KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 登録
  • 体験
  • 伝統文化
  • 歴史
  • 観光客
  • 融合
  • 国家
  • 発展

「習俗」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
367
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
367
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Youths playing Bumble Puppy
    -
    Youths playing Bumble Puppy

    Youths playing Bumble Puppy, or Nine Holes near the Templa of Vesta, Rome, Italy. To set up the game, the young men cut nine holes in the turf large enough to take the ball. Money is staked and if a player does not pitch the ball into a hole, he loses his stake. When a player pitches the ball into the centre hole, he takes all the money staked and a new game is begun. Hand coloured lithograph from ‘Italian Scenery, Manners and Customs‘ by Buon Airetti (London, 1806).、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018111533768

  •  Interior of a House at Fondi‘.
    -
    Interior of a House at Fondi‘.

    Interior of a House at Fondi‘. Fondi is town halfway between Rome and Naples, Italy. A poor family sitting down to a meal of polenta which has been cooked in a saucepan of water suspended on a hook over the fire. Polenta flour can be made from wheat, chestnuts or maize, and the poorest people would eat it with nothing but a little salt. Hand coloured lithograph from ‘Italian Scenery, Manners and Customs‘ by Buon Airetti (London, 1806).、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018111533770

  •  The Fishmonger‘.
    -
    The Fishmonger‘.

    The Fishmonger‘. Housewives in Naples, Italy, bargaining over the price of fresh fish. In the background fishermen are at work hauling their nets. Hand coloured lithograph from ‘Italian Scenery, Manners and Customs‘ by Buon Airetti (London, 1806).、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018111533753

  •  Mummies and embalming.
    -
    Mummies and embalming.

    Mummies and embalming. From P Pomet ‘A Compleat History of Drugs‘ London 1725. Translation from the French by physician to Louis XIV. Copperplate engraving、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問い合わせください。

    商品コード: 2019022801414

  •  コラ-ジュ写真
    -
    コラ-ジュ写真

    おみやげ用写真アルバムの巻頭に付された一種のカタログ風コラージュ写真。外国人の目に珍しいと思われる江戸時代の日常生活、習俗が集められているが、ほぼ中央には洋装の少女の写真が見られる。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号43‐1‐0]

    商品コード: 2017080902719

  •  Neopolitans Eating Macaroni‘.
    -
    Neopolitans Eating Macaroni‘.

    Neopolitans Eating Macaroni‘. A typical country village Maccaronara near Naples, Italy, which would serve macaroni dressed with Parmesan cheese and a little salt. Hand coloured lithograph from ‘Italian Scenery, Manners and Customs‘ by Buon Airetti (London, 1806).、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018111533751

  •  The Quarryman of Grisante‘.
    -
    The Quarryman of Grisante‘.

    The Quarryman of Grisante‘. The stone quarry workers (miners) are enjoying a meal of polenta and wine. The polenta has been cooked in a pot of water over the fire at the left. In the background men break down the blocks of stone. Polenta flour can be made from wheat, chestnuts or maize. Hand coloured lithograph from ‘Italian Scenery, Manners and Customs‘ by Buon Airetti (London, 1806).、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018111533730

  •  もちの賃つき屋
    1967年12月28日
    もちの賃つき屋

    正月を控え、路地に「ペッタン」「エイッ」「ペッタン」「エイッ」の掛け声が響く。高度成長期で日本の古い伝統的習俗を捨てようとしていた時期。〃もちの賃つき屋〃について「わしらは小さい時からの習わしで正月もちは、うすでつくのが一番。機械つきは、どこか温かみがなくて…」とお年寄りがコメント。岡山県内の農家や商家では自前のうすときねを持っていたが、岡山市内ともなると年末には〃もちの賃つき屋〃が各戸を回っていた。それも機械つきのもちの普及で懐かしくなっていたようだ。=1967(昭和42)年12月28日、岡山市柳町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622372

  •  土を耕し種子をまく農耕習俗を伝える砂打ち行事 五島玉之浦町大宝郷で
    1980年10月31日
    土を耕し種子をまく農耕習俗を伝える砂打ち行事 五島玉之浦町大宝郷で

    土を耕し種子をまく農耕習俗を伝える砂打ち行事 五島玉之浦町大宝郷で、クレジット:長崎新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053106615

