KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 象徴
  • しん
  • ちょう
  • コレクター
  • 中国の歴史
  • 令和
  • 保存
  • 女性解放運動
  • 如実
  • 封建社会

「纏足」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年02月21日
    満州事変

    天津の避難民収容所で幼児に食事を与える母親。母親の足は纏足(てんそく)=1932年2月(INTERNATIONAL NEWS PHOTOS)

    商品コード: 2010121300196

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年09月23日
    日本軍降伏 日中戦争

    日本軍が連合国軍に降伏した後、河北省蔚県の飛行場に着陸した米軍B17重爆撃機フライングフォートレスのパイロット。纏足の中国婦人にタバコをあげている=1945年9月(ACME)

    商品コード: 2011042700334

  • 1999年08月18日
    てん足器具示す劉館長 中国初の性文化博物館

    18日、事前公開された上海の性文化博物館で、女性に纏足(てんそく)を施すため、布で足をしばり上げる器具を示す劉達臨館長。女性は痛さにたくさんの涙を流したという(共同)

    商品コード: 1999081800166

  • 2019年06月19日
    現代の纏足か優雅の象徴か

    「求めているのは、足を痛めずに働く権利。人間として当たり前のことを求めているだけです」と話す石川優実さん

    商品コード: 2019061900827

  • 2019年06月19日
    現代の纏足か優雅の象徴か

    「例えば飛行機の女性客室乗務員のパンプスは業務上の必要性が不明。乗客の安全確保が本務と考えたら不要では?」と話す内藤忍さん

    商品コード: 2019061900829

  • 2019年06月19日
    現代の纏足か優雅の象徴か

    衆院第2議員会館で開かれた「パンプス押し付けにさよなら!緊急院内集会」で、7㌢ヒールのパンプスを試着する男性。「痛いし、立っているのも大変」と驚く

    商品コード: 2019061900833

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する女性靴や関連の古い写真などの収蔵品。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505837

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    山西省太原市晋源区の自宅で、自身が所蔵する布靴について説明する趙士信さん。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505382

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する女性靴や関連の古い写真などの収蔵品。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505478

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する布靴。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505508

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する女性靴や関連の古い写真などの収蔵品。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505518

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する女性靴や関連の古い写真などの収蔵品。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505642

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する女性靴や関連の古い写真などの収蔵品。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505713

  • 1