KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 曾侯乙編鐘
  • 記者
  • 令和
  • 湖北省博物館
  • 歴史
  • 打楽器
  • 文化財
  • 考古学
  • 鑑賞
  • 平成

「編鐘」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
109
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
109
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1978年05月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    1978年、曾侯乙編鐘の出土した様子。2018年4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=1978(昭和53)年5月、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517360

  • 1997年05月28日
    譚盾氏と「編鐘」 香港返還祝賀で公式交響曲

    香港返還の公式交響曲を作曲した譚盾氏と中国古代の楽器「編鐘」(共同)

    商品コード: 1997052800105

  • 1998年07月21日
    編鐘(へんしょう)を演奏 よみがえる古代中国の音色

    2500年前の鐘の音色が上野の森に鳴り響く―22日開幕の「漆で描かれた神秘の世界―中国古代漆器展」で演奏される「編鐘(へんしょう)」は、大小65個の鐘を組み合わせた総重量5トンにもなる青銅製の復元楽器。5オクターブ余りにわたる音色で、聴く人を古代の世界に誘い込む。9月6日までの会期中毎日5回、中国・湖北省博物館から来日した6人の楽士によって演奏される=21日午後、東京・上野の国立博物館

    商品コード: 1998072100150

  • 2000年10月28日
    四川省の古代文物展

    )、企画23S、30日付朝刊以降使用  「中国四川省古代文物展」で展示されている、青銅製の鐘で構成する打楽器「錯金銀銅編鐘」(戦国時代)=山梨県中道町の県立考古博物館

    商品コード: 2000102800086

  • 2002年12月24日
    発掘された「編鐘」 楚の墳墓から古代の楽器

    中国湖北省の戦国時代の墳墓から見つかった楽器「編鐘(へんしょう)」(中国新聞社=共同)

    商品コード: 2002122400162

  • 2004年04月01日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    1978年の「曽侯乙(そうこういつ)墓」の調査で見つかった「曽侯乙編鐘(へんしょう)」の出土時の様子。(複製写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2004(平成16)年4月1日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708741

  • 2007年01月25日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    下段第2組5つ目の甬鐘のつり下げ部分の猿の顔と竜の体をした装飾。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517189

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    下段第1組3つ目の甬鐘(ようしょう)のつり下げ部分の猿の顔。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517375

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    曾侯乙編鐘の音階の銘文「宮角」(音名はE)。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517114

  • 2007年01月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段第1組3つ目の編鐘正面に金工象嵌(ぞうがん)された銘文。2018年4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=2007(平成19)年1月31日、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517357

  • 2007年02月09日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段の柱になっている銅像の顔。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517758

  • 2007年02月09日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    鐘架の下段の柱になっている銅像。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/郝勤建)=2007(平成19)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517679

  • 2007年03月05日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    1978年の「曽侯乙(そうこういつ)墓」の調査で見つかった「曽侯乙編鐘(へんしょう)」の銘文。(2007年3月5日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2007(平成19)年3月5日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708754

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年03月11日
    演奏するゆきねさん ベルギーの日本庭園で追悼

    11日、ベルギー・ハッセルトの日本庭園で開かれた東日本大震災の追悼式で「和編鐘」を演奏するゆきねさん(共同)

    商品コード: 2016031100978

  • 2016年03月16日
    古代楽器の編鐘を演奏 中国の王様が力見せた

    2500年前の中国の編鐘を、元通りに作って演奏(えんそう)した=1998年、東京・上野の国立博物館

    商品コード: 2016031600378

  • 2016年03月16日
    中国の王さまが力見せた

    編鐘

    商品コード: 2016031600397

  • 2016年03月16日
    中国の王さまが力見せた

    編鐘

    商品コード: 2016031600398

  • 2016年03月16日
    中国の王さまが力見せた

    編鐘のバーコード

    商品コード: 2016031600395

  • 2018年08月17日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    湖北省博物館で展示している曾侯乙編鐘。(8月17日撮影)4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517225

  • 2018年08月17日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    8月17日、湖北省博物館で曾侯乙編鐘を見学する来場者。4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517110

  • 2018年08月17日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    湖北省博物館で曾侯乙編鐘を見学する来場者。(8月17日撮影)4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517702

  • 2018年09月11日
    22カ国の専門家、武漢で音楽文化財保護を議論

    11日、湖北省博物館内で曾侯乙編鐘(そうこうおつへんしょう、1978年、曽侯乙墓から出土した古代中国の打楽器)を見学する専門家。中国湖北省武漢市の東湖のほとりにある湖北省博物館で11日、楽器の博物館・コレクション国際委員会(CIMCIM)学術シンポジウムが開幕した。米国、イギリス、日本など22カ国の博物館館長や専門家、研究者47人をが、博物館の音楽展覧や音楽考古学について高度な研究討論を展開した。(武漢=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423212

  • 2018年09月28日
    孔子学院、149カ国·地域で900万人以上の学生を育成

    28日、第5回「開放日」イベントで、編鐘(へんしょう、古代中国の青銅製打楽器)を体験演奏する外国からの参加者。中国北京市の孔子学院本部は28日、第5回「開放日」イベントを開催した。同本部によると、現在、世界149カ国・地域に孔子学院530カ所と小中学生向け孔子教室1113カ所が開設され、中国内外の専任、兼任教師数は合計4万6200人に上り、累計900万人以上の学生を育成している。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100120748

  • 2019年01月06日
    陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定

    陝西省澄城劉家窪遺跡の大型墓から出土した編鐘(へんしょう)と石磬(せきけい)。(資料写真)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812319

  • 2019年01月17日
    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市

    古代中国の打楽器「編鐘」をモチーフとして、20万点以上の大皿やさじ、カップ、酒杯などの磁器を結び合わせて制作したランタン。(小型無人機から)春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社配信/自貢ランタンフェスティバル提供)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:自貢ランタンフェスティバル/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301132

