KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 着工
  • 完成
  • 年間
  • 開始
  • 稼働
  • 予定
  • ムー
  • 発展

「総投資」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1,569
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,569
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  香港コンベンションセンター
    1998年01月05日
    香港コンベンションセンター

    1998年1月5日、香港コンベンション&エキシビションセンターの「新翼」外観。香港コンベンション&エキシビションセンターで「新翼」と呼ばれる海面を埋め立て拡張したエリアは、1997年7月1日に香港返還記念式典の会場となり世界中の注目を集めた。香港島の湾仔(ワンチャイ)地区にそびえ立つこの建物の総投資額は48億香港ドル(当時)。会議場と展示場を合わせた面積は3万8106平方メートルに及ぶ。(香港=新華社記者/楊飛)=、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018021900498

  • スペインの太陽熱発電所 総投資10兆円超に急拡大
    2008年03月04日
    スペインの太陽熱発電所 総投資10兆円超に急拡大

    スペインのセビリア郊外に建設された大規模太陽熱発電所。多数の鏡で太陽の熱を集め、発電する(ロイター=共同)

    商品コード: 2008030400011

  •  総投資10兆円超に急拡大
    2008年03月04日
    総投資10兆円超に急拡大

    世界の再生可能エネルギー発電設備への投資額と設備容量ランキング

    商品コード: 2008052900241

  •  総投資10兆円超に急拡大
    2008年03月04日
    総投資10兆円超に急拡大

    世界の再生可能エネルギー発電設備への投資額と設備容量ランキング

    商品コード: 2008052900242

  •  北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工
    2018年02月28日
    北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工

    28日、起工式会場で記念写真を撮る作業員。中国河北省雄安新区初の重点交通プロジェクトである北京ー雄安新区都市間高速鉄道が28日、着工した。同鉄道は京九鉄道(北京西駅ー中国香港紅磡駅)の李営駅(北京市大興区)を起点とし、大興区から北京新空港、覇州市を経由して雄安新区に至る総延長92・4キロの高速鉄道で、5つの駅が設置される。総投資額は約335億3千万元(1元=約17円)となっている。(北京=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100849

  •  北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工
    2018年02月28日
    北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工

    北京ー雄安新区都市間高速鉄道が着工28日、起工式会場。中国河北省雄安新区初の重点交通プロジェクトである北京ー雄安新区都市間高速鉄道が28日、着工した。同鉄道は京九鉄道(北京西駅ー中国香港紅磡駅)の李営駅(北京市大興区)を起点とし、大興区から北京新空港、覇州市を経由して雄安新区に至る総延長92・4キロの高速鉄道で、5つの駅が設置される。総投資額は約335億3千万元(1元=約17円)となっている。(北京=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100856

  •  北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工
    2018年02月28日
    北京-雄安新区都市間高速鉄道が着工

    28日、起工式会場。中国河北省雄安新区初の重点交通プロジェクトである北京ー雄安新区都市間高速鉄道が28日、着工した。同鉄道は京九鉄道(北京西駅ー中国香港紅磡駅)の李営駅(北京市大興区)を起点とし、大興区から北京新空港、覇州市を経由して雄安新区に至る総延長92・4キロの高速鉄道で、5つの駅が設置される。総投資額は約335億3千万元(1元=約17円)となっている。(北京=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100841

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、中国パンダ保護研究センター神樹坪基地で遊ぶ子パンダ。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100311

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、中国パンダ保護研究センター神樹坪基地で子パンダの世話をする飼育員。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100294

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、中国パンダ保護研究センター神樹坪基地で、日差しを浴びながらエサを食べる子パンダ。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100298

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で子パンダの世話をする飼育員。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100308

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、中国パンダ保護研究センター神樹坪基地で子パンダを抱く飼育員。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100319

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、緑豊かな自然に抱かれる中国パンダ保護研究センター神樹坪基地(ドローンで撮影)。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100336

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、中国パンダ保護研究センター神樹坪基地でミルクを飲む子パンダ。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100269

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、中国パンダ保護研究センター神樹坪基地で日差しを浴びながらエサを食べる子パンダ。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100285

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、中国パンダ保護研究センター神樹坪基地で子パンダの世話をする飼育員。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100335

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、中国パンダ保護研究センター神樹坪基地で日差しを浴びながらエサを食べる子パンダ。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100302

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で日差しを浴びながら餌を食べる子パンダ。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100327

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月16日
    緑豊かな自然に抱かれるパンダの「幼稚園」

