KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • トンネル
  • ルート
  • 北京
  • 四川省
  • 渝昆高速鉄道
  • 縦横
  • 集団
  • とうし

「縉雲山」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年09月10日
    (6)渝昆高速鉄道、四川‐重慶間の建設が急ピッチ

    8日、渝昆高速鉄道の四川省‐重慶市区間にある縉雲山(しんうんざん)トンネルの工事現場で働く作業員。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が建設を請け負う、重慶市と雲南省昆明市を結ぶ渝昆(ゆこん)高速鉄道の四川省‐重慶市区間の建設が現在、急ピッチで進んでおり、各工事が順調に進展している。同鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の北京-昆明線の重要な構成部分で、設計時速は350キロとなっている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091014243

  • 2021年09月10日
    (1)渝昆高速鉄道、四川‐重慶間の建設が急ピッチ

    8日、渝昆高速鉄道の四川省‐重慶市区間にある縉雲山(しんうんざん)トンネルの工事現場。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が建設を請け負う、重慶市と雲南省昆明市を結ぶ渝昆(ゆこん)高速鉄道の四川省‐重慶市区間の建設が現在、急ピッチで進んでおり、各工事が順調に進展している。同鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の北京-昆明線の重要な構成部分で、設計時速は350キロとなっている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091014228

  • 2021年09月10日
    (4)渝昆高速鉄道、四川‐重慶間の建設が急ピッチ

    8日、渝昆高速鉄道の四川省‐重慶市区間にある縉雲山(しんうんざん)トンネルの工事現場。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十一局集団が建設を請け負う、重慶市と雲南省昆明市を結ぶ渝昆(ゆこん)高速鉄道の四川省‐重慶市区間の建設が現在、急ピッチで進んでおり、各工事が順調に進展している。同鉄道は、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の北京-昆明線の重要な構成部分で、設計時速は350キロとなっている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091014242

  • 00:58.96
    2021年10月15日
    「新華社」重陽節に黄帝を祭る行事開催浙江省縉雲県

    中国の伝統的な祝日、重陽節(旧暦9月9日)に当たる14日、浙江省麗水市縉雲(しんうん)県の仙都風景区で黄帝を祭る「辛丑(かのとうし)年中国仙都祭祀軒轅(けんえん)黄帝大典」が開かれた。同式典を省政府が主催したのは今回が初めて。約1時間にわたる式典は9段階に分かれ、最初にラッパを吹き鳴らし、太鼓と鐘を打ち、大型の線香と盛花、酒を順番に献上。さらに祭文を読み上げ、拝礼し、最後に歌と踊りが奉納された。同県は中国史上唯一の女帝、武則天(則天武后)が武周時代(690~705年)の万歳登封元(696)年に勅命により創設。県名は地元の縉雲山に由来するが、山の名もまた黄帝の名称「縉雲氏」に関係があるとされ、同山の鼎湖峰は黄帝が丹薬を作った場所と伝えられている。同県の黄帝祭祀は、東晋時代(317~420年)から史料に記載されている。武則天の孫に当たる唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)は、この地に黄帝の祠宇(しう)を建てるよう勅命を下し、縉雲山を「仙都」と呼んだ。1988年、同県は黄帝祠宇を再建するとともに、祭祀を再開。「縉雲軒轅祭典」は2011年、国務院により中国国家級無形文化遺産に指定された。(記者/孔令杭) =配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101600774

  • 1