KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国美術学院
  • 中央美術学院
  • 魯迅美術学院
  • 四川美術学院
  • 記者
  • 令和
  • 作品
  • 平成
  • アート
  • 彫刻

「美術学院」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
109
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
109
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年09月20日
    油絵画家林崗氏の芸術展、北京で開幕

    アトリエで笑顔を見せる林崗氏。(2017年9月20日撮影)中国の著名な油絵画家で、中央美術学院の「傑出した教授」に選ばれた林崗(りん・こう)氏の個人芸術研究展「林崗:写・生」がこのほど、北京市の同学院美術館で開幕した。林氏の見事なスケッチ作品60点余りを集中的に展示し、芸術への愛を抱き続けたその半生や、絶えず自身の限界を打ち破ってきた探究心について紹介している。(北京=新華社配信/中央美術学院美術館提供)=2017(平成29)年9月20日、クレジット:中央美術学院美術館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801028

  • 2018年03月28日
    石刻の巨匠、劉能風氏無形文化遺産を継承

    28日、アトリエで制作に集中する劉能風氏。今年60歳の劉能風氏は、中国重慶市の無形文化遺産である大足石刻技術の継承者。劉氏は重慶市大足区の北山石刻の近くに住み、幼少から石像を身近に感じてきた。劉氏はかつて、石刻技術に磨きをかけるため岩の洞穴に暮らし、塑像を模倣したこともある。また地元政府主催の研修に参加し、四川美術学院の彫刻工場の職人となった。工場で学び研鑽を積んだことで、劉氏の彫刻技術は系統だった成長を見せ、作品はいっそう精巧さを増した。劉氏は1990年代、故郷に戻り「大足石刻芸術品公司」の立ち上げに参画、多くの石刻職人が職業として安定するよう尽力した。2013年、重慶市の市級技能専門家工房「劉能風石彫石刻工芸技能専門家アトリエ」を設立した。劉氏の夢は、大足石刻の伝統技能を伝承していくことだという。(重慶=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200780

  • 2018年03月28日
    石刻の巨匠、劉能風氏無形文化遺産を継承

    28日、アトリエで制作に集中する劉能風氏。今年60歳の劉能風氏は、中国重慶市の無形文化遺産である大足石刻技術の継承者。劉氏は重慶市大足区の北山石刻の近くに住み、幼少から石像を身近に感じてきた。劉氏はかつて、石刻技術に磨きをかけるため岩の洞穴に暮らし、塑像を模倣したこともある。また地元政府主催の研修に参加し、四川美術学院の彫刻工場の職人となった。工場で学び研鑽を積んだことで、劉氏の彫刻技術は系統だった成長を見せ、作品はいっそう精巧さを増した。劉氏は1990年代、故郷に戻り「大足石刻芸術品公司」の立ち上げに参画、多くの石刻職人が職業として安定するよう尽力した。2013年、重慶市の市級技能専門家工房「劉能風石彫石刻工芸技能専門家アトリエ」を設立した。劉氏の夢は、大足石刻の伝統技能を伝承していくことだという。(重慶=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200813

  • 2018年03月28日
    石刻の巨匠、劉能風氏無形文化遺産を継承

    28日、アトリエで制作に集中する劉能風氏。今年60歳の劉能風氏は、中国重慶市の無形文化遺産である大足石刻技術の継承者。劉氏は重慶市大足区の北山石刻の近くに住み、幼少から石像を身近に感じてきた。劉氏はかつて、石刻技術に磨きをかけるため岩の洞穴に暮らし、塑像を模倣したこともある。また地元政府主催の研修に参加し、四川美術学院の彫刻工場の職人となった。工場で学び研鑽を積んだことで、劉氏の彫刻技術は系統だった成長を見せ、作品はいっそう精巧さを増した。劉氏は1990年代、故郷に戻り「大足石刻芸術品公司」の立ち上げに参画、多くの石刻職人が職業として安定するよう尽力した。2013年、重慶市の市級技能専門家工房「劉能風石彫石刻工芸技能専門家アトリエ」を設立した。劉氏の夢は、大足石刻の伝統技能を伝承していくことだという。(重慶=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040200795

  • 2018年07月19日
    無形文化遺産継承者育成事業の成果展が上海で開催

    19日、会場で重慶市の無形文化遺産「梁平竹簾」(重慶市梁平区の特産品で、非常に細く切った竹で編まれたのれん)の技法で制作されたブルートゥース・スピーカーを見せる上海大学美術学院の章莉莉準教授。上海市の8大学が実施した中国無形文化遺産継承者研修・研究・育成事業の優秀成果展が19日、上海市の大世界で開幕した。2015年から中国の文化・観光部と教育部は共同でこの事業を実施しており、専門知識の学習や技法の研究のために無形文化遺産継承者を大学に送り、交流シンポジウムや実践によって、大学の学術や教育資源のサポートを提供し、無形文化遺産の持続可能な発展を促している。同事業では、これまでに千人余りの全国各地の受講生に対する研修・訓練を実施した。(上海=新華社記者/任瓏)=2018(平成30)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400819

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、泥人形を制作する許明笙さん。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/趙丁喆)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800382

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、泥人形の乾燥状態を見る朱悦さん。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/趙丁喆)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800404

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、子どもたちに泥人形の作り方を教える許明笙さん(左端)と妻の朱悦さん(中央)。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800375

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、白居易の石像を制作する許明笙さん(左)と父親の許良国さん。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/趙丁喆)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800363

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、子どもたちに泥人形の作り方を教える許明笙さん(左端)。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800396

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、泥人形を制作する許明笙さんと妻の朱悦さん。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800371

  • 2018年08月06日
    故郷に根を下ろした「90後」人形職人の夫婦浙江湖州

    6日、父親、許良国さんの指導のもと、泥人形の制作に励む許明笙さん(中央)と妻の朱悦さん(右)。中国の「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の許明笙さんと妻の朱悦さんは2016年に中国美術学院を卒業してから、さまざまな就労のチャンスを放棄して、浙江省北部山間部の湖州市呉興区埭渓鎮の実家に戻った。その後父親、許良国さんの泥人形作りの技術を継承し、現地で名の知れた泥人形職人になった。許良国さん夫婦は良国さんの父親の指導のもと、泥人形作りの基本的な技を身につけ、今では毎年300~400体の泥人形を制作しており、3年先まで予約でいっぱいだという。彼らは制作活動の傍ら、自分の工房で青少年に泥人形の作り方を無償で教えている。許明笙さんは、「故郷に戻って起業することはチャレンジであり、チャンスでもある。大学で学んだ後故郷に戻った私たちが民間工芸品である泥人形に、より多くの新たなものをもたらせることを期待している」と語った。(湖州=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800372

  • 00:55.59
    2018年09月11日
    「新華社」浮世物語―日本の浮世絵巨匠の原版版画展、上海で開催

    江戸時代の浮世絵の巨匠による原版版画48点が、8日から上海虹橋当代芸術館で展示されている。今年は中日平和友好条約締結40周年で、同芸術館と上海半島版画工作室が共同で「浮世物語―日本の浮世絵巨匠原版版画展」を主催した。今回展示された作品はいずれも、上海市の画家で収集家でもある湯黎健(とう・れいけん)氏個人の収蔵品となる。湯氏は、好きな絵画のために早い時期から日本に赴いて交流学習を行い、以後20年以上をかけて世界各地の芸術品市場や浮世絵収集家から、江戸時代の作品数百点を次々と買い取ったと述べ、その中には浮世絵の逸品も数多く含まれていると紹介した。展示品には浮世絵の三傑である喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重の作品のほか、東洲斎写楽、豊原国周、渓斎英泉などの作品も含まれている。葛飾北斎の数ある作品のうちの1枚「神奈川沖浪裏」は、一人の少年と老女が農村で出会う日常風景が描かれている。中国の来場者は、創作者の大衆目線による題材選択や、生き生きとした技法を称賛した。また展示には、珍しい日本伝統のちりめん紙に印刷した浮世絵人物画もあり、落款から歌川広重と歌川国貞の共同で創作した作品であることがわかる。上海大学美術学院の潘力(はん・りき)教授は開幕に当たり行った講座で、浮世絵は江戸時代の平民の生活や習俗を生き生きと描写したものであり、大衆文化を伝える重要な文芸媒体だったと指摘。中国画が日本の浮世絵に与えた影響は、古くは唐の時代にまで遡ることができ、唐代の画風が日本に伝わり、日本の木版画が発展する上での参考となったほか、その後明代(1368年〜1644年)や清代(1644年〜1912年)の小説絵本、蘇州桃花塢木版年画なども日本の民衆の間で流行し、浮世絵芸術の発展に大きな影響を与えたと説明した。上海版画家・上海半島版画工作室盧治平さん来場者が一つ一つの作品を真剣に観賞し、作品を通じて日本の文化を理解することを期待している。【解説】開幕当日のイベントは、大勢の絵画愛好者が関心を寄せた。その中にはスケッチ帳と筆記具を持って作品に向き合い、熱心に模写を行う多数の青少年の姿も見られた。会期は9月17日まで、入場無料。(記者/許暁青、黄揚、任垚媞)<映像内容>浮世絵の原版版画の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092015441

