KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アジアゾウ
  • 救助センター
  • 中国雲南
  • シーサンパンナ
  • 野生ゾウ
  • スタッフ
  • お父さん
  • シェルター
  • ゾウ専門医
  • 最終目標

「繁殖救助」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
58
( 1 58 件を表示)
  • 1
58
( 1 58 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年08月12日
    保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターで行われた「羊妞」の誕生日パーティーの様子。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。(シーサンパンナ=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターで、ゾウの「羊妞」と触れ合うスタッフ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。(シーサンパンナ=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターで、スタッフとボール遊びをして誕生日パーティーを楽しむ「羊妞」。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。(シーサンパンナ=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターで「羊妞」に誕生日ケーキを食べさせるスタッフ。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。(シーサンパンナ=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月12日
    保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    12日、シーサンパンナ・ダイ族自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターで、スタッフとボール遊びをして誕生日パーティーを楽しむ「羊妞」。「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。(シーサンパンナ=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:38.86
    2020年08月12日
    「新華社」保護したゾウの「羊妞」5歳に雲南省シーサンパンナ

    「世界ゾウの日」に当たる12日、中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷風景区で「ゾウのお父さん」たちが、保護したゾウ「羊妞(ヤンニウ)」の5歳の誕生日を祝った。2015年、生後1カ月にも満たない赤ちゃんゾウが突然、農家に迷い込んできた。連絡を受けた関係部門が、同自治州のアジアゾウ種源繁殖・救助センターに連れて行き、赤ちゃんゾウはそこで懸命な応急手当てを受けた。また「ゾウのお父さん」と呼ばれる専門のスタッフ4人も選ばれた。「羊妞」と名付けられた赤ちゃんゾウは、今では各種検査値も正常値に回復、体重も顕著に増加している。「お父さん」の1人、陳継銘(ちん・けいめい)さんは、羊妞が来たばかりの頃は(ゾウの乳が手に入らなかったため)新鮮な羊乳を与えていたが、今では羊妞は他の大人のゾウと一緒に野外に出て、数十種類の植物が食べられるようになったと紹介した。(記者/孫敏、姚兵、厳勇)<映像内容>保護したゾウの5歳の誕生日を祝う様子、撮影日:2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで9頭目の赤ちゃんゾウ誕生

    22日、母ゾウに身を寄せる赤ちゃんゾウ。中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで22日午前8時16分、32歳の母ゾウ「平載(ピンザイ)」が雌の赤ちゃんゾウを無事出産した。「平載」が生んだ3頭目の赤ちゃんゾウで、同センターで誕生した赤ちゃんゾウとしては9頭目となる。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで9頭目の赤ちゃんゾウ誕生

    22日、母乳を飲む生まれたばかりの赤ちゃんゾウ。中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで22日午前8時16分、32歳の母ゾウ「平載(ピンザイ)」が雌の赤ちゃんゾウを無事出産した。「平載」が生んだ3頭目の赤ちゃんゾウで、同センターで誕生した赤ちゃんゾウとしては9頭目となる。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで9頭目の赤ちゃんゾウ誕生

    22日、母乳を飲む生まれたばかりの赤ちゃんゾウ。中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで22日午前8時16分、32歳の母ゾウ「平載(ピンザイ)」が雌の赤ちゃんゾウを無事出産した。「平載」が生んだ3頭目の赤ちゃんゾウで、同センターで誕生した赤ちゃんゾウとしては9頭目となる。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで9頭目の赤ちゃんゾウ誕生

    22日、生まれたばかりの赤ちゃんゾウ。中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで22日午前8時16分、32歳の母ゾウ「平載(ピンザイ)」が雌の赤ちゃんゾウを無事出産した。「平載」が生んだ3頭目の赤ちゃんゾウで、同センターで誕生した赤ちゃんゾウとしては9頭目となる。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.25
    2020年02月22日
    「新華社」中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで9頭目の赤ちゃんゾウ誕生

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで22日午前8時16分、32歳の母ゾウ「平載(ピンザイ)」が雌の赤ちゃんゾウを無事出産した。「平載」が生んだ3頭目の赤ちゃんゾウで、同センターで誕生した赤ちゃんゾウとしては9頭目となる。同センターの担当者の保明偉(ほう・めいい)さんは「赤ちゃんゾウは身長94センチ、体重85キロで、健康状態は良好。生まれてから40分後には自分で立ち上がり、2時間15分後には初めて母親ゾウの母乳を飲んだ」と紹介した。また「平載」も赤ちゃんゾウも共に健康で、現在、スタッフが赤ちゃんゾウの各指標をリアルタイムで観測しているという。母親ゾウの「平載」は2018年4月初め、同センターの飼育下で、雄のアジアゾウと自然交配した。同センターは日常業務として救助したゾウの健康管理とケア、観測をこなすと同時に、妊娠期にあった「平載」を重点的に見守り無事に出産できるようサポートした。同センターは08年11月に雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州野象谷風景区に建設され、これまで20回以上野生のアジアゾウを救助してきた。現在11頭のアジアゾウがここでケアとリハビリを受けている。(記者/姚兵)<映像内容>ゾウの出産、赤ちゃんの様子、撮影日:2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで9頭目の赤ちゃんゾウ誕生

