KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 生産
  • 大手
  • 集団
  • 技術
  • 発展
  • 地域
  • 建設
  • 工場

「総経理」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
458
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
458
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 斉広才総経理 初の中薬展で展覧団訪日へ
    1980年02月14日
    斉広才総経理 初の中薬展で展覧団訪日へ

    共同通信社北京支局との単独会見で語る斉広才中国土産畜産進出口総公司総経理(中薬貿易展覧団団長)=1980(昭和55)年2月14日、北京市の中国土産畜産進出口総公司(共同)

    商品コード: 2015111100167

  • 趙偉・中国電影副総経理 日中合作映画の調印式
    1981年11月06日
    趙偉・中国電影副総経理 日中合作映画の調印式

    日中合作映画「未完の対局」の調印式に出席した趙偉・中国電影合作制片公司副総経理=1981(昭和56)年11月6日、東京都内のホテル

    商品コード: 2012051800240

  • 握手する徳間社長と趙氏 日中合作映画の調印式
    1981年11月06日
    握手する徳間社長と趙氏 日中合作映画の調印式

    日中合作映画「未完の対局」の調印式で、握手する大映の徳間康快社長(右)と趙偉・中国電影合作制片公司副総経理=1981(昭和56)年11月6日、東京都内のホテル

    商品コード: 2012051800235

  •  コカ・コーラ、広州にも工場
    1981年12月07日
    コカ・コーラ、広州にも工場

    広州コカ・コーラ工場の起工式で握手するドナルド社長(右)と竇貴昌広東省食糧油脂輸出入総公司総経理=1981(昭和56)年12月7日、広州市郊外の黄埔(共同)

    商品コード: 2016022400548

  • 中国トヨタの曽林堂氏 経営幹部に華僑ら起用
    2007年03月16日
    中国トヨタの曽林堂氏 経営幹部に華僑ら起用

    トヨタ自動車の中国現地法人で販売部門の指揮官の役割を担う曽林堂・副総経理=北京(共同)

    商品コード: 2007031600296

  • 握手する会長と総経理 石油精製で初の合弁会社
    2008年05月07日
    握手する会長と総経理 石油精製で初の合弁会社

    調印式で握手を交わす、中国石油天然ガス集団の〓(☆草カンムリに将の旧字体)潔敏総経理(左)と新日本石油の渡文明会長=7日午後、東京都内のホテル

    商品コード: 2008050700124

  • 握手する渡会長ら 新日石と中国天然ガス
    2008年05月08日
    握手する渡会長ら 新日石と中国天然ガス

    調印式で握手を交わす新日本石油の渡文明会長(右)と中国石油天然ガス集団の蒋潔敏総経理=2008年5月7日午後、東京都千代田区の帝国ホテル

    商品コード: 2008050800005

  • 握手する会長ら 新日石と中国天然ガス調印
    2008年05月08日
    握手する会長ら 新日石と中国天然ガス調印

    調印式で握手を交わす左から中国石油天然ガス集団の王立華副総経済師、蒋潔敏総経理、新日本石油の渡文明会長、西尾進路社長=2008年5月7日午後、東京都千代田区の帝国ホテル

    商品コード: 2008050800009

  • エイサーの翁総経理 超薄型パソコンに注力
    2011年11月30日
    エイサーの翁総経理 超薄型パソコンに注力

    超薄型ノートパソコン「ウルトラブック」を主力にしていく方針を明らかにした、エイサーの翁建仁総経理=30日、台北(共同)

    商品コード: 2011113000524

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年05月16日
    知事と徐総経理 福田知事が台湾で観光宣伝

    16日、台北市の流通大手「統一超商」本社で、同社の徐重仁総経理(右)と会談した栃木県の福田富一知事(共同)

    商品コード: 2012051600639

  • 守安社長と陳総経理 DeNA、ヤフー奇摩と提携
    2012年10月24日
    守安社長と陳総経理 DeNA、ヤフー奇摩と提携

    台北市内のホテルで記者会見を開き、業務提携を発表したDeNAの守安功社長(右)とヤフー奇摩の陳建銘・董事総経理=2012(平成24)年10月24日、台湾・台北(NNA=共同)

    商品コード: 2012110600089

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年10月25日
    質問に答える彭双浪総経理 友達、第3四半期も赤字

    業績発表会で取材陣の質問に答える彭双浪総経理=2012(平成24)年10月25日、台湾・台北(NNA=共同)

    商品コード: 2012110600301

  • 準大手で初 岡三証券が大手証券会社と提携
    2012年11月06日
    準大手で初 岡三証券が大手証券会社と提携

    覚書締結式に臨んだ田中社長(左)、台湾証券交易所、許仁寿総経理(中)、陳董事長(右)=2012(平成24)年11月6日、台湾・台北市(NNA=共同)

    商品コード: 2012111300401

  • 新製品発表会に出席した幹部ら JCUの化粧品会社が新製品
    2012年11月23日
    新製品発表会に出席した幹部ら JCUの化粧品会社が新製品

    新製品発表会に出席した幹部ら。左から銀座鈴蘭堂化粧品の陸伯クン(クンは土へんに薫)総経理、JCUの小沢恵二社長、粕谷会長=2012(平成24)年11月23日、台湾・台北市(NNA=共同)

    商品コード: 2012120300235

  • イメージキャラクターに JCBがドラえもん起用
    2013年01月21日
    イメージキャラクターに JCBがドラえもん起用

    台湾でアニメキャラプロモーションを展開するJCBの今田公久・国際本部長(中央右)と台湾吉世美国際の小室裕一朗・総経理(同左)=2013(平成25)年1月21日、台湾・台北市(NNA=共同)

    商品コード: 2013013000094

  • 握手する帯広市長ら 台湾「復興航空」を訪問
    2013年02月04日
    握手する帯広市長ら 台湾「復興航空」を訪問

    台北市の「復興航空」本社で握手する帯広市の米沢則寿市長(左から2番目)と同社の陳嘉総経理(中央)=4日(NNA=共同)

    商品コード: 2013020400589

  • 会談する帯広市長ら 台湾「復興航空」を訪問
    2013年02月04日
    会談する帯広市長ら 台湾「復興航空」を訪問

    台北市の「復興航空」本社で陳嘉総経理(右)と会談する帯広市の米沢則寿市長=4日(NNA=共同)

    商品コード: 2013020400590

  • 輸出業者と話す副総経理 公益や農業などに高い関心
    2013年04月16日
    輸出業者と話す副総経理 公益や農業などに高い関心

    フィリピンの輸出業者と話す、水電7局の江瑞俊・副総経理(右)=2013(平成25)年4月16日、フィリピン・マカティ市(NNA=共同)

    商品コード: 2013042400253

  •  嘉陵ホンダ総経理「世界の貿易自由化の恩恵受けた」
    2013年07月25日
    嘉陵ホンダ総経理「世界の貿易自由化の恩恵受けた」

    重慶市にある嘉陵ホンダ。(資料写真)ホンダの中国合弁会社で、汎用エンジンなどの生産販売を手掛ける「嘉陵本田発動機有限公司」(嘉陵ホンダ)の長井昌也総経理がこのほど、新華社の単独取材に応じ、同社の2018年の生産高が2011年と比較して2倍に増えたのは、世界の貿易自由化によるところが大きいと語った。同社は1993年に重慶市で設立された。ホンダが中国国内で比較的早い時期に投資した企業の一つで、当初は主にオートバイの研究開発や生産販売を行ってきた。2005年から汎用エンジン事業に着手し、現在はオートバイ事業を中断して汎用エンジン事業に特化している。(重慶=新華社配信)=2013(平成25)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401750

  •  嘉陵ホンダ総経理「世界の貿易自由化の恩恵受けた」
    2013年07月30日
    嘉陵ホンダ総経理「世界の貿易自由化の恩恵受けた」

    嘉陵ホンダが生産するエンジン製品。(資料写真)ホンダの中国合弁会社で、汎用エンジンなどの生産販売を手掛ける「嘉陵本田発動機有限公司」(嘉陵ホンダ)の長井昌也総経理がこのほど、新華社の単独取材に応じ、同社の2018年の生産高が2011年と比較して2倍に増えたのは、世界の貿易自由化によるところが大きいと語った。同社は1993年に重慶市で設立された。ホンダが中国国内で比較的早い時期に投資した企業の一つで、当初は主にオートバイの研究開発や生産販売を行ってきた。2005年から汎用エンジン事業に着手し、現在はオートバイ事業を中断して汎用エンジン事業に特化している。(重慶=新華社配信)=2013(平成25)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401722

  •  嘉陵ホンダ総経理「世界の貿易自由化の恩恵受けた」
    2013年07月30日
    嘉陵ホンダ総経理「世界の貿易自由化の恩恵受けた」

    嘉陵ホンダの生産工場。(資料写真)ホンダの中国合弁会社で、汎用エンジンなどの生産販売を手掛ける「嘉陵本田発動機有限公司」(嘉陵ホンダ)の長井昌也総経理がこのほど、新華社の単独取材に応じ、同社の2018年の生産高が2011年と比較して2倍に増えたのは、世界の貿易自由化によるところが大きいと語った。同社は1993年に重慶市で設立された。ホンダが中国国内で比較的早い時期に投資した企業の一つで、当初は主にオートバイの研究開発や生産販売を行ってきた。2005年から汎用エンジン事業に着手し、現在はオートバイ事業を中断して汎用エンジン事業に特化している。(重慶=新華社配信)=2013(平成25)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401822

  •  嘉陵ホンダ総経理「世界の貿易自由化の恩恵受けた」
    2013年07月30日
    嘉陵ホンダ総経理「世界の貿易自由化の恩恵受けた」

    嘉陵ホンダの生産工場。(資料写真)ホンダの中国合弁会社で、汎用エンジンなどの生産販売を手掛ける「嘉陵本田発動機有限公司」(嘉陵ホンダ)の長井昌也総経理がこのほど、新華社の単独取材に応じ、同社の2018年の生産高が2011年と比較して2倍に増えたのは、世界の貿易自由化によるところが大きいと語った。同社は1993年に重慶市で設立された。ホンダが中国国内で比較的早い時期に投資した企業の一つで、当初は主にオートバイの研究開発や生産販売を行ってきた。2005年から汎用エンジン事業に着手し、現在はオートバイ事業を中断して汎用エンジン事業に特化している。(重慶=新華社配信)=2013(平成25)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401709