  • 01:50.74
    2018年09月14日
    「新華社」中日庭園の美を融合!趙樹繁作品が甘粛省博物館に

    中国甘粛省博物館は15日まで、趙樹繁庭園画作品展を開催している。日本庭園や中国庭園を描いた作品など68枚の絵画が8日から7日間にわたって展示されており、それらは情緒が奥深く、独自の絵画芸術を示している。北京郵電大学デジタルメディア・デザインアート学院教授、修士生指導教授趙樹繁(ちょう・じゅはん)氏「庭園画は、建築構造が非常に複雑で、難度も非常に高い。描くのにとても時間がかかる。これらのものは、虚であっても空ではあってはならず、現実的過ぎてもならない。しかし、庭園の構造的特徴に基づいて完成させなければならず、これらのことを含めて特に時間がかかる。」【解説】趙氏は甘粛省張掖(ちょうえき)市民楽県の出身。日本留学中に初めて庭園画に触れ、現在まで絵画の研さんを積んでいる。趙氏の庭園画作品の大多数は日本庭園と中国庭園の描写で、中国伝統の写意画法(情趣の表現に重きを置く画法)の趣を吸収し、それを日本画の精緻な写実と融合し、独特な庭園画スタイルを作り上げた。北京郵電大学デジタルメディア・デザインアート学院教授、修士生指導教授趙樹繁(ちょう・じゅはん)蘇州古典園林(蘇州の歴史的庭園の総称、ユネスコの世界遺産に登録)のように、情景がかなり広いのが中国の庭園で、日本庭園はそうではなく、いずれも小景で、中国の庭園は皆大景だ。この大景の画面全体を調節・管理するために、画家に求められる基本的な技術レベルは非常に高い。スケッチの技法についても同じことが言える。【解説】多くの市民を引き付けている今回の趙樹繁庭園画展は、蘭州市に続いて東京、中国美術学院(杭州)でも開催される。(記者/張睿、劉欣瑜)<映像内容>趙樹繁庭園画作品展の様子、コメント、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091821395

  • 2018年10月18日
    「メディア·アーツ都市」湖南省長沙市のクリエイティブセンター

    18日、「P8星球」に入居した「野笙造物」工房とオーナーの江天浩(こう・てんこう)さん。江さんは2016年に湖北美術学院卒業した後、日常使いの美しい器を作り、陶芸という芸術の形で暮らしの美学を普及させようと同工房を開いた。中国湖南省長沙市は2017年、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に中国初の世界「メディア・アーツ都市」として認定された。長沙経済技術開発区には「P8星球」というクリエイティブ芸術センターがある。「P8星球」では2015年の設立からこれまでに30を超える企業や個人が事業を開始しており、その分野は教育、インターネット、芸術・イノベーションなどに及んでいる。(長沙=新華社記者/張笑宇)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102407155

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:53.34
    2018年10月30日
    「新華社」筆を鋤に変えて農作業体験四川美術学院校内イベント

    中国重慶市の四川美術学院の田園風景が広がる虎溪(こけい)キャンパスで10月30日、労働と芸術を融合させた農耕文化体験イベントが行われた。教員や学生千人余りがレンコンやサツマイモを収穫、現地では写生と撮影のコンテストも行われた。虎溪キャンパス内には計200ムー(約13・3ヘクタール)の耕地、野菜畑、果樹園が広がる。教室を出ると四季の田園風景の写生ができ、農作業を体験する機会があるなど、学生たちは独特のキャンパスライフを送っている。会場では、教員や学生たちが掘り出したレンコンやサツマイモのチャリティーバザーが行われ、売り上げは同市巫渓(ふけい)県天元(てんげん)郷の親が出稼ぎに出ている子ども「留守児童」の支援に使われる。(記者/谷訓)<映像内容>四川美術学院の農耕文化体験イベントの様子、撮影日:2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110921209

  • 02:48.47
    2018年11月21日
    「新華社」市民がインタラクティブに楽しめる光の芸術重慶市

    中国重慶市の鵝嶺(がれい)印刷第二工場のカルチャー・クリエーティブ公園でこのほど、四川美術学院主催の「光の芸術‐イノベーションとデザインの人材育成」成果展が始まった。17組の光の芸術作品が設置され、公園には工場の建築物や文化財の風格と絶妙にマッチした幻想的な空間が広がった。ライトの下を通ると、まるで異次元に入り込んだかのようだ。「かっこいい」「ねばねば」「かわいい」を題材にした3部作は芸術家馬賽(ば・さい)氏らの共同創作作品。それぞれの作品の前で踊ると、放たれる光はそれぞれ個性的な舞台の背景になる。この「ライトの供宴」を作り出したのは、芸術家、デザイナー、エンジニア計30人で、国家芸術基金の2018年度芸術人材育成資金援助プロジェクトである「光の芸術‐イノベーションとデザインの人材育成」プロジェクトの助成を受けたメンバーだ。同プロジェクトはアートとデザイン、テクノロジーの分野を超えた融合という形式を取り、アートとテクノロジー、アートとデザインを融合させる革新的、総合的な人材の育成に力を注いできた。(記者/谷訓)<映像内容>「光の芸術」展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112213920

  • 02:38.59
    2018年12月19日
    「新華社」改革開放40周年祝う創作美術展香港で開催

    中国香港のビクトリア・ハーバーにある香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターで19日、「心にふれる香港」と題した改革開放40周年を記念する創作美術展の開幕式が行われた。中国の内地と香港の著名芸術家の作品100点余りが展示され、来場者の目を楽しませた。今回の展覧会は中央美術学院と香港各界文化促進会、香港美協が共同で主催した。出展された絵画132点は、香港の返還から現在にいたる大きな成果を表現したものもあれば、過去に比べさらに調和と安定、魅力を増した香港社会の繁栄を描いたものもある。これらは、躍動する香港の時代の様相を表したものであり、東洋の宝石と呼ばれる魅力的な姿を映したものでもある。中央美術学院は今回の展覧会を開催するにあたり、今年の国慶節(10月1日)休暇期間中に同校の芸術家15名を特別に香港へ派遣し創作活動に当たらせた今回の展覧会は18~22日、2019年1月3~10日の2回に分けて、それぞれ香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターと香港中央図書館で開催される。<映像内容>香港の創作美術展の様子、撮影日:2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122123941

  • 2018年12月27日
    2018福州国際漆芸ビエンナーレ開幕福建省福州市

    27日、来場者に自分の作品を紹介する閩江学院美術学院の鄭鑫(てい・きん)院長(中央)。中国福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区で27日、「2018福州国際漆芸ビエンナーレ」が開幕した。同展覧会には芸術家180人以上の300点近い作品が展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112409

  • 2019年01月25日
    「第2回影像西湖芸術現場」開幕浙江省杭州市

    25日、「第2回影像西湖芸術現場」で展示された作品を撮影する来場者。写真と映像作品の展示と研究、創作などが一体化した芸術プロジェクト「行走・観察:第2回影像西湖芸術現場」が25日、中国浙江省杭州市の中国美術学院美術館で始まった。(杭州=新華社配信/施健学)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821655