  • 02:48.42
    2019年01月21日
    「新華社」第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市

    春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。今回のランタンフェスは四川省文化観光庁と自貢市人民政府の共催で、公園内には130組余りの大中のランタンが並び、市の中心部にも千点に及ぶランタン作品が飾られ「高く、大きく、新しく、かつ珍しく、美しい」という特徴を存分に示している。公園広場の中央にそびえ立つ「華夏楽章」と名付けられた巨大ランタンは、古代中国の打楽器「編鐘」をモチーフとして、20万点以上の大皿やさじ、カップ、酒杯などの磁器を結び合わせて制作した作品。公園の湖面の真ん中に設置された高さ22メートルのランタンは、鮮やかな七色の羽を広げた孔雀の造形となっている。周囲には咲き乱れる美しい花や仙界の樹木や鶴があしらわれ、その間を滝が落ち、川が流れ、水煙が立ち上っている。石橋の上には、毎年の豊かな暮らしを願う中国語「年年有余」の「余」と発音が同じで縁起が良いとされる魚を題材にした大型ランタン「年年有魚」が設置されている。来場者は魚の下を通り、頭上のランタンを鑑賞する。展示の仕方や形状は、現代の自貢ランタンの革新的作品といえる。今回も例年と同様、自然に優しい省エネ路線を維持し、より省エネ効果の高い光源を採用したほか、紙のチケットは全廃し、オンラインチケット制を導入した。(記者/楊華、劉海、王迪)<映像内容>第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの様子、撮影日:2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301434

  • 2019年01月21日
    ユニークな恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省自貢市

    21日、自貢市の国際恐竜灯会に登場した、複数のランタンで構成される「華夏楽章」の巨大編鐘造形のランタン。「第25回四川自貢国際恐竜灯会(ランタンフェスティバル)」が21日夜、大山鋪恐竜化石群遺跡で知られる中国四川省自貢(じこう)市の彩灯公園で開幕した。「美しい中華、多彩な自貢」をテーマとした今回の灯会では、空間の配置を調整し、新たなアイデアと新たな工芸手法を取り入れ、130組余りのランタンを製作、来場した市民や観光客にランタン芸術の競演を送り届けている。同灯会は3月末まで行われる。(自貢=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500583

  • 2019年02月14日
    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催

    14日、米マスカティンで京劇「鬧天宮」(西遊記の一幕)を披露する中国国家京劇院の俳優ら。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800554

  • 2019年02月14日
    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催

    14日、米マスカティンのセントラル・ミドル・スクール講堂で演奏する中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団の団員。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800570

  • 2019年02月14日
    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催

    14日、米マスカティンで京劇「長生殿」を披露する中国国家京劇院の俳優ら。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800393

  • 2019年02月14日
    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催

    14日、米マスカティンで孫悟空を演じた中国国家京劇院の俳優と記念撮影する地元の人々。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800481

  • 2019年02月14日
    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催

    14日、米マスカティンで京劇「鬧天宮」(西遊記の一幕)を披露する中国国家京劇院の俳優ら。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800572

  • 2019年02月14日
    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催

    14日、米マスカティンで京劇「鬧天宮」(西遊記の一幕)を披露する中国国家京劇院の俳優ら。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800421

  • 2019年02月14日
    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催

    14日、米マスカティンで京劇「三岔口」を披露する中国国家京劇院の俳優ら。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800523

  • 2019年02月14日
    「歓楽春節」イベント、米マスカティンで開催

    14日、米マスカティンのセントラル・ミドル・スクール講堂で演奏する中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団。米国アイオワ州マスカティンは14日、華やかな雰囲気に包まれた。同日午後7時ごろ、市内のセントラル・ミドル・スクール講堂に大勢の聴衆が詰めかけ、中国湖北省歌劇舞劇院編鐘国楽団と中国国家京劇院の芸術家らによる「歓楽春節(旧正月)」をテーマとした舞台を鑑賞した。(マスカティン=新華社記者/汪平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800580

  • 2019年06月02日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    曽侯「宝」の墓から出土した編鐘。(6月2日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504137

  • 2019年07月02日
    秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる

    秦始皇帝陵の大型副葬墓の古代楽器「編鐘」と秦の貨幣「半両銭」の出土現場。(2019年7月2日撮影)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602447

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月30日
    安徽省の盗掘事件が解決戦国期の文化財多数を回収

    7月30日、警察が回収した銅製の打楽器「編鐘(へんしょう)」。中国安徽省淮南(わいなん)市公安局はこのほど、春秋戦国時代の楚国の墓の盗掘事件を解決し、容疑者29人を逮捕したことを明らかにした。国家1級文化財26点も回収された。中でも「虎座鳳鳴鼓(こざほうめいこ)」などの漆器は極めて貴重な文化財とされている。(淮南=新華社記者/陳尚営)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080607613

  • 2019年08月02日
    湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    2日、曽侯「宝」の夫人「羋加」の墓から出土した編鐘。中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081504151

