KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困脱却
  • 基礎医療
  • 教育資源
  • 中央教育審議会
  • 小中学校
  • 基本均衡
  • 取り組み
  • 堅塁攻略
  • 習近平国家主席
  • 中心敬老

「義務教育」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
172
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
172
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月09日
    School Bus Coverage In Rural Compulsory Education School Bus Coverage In Rural Compulsory Education

    A school bus takes students home on a rural road as parents pick up their children from the school bus in Longshan community in Hefei, Anhui Province, April 9, 2021.=2021(令和3)年4月9日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月30日
    Switzerland: Press conference on New Vocational School of Lausanne-Vennes

    March 30, 2021, Lausanne, Switzerland: Lausanne Switzerland - 2021/03/30: State Councilor Cesla Amarelle, head of the DFJC (in charge of vocational training) presented her role and functions concerning post-compulsory school (Credit Image: © Eric Dubost/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Eric Dubost/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月30日
    Switzerland: Press conference on New Vocational School of Lausanne-Vennes

    March 30, 2021, Lausanne, Switzerland: Lausanne Switzerland - 2021/03/30: State Councilor Cesla Amarelle, head of the DFJC (in charge of vocational training) presented her role and functions concerning post-compulsory school (Credit Image: © Eric Dubost/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Eric Dubost/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月30日
    Switzerland: Press conference on New Vocational School of Lausanne-Vennes

    March 30, 2021, Lausanne, Switzerland: Lausanne Switzerland - 2021/03/30: State Councilor Cesla Amarelle, head of the DFJC (in charge of vocational training) presented her role and functions concerning post-compulsory school (Credit Image: © Eric Dubost/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Eric Dubost/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    RETURN TO SCHOOL DESIR VISITS LA NOUVELLE ECOLE

    Federation Wallonia - Brussels Minister of Obligatory Education Caroline Desir (L) pictured during a visit to the primary school ‘La Nouvelle Ecole‘, on the first day of school for the 2020-2021 school year, in Saint-Gilles - Sint-Gillis, Brussels, Tuesday 01 September 2020. In the ongoing coronavirus crisis, schools reopen under a ‘code yellow‘-regime for the first week. BELGA PHOTO LAURIE DIEFFEMBACQ、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    POLITICS START OF SCHOOL YEAR 2020-2021 FWB

    Federation Wallonia - Brussels Minister of Obligatory Education Caroline Desir pictured during a press conference of the education ministers of the Federation Wallonie-Bruxelles, to discuss the protocol of how positive cases of Covid-19 will be handled in schools, at the start of the new schoolyear 2020-2021, Thursday 27 August 2020 in Brussels. BELGA PHOTO THIERRY ROGE、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    POLITICS START OF SCHOOL YEAR 2020-2021 FWB

    Doctor Marianne Michel, member of the task force, Federation Wallonia - Brussels Minister of Obligatory Education Caroline Desir, Federation Wallonia - Brussels Minister of Childhood, Culture and Media Benedicte Linard and Alec Devries, member of the ONE pictured during a press conference of the education ministers of the Federation Wallonie-Bruxelles, to discuss the protocol of how positive cases of Covid-19 will be handled in schools, at the start of the new schoolyear 2020-2021, Thursday 27 August 2020 in Brussels. BELGA PHOTO THIERRY ROGE、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    POLITICS EDUCATION SCHOOL YEAR 2020-2021

    Federation Wallonia - Brussels Minister of Obligatory Education Caroline Desir pictured during a press conference of the education ministers following a meeting of the National Security Council, to discuss the next schoolyear 2020-2021, Wednesday 24 June 2020 in Brussels. BELGA PHOTO THIERRY ROGE、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    POLITICS EDUCATION SCHOOL YEAR 2020-2021

    Flemish Minister of Education Ben Weyts, Federation Wallonia - Brussels Minister of Obligatory Education Caroline Desir and German Community Minister of Education Harald Mollers pictured during a press conference of the education ministers following a meeting of the National Security Council, to discuss the next schoolyear 2020-2021, Wednesday 24 June 2020 in Brussels. BELGA PHOTO THIERRY ROGE、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月24日
    POLITICS EDUCATION SCHOOL YEAR 2020-2021

    Federation Wallonia - Brussels Minister of Obligatory Education Caroline Desir pictured during a press conference of the education ministers following a meeting of the National Security Council, to discuss the next schoolyear 2020-2021, Wednesday 24 June 2020 in Brussels. BELGA PHOTO THIERRY ROGE、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    貧困地区児童の学ぶ権利守る、地方政府の取り組み湖南省

    1日、学校の図書室で読書する寥(りょう)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県は今年2月末に貧困脱却を果たしたばかり。これまで、県内の全ての子どもが9年間の義務教育を享受し、知識を生かして貧困家庭という運命から抜け出せるよう、県は奮闘を続けてきた。同県浦市鎮麻渓口村出身の寥(りょう)さん(15)の家は経済的に困窮しており、2015年に貧困世帯に登録された。小学校卒業後、寥さんは両親と共に東部沿海地域の浙江省に出稼ぎに行くため、学業を放棄した。これを知った瀘渓県の貧困救済事業責任者らは、1270キロ離れた浙江省紹興市に出向き寥さんの両親を説得し、瀘渓県の学校に戻れるよう取り計らった。(長沙=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    貧困地区児童の学ぶ権利守る、地方政府の取り組み湖南省

    1日、教室で勉強する寥(りょう)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県は今年2月末に貧困脱却を果たしたばかり。これまで、県内の全ての子どもが9年間の義務教育を享受し、知識を生かして貧困家庭という運命から抜け出せるよう、県は奮闘を続けてきた。同県浦市鎮麻渓口村出身の寥(りょう)さん(15)の家は経済的に困窮しており、2015年に貧困世帯に登録された。小学校卒業後、寥さんは両親と共に東部沿海地域の浙江省に出稼ぎに行くため、学業を放棄した。これを知った瀘渓県の貧困救済事業責任者らは、1270キロ離れた浙江省紹興市に出向き寥さんの両親を説得し、瀘渓県の学校に戻れるよう取り計らった。(長沙=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    貧困地区児童の学ぶ権利守る、地方政府の取り組み湖南省