  • 2019年01月25日
    「第2回影像西湖芸術現場」開幕浙江省杭州市

    25日、「第2回影像西湖芸術現場」で作品「平行世界」を鑑賞する来場者。写真と映像作品の展示と研究、創作などが一体化した芸術プロジェクト「行走・観察:第2回影像西湖芸術現場」が25日、中国浙江省杭州市の中国美術学院美術館で始まった。(杭州=新華社配信/施健学)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821562

  • 2019年01月25日
    「第2回影像西湖芸術現場」開幕浙江省杭州市

    25日、「第2回影像西湖芸術現場」で作品「桃源郷」を鑑賞する来場者。写真と映像作品の展示と研究、創作などが一体化した芸術プロジェクト「行走・観察:第2回影像西湖芸術現場」が25日、中国浙江省杭州市の中国美術学院美術館で始まった。(杭州=新華社配信/施健学)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821656

  • 2019年01月25日
    「第2回影像西湖芸術現場」開幕浙江省杭州市

    25日、「第2回影像西湖芸術現場」で作品を鑑賞する来場者。写真と映像作品の展示と研究、創作などが一体化した芸術プロジェクト「行走・観察:第2回影像西湖芸術現場」が25日、中国浙江省杭州市の中国美術学院美術館で始まった。(杭州=新華社配信/施健学)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821568

  • 2019年01月25日
    「第2回影像西湖芸術現場」開幕浙江省杭州市

    25日、「第2回影像西湖芸術現場」で作品「溽夏」(蒸し暑い夏)を鑑賞する来場者。写真と映像作品の展示と研究、創作などが一体化した芸術プロジェクト「行走・観察:第2回影像西湖芸術現場」が25日、中国浙江省杭州市の中国美術学院美術館で始まった。(杭州=新華社配信/施健学)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821543

  • 2019年01月25日
    「第2回影像西湖芸術現場」開幕浙江省杭州市

    25日、「第2回影像西湖芸術現場」で作品を鑑賞する来場者。写真と映像作品の展示と研究、創作などが一体化した芸術プロジェクト「行走・観察:第2回影像西湖芸術現場」が25日、中国浙江省杭州市の中国美術学院美術館で始まった。(杭州=新華社配信/施健学)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821566

  • 2019年01月25日
    「第2回影像西湖芸術現場」開幕浙江省杭州市

    25日、「第2回影像西湖芸術現場」で風景写真を鑑賞する来場者。写真と映像作品の展示と研究、創作などが一体化した芸術プロジェクト「行走・観察:第2回影像西湖芸術現場」が25日、中国浙江省杭州市の中国美術学院美術館で始まった。(杭州=新華社配信/施健学)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821518

  • 2019年01月30日
    レバノン·ベイルートで中国写真展開催

    30日、ベイルートで中国写真展を見学する来場者。レバノンの首都ベイルートで30日、改革開放40周年や「一帯一路」などを紹介する中国写真展が開幕した。同展は在レバノン中国大使館とレバノン美術学院の共同開催で、2月2日まで行われる。(ベイルート=新華社配信/ビラル・ジャビス)=2019(平成31)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124387

  • 2019年01月30日
    レバノン·ベイルートで中国写真展開催

    30日、ベイルートで中国写真展を見学する来場者。レバノンの首都ベイルートで30日、改革開放40周年や「一帯一路」などを紹介する中国写真展が開幕した。同展は在レバノン中国大使館とレバノン美術学院の共同開催で、2月2日まで行われる。(ベイルート=新華社配信/ビラル・ジャビス)=2019(平成31)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124366

  • 2019年01月30日
    レバノン·ベイルートで中国写真展開催

    30日、ベイルートで中国写真展を見学する女性。レバノンの首都ベイルートで30日、改革開放40周年や「一帯一路」などを紹介する中国写真展が開幕した。同展は在レバノン中国大使館とレバノン美術学院の共同開催で、2月2日まで行われる。(ベイルート=新華社配信/ビラル・ジャビス)=2019(平成31)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124375

  • 2019年01月30日
    レバノン·ベイルートで中国写真展開催

    30日、ベイルートで中国写真展を見学する来場者。レバノンの首都ベイルートで30日、改革開放40周年や「一帯一路」などを紹介する中国写真展が開幕した。同展は在レバノン中国大使館とレバノン美術学院の共同開催で、2月2日まで行われる。(ベイルート=新華社配信/ビラル・ジャビス)=2019(平成31)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124348

  • 01:26.03
    2019年02月05日
    「新華社」エンパイアステートビル、ライトアップで春節祝う

    米ニューヨーク市のシンボル、エンパイアステートビルディング(ESB)は4、5両日夜に頂上部を3色にライトアップして中国の旧正月「春節」を祝う。ライトアップは、中国文化部が同市で行う中国伝統文化のPRイベント「ハッピーニューイヤー・ファンタスティックチャイナ(歓楽春節•芸術中国匯)」のスタッフと中国中央美術学院が共同でデザインした。赤、青、黄の単色ライトが交互にビルの頂上部分を彩る。同ビルで1日午前に開催された2019年中国春節点灯式典には、ニューヨーク中国総領事館の黄屏(こう・へい)総領事とエンパイアステート・リアルティ・トラスト(ESRT)のケスラー社長兼最高執行責任者(COO)が参加し、ライトの点灯を象徴するスイッチを入れた。ビル1階のショーウィンドーには中国対外文化集団公司がデザインした今年の干支「己亥」(いがい、つちのとい)にちなんだ泥人形や切り絵、飴細工、灯籠などが展示された。同ビルの春節ライトアップは今年で連続19年目となる。(記者/張墨成、長遠)<映像内容>ニューヨークで行われた2019年中国春節点灯式典の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518456

  • 2019年03月15日
    油絵画家林崗氏の芸術展、北京で開幕

    林崗氏の油絵作品「船塢(船渠)」(1965年、厚紙、絵寸:24・5センチ×4・5センチ)。中国の著名な油絵画家で、中央美術学院の「傑出した教授」に選ばれた林崗(りん・こう)氏の個人芸術研究展「林崗:写・生」がこのほど、北京市の同学院美術館で開幕した。林氏の見事なスケッチ作品60点余りを集中的に展示し、芸術への愛を抱き続けたその半生や、絶えず自身の限界を打ち破ってきた探究心について紹介している。(北京=新華社配信/中央美術学院美術館提供)=撮影日不明、クレジット:中央美術学院美術館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801031

  • 2019年03月15日
    油絵画家林崗氏の芸術展、北京で開幕

    林崗氏の油絵作品「黄昏」(1956年、厚紙、絵寸:19センチ×33センチ)。中国の著名な油絵画家で、中央美術学院の「傑出した教授」に選ばれた林崗(りん・こう)氏の個人芸術研究展「林崗:写・生」がこのほど、北京市の同学院美術館で開幕した。林氏の見事なスケッチ作品60点余りを集中的に展示し、芸術への愛を抱き続けたその半生や、絶えず自身の限界を打ち破ってきた探究心について紹介している。(北京=新華社配信/中央美術学院美術館提供)=撮影日不明、クレジット:中央美術学院美術館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801029

  • 2019年03月15日
    油絵画家林崗氏の芸術展、北京で開幕

    林崗氏の油絵作品「賽馬小英雄雪巴(競馬の小さな英雄シェバ)」(1978年、キャンバス地、絵寸:53・6センチ×78センチ)。中国の著名な油絵画家で、中央美術学院の「傑出した教授」に選ばれた林崗(りん・こう)氏の個人芸術研究展「林崗:写・生」がこのほど、北京市の同学院美術館で開幕した。林氏の見事なスケッチ作品60点余りを集中的に展示し、芸術への愛を抱き続けたその半生や、絶えず自身の限界を打ち破ってきた探究心について紹介している。(北京=新華社配信/中央美術学院美術館提供)=撮影日不明、クレジット:中央美術学院美術館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801111

  • 2019年03月15日
    油絵画家林崗氏の芸術展、北京で開幕

    林崗氏の油絵作品「街景(町並み)」(1956年、厚紙、絵寸:24・5センチ×27センチ)。中国の著名な油絵画家で、中央美術学院の「傑出した教授」に選ばれた林崗(りん・こう)氏の個人芸術研究展「林崗:写・生」がこのほど、北京市の同学院美術館で開幕した。林氏の見事なスケッチ作品60点余りを集中的に展示し、芸術への愛を抱き続けたその半生や、絶えず自身の限界を打ち破ってきた探究心について紹介している。(北京=新華社配信/中央美術学院美術館提供)=撮影日不明、クレジット:中央美術学院美術館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801112