  •  嘉陵ホンダ総経理「世界の貿易自由化の恩恵受けた」
    2013年07月31日
    嘉陵ホンダ総経理「世界の貿易自由化の恩恵受けた」

    嘉陵ホンダの生産工場。(資料写真)ホンダの中国合弁会社で、汎用エンジンなどの生産販売を手掛ける「嘉陵本田発動機有限公司」(嘉陵ホンダ)の長井昌也総経理がこのほど、新華社の単独取材に応じ、同社の2018年の生産高が2011年と比較して2倍に増えたのは、世界の貿易自由化によるところが大きいと語った。同社は1993年に重慶市で設立された。ホンダが中国国内で比較的早い時期に投資した企業の一つで、当初は主にオートバイの研究開発や生産販売を行ってきた。2005年から汎用エンジン事業に着手し、現在はオートバイ事業を中断して汎用エンジン事業に特化している。(重慶=新華社配信)=2013(平成25)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401808

  • 台北市内で契約を交わす CIJが凌群電脳と業務提携
    2013年08月15日
    台北市内で契約を交わす CIJが凌群電脳と業務提携

    業務提携の契約を交わしたCIJの堀信一社長(左)と台湾・凌群電脳の劉瑞隆総経理(右)=2013(平成25)年8月15日、台湾・台北市(NNA=共同)

    商品コード: 2013082100357

  • 新型シビック 新型やモデル変更で攻勢
    2014年05月31日
    新型シビック 新型やモデル変更で攻勢

    新型「シビック」と台湾ホンダの牧野朗董事長兼総経理=5月15日、台北(NNA=共同)

    商品コード: 2014053100347

  • あいさつする白石総経理 絵本「トットちゃん」発売
    2015年01月10日
    あいさつする白石総経理 絵本「トットちゃん」発売

    「絵本 窓ぎわのトットちゃん」中国語版の出版発表会であいさつする、講談社北京文化有限公司の白石光行総経理=10日、北京(共同)

    商品コード: 2015011000391

  •  中日協力、広州の自動車工業の飛躍を後押し
    2015年10月20日
    中日協力、広州の自動車工業の飛躍を後押し

    2015年10月20日に開かれた広汽本田第3工場・エンジン工場落成体験イベントでスピーチする広汽集団の曽慶洪(そう・けいこう)総経理。ホンダの中国合弁会社、広汽本田汽車はこのほど、5年ぶりのモデルチェンジとなる新型「ヴェゼル(VEZEL)」を発表した。新世代の消費者向けに設計した小型SUVで、ホンダにとって3代目の世界戦略車となる。日本自動車業界の巨頭ホンダは、最初の世界戦略車アコードの中国上陸時より広東省広州市と手を組み「少ない投資でスピーディーに生産し、雪だるま式に発展する」という新戦略と広汽本田による中外合弁事業の模索を通じ、広州さらには中国の自動車産業の発展をリードしてきた。広州の自動車工業は20年余りの発展で絶えず成長を遂げた。年間生産台数は約300万台、生産高は5千億元(1元=約16円)に達し、地域を支える3大産業のトップとなっている。(広州=新華社配信/広汽本田汽車提供)=2015(平成27)年10月20日、クレジット:広汽本田汽車/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006000

  •  山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調
    2016年04月04日
    山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調

    煙台市の管轄下にある県級市、莱陽市にある北海食品有限公司の作業場で働く同社の従業員。(2016年4月4日撮影)居酒屋の定番メニューの枝豆。あなたが口にする枝豆は、海を隔てた中国から輸入されたものかもしれない。農業が盛んな中国山東省嘉祥県にある済寧陽光農業科技有限公司の靳聡(きん・そう)総経理は現在、4月の植え付けに向けた準備に追われている。栽培面積5千ムー(1ムーは15分の1ヘクタール)の畑で栽培される枝豆は、夏の収穫後、すべて日本に輸出される予定だ。枝豆の他にも、数十種類の冷凍野菜が山東省から日本に向けて輸出されている。山東省煙台市莱陽にある北海食品有限公司の藍明徳(らん・めいとく)総経理は、日本向け冷凍野菜の2018年の輸出量は、前年比で300トン増の5500トンだったと紹介している。(済南=新華社配信/北海食品有限公司提供)=2016(平成28)年4月4日、クレジット:北海食品有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801082

  • 会見した小森総経理ら 博多人形、中国で常設展示
    2016年12月05日
    会見した小森総経理ら 博多人形、中国で常設展示

    博多人形や博多織の常設展示について記者会見した上海高島屋の小森智明総経理(中央)と人形作家の武吉国明さん(右)。左は高島宗一郎福岡市長=5日午後、福岡市博多区

    商品コード: 2016120500704

  •  山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調
    2017年01月07日
    山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調

    煙台市の管轄下にある県級市、莱陽市にある北海食品有限公司の作業場で働く同社の従業員。(2017年1月7日撮影)居酒屋の定番メニューの枝豆。あなたが口にする枝豆は、海を隔てた中国から輸入されたものかもしれない。農業が盛んな中国山東省嘉祥県にある済寧陽光農業科技有限公司の靳聡(きん・そう)総経理は現在、4月の植え付けに向けた準備に追われている。栽培面積5千ムー(1ムーは15分の1ヘクタール)の畑で栽培される枝豆は、夏の収穫後、すべて日本に輸出される予定だ。枝豆の他にも、数十種類の冷凍野菜が山東省から日本に向けて輸出されている。山東省煙台市莱陽にある北海食品有限公司の藍明徳(らん・めいとく)総経理は、日本向け冷凍野菜の2018年の輸出量は、前年比で300トン増の5500トンだったと紹介している。(済南=新華社配信/北海食品有限公司提供)=2017(平成29)年1月7日、クレジット:北海食品有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801092

  •  「中国発展ハイレベルフォーラム2018」経済サミット、北京で開催
    2018年03月24日
    「中国発展ハイレベルフォーラム2018」経済サミット、北京で開催

    24日、「『一帯一路』は人類運命共同体の建設を助ける」グループ会議で発言する中国中車集団有限公司の孫永才総経理(中央)。「中国発展ハイレベルフォーラム2018」経済サミットが24日、北京で開催された。今回は「新時代の中国」をテーマとしている。(北京=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032601022

  •  【ボアオ・アジアフォーラム】サブフォーラム「未来の生産」開催
    2018年04月09日
    【ボアオ・アジアフォーラム】サブフォーラム「未来の生産」開催

    9日、会議で発言するメルク高性能素材国際管理委員会常任委員でメルク投資(中国)董事総経理のアラン・ガボール氏。ボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会のサブフォーラム「未来の生産」が9日、中国海南省の博鰲(ボアオ)で開催された。(博鰲=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041000745

  •  エジプトに根下ろす中国インターネット企業
    2018年04月12日
    エジプトに根下ろす中国インターネット企業

    エジプトの首都カイロのオフィスで執務中のOneMena社の共同創業者、中東・北アフリカ総経理の馬強(ば・きょう)氏。(4月12日撮影)中国のインターネット企業OneMena(泛阿網絡)は2017年1月に設立された。北京に本社を置き、エジプト、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)など多くの国にオフィスを設けている。同社はエジプトに累計で500万ドル(1ドル=約113円)以上投資しており、現在同社のエジプト支社には約50人のエジプト人従業員と100人の中国人従業員が働いている。(カイロ=新華社記者/鄔恵我)=2018(平成30)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121920298

  •  雅士利のような中国企業の投資を歓迎NZワイカト地方市長
    2018年05月24日
    雅士利のような中国企業の投資を歓迎NZワイカト地方市長

    雅士利ポケノ工場の密閉生産エリアで生産状況をモニタリングするエンジニア。(2018年5月24日撮影)中糧集団や蒙牛乳業など背後に豊かなリソースを持つ中国粉ミルク大手の雅士利国際は2013年、ワイカト地方の小さな町ポケノに同社唯一の海外工場を建設した。現在、同工場の資産価値は3億ニュージーランド・ドル(1NZドル=約68円)を超えている。雅士利NZの宋瑋(そう・い)総経理によると、2015年に操業を開始した工場には、乳幼児用ミルクの生産ラインが2本あり、粉ミルク缶の年間生産能力は2万5千トン、ベースパウダーの年間生産能力は6万トンに達する。同工場の乳幼児用ミルクのスプレードライヤーは蒙牛乳業、そしてニュージーランドで最大のスプレードライヤーとなる。ワイカト地区のアラン・サンソン地区市長は「雅士利はワイカト地区の経済とコミュニティーの発展に大きく貢献した。彼らの成功がけん引となり、さらに多くの新たな投資をワイカトに呼び込んでくれた。中国がもたらしたこのような投資事業をうれしく思う」と語った。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)=2018(平成30)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604936

  •  「2018重慶モーターショー」開幕
    2018年06月06日
    「2018重慶モーターショー」開幕

    6日、同モーターショーで長安汽車の第3世代モデル「悦翔(Alsvin、アルスビン)」について紹介する長安轎車営業事業部総経理の葉沛氏。2018中国重慶国際汽車工業展(重慶モーターショー)が同日、重慶インターナショナルエキスポセンター(重慶国際博覧中心)で開幕した。同ショーは12日まで行われ、100以上の自動車ブランドから千種余りのモデルが登場する。(重慶=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060800761

  •  山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調
    2018年07月03日
    山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調

    山東省嘉祥県にある済寧陽光農業科技有限公司の検査室で働く同社の従業員。(2018年7月3日撮影)居酒屋の定番メニューの枝豆。あなたが口にする枝豆は、海を隔てた中国から輸入されたものかもしれない。農業が盛んな中国山東省嘉祥県にある済寧陽光農業科技有限公司の靳聡(きん・そう)総経理は現在、4月の植え付けに向けた準備に追われている。栽培面積5千ムー(1ムーは15分の1ヘクタール)の畑で栽培される枝豆は、夏の収穫後、すべて日本に輸出される予定だ。枝豆の他にも、数十種類の冷凍野菜が山東省から日本に向けて輸出されている。山東省煙台市莱陽にある北海食品有限公司の藍明徳(らん・めいとく)総経理は、日本向け冷凍野菜の2018年の輸出量は、前年比で300トン増の5500トンだったと紹介している。(済南=新華社配信/済寧陽光農業科技有限公司提供)=2018(平成30)年7月3日、クレジット:済寧陽光農業科技有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801091

  •  山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調
    2018年07月03日
    山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調

    山東省嘉祥県にある済寧陽光農業科技有限公司の検査室で働く同社の従業員。(2018年7月3日撮影)居酒屋の定番メニューの枝豆。あなたが口にする枝豆は、海を隔てた中国から輸入されたものかもしれない。農業が盛んな中国山東省嘉祥県にある済寧陽光農業科技有限公司の靳聡(きん・そう)総経理は現在、4月の植え付けに向けた準備に追われている。栽培面積5千ムー(1ムーは15分の1ヘクタール)の畑で栽培される枝豆は、夏の収穫後、すべて日本に輸出される予定だ。枝豆の他にも、数十種類の冷凍野菜が山東省から日本に向けて輸出されている。山東省煙台市莱陽にある北海食品有限公司の藍明徳(らん・めいとく)総経理は、日本向け冷凍野菜の2018年の輸出量は、前年比で300トン増の5500トンだったと紹介している。(済南=新華社配信/済寧陽光農業科技有限公司提供)=2018(平成30)年7月3日、クレジット:済寧陽光農業科技有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801040

