KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 優勝
  • おだ
  • 文化功労者
  • 日本人
  • 資料
  • みきお
  • 国立競技場
  • 足跡
  • 日本初

「織田幹雄」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
65
( 1 65 件を表示)
  • 1
65
( 1 65 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1979年04月11日
    織田幹雄

    織田幹雄、その他運動、おだ・みきお、死去・1998年12月2日、陸上選手、1928年アムステルダム五輪三段跳び金メダル、朝日新聞社運動部長、早大教授、日本陸上競技連盟名誉会長、文化功労者=1979(昭和54)年4月11日

    商品コード: 1979052100007

  • 1985年05月03日
    織田幹雄

    織田幹雄、その他運動、おだ・みきお、死去・1998年12月2日、陸上選手、日本人初の五輪金メダリスト、1928年アムステルダム五輪三段跳び金メダル、1964年東京五輪陸上競技チーム総監督、朝日新聞社運動部長、早大教授、JOC委員、国際陸連評議員・技術委員、IOC五輪功労章銀章受章、紫綬褒章受章、文化功労者=1985(昭和60)年5月3日

    商品コード: 1985062000020

  • 1988年11月24日
    (おだ・みきお) 織田幹雄

    陸上選手、朝日新聞社運動部長、アジア大会出場陸上選手監督、陸連常務理事、陸連名誉副会長、文化功労者=1988(昭和63)年10月26日撮影

    商品コード: 2003102300023

  • 1988年04月14日
    (おだ・みきお) 織田幹雄

    陸上選手、朝日新聞社運動部長、陸連名誉副会長、文化功労者=1988(昭和63)年2月27日撮影

    商品コード: 2003100200016

  • 1979年04月27日
    (おだ・みきお) 織田幹雄

    陸上選手、朝日新聞社運動部長、陸連名誉副会長、文化功労者=1979(昭和54)年4月11日撮影

    商品コード: 2004100400087

  • 1985年06月13日
    (おだ・みきお) 織田幹雄

    陸上選手、朝日新聞社運動部長、陸連名誉副会長、文化功労者=1985(昭和60)年5月3日撮影

    商品コード: 2004013000020

  • 1998年12月02日
    文化功労者 織田幹雄氏が死去

    文化功労者に決まり喜びを語る織田幹雄さん=88(昭和63)年10月、東京都品川区内の病院(63内14783)

    商品コード: 1998120200186

  • 1998年12月02日
    砲丸を投げる織田氏 織田幹雄氏が死去

    砲丸投げで2位になった織田幹雄さん=83(昭和58)年10月、長崎県諫早市の県立総合運動公園陸上競技場(運9318)

    商品コード: 1998120200190

  • 1998年12月02日
    金メダル第1号 織田幹雄さん死去

    1928年、アムステルダム五輪の陸上男子三段跳びで優勝、日本の金メダル第1号になった織田幹雄さん(別人K95061)

    商品コード: 1998120200183

  • 1998年12月02日
    楊伝広さんと織田氏 織田幹雄氏が死去

    「東洋の鉄人」と言われた台湾の楊伝広さん(右)とともに日本陸上選手権を観戦する織田幹雄氏=82(昭和57)年9月、東京・国立競技場(人物29258)

    商品コード: 1998120200191

  • 1998年12月02日
    織田幹雄さん死去

    死去した織田幹雄さん(日本人初のオリンピック金メダリスト)

    商品コード: 1998120200182

  • 1998年12月02日
    スポーツ功労者 織田幹雄氏が死去

    早大のスポーツ功労者に選ばれメダルを手にする織田幹雄氏=82(昭和57)年12月、東京・早稲田大学

    商品コード: 1998120200188

  • 2015年07月23日
    五輪の三段跳び 織田幹雄、金メダル第1号

    1928(昭和3)年8月2日、織田幹雄がアムステルダム五輪の三段跳びで優勝、日本人初の金メダリストとなった。15㍍21の記録は国立競技場のフィールド内の掲揚ポールの高さに採用された。この後も南部忠平、田島直人で五輪3連覇を成し遂げ、この種目は日本のお家芸とされた。

    商品コード: 2015072300305

  • 2010年07月29日
    五輪の三段跳び 織田幹雄、金メダル第1号

    1928(昭和3)年8月2日、織田幹雄がアムステルダム五輪の三段跳びで優勝、日本人初の金メダリストとなった。15メートル21の記録は国立競技場のフィールド内の掲揚ポールの高さに採用された。この後も南部忠平、田島直人で五輪3連覇を成し遂げ、この種目は日本のお家芸とされた。