  • 01:58.99
    2019年08月14日
    「新華社」湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。曽の国とは「春秋左氏伝」などの文献で言うところの「随の国」で「一つの国に二つの名」がある。随の国は西周(紀元前1046年~紀元前771年)初期に周の天子が南方を鎮守するために封建した重要な邦国であり、その故地は現在の湖北省随州市にあり、西周初期から戦国時代(紀元前5世紀~紀元前221年)中期まで存続した。春秋時代の曽の国と周王朝、楚の国、その他諸侯国との関係やその文化的な由来を探るため、湖北省文物考古研究所は2018年10月から随州棗樹林墓地に対する主体的な探査と発掘調査を開始した。これまでに墓地からは土坑墓54基、馬坑3基が見つかっている。同研究所の郭長江(かく・ちょうこう)副研究員は次のように説明した。ここは春秋時代中期~末期の曽国公の墓地で、墓の形式は多くが長方形の竪穴土坑墓だ。墓は東西方向につくられ、配置は比較的厳密である。これまでに青銅器千点余りが出土しており、一部の青銅器には銘文があった。銘文では主に「曽公」「曽」「曽叔」「曽侯」「曽夫人」などの表記が使われていた。そのうち2組の墓は曽の国の君主レベルの夫婦合葬墓で、曽侯「宝」とその夫人「羋加」の墓(168、169号墓)および、曽公「求」とその夫人「漁」の墓(190、191号墓)。曽侯「宝」と夫人の並穴合葬墓は共に盗掘に遭っていたが、青銅の礼楽器が残っていた。特に夫人の墓には鈕鐘19点など重要な文化財が残されていた。曽公「求」と夫人の並穴合葬墓も盗掘されていたが「求」の墓には銅の礼器と完全な編鐘一式、夫人の墓には銅の礼器一式が残されていた。(記者/喩珮)<映像内容>曽の国の君主と夫人の合葬墓2基の発掘調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407274

  • 2019年09月24日
    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今

    2016年~17年の随州市漢東東路M129号墓の調査で出土した「曽公」の銘文の入った編鐘。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092708765

  • 2019年10月13日
    「陶磁」が奏でる美しい調べ景徳鎮市

    13日、陶磁製の編鐘(へんしょう、中国古代の打楽器)を演奏する音楽家。中国江西省景徳鎮市の陶磁製楽器演奏グループ「青花女子瓷楽隊」はこのほど、中国景徳鎮国際陶磁博覧会の開催を前に、景徳鎮市文化館で陶磁製の甌(中国古代の器の一種)や太鼓、二胡、笛などを使って美しい音楽を演奏し、訪れた市民や観光客を楽しませた。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605538

  • 2019年11月06日
    天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示

    6日、西周の克鐘(編鐘)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104326

  • 00:54.18
    2019年11月15日
    「新華社」南京博物院の秘蔵品を紹介-青銅編鐘

    中国江蘇省の南京博物院が所蔵する前漢編鐘(へんしょう)は、同省淮安市盱眙(くい)県の大雲山1号墓から出土した。同墓は前漢の皇族で景帝の子、江都易王・劉非(りゅう・ひ)の墓とされる。出土した編鐘19点のうち、5点は上部に棒状の柄がある「甬鐘(ようしょう)」、14点は上部にコの字型の吊り輪がある「鈕鐘(ちゅうしょう)」と呼ばれる。架台の上下二段に吊り下げられており、鈕鐘は上段、甬鐘は下段にそれぞれ大きさの順に並べられている。編鐘は、中国古代楽器の中でも国家の重要行事で用いられ、音階の異なる石板を並べた打楽器、編磬(へんけい)とセットで「金石の楽」「廟堂の楽」と呼ばれた。為政者専用の楽器として階級と権力の象徴とされ、皇帝や諸侯が儀式を行う場合のみ使用された。(記者/劉宇軒)<映像内容>南京博物院が所蔵する前漢編鐘、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501460

  • 01:21.13
    2019年11月20日
    「新華社」遠隔地の古楽器と時空を超えて協奏5G技術で実現

    映像や音声の低遅延性が売りの一つである第5世代(5G)移動通信システムの技術を利用した伝統古楽器の演奏会がこのほど、中国湖北省と山東省の博物館で同時に上演され、観客は両地のアーティストの協演を堪能した。湖北省博物館所蔵の戦国時代前期の打楽器「曽侯乙編鐘」と、山東博物館所蔵の唐代の古琴「天風海濤」がセッションし、編鐘が奏でるいにしえの音と抑揚ある琴の調べが時空を超えて協奏した。(記者/潘志偉)<映像内容>5Gを活用した伝統古楽器の演奏会、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201018

  • 2019年12月17日
    神秘の古代民族「賨人」貴族の墓、四川省城壩遺跡で見つかる

    城壩遺跡のM45墓。(資料写真)中国の四川省文物考古研究院は10日、同省渠県の城壩(じょうは)遺跡の発掘調査で、2千年以上前に中国南西部で生活していた少数民族「賨(そう)人」の高位者が埋葬された船棺墓を発見したと発表した。墓葬からは竜文玉佩(りゅうもんぎょくはい)や蜻蜓眼瑠璃珠(とんぼ玉)、編鐘(へんしょう)など精巧で格の高い文化財が出土した。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603705

  • 2019年12月17日
    神秘の古代民族「賨人」貴族の墓、四川省城壩遺跡で見つかる

    城壩遺跡から出土した竜文玉佩。(資料写真)中国の四川省文物考古研究院は10日、同省渠県の城壩(じょうは)遺跡の発掘調査で、2千年以上前に中国南西部で生活していた少数民族「賨(そう)人」の高位者が埋葬された船棺墓を発見したと発表した。墓葬からは竜文玉佩(りゅうもんぎょくはい)や蜻蜓眼瑠璃珠(とんぼ玉)、編鐘(へんしょう)など精巧で格の高い文化財が出土した。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603773

  • 2019年12月17日
    神秘の古代民族「賨人」貴族の墓、四川省城壩遺跡で見つかる

    城壩遺跡M45墓から出土した器物。(資料写真)中国の四川省文物考古研究院は10日、同省渠県の城壩(じょうは)遺跡の発掘調査で、2千年以上前に中国南西部で生活していた少数民族「賨(そう)人」の高位者が埋葬された船棺墓を発見したと発表した。墓葬からは竜文玉佩(りゅうもんぎょくはい)や蜻蜓眼瑠璃珠(とんぼ玉)、編鐘(へんしょう)など精巧で格の高い文化財が出土した。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603671

