KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 世界
  • 令和
  • 内側
  • 制作
  • 唐物
  • 天目茶碗
  • 工程
  • 意味
  • 日本語
  • 景徳鎮

「群馬県出身」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
20
( 1 20 件を表示)
  • 1
20
( 1 20 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  ファブリカ社長に水野氏
    1995年05月19日
    ファブリカ社長に水野氏

    ファブリカトヤマ社長に内定した水野淳正氏=みずの・あつまさ=東大法卒。56年(昭31)東洋紡に入り、取締役、常務を経て、94年からファブリカトヤマ副社長。62歳。群馬県出身。北浦滋夫社長は相談役。6月29日決定)

    商品コード: 1995051900034

  •  富士汽船社長に浦野氏
    1995年05月25日
    富士汽船社長に浦野氏

    浦野昭氏(うらの・あきら、法政大文学部卒。58年(昭33)恵通企業(現ヒューマックス)に入り、常務などを経て93年から富士汽船取締役とヒューマックス専務を兼務。59歳。群馬県出身)

    商品コード: 1995052500075

  •  新光電社長に茂木氏
    1995年05月26日
    新光電社長に茂木氏

    新光電気工業の次期社長に内定した茂木淳一(もぎ・じゅんいち)東北大工卒。61年(昭36)富士通信機製造(現富士通)に入り、電子デバイス事業本部副本部長を経て93年から新光電気工業専務。56歳。群馬県出身

    商品コード: 1995052600077

  • 農水省人事 農水事務次官に上野氏
    1995年06月01日
    農水省人事 農水事務次官に上野氏

    事務次官に内定した上野博史氏、食糧庁長官に内定した高橋政行氏、官房長に内定した高木勇樹氏(うえの・ひろふみ・東大法学部卒、昭和37年農林省(農水省)入省。農蚕園芸局長、官房長を経て平成6年2月から食糧庁長官。鹿児島県出身。57歳。=人物通信26777)(たかはし・まさゆき・昭和38年農林省(農水省)入省。食糧庁管理部長、農蚕園芸局長を経て平成6年2月から官房長。岐阜県出身。55歳。=平6国内1828)(たかぎ・ゆうき・東大法学部卒、昭和41年農林省(農水省)入省。官房企画室長、食糧庁管理部長を経て平成6年4月から畜産局長。群馬県出身。52歳。=平6国内4523)

    商品コード: 1995060100104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年09月06日
    内閣・自民合同葬 福田赳夫氏死去

    大蔵官僚から政界に転じ、76年12月から首相を約2年間務めた。自民党では田中角栄氏と長期間激しく対立し、「角福戦争」と称された 1995(平成7)年7月5日没 90歳 群馬県出身 写真は同年9月6日、日本武道館で行われた福田元首相の内閣・自民合同葬 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第11巻使用画像(P190)

    商品コード: 2015071300530

  •  八ツ場ダム視察
    2009年10月02日
    八ツ場ダム視察

    八ツ場ダムの建設予定地を視察する自民党の谷垣総裁、中曽根弘文、佐田玄一郎ら=2009(平成21)年10月2日、群馬県長野原町、クレジット:上森清二/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122610399

  •  新イメージガールに2人 トリンプが発表
    10:39.23
    2015年10月20日
    新イメージガールに2人 トリンプが発表

    下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパンは20日、2016イメージガールを発表した。川辺優紀子さん(24)(群馬県出身)と中川知香さん(22)(新潟県出身)。11月に就任し、来年10月までトリンプのPR活動を行う。<映像内容>発表会見の様子、2人のフォトセッションと囲みなど、撮影日:2015(平成27)年10月20日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2020121506041

  •  資料映像 中曽根元首相が死去  「戦後政治の総決算」
    01:17.04
    2018年07月06日
    資料映像 中曽根元首相が死去  「戦後政治の総決算」

    安倍、佐藤、吉田、小泉各内閣に次ぐ戦後第5位の長期政権を担い「戦後政治の総決算」を掲げて国鉄(現JR各社)の分割・民営化を実現した元首相の中曽根康弘(なかそね・やすひろ)氏が死去したことが29日、分かった。101歳。群馬県出身。<映像内容>昨年の「中曽根康弘賞」の第14回授賞式での中曽根康弘氏入り、あいさつ、撮影日:2018(平成30)年7月6日、撮影場所:東京都千代田区永田町 ザ・キャピトルホテル東急

    商品コード: 2019112903915

  • レスリングの吉田と渡辺 金量産の格闘技王国
    2019年04月17日
    レスリングの吉田と渡辺 金量産の格闘技王国

    東京五輪レスリングで1日に3個の金メダルを獲得した(左から)上武洋次郎、渡辺長武、吉田義勝=1964年10月14日、駒沢体育館

    商品コード: 2019041701791

  •  妻と息子もメダリスト
    2019年07月17日
    妻と息子もメダリスト

    群馬県出身の主な五輪選手

    商品コード: 2019071703011

  •  妻と息子もメダリスト
    2019年07月17日
    妻と息子もメダリスト

    群馬県出身の主な五輪選手

    商品コード: 2019071703014

  •  (3)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省
    2021年11月02日
    (3)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省