    商品コード: 2010072900232

  • 1929年10月08日
    織田幹雄・三段跳び選手

    織田幹雄(おだ・みきお)、早稲田大学競争部で活躍。アムステルダム五輪の三段跳びで15メートル21センチを記録し日本人初の金メダルを獲得した。朝日新聞社運動部長、日本陸上競技連盟名誉会長、文化功労者=1929(昭和4)年10月8日撮影、1998(平成10)年12月2日死去

    商品コード: 1929100800001

  • 2020年09月23日
    五輪金1号の足跡たどる

    織田幹雄記念館(広島県海田町)

    商品コード: 2020092302874

  • 2020年09月23日
    五輪金1号の足跡たどる

    織田幹雄記念館(広島県海田町)

    商品コード: 2020092302868

  • 2020年09月23日
    五輪金1号の足跡たどる

    織田幹雄記念館(広島県海田町)

    商品コード: 2020092302876

  • 2020年09月23日
    五輪金1号の足跡たどる

    織田幹雄記念館(広島県海田町)

    商品コード: 2020092302871

  • 1928年01月01日
    陸上三段跳び 第9回アムステルダム五輪大会

    15メートル21の世界新で優勝した織田幹雄=1928年

    商品コード: 2004031100073

  • 2020年04月08日
    織田幹雄 三段跳びV3、水泳王国

    1928年アムステルダム五輪の陸上男子三段跳びで優勝した織田幹雄(ゲッティ=共同)

    商品コード: 2020040801050

  • 2016年06月20日
    金メダルを獲得した織田 100回の重みに感慨

    1928年のアムステルダム五輪陸上男子三段跳びで、金メダルを獲得した織田幹雄

    商品コード: 2016062000766

  • 2018年07月09日
    聖火台に点火する織田幹雄 国立競技場、IOC総会

    アジア大会開会式で聖火台に点火する織田幹雄=1958年5月24日

    商品コード: 2018070900495

  • 2018年03月05日
    三段跳びの織田幹雄 織田が日本に初の金

    1928年のアムステルダム五輪陸上三段跳びで、金メダルを獲得した織田幹雄

    商品コード: 2018030500295

  • 2004年05月04日
    織田幹雄 第1号は三段跳びの織田

    1928年、アムステルダム五輪三段跳びで優勝、日本の金メダル第1号になった織田幹雄

    商品コード: 2004050400019

  • 2020年06月02日
    織田幹雄 織田が金メダル第1号

    1928年アムステルダム五輪の陸上男子三段跳びを制した織田幹雄(ゲッティ=共同)

    商品コード: 2020060209938

  • 2003年05月06日
    織田、鶴田で待望の金

    アムステルダム大会の陸上三段跳びで優勝、アジアに初の金メダルをもたらした織田幹雄

    商品コード: 2003050600040

  • 1952年07月20日
    織田夫人 吉川嬢の入賞を祈る

    織田幹雄夫人の栄子さん=出稿1952(昭和27)年7月20日(27年内地1875)

    商品コード: 2012112800110

  • 1952年07月20日
    織田夫人 吉川嬢の入賞を祈る

    織田幹雄夫人の栄子さん=出稿1952(昭和27)年7月20日(27年内地1875関連)

    商品コード: 2012112800111

  • 1952年07月20日
    織田夫人 吉川嬢の入賞を祈る

    織田幹雄夫人の栄子さん=出稿1952(昭和27)年7月20日(27年内地1875関連)

    商品コード: 2012112800112

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月04日
    織田正雄さん

    父、故織田幹雄さんのインタビュー集を英訳、国際陸連ホームページに紹介された織田正雄(おだ・まさお)さん

    商品コード: 2010060400210

  • 1929年10月07日
    日本電報通信社資料

    日独陸上競技第2日。ヒンデンブルグ杯を受ける織田幹雄主将=1929(昭和4)年10月7日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011090500209

