KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 劉備
  • 関羽
  • 再建
  • 契り
  • 桃園
  • 英雄
  • しゅう
  • ろう
  • 三国志演義
  • 乾寧

「義兄弟」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1946年01月10日
    敗戦 太平洋戦争

    東京に米赤十字が開いたクラブで、3年半ぶりに再会した義兄弟の米軍兵士=1946年1月(ACME)

    商品コード: 2012041600382

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月20日
    俺たちは一生「義兄弟」

    三重県鳥羽市・答志島

    商品コード: 2012072000500

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月20日
    俺たちは一生「義兄弟」

    三重県鳥羽市・答志島

    商品コード: 2012072000501

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月20日
    食卓囲む3人 俺たちは一生「義兄弟」

    答志島に戻った中村勇貴(右)と中村通士。浜崎靖導(中央)の手料理が並ぶ食卓を囲むと笑みがこぼれた=三重県鳥羽市(撮影・染谷宗秀)

    商品コード: 2012072000519

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月20日
    三重・答志島 俺たちは一生「義兄弟」

    緑豊かな自然林に覆われる答志島。約2500人が暮らしている=三重県鳥羽市(撮影・松竹維)

    商品コード: 2012072000520

  • 2016年11月19日
    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶

    張飛廟にある「桃園の誓い」の彫像。蜀の英雄、劉備、関羽、張飛の3人が、劉備を長兄とする義兄弟の契りを交わした場面を再現している。(2016年11月19日撮影)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社配信/劉興敏)=2016(平成28)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100487

  • 2017年05月10日
    義兄弟でGⅠ制覇

    NHKマイルカップを制した菊沢隆徳調教師(左)と横山典弘騎手=7日、東京競馬場

    商品コード: 2017051000993

  • 2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した結義亭と近くの桃園。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625314

  • 2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625444

  • 2019年06月15日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    15日に撮影した三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625409

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正殿に掛かる「三義初創」の扁額。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800128

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、劉備の息子の阿斗(劉禅の幼名)、関羽の息子の関興(かん・こう)、張飛の息子の張苞(ちょう・ほう)を祭る「少三義殿」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800133

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮「結義亭」にある「結拝(契りを結ぶ)石」(石碑の前に置かれた石)。劉備、関羽、張飛がこの石の上に跪いて義兄弟の契りを結んだと伝えられている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800112

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625361

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明の正徳3年に武宗(正徳帝)が直筆し授けた「勅建三義宮」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625404

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の馬神殿に祭られている劉備の愛馬「的盧(てきろ)」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625503

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮に祭られている劉備、関羽、張飛の像。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625440

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮「結義亭」にある「結拝(契りを結ぶ)石」。劉備、関羽、張飛がこの石の上に跪いて義兄弟の契りを結んだと伝えられている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800126

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明代に三義宮が修築された際に建てられた九竜碑の台座に施された竜の文様。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625310

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、明代に三義宮が修築された際に建てられた九竜碑。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625416

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625386

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、劉備の息子の阿斗(劉禅の幼名)、関羽の息子の関興(かん・こう)、張飛の息子の張苞(ちょう・ほう)を祭る「少三義殿」。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(平成31)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800135

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の馬神殿。三国志に登場する名馬、劉備の「的驢(てきろ)」と関羽の「赤兎(せきと)」が祭られている。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625334

  • 2019年06月21日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    21日、三義宮の本殿に掛かる「三義初創」の扁額。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625413

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した結義亭。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625412

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した関聖殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625348

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮にある関羽像。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625499

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮の香炉。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625458

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した結義亭と近くの桃園。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625498

  • 2019年06月22日
    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市

    22日に撮影した三義宮にある九竜碑。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625501

  • 01:03.27
    2019年06月26日
    「新華社」成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。最も目立つ場所に置かれているのは劉備とその義兄弟の関羽と張飛、そして諸葛亮の塑像。劉備殿の両側の廊下にはそれぞれ武将と文官が並んでおり、武将の最前列は日本でも人気の高い趙雲、文官の最前列は諸葛亮に並ぶ軍師として称えられた龐統(ほう・とう)となっている。武侯祠では8日から10月31日まで「2019成都武侯祠三国志フェア」が開催されており「三国志」愛好家は文化展示や三国書院、クリエイティブ・マーケット、文化クリエイティブ・コンテストなど十数項目の「三国志」関連イベントを楽しむことができる。(記者/陳健)<映像内容>「三国志」の登場人物の塑像など成都武侯祠の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625283

  • 1