    22日、赤ちゃんゾウの身長を測るスタッフ。中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで22日午前8時16分、32歳の母ゾウ「平載(ピンザイ)」が雌の赤ちゃんゾウを無事出産した。「平載」が生んだ3頭目の赤ちゃんゾウで、同センターで誕生した赤ちゃんゾウとしては9頭目となる。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで9頭目の赤ちゃんゾウ誕生

    22日、母ゾウと一緒にいる赤ちゃんゾウ。中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで22日午前8時16分、32歳の母ゾウ「平載(ピンザイ)」が雌の赤ちゃんゾウを無事出産した。「平載」が生んだ3頭目の赤ちゃんゾウで、同センターで誕生した赤ちゃんゾウとしては9頭目となる。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月13日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、アジアゾウに野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」自建民(し・けんみん)さん。(11月13日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/金林鵬)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月13日
    生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省

    雲南省アジアゾウ繁殖救助センター近くで、野生化訓練中に水を飲む2頭のアジアゾウ。(2019年11月13日撮影)中国雲南省は、面積が中国全体の4・1%にすぎないが、国内の生物種の約半数が生息、生育していることから、「動植物の王国」や「種の遺伝子バンク」と呼ばれている。同省は中国初の生物多様性保護に関する地方性法的措置を制定、施行し、「中国西南野生生物種資源バンク」を設立。生態系の保全で大きな成果を上げている。現在、同省には各種自然保護区が166カ所あり、省内の典型的な生態系の約90%と、アジアゾウや雲南キンシコウなどの貴重種の85%をそれぞれ保護している。(昆明=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月13日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、ゾウにバナナを食べさせる「ゾウのお父さん」羅順才(ら・じゅんさい)さん。(11月13日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月13日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、野生化訓練で水を飲む2頭のアジアゾウ。(11月13日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月13日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、野生化訓練を受けるアジアゾウ。(11月13日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月13日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近の密林でゾウと心を通わせる「ゾウのお父さん」羅順才(ら・じゅんさい)さん。(11月13日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、野生化訓練を受ける2頭のアジアゾウ。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、アジアゾウに野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」保鴻(ほ・こう)さん。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで、水浴びを楽しむアジアゾウの「小強」(シャオチャン)。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/金林鵬)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、アジアゾウを連れて小川を渡る「ゾウのお父さん」王国兵(おう・こくへい)さん。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで、アジアゾウの「小強」を水浴びさせる「ゾウのお父さん」羅忠平(ら・ちゅうへい)さん。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月12日
    生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省

    雲南省アジアゾウ繁殖救助センターで水浴びを楽しむアジアゾウ。(2019年11月12日撮影)中国雲南省は、面積が中国全体の4・1%にすぎないが、国内の生物種の約半数が生息、生育していることから、「動植物の王国」や「種の遺伝子バンク」と呼ばれている。同省は中国初の生物多様性保護に関する地方性法的措置を制定、施行し、「中国西南野生生物種資源バンク」を設立。生態系の保全で大きな成果を上げている。現在、同省には各種自然保護区が166カ所あり、省内の典型的な生態系の約90%と、アジアゾウや雲南キンシコウなどの貴重種の85%をそれぞれ保護している。(昆明=新華社記者/金林鵬)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月12日
    生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省

    雲南省アジアゾウ繁殖救助センター近くで、野生化訓練を行うアジアゾウ。(2019年11月12日撮影)中国雲南省は、面積が中国全体の4・1%にすぎないが、国内の生物種の約半数が生息、生育していることから、「動植物の王国」や「種の遺伝子バンク」と呼ばれている。同省は中国初の生物多様性保護に関する地方性法的措置を制定、施行し、「中国西南野生生物種資源バンク」を設立。生態系の保全で大きな成果を上げている。現在、同省には各種自然保護区が166カ所あり、省内の典型的な生態系の約90%と、アジアゾウや雲南キンシコウなどの貴重種の85%をそれぞれ保護している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、アジアゾウに野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」羅順才(ら・じゅんさい)さん。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、野生化訓練を受けるアジアゾウ。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターで、アジアゾウの足の裏を検査する「ゾウのお父さん」。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、アジアゾウに野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月16日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、ゾウの「格蘭」(ガラン)に野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」羅忠平(ら・ちゅうへい)さん(左)と鄒紹能(すう・しょうのう)さん。(8月16日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月16日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、子どものゾウ「依嫩」(イネン)に野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」岩書(がん・しょ)さん。(8月16日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月15日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、野生化訓練を受けるアジアゾウ。(8月15日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月15日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、子どものゾウに野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」王波(おう・は)さん。(8月15日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月15日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    雲南省シーサンパンナ国家自然保護区にある中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター。(8月15日撮影、小型無人機から)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    9日午前、中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに移送される野生ゾウのナーウェン。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    9日午前、中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに移送される野生ゾウのナーウェン。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州公安局提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    9日午前、中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに移送される野生ゾウのナーウェン。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州公安局提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    9日午前、中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに移送される野生ゾウのナーウェン。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月09日
    野生「お騒がせゾウ」の捕獲に成功雲南省