    1日、学校の図書室で読書する寥(りょう)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県は今年2月末に貧困脱却を果たしたばかり。これまで、県内の全ての子どもが9年間の義務教育を享受し、知識を生かして貧困家庭という運命から抜け出せるよう、県は奮闘を続けてきた。同県浦市鎮麻渓口村出身の寥(りょう)さん(15)の家は経済的に困窮しており、2015年に貧困世帯に登録された。小学校卒業後、寥さんは両親と共に東部沿海地域の浙江省に出稼ぎに行くため、学業を放棄した。これを知った瀘渓県の貧困救済事業責任者らは、1270キロ離れた浙江省紹興市に出向き寥さんの両親を説得し、瀘渓県の学校に戻れるよう取り計らった。(長沙=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    開校した希望の里学園 小中一貫の義務教育校開校

    「いいたて希望の里学園」の開校式=5日、福島県飯舘村

    撮影: 5日、福島県飯舘村

  • 2020年04月06日
    運動場で間隔空け始業式 コロナ対策で

    コロナウイルス感染防止のため間隔を空けて始業式に臨む児童=国府小。備後地方の多くの公立小中学校で6日、始業式が行われた。新型コロナウイルス感染防止のため、屋外での開催やマスク着用といった対策を実施。子どもたちは、突然の休校からおよそ1カ月ぶりとなる友人との再会を喜びつつ、健康に学校生活を送ろうと気を引き締めた。広島県府中市では10小中、義務教育学校が式を行った。国府小(高木町)では、検温してから登校したマスク姿の2~6年生約290人が、運動場で約2メートルの間隔を空けて整列。立花正行校長が「元気な顔を見られてほっとしている。先生も安心安全を守る努力をするので、皆さんも考えて行動を」と伝え、各学年の担任を発表した。式は約20分で終えた。=2020(令和2)年4月6日、広島県府中市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 国府小。備後地方の多くの公立小中学校で6日、始業式が行われた。新型コロナウイルス感染防止のため、屋外での開催やマスク着用といった対策を実施。子どもたちは、突然の休校からおよそ1カ月ぶりとなる友人との再会を喜びつつ、健康に学校生活を送ろうと気を引き締めた。広島県府中市では10小中、義務教育学校が式を行った。国府小

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月05日
    開校した希望の里学園 小中一貫の義務教育校開校

    「いいたて希望の里学園」の開校式=5日、福島県飯舘村

    撮影: 5日、福島県飯舘村

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月05日
    いいたて希望の里学園 小中一貫の義務教育校開校

    「いいたて希望の里学園」の開校式=5日、福島県飯舘村

    撮影: 5日、福島県飯舘村

  • 2020年03月26日
    貧困脱却政策でチベット族居住地域の生活が改善四川省

    食事をする格拉姆さん一家。(3月26日撮影)中国四川省西部の川西高原に位置するカンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高が平均4千メートルを超え「高原の中の高原」と呼ばれている。全国的に見ても気候条件と環境が最も厳しい県の一つとされている。同県奔戈郷拉扎村に住むチベット族の格拉姆さん(82)は、幼い頃はヤクの毛皮で編んだ伝統的な黒テントで生活し、家畜の牛と寝起きしていたという。一家は常に生計に不安を抱えていたと振り返った。現在の生活について語る時、格拉姆さんは「感謝」を意味する「嘎珍切(トゥジェチェ)」という言葉を何度も口にした。中国政府は近年、農村の貧困世帯の衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する「両不愁三保障」を打ち出している。これにより、省内のチベット族居住地域の農牧民約10万世帯が新居に移転し、30万人余りが伝統的な酥油灯(バターランプ)に明かりを灯す生活から抜け出した。また新しい生活は、寄生虫によるエキノコックス症や風土病とされる変形性骨関節炎などの抑制につながっている。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    貧困脱却政策でチベット族居住地域の生活が改善四川省

    理塘県奔戈郷拉扎村の自宅でくつろぐ格拉姆さん(右)。(3月26日撮影)中国四川省西部の川西高原に位置するカンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高が平均4千メートルを超え「高原の中の高原」と呼ばれている。全国的に見ても気候条件と環境が最も厳しい県の一つとされている。同県奔戈郷拉扎村に住むチベット族の格拉姆さん(82)は、幼い頃はヤクの毛皮で編んだ伝統的な黒テントで生活し、家畜の牛と寝起きしていたという。一家は常に生計に不安を抱えていたと振り返った。現在の生活について語る時、格拉姆さんは「感謝」を意味する「嘎珍切(トゥジェチェ)」という言葉を何度も口にした。中国政府は近年、農村の貧困世帯の衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する「両不愁三保障」を打ち出している。これにより、省内のチベット族居住地域の農牧民約10万世帯が新居に移転し、30万人余りが伝統的な酥油灯(バターランプ)に明かりを灯す生活から抜け出した。また新しい生活は、寄生虫によるエキノコックス症や風土病とされる変形性骨関節炎などの抑制につながっている。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月26日
    貧困脱却政策でチベット族居住地域の生活が改善四川省