  • 2020年06月02日
    三段跳びの織田幹雄 織田が金メダル第1号

    アムステルダム五輪の陸上男子三段跳びで、日本選手初の金メダルを獲得した織田幹雄=1928年

    商品コード: 2020060209940

  • 2019年10月16日
    三段跳びの織田幹雄 あくなき探究心、脈々と

    1928年アムステルダム五輪陸上男子三段跳びで日本選手初の金メダルを獲得した織田幹雄

    商品コード: 2019101604460

  • 2018年08月03日
    三段跳びで金メダル 努力、工夫で五輪金1号

    1928年のアムステルダム五輪の陸上男子三段跳びで、日本の金メダル第1号に輝いた織田幹雄さん

    商品コード: 2018080300024

  • 2019年12月06日
    織田幹雄 五輪の伝説、時代超えて

    1928年アムステルダム五輪の陸上男子三段跳びで優勝、日本人初の金メダリストとなった織田幹雄

    商品コード: 2019120605109

  • 2020年09月23日
    織田幹雄記念館 五輪金1号の足跡たどる

    2020年春、日本初の五輪金メダリストのふるさとにオープンした織田幹雄記念館=広島県海田町

    商品コード: 2020092304653

  • 2020年12月04日
    初の金メダルの織田幹雄 東京で500個突破へ

    1928年アムステルダム大会の陸上男子三段跳びで優勝し、日本初の金メダリストとなった織田幹雄

    商品コード: 2020120405593

  • 1958年05月24日
    聖火台に点火する織田氏 ◎第3回アジア大会開会式

    第3回アジア大会開会式で、聖火台に点火する最終走者の織田幹雄氏=1958(昭和33)年5月24日、国立競技場

    商品コード: 2018070500136

  • 2012年04月17日
    三段跳び優勝の織田 日本が初めて金メダル

    1928年、第9回アムステルダム大会の陸上三段跳びで優勝、日本人初の金メダリストとなった織田幹雄

    商品コード: 2012041700266

  • 1928年12月31日
    陸上三段跳び 第9回アムステルダム五輪大会

    15メートル21の世界新で優勝した織田幹雄、日本金メダル第1号、昭和3年(1928年)(撮影年月日不明)

    商品コード: 1928123100001

  • 2005年10月29日
    展示に見入る人たち 織田氏生誕百年で展示

    早大ワセダギャラリーで始まった故織田幹雄氏の生誕百年を記念する展示に見入る人たち=29日、東京都新宿区

    商品コード: 2005102900117

  • 2020年09月23日
    織田幹雄の五輪賞状 五輪金1号の足跡たどる

    織田幹雄が三段跳びで日本初の五輪金メダルを獲得した1928年アムステルダム大会の賞状(左)=広島県海田町

    商品コード: 2020092304655

  • 2020年04月08日
    日本初金メダルの織田幹雄 三段跳びV3、水泳王国

    1928年のアムステルダム五輪陸上男子三段跳びで日本選手初の金メダルを獲得した織田幹雄

    商品コード: 2020040801048

  • 1999年12月20日
    織田幹雄 長嶋、王が日本の1、2位

    )、運動402S、24日付朝刊以降使用、モノクロのみ  アムステルダム・オリンピック。三段跳びで織田幹雄が15メートル21で優勝=28(昭和3)年(別人K95061)

    商品コード: 1999122000149

  • 1998年12月26日
    お別れ会 さよなら織田さん

    日本陸連の主催で国立競技場で行われた、日本人初の五輪金メダリスト、故織田幹雄さんとの「お別れ会」=26日午前、東京都新宿区霞岳町

    商品コード: 1998122600016

  • 1999年12月23日
    長嶋茂雄ら5人 長嶋、ルースが1位

    長嶋茂雄、王貞治、古橋広之進、織田幹雄、前畑秀子(長嶋=K96ー31079、王=K99ー32791、織田=K98ー40379、前畑=)

    商品コード: 1999122300058

  • 2020年09月23日
    織田幹雄記念館の展示 五輪金1号の足跡たどる

    織田幹雄記念館では子どもにも分かりやすいようにイラストをふんだんに使い、ふるさとが生んだヒーローの足跡をたどる=広島県海田町

    商品コード: 2020092304651

  • 1932年09月03日
    日本電報通信社資料

    ロサンゼルス五輪代表選手団解散式であいさつする織田幹雄主将=1932(昭和7)年9月3日、東京会館(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932090300007

  • 1932年09月03日
    日本電報通信社資料

    東京市主催で行われたロサンゼルス五輪代表選手団歓迎報告会であいさつする織田幹雄主将=1932(昭和7)年9月3日、日比谷公園の新音楽堂(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932090300011

  • 1932年09月03日
    日本電報通信社資料

    東京市主催のロサンゼルス五輪派遣選手歓迎会で答辞を読む織田幹雄主将=1932(昭和7)年9月3日、日比谷新音楽堂(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015071500448

  • 1958年05月24日
    聖火ランナーと会場全景 第3回アジア大会開会式

    第3回アジア大会の開会式で、聖火を掲げて場内を一周する最終走者の織田幹雄氏=1958(昭和33)年5月24日、国立競技場

    商品コード: 2018070500272

  • 1932年06月22日
    日本電報通信社資料

    陸上のロサンゼルス五輪代表選手送別式で鳩山一郎文相の訓示に答える織田幹雄主将=1932(昭和7)年6月22日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932062200003

