KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 説明
  • あおり
  • そうだ
  • たけあき
  • ニーズ
  • 作業員
  • 内容
  • 出発
  • 加工

「総需要」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  ミニ・ワイン大当たり
    1975年07月11日
    ミニ・ワイン大当たり

    売れ行き好調なミニサイズのワイン。総需要抑制のあおりを受けて酒類の売れ行きが伸び悩んでいる中、なんとかならないか-と苦肉の策であみ出した“ミニサイズ作戦”。ワインメーカー各社がレギュラーサイズ(720ミリリットル)を180~200ミリリットルとミニ化、約200円で売り出したのが“大当たり”=1975(昭和50)年7月11日

    商品コード: 2013011500405

  •  ピーチが運休国内線を再開 8月に大幅増便へ
    01:28.88
    2020年06月19日
    ピーチが運休国内線を再開 8月に大幅増便へ

    格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は19日午前、新型コロナウイルスの感染拡大による需要減少で一部運休していた国内線を再開させた。国内は19日午後に全路線が復活。今後、一部の路線で増便を行う。ピーチは関西空港で搭乗手続きなどを公開した。 ピーチの森健明(もり・たけあき)最高経営責任者(CEO)は駐機場で出発便を見送った。その後、報道陣の取材に応じ、8月は一部路線で計画よりも増便する方針だと明らかにした上で「海外旅行に行っていた人が国内旅行に気持ちを切り替えることで、国内旅行の総需要は増えるとみている」と説明した。<映像内容>関西空港第2ターミナルでの搭乗手続き、駐機場で出発便を見送る森CEOら、森CEOの囲みなど、撮影日:2020(令和2)年6月19日、撮影場所:大阪府泉佐野市の関西空港

    商品コード: 2020062300985

  •  中国東北地域の稲わら飼料、日本への輸出が増加
    2023年04月10日
    中国東北地域の稲わら飼料、日本への輸出が増加

    長春市にある朝日国際貿易で、高温殺菌のため稲わら飼料を密閉タンクに入れる作業を行う作業員。(3月1日撮影)中国東北地域では4月に入り、稲作農家が春の耕作の準備を始めている。東北地域はここ数年、わら資源の総合利用を積極的に推進しており、わらの農地への還元、飼料や燃料への加工などリサイクル利用をした結果、吉林省では現在、わらの総合利用率が78%に達している。中韓(長春)国際協力モデル区にある朝日国際貿易は2018年からわら飼料を生産しており、日本への稲わら飼料の輸出量が年々増加している。同社は現在、年間を通じてフル稼働状態で生産に取り組んでおり、昨年の生産量は3万5千トンを超えた。同社の責任者、李相男(り・そうだん)氏は、会社では今年中に生産ラインを増設して年間生産力を8万トンに増やし、より多くの日本の顧客のニーズに対応していくと説明した。輸出関連企業からの情報によると、中国から日本への稲わら飼料の年間輸出量は、日本の総需要の30~40%を占めているという。(長春=新華社記者/薛欽峰)= 配信日: 2023(令和5)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041009280

  • 1