    茶道の点前を披露する日本人陶芸家の高柳綾緒さん。(10月10日撮影)日本語の「唐物」は中国からの舶来品を指す言葉で、非常に貴重な品を意味する。日本の群馬県出身の陶芸家、高柳綾緒さんによると、唐物の最高傑作の一つに「天目茶碗」があり、その中でもよく知られているのが、内側に木の葉を焼き付けた「木の葉天目」だという。木の葉天目は焼き上がるまでの工程が極めて複雑なことから、どの窯にも火加減に関する決まりはない。また、歩留まりが悪いため、世界に現存するのは宋代の木の葉天目十数点のみとなっている。日本では、「天目茶碗」は国宝級文化財として知られる。高柳さんは2000年に日本の美術館で天目茶碗を目にし、その美しさに魅了された。(景徳鎮=新華社記者/程迪)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205820

  •  (1)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省
    2021年11月02日
    (1)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省

    高柳さん夫婦が制作した作品。(8月26日撮影)日本語の「唐物」は中国からの舶来品を指す言葉で、非常に貴重な品を意味する。日本の群馬県出身の陶芸家、高柳綾緒さんによると、唐物の最高傑作の一つに「天目茶碗」があり、その中でもよく知られているのが、内側に木の葉を焼き付けた「木の葉天目」だという。木の葉天目は焼き上がるまでの工程が極めて複雑なことから、どの窯にも火加減に関する決まりはない。また、歩留まりが悪いため、世界に現存するのは宋代の木の葉天目十数点十数点のみとなっている。日本では、「天目茶碗」は国宝級文化財として知られる。高柳さんは2000年に日本の美術館で天目茶碗を目にし、その美しさに魅了された。(景徳鎮=新華社配信/温敏雄)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205799

  •  (5)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省
    2021年11月02日
    (5)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省

    10日、訪問客に陶芸作品を紹介する高柳綾緒さんの夫、温敏雄さん(左端)。(10月10日撮影)日本語の「唐物」は中国からの舶来品を指す言葉で、非常に貴重な品を意味する。日本の群馬県出身の陶芸家、高柳綾緒さんによると、唐物の最高傑作の一つに「天目茶碗」があり、その中でもよく知られているのが、内側に木の葉を焼き付けた「木の葉天目」だという。木の葉天目は焼き上がるまでの工程が極めて複雑なことから、どの窯にも火加減に関する決まりはない。また、歩留まりが悪いため、世界に現存するのは宋代の木の葉天目十数点のみとなっている。日本では、「天目茶碗」は国宝級文化財として知られる。高柳さんは2000年に日本の美術館で天目茶碗を目にし、その美しさに魅了された。(景徳鎮=新華社記者/程迪)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205775

  •  (6)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省
    2021年11月02日
    (6)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省

    高柳さん夫婦が制作した作品。(8月26日撮影)日本語の「唐物」は中国からの舶来品を指す言葉で、非常に貴重な品を意味する。日本の群馬県出身の陶芸家、高柳綾緒さんによると、唐物の最高傑作の一つに「天目茶碗」があり、その中でもよく知られているのが、内側に木の葉を焼き付けた「木の葉天目」だという。木の葉天目は焼き上がるまでの工程が極めて複雑なことから、どの窯にも火加減に関する決まりはない。また、歩留まりが悪いため、世界に現存するのは宋代の木の葉天目十数点のみとなっている。日本では、「天目茶碗」は国宝級文化財として知られる。高柳さんは2000年に日本の美術館で天目茶碗を目にし、その美しさに魅了された。(景徳鎮=新華社配信/温敏雄)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205822

  •  「新華社」日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省
    00:55.88
    2021年11月02日
    「新華社」日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省