  • 1932年09月03日
    日本電報通信社資料

    秩父宮御下賜の日章旗を手に下船する織田幹雄主将らロサンゼルス五輪代表選手団=1932(昭和7)年9月3日、横浜港(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932090300005

  • 1958年05月24日
    聖火台と織田氏 第3回アジア大会開会式

    第3回アジア大会の開会式で、トーチを掲げて大観衆に応える最終走者の織田幹雄氏=1958(昭和33)年5月24日、国立競技場

    商品コード: 2018070500218

  • 1932年09月03日
    日本電報通信社資料

    文相主催歓迎会で、鳩山一郎文相(左)から感謝状を受けるロサンゼルス五輪派遣選手団の織田幹雄主将=1932(昭和7)年9月3日、東京・丸ノ内の東京会館(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015071300376

  • 1982年12月13日
    早大がスポーツ功労者を表彰

    創立百周年を記念する卒業生のスポーツ功労者として表彰され、あいさつする三段跳びの織田幹雄さん。右は西原春夫総長=1982(昭和57)年12月13日、東京都新宿区の早稲田大学大隈会館

    商品コード: 1982121300005

  • 1998年12月21日
    顔7枚 世界の黒沢明

    )、企画12S、新聞は12月25日朝刊以降、ラ・テは24日午後5時以降使用厳守  高田好胤、太田薫、福井謙一、佐多稲子、吉田正、織田幹雄、淀川長治(佐多=カラー通信14101、織田=63内14783、吉田=カラーA3000)

    商品コード: 1998122100060

  • 1998年02月16日
    金第1号は織田 日本100個目の金を獲得

    )、オ運407S、モノクロのみ、記事解禁後使用  1928年、アムステルダム五輪の陸上男子三段跳びで優勝、日本の金メダル第1号になった織田幹雄(別人95061・第9回アムステルダム五輪大会、陸上三段跳び、15メートル21の世界新で優勝した)

    商品コード: 1998021600190

  • 1982年12月13日
    早大がスポーツ功労者を表彰

    創立百周年を記念する卒業生のスポーツ功労者として表彰され、メダルを手にする三段跳びの織田幹雄さん=1982(昭和57)年12月13日、東京都新宿区の早稲田大学大隈会館

    商品コード: 1982121300006

  • 1929年11月03日
    日本電報通信社資料

    第5回明治神宮競技大会。400メートルリレーで42秒8の日本新で優勝した稲門クラブ。井沼、中島、織田幹雄(左から2人目)、大沢の4人=1929(昭和4)年11月3日、明治神宮外苑競技場(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929110300011

  • 2011年05月19日
    五輪誘致に弾み 東京でアジア大会開催

    1958(昭和33)年5月24日、第3回アジア大会が東京で開かれた。20カ国が参加、日本の旗手はメルボルン五輪金メダルの古川勝選手(競泳平泳ぎ)、聖火最終走者は日本初の五輪金メダリスト、織田幹雄氏が務めた。日本の金メダルは67個と種目の半数以上を占め、運営面の成功は6年後の東京五輪誘致に結びついた。

    商品コード: 2011051900272

  • 2011年09月29日
    お家芸復活に期待 三段跳び小掛が世界新

    1956(昭和31)年10月7日、陸上日本選手権(仙台・宮城陸上競技場)の三段跳びで、小掛照二選手が16メートル48の世界新記録をマーク。織田幹雄から南部忠平、田島直人まで戦前は五輪3大会連続の金メダルで日本のお家芸として期待された種目。直後のメルボルン五輪では、不運なけがもあって8位入賞に終わる。

    商品コード: 2011092900166

  • 2014年05月15日
    五輪誘致に弾み 東京でアジア大会開催

    1958(昭和33)年5月24日、第3回アジア大会が東京で開かれた。20カ国が参加、日本の旗手はメルボルン五輪金メダルの古川勝選手(競泳平泳ぎ)、聖火最終走者は日本初の五輪金メダリスト、織田幹雄氏が務めた。日本の金メダルは67個と種目の半数以上を占め、運営面の成功は6年後の東京五輪誘致に結びついた。

    商品コード: 2014051500313

  • 2015年10月01日
    お家芸復活に期待 三段跳び小掛が世界新

    1956(昭和31)年10月7日、陸上日本選手権(仙台・宮城陸上競技場)の三段跳びで、小掛照二選手が16㍍48の世界新記録をマーク。織田幹雄から南部忠平、田島直人まで戦前は五輪3大会連続の金メダルで日本のお家芸として期待された種目。直後のメルボルン五輪では不運なけがもあって8位入賞に終わる。

    商品コード: 2015100100349

  • 1