  • 2019年05月22日
    「中国の名楼」黄鶴楼の壁画に再び息吹湖北省

    壁画の制作現場で色を調合する中央美術学院の教師と学生。(5月22日撮影)「中国の名楼」と呼ばれる湖北省の黄鶴楼内部の大型壁画が11日、30数年ぶりに修復され、再び完成した。新たな壁画は13日に一般公開された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700541

  • 2019年06月16日
    多様な作品が一堂に、魯迅美術学院の卒業制作展開幕遼寧省大連市

    16日、ランウェイでファッション学部の卒業作品を披露するモデル。2019年魯迅美術学院大連キャンパス卒業デザイン展が16日、中国遼寧省大連市で開幕し、大学院や学部の卒業生がデザイン・制作した作品2千点余りが展示された。作品には映像アニメーション、彫刻、ファッション、AR(拡張現実)によるインタラクティブ・インスタレーションなど、さまざまな芸術形式が含まれている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004080

  • 2019年06月16日
    多様な作品が一堂に、魯迅美術学院の卒業制作展開幕遼寧省大連市

    16日、魯迅美術学院の学部卒業生、呉兵傑(ご・へいけつ)さんが創作したインテリア作品「素裹」を鑑賞する来場者。2019年魯迅美術学院大連キャンパス卒業デザイン展が16日、中国遼寧省大連市で開幕し、大学院や学部の卒業生がデザイン・制作した作品2千点余りが展示された。作品には映像アニメーション、彫刻、ファッション、AR(拡張現実)によるインタラクティブ・インスタレーションなど、さまざまな芸術形式が含まれている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003844

  • 2019年06月16日
    多様な作品が一堂に、魯迅美術学院の卒業制作展開幕遼寧省大連市

    16日、魯迅美術学院の学部卒業生、王庚(おう・こう)さんの卒業作品「夢想家」を鑑賞する来場者。2019年魯迅美術学院大連キャンパス卒業デザイン展が16日、中国遼寧省大連市で開幕し、大学院や学部の卒業生がデザイン・制作した作品2千点余りが展示された。作品には映像アニメーション、彫刻、ファッション、AR(拡張現実)によるインタラクティブ・インスタレーションなど、さまざまな芸術形式が含まれている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004030

  • 2019年06月16日
    多様な作品が一堂に、魯迅美術学院の卒業制作展開幕遼寧省大連市

    16日、ランウェイでファッション学部の卒業作品を披露するモデル。2019年魯迅美術学院大連キャンパス卒業デザイン展が16日、中国遼寧省大連市で開幕し、大学院や学部の卒業生がデザイン・制作した作品2千点余りが展示された。作品には映像アニメーション、彫刻、ファッション、AR(拡張現実)によるインタラクティブ・インスタレーションなど、さまざまな芸術形式が含まれている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003853

  • 2019年06月16日
    多様な作品が一堂に、魯迅美術学院の卒業制作展開幕遼寧省大連市

    16日、魯迅美術学院の卒業生の楊明(よう・めい)さんらが協力して完成させた作品「畳字密碼」。2019年魯迅美術学院大連キャンパス卒業デザイン展が16日、中国遼寧省大連市で開幕し、大学院や学部の卒業生がデザイン・制作した作品2千点余りが展示された。作品には映像アニメーション、彫刻、ファッション、AR(拡張現実)によるインタラクティブ・インスタレーションなど、さまざまな芸術形式が含まれている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003837

  • 2019年06月16日
    多様な作品が一堂に、魯迅美術学院の卒業制作展開幕遼寧省大連市

    16日、魯迅美術学院の学部卒業生の作品「神祇霊鼓」を鑑賞する来場者。2019年魯迅美術学院大連キャンパス卒業デザイン展が16日、中国遼寧省大連市で開幕し、大学院や学部の卒業生がデザイン・制作した作品2千点余りが展示された。作品には映像アニメーション、彫刻、ファッション、AR(拡張現実)によるインタラクティブ・インスタレーションなど、さまざまな芸術形式が含まれている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004091

  • 2019年06月16日
    多様な作品が一堂に、魯迅美術学院の卒業制作展開幕遼寧省大連市

    16日、魯迅美術学院の卒業生の楊明(よう・めい)さんらが協力して完成させた作品「畳字密碼」。2019年魯迅美術学院大連キャンパス卒業デザイン展が16日、中国遼寧省大連市で開幕し、大学院や学部の卒業生がデザイン・制作した作品2千点余りが展示された。作品には映像アニメーション、彫刻、ファッション、AR(拡張現実)によるインタラクティブ・インスタレーションなど、さまざまな芸術形式が含まれている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004105

  • 2019年06月16日
    多様な作品が一堂に、魯迅美術学院の卒業制作展開幕遼寧省大連市

    16日、ランウェイでファッション学部の卒業作品を披露するモデル。2019年魯迅美術学院大連キャンパス卒業デザイン展が16日、中国遼寧省大連市で開幕し、大学院や学部の卒業生がデザイン・制作した作品2千点余りが展示された。作品には映像アニメーション、彫刻、ファッション、AR(拡張現実)によるインタラクティブ・インスタレーションなど、さまざまな芸術形式が含まれている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003946

  • 2019年06月16日
    多様な作品が一堂に、魯迅美術学院の卒業制作展開幕遼寧省大連市

    16日、魯迅美術学院の学部卒業生、李佳明(り・かめい)さんが創作した彫刻作品「折紙遊戯——動物編」を鑑賞する来場者。2019年魯迅美術学院大連キャンパス卒業デザイン展が16日、中国遼寧省大連市で開幕し、大学院や学部の卒業生がデザイン・制作した作品2千点余りが展示された。作品には映像アニメーション、彫刻、ファッション、AR(拡張現実)によるインタラクティブ・インスタレーションなど、さまざまな芸術形式が含まれている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003921

  • 2019年06月16日
    多様な作品が一堂に、魯迅美術学院の卒業制作展開幕遼寧省大連市

    16日、美術学院の学部卒業生、李暁宇(り・ぎょうう)さんが創作したインテリア作品「鯨影」を鑑賞する来場者。2019年魯迅美術学院大連キャンパス卒業デザイン展が16日、中国遼寧省大連市で開幕し、大学院や学部の卒業生がデザイン・制作した作品2千点余りが展示された。作品には映像アニメーション、彫刻、ファッション、AR(拡張現実)によるインタラクティブ・インスタレーションなど、さまざまな芸術形式が含まれている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003859

  • 2019年07月21日
    「材料と図式-2019福建漆画全国巡回展」福建展が閉幕

    21日、福州大学厦門工芸美術学院の蘇国偉(そ・こくい)副教授の漆画作品「添彩」。中国福建省福州市で開催されていた「材料と図式-2019福建漆画全国巡回展」福建展が21日、閉幕した。漆画は中華伝統文化の宝であり、福建省は近現代中国の漆芸発祥地の一つだ。福建漆画の画家らはここ数年、先人の技術を継承するとともに、漆画の材料と図式の探求を続けてきた。巡回展には福建漆画芸術の多元性を示し、現代の福建漆画を映し出す作品110点が展示された。2月から寧夏回族自治区銀川市、貴州省貴陽市、四川省成都市を巡ってきた同展は、今月27日から江蘇省常熟市に会場を移して再び幕を開ける。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503241

  • 2019年07月21日
    「材料と図式-2019福建漆画全国巡回展」福建展が閉幕

    21日、福州大学厦門工芸美術学院の佘国華(しゃ・こくか)教授の漆画作品「鳴金曲」。中国福建省福州市で開催されていた「材料と図式-2019福建漆画全国巡回展」福建展が21日、閉幕した。漆画は中華伝統文化の宝であり、福建省は近現代中国の漆芸発祥地の一つだ。福建漆画の画家らはここ数年、先人の技術を継承するとともに、漆画の材料と図式の探求を続けてきた。巡回展には福建漆画芸術の多元性を示し、現代の福建漆画を映し出す作品110点が展示された。2月から寧夏回族自治区銀川市、貴州省貴陽市、四川省成都市を巡ってきた同展は、今月27日から江蘇省常熟市に会場を移して再び幕を開ける。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503163