    日本語の「唐物」は中国からの舶来品を指す言葉で、非常に貴重な品を意味する。日本の群馬県出身の陶芸家、高柳綾緒さんによると、唐物の最高傑作の一つに「天目茶碗」があり、その中でもよく知られているのが、内側に木の葉を焼き付けた「木の葉天目」だという。木の葉天目は焼き上がるまでの工程が極めて複雑なことから、どの窯にも火加減に関する決まりはない。また、歩留まりが悪いため、世界に現存するのは宋代の木の葉天目十数点のみとなっている。日本では、「天目茶碗」は国宝級文化財として知られる。高柳さんは2000年に日本の美術館で天目茶碗を目にし、その美しさに魅了された。夫の温敏雄(おん・びんゆう)さんは広東省出身。二人は陶芸に打ち込むため、2013年に江西省の景徳鎮に移住し、工房を開いた。高柳さんは、天目茶碗は中国の陶磁器の中でも技法の美しさを代表するものであり、千年の陶磁器の都と呼ばれる景徳鎮は、天目茶碗の制作を学ぶのに最もふさわしい場所だと思っている。景徳鎮への深い思い入れから、ここで目にした風景や草木、星空、花などを一つ一つ器に描きたいと考えた。天然の木の葉を水に浸して腐食させ、葉脈を残して黒釉の器に貼り付ける。窯で焼くと、葉はその灰の成分が釉薬と見事に調和し、器の底に平らに広がったり、丸まった状態で折り畳まれたりしてさまざまな表情を見せ、茶を注ぐと、葉が水に浮かんでいるように見える。温さんによると、材料の変化や季節の違い、火加減などが焼成過程に影響を及ぼす可能性があり、人の力ではどうにもならないことも多く、「窯変(ようへん、窯の内部で作品に生じた色の変化)は、焼き上がりの色具合を良くすることもあれば、悪くすることもある」。高柳さんは、人と窯変の融合が「天人合一(宇宙と人間は一体の関係にあるという思想)」の美を醸し出しており、それこそが木の葉天目の最も魅力的な点で、「人によってなされた人為と自然のままの無為の組み合わせは、東洋哲学の美を表している」と考えている。高柳さん夫妻は最近、1年かけて天目茶碗の魔法瓶を制作した。「私たちは単なる複製ではなく、従来のスタイルに独創性を加えた天目茶碗を作りたかった」という。濃い色の瓶の表面には、窯変によって生み出された模様があり、オーク材のふたと専用のミトンが添えられている。夫婦は「量産化されたステンレス製魔法瓶とは違う、自然の尊重に重点を置いた、 =配信日: 2021(令和3)年11月...

    商品コード: 2021110206417

  •  (8)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省
    2021年11月02日
    (8)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省

    高柳さん夫婦が制作した作品。(9月14日撮影)日本語の「唐物」は中国からの舶来品を指す言葉で、非常に貴重な品を意味する。日本の群馬県出身の陶芸家、高柳綾緒さんによると、唐物の最高傑作の一つに「天目茶碗」があり、その中でもよく知られているのが、内側に木の葉を焼き付けた「木の葉天目」だという。木の葉天目は焼き上がるまでの工程が極めて複雑なことから、どの窯にも火加減に関する決まりはない。また、歩留まりが悪いため、世界に現存するのは宋代の木の葉天目十数点のみとなっている。日本では、「天目茶碗」は国宝級文化財として知られる。高柳さんは2000年に日本の美術館で天目茶碗を目にし、その美しさに魅了された。(景徳鎮=新華社配信/温敏雄)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205806

  •  (7)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省
    2021年11月02日
    (7)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省

    高柳さん夫婦が制作した作品。(8月26日撮影)日本語の「唐物」は中国からの舶来品を指す言葉で、非常に貴重な品を意味する。日本の群馬県出身の陶芸家、高柳綾緒さんによると、唐物の最高傑作の一つに「天目茶碗」があり、その中でもよく知られているのが、内側に木の葉を焼き付けた「木の葉天目」だという。木の葉天目は焼き上がるまでの工程が極めて複雑なことから、どの窯にも火加減に関する決まりはない。また、歩留まりが悪いため、世界に現存するのは宋代の木の葉天目十数点のみとなっている。日本では、「天目茶碗」は国宝級文化財として知られる。高柳さんは2000年に日本の美術館で天目茶碗を目にし、その美しさに魅了された。(景徳鎮=新華社配信/温敏雄)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205773

  •  (2)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省
    2021年11月02日
    (2)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省

    高柳さん夫婦が制作した作品。(8月26日撮影)日本語の「唐物」は中国からの舶来品を指す言葉で、非常に貴重な品を意味する。日本の群馬県出身の陶芸家、高柳綾緒さんによると、唐物の最高傑作の一つに「天目茶碗」があり、その中でもよく知られているのが、内側に木の葉を焼き付けた「木の葉天目」だという。木の葉天目は焼き上がるまでの工程が極めて複雑なことから、どの窯にも火加減に関する決まりはない。また、歩留まりが悪いため、世界に現存するのは宋代の木の葉天目十数点のみとなっている。日本では、「天目茶碗」は国宝級文化財として知られる。高柳さんは2000年に日本の美術館で天目茶碗を目にし、その美しさに魅了された。(景徳鎮=新華社配信/温敏雄)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205826

  •  (4)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省
    2021年11月02日
    (4)日本人陶芸家、「天目茶碗」の制作に尽力江西省

    作品作りに励む日本人陶芸家の高柳綾緒さん。(10月10日撮影)日本語の「唐物」は中国からの舶来品を指す言葉で、非常に貴重な品を意味する。日本の群馬県出身の陶芸家、高柳綾緒さんによると、唐物の最高傑作の一つに「天目茶碗」があり、その中でもよく知られているのが、内側に木の葉を焼き付けた「木の葉天目」だという。木の葉天目は焼き上がるまでの工程が極めて複雑なことから、どの窯にも火加減に関する決まりはない。また、歩留まりが悪いため、世界に現存するのは宋代の木の葉天目十数点のみとなっている。日本では、「天目茶碗」は国宝級文化財として知られる。高柳さんは2000年に日本の美術館で天目茶碗を目にし、その美しさに魅了された。(景徳鎮=新華社記者/程迪)= 配信日: 2021(令和3)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110205807

  • 1