    理塘県奔戈郷拉扎村の自宅でテレビを見る格拉姆さん。(3月26日撮影)中国四川省西部の川西高原に位置するカンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高が平均4千メートルを超え「高原の中の高原」と呼ばれている。全国的に見ても気候条件と環境が最も厳しい県の一つとされている。同県奔戈郷拉扎村に住むチベット族の格拉姆さん(82)は、幼い頃はヤクの毛皮で編んだ伝統的な黒テントで生活し、家畜の牛と寝起きしていたという。一家は常に生計に不安を抱えていたと振り返った。現在の生活について語る時、格拉姆さんは「感謝」を意味する「嘎珍切(トゥジェチェ)」という言葉を何度も口にした。中国政府は近年、農村の貧困世帯の衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する「両不愁三保障」を打ち出している。これにより、省内のチベット族居住地域の農牧民約10万世帯が新居に移転し、30万人余りが伝統的な酥油灯(バターランプ)に明かりを灯す生活から抜け出した。また新しい生活は、寄生虫によるエキノコックス症や風土病とされる変形性骨関節炎などの抑制につながっている。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    貧困脱却政策でチベット族居住地域の生活が改善四川省

    理塘県で村民の血圧を測る家庭医。(3月20日撮影)中国四川省西部の川西高原に位置するカンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高が平均4千メートルを超え「高原の中の高原」と呼ばれている。全国的に見ても気候条件と環境が最も厳しい県の一つとされている。同県奔戈郷拉扎村に住むチベット族の格拉姆さん(82)は、幼い頃はヤクの毛皮で編んだ伝統的な黒テントで生活し、家畜の牛と寝起きしていたという。一家は常に生計に不安を抱えていたと振り返った。現在の生活について語る時、格拉姆さんは「感謝」を意味する「嘎珍切(トゥジェチェ)」という言葉を何度も口にした。中国政府は近年、農村の貧困世帯の衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する「両不愁三保障」を打ち出している。これにより、省内のチベット族居住地域の農牧民約10万世帯が新居に移転し、30万人余りが伝統的な酥油灯(バターランプ)に明かりを灯す生活から抜け出した。また新しい生活は、寄生虫によるエキノコックス症や風土病とされる変形性骨関節炎などの抑制につながっている。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:52.55
    2020年01月06日
    「新華社」オンライン授業が都市と農村の教育を橋渡し浙江省紹興市

    中国浙江省紹興市柯橋(かきょう)区稽東鎮の稽江完全小学校では、児童が「農村ガイド」に扮し、教室内の大型スクリーンを通じて、60キロ離れた同区実験小学校の仲間に自分の村の文化や知識について説明している。さまざまな農作物がどのように成長し、農村の祠堂にはどんな物語が秘められているのか。1枚のスクリーンにより、2カ所の児童が言葉を交わし、リアルタイムで交流が行われている。「農村ガイド」のオンライン授業は、同区による「インターネット+」同期授業の成果の一つとなっている。同区ではここ数年、都市と農村の学校連合ペア制度を実施し、13鎮に地域内緊密型教育共同体を設立。都市の子どもが「1枚のスクリーン」を通じて、実際に足を運ぶことなく「希望の野外」を体験できるようにし、現代技術を利用することで、農村資源が小中学校の実践教育で果たす独特の効果を十分に引き出している。浙江省政府では2019年の民生関連実務プロジェクトとして、同省のインターネット分野における先行優位性に基づき「インターネット+義務教育」を全面的に推進。小中学校千校のペア支援に取り組み、都市と農村の子どもたちが共に良質な教育資源を享受できるようにした。昨年12月現在、省内1458校のペア支援が完了し、省政府が出した目標を上回った。(記者/顧小立)<映像内容>60キロ離れた小学校でオンライン授業をする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.67
    2019年12月27日
    「新華社」島と都市部の子どもたちが海を隔てて同時に授業浙江省舟山市

    中国東部の海域に点在する大小さまざまな島からなる浙江省舟山市では、光ファイバーケーブルとスクリーンが海という物理的障壁を取り払い、島の子どもたちの教育環境を改善させた。岱山(だいざん)島を中心とする島々からなる岱山県の高亭中心小学校3年4組では、教室に子どもたちを囲む形で3つの大型スクリーンが設置され、31人の児童が科学の授業を受けている。スクリーンの向こう側には遠隔の都市部にある長涂小学校の同学年の児童十数人の姿が見える。インターネット情報技術とプラットフォームを通じて、オンラインとオフラインでの授業の同時進行が可能となり、高亭中心小学校は長涂小学校と提携することで、こうした遠隔授業が受けられるようになった。浙江省はインターネット分野の先進地域という優位性を生かして「インターネット+義務教育」を全面的に推進し、小中学校千校のペアリングを支援している。都市部と農村部の子どもたちに質の高い教育資源を共有させるというこの取り組みは、同省の2019年の民生実践プロジェクトとなっており、12月初めまでに1458校で完全なペアリング態勢が整えられた。(記者/顧小立)<映像内容>大型スクリーンで授業を受ける島の子供の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月05日
    記者会見する仏国民教育相 仏、3歳から義務教育

    4日、フランス・セーブルで開かれたG7教育相会合後に記者会見するブランケール国民教育相(共同)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:50.77
    2019年06月21日
    杉良太郎さんら詐欺防止訴え 幅広い世代に、警視庁

    警視庁犯罪抑止対策本部は21日、小中学生から高齢者まで幅広い世代に特殊詐欺の被害防止を呼びかけるイベントを東京都内で開いた。参加した俳優の杉良太郎さんは「だまされると被害者と犯罪者が生まれてしまう。怪しい電話が来たら警察に相談を」と訴えた。他に参加したのは歌手の伍代夏子さんと人気グループ「EXILE」の松本利夫さん。〈映像内容〉松本さんが品川区立豊葉の杜学園義務教育学校を訪れ、児童生徒らと交流したり講演したりする様子、杉さんが品川区の旗の台南町会館で高齢者を対象に話す様子、伍代さんを加えた3人で品川区立総合区民会館でのイベントに参加する様子、撮影日:2019(令和元)年6月21日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(令和元)年6月21日