  •  山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調
    2018年07月03日
    山東省産枝豆、日本で人気冷凍野菜の対日輸出も好調

    山東省嘉祥県にある済寧陽光農業科技有限公司の作業場で働く同社の従業員。(2018年7月3日撮影)居酒屋の定番メニューの枝豆。あなたが口にする枝豆は、海を隔てた中国から輸入されたものかもしれない。農業が盛んな中国山東省嘉祥県にある済寧陽光農業科技有限公司の靳聡(きん・そう)総経理は現在、4月の植え付けに向けた準備に追われている。栽培面積5千ムー(1ムーは15分の1ヘクタール)の畑で栽培される枝豆は、夏の収穫後、すべて日本に輸出される予定だ。枝豆の他にも、数十種類の冷凍野菜が山東省から日本に向けて輸出されている。山東省煙台市莱陽にある北海食品有限公司の藍明徳(らん・めいとく)総経理は、日本向け冷凍野菜の2018年の輸出量は、前年比で300トン増の5500トンだったと紹介している。(済南=新華社配信/済寧陽光農業科技有限公司提供)=2018(平成30)年7月3日、クレジット:済寧陽光農業科技有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801083

  •  グワダルの発展を後押しする中国の建設者
    2018年07月04日
    グワダルの発展を後押しする中国の建設者

    4日、パキスタンのグワダル港で、同僚の陳炳瑋さんと修復された後の給水管をチェックする張保中氏(右)。中国海外港口控股有限公司(中国港控)の董事長兼総経理(会長兼社長)を務める張保中氏は、2015年8月にグワダルを初めて訪れた際、荒れ果てたゴビ砂漠に震憾した。その後、劣悪な環境を前に、中国港控はグワダルの建設に全身全霊を傾けて取り組んできた。同社が新たに建設した海水淡水化プラントは、3日にグワダル市の給水パイプラインに接続し、その日の夜からグワダル市中心部に給水を開始したばかりだ。中国港控は同市に飲料水を供給するほか、一連の社会公益プロジェクトのグワダルでの実施も積極的に後押ししている。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200520

  •  グワダルの発展を後押しする中国の建設者
    2018年07月04日
    グワダルの発展を後押しする中国の建設者

    4日、パキスタンのグワダル港で、グワダル港湾局のドスタイン・ジャマルディニ代表(中央)と仕事の進め方について話し合う張保中氏(左)とその同僚。中国海外港口控股有限公司(中国港控)の董事長兼総経理(会長兼社長)を務める張保中氏は、2015年8月にグワダルを初めて訪れた際、荒れ果てたゴビ砂漠に震憾した。その後、劣悪な環境を前に、中国港控はグワダルの建設に全身全霊を傾けて取り組んできた。同社が新たに建設した海水淡水化プラントは、3日にグワダル市の給水パイプラインに接続し、その日の夜からグワダル市中心部に給水を開始したばかりだ。中国港控は同市に飲料水を供給するほか、一連の社会公益プロジェクトのグワダルでの実施も積極的に後押ししている。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200530

  •  グワダルの発展を後押しする中国の建設者
    2018年07月04日
    グワダルの発展を後押しする中国の建設者

    4日、パキスタンのグワダル港で、同港に寄港する定期船について紹介する張保中氏。中国海外港口控股有限公司(中国港控)の董事長兼総経理(会長兼社長)を務める張保中氏は、2015年8月にグワダルを初めて訪れた際、荒れ果てたゴビ砂漠に震憾した。その後、劣悪な環境を前に、中国港控はグワダルの建設に全身全霊を傾けて取り組んできた。同社が新たに建設した海水淡水化プラントは、3日にグワダル市の給水パイプラインに接続し、その日の夜からグワダル市中心部に給水を開始したばかりだ。中国港控は同市に飲料水を供給するほか、一連の社会公益プロジェクトのグワダルでの実施も積極的に後押ししている。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200542

  •  グワダルの発展を後押しする中国の建設者
    2018年07月04日
    グワダルの発展を後押しする中国の建設者

    4日、パキスタンのグワダル港で、グワダル市の職員に給水ルートの修復状況について尋ねる張保中氏(右から1人目)。中国海外港口控股有限公司(中国港控)の董事長兼総経理(会長兼社長)を務める張保中氏は、2015年8月にグワダルを初めて訪れた際、荒れ果てたゴビ砂漠に震憾した。その後、劣悪な環境を前に、中国港控はグワダルの建設に全身全霊を傾けて取り組んできた。同社が新たに建設した海水淡水化プラントは、3日にグワダル市の給水パイプラインに接続し、その日の夜からグワダル市中心部に給水を開始したばかりだ。中国港控は同市に飲料水を供給するほか、一連の社会公益プロジェクトのグワダルでの実施も積極的に後押ししている。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200536

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月05日
    「同じ川の水を飲む」福建省が金門島への給水開始

    5日、福建省晋江市で行われた金門島への水道給水プロジェクトの通水式で、取材に応じる金門の王再生さん(右)と福建省水利投資開発集団の朱金良副総経理(左)。中国福建省の晋江市で5日午前、金門島への水道給水プロジェクトの通水式が行われた。同時に、通水の歓迎式も金門島で行われた。福建省からの水道給水で、長い間金門島の人々を困らせていた水不足問題が遂に解決された。「両岸は親しい一家同じ川の水を飲む」の願いが実現され、両岸(中国の大陸と台湾)関係発展の歴史にまた同胞間の親密さを深める物語が加わった。(晋江=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700501

  •  「新華社」上海、顔認識技術がバスの安全運転をサポート
    04:27.39
    2018年09月14日
    「新華社」上海、顔認識技術がバスの安全運転をサポート

    顔認識技術に基づき構築された運転手行動分析システムがこのほど、中国上海市の一部バス路線に導入され、中心市街地と中国国際輸入博覧会エリアのバス運営を重点的に保障する。顔認識、勤怠登録の電子化、360度全方位警報補助システムなど新技術の導入で、都市バスシステムはより知能化し、より安全になっている。上海久事集団第二公交公司南浦大橋の臨時安全隊長夏志嵘(か・しこう)氏「これは運転手の運転行為を認識・識別する機器です。運転手の車内での規則違反行為、例えば携帯電話の使用、喫煙、あくび、過労運転などに対応しています。これらの行為を認識すると、画像のキャプチャーがバックエンドに送信されます。バックエンドはこれを受信後、モニタリング録画を再生し、運転手にこうした一連の違反行為があるかを確認して分析を行います。」【解説】機器は運転席の計器盤の上方に設置され、内蔵カメラが運転手の顔を正面から捉える。機器は小型で運転手の視界を遮らず、設置場所も通常の運転動作を邪魔しない。機器はスマート分析指揮センターに接続しており、職員はカメラが捉えた規則違反行為の写真や動画に対し判別を行った後、即時に車両運営チームに連絡する。上海久事公交集団有限公司聶清宜(じょう・せいぎ)副総経理「現時点では、中国国際輸入博覧会エリアを含む中心市街地の車両を中心に導入しています。恐らく今年の中国国際輸入博覧会の前までに、2千台程度の車両が新しいスマート顔認識システムに対応します。(質問:今後は全市をカバーする予定か?具体的なスケジュールはあるか?)今後さらに第2世代システムの導入を予定しています。進展状況に応じ、順次更新していきます。」<映像内容>顔認識技術を導入してるバスの様子、関係者インタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092015428

  •  「中国の本棚」、ドイツ語圏最大の書店チェーンに登場
    2018年10月09日
    「中国の本棚」、ドイツ語圏最大の書店チェーンに登場

    9日、ドイツ・フランクフルトで「中国の本棚」関連プロジェクトの協力契約に調印する、ドイツの書店チェーン、タリアのミヒャエル・ブッシュ最高経営責任者(CEO)(右から2人目)と、中国図書進出口(集団)総公司の林麗穎(りん・れいえい)副総経理(左から2人目)。ドイツ・フランクフルトで9日、ドイツ語圏最大の書店チェーン、タリアでの「中国の本棚」プロジェクト実施に関する調印式が行われた。同プロジェクトは中国図書進出口(集団)総公司がタリアと提携し、ドイツのベルリン、ハンブルク、ミュンスター、マンハイム、ドレスデンと、オーストリアのウィーンの計6都市16店舗のタリア書店で実施。最初の「本棚」は2019年3月に登場する。(フランクフルト=新華社記者/沈忠浩)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517038

  •  アジアのベンチャー企業が競い合うAEA2018開催
    2018年11月02日
    アジアのベンチャー企業が競い合うAEA2018開催

    2日、千葉県柏市で開かれたアジア・アントレプレナーシップ・アワードで、最終プレゼンテーションを行う、寧波革鑫新能源科技有限公司の鄭霊浪(てい・れいろう)総経理。アジアにおけるイノベーション・エコシステム構築などを目指し、アジアを中心とした起業家が共に学び競い合う大会、アジア・アントレプレナーシップ・アワード(AEA)が10月31日から11月2日まで、千葉県柏市で開催された。13カ国・地域から推薦された技術系ベンチャー20社が出場し、中国からは寧波革鑫新能源科技有限公司が最終審査に進んだ。(千葉=新華社配信/橋口いずみ)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110618269

  •  「新華社」ホンダ中国現地法人副総経理、事業発展の良いチャンス輸入博
    01:17.67
    2018年11月07日
    「新華社」ホンダ中国現地法人副総経理、事業発展の良いチャンス輸入博

    中国上海市で開催されている第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、日本の自動車大手ホンダが展示する製品が大きな注目を集めている。ホンダの中国現地法人、本田技研工業(中国)投資有限公司の田中薫副総経理は7日、新華社の取材に応じ、輸入博の感想や中国経済への展望などについて答えた。この輸入博は今年が第1回目ということで、ホンダにとっても初めてだ。世界から3千社以上、さまざまな業種が出展していて驚いている。非常に規模が大きく、中国がグローバル経済の中で非常に重要な役割を果たしていて、非常に重要な国になっているということを実感している。世界貿易、世界経済の中で、ホンダもさらに中国での事業を発展させていければと考えている。中国との関係も(日中平和友好条約締結)40周年ということで、今一番いい時期が来ていると思う。その意味では、これから中国でさらに事業を発展させていく良いチャンスになると思っている。(記者/任垚媞)<映像内容>中国輸入博でホンダへインタビューする様子、撮影日:2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111209064

