類のために、より美しい未来を切り開いていくだろう。(北京=新華社記者/王騰)=2018(平成30)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520936

  •  中国高速鉄道10年世界と技術革新を共有
    2018年07月10日
    中国高速鉄道10年世界と技術革新を共有

    天津駅で北京-天津都市間鉄道のホームに向かう乗客。(7月10日撮影)10年前の8月1日、中国が独自に建設した初の高速鉄道、北京-天津都市間鉄道が正式に運行を開始し、両都市間を最高時速350キロで結んだ。10年後の現在、中国の高速鉄道の営業総距離は2万5千キロに達し、世界で運行される高速鉄道の総延長の3分の2を占めるに至った。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200369

  •  中国高速鉄道10年世界と技術革新を共有
    2018年07月10日
    中国高速鉄道10年世界と技術革新を共有

    天津駅で北京-天津都市間鉄道に乗り込む乗客。(7月10日撮影)10年前の8月1日、中国が独自に建設した初の高速鉄道、北京-天津都市間鉄道が正式に運行を開始し、両都市間を最高時速350キロで結んだ。10年後の現在、中国の高速鉄道の営業総距離は2万5千キロに達し、世界で運行される高速鉄道の総延長の3分の2を占めるに至った。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200421

  •  中国高速鉄道10年世界と技術革新を共有
    2018年07月11日
    中国高速鉄道10年世界と技術革新を共有

    北京-天津都市間鉄道の武清駅の外観。(7月11日撮影)10年前の8月1日、中国が独自に建設した初の高速鉄道、北京-天津都市間鉄道が正式に運行を開始し、両都市間を最高時速350キロで結んだ。10年後の現在、中国の高速鉄道の営業総距離は2万5千キロに達し、世界で運行される高速鉄道の総延長の3分の2を占めるに至った。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200395

  •  中国高速鉄道10年世界と技術革新を共有
    2018年07月11日
    中国高速鉄道10年世界と技術革新を共有

    天津市域内の武清駅を通過する北京-天津都市間鉄道の列車。(7月11日撮影)10年前の8月1日、中国が独自に建設した初の高速鉄道、北京-天津都市間鉄道が正式に運行を開始し、両都市間を最高時速350キロで結んだ。10年後の現在、中国の高速鉄道の営業総距離は2万5千キロに達し、世界で運行される高速鉄道の総延長の3分の2を占めるに至った。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200371

  •  中国高速鉄道10年世界と技術革新を共有
    2018年07月11日
    中国高速鉄道10年世界と技術革新を共有

    北京-天津都市間鉄道の武清駅で列車の到着を待つ乗客。(7月11日撮影)10年前の8月1日、中国が独自に建設した初の高速鉄道、北京-天津都市間鉄道が正式に運行を開始し、両都市間を最高時速350キロで結んだ。10年後の現在、中国の高速鉄道の営業総距離は2万5千キロに達し、世界で運行される高速鉄道の総延長の3分の2を占めるに至った。(天津=新華社記者/李然)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080200375

  •  「新華社」ゴビ砂漠に残る万里の長城の狼煙台
    00:42.15
    2018年08月26日
    「新華社」ゴビ砂漠に残る万里の長城の狼煙台

    中国甘粛省内で各時代に築かれた万里の長城の総延長は3654キロと全国2位の規模を持つ。うち、漢代に築かれたものは1507キロある。多くは土を突き固めて作られたもので、歴史的、文化的価値が極めて高い。長城が築かれた直接の目的は軍事的な「障壁」とするためだが、歴史的には交通や貿易を促進するという効果もあった。長城沿いで開かれた交易市の繁栄は遊牧地域と農耕地域の経済貿易の往来を支える重要な役目を担った。歴史上大きな役割を果たした城や狼煙(のろし)台は、今では砂漠に埋もれる壁の残骸にすぎない。(記者/多蕾、王銘禹)<映像内容>ゴビ砂漠に残る万里の長城「狼煙台」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715892

