KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アムール川
  • ウスリー川
  • コウノトリ
  • ゴマフアザラシ
  • ステーション
  • 三江平原
  • 中国吉林省
  • 人工巣塔
  • 保護動物
  • 保護湿地

「繁殖生息」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:47.41
    2020年08月07日
    「新華社」人工巣塔にコウノトリの姿黒竜江省

    国境を越えて渡りをしながら繁殖、越冬するコウノトリは中国の国家1級保護動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)からも絶滅危惧種に分類されている希少種で「鳥類のパンダ」と呼ばれている。三江平原湿地に位置する黒竜江省嘟嚕(とろ)河省級自然保護区は、人工巣塔の増設など人為的にコウノトリを引き寄せる試みを通し、かつての渡り鳥の飛来地を繁殖・生息の場へと変化させた。コウノトリの繁殖集団は主に黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)流域や松嫩平原、三江平原に分布している。同自然保護区内では今年、個体数が予測を上回ったため、人工巣塔が不足しており、後から到着したコウノトリは「巣の横取り」を余儀なくされている。(記者/馬暁成、王松、李建平)<映像内容>人工巣塔のコウノトリの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:31.76
    2020年04月05日
    「新華社」3日間連続でゴマフアザラシを海へ遼寧省盤錦市

    中国遼寧省盤錦市のゴマフアザラシ保護管理ステーションの職員は5日、救助したゴマフアザラシの赤ちゃん1頭を海へ返した。これは、3日と4日の2頭に続き3頭目となった。同市は、ゴマフアザラシの渤海遼東湾における重要な繁殖・生息地だ。5日に海へ返されたのは、今年同保護管理ステーションが救助した17頭目の個体で、海へ返された12頭目のゴマフアザラシの赤ちゃんとなった。(記者/趙泳)<映像内容>保護していたゴマフアザラシの赤ちゃんを海へ返す様子、撮影日:2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:08.18
    2018年10月20日
    「新華社」渡り鳥の楽園吉林省琿春市の敬信湿地

    東はロシア、南は朝鮮と国境を接する中国吉林省延辺朝鮮族自治州琿春(こんしゅん)市の敬信平原に位置する湿地帯は同省の重点保護湿地の一つ。河川が貫くように流れ、湖沼が多数集中する同湿地帯には毎年3月初めと10月中旬に渡り鳥の大群が飛来し、ここで休み、餌を食べる。広大で湿潤かつ多様性ある環境により同地は多くの渡り鳥が飛来し繁殖、生息する場所になっており、毎年数十万羽の渡り鳥が飛来する。大まかな統計では、同地には国家1級、2級保護鳥類21種を含む100種余りの鳥類が飛来しているという。(記者/姜明明、周万鵬、魏蒙)<映像内容>湿地帯に飛来する渡り鳥、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1