  •  「新華社」夏季五輪水泳会場をカーリング競技場に改築北京冬季五輪
    03:05.30
    2019年01月04日
    「新華社」夏季五輪水泳会場をカーリング競技場に改築北京冬季五輪

    2008年の中国北京夏季五輪の際に競技場として使われた国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)の改築工事が26日、正式に着工した。「氷立方」(アイスキューブ)へと変身し、2022年冬季五輪・パラリンピックのカーリング競技場になる。「水立方」の楊奇勇(よう・きゆう)総経理によると、競技場の中央部分は構造変更が可能なようにするとともに、取り外し可能な製氷システムを設置し、4つのシートを備えたカーリング競技場になるという。北京国家水泳センター総経理楊奇勇氏水立方のプールからスケートリンクへの転換については、設計を始めた段階、つまり昨年初めの時点で総合的なテストを行い、取り外しシステムの信頼性が示された。恒久的なスケートリンクの品質基準を満たしながら、取り外しコストは比較的押さえられる。テスト段階では放水開始から最後の製氷完了まで、およそ一カ月前後かかった。全体のプロセスは2週間前後にまで短縮できると考えている。【解説】改築後の「氷立方」は、さまざまなテクノロジーを活用して自身を「より賢く」する。北京国家水泳センター総経理楊奇勇氏新たにエネルギー管理システムも構築し、競技場をよりスマート化することで、水・電気・ガス・熱供給のエネルギー消費量が可視化され、自動制御によるデータで管理できるようになる。改築後の水立方はより賢く、省エネ仕様になり、表に現れない部分の運用・制御コストを節約できる。【解説】国家水泳センターは改築の途中で2019年11月に初のテスト試合を行い、その後は毎年「水立方」と「氷立方」の転換をくり返す。改築工事は2020年7月に完了する予定で、南の広場に新しく設けられる地下スケートリンクも工事完了と同時に一般開放される。(記者/王修楠、夏子麟)<映像内容>夏季五輪水泳会場をカーリング競技場に改築、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400708

  •  「新華社」中国製新エネルギー路線バスバンコクで納車
    03:23.58
    2019年01月04日
    「新華社」中国製新エネルギー路線バスバンコクで納車

    タイの首都バンコクでこのほど、路線バス納車式が盛大に開催された。会場では、斬新な現代化路線バスが整然と並べられ、出席したタイのプラユット首相が、自ら乗車し乗り心地を体験した。今回納車された路線バスは、バンコクではこの20年で初めて導入される新エネルギー路線バスで、全て中国江西省南昌市にある百路佳客車有限公司(BONLUCK)が製造したものだという。百路佳客車有限公司李晗(り・がん)副総経理11月と12月に、当社の車両はタイで完成し、その後、納車式を行いました。タイ側も納車式を非常に重視し、首相のプラユット将軍が参加しました。納車式では、新エネルギー路線バスと天然ガス路線バス計302台が納車されました。現在、全車両がバンコクで運行されています。百路佳の前身は江西客車廠で、1969年に創立。江西省の製造業で初めて「一帯一路」構想に応えた産業先鋒で、近年海外市場の開拓で目覚ましい成績を上げている。米国やオーストラリアなど32カ国・地域へのバス輸出を成功させている。(記者/温美良)<映像内容>バンコクにて中国製路線バス納車式の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400712

  • 記者会見 アトレが台北に海外初店舗
    2019年01月08日
    記者会見 アトレが台北に海外初店舗

    記者会見に臨む(左から)「微風(ブリーズ)」の廖暁喬CSO、廖鎮漢董事長、岡一郎・執行常務董事、微風艾妥列の伊藤浩平総経理=2019(平成31)年1月8日、台湾・台北、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012403250

  • SIETの江口総経理 台北ゲームショウの事前記者会見
    2019年01月16日
    SIETの江口総経理 台北ゲームショウの事前記者会見

    台湾最大規模のコンピューターゲーム関連の見本市「台北国際電玩展(台北ゲームショウ)」の事前記者会見に臨む、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアの台湾法人、ソニー・インタラクティブエンタテインメント台湾(SIET)の江口達雄・副董事長兼総経理(中央)=2019(平成31)年1月16日、台湾・台北、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012204123

  •  世界に羽ばたく、恵安県の石材産業
    2019年01月17日
    世界に羽ばたく、恵安県の石材産業

    (10)世界に羽ばたく、恵安県の石材産業の情報を更新しました。(10)世界に羽ばたく、恵安県の石材産業17日、恵安県石雕石材協会で記念撮影する福建佳豪集団の孫暁強(そん・ぎょうきょう)董事長(右から1人目)、泉州有志石材有限公司の総経理・恵安県石彫石材協会の王志剛(おう・しごう)会長(右から2人目)、恵安石材県石彫石材協会の肖祥楷(しょう・しょうかい)秘書長(左から1人目)および恵安県恩民石業有限公司の汪得奇(おう・とくき)董事長(左から2人目)。墓石の生産は中国福建省泉州市恵安県の基幹産業の一つで、同県には現在80社余りの石材メーカーがあり、従業員数は3万人余りに達する。ここで生産された御影石(花崗岩)の墓石や大理石の原石は主に日本、欧州などの国と地域に輸出されている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402777

  •  世界に羽ばたく、恵安県の石材産業
    2019年01月17日
    世界に羽ばたく、恵安県の石材産業

    17日、記念撮影する泉州有志石材有限公司の総経理・恵安県石彫石材同業公会の王志剛(おう・しごう)会長。墓石の生産は中国福建省泉州市恵安県の基幹産業の一つで、同県には現在80社余りの石材メーカーがあり、従業員数は3万人余りに達する。ここで生産された御影石(花崗岩)の墓石や大理石の原石は主に日本、欧州などの国と地域に輸出されている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402948

  •  世界に羽ばたく、恵安県の石材産業
    2019年01月17日
    世界に羽ばたく、恵安県の石材産業

    (14)世界に羽ばたく、恵安県の石材産業の情報を更新しました。(14)世界に羽ばたく、恵安県の石材産業17日、泉州有志石材有限公司の総経理・恵安県石彫石材協会の王志剛(おう・しごう)会長が、同社の冷却水循環装置を有する環境保護施設を紹介している。墓石の生産は中国福建省泉州市恵安県の基幹産業の一つで、同県には現在80社余りの石材メーカーがあり、従業員数は3万人余りに達する。ここで生産された御影石(花崗岩)の墓石や大理石の原石は主に日本、欧州などの国と地域に輸出されている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402837

  •  世界に羽ばたく、恵安県の石材産業
    2019年01月17日
    世界に羽ばたく、恵安県の石材産業

    (11)世界に羽ばたく、恵安県の石材産業の情報を更新しました。(11)世界に羽ばたく、恵安県の石材産業福建省泉州有志石材有限公司の入り口で、記念撮影する泉州有志石材有限公司の総経理・恵安県石彫石材協会の王志剛(おう・しごう)会長。墓石の生産は中国福建省泉州市恵安県の基幹産業の一つで、同県には現在80社余りの石材メーカーがあり、従業員数は3万人余りに達する。ここで生産された御影石(花崗岩)の墓石や大理石の原石は主に日本、欧州などの国と地域に輸出されている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402988

  •  世界に羽ばたく、恵安県の石材産業
    2019年01月17日
    世界に羽ばたく、恵安県の石材産業

    (16)世界に羽ばたく、恵安県の石材産業の情報を更新しました。(16)世界に羽ばたく、恵安県の石材産業17日、石材の買い付けについて話し合う泉州有志石材有限公司の総経理・恵安県石彫石材協会の王志剛(おう・しごう)会長と恵安県恩民石業有限公司の汪得奇(おう・とくき)董事長。墓石の生産は中国福建省泉州市恵安県の基幹産業の一つで、同県には現在80社余りの石材メーカーがあり、従業員数は3万人余りに達する。ここで生産された御影石(花崗岩)の墓石や大理石の原石は主に日本、欧州などの国と地域に輸出されている。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402859

  •  「新華社」中国·ラオス鉄道の土木建設工事、今年が決戦段階
    01:41.99
    2019年02月13日
    「新華社」中国·ラオス鉄道の土木建設工事、今年が決戦段階

    老中(ラオス・中国)鉄路有限公司の李兵選(り・へいせん)総経理は13日、ラオスの首都ビエンチャンで、2019年は中国・ラオス鉄道の土木建築工事において決戦し勝利しなければならない極めて重要な1年であり、入札済みの橋梁やトンネル工事のうち9割以上が完成する見通しだと語った。李氏は同日、ビエンチャンで開かれた中国・ラオス鉄道2019年度建設作業会議で、引き続き高い品質と効率で建設を進め、路床や橋梁の建設計画では入札済み工事の95%、トンネル工事でも90%の完成を目指すと説明。鉄道敷設基地や駅舎の建設工事なども間もなく全面的に開始されると語った。また、2018年は同鉄道の重点難関工事や調整工事が着実に推進され、建設工事は順調に進められ、昨年末までの累計投資額は事業総投資額の31・5%を占める118億元(1元=約16円)に達したことを明らかにした。中国・ラオス鉄道の北端はラオスと中国の国境で、南端はラオスの首都ビエンチャンに至る。中国が主に投資と建設を行い、共同で運用され、さらに中国の鉄道網と直接つながるものとしては、初めての海外鉄道事業でもある。鉄道の延長は414キロで、中国の技術規格を全線で採用し、中国製設備を使用する。2016年12月に全線の建設を開始、2017年に全面的な施工段階に入り、2021年12月の完成・開通を目指している。中国の鉄道規格に従って設計、建設、運用され、設計時速は160キロとなっている。(記者/章建華)<映像内容>中国・ラオス鉄道の土木建築工事について会議の様子、撮影日:2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800601

  •  四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出
    2019年02月19日
    四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出

    19日、車に積み込まれる茶葉。中国四川省楽山市夾江(きょうこう)県は19日、地元製茶業者が生産した茶葉120トン余りを鉄道で中央アジアの内陸国ウズベキスタンに輸出した。同県の共産党委員会宣伝部が21日に明らかにした。同県は2千年以上の歴史を持つ中国茶葉の産地として知られる。今回輸出された120トン余りの緑茶の販売額は約59万ドル(1ドル=約111円)。茶葉を出荷した華義茶業の方義開(ほう・ぎかい)総経理は「今後も新たな注文が次々とくる」と期待を示す。四川省は現在、同省産茶葉の輸出先を積極的に開拓しており、国際的な影響力も高まりつつある。四川国際茶博覧会も7年連続で開かれている。(夾江=新華社配信/華義茶業有限公司提供)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:華義茶業有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714732

  •  四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出
    2019年02月19日
    四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出