  • 2019年12月17日
    神秘の古代民族「賨人」貴族の墓、四川省城壩遺跡で見つかる

    城壩遺跡で今回見つかった4基の戦国墓。(資料写真)中国の四川省文物考古研究院は10日、同省渠県の城壩(じょうは)遺跡の発掘調査で、2千年以上前に中国南西部で生活していた少数民族「賨(そう)人」の高位者が埋葬された船棺墓を発見したと発表した。墓葬からは竜文玉佩(りゅうもんぎょくはい)や蜻蜓眼瑠璃珠(とんぼ玉)、編鐘(へんしょう)など精巧で格の高い文化財が出土した。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603770

  • 2019年12月20日
    2人の諸侯王の生活を垣間見る南京博物院で漢代王墓の特別展

    20日、特別展で展示された「長信宮灯」。貴重な造形芸術品で、宮女の姿は優美で眉と目は細長く、顔はふっくらとしている。頭巾と「曲裾深衣」と呼ばれる衣装をまとい、ひざを揃えはだしで座る造形は、端正で厳粛な漢代の儀礼を今に伝える。中国前漢時代の2人の諸侯王、中山靖王劉勝(りゅう。しょう)と江都易王劉非(りゅう・ひ)の墓から出土した文化財を展示する特別展「兄弟王-満城漢墓と大雲山漢墓」が20日、江蘇省の南京博物院で開幕した。河北博物院が所蔵する河北省満城漢墓出土の「長信宮灯(ちょうしんきゅうとう)」「朱雀銜環杯(すざくがんかんはい)」など100点近くの文化財と、南京博物院が所蔵する江蘇省大雲山漢墓出土の青銅編鐘(へんしょう)や琉璃編磬(るりへんけい)などが、来場者を輝かしい漢代の文化へといざなった。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401295

  • 2019年12月24日
    2人の諸侯王の生活を垣間見る南京博物院で漢代王墓の特別展

    左:大雲山漢墓から出土した「銅分格鼎(どうぶんかくてい)」。仕切りで五つに分かれていることから「漢代の火鍋」と呼ばれる。中央:大雲山漢墓から出土した青銅製釜と甑(こしき、蒸し器)。「漢代の蒸し器」と呼ばれる。右:満城漢墓から出土した「三熊足銅鼎(さんゆうそくどうてい)」。ふたが施錠でき、一定の密閉効果があることから「漢代の圧力鍋」と呼ばれる。中国前漢時代の2人の諸侯王、中山靖王劉勝(りゅう。しょう)と江都易王劉非(りゅう・ひ)の墓から出土した文化財を展示する特別展「兄弟王-満城漢墓と大雲山漢墓」が20日、江蘇省の南京博物院で開幕した。河北博物院が所蔵する河北省満城漢墓出土の「長信宮灯(ちょうしんきゅうとう)」「朱雀銜環杯(すざくがんかんはい)」など100点近くの文化財と、南京博物院が所蔵する江蘇省大雲山漢墓出土の青銅編鐘(へんしょう)や琉璃編磬(るりへんけい)などが、来場者を輝かしい漢代の文化へといざなった。(南京=新華社記者/邱氷清)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401302

  • 2019年12月25日
    神秘の古代民族「賨人」貴族の墓、四川省城壩遺跡で見つかる

    城壩遺跡から出土した料珠(半透明の宝珠)、蜻蜓眼瑠璃珠、印鑑、メノウの環。(資料写真)中国の四川省文物考古研究院は10日、同省渠県の城壩(じょうは)遺跡の発掘調査で、2千年以上前に中国南西部で生活していた少数民族「賨(そう)人」の高位者が埋葬された船棺墓を発見したと発表した。墓葬からは竜文玉佩(りゅうもんぎょくはい)や蜻蜓眼瑠璃珠(とんぼ玉)、編鐘(へんしょう)など精巧で格の高い文化財が出土した。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603726

  • 2019年12月25日
    神秘の古代民族「賨人」貴族の墓、四川省城壩遺跡で見つかる

    城壩遺跡M45墓の腰坑(ようこう)から出土した器物。(資料写真)中国の四川省文物考古研究院は10日、同省渠県の城壩(じょうは)遺跡の発掘調査で、2千年以上前に中国南西部で生活していた少数民族「賨(そう)人」の高位者が埋葬された船棺墓を発見したと発表した。墓葬からは竜文玉佩(りゅうもんぎょくはい)や蜻蜓眼瑠璃珠(とんぼ玉)、編鐘(へんしょう)など精巧で格の高い文化財が出土した。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603751

  • 2020年01月10日
    「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地にある「曽公求の墓」から出土した青銅製の編鐘(へんしょう)1セット。編鐘とは音高の異なる複数の鐘を枠に吊るした古代中国の打楽器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322529

  • 2020年01月21日
    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省

    21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清代・乾隆年間の「中和韶楽編鐘之黄鐘」。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100635

  • 2020年02月18日
    東京タワー、赤色にライトアップ新型肺炎と闘う中国応援

    18日、東京タワー内のイベント会場で行われた中国古代の打楽器「編鐘(へんしょう)」の演奏。東京タワーは18日夜、「チャイナレッド(中国紅)」の特別ライトアップイベントを行い、新型コロナウイルスによる肺炎に共に立ち向かう中国と日本にエールを送った。バイオリニストの大谷康子さんや松山バレエ団などがタワー内でチャリティー公演を行い、新型肺炎と闘う中国の人々に心からの声援を送った。今回のイベントは「中国旧暦新年東京タワーレッドライトアップ実行委員会」が企画し、東京タワーが協力した。同タワーの前田伸社長は「中国の人々、特に武漢の人々は今、猛烈な勢いの新型肺炎の突発的な流行に直面している。苦しみは深く理解できる。日本と中国が手を携え共に感染を克服し、健康的な生活が一日も早く戻ることを願っている」と述べた。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503515