    16日、緑が広がる中国パンダ保護研究センター神樹坪基地(ドローンで撮影)。中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地は初夏を迎え、山々の新緑が輝いている。同基地はジャイアントパンダの飼育や繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行う保護研究拠点で、2017年に誕生した子パンダ19頭が暮らし、日々すくすくと成長している。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受けたため、臥竜基地のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)以上、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地では現在、50頭以上のパンダを飼育しており、今年さらに新しい赤ちゃんパンダが次々と誕生する予定だ。(臥竜=新華社記者/蘭紅光)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100280

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会で、試合をする子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500383

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会に「出場」した子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500375

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会で、飼育員に抱えられて入場する子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500381

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会に「出場」した子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500380

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会で、試合をする子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500388

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で、飼育員に抱えられる子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500391

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会で、飼育員に抱えられて入場する子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500382

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会に「出場」した子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500386

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会で、飼育員に抱えられて入場する子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500372

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会で、飼育員に抱えられて入場した子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500374

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会に「出場」した子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500376

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会で、ボールを奪い合う子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500377

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会で、試合をする子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500393

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で、飼育員に抱えられる子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500390

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会に「出場」した子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500368

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会で、飼育員に抱えられて入場する子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500378

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月10日
    子パンダのサッカー大会でW杯にエール四川省

    10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地で行われたサッカー大会で、試合をする子パンダの「選手」たち。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を控え、中国四川省臥竜国家級自然保護区の耿達郷にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター神樹坪基地では、1歳未満の子パンダ8頭による愉快なパンダサッカー大会を開催し、W杯にエールを送った。パンダサッカー場は同基地のパンダ舎内に設置。係員が竹籠でゴールを作り、木の柵で周りを囲った簡単なもので、8頭の「選手」たちは、飼育員に連れられて次々と「入場」し、いたずらっぽくサッカーを始めた。だが、やんちゃな子パンダたちはすぐサッカー場の外に出ようとするため、飼育員たちはその度に外に出た「選手」を抱えてサッカー場に戻さなければならず、慌ただしく動き回っていた。同基地はパンダの飼育、繁殖、研究、教育、ハイテク観察を一貫して行うパンダ保護研究拠点。2008年の汶川地震(四川大地震)で同センター臥竜基地が深刻な被害を受け、臥竜基地内のパンダは全国の野生動物園や都市動物園に移された。だが臥竜地区がパンダの生息に最も適していることから、2016年5月11日に香港特別行政区政府の支援の下、総投資額2億元(1元=約17円)超、敷地面積約150ヘクタールの神樹坪基地が開園した。同基地は現在、50頭余りのパンダの他、新たに生まれた多くの赤ちゃんパンダも飼育していることから、人々から「パンダの幼稚園」と呼ばれている。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061500389

  •  福建省、金門島へ水道供給を開始
    2018年08月04日
    福建省、金門島へ水道供給を開始

    4日、金門島水道供給プロジェクトの取水地、晋江市の龍湖の全景。(小型無人機から)中国福建省の晋江市で5日午前、金門島への水道供給が正式に開始された。水道供給プロジェクトは晋江市内の龍湖ポンプ場と陸上の送水管、海底送水管の3部分からなり、送水路は全長約28キロ。1日あたりの供給量は3万4千立方メートルで、総投資額は3億8800万元(1元=約16円)。水道料金は1立方メートル当たり9・86台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)となる。(金門=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700202

  •  福建省、金門島へ水道供給を開始
    2018年08月04日
    福建省、金門島へ水道供給を開始

    4日、福建省晋江市の龍湖と龍湖ポンプ場。(小型無人機から)中国福建省の晋江市で5日午前、金門島への水道供給が正式に開始された。水道供給プロジェクトは晋江市内の龍湖ポンプ場と陸上の送水管、海底送水管の3部分からなり、送水路は全長約28キロ。1日あたりの供給量は3万4千立方メートルで、総投資額は3億8800万元(1元=約16円)。水道料金は1立方メートル当たり9・86台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)となる。(金門=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700221

  •  福建省、金門島へ水道供給を開始
    2018年08月04日
    福建省、金門島へ水道供給を開始

    4日、福建省晋江市の龍湖と龍湖ポンプ場。(小型無人機から)中国福建省の晋江市で5日午前、金門島への水道供給が正式に開始された。水道供給プロジェクトは晋江市内の龍湖ポンプ場と陸上の送水管、海底送水管の3部分からなり、送水路は全長約28キロ。1日あたりの供給量は3万4千立方メートルで、総投資額は3億8800万元(1元=約16円)。水道料金は1立方メートル当たり9・86台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)となる。(金門=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700196