  • 2019年04月16日
    習近平氏、貧困救済問題解決座談会を主宰

    習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は16日午後、重慶市で「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)で目立つ課題の解決に関する座談会を主宰し、重要演説を行った。(重慶=新華社記者/鞠鵬)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月16日
    習近平氏、貧困救済問題解決座談会を主宰

    習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は16日午後、重慶市で「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)で目立つ課題の解決に関する座談会を主宰し、重要演説を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月16日
    習近平氏、貧困救済問題解決座談会を主宰

    習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は16日午後、重慶市で「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)で目立つ課題の解決に関する座談会を主宰し、重要演説を行った。(重慶=新華社記者/鞠鵬)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月16日
    習近平氏、貧困救済問題解決座談会を主宰

    習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は16日午後、重慶市で「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)で目立つ課題の解決に関する座談会を主宰し、重要演説を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村の農家を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村の農家を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村の農家を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村の農地を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/鞠鵬)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査するため、徒歩で農家へと向かう習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査するため、徒歩で農家へと向かう習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/王曄)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村の農家を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月14日
    高原の特別支援教育学校チベット自治区ナクチュ市

    14日、ナクチュ市の特別支援教育学校で、休み時間にチベット族の民間舞踊「鍋荘舞」を踊る生徒たち。中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市は平均標高が4500メートル以上という高地の都市。2013年、同市は特別支援教育学校を設立した。同校は、障害児への9年間の義務教育、職業技術教育、リハビリテーションを一体化した総合型特別支援学校。現在、194人の生徒が先生たちの思いやりと指導のもとで教育を受け、すくすく育っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月14日
    高原の特別支援教育学校チベット自治区ナクチュ市

    14日、ナクチュ市の特別支援教育学校で、手話で問題を解くチベット族の生徒、ダワドルマさん。中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市は平均標高が4500メートル以上という高地の都市。2013年、同市は特別支援教育学校を設立した。同校は、障害児への9年間の義務教育、職業技術教育、リハビリテーションを一体化した総合型特別支援学校。現在、194人の生徒が先生たちの思いやりと指導のもとで教育を受け、すくすく育っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月14日
    高原の特別支援教育学校チベット自治区ナクチュ市

    14日、ナクチュ市の特別支援教育学校の寄宿舎で遊ぶ二人の視覚障害児。中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市は平均標高が4500メートル以上という高地の都市。2013年、同市は特別支援教育学校を設立した。同校は、障害児への9年間の義務教育、職業技術教育、リハビリテーションを一体化した総合型特別支援学校。現在、194人の生徒が先生たちの思いやりと指導のもとで教育を受け、すくすく育っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月14日
    高原の特別支援教育学校チベット自治区ナクチュ市

    14日、ナクチュ市の特別支援教育学校で、点字の本を読む生徒。中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市は平均標高が4500メートル以上という高地の都市。2013年、同市は特別支援教育学校を設立した。同校は、障害児への9年間の義務教育、職業技術教育、リハビリテーションを一体化した総合型特別支援学校。現在、194人の生徒が先生たちの思いやりと指導のもとで教育を受け、すくすく育っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月14日
    高原の特別支援教育学校チベット自治区ナクチュ市

    14日、ナクチュ市の特殊支援教育学校で、生徒たちに料理を教える教師の王鳳娟(おう・ほうけん)さん。中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市は平均標高が4500メートル以上という高地の都市。2013年、同市は特別支援教育学校を設立した。同校は、障害児への9年間の義務教育、職業技術教育、リハビリテーションを一体化した総合型特別支援学校。現在、194人の生徒が先生たちの思いやりと指導のもとで教育を受け、すくすく育っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月27日
    仮設校舎の住民会合 被災中学、義務教育学校へ

    北海道安平町の町立早来中学校の仮設校舎で開かれた住民会合=1月16日

    撮影: 1月16日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:53.03
    2019年02月06日
    「新華社」小学校入学率99·9%超え進む新疆の「教育優先発展」

    開催中の中国新疆ウイグル自治区両会(人民代表大会と政治協商会議)はこのほど、2018年に同自治区が教育の優先的な発展を堅持し、9年制義務教育の成果をしっかり固め、児童・生徒の中途退学抑制と就学確保のシステムを整備し、小学校の学齢児童入学率が99.91%に達したことを明らかにした。同自治区教育庁によると、同自治区の小学校入学率は現在全国平均を上回っているという。また、同自治区では国家通用言語文字(規範漢字)教育をに力を入れており、2年前倒しで就学前教育と義務教育段階での国家通用言語文字教育の普及を実現した。このほか、小中学校の教師不足という構造的問題に対して、自治区は今後新疆南部の4地域と農村を重点として、教師の人材育成を強化し、教育・教学の質をさらに向上させていくとしている。(記者/宿伝義、孫少雄)<映像内容>中国新疆の小学校の授業風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月18日
    教育に投資、義務教育基本均衡県認定受ける河南省盧氏県

    コンピュータ室で基本操作について学ぶ盧氏県第一小学校の児童たち。(2018年12月18日撮影)中国河南省鄭州市盧氏(ろし)県は、同省で面積が最も広く、平均標高が最も高く、人口密度が最も低い貧困県。県内に5万7千人余りいる児童・生徒のうち国から貧困戸に指定されているのは1万3千人余りに及び、深刻な貧困県とされていた。2016年末以来、同県は各方面から10億元(1元=約16円)余りの資金を募り、26の教室棟、32の総合校舎、20の学生寮、21の食堂、24の運動場を整備した。ソフトとハード両面の環境整備に伴い、盧氏県は2018年11月に国家義務教育基本均衡県の認定を受けた。(盧氏=新華社記者/韓朝陽)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月18日
    教育に投資、義務教育基本均衡県認定受ける河南省盧氏県

