KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 平成
  • 日本農業新聞
  • 令和
  • 削減
  • 花木
  • 記者
  • 乾燥
  • 作業員
  • 加工
  • 協同組合

「緑肥」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 満開のシロカラシ 秋なのに菜の花畑?
    2004年09月29日
    満開のシロカラシ 秋なのに菜の花畑?

    満開となった緑肥として植えられたシロカラシ=28日午後、北海道小清水町

    商品コード: 2004092900152

  • 緑肥用ヒマワリ 花木(緑肥用ヒマワリ)
    2005年10月07日
    緑肥用ヒマワリ 花木(緑肥用ヒマワリ)

    緑肥用ヒマワリ「りん蔵」=2005(平成17)年10月7日、北海道美幌町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20051007DN16124]

    商品コード: 2017092600640

  • ソルゴー 動・植物(ソルゴー)
    2007年08月21日
    ソルゴー 動・植物(ソルゴー)

    風除けやバンカープランツ、緑肥に=2007(平成19)年8月21日、埼玉県本庄市児玉町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [47907687]

    商品コード: 2017122000724

  • ヒマワリ 花木(ヒマワリ)
    2008年08月05日
    ヒマワリ 花木(ヒマワリ)

    休閑緑肥「りん蔵」=2008(平成20)年8月5日、北海道北見市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20080805DN0151]

    商品コード: 2017092600668

  • 緑肥用ヒマワリ 花木(緑肥用ヒマワリ)
    2008年10月10日
    緑肥用ヒマワリ 花木(緑肥用ヒマワリ)

    緑肥用ヒマワリ=2008(平成20)年10月10日、北海道北見市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20081003DN0167-02]

    商品コード: 2017092600676

  • 緑肥用レンゲソウ 花木(緑肥用レンゲソウ)
    2009年04月18日
    緑肥用レンゲソウ 花木(緑肥用レンゲソウ)

    緑肥用レンゲソウ=2009(平成21)年4月18日、茨城県つくば市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20090418DN0021-13]

    商品コード: 2017092600756

  • 緑肥用ヒマワリ畑 農村風景(緑肥用ヒマワリ畑)
    2010年08月04日
    緑肥用ヒマワリ畑 農村風景(緑肥用ヒマワリ畑)

    ヒマワリ=2010(平成22)年8月4日、北海道旭川市西神楽、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20100801DN0001-13]

    商品コード: 2017102400642

  •  「新華社」無土壌再生技術で鉱滓堆積場が花畑に湖北省大冶市
    00:57.62
    2022年05月06日
    「新華社」無土壌再生技術で鉱滓堆積場が花畑に湖北省大冶市

    中国湖北省大冶市の非鉄金属企業、湖北三鑫(さんきん)の鉱滓(こうさい)堆積場に造営された実験農場ではこのところ、600平方メートルにわたってヒナゲシの花が咲き乱れている。同社で選鉱チーフエンジニアを務める朱江(しゅ・こう)氏によると、同社は2018年に武漢理工大学と数十人規模の科学研究チームを立ち上げ、試行錯誤を重ねて、「原位基質改良+植生直播」による無土壌鉱滓再生利用技術を完成させた。この技術では、客土の力を借りることなく、元々むき出しだった鉱滓堆積場を鮮やかな花の海に生まれ変わらせることができるという。金や銅の採掘を主要事業とする同社にとって、廃滓をどのようにして削減し、無害化し、資源化するかは、持続可能な開発を実現する上で直面する難しい課題だった。この問題に対し、武漢理工大学の宋少先(そう・しょうせん)教授、夏令(か・れい)副教授が指導する資源・環境工程学院生態修復チームと同社が共同で技術の難関攻略に取り組んだ。宋教授によると、無土壌再生技術とは少量の改良剤の添加により、微粒鉱滓土壌基材の物理構造と肥沃度条件を改善し、長期的に植物の生育に適した環境条件を作り上げることだという。研究チームは、同社の鉱滓砂の特性に最適な植栽方法を選別するため、実験を繰り返した。研究チームは、緑肥植物、やせた土地でも育つ植物、アルカリ耐性植物、景観植物、重金属超集積性植物などを機能別に分け、春と秋に別々のブロックに植え、鉱滓堆積場埋め立て地の常緑植生と重金属が移動しない安定した固定化を実現。鉱滓の土壌浸食と環境汚染を効果的に防止できているという。宋教授は、大量の鉱滓堆積は鉱山企業の発展を制限するだけでなく、生態環境に取り返しのつかない損害を与えることになると指摘。無土壌再生というキーテクノロジーの有効活用は、世界中にある同様の鉱山鉱滓の処理や、植生再生実現に実現可能な方法とアイデアを提供するものであり、鉱山の持続的発展にとって大きな意義があると話している。(記者/李偉) =配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050602985

  •  (6)地元農家に省力化支援サービスを提供湖南省益陽市
    2022年10月22日
    (6)地元農家に省力化支援サービスを提供湖南省益陽市

    12日、益陽市資陽区新橋河鎮で、小型無人機で緑肥の種をまく十代全工程水稲専業合作社連合社の作業員。中国湖南省益陽市資陽区はここ数年、複数の農民専業合作社(協同組合)が共同で「十代全工程水稲専業合作社連合社」を設立している。苗の購入・育種、耕作、苗投げ、施肥、収穫、乾燥、病害虫予防・管理、貯蔵、加工、販売の10分野における社会化サービスを実施。合作社がこのうち1〜2分野を実施し、サービスコストの削減や範囲の拡大、効率化を図り、地元農家に対し「種子から米まで」の農作業省力化支援サービスを提供する。(益陽=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102209104

  •  (7)地元農家に省力化支援サービスを提供湖南省益陽市
    2022年10月22日
    (7)地元農家に省力化支援サービスを提供湖南省益陽市

    12日、益陽市資陽区新橋河鎮で、小型無人機に緑肥の種を投入する十代全工程水稲専業合作社連合社の作業員。中国湖南省益陽市資陽区はここ数年、複数の農民専業合作社(協同組合)が共同で「十代全工程水稲専業合作社連合社」を設立している。苗の購入・育種、耕作、苗投げ、施肥、収穫、乾燥、病害虫予防・管理、貯蔵、加工、販売の10分野における社会化サービスを実施。合作社がこのうち1〜2分野を実施し、サービスコストの削減や範囲の拡大、効率化を図り、地元農家に対し「種子から米まで」の農作業省力化支援サービスを提供する。(益陽=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102209105

  •  (4)地元農家に省力化支援サービスを提供湖南省益陽市
    2022年10月22日
    (4)地元農家に省力化支援サービスを提供湖南省益陽市

    12日、益陽市資陽区新橋河鎮で、小型無人機で緑肥の種をまく十代全工程水稲専業合作社連合社の作業員。中国湖南省益陽市資陽区はここ数年、複数の農民専業合作社(協同組合)が共同で「十代全工程水稲専業合作社連合社」を設立している。苗の購入・育種、耕作、苗投げ、施肥、収穫、乾燥、病害虫予防・管理、貯蔵、加工、販売の10分野における社会化サービスを実施。合作社がこのうち1〜2分野を実施し、サービスコストの削減や範囲の拡大、効率化を図り、地元農家に対し「種子から米まで」の農作業省力化支援サービスを提供する。(益陽=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102209103

  • 1