  • 2019年08月30日
    王岐山氏、広東省を視察

    8月30日、広州美術学院を視察する王岐山氏。中国の王岐山(おう・きざん)国家副主席は8月29~31日、広東省を視察した。(広州=新華社記者/姚大偉)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200890

  • 01:27.92
    2019年09月11日
    「新華社」「中国の名楼」黄鶴楼の壁画に再び息吹湖北省

    「中国の名楼」と呼ばれる湖北省の黄鶴楼内部の大型壁画が11日、30数年ぶりに修復され、再び完成した。黄鶴楼5階の四面の壁に描かれた壁画は「江天浩瀚」と題され、濃い色合いの写意画(画家の心意を描写した絵画)10点で構成されている。壁画制作が始まったのは1980年代で、中国神話協会副主席で中央美術学院教授の楼家本(ろう・かほん)氏が中心となり、4年余りの歳月を費やして描かれた。楼氏は新華社の取材に応じ「この30年の時代の発展は、黄鶴楼を代表とする長江文化に新たな意味をもたらした。そこで過去の壁画に反映された時代性や文化性を再構築する必要があった」と語った。今年78歳になった楼氏は5月、再び黄鶴楼に登り、30年以上前の作品に新たな息吹を吹き込んだ。新しく完成した壁画は13日、一般公開された。(記者/馮国棟)<映像内容>黄鶴楼内部の大型壁画、修復の様子、撮影日:2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091904846

  • 01:45.44
    2019年12月05日
    「新華社」中国の四大名陶「栄昌陶」に見る無形文化遺産の美

    中国重慶市栄昌区の陶器は「ナツメのように赤く、紙のように薄く、磬(けい、打楽器の一種)のように美しく鳴り、鏡のように明るい」と高く評価されている。栄昌陶は1953年、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、広西チワン族自治区の欽州陶、雲南省の建水陶と共に、中国軽工業部により中国の「四大名陶」と名付けられた。栄昌陶の起こりは漢代までさかのぼる。唐や宋の時代に盛んに作られるようになり、明や清の時代に広く名を知られるようになった。栄昌陶器の制作技術は2011年、国家級無形文化遺産リストに登録され、同年、重慶市を代表する12の農産品、食品、工芸品「巴渝十二品」に認定された。栄昌陶の代表的伝承者である梁先才(りょう・せんさい)氏は、栄昌区は国家級の創作拠点を建設し、その成果は良好で、今年3月から現在までに延べ5万5千人が同拠点で栄昌陶の知識を学んだと述べた。師弟による伝承だけでなく、美術アカデミー出身の若者も、この無形文化遺産の伝承に加わっている。栄昌区安富鎮通安村では、四川美術学院を卒業した管永双(かん・えいそう)夫妻が、古い家屋を工房として借り、陶器制作に打ち込んでいる。管氏はここ数年、栄昌陶の革新に取り組み、伝統的な釉薬である漢代の灰釉(かいゆう)をベースに、さまざまな植物の燃え殻を分類し、20種類以上に上る天然の灰釉を試作した。栄昌陶の制作者らは現在、この伝統的な芸術の伝承、革新、発展の道に次々と加わり、伝承者の育成にも取り組んでいる。現在70才の梁氏は「まだ精力があるうちに、伝承者の育成に取り組みたい」と語った。(記者/黎華玲)<映像内容>栄昌陶器の制作の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604630

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「孫権築城」の下部。職人が苦心して黄鶴楼を建築する過程が詳しく描かれている。壁画には職人のそばで戈(か)と呼ばれる武器を持って監督する兵士が描かれ、黄鶴楼が当初は軍事施設だったことを示している。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900279

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「周瑜設宴」を鑑賞する観光客。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900322

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「周瑜設宴」。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900366

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「孫権築城」の細部。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900320

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「周瑜設宴」の上部。劉備が船に乗り、危機から脱するのに成功した場面を詳しく描いている。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900370

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「孫権築城」の上部。最上部には黄鶴楼創建時の歴史的背景、2段目には孫権がやぐらに地方官吏を呼び出し城壁の設計図をチェックする場面が描かれている。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900380

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「周瑜設宴」。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121900381

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:21.83
    2019年12月16日
    「新華社」三国志の物語、黄鶴楼で展示湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代(220~280年)に創建され、歴史上破壊と再建を繰り返してきた。現在の黄鶴楼は、1985年に長江南岸の蛇山山頂に清代に破壊された建物を再建したもので、一般公開している。中国国内最高レベルの観光スポット「国家5A級旅遊景区」に指定され、同市のランドマークとなっている。黄鶴楼の2階展示室には、中国で民間に広く伝わる三国時代の物語が描かれた壁画が2枚飾られている。1枚は、「孫権築城」を題材に、漢代の画像磚(がぞうせん、れんがに図案を彫刻したもの)の手法で黄鶴楼建築の場面を再現したもの。もう1枚は、「周瑜(しゅうゆ)設宴」を題材に、劉備が周瑜に黄鶴楼での宴を口実に暗殺されそうになるが難を逃れた「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いたものだ。(記者/馮国棟)<映像内容>黄鶴楼の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600712

  • 2020年09月01日
    コーヒーに魅せられた陶芸作家浙江省杭州市

    1日、杭州市郊外の陶芸工房で、陶芸作家の王珏良(おう・かくりょう)さんと窯出ししたばかりの柴焼作品について語り合う余元楓さん(左)。「柴焼」は薪焼き窯を用いて高温で焼き上げる技法を指す。余元楓(よ・げんふう)さんは、コーヒーをこよなく愛する陶芸作家。中国浙江省杭州市にある中国美術学院の陶芸専攻修士課程を修了し、大学で11年間教鞭を執った後、同市郊外の茶山の近くに陶芸工房を開設。陶器を制作するかたわらコーヒー豆を焙煎している。焙煎した世界各地のコーヒー豆が放つ芳香に魅了されてから、土で作り上げたさまざまな形の器具を使ってコーヒーを入れている。余さんは陶器の焼成とコーヒー豆の焙煎には共通点があると指摘し、「コーヒーと陶土は日々新しい期待とイマジネーションを与えてくれる。自然と生活がぶつかり合う中で、いつも無邪気に楽しむ気持ちを持ち続けたい」と語る。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903975

  • 2020年09月01日
    コーヒーに魅せられた陶芸作家浙江省杭州市

    1日、杭州市郊外の陶芸工房で、陶芸作家の王珏良(おう・かくりょう)さんと新作の陶器の形について語り合う余元楓さん(右)。余元楓(よ・げんふう)さんは、コーヒーをこよなく愛する陶芸作家。中国浙江省杭州市にある中国美術学院の陶芸専攻修士課程を修了し、大学で11年間教鞭を執った後、同市郊外の茶山の近くに陶芸工房を開設。陶器を制作するかたわらコーヒー豆を焙煎している。焙煎した世界各地のコーヒー豆が放つ芳香に魅了されてから、土で作り上げたさまざまな形の器具を使ってコーヒーを入れている。余さんは陶器の焼成とコーヒー豆の焙煎には共通点があると指摘し、「コーヒーと陶土は日々新しい期待とイマジネーションを与えてくれる。自然と生活がぶつかり合う中で、いつも無邪気に楽しむ気持ちを持ち続けたい」と語る。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090904003

  • 2020年09月01日
    コーヒーに魅せられた陶芸作家浙江省杭州市

    1日、杭州市郊外の陶芸工房で、友人たちにコーヒーを入れる余元楓さん。余元楓(よ・げんふう)さんは、コーヒーをこよなく愛する陶芸作家。中国浙江省杭州市にある中国美術学院の陶芸専攻修士課程を修了し、大学で11年間教鞭を執った後、同市郊外の茶山の近くに陶芸工房を開設。陶器を制作するかたわらコーヒー豆を焙煎している。焙煎した世界各地のコーヒー豆が放つ芳香に魅了されてから、土で作り上げたさまざまな形の器具を使ってコーヒーを入れている。余さんは陶器の焼成とコーヒー豆の焙煎には共通点があると指摘し、「コーヒーと陶土は日々新しい期待とイマジネーションを与えてくれる。自然と生活がぶつかり合う中で、いつも無邪気に楽しむ気持ちを持ち続けたい」と語る。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903971