  •  福建省、金門島へ水道供給を開始
    2018年08月04日
    福建省、金門島へ水道供給を開始

    4日、福建省晋江市の龍湖と龍湖ポンプ場。(小型無人機から)中国福建省の晋江市で5日午前、金門島への水道供給が正式に開始された。水道供給プロジェクトは晋江市内の龍湖ポンプ場と陸上の送水管、海底送水管の3部分からなり、送水路は全長約28キロ。1日あたりの供給量は3万4千立方メートルで、総投資額は3億8800万元(1元=約16円)。水道料金は1立方メートル当たり9・86台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)となる。(金門=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700194

  •  福建省、金門島へ水道供給を開始
    2018年08月05日
    福建省、金門島へ水道供給を開始

    5日、金門島水道供給プロジェクトの龍湖ポンプ場メインポンプ室。中国福建省の晋江市で5日午前、金門島への水道供給が正式に開始された。水道供給プロジェクトは晋江市内の龍湖ポンプ場と陸上の送水管、海底送水管の3部分からなり、送水路は全長約28キロ。1日あたりの供給量は3万4千立方メートルで、総投資額は3億8800万元(1元=約16円)。水道料金は1立方メートル当たり9・86台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)となる。(金門=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700187

  •  福建省、金門島へ水道供給を開始
    2018年08月05日
    福建省、金門島へ水道供給を開始

    5日、福建省からの清らかな水が流れ込む金門田埔ダム隣の貯水場。中国福建省の晋江市で5日午前、金門島への水道供給が正式に開始された。水道供給プロジェクトは晋江市内の龍湖ポンプ場と陸上の送水管、海底送水管の3部分からなり、送水路は全長約28キロ。1日あたりの供給量は3万4千立方メートルで、総投資額は3億8800万元(1元=約16円)。水道料金は1立方メートル当たり9・86台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)となる。(金門=新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700222

  •  福建省、金門島へ水道供給を開始
    2018年08月05日
    福建省、金門島へ水道供給を開始

    5日、金門島水道供給プロジェクトの龍湖ポンプ場中央制御室で設備の稼動状況を監視する職員。中国福建省の晋江市で5日午前、金門島への水道供給が正式に開始された。水道供給プロジェクトは晋江市内の龍湖ポンプ場と陸上の送水管、海底送水管の3部分からなり、送水路は全長約28キロ。1日あたりの供給量は3万4千立方メートルで、総投資額は3億8800万元(1元=約16円)。水道料金は1立方メートル当たり9・86台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)となる。(金門=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700183

  •  福建省、金門島へ水道供給を開始
    2018年08月05日
    福建省、金門島へ水道供給を開始

    5日、福建省からの清らかな水が流れ込む金門田埔ダム隣の貯水場。中国福建省の晋江市で5日午前、金門島への水道供給が正式に開始された。水道供給プロジェクトは晋江市内の龍湖ポンプ場と陸上の送水管、海底送水管の3部分からなり、送水路は全長約28キロ。1日あたりの供給量は3万4千立方メートルで、総投資額は3億8800万元(1元=約16円)。水道料金は1立方メートル当たり9・86台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)となる。(金門=新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700156

  •  福建省、金門島へ水道供給を開始
    2018年08月05日
    福建省、金門島へ水道供給を開始

    5日、福建省晋江市で行われた金門島への水道供給プロジェクトの通水式。中国福建省の晋江市で5日午前、金門島への水道供給が正式に開始された。水道供給プロジェクトは晋江市内の龍湖ポンプ場と陸上の送水管、海底送水管の3部分からなり、送水路は全長約28キロ。1日あたりの供給量は3万4千立方メートルで、総投資額は3億8800万元(1元=約16円)。水道料金は1立方メートル当たり9・86台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)となる。(金門=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700105

  •  福建省、金門島へ水道供給を開始
    2018年08月05日
    福建省、金門島へ水道供給を開始

    5日、晋江市内の龍湖ポンプ場に設置された金門島水道供給プロジェクトの取水設備。中国福建省の晋江市で5日午前、金門島への水道供給が正式に開始された。水道供給プロジェクトは晋江市内の龍湖ポンプ場と陸上の送水管、海底送水管の3部分からなり、送水路は全長約28キロ。1日あたりの供給量は3万4千立方メートルで、総投資額は3億8800万元(1元=約16円)。水道料金は1立方メートル当たり9・86台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)となる。(金門=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700217

  •  陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる
    2018年08月07日
    陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる

    7日、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの定辺県・靖辺県‐楡林市・横山県区間で、送電線の架線作業をする国家電網陝西省電力公司の作業員。中国陝西省で投資額最大、カバー地域最大の送変電プロジェクト、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの送電線架線作業がこのほど、開始された。同プロジェクトは総投資額が50億3千万元(1元=約16円)で、陝西省の楡林市、延安市、銅川市、咸陽市、渭南市、西安市にある22の県、市、区にまたがる。完成後は、陝西省北部の他地域への送電と新エネルギーの有効利用を促進し、関中地域の電力需要を満たすと同時に、陝西省750キロボルト基幹電力網を増強し、陝西省北部から関中地域までの送電能力を向上させ、陝西省を資源優位から経済優位への転換に導く。(楡林=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000617

  •  陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる
    2018年08月07日
    陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる

    7日、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの定辺県・靖辺県‐楡林市・横山県区間で、送電線の架線作業をする国家電網陝西省電力公司の作業員。中国陝西省で投資額最大、カバー地域最大の送変電プロジェクト、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの送電線架線作業がこのほど、開始された。同プロジェクトは総投資額が50億3千万元(1元=約16円)で、陝西省の楡林市、延安市、銅川市、咸陽市、渭南市、西安市にある22の県、市、区にまたがる。完成後は、陝西省北部の他地域への送電と新エネルギーの有効利用を促進し、関中地域の電力需要を満たすと同時に、陝西省750キロボルト基幹電力網を増強し、陝西省北部から関中地域までの送電能力を向上させ、陝西省を資源優位から経済優位への転換に導く。(楡林=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000608

  •  陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる
    2018年08月07日
    陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる

    7日、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの定辺県・靖辺県‐楡林市・横山県区間で、送電線の架線作業をする国家電網陝西省電力公司の作業員。中国陝西省で投資額最大、カバー地域最大の送変電プロジェクト、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの送電線架線作業がこのほど、開始された。同プロジェクトは総投資額が50億3千万元(1元=約16円)で、陝西省の楡林市、延安市、銅川市、咸陽市、渭南市、西安市にある22の県、市、区にまたがる。完成後は、陝西省北部の他地域への送電と新エネルギーの有効利用を促進し、関中地域の電力需要を満たすと同時に、陝西省750キロボルト基幹電力網を増強し、陝西省北部から関中地域までの送電能力を向上させ、陝西省を資源優位から経済優位への転換に導く。(楡林=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000625

  •  「新華社」青海省「天空の鏡」チャカ塩湖観光客200万人突破
    04:50.66
    2018年08月11日
    「新華社」青海省「天空の鏡」チャカ塩湖観光客200万人突破

    中国版「天空の鏡」の青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県チャカ(茶卡)鎮のチャカ塩湖が11日、昨年より12日早く年間200万人目の観光客を迎えた。平坦な土地が広がるチャカ塩湖の湖面は反射率が非常に高く、まるで空がおしゃれするために用意された鏡のようで、中国の「天空の鏡」と呼ばれている。チャカ塩湖は固体と液体が共存する天然塩湖で、快晴の際の湖面はまさに鏡そのもの。今年4月、チャカ塩湖は3度にわたる総投資6億元(1元=約16円)の再整備を終えた。またこのほど、環境保護やボランティア、巡回監督・管理に力を入れ、きれいに保たれた景勝地の環境や質の高いサービスで幅広い観光客のニーズを満たしている。同時に微信(WeChat)内に公式アカウント「西鉱智旅」を開設し、観光客はスマホさえあれば、景勝地のグルメ、ホテル、交通、観光、ショッピング、エンタメに関する情報を得られ、観光客に迅速で便利な新しい娯楽モデルを提供している。(記者/韓方方、趙玉和)<映像内容>チャカ塩湖観光の様子、撮影日:2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801879

  •  「新華社」海南省中線高速道開通熱帯雨林へのアクセス容易に
    03:42.91
    2018年09月30日
    「新華社」海南省中線高速道開通熱帯雨林へのアクセス容易に