    19日、茶葉を積み込み鉄道通関地へ向かうトラック。中国四川省楽山市夾江(きょうこう)県は19日、地元製茶業者が生産した茶葉120トン余りを鉄道で中央アジアの内陸国ウズベキスタンに輸出した。同県の共産党委員会宣伝部が21日に明らかにした。同県は2千年以上の歴史を持つ中国茶葉の産地として知られる。今回輸出された120トン余りの緑茶の販売額は約59万ドル(1ドル=約111円)。茶葉を出荷した華義茶業の方義開(ほう・ぎかい)総経理は「今後も新たな注文が次々とくる」と期待を示す。四川省は現在、同省産茶葉の輸出先を積極的に開拓しており、国際的な影響力も高まりつつある。四川国際茶博覧会も7年連続で開かれている。(夾江=新華社配信/華義茶業有限公司提供)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:華義茶業有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714744

  •  四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出
    2019年02月19日
    四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出

    19日、茶葉を積み込み鉄道通関地へ向かうトラック。中国四川省楽山市夾江(きょうこう)県は19日、地元製茶業者が生産した茶葉120トン余りを鉄道で中央アジアの内陸国ウズベキスタンに輸出した。同県の共産党委員会宣伝部が21日に明らかにした。同県は2千年以上の歴史を持つ中国茶葉の産地として知られる。今回輸出された120トン余りの緑茶の販売額は約59万ドル(1ドル=約111円)。茶葉を出荷した華義茶業の方義開(ほう・ぎかい)総経理は「今後も新たな注文が次々とくる」と期待を示す。四川省は現在、同省産茶葉の輸出先を積極的に開拓しており、国際的な影響力も高まりつつある。四川国際茶博覧会も7年連続で開かれている。(夾江=新華社配信/華義茶業有限公司提供)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:華義茶業有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714754

  •  四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出
    2019年02月19日
    四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出

    19日、茶葉を積み込み鉄道通関地へ向かうトラック。中国四川省楽山市夾江(きょうこう)県は19日、地元製茶業者が生産した茶葉120トン余りを鉄道で中央アジアの内陸国ウズベキスタンに輸出した。同県の共産党委員会宣伝部が21日に明らかにした。同県は2千年以上の歴史を持つ中国茶葉の産地として知られる。今回輸出された120トン余りの緑茶の販売額は約59万ドル(1ドル=約111円)。茶葉を出荷した華義茶業の方義開(ほう・ぎかい)総経理は「今後も新たな注文が次々とくる」と期待を示す。四川省は現在、同省産茶葉の輸出先を積極的に開拓しており、国際的な影響力も高まりつつある。四川国際茶博覧会も7年連続で開かれている。(夾江=新華社配信/華義茶業有限公司提供)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:華義茶業有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714711

  •  四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出
    2019年02月19日
    四川省、中央アジアへ茶葉120トン超を輸出

    19日、車に積み込まれる茶葉。中国四川省楽山市夾江(きょうこう)県は19日、地元製茶業者が生産した茶葉120トン余りを鉄道で中央アジアの内陸国ウズベキスタンに輸出した。同県の共産党委員会宣伝部が21日に明らかにした。同県は2千年以上の歴史を持つ中国茶葉の産地として知られる。今回輸出された120トン余りの緑茶の販売額は約59万ドル(1ドル=約111円)。茶葉を出荷した華義茶業の方義開(ほう・ぎかい)総経理は「今後も新たな注文が次々とくる」と期待を示す。四川省は現在、同省産茶葉の輸出先を積極的に開拓しており、国際的な影響力も高まりつつある。四川国際茶博覧会も7年連続で開かれている。(夾江=新華社配信/華義茶業有限公司提供)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:華義茶業有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714736

  •  エジプト首相、中国企業によるCBDプロジェクト着工を視察
    2019年02月25日
    エジプト首相、中国企業によるCBDプロジェクト着工を視察

    25日、エジプト・カイロから東へ約50キロ離れた新首都の商務中心区(CBD)で、メディアの取材に応じる標識塔プロジェクトの執行総経理、魏建勛(ぎ・けんくん)氏(右)。エジプトのマドブリ首相は25日午前、中国建築股份有限公司が建設を請け負った同国の新首都の商務中心区(CBD)プロジェクトを視察し、標識塔の本館である1万8500立方メートルの超大型基盤へのコンクリート注入開始を目の当たりにした。CBDは、首都カイロから東へ約50キロに位置し、総敷地面積は約50万5千平方メートルで、プロジェクトには20棟の高層建築と付帯公共工事が含まれている。(カイロ=新華社記者/鄔恵我)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701490

  •  「新華社」業界の専門家が見た、中国玩具産業の高度化
    02:23.55
    2019年02月25日
    「新華社」業界の専門家が見た、中国玩具産業の高度化

    先日閉幕したばかりの2019北米国際玩具見本市では、至る所で中国製のおもちゃが見られた。業界関係者は、近年中国の玩具メーカーは国際的な玩具産業チェーン協力に深く関わり、バリューチェーンの川上へ向かって進んでおり、国際競争力を高めてきていると話す。德怡(寧波)ブランド管理発展有限公司の総経理であり2人の子どもの母親でもある裘瑩瑩(きゅう・えいえい)さんは、常日頃子どものおもちゃと接している。裘さんは、多くの世界的に有名な玩具ブランドと協力・ウィンウィンの関係を築きつつ、中国の玩具産業がグローバル競争の中で高度化していく過程を見てきた。米国玩具協会の統計によると、米国で販売されているおもちゃの70%以上は中国製であり、中国は米国の玩具企業の発展を支える重要な役割を果たしている。裘さんによると、現在中国の玩具メーカーは生産性向上と研究開発力強化によって製品の品質を高めるとともに、業界バリューチェーンの川上に近づこうと努めている。裘さんは、将来的に玩具の設計・開発面における中国の競争力は高まり続けると見ている。(記者/張墨成、羅婧婧、楊士竜)<映像内容>2019北米国際玩具見本市の様子と中国玩具産業についてのインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604095

  •  「新華社」COSCOの大型コンテナ船、ベルギーに寄港
    02:16.83
    2019年02月26日
    「新華社」COSCOの大型コンテナ船、ベルギーに寄港

    中国の海運大手、中国遠洋海運集団(COSCO)の大型コンテナ貨物船「コスコ・シッピング・パイシーズ(中遠海運双魚座)」がこのほど、1カ月以上に及ぶ航海を経てベルギーのアントワープ港に到着した。同船が1月15日に引き渡されて以来、初めての商業航海となる。「コスコ・シッピング・パイシーズ」は、中国遠洋海運集団の「星座シリーズ」の10隻目の大型船で、現時点で世界最大級のコンテナ船となる。全長400メートル、幅約60メートル、高さ71メートルで、標準コンテナ2万個を積載できる。同船は、極東から北西ヨーロッパまでの定期船航路を航海し、中国、東南アジア、ギリシャ、北西ヨーロッパの主要国家を結ぶ快速直航サービスを提供する。アントワープ港を出発した後、ドイツのハンブルク、オランダのロッテルダム、イギリスのフェリクストウを経由し、今回の航海のヨーロッパ最終目的地であるベルギーのゼーブルッヘ港へ向かう。同集団のベルギー支社の劉臘春(りゅう・ろうしゅん)総経理によると、同集団が1984年に800TEU(20フィートコンテナ換算)級コンテナ船を初めてアントワープ港に停泊させたときから、中国とベルギー間のコンテナ定期船輸送の歴史が始まった。今ではサービスに投入されているコンテナ船は2万TEU級の大型船舶となり、航路数も当時の1本から13本に増え、中国とベルギー、中国とヨーロッパの貿易の繁栄を大いに促進している。(記者/韓沖、潘革平、趙宇超)<映像内容>中国遠洋海運集団の大型コンテナ船がベルギーに寄港した様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022600456

  •  中国石油工程建設、イラクで天然ガスプロジェクト
    2019年02月27日
    中国石油工程建設、イラクで天然ガスプロジェクト

    2月27日、イラク南部バスラ県ルマイラ油田で契約書にサインするBGCのFritsKlap取締役社長(前列左)と中国石油工程建設中東地区公司の李兆明(り・ちょうめい)総経理(前列右)。中国石油大手の中国石油天然気集団傘下で油田・ガス田建設などを手掛ける中国石油工程建設は先月27日、イラクでバスラ・ガス・カンパニー(BGC)と総額1億7千万ドル(1ドル=111円)の天然ガスプロジェクトの契約に調印した。軽質炭化水素処理工場の工事と設備設置を請け負う。工期は22カ月。(バスラ=新華社配信/ハリル・ダウッド)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030400993

  •  中国石油工程建設、イラクで天然ガスプロジェクト
    2019年02月27日
    中国石油工程建設、イラクで天然ガスプロジェクト

    2月27日、イラク南部バスラ県のルマイラ油田で行われた契約式で握手を交わすBGCのFritsKlap取締役社長(前列左)と中国石油工程建設中東地区公司の李兆明(り・ちょうめい)総経理(前列右)。中国石油大手の中国石油天然気集団傘下で油田・ガス田建設などを手掛ける中国石油工程建設は先月27日、イラクでバスラ・ガス・カンパニー(BGC)と総額1億7千万ドル(1ドル=111円)の天然ガスプロジェクトの契約に調印した。軽質炭化水素処理工場の工事と設備設置を請け負う。工期は22カ月。(バスラ=新華社配信/ハリル・ダウッド)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401085

  •  中国の中小企業、日本ペット用品市場に向け新提案
    2019年03月01日
    中国の中小企業、日本ペット用品市場に向け新提案

    1日、中国華東輸出入商品交易会で展示されたスマートペット用品。第29回中国華東輸出入商品交易会(華交会)が上海市で1日から4日の日程で開催されている。展示面積は12万平方メートルを超え、出展企業は4千社近くに上る。一部の出展企業は、主に日本市場向けのスマートペット用品を展示した。江蘇省南京市のペット関連企業、南京凱珀寵物用品は交易会で新製品を発表した。製品を操作する携帯電話のアプリはいずれも日本語バージョンが用意されており、製品のパンフレットにも日本語が印刷されている。張聞(ちょう・ぶん)総経理は「日本のペット業界は早く発展し成熟している。われわれの製品は日本で真っ先に市場開拓できるだろう」と語った。華交会は1991年の開始以来、中日企業の交流協力の重要な架け橋の一つとなっている。(上海=新華社記者/黄揚)=2019(平成31)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502757