  •  河北省初の全自動コンテナターミナル、急ピッチで建設中
    2018年10月08日
    河北省初の全自動コンテナターミナル、急ピッチで建設中

    8日、唐山港京唐港区スマートコンテナターミナルの建設現場で働く作業員。中国河北省初の全自動コンテナターミナルとなる唐山港京唐港区スマートコンテナターミナルの建設プロジェクトが、急ピッチで進められている。同ターミナルの岸壁総延長は945メートル、コンテナヤード面積は50万平方メートル。今年1月に建設が始まり、投資総額は18億9400万元。7万トンの多用途バース1カ所と3万トンの多用途バース2カ所が主に建設され、年間コンテナ取扱能力は120万TEU(20フィートコンテナ換算)に達する予定。同ターミナルは稼働後、アモイ遠海ふ頭、青島港、上海洋山深水港に続く中国で4カ所目の全自動化コンテナターミナルとなる。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517109

  •  河北省初の全自動コンテナターミナル、急ピッチで建設中
    2018年10月08日
    河北省初の全自動コンテナターミナル、急ピッチで建設中

    8日、建設が進む唐山港京唐港区スマートコンテナターミナル。(小型無人機から)中国河北省初の全自動コンテナターミナルとなる唐山港京唐港区スマートコンテナターミナルの建設プロジェクトが、急ピッチで進められている。同ターミナルの岸壁総延長は945メートル、コンテナヤード面積は50万平方メートル。今年1月に建設が始まり、投資総額は18億9400万元。7万トンの多用途バース1カ所と3万トンの多用途バース2カ所が主に建設され、年間コンテナ取扱能力は120万TEU(20フィートコンテナ換算)に達する予定。同ターミナルは稼働後、アモイ遠海ふ頭、青島港、上海洋山深水港に続く中国で4カ所目の全自動化コンテナターミナルとなる。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517075

  •  河北省初の全自動コンテナターミナル、急ピッチで建設中
    2018年10月08日
    河北省初の全自動コンテナターミナル、急ピッチで建設中

    8日、唐山港京唐港区スマートコンテナターミナルの建設現場。(小型無人機から)中国河北省初の全自動コンテナターミナルとなる唐山港京唐港区スマートコンテナターミナルの建設プロジェクトが、急ピッチで進められている。同ターミナルの岸壁総延長は945メートル、コンテナヤード面積は50万平方メートル。今年1月に建設が始まり、投資総額は18億9400万元。7万トンの多用途バース1カ所と3万トンの多用途バース2カ所が主に建設され、年間コンテナ取扱能力は120万TEU(20フィートコンテナ換算)に達する予定。同ターミナルは稼働後、アモイ遠海ふ頭、青島港、上海洋山深水港に続く中国で4カ所目の全自動化コンテナターミナルとなる。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517126

  •  河北省初の全自動コンテナターミナル、急ピッチで建設中
    2018年10月08日
    河北省初の全自動コンテナターミナル、急ピッチで建設中

    8日、唐山港京唐港区スマートコンテナターミナルの建設現場。(小型無人機から)中国河北省初の全自動コンテナターミナルとなる唐山港京唐港区スマートコンテナターミナルの建設プロジェクトが、急ピッチで進められている。同ターミナルの岸壁総延長は945メートル、コンテナヤード面積は50万平方メートル。今年1月に建設が始まり、投資総額は18億9400万元。7万トンの多用途バース1カ所と3万トンの多用途バース2カ所が主に建設され、年間コンテナ取扱能力は120万TEU(20フィートコンテナ換算)に達する予定。同ターミナルは稼働後、アモイ遠海ふ頭、青島港、上海洋山深水港に続く中国で4カ所目の全自動化コンテナターミナルとなる。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517312

  •  河北省初の全自動コンテナターミナル、急ピッチで建設中
    2018年10月08日
    河北省初の全自動コンテナターミナル、急ピッチで建設中

    8日、唐山港京唐港区スマートコンテナターミナルの建設現場。(小型無人機から)中国河北省初の全自動コンテナターミナルとなる唐山港京唐港区スマートコンテナターミナルの建設プロジェクトが、急ピッチで進められている。同ターミナルの岸壁総延長は945メートル、コンテナヤード面積は50万平方メートル。今年1月に建設が始まり、投資総額は18億9400万元。7万トンの多用途バース1カ所と3万トンの多用途バース2カ所が主に建設され、年間コンテナ取扱能力は120万TEU(20フィートコンテナ換算)に達する予定。同ターミナルは稼働後、アモイ遠海ふ頭、青島港、上海洋山深水港に続く中国で4カ所目の全自動化コンテナターミナルとなる。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517332

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:35.67
    2018年10月30日
    「新華社」西安とラトビア·リガを結ぶ中欧班列、運行開始