    中国海南省の瓊中リー族・ミャオ族自治県と楽東リー族自治県を結ぶ海南中線高速道路が28日、正式に開通した。同高速道路は省都の海口市と瓊中を結ぶ高速道路とつながり、同省を南北に貫く交通路が実現した。海南中線高速道路は同省の中央部と南西部をつなぐ全長129キロの道路。設計速度は時速100キロ、総投資額は117億元(1元=約17円)で、4車線(片側2車線)となっている。同高速道路の開通により瓊中‐五指山‐楽東の間の交通状況が変わり、海南省を南北に貫く交通網が実現し、全省、特に中部地域の経済や社会の発展が大きく促進され、より多くの幸福感と満足感が各民族の人々にもたらされるという。海南省中部の重点的生態保護地域を通り、昌化江を4回、南聖河を8回越える同高速道路は、同省内の最も地形が複雑かつ生態学的に敏感な場所を通り、最も建設が難しい新設の高速道路になる。同高速道路は建設の過程で「山奥に道路を届け、環境に破壊を持ち込まない」という環境保護の管理理念を守り、自然との調和の原則を堅持し、道路と地形や自然環境の高度な調和を実現したことで、五指山や昌化江を通り流れる風景を楽しめる道路になった。(記者/王麗婧、周旋、郭良川)<映像内容>海南中線高速道路開通の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100416461

  •  総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン
    2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、中国フィルハーモニー管弦楽団(中国愛楽楽団)による海峡文化芸術センターのこけら落とし公演に訪れた市民。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517777

  •  総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン
    2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、ライトアップされた海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517601

  •  総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン
    2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、こけら落とし公演が行われた海峡文化芸術センター内の1千人を収容できる音楽ホール。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517465

  •  総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン
    2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、ライトアップされた海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517470

  •  総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン
    2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、空から見た福建省福州市の海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517758

  •  総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン
    2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、こけら落とし公演が行われた海峡文化芸術センター内の1千人を収容できる音楽ホール。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517379

  •  総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン
    2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日に撮影した海峡文化芸術センターの外観。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517745

  •  総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン
    2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、海峡文化芸術センター内のサービスセンターを訪れた市民。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517450

  •  総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン
    2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、海峡文化芸術センターのこけら落とし公演を行った中国フィルハーモニー管弦楽団(中国愛楽楽団)。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517626

  •  総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン
    2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、海峡文化芸術センターホールで福州の子どもたちとフラッシュモブを行う、バイオリニストの呂思清(ろ・しせい)氏。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517731

  •  Preparation for the State Garden Show
    2018年10月17日
    Preparation for the State Garden Show

    17 October 2018, Saxony, Frankenberg: The transformation of the inner-city wasteland in Mühlbachtal into the future “paradise gardens“ of the upcoming State Garden Show is already clearly visible (recorded with a drone). The show under the motto “Natürlich Mittendrin“ will be open from April 20 to October 6, 2019. For this purpose, the future areas of the state garden show “Paradiesgärten Mühlbachtal“ and the “Naturerlebnisraum Zschopauaue“ will be comprehensively redesigned. The total investment amounts to more than 24 million euros. A further 5.2 million euros have been earmarked for the organisation of the 170-day show. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102233746

  •  Preparation for the State Garden Show
    2018年10月17日
    Preparation for the State Garden Show

    17 October 2018, Saxony, Frankenberg: The transformation of the inner-city wasteland in Mühlbachtal into the future “paradise gardens“ of the upcoming State Garden Show is already clearly visible (recorded with a drone). The show under the motto “Natürlich Mittendrin“ will be open from April 20 to October 6, 2019. For this purpose, the future areas of the state garden show “Paradiesgärten Mühlbachtal“ and the “Naturerlebnisraum Zschopauaue“ will be comprehensively redesigned. The total investment amounts to more than 24 million euros. A further 5.2 million euros have been earmarked for the organisation of the 170-day show. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101929669

  •  Preparation for the State Garden Show
    2018年10月17日
    Preparation for the State Garden Show

    17 October 2018, Saxony, Frankenberg: The transformation of the inner-city wasteland in Mühlbachtal into the future “paradise gardens“ of the upcoming State Garden Show is already clearly visible (recorded with a drone). The show under the motto “Natürlich Mittendrin“ will be open from April 20 to October 6, 2019. For this purpose, the future areas of the state garden show “Paradiesgärten Mühlbachtal“ and the “Naturerlebnisraum Zschopauaue“ will be comprehensively redesigned. The total investment amounts to more than 24 million euros. A further 5.2 million euros have been earmarked for the organisation of the 170-day show. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102233608

  •  Preparation for the State Garden Show
    2018年10月17日
    Preparation for the State Garden Show

    17 October 2018, Saxony, Frankenberg: The transformation of the inner-city wasteland in Mühlbachtal into the future “paradise gardens“ of the upcoming State Garden Show is already clearly visible (recorded with a drone). The show under the motto “Natürlich Mittendrin“ will be open from April 20 to October 6, 2019. For this purpose, the future areas of the state garden show “Paradiesgärten Mühlbachtal“ and the “Naturerlebnisraum Zschopauaue“ will be comprehensively redesigned. The total investment amounts to more than 24 million euros. A further 5.2 million euros have been earmarked for the organisation of the 170-day show. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102233583