  •  中国の中小企業、日本ペット用品市場に向け新提案
    2019年03月01日
    中国の中小企業、日本ペット用品市場に向け新提案

    1日、中国華東輸出入商品交易会で展示された「フィトンチッドマイクロカプセル」をセールスポイントとしたスマートペット用品。第29回中国華東輸出入商品交易会(華交会)が上海市で1日から4日の日程で開催されている。展示面積は12万平方メートルを超え、出展企業は4千社近くに上る。一部の出展企業は、主に日本市場向けのスマートペット用品を展示した。江蘇省南京市のペット関連企業、南京凱珀寵物用品は交易会で新製品を発表した。製品を操作する携帯電話のアプリはいずれも日本語バージョンが用意されており、製品のパンフレットにも日本語が印刷されている。張聞(ちょう・ぶん)総経理は「日本のペット業界は早く発展し成熟している。われわれの製品は日本で真っ先に市場開拓できるだろう」と語った。華交会は1991年の開始以来、中日企業の交流協力の重要な架け橋の一つとなっている。(上海=新華社記者/黄揚)=2019(平成31)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502654

  •  中国の中小企業、日本ペット用品市場に向け新提案
    2019年03月01日
    中国の中小企業、日本ペット用品市場に向け新提案

    1日、中国華東輸出入商品交易会で展示された日本市場向けのスマートペット用品。第29回中国華東輸出入商品交易会(華交会)が上海市で1日から4日の日程で開催されている。展示面積は12万平方メートルを超え、出展企業は4千社近くに上る。一部の出展企業は、主に日本市場向けのスマートペット用品を展示した。江蘇省南京市のペット関連企業、南京凱珀寵物用品は交易会で新製品を発表した。製品を操作する携帯電話のアプリはいずれも日本語バージョンが用意されており、製品のパンフレットにも日本語が印刷されている。張聞(ちょう・ぶん)総経理は「日本のペット業界は早く発展し成熟している。われわれの製品は日本で真っ先に市場開拓できるだろう」と語った。華交会は1991年の開始以来、中日企業の交流協力の重要な架け橋の一つとなっている。(上海=新華社記者/黄揚)=2019(平成31)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502694

  •  中国企業、米サイバーセキュリティー専門誌から複数賞
    2019年03月05日
    中国企業、米サイバーセキュリティー専門誌から複数賞

    5日、情報セキュリティー業界の総合イベント「RSAカンファレンス2019」で表彰を受ける、中国の360企業安全集団クラウドセキュリティ事業部の劉浩(りゅう・こう)総経理(右)。米サンフランシスコで開催中の情報セキュリティー業界の総合イベント「RSAカンファレンス2019」で、中国の360企業安全集団のいくつかの成果が5日、米国の著名サイバーセキュリティー雑誌「サイバーディフェンスマガジン(CyberDefenseMagazine)」が選出する、複数の情報セキュリティー賞を受賞した。(サンフランシスコ=新華社記者/呉暁凌)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100344

  •  中国企業、米サイバーセキュリティー専門誌から複数賞
    2019年03月05日
    中国企業、米サイバーセキュリティー専門誌から複数賞

    5日、情報セキュリティー業界の総合イベント「RSAカンファレンス2019」で表彰を受ける、中国の360企業安全集団クラウドセキュリティ事業部の劉浩(りゅう・こう)総経理。米サンフランシスコで開催中の情報セキュリティー業界の総合イベント「RSAカンファレンス2019」で、中国の360企業安全集団のいくつかの成果が5日、米国の著名サイバーセキュリティー雑誌「サイバーディフェンスマガジン(CyberDefenseMagazine)」が選出する、複数の情報セキュリティー賞を受賞した。(サンフランシスコ=新華社記者/呉暁凌)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031100349

  •  3M、新型浄水器を上海で発表中国の中·高級市場に期待
    2019年03月15日
    3M、新型浄水器を上海で発表中国の中·高級市場に期待

    15日、AWE2019の会場で記念撮影する3M中国消費品事業グループの薛勇(せつ・ゆう)総経理(中央)と同社のチーム。アジア最大規模の家電見本市「中国家電博覧会2019(AWE2019)」が14~17日、上海新国際エキスポセンター(SNIEC)で開催され、国内外から900社以上が出展した。米ミネソタ州に本社を置くイノベーション・グローバル企業の3Mは会場で、純水・ミネラル水両用浄水器(ポンプ無し)を世界で初めて発表した。(上海=新華社配信/3M中国有限公司提供)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:3M中国有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700445

  •  「新華社」「最強の頭脳」が中国物流業の高度スマート化を後押し
    02:09.38
    2019年03月15日
    「新華社」「最強の頭脳」が中国物流業の高度スマート化を後押し

    中国国家郵政局はこのほど、2014年から中国の宅配業務量は5年連続で世界首位の座を守り、2018年には中国国内の宅配取扱量は500億個を突破したというデータを発表した。業界の専門家は、「宅配頭脳」が倉庫、仕分け、輸送、配送、運行管理など各プロセスを貫いていると説明する。現在では、スマート仕分け無人倉庫、スマート宅配ボックスなどの実用化や物流リンク全体を最適化するバックオフィスシステムがオンライン化されたことで、物流仕分け・配送効率は大幅に向上している。中国の電子商取引(EC)大手・京東集団(JDドットコム)の物流子会社、京東物流の大型スマート倉庫施設「アジア1号」内では、無人搬送台車(AGV)や仕分け装置、外骨格ロボットなど、20種類余りの独自開発したロボットが大量に使用されており、その核心が各種先端技術を搭載した京東物流の「スマート頭脳」だ。京東物流浙江支社の楊磊(よう・らい)総経理は、「スマート頭脳」は0・2秒以内で680億通りの走行可能な経路を算出し、その最適な経路を仕分け装置に指令できると説明している。アリババ傘下の物流会社・菜鳥網絡(CainiaoNetwork)のベテラン物流専門家、楊開封(よう・かいほう)氏によると、「ロボットによる仕分けで、荷物の識別・運搬を自動的に完了できるだけでなく、誤識別がほぼゼロになるため、倉庫全体の1人当たりの効率を2倍に引き上げられる」という。京東集団の肖軍(しょう・ぐん)副総裁は、「スマート物流は現在、人の作業遂行補助がメーンであり、人と機械の協働を通じて効率アップとコストの最適化を実現する」と語る。輸送・配送面では、「宅配頭脳」を通じて車と人員にルート計画を提供し、配送効率を大幅に向上させている。配送コストも削減され、倉庫の集荷・回転時間が60%近く短縮された。さらに、技術の発展に伴い、無人機や自動運転車など機械の「宅配スタッフ」も、次第に配送段階に投入されていく。(記者/殷暁聖、許舜達)<映像内容>中国のスマート物流の様子、ロボットによる仕分けなど、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031502064

  •  日系企業、中国経済に対する信頼を表明
    2019年03月20日
    日系企業、中国経済に対する信頼を表明

    3月20日、集合写真を撮る長沙太平洋半谷汽車部件の吉田英謙総経理(上左三)と太平洋工業の小川信也社長(下左三)など。3月以降、中国の新型コロナウイルス感染対策が積極的な効果をみせる中、多くの外資系企業が操業・生産の再開を加速させている。長沙太平洋半谷汽車部件の吉田英謙総経理は、中国の経済は急速かつ継続的な発展を見せており、湖南省の自動車工業の発展空間は大きく、またとても魅力的だとの見方を示した。現在は感染症流行の影響を受けており、企業は発展の難局を迎えているものの、困難に打ち勝つ自信を抱いており、湖南省の発展に積極的に貢献していると述べた。(長沙=新華社配信/張玉潔)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104682

  •  「新華社」赤ちゃんシロイルカ、順調な成長ぶり広東省珠海市
    02:07.46
    2019年03月20日
    「新華社」赤ちゃんシロイルカ、順調な成長ぶり広東省珠海市

    中国広東省珠海市にある水族館、珠海長隆海洋王国で昨年12月に生まれた3頭の赤ちゃんシロイルカは、生後百日を過ぎ体重が120キロに増えた。あらゆる面で良好な状態を見せており、クジラ目の生息域外保全研究のため、貴重な実践データや技術経験が蓄積されている。同水族館の張徳録(ちょう・とくろく)副総経理によると、赤ちゃんシロイルカは3頭ともごく順調に育っており、現在1回目の脱皮の最中だが、体色はまだ灰黒色だという。すでに人手で授乳を補助する必要はなくなり、毎日24時間いつでも好きな時に母乳を飲んでいる。赤ちゃんシロイルカ誕生後、飼育チームは母子の授乳状況や呼吸状況を詳細に記録し、母乳や排便、排尿、呼吸孔のサンプルなどを収集している。珠海長隆海洋王国には全部で31頭のシロイルカがいる。年齢は8~14歳で、多くが性成熟に達している。シロイルカは中国の2級保護動物。極地海洋動物であるシロイルカは生息環境がごく限られ、その繁殖は各水族館にとって一貫して難しい課題になっている。(記者/黄国保)<映像内容>珠海長隆海洋王国の赤ちゃんシロイルカの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032006237

  •  中国はやはり魅力的な投資先複数の日本企業が再認識
    2019年03月21日
    中国はやはり魅力的な投資先複数の日本企業が再認識

    3月21日、オムロン(大連)有限公司で取材に応じる王登奎(おう・とうけい)総経理。数年前までは製品構成の調整などの要因のため、一部の日系企業が中国から移転や撤退していたが、今では中国の対外開放の拡大や産業の高度化、外資誘致政策の充実およびビジネス環境の整備によって、中国に戻って工場を建設したり、増資や生産能力を拡大したりする日系企業が増えている。中国の人件費は上昇したものの、中国人従業員の能力や労働生産性、市場透明性の向上、法制度の整備は、中国の競争力に新たな優位性を与えている。また、「一帯一路」構想や生態系保護の強化、東北振興などの発展戦略がすでに中国の中長期的な国策となり、さらなるビジネスチャンスをもたらしたことも、これらの日系企業の共通認識になっている。(大連=新華社記者/楊青)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040801681

  •  天猫国際、5年で2千億ドル分輸入の約束実現へ力点
    2019年03月21日
    天猫国際、5年で2千億ドル分輸入の約束実現へ力点

    21日、浙江省杭州市で開かれた「グローバルビジネス大会」で発言する天猫輸出入事業部総経理の劉鵬(りゅう・ほう)氏。中国政府のさらなる開放拡大に伴い「電子商取引法」「外商投資法」が相次いで制定され、越境EC(電子商取引)は政策上の大きな好機を迎えている。中国の越境EC企業、天猫国際(TmallGlobal)は21日、今後5年で2千億ドル(1ドル=約110円)輸入するとの約束に力点を置き、実現させると発表した。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032501998

  •  ららぽーとが2023年台中に開業
    2019年03月27日
    ららぽーとが2023年台中に開業

    三井不動産は27日、台湾・台中市東区で2023年に複合型ショッピングセンター(SC)「三井ショッピングパーク ららぽーと台中」(仮称)を開業すると発表、土地所有者である公営の台湾糖業(台糖)と用地の地上権設定の契約を締結した。地上権設定契約を結んだ台湾三井不動産の下町一朗董事長兼総経理(右から3人目)、台糖の管道一総経理(同4人目)ら=2019(平成31)年3月27日、台湾・台中、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041001769