  • 2020年03月12日
    神秘の古代民族「賨人」貴族の墓、四川省城壩遺跡で見つかる

    城壩遺跡から出土した打楽器の一種、虎鈕錞于(こちゅうじゅんう)。(資料写真)中国の四川省文物考古研究院は10日、同省渠県の城壩(じょうは)遺跡の発掘調査で、2千年以上前に中国南西部で生活していた少数民族「賨(そう)人」の高位者が埋葬された船棺墓を発見したと発表した。墓葬からは竜文玉佩(りゅうもんぎょくはい)や蜻蜓眼瑠璃珠(とんぼ玉)、編鐘(へんしょう)など精巧で格の高い文化財が出土した。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603778

  • 2020年03月12日
    神秘の古代民族「賨人」貴族の墓、四川省城壩遺跡で見つかる

    城壩遺跡から出土した銅鉦(どうしょう)。(資料写真)中国の四川省文物考古研究院は10日、同省渠県の城壩(じょうは)遺跡の発掘調査で、2千年以上前に中国南西部で生活していた少数民族「賨(そう)人」の高位者が埋葬された船棺墓を発見したと発表した。墓葬からは竜文玉佩(りゅうもんぎょくはい)や蜻蜓眼瑠璃珠(とんぼ玉)、編鐘(へんしょう)など精巧で格の高い文化財が出土した。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603660

  • 2020年03月12日
    神秘の古代民族「賨人」貴族の墓、四川省城壩遺跡で見つかる

    城壩遺跡から出土した青銅製の編鐘。(資料写真)中国の四川省文物考古研究院は10日、同省渠県の城壩(じょうは)遺跡の発掘調査で、2千年以上前に中国南西部で生活していた少数民族「賨(そう)人」の高位者が埋葬された船棺墓を発見したと発表した。墓葬からは竜文玉佩(りゅうもんぎょくはい)や蜻蜓眼瑠璃珠(とんぼ玉)、編鐘(へんしょう)など精巧で格の高い文化財が出土した。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603723

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    2019年中国考古学十大発見を発表今年はテレビ会議で選考

    上:湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地から出土した「曽公求」編鐘。下:「曽夫人漁」銅礼器。(資料写真、組み合わせ写真)中国十大考古新発見最終選考会は5日、2019年中国考古学10大発見を発表した。今年はプレゼンテーションや投票などのプロセスが初めてテレビ会議形式で行われた。選出された遺跡は次の通り。▽疥疙洞(かいぎつどう)旧石器時代洞穴遺跡(陝西省漢中市)▽小南山遺跡(黒竜江省饒河県)▽石峁(シーマオ)遺跡皇城台(陝西省神木市)▽淮陽平糧台遺跡(河南省周口市)▽西呉壁遺跡(山西省絳県)▽旱峡玉鉱遺跡(甘粛省敦煌市)▽棗樹林(そうじゅりん)春秋曽国貴族墓地(湖北省随州市)▽石城子遺跡(新疆ウイグル自治区奇台県)▽泉溝吐蕃時期壁画墓(青海省烏蘭県)▽南宋沈没船「南海1号」水中考古発掘プロジェクト(広東省)(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102699

  • 2020年09月28日
    孔子の古里で「庚子年祭孔大典」開催山東省曲阜市

    28日、庚子年祭孔大典で、中国古代の打楽器、編鐘(へんしょう)を打つ人。中国古代の思想家、孔子の古里として知られる山東省曲阜市の曲阜孔廟で28日、孔子生誕2571周年を記念する儀式「庚子(かのえね)年祭孔大典」が行われた。(曲阜=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100104575

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で出土した青銅の編鐘(へんしょう)。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704582

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で出土した青銅の編鐘(へんしょう)。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704480

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で、出土した青銅の編鐘(へんしょう)の土をはけで落とす考古スタッフ。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704518

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で、出土した青銅の編鐘(へんしょう)の土をはけで落とす考古スタッフ。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704525

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で出土した青銅の編鐘(へんしょう)。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704562

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で、出土した青銅の編鐘(へんしょう)の土をはけで落とす考古スタッフ。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704786

  • 00:59.88
    2020年12月04日
    「新華社」洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。発掘現場の責任者、呉業恒(ご・ぎょうこう)氏によると、墓の保存状態は良く、青銅の編鐘(へんしょう)や編磬(へんけい)、玉璜(ぎょくこう)、玉扳指(ぎょくはんし、扳指は弓を引く指を保護する指輪状の装具)などの副葬品が出土した。墓の周囲からは車と馬を副葬した竪坑「車馬坑」も見つかった。呉氏は「車馬坑があるのは高級貴族の墓であり、編鐘や編磬などの礼器が出土したことを考えれば王級の墓と思われる」と見方を示した。同墓地で王級の墓が出土したのは2度目だという。洛陽市文物考古研究院の史家珍(し・かちん)院長は「墓から出土した副葬品や車馬坑に馬や羊、牛の頭部とひづめを埋める習慣は春秋時代の戎(じゅう)族の文化や埋葬習慣に似ている。一方で銅製の礼器や馬車の規格を見ると中原の影響を強く受けていたことも伺える」と説明した。歴史書の記載によると、陸渾の戎は紀元前638年、北西部から現在の洛陽市伊川県に移住。同525年に晋国により滅ぼされた。(記者/袁月明)<映像内容>洛陽市で発見された戎族王級墓の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121805194

  • 2020年12月11日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    北白鵝墓地から出土した銅の編鐘(へんしょう)。(資料写真)中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社記者/王学濤)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121403036