    9日午前、中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに移送される野生ゾウのナーウェン。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局によると、8日、地元政府、林業・草原局、森林公安局などが連携し野生のアジアゾウを捕獲した。このゾウは当地の「トラブル常習犯」として有名だったという。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局提供)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:シーサンパンナ・ダイ族自治州森林公安局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウの身長を測る中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターのスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウの体温を冷ますスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、吹き矢筒で特製の麻酔薬を注入される野生ゾウ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウを鉄のおりに入れるための準備作業をするスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウに気付け薬を注射するスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウの体長を測る中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターのスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウの心拍数を検査する中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターの獣医。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、鉄のおりに入れられて運搬される野生ゾウ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、鉄のおりに入れられた野生ゾウ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、覚醒後、立ち上がろうとする野生ゾウ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、捕獲現場の周囲を警戒する特殊警察。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、捕獲のタイミングを確認するため、近距離で野生ゾウを観察する小型無人機。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.54
    2019年01月11日
    「新華社」この冬初めてアジアゾウが出現雲南省シーサンパンナ

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターはこのほど、雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州の野象谷に、この冬初めて野生のアジアゾウが現れたことを明らかにした。ゾウは15頭前後で、現在も野象谷付近で活動している。アジアゾウ観測保護グループのスタッフは、このゾウは「花鼻子ファミリー」に属しており、このところ5日連続で野象谷に現れていると説明。体型はふっくらしており、健康状態は良好だ。毎年12月から翌年4月までの間、森林内の食物が少なくなるため、野生のゾウは河谷地帯に餌を求めてやって来ており、多い時では1日に60頭近いゾウが出没する。現在、地元の林業部門などでは広報に力を入れており、周辺住民にゾウに対する保護意識を持つよう促すとともに、警備活動を行い、ゾウによる事故の発生を防いでいる。アジアゾウは中国の国家1級重点保護野生動物で、中国では主に雲南省のシーサンパンナ・タイ族自治州や普洱(ふじ、プーアル)市、臨滄(りんそう)市に生息している。近年、中国政府による生態保護の強化に伴い、野生のゾウの個体数はある程度増加しているが、依然として極度の絶滅危惧状態にある。(記者/張東強)<映像内容>野生のアジアゾウが出現、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月27日
    救助された母ゾウが元気な赤ちゃんを無事出産雲南省

    27日、母乳を飲む赤ちゃんゾウ。中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターが救助したゾウの格蘭(かくらん)が27日、妊娠585日目に身長約90センチ、体重約86キロのメスの赤ちゃんゾウを出産した。同センターで赤ちゃんゾウが誕生したのは今回が6頭目。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ国家級自然保護区管理保護局提供)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:シーサンパンナ国家級自然保護区管理保護局提供/新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月27日
    救助された母ゾウが元気な赤ちゃんを無事出産雲南省

    27日、母ゾウに寄り添う赤ちゃんゾウ。中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターが救助したゾウの格蘭(かくらん)が27日、妊娠585日目に身長約90センチ、体重約86キロのメスの赤ちゃんゾウを出産した。同センターで赤ちゃんゾウが誕生したのは今回が6頭目。(昆明=新華社配信/中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター提供)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター提供/新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月27日
    救助された母ゾウが元気な赤ちゃんを無事出産雲南省

    27日、母乳を飲もうとする赤ちゃんゾウ。中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターが救助したゾウの格蘭(かくらん)が27日、妊娠585日目に身長約90センチ、体重約86キロのメスの赤ちゃんゾウを出産した。同センターで赤ちゃんゾウが誕生したのは今回が6頭目。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ国家級自然保護区管理保護局提供)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:シーサンパンナ国家級自然保護区管理保護局提供/新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月27日
    救助された母ゾウが元気な赤ちゃんを無事出産雲南省

    27日、母乳を飲む赤ちゃんゾウ。中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターが救助したゾウの格蘭(かくらん)が27日、妊娠585日目に身長約90センチ、体重約86キロのメスの赤ちゃんゾウを出産した。同センターで赤ちゃんゾウが誕生したのは今回が6頭目。(昆明=新華社配信/シーサンパンナ国家級自然保護区管理保護局提供)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:シーサンパンナ国家級自然保護区管理保護局提供/新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月27日
    救助された母ゾウが元気な赤ちゃんを無事出産雲南省

    27日、赤ちゃんゾウの体重を量る獣医。中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターが救助したゾウの格蘭(かくらん)が27日、妊娠585日目に身長約90センチ、体重約86キロのメスの赤ちゃんゾウを出産した。同センターで赤ちゃんゾウが誕生したのは今回が6頭目。(昆明=新華社配信/中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター提供)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター提供/新華社/共同通信イメージズ

  • 1