  •  ホンダ、中国で6カ所目の合弁工場が稼働武漢市
    2019年04月12日
    ホンダ、中国で6カ所目の合弁工場が稼働武漢市

    12日、開所式典であいさつする東風本田汽車の夏目達也総経理。中国の自動車市場がマイナス成長となる中、中国の東風汽車と日本の本田技研工業(ホンダ)の合弁会社である東風本田汽車の第三工場が12日、湖北省武漢市で稼働した。この工場は東風本田が建設した3カ所目の完成車工場で、新エネルギー車(NEV)の生産条件を満たしている。またホンダにとっては、合弁で中国に建設した6カ所目の完成車工場となる。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701000

  •  ホンダ、中国で6カ所目の合弁工場が稼働武漢市
    2019年04月12日
    ホンダ、中国で6カ所目の合弁工場が稼働武漢市

    12日、開所式典であいさつする東風本田汽車の夏目達也総経理。中国の自動車市場がマイナス成長となる中、中国の東風汽車と日本の本田技研工業(ホンダ)の合弁会社である東風本田汽車の第三工場が12日、湖北省武漢市で稼働した。この工場は東風本田が建設した3カ所目の完成車工場で、新エネルギー車(NEV)の生産条件を満たしている。またホンダにとっては、合弁で中国に建設した6カ所目の完成車工場となる。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700906

  •  「新華社」省エネ·環境保護進め特色ある地域経済を構築福建省泉州
    02:55.74
    2019年04月23日
    「新華社」省エネ·環境保護進め特色ある地域経済を構築福建省泉州

    中国福建省泉州市は実体経済の発展に専念することで、特色鮮明な地域経済発展の模範となり、20年連続で福建省ナンバーワン経済都市の座を維持している。同市が管轄する県級市、南安市にある九牧厨衛股份有限公司(九牧厨衛)の便器工場を訪れた。生産ラインでは便器の泥しょう注入、施釉(せゆう)、焼成が行われているが、工場内には臭みもほこりもない。九牧厨衛の林四南(りん・しなん)董事長によると、同社は業界で初めて全工程のほこりゼロ化を実現したという。工場内の清潔度は劇的に変化し、生産効率と製品の性能も大幅に向上した。従来型製造業がビジネスモデル転換に取り組む重要な時期の現在、省エネ・環境保護、グリーン(環境配慮型)生産が、企業の質の高い発展を実現するための大きな流れになっている。中国では布10メートルのうち、1メートルが泉州市管轄の県級市、石獅市で生産されたものだという。ここ数年、石獅市は「脱汚染」活動を展開し、先駆けて染色業集積地区で石炭使用ゼロ、煙突ゼロのクリーン生産目標を達成したほか、セッティングマシンの排出基準を国内で初めて設定した。石獅市新華宝紡績科技有限公司の劉徳煥(りゅう・とくかん)副総経理は、同社が環境保護設備の改造に1億元(1元=約17元)を投じ、このうち20%は政府の補助金で、改造の結果、同社の生産コストは25%余り低下したと説明した。また、同社は今年、他の地区から切り替えられた良質な注文を受注する予定で、生産効率と収益性がさらに向上する見通しだという。(記者/陳旺、邰暁安)<映像内容>中国福建省の便器工場や布の生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042300480

  •  新鴻基地産、広深港高速鉄道沿線で複合商業施設建設へ
    2019年04月25日
    新鴻基地産、広深港高速鉄道沿線で複合商業施設建設へ

    4月25日、広州市の天匯広場でメディアに向けて、公共交通指向型開発モデルでの大型複合商業施設建設プロジェクトについて説明を行う新鴻基地産発展有限公司の郭基煇(アダム・クオック)執行董事(左)と新鴻基地産発展有限公司(中国)の黎祥掀(サム・ライ)南中国エリア総経理。中国香港地区の新鴻基地産発展有限公司(サンフンカイプロパティーズ)は4月25日、広東省広州市でプロジェクト計画を発表し、広州市南沙区の広深高速鉄道慶盛駅北側の商業区画に、公共交通指向型開発(TransitOrientedDevelopment、TOD)モデルで大型複合商業施設を建設することを明らかにした。(広州=新華社配信/新鴻基地産発展有限公司提供)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新鴻基地産発展有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600427

  •  「新華社」江蘇省で5G体験発表会開催3都市間でズレのない合唱·合奏も
    01:06.87
    2019年04月26日
    「新華社」江蘇省で5G体験発表会開催3都市間でズレのない合唱·合奏も

    中国の通信大手、中国移動(チャイナモバイル)江蘇公司は4月26日午後、江蘇省南京市で5G大規模試験及びユーザー体験発表会を開催した。発表会では、5G技術で3都市を結んで伝統民謡の「合唱・合奏」を行い、省内初の5Gビデオ電話通話を実演、さらに初の5Gスマート遊覧船が出港し、5Gで遠隔操作するクレーンゲームが披露されるなど、5Gの新たな実用シーンを多数展示した。南京、蘇州、無錫で5Gの大規模試験ネットワークが完成しており、この3都市で年内に5Gのプレサービスを開始することも発表された。発表会が始まると、メイン会場の南京でバンドが演奏し、サブ会場の蘇州と無錫で出演者が伝統民謡「茉莉花」を「合唱」するのを会場の観衆たちが楽しんだ。モバイル5Gネットワークの低遅延、広帯域、信頼性によって、3都市の演奏と歌にズレはなく呼吸もぴったりだった。メイン会場の大型スクリーンに映し出されたサブ会場の映像も鮮明でなめらかだった。その後、「5Gスマート遊覧船」が南京の秦淮河(しんわいが)を航行した。メイン会場では、同社の劉正利(りゅう・せいり)副総経理が5Gスマートフォンを使い、遊覧船に乗った鄭濤濤(てい・とうとう)5G製品経理にビデオ電話をかけた。中国移動江蘇公司の5Gネットワークはすでに秦淮河の西線と東線をカバーしている。観光客は4Gスマホがあれば、遊覧船に設置されたポータブル式のネットワークスポットで5Gネットワーク信号に変換された高速な無線信号で、1Gbpsに達するダウンロードスピードを体験することができる。船の屋根に設置されたパノラマ高解像度カメラで、船内の観光客はVRゴーグルをかけ、ひと味違う遊覧船体験を楽しむことができるようになっている。(記者/朱筱)<映像内容>5Gの体験発表会の様子、クレーンゲームの遠隔操作など、撮影日:2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050703405

  •  日本市場の信頼勝ち取った「棺おけの町」の職人魂山東省
    2019年05月08日
    日本市場の信頼勝ち取った「棺おけの町」の職人魂山東省

    8日、日本向けに輸出する位牌を見せる雲竜木雕工芸有限公司の蔡秀芳(さい・しゅうほう)総経理。これらの位牌はどれも100%職人の手作業で作られている。中国山東省菏沢(かたく)市曹県荘寨(そうさい)鎮には棺おけを生産している企業が複数あり、ここから毎年日本向けに輸出される棺おけは、日本市場で60%以上のシェアを占めている。また、木製の骨壺や位牌、供物台、祭壇などの葬祭関連商品も生産している。(済南=新華社記者/魏聖曜)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603856

  •  原発合弁会社設立の取り決めに署名中国·ルーマニア
    2019年05月08日
    原発合弁会社設立の取り決めに署名中国·ルーマニア

    8日、ルーマニアのエネルギー省で協力の取り決めにサインする中広核の卞書明(べん・しょめい、前列左)総経理とルーマニアのロバート・トゥドラケ・エネルギー省次官兼SNN社会長(前列右)。中国広核集団有限公司(中広核)はルーマニア国営原子力発電会社(SNN社)と8日、「チェルナボーダ原子力発電所3、4号機合弁会社の設立に関する投資者初期取り決め」(PIA)に署名し、この原子力発電所プロジェクト協力の実質的で重要な一歩を踏み出した。(ブカレスト=新華社記者/陳進)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402894

  •  台湾本田、人気SUV「HR―V」をリニューアル
    2019年05月14日
    台湾本田、人気SUV「HR―V」をリニューアル

    新しくなった人気の小型多目的スポーツ車(SUV)「HR―V(日本名・ヴェゼル)」を紹介する台湾本田の伊藤隆人董事長(左)と、屏東県で生産を担う台湾本田汽車の山添直樹総経理=2019(令和元)年5月14日、台湾・台北、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052701859

  •  「新華社」四川省の製造業界、産業用ロボットの活用を加速
    01:02.32
    2019年05月14日
    「新華社」四川省の製造業界、産業用ロボットの活用を加速

    中国四川省の製造業界では、産業用ロボットの活用を加速させており、人里離れた土地にある企業でも、人間の作業を代行する産業用ロボットを積極的に活用している。同省眉山市青神県にある四川徳恩精工科技は、米国や日本、欧州などの工業規格に基づいて機械部品を生産する企業で、米国、日本など40カ国余りに製品を輸出している。同社の謝竜徳(しゃ・りょうとく)副総経理は「産業用ロボット、モノのインターネット(IoT)設備、クラウドデータプラットフォームなどの新技術を活用しており、現在、200台余りの産業用ロボットが稼働している」と述べた。四川丹甫環境科技は冷媒コンプレッサーを生産する企業で、同社の張志強(ちょう・しきょう)総経理補佐は「ドイツ、日本、米国から産業用ロボットを導入し、生産のスマート化を加速させている」と紹介した。四川省は現在、ハイエンドNC工作機械や産業用ロボット、3Dプリント、スマート物流、スマート組立などの基幹技術と設備の独自研究開発を重点的に進めている。(記者/陳健)<映像内容>産業用ロボットの稼働の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402232

  •  「新華社」中国で人工飼育のイルカが自然分娩華北地区で初
    01:02.67
    2019年05月16日
    「新華社」中国で人工飼育のイルカが自然分娩華北地区で初