  • 2020年09月01日
    コーヒーに魅せられた陶芸作家浙江省杭州市

    1日、杭州市郊外の陶芸工房で、余元楓さんが制作した日用陶器。(組み合わせ写真)余元楓(よ・げんふう)さんは、コーヒーをこよなく愛する陶芸作家。中国浙江省杭州市にある中国美術学院の陶芸専攻修士課程を修了し、大学で11年間教鞭を執った後、同市郊外の茶山の近くに陶芸工房を開設。陶器を制作するかたわらコーヒー豆を焙煎している。焙煎した世界各地のコーヒー豆が放つ芳香に魅了されてから、土で作り上げたさまざまな形の器具を使ってコーヒーを入れている。余さんは陶器の焼成とコーヒー豆の焙煎には共通点があると指摘し、「コーヒーと陶土は日々新しい期待とイマジネーションを与えてくれる。自然と生活がぶつかり合う中で、いつも無邪気に楽しむ気持ちを持ち続けたい」と語る。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903945

  • 2020年09月01日
    コーヒーに魅せられた陶芸作家浙江省杭州市

    1日、杭州市郊外の陶芸工房で、挽きたてのコーヒー豆の香りをかぐ女の子。余元楓(よ・げんふう)さんは、コーヒーをこよなく愛する陶芸作家。中国浙江省杭州市にある中国美術学院の陶芸専攻修士課程を修了し、大学で11年間教鞭を執った後、同市郊外の茶山の近くに陶芸工房を開設。陶器を制作するかたわらコーヒー豆を焙煎している。焙煎した世界各地のコーヒー豆が放つ芳香に魅了されてから、土で作り上げたさまざまな形の器具を使ってコーヒーを入れている。余さんは陶器の焼成とコーヒー豆の焙煎には共通点があると指摘し、「コーヒーと陶土は日々新しい期待とイマジネーションを与えてくれる。自然と生活がぶつかり合う中で、いつも無邪気に楽しむ気持ちを持ち続けたい」と語る。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903968

  • 2020年09月03日
    コーヒーに魅せられた陶芸作家浙江省杭州市

    3日、杭州市郊外の陶芸工房で、ろくろを回す余元楓さん。余元楓(よ・げんふう)さんは、コーヒーをこよなく愛する陶芸作家。中国浙江省杭州市にある中国美術学院の陶芸専攻修士課程を修了し、大学で11年間教鞭を執った後、同市郊外の茶山の近くに陶芸工房を開設。陶器を制作するかたわらコーヒー豆を焙煎している。焙煎した世界各地のコーヒー豆が放つ芳香に魅了されてから、土で作り上げたさまざまな形の器具を使ってコーヒーを入れている。余さんは陶器の焼成とコーヒー豆の焙煎には共通点があると指摘し、「コーヒーと陶土は日々新しい期待とイマジネーションを与えてくれる。自然と生活がぶつかり合う中で、いつも無邪気に楽しむ気持ちを持ち続けたい」と語る。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903967

  • 2020年09月03日
    コーヒーに魅せられた陶芸作家浙江省杭州市

    3日、杭州市郊外の陶芸工房で、焼き上がった陶器を窯出しする余元楓さん。余元楓(よ・げんふう)さんは、コーヒーをこよなく愛する陶芸作家。中国浙江省杭州市にある中国美術学院の陶芸専攻修士課程を修了し、大学で11年間教鞭を執った後、同市郊外の茶山の近くに陶芸工房を開設。陶器を制作するかたわらコーヒー豆を焙煎している。焙煎した世界各地のコーヒー豆が放つ芳香に魅了されてから、土で作り上げたさまざまな形の器具を使ってコーヒーを入れている。余さんは陶器の焼成とコーヒー豆の焙煎には共通点があると指摘し、「コーヒーと陶土は日々新しい期待とイマジネーションを与えてくれる。自然と生活がぶつかり合う中で、いつも無邪気に楽しむ気持ちを持ち続けたい」と語る。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903998

  • 2020年09月03日
    コーヒーに魅せられた陶芸作家浙江省杭州市

    3日、杭州市郊外の陶芸工房で、土をこねる余元楓さん。余元楓(よ・げんふう)さんは、コーヒーをこよなく愛する陶芸作家。中国浙江省杭州市にある中国美術学院の陶芸専攻修士課程を修了し、大学で11年間教鞭を執った後、同市郊外の茶山の近くに陶芸工房を開設。陶器を制作するかたわらコーヒー豆を焙煎している。焙煎した世界各地のコーヒー豆が放つ芳香に魅了されてから、土で作り上げたさまざまな形の器具を使ってコーヒーを入れている。余さんは陶器の焼成とコーヒー豆の焙煎には共通点があると指摘し、「コーヒーと陶土は日々新しい期待とイマジネーションを与えてくれる。自然と生活がぶつかり合う中で、いつも無邪気に楽しむ気持ちを持ち続けたい」と語る。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090904002

  • 2020年09月03日
    コーヒーに魅せられた陶芸作家浙江省杭州市

    3日、杭州市郊外の陶芸工房で、コーヒー豆を焙煎する余元楓さん。余元楓(よ・げんふう)さんは、コーヒーをこよなく愛する陶芸作家。中国浙江省杭州市にある中国美術学院の陶芸専攻修士課程を修了し、大学で11年間教鞭を執った後、同市郊外の茶山の近くに陶芸工房を開設。陶器を制作するかたわらコーヒー豆を焙煎している。焙煎した世界各地のコーヒー豆が放つ芳香に魅了されてから、土で作り上げたさまざまな形の器具を使ってコーヒーを入れている。余さんは陶器の焼成とコーヒー豆の焙煎には共通点があると指摘し、「コーヒーと陶土は日々新しい期待とイマジネーションを与えてくれる。自然と生活がぶつかり合う中で、いつも無邪気に楽しむ気持ちを持ち続けたい」と語る。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090904015

  • 2020年09月03日
    コーヒーに魅せられた陶芸作家浙江省杭州市

    3日、杭州市郊外の陶芸工房で、コーヒー豆を焙煎する余元楓さん。余元楓(よ・げんふう)さんは、コーヒーをこよなく愛する陶芸作家。中国浙江省杭州市にある中国美術学院の陶芸専攻修士課程を修了し、大学で11年間教鞭を執った後、同市郊外の茶山の近くに陶芸工房を開設。陶器を制作するかたわらコーヒー豆を焙煎している。焙煎した世界各地のコーヒー豆が放つ芳香に魅了されてから、土で作り上げたさまざまな形の器具を使ってコーヒーを入れている。余さんは陶器の焼成とコーヒー豆の焙煎には共通点があると指摘し、「コーヒーと陶土は日々新しい期待とイマジネーションを与えてくれる。自然と生活がぶつかり合う中で、いつも無邪気に楽しむ気持ちを持ち続けたい」と語る。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090904022

  • 2020年09月03日
    コーヒーに魅せられた陶芸作家浙江省杭州市

    3日、杭州市郊外の陶芸工房で、古い陶拍を使ってかめの表面に文様を入れる余元楓さん。余元楓(よ・げんふう)さんは、コーヒーをこよなく愛する陶芸作家。中国浙江省杭州市にある中国美術学院の陶芸専攻修士課程を修了し、大学で11年間教鞭を執った後、同市郊外の茶山の近くに陶芸工房を開設。陶器を制作するかたわらコーヒー豆を焙煎している。焙煎した世界各地のコーヒー豆が放つ芳香に魅了されてから、土で作り上げたさまざまな形の器具を使ってコーヒーを入れている。余さんは陶器の焼成とコーヒー豆の焙煎には共通点があると指摘し、「コーヒーと陶土は日々新しい期待とイマジネーションを与えてくれる。自然と生活がぶつかり合う中で、いつも無邪気に楽しむ気持ちを持ち続けたい」と語る。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903948