    下校する盧氏県第一小学校の児童たち。(2018年12月18日撮影)中国河南省鄭州市盧氏(ろし)県は、同省で面積が最も広く、平均標高が最も高く、人口密度が最も低い貧困県。県内に5万7千人余りいる児童・生徒のうち国から貧困戸に指定されているのは1万3千人余りに及び、深刻な貧困県とされていた。2016年末以来、同県は各方面から10億元(1元=約16円)余りの資金を募り、26の教室棟、32の総合校舎、20の学生寮、21の食堂、24の運動場を整備した。ソフトとハード両面の環境整備に伴い、盧氏県は2018年11月に国家義務教育基本均衡県の認定を受けた。(盧氏=新華社記者/韓朝陽)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月18日
    教育に投資、義務教育基本均衡県認定受ける河南省盧氏県

    美術の授業を受ける盧氏県第一小学校の児童たち。(2018年12月18日撮影)中国河南省鄭州市盧氏(ろし)県は、同省で面積が最も広く、平均標高が最も高く、人口密度が最も低い貧困県。県内に5万7千人余りいる児童・生徒のうち国から貧困戸に指定されているのは1万3千人余りに及び、深刻な貧困県とされていた。2016年末以来、同県は各方面から10億元(1元=約16円)余りの資金を募り、26の教室棟、32の総合校舎、20の学生寮、21の食堂、24の運動場を整備した。ソフトとハード両面の環境整備に伴い、盧氏県は2018年11月に国家義務教育基本均衡県の認定を受けた。(盧氏=新華社記者/韓朝陽)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月26日
    中国、貧困脱却の堅塁攻略を加速全人代が農村教育を監督·査察

    小型無人機から撮影した井岡山市の茅坪風景区。(2017年9月26日撮影)「義務教育の弱点は農村にあり、農村義務教育の弱点は農村教師にある」。中国の全国人民代表大会(全人代)教育科学文化衛生委員会の呉恒(ご・こう)副主任委員は10日、第13期全人代第2回会議の「人民代表大会の監督活動」に関する記者会見でこのように述べた。李克強(り・こくきょう)国務院総理は数日前、政府活動報告を行った際、中国は都市部と農村部の義務教育の一体化発展を推し進め、良質な教育資源の共有を促進すると強調した。「中国革命のゆりかご」と呼ばれる江西省井岡山(せいこうざん)市から来た全人代代表の左香雲(さ・こううん)氏は、良質な農村教育は、地元村民が貧困を脱却した後も引き続き豊かになるための助けになると考えている。(井岡山=新華社記者/万象)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月10日
    進む北京市の義務教育総合改革より合理的な入学制度に

    10日、下校する豊台区東高地第一小学校の新入生。北京市の義務教育入学政策は近年、「穏中求進」(安定を維持しながら前進する)を堅持し、改革を絶えず深化させており、今では「入学試験なしに居住場所に近い学校に入学する」のが一般的となっている。北京市は義務教育総合改革を深化させ、科学的な推計による合理的入学政策、入学全プロセスの記録・監視、良質な教育資源の総量拡大などの措置を通じて、「学校選び」の難題を克服してきた。北京市には現在120の学区があり、全小中学校の76%が学区内に含まれている。教育事業を行う教育機関・企業グループは150余りあり、グループ傘下の学校は全体の25%に達している。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月10日
    進む北京市の義務教育総合改革より合理的な入学制度に

    10日、豊台区にある北京市第12中学校で体操中の生徒。北京市の義務教育入学政策は近年、「穏中求進」(安定を維持しながら前進する)を堅持し、改革を絶えず深化させており、今では「入学試験なしに居住場所に近い学校に入学する」のが一般的となっている。北京市は義務教育総合改革を深化させ、科学的な推計による合理的入学政策、入学全プロセスの記録・監視、良質な教育資源の総量拡大などの措置を通じて、「学校選び」の難題を克服してきた。北京市には現在120の学区があり、全小中学校の76%が学区内に含まれている。教育事業を行う教育機関・企業グループは150余りあり、グループ傘下の学校は全体の25%に達している。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月07日
    進む北京市の義務教育総合改革より合理的な入学制度に

    7日、体育の授業を受ける東城区史家小学校の児童。北京市の義務教育入学政策は近年、「穏中求進」(安定を維持しながら前進する)を堅持し、改革を絶えず深化させており、今では「入学試験なしに居住場所に近い学校に入学する」のが一般的となっている。北京市は義務教育総合改革を深化させ、科学的な推計による合理的入学政策、入学全プロセスの記録・監視、良質な教育資源の総量拡大などの措置を通じて、「学校選び」の難題を克服してきた。北京市には現在120の学区があり、全小中学校の76%が学区内に含まれている。教育事業を行う教育機関・企業グループは150余りあり、グループ傘下の学校は全体の25%に達している。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月31日
    進む北京市の義務教育総合改革より合理的な入学制度に

    外国語の授業を受ける順義区第十中学校の生徒。(2018年5月撮影)北京市の義務教育入学政策は近年、「穏中求進」(安定を維持しながら前進する)を堅持し、改革を絶えず深化させており、今では「入学試験なしに居住場所に近い学校に入学する」のが一般的となっている。北京市は義務教育総合改革を深化させ、科学的な推計による合理的入学政策、入学全プロセスの記録・監視、良質な教育資源の総量拡大などの措置を通じて、「学校選び」の難題を克服してきた。北京市には現在120の学区があり、全小中学校の76%が学区内に含まれている。教育事業を行う教育機関・企業グループは150余りあり、グループ傘下の学校は全体の25%に達している。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年5月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月31日
    進む北京市の義務教育総合改革より合理的な入学制度に