  • 2021年03月22日
    (4)河南省五大考古新発見、2020年度の選考結果発表

    洛陽市伊川県の徐陽墓地で見つかった王級墓で出土した青銅の編鐘(へんしょう)。(2020年11月27日撮影)中国河南省文物考古学会と同省で発行される考古学専門誌「華夏考古」の編集部が共同で主催する「河南省五大考古新発見」の2020年度の選考結果がこのほど発表され、注目を集めていた鞏義(きょうぎ)市の「河洛古国」双槐樹遺跡、洛陽市伊川県の徐陽墓地、周口市淮陽区の時荘遺跡、洛陽市の白草坡後漢陵園遺跡と隋唐代洛陽城遺跡玄武門遺構が選定された。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032300263

  • 2021年05月09日
    山東省の無形文化遺産「鄒魯礼楽」、北京で公演

    9日、編鐘で「古代八音合奏」を披露する役者。中国山東省鄒城(すうじょう)市の無形文化遺産「鄒魯礼楽」の公演が9日、北京市の孔廟(孔子廟)、国子監で行われた。古式ゆかしい入門の儀や成人の儀が再現されたほか、古代八音合奏や嶧陽孤桐(えきようこどう、嶧陽特産の木)古琴合奏の2種類の雅楽が演奏された。古代思想家で教育家の孟子の故郷である鄒城市は、2014年から鄒魯地区(主に鄒城市と曲阜市)に良好な状態で保存されている礼楽文化の発掘、研究、整理を進めるとともに、伝承を目的に当時の状態を再現した公演を行っている。(北京=新華社記者/金良快)=2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051211966

  • 01:30.04
    2021年05月20日
    「新華社」2500年以上前の楽器の音色が話題

    中国春秋時代の打楽器、編鐘(へんしょう)、甬鐘(ようしょう)、編鎛(へんはく)で演奏した民謡「茉莉花」が注目を集めている。2500年以上前の楽器とは思えないほど、澄んだ音色と美しい旋律が響き渡る。考古学スタッフによると、楽器は中国山西省臨汾市襄汾県(じょうふんけん)にある陶寺北両周墓地の出土品のうち保存状態の良好な編鐘・甬鐘3点、編鎛3点。同墓地では編鐘・甬鐘13点、編鎛13点、石磬(せっけい)10点、銅鼓座(銅鼓の台座)1点が出土し、中国芸術研究院音楽研究所の王清雷(おう・せいらい)副研究員らが古代楽器の性能を調べるため、音響測定を実施した。研究員らは、文化財の安全を前提としながら、試験的に演奏を行うとともに、鐘を打つ撞木(しゅもく)も特別に製作した。(記者/徐偉、王学濤) =配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052013757

  • 2021年05月27日
    (7)2500年前の青銅器修復に挑む「親子鷹」湖北省武漢市

    14日、修復完了間近の曽侯與編鐘とカメラに収まる方国栄さん(左)と方晨さん。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館文物保護部では、方国栄(ほう・こくえい)さん(62)と息子の方晨(ほう・しん)さん(33)が青銅製の楽器「曽侯與編鐘(そうこうよへんしょう)」の修復作業を行っていた。3Dスキャンや模型の接合、デザイン補完、模型の修正などに2年を費やしたが、間もなく完成するという。方国栄さんは、青銅器修復に携わり40年余りになる。これまで数回実施された「曽侯乙(いつ)編鐘」複製プロジェクトで技術面の責任者を務めるなど、同省の青銅器修復の専門家となっている。方晨さんは2009年に父親の「弟子」となり、厳しい薫陶を受けてきた。5年に及ぶ父の熱心な指導を経てようやく一人前となり、今では幾つかの修復作業を独立して行うようになった。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052708289

  • 2021年05月27日
    (2)2500年前の青銅器修復に挑む「親子鷹」湖北省武漢市

    14日、曽侯與編鐘を修復する方国栄さん(右)と方晨さん。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館文物保護部では、方国栄(ほう・こくえい)さん(62)と息子の方晨(ほう・しん)さん(33)が青銅製の楽器「曽侯與編鐘(そうこうよへんしょう)」の修復作業を行っていた。3Dスキャンや模型の接合、デザイン補完、模型の修正などに2年を費やしたが、間もなく完成するという。方国栄さんは、青銅器修復に携わり40年余りになる。これまで数回実施された「曽侯乙(いつ)編鐘」複製プロジェクトで技術面の責任者を務めるなど、同省の青銅器修復の専門家となっている。方晨さんは2009年に父親の「弟子」となり、厳しい薫陶を受けてきた。5年に及ぶ父の熱心な指導を経てようやく一人前となり、今では幾つかの修復作業を独立して行うようになった。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052708284

  • 2021年05月27日
    (4)2500年前の青銅器修復に挑む「親子鷹」湖北省武漢市

    14日、修復プランを検討する方国栄さん(左)と方晨さん。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館文物保護部では、方国栄(ほう・こくえい)さん(62)と息子の方晨(ほう・しん)さん(33)が青銅製の楽器「曽侯與編鐘(そうこうよへんしょう)」の修復作業を行っていた。3Dスキャンや模型の接合、デザイン補完、模型の修正などに2年を費やしたが、間もなく完成するという。方国栄さんは、青銅器修復に携わり40年余りになる。これまで数回実施された「曽侯乙(いつ)編鐘」複製プロジェクトで技術面の責任者を務めるなど、同省の青銅器修復の専門家となっている。方晨さんは2009年に父親の「弟子」となり、厳しい薫陶を受けてきた。5年に及ぶ父の熱心な指導を経てようやく一人前となり、今では幾つかの修復作業を独立して行うようになった。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052708286