    10月30日午後4時20分、貨物を満載した国際貨物列車「中欧班列」(西安)がゆっくりと中国陝西省西安市の新築駅を出発した。一路西へ向かうこの列車の出発は、同市とラトビアの首都リガを結ぶ中欧班列が運行を開始したことを意味している。今年、西安を出発した中欧班列は既に累計千本以上に達している。今回運行を開始した西安-リガ間の中欧班列は、西安市の新築駅を出発し、新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州阿拉山口市で口岸(通関地)を通過。カザフスタン、ロシア、ベラルーシなどの国々を経由してリガに至る、総延長約9千キロの路線となっている。合計41両のコンテナ車を積載し、輸送貨物は約千トン、主に機械部品や日用品、食品、繊維制品などを運ぶ。中欧班列(西安)はこれまで、西安から中央アジア5カ国やイランのテヘラン、ドイツのハンブルク、フィンランドのコウボラ、ハンガリーのブダペスト、ポーランドのワルシャワ、ベルギーのヘント、イタリアのミラノ、ベラルーシのミンスク、ロシア、ラトビアのリガまで計11路線を運行しており、中央アジアと欧州の主要貨物供給地をほぼ完全に網羅している。(記者/李華、蔡馨逸)<映像内容>国際貨物列車「中欧班列」運行の様子、撮影日:2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209787

  •  杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始
    2018年12月25日
    杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始

    25日、杭州東駅で出発を直前に控えた杭黄高速鉄道の第一号列車D9551。杭黄高速鉄道が25日、正式に開通、運行を開始した。同鉄道は中国浙江省杭州市を東の起点とし、安徽省黄山市に至る。総延長265キロで、初期の最高時速は250キロを予定している。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703139

  •  杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始
    2018年12月25日
    杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始

    25日、富春江特大橋を走行する杭黄高速鉄道の第一号列車D9551。(小型無人機から)杭黄高速鉄道が25日、正式に開通、運行を開始した。同鉄道は中国浙江省杭州市を東の起点とし、安徽省黄山市に至る。総延長265キロで、初期の最高時速は250キロを予定している。(桐廬=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703339

  •  杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始
    2018年12月25日
    杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始

    25日、富春江特大橋を走行する杭黄高速鉄道の第一号列車D9551。(小型無人機から)杭黄高速鉄道が25日、正式に開通、運行を開始した。同鉄道は中国浙江省杭州市を東の起点とし、安徽省黄山市に至る。総延長265キロで、初期の最高時速は250キロを予定している。(桐廬=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703446

  •  杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始
    2018年12月25日
    杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始

    25日、杭州東駅で記念撮影をする杭黄高速鉄道の第一号列車D9551の乗客。杭黄高速鉄道が25日、正式に開通、運行を開始した。同鉄道は中国浙江省杭州市を東の起点とし、安徽省黄山市に至る。総延長265キロで、初期の最高時速は250キロを予定している。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703589

  •  杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始
    2018年12月25日
    杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始

    25日、富春江特大橋を走行する杭黄高速鉄道の第一号列車D9551。(小型無人機から)杭黄高速鉄道が25日、正式に開通、運行を開始した。同鉄道は中国浙江省杭州市を東の起点とし、安徽省黄山市に至る。総延長265キロで、初期の最高時速は250キロを予定している。(桐廬=新華社配信/欧巍)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703410

  •  杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始
    2018年12月25日
    杭州と黄山結ぶ杭黄高速鉄道が全線開通、正式運行を開始

    25日、杭黄高速鉄道の第一号列車D9551の運転室で操作する運転士。杭黄高速鉄道が25日、正式に開通、運行を開始した。同鉄道は中国浙江省杭州市を東の起点とし、安徽省黄山市に至る。総延長265キロで、初期の最高時速は250キロを予定している。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2018(平成30)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703553

  •  青島と塩城を結ぶ高速鉄道開通
    2018年12月26日
    青島と塩城を結ぶ高速鉄道開通

    26日、青島北駅で出発を待つ塩城行きD4631列車。中国山東省青島市と江蘇省塩城市を結ぶ高速鉄道が26日開通し、営業運転を開始した。同鉄道は総延長428キロで、設計時速200キロ。同鉄道の開通により、沿線の山東省日照市、江蘇省連雲港市、同塩城市で高速鉄道空白地帯が解消された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820500