    海淀区の清華大学付属小学校で伝統文化を学ぶ児童。(2018年5月撮影)北京市の義務教育入学政策は近年、「穏中求進」(安定を維持しながら前進する)を堅持し、改革を絶えず深化させており、今では「入学試験なしに居住場所に近い学校に入学する」のが一般的となっている。北京市は義務教育総合改革を深化させ、科学的な推計による合理的入学政策、入学全プロセスの記録・監視、良質な教育資源の総量拡大などの措置を通じて、「学校選び」の難題を克服してきた。北京市には現在120の学区があり、全小中学校の76%が学区内に含まれている。教育事業を行う教育機関・企業グループは150余りあり、グループ傘下の学校は全体の25%に達している。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年5月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月14日
    北京市西城区の小中学校、「城宮計画」で放課後の活動を豊かに

    14日、「城宮計画」の授業でフェンシングの練習をする北京市第二実験小学校の児童たち。中国北京市西城区の小中学校で近年、少年宮(中国における小中学生のための課外教育施設)の機能を備えるプロジェクト「城宮計画」(都市学校の少年宮化計画)は、放課後の学校に活発に実施されており、すでに同区の義務教育段階のすべての学校に行き渡った。同プロジェクトは、優れた教育資源を政府が統一して学校に導入することで、午後3時半以降は学校が「少年宮」になる。生徒らは校内で、自らの興味や長所に基づいて、芸術、科学技術、スポーツ、伝統文化、社会実践などの課外活動を自主的に選び、参加することで総合的な素質を向上させる。(北京=新華社記者/張玉薇)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月14日
    北京市西城区の小中学校、「城宮計画」で放課後の活動を豊かに

    14日、「城宮計画」の授業で、レゴの組み立てを教わる北京市第二実験小学校の児童たち。中国北京市西城区の小中学校で近年、少年宮(中国における小中学生のための課外教育施設)の機能を備えるプロジェクト「城宮計画」(都市学校の少年宮化計画)は、放課後の学校に活発に実施されており、すでに同区の義務教育段階のすべての学校に行き渡った。同プロジェクトは、優れた教育資源を政府が統一して学校に導入することで、午後3時半以降は学校が「少年宮」になる。生徒らは校内で、自らの興味や長所に基づいて、芸術、科学技術、スポーツ、伝統文化、社会実践などの課外活動を自主的に選び、参加することで総合的な素質を向上させる。(北京=新華社記者/張玉薇)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月11日
    北京市西城区の小中学校、「城宮計画」で放課後の活動を豊かに

    11日、「城宮計画」の授業で「中国ゴマ」の練習をする北京市第十五中学校の生徒たち。中国北京市西城区の小中学校で近年、少年宮(中国における小中学生のための課外教育施設)の機能を備えるプロジェクト「城宮計画」(都市学校の少年宮化計画)は、放課後の学校に活発に実施されており、すでに同区の義務教育段階のすべての学校に行き渡った。同プロジェクトは、優れた教育資源を政府が統一して学校に導入することで、午後3時半以降は学校が「少年宮」になる。生徒らは校内で、自らの興味や長所に基づいて、芸術、科学技術、スポーツ、伝統文化、社会実践などの課外活動を自主的に選び、参加することで総合的な素質を向上させる。(北京=新華社記者/張玉薇)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月11日
    北京市西城区の小中学校、「城宮計画」で放課後の活動を豊かに

    11日、「城宮計画」の授業で4軸航空機について学ぶ北京市第十五中学校の生徒たち。中国北京市西城区の小中学校で近年、少年宮(中国における小中学生のための課外教育施設)の機能を備えるプロジェクト「城宮計画」(都市学校の少年宮化計画)は、放課後の学校に活発に実施されており、すでに同区の義務教育段階のすべての学校に行き渡った。同プロジェクトは、優れた教育資源を政府が統一して学校に導入することで、午後3時半以降は学校が「少年宮」になる。生徒らは校内で、自らの興味や長所に基づいて、芸術、科学技術、スポーツ、伝統文化、社会実践などの課外活動を自主的に選び、参加することで総合的な素質を向上させる。(北京=新華社記者/張玉薇)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月24日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    24日、空中から見た寧強県青木川鎮輔仁中学。(ドローンで撮影)汶川大地震(四川大地震)の際、一部の校舎が倒壊し、教育や学習面で深刻な影響を受けた。同校はこの10年で修理・補強・拡張工事が行われた。汶川大地震から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月24日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    24日、寧強県青木川鎮輔仁中学で授業を受ける学生。汶川大地震(四川大地震)の際、一部の校舎が倒壊し、教育や学習面で深刻な影響を受けた。同校はこの10年で修理・補強・拡張工事が行われた。汶川大地震から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月24日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    24日、寧強県天津医院の集中治療室で担当看護師と引き継ぎを行う看護師長の孟君麗さん(左から1人目)。再建された寧強県天津医院は先進的な医療設備や情報管理システムを完備。2017年の診察数は延べ20万1千人に達し、山間部の人々が医療を受けにくいという問題を解決した。汶川大地震(四川大地震)から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月24日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    24日、震災後に新しく建てられた寧強県天津高級中学。(ドローンで撮影)寧強県天津高級中学は面積が208ムー(約13.9ヘクタール)で、総建築面積が6万6千平方メートルで、現在の在校生は5千人以上となっている。汶川大地震(四川大地震)から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月24日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    24日、天津市が建設を支援した寧強県燕子砭鎮東麗村。(ドローンで撮影)汶川大地震(四川大地震)から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月24日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    24日、震災後に新しく建てられた寧強県天津医院。(ドローンで撮影)天津市は同医院に建設支援資金1億6700万元(1元=約17円)を投入し、利用者数が50万人以上に達する、医療や科学研究、教育、リハビリが1カ所に集中する総合病院にした。汶川大地震(四川大地震)から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月24日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    24日、寧強県天津医院の集中治療室で重病患者を世話する看護士の李海萍さん。再建された寧強県天津医院は先進的な医療設備や情報管理システムを完備。2017年の診察数は延べ20万1千人に達し、山間部の人々が医療を受けにくいという問題を解決した。汶川大地震(四川大地震)から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月24日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    24日、寧強県天津高級中学の授業風景。汶川大地震(四川大地震)から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月24日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    24日、「妻と二人で3ムー(0・2ヘクタール)ほどの天麻(オニノヤガラ)を植え、1年の収入が10万元になった」と支援について語る寧強県燕子砭鎮東麗村の村民、周文生さん(右)。震災後、周さん夫妻は山の上の小さな土レンガ小屋から山の下の新居に引っ越し、居住環境は飛躍的に向上した。汶川大地震(四川大地震)から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月23日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    23日、空中から見た寧強県城の様子。(ドローンで撮影)。寧強県城の市街地は2008年の5・2平方キロメートルから現在の8平方キロメートルまで拡大した。山や水、園林がある住みやすい県城が漢江の源にある。汶川大地震(四川大地震)から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月15日
    進む北京市の義務教育総合改革より合理的な入学制度に