  • 00:49.08
    2020年10月14日
    「新華社」アジアソーシャルデザイン展、遼寧省瀋陽市で開催

    中国遼寧省瀋陽市の魯迅美術学院美術館では現在、2020アジアソーシャルデザイン展が開かれている。同美術館とレッド・ドット・デザインミュージアムの共催で、20の国と地域のデザイナーやブランド、ソーシャルデザインに関する世界の実例100以上、各種作品400件以上を集めた。会期は10月9日から19日まで。(記者/姜兆臣)<映像内容>2020アジアソーシャルデザイン展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101501593

  • 00:57.80
    2020年10月30日
    「新華社」四川美術学院、創立80周年記念でライトアップフェス

    中国重慶市の四川美術学院はこのほど、創立80周年記念イベントの一環としてライトアップフェスティバルを開催、映像ショーやライトアップショー、建築物・景観照明、ライトアップ装置など各種芸術表現で市民の目を楽しませた。(記者/谷訓、楊仕彦)<映像内容>四川美術学院のライトアップフェスティバルの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110301588

  • 2020年12月29日
    (3)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    26日、空から見た雄安駅。(小型無人機から)中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903272

  • 2020年12月29日
    (2)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    雄安駅に掲げられた扁額。制作には卵の殻4キロが使用されている。中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903256

  • 2020年12月29日
    (5)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    26日、雄安駅の外観。(小型無人機から)中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903262

  • 2020年12月29日
    (1)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    雄安駅に掲げられた扁額。(資料写真)中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903252

  • 2020年12月29日
    (4)雄安駅開業、鋼鉄27万トンと卵の殻4キロを使用

    雄安駅構内の柱に施されたハスの花の装飾。(資料写真)中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅が27日、鉄道の開通と同時に開業した。あまり知られてはいないが、実は同駅の扁額にはアヒルの卵の殻4キロを用いた象眼加工が施されている。扁額のデザインチームの責任者で、清華大学美術学院工業デザイン学部の劉強(りゅう・きょう)准教授は、卵の殻は中国特有の大漆工芸において耐久性の高い素材とされ、10余りの工程を経ることで、割れやすい卵の殻が千年経っても壊れないほどの丈夫さを持つようになると説明した。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団の雄安駅プロジェクト部門の責任者によると、同駅建設に使われた鋼鉄の量は約27万トン、鉄骨構造の溶接継目は約32万カ所に達し、溶接ワイヤの長さだけで地球100周分に相当するという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903258

  • 01:00.78
    2021年04月12日
    「新華社」ハイテクと伝統文化の融合ロボット楽団と演奏家が共演

    中国北京市にある清華大学の新清華学堂で10日夜、楽器演奏ロボット3体と民族音楽演奏家の方錦竜(ほう・きんりゅう)さんが共演するコンサートが開かれた。人間の大人と同じくらいの身長のロボットは、竹笛や箜篌(くご、ハープに似た楽器)、排鼓(はいこ、音程の異なる数個の太鼓を円形に並べたもの)を演奏し、ロボット楽団と人間の演奏家の合奏が実現した。ロボット楽団の名前は「墨甲」。清華大学美術学院と同大学未来実験室が共同で行った学際的研究から誕生した。人工知能(AI)時代における中国民族音楽の革新的な表現を探求することが狙い。「墨甲」開発チームは2018年に発足。同大学の学生や教員、OBの起業家チームが中心となって結成された。メンバーはそれぞれ、コンピューターや機械工学、造形・彫刻、音楽・作曲などの専門知識を持つ。プロジェクトの首席科学者(チーフサイエンティスト)でもある、同大学美術学院の米海鵬(べい・かいほう)副教授は「ハイテク感を用いて伝統文化を伝えることで、若い人たちに興味を持ってもらいたい」と語った。(記者/魏夢佳、王晨曦、孟菁) =配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041306175

  • 2021年04月20日
    (6)習近平氏、清華大学を視察

    19日、清華大学の美術学院で、同学院が創立を記念して開いた特別展を見学する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は19日、間もなく創立110周年を迎える清華大学を視察した。(北京=新華社記者/丁林)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042009623

  • 2021年06月03日
    (5)中国美術学院の卒業制作展浙江省杭州市で開催

    2日、浙江美術館で壁画作品を鑑賞する来場者。中国浙江省杭州市で2日、中国美術学院の卒業制作展が開幕し、卒業生らの優れた作品400点が一般公開された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400395

  • 2021年06月03日
    (3)中国美術学院の卒業制作展浙江省杭州市で開催

    2日、浙江美術館で版画作品を鑑賞する来場者。中国浙江省杭州市で2日、中国美術学院の卒業制作展が開幕し、卒業生らの優れた作品400点が一般公開された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400530

  • 2021年06月03日
    (1)中国美術学院の卒業制作展浙江省杭州市で開催

    2日、浙江美術館で油絵を鑑賞する来場者。中国浙江省杭州市で2日、中国美術学院の卒業制作展が開幕し、卒業生らの優れた作品400点が一般公開された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400522

  • 2021年06月03日
    (2)中国美術学院の卒業制作展浙江省杭州市で開催

    2日、浙江美術館で工業デザイン作品を鑑賞する来場者。中国浙江省杭州市で2日、中国美術学院の卒業制作展が開幕し、卒業生らの優れた作品400点が一般公開された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400511

  • 2021年06月03日
    (6)中国美術学院の卒業制作展浙江省杭州市で開催

    2日、浙江美術館で中国美術学院の卒業制作展を見学する来場者。中国浙江省杭州市で2日、中国美術学院の卒業制作展が開幕し、卒業生らの優れた作品400点が一般公開された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400381

  • 2021年06月03日
    (4)中国美術学院の卒業制作展浙江省杭州市で開催

    2日、浙江美術館で油絵を鑑賞する来場者。中国浙江省杭州市で2日、中国美術学院の卒業制作展が開幕し、卒業生らの優れた作品400点が一般公開された。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400409

  • 2021年06月28日
    (4)カメルーン在住の中国人芸術家、文化交流の使者に

    カメルーンの首都ヤウンデで、鉱山用ドリルを使って即興で創作する黄建兵さん。(3月5日撮影)「阿兵」の雅号を持つ芸術家の黄建兵(こう・けんへい)さん(47)は、華僑のふるさととして知られる中国福建省福清市の出身で、中部アフリカのカメルーンに暮らして18年になる。黄さんは幼い頃から美術が好きで、17歳から働きながら油絵の勉強を始めた。2003年、親戚の紹介でカメルーンに渡り貿易の仕事に就くが、芸術家になる夢を捨てきれず、15年に北京市の中央美術学院で1年間の研修課程を履修することにした。大学側は黄さんのアフリカでの一風変わった経歴を評価、黄さんに半年間、アフリカで創作活動に没頭する環境を与えた。17年5月、在中国カメルーン大使館が開いた建国記念日を祝うレセプションに、黄さんの作品が展示された。同国の駐中国大使は黄さんを「両国の文化交流の使者」と称えた。(ヤウンデ=新華社記者/喬本孝)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062812008

  • 2021年06月28日
    (3)カメルーン在住の中国人芸術家、文化交流の使者に

    カメルーンの首都ヤウンデで、鉱山用ドリルを使って即興で創作する黄建兵さん。(3月5日撮影)「阿兵」の雅号を持つ芸術家の黄建兵(こう・けんへい)さん(47)は、華僑のふるさととして知られる中国福建省福清市の出身で、中部アフリカのカメルーンに暮らして18年になる。黄さんは幼い頃から美術が好きで、17歳から働きながら油絵の勉強を始めた。2003年、親戚の紹介でカメルーンに渡り貿易の仕事に就くが、芸術家になる夢を捨てきれず、15年に北京市の中央美術学院で1年間の研修課程を履修することにした。大学側は黄さんのアフリカでの一風変わった経歴を評価、黄さんに半年間、アフリカで創作活動に没頭する環境を与えた。17年5月、在中国カメルーン大使館が開いた建国記念日を祝うレセプションに、黄さんの作品が展示された。同国の駐中国大使は黄さんを「両国の文化交流の使者」と称えた。(ヤウンデ=新華社記者/喬本孝)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062812027