  •  青島と塩城を結ぶ高速鉄道開通
    2018年12月26日
    青島と塩城を結ぶ高速鉄道開通

    26日、青島北駅で塩城行きD4631列車を見送るマスコットキャラクター。中国山東省青島市と江蘇省塩城市を結ぶ高速鉄道が26日開通し、営業運転を開始した。同鉄道は総延長428キロで、設計時速200キロ。同鉄道の開通により、沿線の山東省日照市、江蘇省連雲港市、同塩城市で高速鉄道空白地帯が解消された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820553

  •  青島と塩城を結ぶ高速鉄道開通
    2018年12月26日
    青島と塩城を結ぶ高速鉄道開通

    26日、青島北駅で出発を待つ塩城行きD4631列車。中国山東省青島市と江蘇省塩城市を結ぶ高速鉄道が26日開通し、営業運転を開始した。同鉄道は総延長428キロで、設計時速200キロ。同鉄道の開通により、沿線の山東省日照市、江蘇省連雲港市、同塩城市で高速鉄道空白地帯が解消された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820495

  •  河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始
    2018年12月29日
    河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始

    29日、承徳市内を走行する「京哈高速鉄道」の高速列車。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ「京哈高速鉄道」の河北省承徳市から遼寧省瀋陽市までの区間が29日、営業運転を開始した。承徳市から遼寧省の朝陽市、阜新(ふしん)市を通り、瀋陽市に入る総延長506キロの同区間には14の駅が設けられ、区間内の初期運転速度は時速300キロとなっている。(承徳=新華社配信/王立群)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112358

  •  河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始
    2018年12月29日
    河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始

    29日、瀋陽から承徳に向かう初運行の高速列車の車内で記念撮影に応じる乗務員。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ「京哈高速鉄道」の河北省承徳市から遼寧省瀋陽市までの区間が29日、営業運転を開始した。承徳市から遼寧省の朝陽市、阜新(ふしん)市を通り、瀋陽市に入る総延長506キロの同区間には14の駅が設けられ、区間内の初期運転速度は時速300キロとなっている。(瀋陽=新華社配信/楊宝森)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400328

  •  河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始
    2018年12月29日
    河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始

    29日、「京哈高速鉄道」の承徳南駅を発車する高速列車。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ「京哈高速鉄道」の河北省承徳市から遼寧省瀋陽市までの区間が29日、営業運転を開始した。承徳市から遼寧省の朝陽市、阜新(ふしん)市を通り、瀋陽市に入る総延長506キロの同区間には14の駅が設けられ、区間内の初期運転速度は時速300キロとなっている。(承徳=新華社配信/楊宝森)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400310

  •  河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始
    2018年12月29日
    河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始

    29日、承徳市内を走行する「京哈高速鉄道」の高速列車。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ「京哈高速鉄道」の河北省承徳市から遼寧省瀋陽市までの区間が29日、営業運転を開始した。承徳市から遼寧省の朝陽市、阜新(ふしん)市を通り、瀋陽市に入る総延長506キロの同区間には14の駅が設けられ、区間内の初期運転速度は時速300キロとなっている。(承徳=新華社配信/王立群)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400455

  •  河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始
    2018年12月29日
    河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始

    29日、瀋陽から承徳に向かう初運行の高速列車の前で乗客を迎える乗務員。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ「京哈高速鉄道」の河北省承徳市から遼寧省瀋陽市までの区間が29日、営業運転を開始した。承徳市から遼寧省の朝陽市、阜新(ふしん)市を通り、瀋陽市に入る総延長506キロの同区間には14の駅が設けられ、区間内の初期運転速度は時速300キロとなっている。(瀋陽=新華社配信/楊宝森)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400322

  •  河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始
    2018年12月29日
    河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始

    29日、承徳市内を走行する「京哈高速鉄道」の高速列車。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ「京哈高速鉄道」の河北省承徳市から遼寧省瀋陽市までの区間が29日、営業運転を開始した。承徳市から遼寧省の朝陽市、阜新(ふしん)市を通り、瀋陽市に入る総延長506キロの同区間には14の駅が設けられ、区間内の初期運転速度は時速300キロとなっている。(承徳=新華社配信/王立群)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400309

  •  河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始
    2018年12月29日
    河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始

    29日、承徳市内を走行する「京哈高速鉄道」の高速列車。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ「京哈高速鉄道」の河北省承徳市から遼寧省瀋陽市までの区間が29日、営業運転を開始した。承徳市から遼寧省の朝陽市、阜新(ふしん)市を通り、瀋陽市に入る総延長506キロの同区間には14の駅が設けられ、区間内の初期運転速度は時速300キロとなっている。(承徳=新華社配信/王立群)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400308