    児童を指導する大興区第八小学区の教師。(2018年3月撮影)北京市の義務教育入学政策は近年、「穏中求進」(安定を維持しながら前進する)を堅持し、改革を絶えず深化させており、今では「入学試験なしに居住場所に近い学校に入学する」のが一般的となっている。北京市は義務教育総合改革を深化させ、科学的な推計による合理的入学政策、入学全プロセスの記録・監視、良質な教育資源の総量拡大などの措置を通じて、「学校選び」の難題を克服してきた。北京市には現在120の学区があり、全小中学校の76%が学区内に含まれている。教育事業を行う教育機関・企業グループは150余りあり、グループ傘下の学校は全体の25%に達している。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月15日
    進む北京市の義務教育総合改革より合理的な入学制度に

    休み時間に小説を読む大興区第八小学校の児童。(2018年3月撮影)北京市の義務教育入学政策は近年、「穏中求進」(安定を維持しながら前進する)を堅持し、改革を絶えず深化させており、今では「入学試験なしに居住場所に近い学校に入学する」のが一般的となっている。北京市は義務教育総合改革を深化させ、科学的な推計による合理的入学政策、入学全プロセスの記録・監視、良質な教育資源の総量拡大などの措置を通じて、「学校選び」の難題を克服してきた。北京市には現在120の学区があり、全小中学校の76%が学区内に含まれている。教育事業を行う教育機関・企業グループは150余りあり、グループ傘下の学校は全体の25%に達している。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月12日
    中国、貧困脱却の堅塁攻略を加速全人代が農村教育を監督·査察

    インターネットを通して竹工芸品を販売する、江西省井岡山市茅坪郷神山村に住む左香雲(さ・こううん)氏。(2018年2月12日撮影)「義務教育の弱点は農村にあり、農村義務教育の弱点は農村教師にある」。中国の全国人民代表大会(全人代)教育科学文化衛生委員会の呉恒(ご・こう)副主任委員は10日、第13期全人代第2回会議の「人民代表大会の監督活動」に関する記者会見でこのように述べた。李克強(り・こくきょう)国務院総理は数日前、政府活動報告を行った際、中国は都市部と農村部の義務教育の一体化発展を推し進め、良質な教育資源の共有を促進すると強調した。「中国革命のゆりかご」と呼ばれる江西省井岡山(せいこうざん)市から来た全人代代表の左香雲(さ・こううん)氏は、良質な農村教育は、地元村民が貧困を脱却した後も引き続き豊かになるための助けになると考えている。(井岡山=新華社記者/周密)=2018(平成30)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年09月26日
    中国、貧困脱却の堅塁攻略を加速全人代が農村教育を監督·査察

    小型無人機から撮影した井岡山市の挹翠(ゆうすい)湖公園。(2017年9月26日撮影)「義務教育の弱点は農村にあり、農村義務教育の弱点は農村教師にある」。中国の全国人民代表大会(全人代)教育科学文化衛生委員会の呉恒(ご・こう)副主任委員は10日、第13期全人代第2回会議の「人民代表大会の監督活動」に関する記者会見でこのように述べた。李克強(り・こくきょう)国務院総理は数日前、政府活動報告を行った際、中国は都市部と農村部の義務教育の一体化発展を推し進め、良質な教育資源の共有を促進すると強調した。「中国革命のゆりかご」と呼ばれる江西省井岡山(せいこうざん)市から来た全人代代表の左香雲(さ・こううん)氏は、良質な農村教育は、地元村民が貧困を脱却した後も引き続き豊かになるための助けになると考えている。(井岡山=新華社記者/万象)=2017(平成29)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年09月05日
    義務教育学校26校新設

    義務教育学校と小中一貫型小学校・中学校

  • 2017年09月05日
    義務教育学校26校新設

    義務教育学校と小中一貫型小学校・中学校

  • 2017年08月17日
    中国、貧困脱却の堅塁攻略を加速全人代が農村教育を監督·査察

    江西省瑞金市葉坪郷黄沙村の広場で遊ぶ子ども。(2017年8月17日撮影)「義務教育の弱点は農村にあり、農村義務教育の弱点は農村教師にある」。中国の全国人民代表大会(全人代)教育科学文化衛生委員会の呉恒(ご・こう)副主任委員は10日、第13期全人代第2回会議の「人民代表大会の監督活動」に関する記者会見でこのように述べた。李克強(り・こくきょう)国務院総理は数日前、政府活動報告を行った際、中国は都市部と農村部の義務教育の一体化発展を推し進め、良質な教育資源の共有を促進すると強調した。「中国革命のゆりかご」と呼ばれる江西省井岡山(せいこうざん)市から来た全人代代表の左香雲(さ・こううん)氏は、良質な農村教育は、地元村民が貧困を脱却した後も引き続き豊かになるための助けになると考えている。(瑞金=新華社記者/万象)=2017(平成29)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年06月28日
    対応を確認する教委担当者 全市町村、いじめ対応協議