  •  Preparation for the State Garden Show
    2018年10月17日
    Preparation for the State Garden Show

    17 October 2018, Saxony, Frankenberg: The transformation of the inner-city wasteland in Mühlbachtal into the future “paradise gardens“ of the upcoming State Garden Show is already clearly visible (recorded with a drone). The show under the motto “Natürlich Mittendrin“ will be open from April 20 to October 6, 2019. For this purpose, the future areas of the state garden show “Paradiesgärten Mühlbachtal“ and the “Naturerlebnisraum Zschopauaue“ will be comprehensively redesigned. The total investment amounts to more than 24 million euros. A further 5.2 million euros have been earmarked for the organisation of the 170-day show. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102233751

  •  Preparation for the State Garden Show
    2018年10月17日
    Preparation for the State Garden Show

    17 October 2018, Saxony, Frankenberg: The transformation of the inner-city wasteland in Mühlbachtal into the future “paradise gardens“ of the upcoming State Garden Show is already clearly visible (recorded with a drone). The show under the motto “Natürlich Mittendrin“ will be open from April 20 to October 6, 2019. For this purpose, the future areas of the state garden show “Paradiesgärten Mühlbachtal“ and the “Naturerlebnisraum Zschopauaue“ will be comprehensively redesigned. The total investment amounts to more than 24 million euros. A further 5.2 million euros have been earmarked for the organisation of the 170-day show. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102233581

  •  中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動
    2018年11月20日
    中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動

    20日、クロアチアのセニ風力発電所。クロアチア沿海部の都市セニで20日、中国企業が投資する風力発電プロジェクトが起工した。プロジェクトの総出力容量は156メガワットで、完成後には年間平均3400時間の発電を行い、5億3千万キロワット時の年間発電量を見込む。総投資額は1億7900万ユーロ(1ユーロ=約128円)で、2年後の設置完了を目指す。中国の国有中央企業、中国北方工業傘下の中国北方国際合作股份有限公司は2017年11月、同国のEnergijaProjektd.d.と協定を結び、同社の株式76%を取得。同時にセニ風力発電プロジェクトの建設権と25年間の経営権も取得した。(セニ=新華社記者/高磊)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615342

  •  中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動
    2018年11月20日
    中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動

    20日、クロアチアのセニ風力発電所。クロアチア沿海部の都市セニで20日、中国企業が投資する風力発電プロジェクトが起工した。プロジェクトの総出力容量は156メガワットで、完成後には年間平均3400時間の発電を行い、5億3千万キロワット時の年間発電量を見込む。総投資額は1億7900万ユーロ(1ユーロ=約128円)で、2年後の設置完了を目指す。中国の国有中央企業、中国北方工業傘下の中国北方国際合作股份有限公司は2017年11月、同国のEnergijaProjektd.d.と協定を結び、同社の株式76%を取得。同時にセニ風力発電プロジェクトの建設権と25年間の経営権も取得した。(セニ=新華社記者/高磊)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615927

  •  中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動
    2018年11月20日
    中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動

    20日、クロアチアのセニ風力発電所。クロアチア沿海部の都市セニで20日、中国企業が投資する風力発電プロジェクトが起工した。プロジェクトの総出力容量は156メガワットで、完成後には年間平均3400時間の発電を行い、5億3千万キロワット時の年間発電量を見込む。総投資額は1億7900万ユーロ(1ユーロ=約129円)で、2年後の設置完了を目指す。中国の国有中央企業、中国北方工業傘下の中国北方国際合作股份有限公司は2017年11月、同国のEnergijaProjektd.d.と協定を結び、同社の株式76%を取得。同時にセニ風力発電プロジェクトの建設権と25年間の経営権も取得した。(セニ=新華社記者/高磊)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615299

  •  中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動
    2018年11月20日
    中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動

    20日、クロアチア・セニで行われた起工式であいさつするクロアチアのプレンコビッチ首相。クロアチア沿海部の都市セニで20日、中国企業が投資する風力発電プロジェクトが起工した。プロジェクトの総出力容量は156メガワットで、完成後には年間平均3400時間の発電を行い、5億3千万キロワット時の年間発電量を見込む。総投資額は1億7900万ユーロ(1ユーロ=約128円)で、2年後の設置完了を目指す。中国の国有中央企業、中国北方工業傘下の中国北方国際合作股份有限公司は2017年11月、同国のEnergijaProjektd.d.と協定を結び、同社の株式76%を取得。同時にセニ風力発電プロジェクトの建設権と25年間の経営権も取得した。(セニ=新華社記者/高磊)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615774