  • 2021年05月27日
    (6)2500年前の青銅器修復に挑む「親子鷹」湖北省武漢市

    14日、修復完了間近の曽侯與編鐘とカメラに収まる方国栄さん(左)と方晨さん。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館文物保護部では、方国栄(ほう・こくえい)さん(62)と息子の方晨(ほう・しん)さん(33)が青銅製の楽器「曽侯與編鐘(そうこうよへんしょう)」の修復作業を行っていた。3Dスキャンや模型の接合、デザイン補完、模型の修正などに2年を費やしたが、間もなく完成するという。方国栄さんは、青銅器修復に携わり40年余りになる。これまで数回実施された「曽侯乙(いつ)編鐘」複製プロジェクトで技術面の責任者を務めるなど、同省の青銅器修復の専門家となっている。方晨さんは2009年に父親の「弟子」となり、厳しい薫陶を受けてきた。5年に及ぶ父の熱心な指導を経てようやく一人前となり、今では幾つかの修復作業を独立して行うようになった。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052708287

  • 2021年05月27日
    (3)2500年前の青銅器修復に挑む「親子鷹」湖北省武漢市

    14日、青銅戈(か)を修復する方晨さん(左)を見守る方国栄さん。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館文物保護部では、方国栄(ほう・こくえい)さん(62)と息子の方晨(ほう・しん)さん(33)が青銅製の楽器「曽侯與編鐘(そうこうよへんしょう)」の修復作業を行っていた。3Dスキャンや模型の接合、デザイン補完、模型の修正などに2年を費やしたが、間もなく完成するという。方国栄さんは、青銅器修復に携わり40年余りになる。これまで数回実施された「曽侯乙(いつ)編鐘」複製プロジェクトで技術面の責任者を務めるなど、同省の青銅器修復の専門家となっている。方晨さんは2009年に父親の「弟子」となり、厳しい薫陶を受けてきた。5年に及ぶ父の熱心な指導を経てようやく一人前となり、今では幾つかの修復作業を独立して行うようになった。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052708283

  • 2021年05月27日
    (5)2500年前の青銅器修復に挑む「親子鷹」湖北省武漢市

    14日、銘文について話し合う方国栄さんと方晨さん。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館文物保護部では、方国栄(ほう・こくえい)さん(62)と息子の方晨(ほう・しん)さん(33)が青銅製の楽器「曽侯與編鐘(そうこうよへんしょう)」の修復作業を行っていた。3Dスキャンや模型の接合、デザイン補完、模型の修正などに2年を費やしたが、間もなく完成するという。方国栄さんは、青銅器修復に携わり40年余りになる。これまで数回実施された「曽侯乙(いつ)編鐘」複製プロジェクトで技術面の責任者を務めるなど、同省の青銅器修復の専門家となっている。方晨さんは2009年に父親の「弟子」となり、厳しい薫陶を受けてきた。5年に及ぶ父の熱心な指導を経てようやく一人前となり、今では幾つかの修復作業を独立して行うようになった。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052708288

  • 2021年05月27日
    (1)2500年前の青銅器修復に挑む「親子鷹」湖北省武漢市

    14日、曽侯與編鐘を修復する方国栄さん(右)と方晨さん。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館文物保護部では、方国栄(ほう・こくえい)さん(62)と息子の方晨(ほう・しん)さん(33)が青銅製の楽器「曽侯與編鐘(そうこうよへんしょう)」の修復作業を行っていた。3Dスキャンや模型の接合、デザイン補完、模型の修正などに2年を費やしたが、間もなく完成するという。方国栄さんは、青銅器修復に携わり40年余りになる。これまで数回実施された「曽侯乙(いつ)編鐘」複製プロジェクトで技術面の責任者を務めるなど、同省の青銅器修復の専門家となっている。方晨さんは2009年に父親の「弟子」となり、厳しい薫陶を受けてきた。5年に及ぶ父の熱心な指導を経てようやく一人前となり、今では幾つかの修復作業を独立して行うようになった。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052708285

  • 2021年06月18日
    (2)中国大運河博物館開館江蘇省揚州市

    16日、江蘇省揚州市の中国大運河博物館で東周時代の「銅編鐘」を鑑賞する来館者。中国大運河博物館が16日、江蘇省揚州市で正式に開館した。三湾古運河のほとりに位置し、総面積は約7万9千平方メートル。中国で初めて運河をテーマに、文化財保護、研究展示、社会教育の機能を一体化した現代的、総合的な博物館だという。同館には運河に関する春秋時代から現代までの古書文献、書画、碑刻、陶磁器、金属器など各種文化財1万点(組)以上が集められ、さながら大運河の「百科事典」となっている。来館者が臨場感のある「運河のタイムトラベル」を体験できるよう、文化財の展示のほか、歴史的場面の再現、マルチメディアの応用など多くの手法を採用している。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061810965

  • 2021年09月05日
    (13)CIFTIS、八つの特集展を訪ねて

    4日、文化・観光サービス特集展に出展した大鐘寺古鐘博物館のブースで、青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」の複製品を体験する来場者。2021年中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)が2~7日、北京市で開催されている。会場の一つである首鋼園では、通信・コンピューター・情報、金融、文化・観光、教育、スポーツ、サプライチェーン・ビジネス、建設コンサル・建築、健康衛生の八つのサービス特集展が設けられ、デジタル化、ネットワーク化、スマート化というトレンドにおける、新たな技術やモデル、成果を披露している。(北京=新華社記者/陳曄華)= 配信日: 2021(令和3)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090510606

  • 2021年10月06日
    (21)よみがえる漢代貴族の生活湖南省博物館の馬王堆漢墓常設展

    9月29日、湖南省博物館「長沙馬王堆漢墓陳列」で展示されている3号墓(利豨墓)出土の木製編鐘。中国湖南省長沙市の湖南省博物館では、1970年代に同市で発見された馬王堆(ばおうたい)漢墓の出土品を常設展「長沙馬王堆漢墓陳列」として展示している。同館の重要な常設展の一つで、展示面積は5243平方メートル。千点余りの貴重な展示品を通じ、漢代貴族の暮らしぶりを歴史と芸術を融合させる手法で紹介している。馬王堆漢墓は長沙市東郊の馬王堆郷にあり、1972年から1974年にかけて実施された発掘調査で前漢時代の墓3基が見つかった。被葬者は前漢初期の長沙国の丞相(じょうしょう)で、軑侯(たいこう)に封じられた利蒼(り・そう)、夫人の辛追(しん・つい)、息子の利豨(り・き)で、絹織物や帛書(はくしょ、絹製の書物)、漆器、陶器、竹簡、農畜産物、薬草などの遺物3千点余りが出土した。馬王堆漢墓は、人々が2200年前の社会の様子を知る「窓口」であり、漢代初期の歴史文明の指標とされている。(長沙=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704778