    いじめへの対応を確認する茨城県内の教育委員会の義務教育担当者ら=28日午後、同県笠間市

    撮影: 28日午後、同県笠間市

  • 2017年04月18日
    解答が映った電子黒板 全員の解答、瞬時に共有

    5年生の算数の授業で、児童の図形問題の解答が映し出された電子黒板=1月、茨城県つくば市立春日学園義務教育学校

    撮影: 1月、茨城県つくば市立春日学園義務教育学校

  • 2017年04月18日
    貧困脱却政策でチベット族居住地域の生活が改善四川省

    理塘県でマルチメディアの授業を受ける牧畜区域在住の生徒。(2017年4月18日撮影)中国四川省西部の川西高原に位置するカンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は、標高が平均4千メートルを超え「高原の中の高原」と呼ばれている。全国的に見ても気候条件と環境が最も厳しい県の一つとされている。同県奔戈郷拉扎村に住むチベット族の格拉姆さん(82)は、幼い頃はヤクの毛皮で編んだ伝統的な黒テントで生活し、家畜の牛と寝起きしていたという。一家は常に生計に不安を抱えていたと振り返った。現在の生活について語る時、格拉姆さんは「感謝」を意味する「嘎珍切(トゥジェチェ)」という言葉を何度も口にした。中国政府は近年、農村の貧困世帯の衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する「両不愁三保障」を打ち出している。これにより、省内のチベット族居住地域の農牧民約10万世帯が新居に移転し、30万人余りが伝統的な酥油灯(バターランプ)に明かりを灯す生活から抜け出した。また新しい生活は、寄生虫によるエキノコックス症や風土病とされる変形性骨関節炎などの抑制につながっている。(カンゼ=新華社配信)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年04月07日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で新学期始まる

    2017年4月1日、北朝鮮の養護学校で始まった新学期の授業を受ける児童、生徒ら。同国では今年度から12年生義務教育(幼稚園1年、小学校5年、初級・高級中学校6年)が全面的に実施される(朝鮮中央通信=共同)

  • 2017年04月07日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で新学期始まる

    2017年4月1日、北朝鮮で始まった新学期の始業式で手を挙げる児童。同国では今年度から12年生義務教育(幼稚園1年、小学校5年、初級・高級中学校6年)が全面的に実施される(朝鮮中央通信=共同)

  • 2017年04月07日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で新学期始まる

    2017年4月1日、北朝鮮で始まった新学期を迎え、上級生らに祝福されながら登校する1年生。同国では今年度から12年生義務教育(幼稚園1年、小学校5年、初級・高級中学校6年)が全面的に実施される(朝鮮中央通信=共同)

  • 2017年04月07日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で新学期始まる

    2017年4月1日、北朝鮮で始まった新学期の始業式で手を挙げる1年生。同国では今年度から12年生義務教育(幼稚園1年、小学校5年、初級・高級中学校6年)が全面的に実施される(朝鮮中央通信=共同)

  • 2017年04月07日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で新学期始まる

    2017年4月1日、北朝鮮で始まった新学期の始業式。同国では今年度から12年生義務教育(幼稚園1年、小学校5年、初級・高級中学校6年)が全面的に実施される(朝鮮中央通信=共同)

  • 2017年04月07日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で新学期始まる

    2017年4月1日、北朝鮮で始まった新学期の始業式。同国では今年度から12年生義務教育(幼稚園1年、小学校5年、初級・高級中学校6年)が全面的に実施される(朝鮮中央通信=共同)

  • 2017年04月07日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で新学期始まる

    2017年4月1日、北朝鮮の養護学校で始まった新学期の始業式に出席した児童。教室の後ろでは父兄らが見守った。同国では今年度から12年生義務教育(幼稚園1年、小学校5年、初級・高級中学校6年)が全面的に実施される(朝鮮中央通信=共同)

  • 2017年04月07日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で新学期始まる

    2017年4月1日、北朝鮮で始まった新学期の始業式に出席した児童、生徒。後ろには父兄の姿も見える。同国では今年度から12年生義務教育(幼稚園1年、小学校5年、初級・高級中学校6年)が全面的に実施される(朝鮮中央通信=共同)

  • 02:22.64
    2016年06月17日
    平壌の新設ノート工場公開 年5千万冊、教育環境改善

    北朝鮮の首都平壌に今年新設された「タンポポノート工場」が17日までに共同通信に公開された。年間5千万冊の生産能力があり、幼稚園児から大学生向けの65種類のノートを生産している。15日から同工場のノートが全国規模で供給され始めた。北朝鮮は2012年に義務教育を11年制から12年制に延長するなど近年、体制を支える次世代の教育に力を入れている。工場の新設は教育環境改善の一環とみられる。同工場は金正恩朝鮮労働党委員長が4月に視察に訪れ「党が最も関心を持つ工場だ」と述べていた。李哲萬・責任技師(41)によると、工場内で表紙のデザイン案を懸賞募集するなどして子供たちが好むノート作りを工夫しているという。<映像内容>ノートを生産する工場内部、李哲萬・責任技師の話、撮影日:2016(平成28)年6月17日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2016(平成28)年6月17日

  • 2016年04月07日
    義務教育学校は22校

    義務教育学校と小中一貫型小学校・中学校

  • 2016年04月07日
    義務教育学校は22校

    義務教育学校と小中一貫型小学校・中学校

  • 2016年03月20日
    記者会見する義務教育課長 北海道の現金受領380人

    記者会見する北海道教育委の岸小夜子・義務教育課長=20日午後、札幌市中央区

    撮影: 20日午後、札幌市中央区

  • 1
  • 2