  •  河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始
    2018年12月29日
    河北省承徳と遼寧省瀋陽を結ぶ高速鉄道、運行開始

    29日、承徳市内を走行する「京哈高速鉄道」の高速列車。中国北京市と黒竜江省ハルビン市を結ぶ「京哈高速鉄道」の河北省承徳市から遼寧省瀋陽市までの区間が29日、営業運転を開始した。承徳市から遼寧省の朝陽市、阜新(ふしん)市を通り、瀋陽市に入る総延長506キロの同区間には14の駅が設けられ、区間内の初期運転速度は時速300キロとなっている。(承徳=新華社配信/王立群)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400311

  •  省内初の路面電車が試験運行開始海南省三亜市
    2019年01月01日
    省内初の路面電車が試験運行開始海南省三亜市

    1日、海南省三亜市内を走行する路面電車。中国海南省三亜路面電車モデル路線が1日、最初の開通区間で一般市民と観光客に向けた試験乗車を正式に開始した。三亜路面電車モデル線路プロジェクトは総延長約8・37キロ、三亜市内を貫く形で走り、15の駅が設けられている。同省の路面電車運行はこれが初めてとなる。(三亜=新華社配信/沙暁峰)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301091

  •  省内初の路面電車が試験運行開始海南省三亜市
    2019年01月01日
    省内初の路面電車が試験運行開始海南省三亜市

    1日、海南省三亜市内を走行する路面電車。中国海南省三亜路面電車モデル路線が1日、最初の開通区間で一般市民と観光客に向けた試験乗車を正式に開始した。三亜路面電車モデル線路プロジェクトは総延長約8・37キロ、三亜市内を貫く形で走り、15の駅が設けられている。同省の路面電車運行はこれが初めてとなる。(三亜=新華社配信/沙暁峰)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301096

  •  省内初の路面電車が試験運行開始海南省三亜市
    2019年01月01日
    省内初の路面電車が試験運行開始海南省三亜市

    1日、海南省三亜市内を走行する路面電車。中国海南省三亜路面電車モデル路線が1日、最初の開通区間で一般市民と観光客に向けた試験乗車を正式に開始した。三亜路面電車モデル線路プロジェクトは総延長約8・37キロ、三亜市内を貫く形で走り、15の駅が設けられている。同省の路面電車運行はこれが初めてとなる。(三亜=新華社配信/沙暁峰)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301081

  •  省内初の路面電車が試験運行開始海南省三亜市
    2019年01月01日
    省内初の路面電車が試験運行開始海南省三亜市

    1日、海南省三亜市内を走行する路面電車。中国海南省三亜路面電車モデル路線が1日、最初の開通区間で一般市民と観光客に向けた試験乗車を正式に開始した。三亜路面電車モデル線路プロジェクトは総延長約8・37キロ、三亜市内を貫く形で走り、15の駅が設けられている。同省の路面電車運行はこれが初めてとなる。(三亜=新華社配信/沙暁峰)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301090

  •  「新華社」水質改善でさらに美しくなった水の都福建省福州市
    01:03.14
    2019年02月07日
    「新華社」水質改善でさらに美しくなった水の都福建省福州市

    中国福建省福州市は、生活面でも風景の美しさの面でも、水と深い関わりを持つ水の都だ。市街地には水路が張り巡らされ、堀が縦横に走っている。だが、都市化と工業化の急速な進行にインフラ整備が追いつかず、市内の河川の環境が破壊されたため、市街地は常に冠水や水質汚染に見舞われ、市民の生産や生活に影響していた。市街地の水環境を改善するため、福州市では2016年から市街地水系の総合的整備・保全事業を開始。市内5地域にある総延長244キロの主要河川107本、および支流49本の全てに対する整備を進めている。2018年末には市街地の水質汚染が完全に解消。同市では2019年末までに、河川沿いの汚水遮断システムを完成させ、全ての河川に対する保守・管理を行うとしている。さらに2020年末までに、水関連施設の問題点を解消し、都市の汚水を「全て収集し、全て処理する」としている。持続性のある水系総合整備システムの確立により、福州市内の全ての河川で恒久的な水質保全と緑豊かな水辺の景観が実現する。(記者/宓盈婷、郭圻)<映像内容>中国福建省福州市の街並み、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717861

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...