  • 2021年10月25日
    (3)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘を設置する職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504584

  • 2021年10月25日
    (4)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘を設置する職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504587

  • 2021年10月25日
    (8)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘を設置する職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504594

  • 2021年10月25日
    (14)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘の設置準備をする職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504595

  • 2021年10月25日
    (13)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    14日、曾侯乙編鐘の鎛鐘(はくしょう)を設置する職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504598

  • 2021年10月25日
    (11)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘を設置する職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504591

  • 2021年10月25日
    (7)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘を設置する職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504592

  • 2021年10月25日
    (6)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘を設置する職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504596

  • 2021年10月25日
    (9)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘の設置準備をする職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504597

  • 2021年10月25日
    (1)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘を設置する職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504583

  • 2021年10月25日
    (2)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘を設置する職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504585

  • 2021年10月25日
    (5)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘を設置する職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504588

  • 2021年10月25日
    (10)曾侯乙編鐘、新館へ「引っ越し」湖北省博物館

    15日、曾侯乙編鐘の設置準備をする職員。中国湖北省武漢市の湖北省博物館でこのほど、同館の至宝で2400年以上の歴史を持つ戦国時代の青銅製楽器「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」の移設プロジェクトが実施された。同編鐘を含む重要所蔵品は、今月末の同館第3期増築工事の全面竣工に合わせ、新館の展示ホールへ「引っ越し」する。曽侯乙編鐘は、大きさの異なる青銅製の鐘を組み合わせた打楽器で、1978年に同省随県(現在の随州市)の擂鼓墩(らいことん)曽侯乙墓から出土した。中国でこれまで出土した編鐘の中では最も重量が重く、音律もそろっており、壮大な迫力をもつ。(武漢=新華社記者/肖芸九)= 配信日: 2021(令和3)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102504593

  • 2021年12月22日
    (1)湖北省博物館の新館がオープン湖北省武漢市

    20日、新たな展示ホールで公開された「彩漆虎座鳥架鼓(さいしつこざちょうかこ)」。中国湖北省武漢市の湖北省博物館で20日、新館がオープンし、国宝の「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」や「越王勾践剣(えつおうこうせんけん)」など貴重な文化財が新たな趣向や展示方法で公開された。同博物館は文化財を豊富に所蔵しており、現在の所蔵品数は24万点(組)余り。うち国家1級文化財が千点(組)近くを占める。旧館と合わせた総面積は11万3800平方メートル、うち展示面積は3万6千平方メートルに上る。(武漢=新華社記者/程敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122206452

  • 2021年12月22日
    (5)湖北省博物館の新館がオープン湖北省武漢市

    20日、「曽侯乙展示ホール」で文化財を鑑賞する来場者。中国湖北省武漢市の湖北省博物館で20日、新館がオープンし、国宝の「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」や「越王勾践剣(えつおうこうせんけん)」など貴重な文化財が新たな趣向や展示方法で公開された。同博物館は文化財を豊富に所蔵しており、現在の所蔵品数は24万点(組)余り。うち国家1級文化財が千点(組)近くを占める。旧館と合わせた総面積は11万3800平方メートル、うち展示面積は3万6千平方メートルに上る。(武漢=新華社記者/程敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122206463

  • 2021年12月22日
    (11)湖北省博物館の新館がオープン湖北省武漢市

    20日、「越王勾践剣」を鑑賞する来場者。中国湖北省武漢市の湖北省博物館で20日、新館がオープンし、国宝の「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」や「越王勾践剣(えつおうこうせんけん)」など貴重な文化財が新たな趣向や展示方法で公開された。同博物館は文化財を豊富に所蔵しており、現在の所蔵品数は24万点(組)余り。うち国家1級文化財が千点(組)近くを占める。旧館と合わせた総面積は11万3800平方メートル、うち展示面積は3万6千平方メートルに上る。(武漢=新華社記者/程敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122206466

  • 2021年12月22日
    (9)湖北省博物館の新館がオープン湖北省武漢市

    20日、新たな展示ホールで公開された「越王勾践剣」。中国湖北省武漢市の湖北省博物館で20日、新館がオープンし、国宝の「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」や「越王勾践剣(えつおうこうせんけん)」など貴重な文化財が新たな趣向や展示方法で公開された。同博物館は文化財を豊富に所蔵しており、現在の所蔵品数は24万点(組)余り。うち国家1級文化財が千点(組)近くを占める。旧館と合わせた総面積は11万3800平方メートル、うち展示面積は3万6千平方メートルに上る。(武漢=新華社記者/程敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122206468

  • 2021年12月22日
    (13)湖北省博物館の新館がオープン湖北省武漢市

    20日、湖北省博物館の新館。(小型無人機から)中国湖北省武漢市の湖北省博物館で20日、新館がオープンし、国宝の「曽侯乙編鐘(そこういつへんしょう)」や「越王勾践剣(えつおうこうせんけん)」など貴重な文化財が新たな趣向や展示方法で公開された。同博物館は文化財を豊富に所蔵しており、現在の所蔵品数は24万点(組)余り。うち国家1級文化財が千点(組)近くを占める。旧館と合わせた総面積は11万3800平方メートル、うち展示面積は3万6千平方メートルに上る。(武漢=新華社記者/程敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122206470

  • 1
  • 2