  • 2021年06月28日
    (2)カメルーン在住の中国人芸術家、文化交流の使者に

    カメルーンの首都ヤウンデで、日の出を題材にした絵を描く黄建兵さん。(3月5日撮影)「阿兵」の雅号を持つ芸術家の黄建兵(こう・けんへい)さん(47)は、華僑のふるさととして知られる中国福建省福清市の出身で、中部アフリカのカメルーンに暮らして18年になる。黄さんは幼い頃から美術が好きで、17歳から働きながら油絵の勉強を始めた。2003年、親戚の紹介でカメルーンに渡り貿易の仕事に就くが、芸術家になる夢を捨てきれず、15年に北京市の中央美術学院で1年間の研修課程を履修することにした。大学側は黄さんのアフリカでの一風変わった経歴を評価、黄さんに半年間、アフリカで創作活動に没頭する環境を与えた。17年5月、在中国カメルーン大使館が開いた建国記念日を祝うレセプションに、黄さんの作品が展示された。同国の駐中国大使は黄さんを「両国の文化交流の使者」と称えた。(ヤウンデ=新華社記者/喬本孝)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062812029

  • 2021年06月28日
    (1)カメルーン在住の中国人芸術家、文化交流の使者に

    カメルーンの首都ヤウンデで、日の出を題材にした絵を描く黄建兵さん。(3月5日撮影)「阿兵」の雅号を持つ芸術家の黄建兵(こう・けんへい)さん(47)は、華僑のふるさととして知られる中国福建省福清市の出身で、中部アフリカのカメルーンに暮らして18年になる。黄さんは幼い頃から美術が好きで、17歳から働きながら油絵の勉強を始めた。2003年、親戚の紹介でカメルーンに渡り貿易の仕事に就くが、芸術家になる夢を捨てきれず、15年に北京市の中央美術学院で1年間の研修課程を履修することにした。大学側は黄さんのアフリカでの一風変わった経歴を評価、黄さんに半年間、アフリカで創作活動に没頭する環境を与えた。17年5月、在中国カメルーン大使館が開いた建国記念日を祝うレセプションに、黄さんの作品が展示された。同国の駐中国大使は黄さんを「両国の文化交流の使者」と称えた。(ヤウンデ=新華社記者/喬本孝)= 配信日: 2021(令和3)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062812032

  • 00:59.98
    2021年09月26日
    「新華社」世界的な工業デザインの優秀作品浙江省杭州市で展覧

    中国浙江省杭州市の浙江展覧館でこのほど、「2021中国設計智造大賞(DESIGNINTELLIGENCEAWARD、DIA)」優秀作品展と「アートと生活」第4回優秀芸術デザイン作品展が開幕した。同展は18カ国・地域のデザイナーが手掛けた新作327点を「文化・イノベーション」「生活の知恵」「工業設備」「デジタル経済」の四つのコーナーに分けて展示。工業設備や生活家電、文化クリエーティブ製品、デジタルサービスなど複数の分野で世界のデザイナーが探求してきた最新の成果を見せている。DIAは中国美術学院の主催で、中国初の工業デザインの国際的な学術賞として2015年に始まった。今回は世界35カ国・地域から、7815点の応募作品が寄せられた。(記者/馮源) =配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092701474

  • 00:39.00
    2021年11月15日
    「新華社」キャンパスに広がる多彩な雪像世界遼寧省鞍山市

    中国遼寧省鞍山市の鞍山師範学院美術学院ではこのほどの大雪の後、多くの「芸術家」が現れ美しい雪像を創作した。キャンパスの一角には、ビーナスやクマのプーさん、三星堆遺跡の青銅仮面、車などを題材にした20組余りの雪像が並び、学生の間で人気スポットとなっている。(記者/李恒、趙洪南) =配信日: 2021(令和3)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111504799

  • 2021年11月19日
    (4)中国、2022壬寅(虎)年金銀記念貨幣を発行

    18日、記念貨幣の裏面デザインについて説明する清華大学美術学院の呉冠英(ご・かんえい)教授。中国人民銀行(中央銀行)は18日、2022中国壬寅(虎)年金銀記念貨幣セットを発行した。記念貨幣は金貨8枚、銀貨5枚の13枚セットで、ともに中国の法定通貨となる。(北京=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112001610

  • 2021年12月27日
    (7)「2021無問西東招待展」、上海市で開幕

    26日、陶磁器を用いたインスタレーション作品を見つめる来場者。中国上海市浦東新区の中華芸術宮(上海美術館)で26日、上海美術学院、中華芸術宮、中国美術家協会、上海市美術家協会が共催する美術展「2021無問西東招待展」(EsatAndWestInvitationExhibition2021)が開幕した。世界各地の芸術家70人の作品200点(組)余りを展示している。会期は来年3月3日まで。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122704655

  • 2021年12月27日
    (9)「2021無問西東招待展」、上海市で開幕

    26日、「2021無問西東招待展」で展示された作品。中国上海市浦東新区の中華芸術宮(上海美術館)で26日、上海美術学院、中華芸術宮、中国美術家協会、上海市美術家協会が共催する美術展「2021無問西東招待展」(EsatAndWestInvitationExhibition2021)が開幕した。世界各地の芸術家70人の作品200点(組)余りを展示している。会期は来年3月3日まで。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122704657

  • 2021年12月27日
    (1)「2021無問西東招待展」、上海市で開幕

    26日、「2021無問西東招待展」で展示された日本人芸術家、保科豊巳氏の作品。中国上海市浦東新区の中華芸術宮(上海美術館)で26日、上海美術学院、中華芸術宮、中国美術家協会、上海市美術家協会が共催する美術展「2021無問西東招待展」(EsatAndWestInvitationExhibition2021)が開幕した。世界各地の芸術家70人の作品200点(組)余りを展示している。会期は来年3月3日まで。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122704644

  • 2021年12月27日
    (3)「2021無問西東招待展」、上海市で開幕

    26日、「2021無問西東招待展」を見学する来場者。中国上海市浦東新区の中華芸術宮(上海美術館)で26日、上海美術学院、中華芸術宮、中国美術家協会、上海市美術家協会が共催する美術展「2021無問西東招待展」(EsatAndWestInvitationExhibition2021)が開幕した。世界各地の芸術家70人の作品200点(組)余りを展示している。会期は来年3月3日まで。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122704649

  • 2021年12月27日
    (2)「2021無問西東招待展」、上海市で開幕

    26日、「2021無問西東招待展」を見学する来場者。中国上海市浦東新区の中華芸術宮(上海美術館)で26日、上海美術学院、中華芸術宮、中国美術家協会、上海市美術家協会が共催する美術展「2021無問西東招待展」(EsatAndWestInvitationExhibition2021)が開幕した。世界各地の芸術家70人の作品200点(組)余りを展示している。会期は来年3月3日まで。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122704646

  • 2021年12月27日
    (5)「2021無問西東招待展」、上海市で開幕

    26日、「2021無問西東招待展」で展示された作品。中国上海市浦東新区の中華芸術宮(上海美術館)で26日、上海美術学院、中華芸術宮、中国美術家協会、上海市美術家協会が共催する美術展「2021無問西東招待展」(EsatAndWestInvitationExhibition2021)が開幕した。世界各地の芸術家70人の作品200点(組)余りを展示している。会期は来年3月3日まで。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122704651

  • 2021年12月27日
    (8)「2021無問西東招待展」、上海市で開幕

    26日、書道作品「漢簡六条屏」を見つめる来場者。中国上海市浦東新区の中華芸術宮(上海美術館)で26日、上海美術学院、中華芸術宮、中国美術家協会、上海市美術家協会が共催する美術展「2021無問西東招待展」(EsatAndWestInvitationExhibition2021)が開幕した。世界各地の芸術家70人の作品200点(組)余りを展示している。会期は来年3月3日まで。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122704654

  • 2021年12月27日
    (4)「2021無問西東招待展」、上海市で開幕

    26日、「2021無問西東招待展」を見学する来場者。中国上海市浦東新区の中華芸術宮(上海美術館)で26日、上海美術学院、中華芸術宮、中国美術家協会、上海市美術家協会が共催する美術展「2021無問西東招待展」(EsatAndWestInvitationExhibition2021)が開幕した。世界各地の芸術家70人の作品200点(組)余りを展示している。会期は来年3月3日まで。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122704650

  • 1
  • 2