    中国天津市の海昌極地海洋公園は、人工飼育のイルカによる自然分娩が成功したことを明らかにした。華北地区では初の事例となる。生まれた赤ちゃんイルカは、1週間ほどの経過観察で良好な発育が確認されている。同園では自泳する時間が長くなったことから、今回の繁殖成功を正式に発表した。同園は京津冀(北京市・天津市・河北省)地区で親子連れに人気の観光スポットの一つ。豊かな極地海洋動物資源を持ち、見ごたえのある動物ショーや多彩な教育プログラムを行うだけでなく、動物の繁殖と研究にも力を入れている。開園から9年間でホッキョクグマ5頭、ペンギン3羽、サメ数十匹が誕生している。今回の赤ちゃんイルカの誕生は今後のイルカ繁殖に強力な技術上、データ上の蓄積をもたらした。同園の喬彦洲(きょう・げんしゅう)副総経理は赤ちゃんイルカの名前について「2019年生まれなので、ひとまず『九貝(ジュウベイ)』と名付けた」と説明。イルカは群れを成す「群居動物」なので現時点では父親はわからないが、今後DNA鑑定で確定させる考えを示した。赤ちゃんイルカの正式な名前は公募で決めるという。(記者/毛振華)<映像内容>イルカの出産、赤ちゃんの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

    商品コード: 2019052404134

  •  中国移動、5G配置を加速天津に基地局300カ所以上完成
    2019年05月18日
    中国移動、5G配置を加速天津に基地局300カ所以上完成

    18日、世界インテリジェンス大会の会場に設置された5Gカバーの表示。中国天津市で16日から18日にかけて開かれた「第3回世界インテリジェンス大会」で、中国の通信大手、中国移動集団(チャイナモバイル)天津公司の程偉(てい・い)総経理は、同社が5G(第5世代移動通信システム)分野の配置を加速させており、天津市では現在、5G基地局300カ所余りの建設が完了し、海河(かいが)観光ベルトや浜海(ひんかい)新区の中心地区などの重点エリアでのオールカバーを実現したことを明らかにした。(天津=新華社記者/毛振華)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002343

  •  台北のららぽーと南港が着工
    2019年05月23日
    台北のららぽーと南港が着工

    台湾で初めてとなる三井不動産ブランドの複合型大型ショッピングセンター(SC)「三井ショッピングパーク ららぽーと南港」の着工式典に臨む台湾三井不動産の下町一朗董事長兼総経理(左端)、三井不動産の船岡昭彦常務執行役員(左から2人目)、台湾人寿保険の黄思国董事長(左から4人目)、中国信託金融控股の顔文隆董事長(左から5人目)ほか=2019(令和元)年5月23日、台湾・台北、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060304037

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月23日
    中国企業がキルギスで北南第2道路を建設

    ジャララバード州で進められている北南第2道路の建設現場。(5月23日撮影)キルギス共和国は現在、中国輸出入銀行の優遇融資の支援を受け、北南第2道路(北南道)の建設事業を進めている。中国路橋工程有限公司(中国路橋)は、同事業の1、2期の建設権を獲得、2014年から次々と建設を請け負い、その延長は250キロを上回っている。ここ数年、同社の作業員は地震帯、地勢の高さ・寒さ、全体的な岩盤の悪さといった不利な条件を克服し、険しい山の中で段階的に建設を進めてきた。同社キルギス弁事処総経理補佐の金哲(きん・てつ)氏は「2021年に道路1、2期の工事が完成すれば、最も長い連続梁橋、独立後に建設した最長の道路トンネル、一度に最も長い道路を建設したプロジェクトなどキルギスの多くの道路建設記録を更新することになる」と話している。(ジャララバード=新華社記者/馬暁成)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300602

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月23日
    中国企業がキルギスで北南第2道路を建設

    ジャララバード州で進められている北南第2道路のトンネル建設現場。(5月23日撮影)キルギス共和国は現在、中国輸出入銀行の優遇融資の支援を受け、北南第2道路(北南道)の建設事業を進めている。中国路橋工程有限公司(中国路橋)は、同事業の1、2期の建設権を獲得、2014年から次々と建設を請け負い、その延長は250キロを上回っている。ここ数年、同社の作業員は地震帯、地勢の高さ・寒さ、全体的な岩盤の悪さといった不利な条件を克服し、険しい山の中で段階的に建設を進めてきた。同社キルギス弁事処総経理補佐の金哲(きん・てつ)氏は「2021年に道路1、2期の工事が完成すれば、最も長い連続梁橋、独立後に建設した最長の道路トンネル、一度に最も長い道路を建設したプロジェクトなどキルギスの多くの道路建設記録を更新することになる」と話している。(ジャララバード=新華社記者/馬暁成)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300615

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月23日
    中国企業がキルギスで北南第2道路を建設

    ジャララバード州で進められている北南第2道路の第2特大橋の架設現場。(5月23日撮影)キルギス共和国は現在、中国輸出入銀行の優遇融資の支援を受け、北南第2道路(北南道)の建設事業を進めている。中国路橋工程有限公司(中国路橋)は、同事業の1、2期の建設権を獲得、2014年から次々と建設を請け負い、その延長は250キロを上回っている。ここ数年、同社の作業員は地震帯、地勢の高さ・寒さ、全体的な岩盤の悪さといった不利な条件を克服し、険しい山の中で段階的に建設を進めてきた。同社キルギス弁事処総経理補佐の金哲(きん・てつ)氏は「2021年に道路1、2期の工事が完成すれば、最も長い連続梁橋、独立後に建設した最長の道路トンネル、一度に最も長い道路を建設したプロジェクトなどキルギスの多くの道路建設記録を更新することになる」と話している。(ジャララバード=新華社記者/馬暁成)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300575

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月23日
    中国企業がキルギスで北南第2道路を建設

    ジャララバード州で進められている北南第2道路の第2特大橋の架設現場。(5月23日撮影)キルギス共和国は現在、中国輸出入銀行の優遇融資の支援を受け、北南第2道路(北南道)の建設事業を進めている。中国路橋工程有限公司(中国路橋)は、同事業の1、2期の建設権を獲得、2014年から次々と建設を請け負い、その延長は250キロを上回っている。ここ数年、同社の作業員は地震帯、地勢の高さ・寒さ、全体的な岩盤の悪さといった不利な条件を克服し、険しい山の中で段階的に建設を進めてきた。同社キルギス弁事処総経理補佐の金哲(きん・てつ)氏は「2021年に道路1、2期の工事が完成すれば、最も長い連続梁橋、独立後に建設した最長の道路トンネル、一度に最も長い道路を建設したプロジェクトなどキルギスの多くの道路建設記録を更新することになる」と話している。(ジャララバード=新華社記者/馬暁成)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300605

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月23日
    中国企業がキルギスで北南第2道路を建設

    ジャララバード州で進められている北南第2道路の建設現場。(5月23日撮影)キルギス共和国は現在、中国輸出入銀行の優遇融資の支援を受け、北南第2道路(北南道)の建設事業を進めている。中国路橋工程有限公司(中国路橋)は、同事業の1、2期の建設権を獲得、2014年から次々と建設を請け負い、その延長は250キロを上回っている。ここ数年、同社の作業員は地震帯、地勢の高さ・寒さ、全体的な岩盤の悪さといった不利な条件を克服し、険しい山の中で段階的に建設を進めてきた。同社キルギス弁事処総経理補佐の金哲(きん・てつ)氏は「2021年に道路1、2期の工事が完成すれば、最も長い連続梁橋、独立後に建設した最長の道路トンネル、一度に最も長い道路を建設したプロジェクトなどキルギスの多くの道路建設記録を更新することになる」と話している。(ジャララバード=新華社記者/馬暁成)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300576

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月24日
    中国企業がキルギスで北南第2道路を建設

    ジャララバード州で進められている北南第2道路の第2特大橋の架設現場。(5月24日撮影)キルギス共和国は現在、中国輸出入銀行の優遇融資の支援を受け、北南第2道路(北南道)の建設事業を進めている。中国路橋工程有限公司(中国路橋)は、同事業の1、2期の建設権を獲得、2014年から次々と建設を請け負い、その延長は250キロを上回っている。ここ数年、同社の作業員は地震帯、地勢の高さ・寒さ、全体的な岩盤の悪さといった不利な条件を克服し、険しい山の中で段階的に建設を進めてきた。同社キルギス弁事処総経理補佐の金哲(きん・てつ)氏は「2021年に道路1、2期の工事が完成すれば、最も長い連続梁橋、独立後に建設した最長の道路トンネル、一度に最も長い道路を建設したプロジェクトなどキルギスの多くの道路建設記録を更新することになる」と話している。(ジャララバード=新華社記者/馬暁成)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300607

  •  一汽トヨタ、複数の技術でNEV市場を開拓
    2019年05月26日
    一汽トヨタ、複数の技術でNEV市場を開拓

    26日、大会の授賞式であいさつする一汽トヨタの柴川早人総経理。中国天津市の天津大学で26日、2019年「一汽トヨタ杯」第2回インダストリアルエンジニアリング(IE)・リーンマネジメント革新大会の決勝が行われた。中国第一汽車集団と日本のトヨタ自動車の合弁会社、一汽トヨタの責任者は、同社は電気自動車(EV)+ハイブリッド車(HV)+プラグインハイブリッド車(PHV)+水素燃料電池自動車(FCV)を技術ロードマップとし、新エネルギー自動車(NEV)の技術革新や商品化を推進すると表明した。同社は昨年、世界最高レベルーを持つトヨタ初の海外TNGA(ToyotaNewGlobalArchitecture)新工場を天津市に建設した。新工場では高い効率化、スマート化、フレキシブル化、低排出を実現し、同時に水やエネルギー、VOC(揮発性有機化合物)などの排出量を大幅に削減した。SUVのIZOA(奕沢)、大型セダンのAVALON(亜洲竜)などが同工場で生産されている。(天津=新華社配信/一汽トヨタ提供)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:一汽トヨタ/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019060402966

  •  アップル、中国に初の設計・開発加速装置設立へ
    2019年06月05日
    アップル、中国に初の設計・開発加速装置設立へ

    5日、米・カリフォルニア州サンノゼ市で、メディアに状況を説明するアップルアップル大中華圏地域のイザベル・ゲ・マヘ董事総経理(取締役社長)(中央)。米アップルはこのほど、毎年恒例の開発者向けカンファレンスWWDC(WorldwideDevelopersConference)2019で、中国に初の設計・開発加速装置(アクセレレーター)を設置し、Macオペレーティングシステム(OS)の開発者に技術的支援を提供すると発表した。(サンフランシスコ=新華社記者/呉暁凌)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108220

  •  水素燃料電池バスの乗客数が延べ120万人に四川省成都市
    2019年06月11日
    水素燃料電池バスの乗客数が延べ120万人に四川省成都市

    成都市で水素燃料電池バスに乗る市民。(資料写真)中国四川省成都市で11日、第1回エネルギーインターネット・イノベーション・アントレプレナーシップサミット(EIIEC)が開かれた。中国東方電気集団(成都)水素燃料電池科技の曹剣綿(そう・けんめん)総経理は、水素燃料電池バスのモデル路線は2018年4月の正式運行開始以来、成都市内で走行距離累計40万キロメートル以上、乗客数延べ120万人を記録したと紹介した。(成都=新華社配信/劉剛鈺)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061300609

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5