  •  「新華社」シルクロード·パリがオープン中国と欧州の新たな通商の門戸開く
    03:02.31
    2018年11月21日
    「新華社」シルクロード·パリがオープン中国と欧州の新たな通商の門戸開く

    仏パリで21日、中国やアジア諸国のファッション製品や家具類を販売する「シルクロード・パリ(パリ・アジア・ビジネス・センター)」が正式にオープンした。中国と欧州諸国の経済・貿易の友好往来を促し、「一帯一路」構想への呼応の度合いを深めていく。同センターはパリの市街地やシャルル・ド・ゴール国際空港に近く、敷地面積は20万平方メートル。400店舗が入居しており、1店舗あたりの面積は200~300平方メートルとなる。ラファラン氏は、商業貿易の促進が世界で起り続ける貿易摩擦に対処し解決する鍵だと述べ、プロジェクトは具体的な行動で「一帯一路」建設に参画していると強調した。シルクロード・パリの総投資額は1億5千万ユーロ(1ユーロ=約128円)で、ポルトガルの不動産企業のフランス子会社が2年近くの時間をかけ完成させた。同施設は今後数年で、店舗数を現在の400店舗から千店舗まで拡大し、千件の雇用創出を目指すとしている。(記者/韓茜)<映像内容>「シルクロード·パリ」オープンの様子、撮影日:2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112616068

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:57.14
    2019年01月09日
    「新華社」昨年の通関数が過去最高にコルガス国際国境協力センター

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州に位置するコルガス出入国検査場の統計によると、2018年の中国・カザフスタン・コルガス国際国境協力センターの出入国者数が延べ591万8千人に達し、2017年より6・7%増加したという。「一帯一路」構想の段階的な推進に伴い、中国とカザフスタンの国境にまたがる中国・カザフスタン・コルガス国際国境協力センターの建設は急速な発展を遂げており、総面積5・28平方キロの完全に封鎖されたエリアで、両国公民と第三国の公民はビザを必要とせずパスポートあるいは出入国通行証など有効な証明書の提示で出入りすることができ、直接対面しての貿易商談・商品取引を実現している。中国・カザフスタン・コルガス国際国境協力センターではこれまで、商品展示、ホテル、飲食・娯楽、商業設備、金融サービスなどの分野に関係する30近くの重点プロジェクトが実施され、総投資額は300億元(1元=約16円)を上回っており、入居業者は5千社余りを数える。(記者/周生斌)<映像内容>コルガス国際国境協力センター、通関数が過去最高に、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010921075

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の既存建築物。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200306

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の僧侶。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200353

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、再建中の黄檗山万福寺の隠元紀念堂。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200350

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の再建工事の現場。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200347

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の山門で塑像を磨き上げる施工者。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200355

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の本堂で塑像に鍍金(ときん)を施す前の磨き上げを行う施工者。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200152

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、再建中の黄檗山万福寺の禅堂。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200377

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、再建中の黄檗山万福寺の隠元紀念堂。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200363

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、再建中の黄檗山万福寺の全景。(小型無人機から)中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200375

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の再建工事の現場。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200365

  •  (22)黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    (22)黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の山門前にある石碑。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200399

  •  (21)黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    (21)黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の常香炉の飛檐(ひえん)。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200397

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の塑像に鍍金(ときん)を施す前の磨き上げを行う施工者。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200296

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の僧侶。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200282

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の隠元紀念堂にある隠元禅師の塑像。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200314

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、再建中の黄檗山万福寺の隠元紀念堂。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200392

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の山門の飛檐(ひえん)。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200358

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の僧侶。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200174

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の再建工事の現場。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200283

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の天王殿(てんのうでん)で塑像に鍍金を施す前の磨き上げを行う施工者。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200168

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の再建工事の現場。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200284

  •  黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    2019年01月15日
    黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    15日、黄檗山万福寺の隠元紀念堂にある隠元禅師の塑像。中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200393

  •  「新華社」黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市
    02:22.20
    2019年01月22日
    「新華社」黄檗山万福寺の再建、順調に進行福建省福清市

    中国福建省福清市の黄檗山(おうばくさん)万福寺で総面積300ムー(20ヘクタール)以上、総投資額2億5千万元(1元=約16円)超の再建工事が順調に進んでいる。すでに装飾や内装の段階に入っており、2019年末に竣工する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、黄檗文化の発祥地であり、日本黄檗宗の発祥地でもある。再建後は中国国内の有名寺院として日本との交流を行う重要な拠点となる。(記者/魏培全)<映像内容>黄檗山万福寺の再建の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202067

  •  「新華社」中国·ラオス鉄道の土木建設工事、今年が決戦段階
    01:41.99
    2019年02月13日
    「新華社」中国·ラオス鉄道の土木建設工事、今年が決戦段階

    老中(ラオス・中国)鉄路有限公司の李兵選(り・へいせん)総経理は13日、ラオスの首都ビエンチャンで、2019年は中国・ラオス鉄道の土木建築工事において決戦し勝利しなければならない極めて重要な1年であり、入札済みの橋梁やトンネル工事のうち9割以上が完成する見通しだと語った。李氏は同日、ビエンチャンで開かれた中国・ラオス鉄道2019年度建設作業会議で、引き続き高い品質と効率で建設を進め、路床や橋梁の建設計画では入札済み工事の95%、トンネル工事でも90%の完成を目指すと説明。鉄道敷設基地や駅舎の建設工事なども間もなく全面的に開始されると語った。また、2018年は同鉄道の重点難関工事や調整工事が着実に推進され、建設工事は順調に進められ、昨年末までの累計投資額は事業総投資額の31・5%を占める118億元(1元=約16円)に達したことを明らかにした。中国・ラオス鉄道の北端はラオスと中国の国境で、南端はラオスの首都ビエンチャンに至る。中国が主に投資と建設を行い、共同で運用され、さらに中国の鉄道網と直接つながるものとしては、初めての海外鉄道事業でもある。鉄道の延長は414キロで、中国の技術規格を全線で採用し、中国製設備を使用する。2016年12月に全線の建設を開始、2017年に全面的な施工段階に入り、2021年12月の完成・開通を目指している。中国の鉄道規格に従って設計、建設、運用され、設計時速は160キロとなっている。(記者/章建華)<映像内容>中国・ラオス鉄道の土木建築工事について会議の様子、撮影日:2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800601

  •  中国初のチベット支援の「文化·観光商品」スーパー開店ニンティ
    2019年04月01日
    中国初のチベット支援の「文化·観光商品」スーパー開店ニンティ

    1日、スーパーの店内にある山南市の特産品コーナーで、商品を手に取る人。中国チベット自治区ニンティ市にある「ルラン(魯朗)国際観光小鎮」で、チベット支援の一環として「文化・観光商品」を販売する中国初のスーパーチェーンがこのほど、オープンした。同店は敷地面積1400平方メートル、総投資額520万元(1元=約17円)で、チベット自治区7地市の17の支援隊の商品458種類を統合し、ルラン創客・双創産業パークをプラットフォームに、チベット支援のための「文化・観光商品」をオンラインと実店舗の双方で全国に販売していく。(ニンティ=新華社記者/李鑫)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700428

  •  中国初のチベット支援の「文化·観光商品」スーパー開店ニンティ
    2019年04月01日
    中国初のチベット支援の「文化·観光商品」スーパー開店ニンティ

    1日に撮影したルランにある創客・双創産業パークの外観。中国チベット自治区ニンティ市にある「ルラン(魯朗)国際観光小鎮」で、チベット支援の一環として「文化・観光商品」を販売する中国初のスーパーチェーンがこのほど、オープンした。同店は敷地面積1400平方メートル、総投資額520万元(1元=約17円)で、チベット自治区7地市の17の支援隊の商品458種類を統合し、ルラン創客・双創産業パークをプラットフォームに、チベット支援のための「文化・観光商品」をオンラインと実店舗の双方で全国に販売していく。(ニンティ=新華社記者/李鑫)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700324

  •  中国初のチベット支援の「文化·観光商品」スーパー開店ニンティ
    2019年04月01日
    中国初のチベット支援の「文化·観光商品」スーパー開店ニンティ

    1日、スーパーの店内にある山南市の特産品コーナーで、商品を手に取る人。中国チベット自治区ニンティ市にある「ルラン(魯朗)国際観光小鎮」で、チベット支援の一環として「文化・観光商品」を販売する中国初のスーパーチェーンがこのほど、オープンした。同店は敷地面積1400平方メートル、総投資額520万元(1元=約17円)で、チベット自治区7地市の17の支援隊の商品458種類を統合し、ルラン創客・双創産業パークをプラットフォームに、チベット支援のための「文化・観光商品」をオンラインと実店舗の双方で全国に販売していく。(ニンティ=新華社記者/李鑫)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700355

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...