  • 昭和31年新潟・塩沢町 雪国の通学風景
    2011年02月10日
    昭和31年新潟・塩沢町 雪国の通学風景

    1956(昭和31)年2月19日、豪雪地帯、新潟県塩沢町(現南魚沼市)の通学風景。雪ん子たちはわらで作った「みのぼうし」を着け、降り続く雪を踏み締めた。「北越雪譜」で雪国の暮らしを記録した江戸時代の文人鈴木牧之をしのぶ「しおざわ雪譜まつり」が毎年2月に開かれ、この地方特有の習俗がうかがえる。

    商品コード: 2011021000366

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年02月13日
    昭和31年新潟・塩沢町 雪国の通学風景

    1956(昭和31)年2月19日、豪雪地帯、新潟県塩沢町(現南魚沼市)の通学風景。雪ん子たちはわらで作った「みのぼうし」を着け、降り続く雪を踏み締めた。「北越雪譜」で雪国の暮らしを記録した江戸時代の文人鈴木牧之をしのぶ「しおざわ雪譜まつり」が毎年2月に開かれ、この地方特有の習俗がうかがえる。

    商品コード: 2014021300505

  •  清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん
    2017年03月26日
    清明上河園で宋代にタイムスリップショーやイベント盛りだくさん

    河南省開封市の清明上河園風景区で、女性が手まりを投げ、受け取った男性を結婚相手とした昔の習俗を再現する演者ら。(2017年3月26日撮影)中国河南省開封市にある清明上河園は、北宋(960~1127年)の有名な画家、張択端(ちょう・たくたん)の「清明上河図」を基に、絵画の題材となったいにしえの開封を原寸大で再現した大型文化テーマパークで、1998年に正式に一般開放された。同園はここ数年、さまざまな大型水上実景ショーを相次いで開始。また、闘鶏や火吹き芸、飴細工などの無形文化遺産や民俗イベントを演芸場に積極的に取り入れており、宋代の豊かな民俗風情を再現することで、はるかな歴史を現代によみがえらせている。(鄭州=新華社記者/李安)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209331

  •  ミャオ族の山村 新年を前にお祝い始まる
    2018年02月10日
    ミャオ族の山村 新年を前にお祝い始まる

    10日、広西チワン族自治区の桿洞郷花孖村で伝統習俗「殺年猪」をする村民。 中国広西チワン族自治区融水ミャオ族自治県のミャオ族の各村では春節(旧正月)を控えた年末、村民が芦笙(アシの茎を使った管楽器)を吹き、魚を焼き、美酒を楽しみ、豚肉を食べて一年の労をねぎらうなど、今から多くのお祝い事が続く。(融水=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022800445

  •  2千年の厄除けの習俗「儺」文化を伝える江西省南豊県の石郵村
    2018年02月21日
    2千年の厄除けの習俗「儺」文化を伝える江西省南豊県の石郵村

    21日、江西省南豊県の石郵村で儺の舞の練習をする子どもたち。中国長江中流域や四川省、貴州省の山間部などに伝わる厄除けの習俗「儺」。「儺の郷」と称される江西省南豊県の三渓郷石郵村では、村の子供たちに同習俗を教える「子ども儺クラス」が開かれている。10歳から16歳までの子どもが参加するこのクラスでは、小さな「儺師」たちがお面をつけ、鮮やかな衣装をまとい、テンポに合わせて決められた動きで舞う。同県の儺の舞は2000年余りの歴史を有する。この伝統的な無形文化遺産である儺の文化を継承するため、現地の儺の舞伝承者である葉根明さんは、2006年から授業の合間や夏休み、冬休みなどに村の子どもたちに儺の舞を教えている。これまでの12年間で80人余りの小さな「儺師」を育ててきた。(南豊=新華社記者/万象)=2018(平成30)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022600550

  •  2千年の厄除けの習俗「儺」文化を伝える江西省南豊県の石郵村
    2018年02月21日
    2千年の厄除けの習俗「儺」文化を伝える江西省南豊県の石郵村

    21日、江西省南豊県の石郵村で子どもに演技を教える葉根明さん(右から2人目)。中国長江中流域や四川省、貴州省の山間部などに伝わる厄除けの習俗「儺」。「儺の郷」と称される江西省南豊県の三渓郷石郵村では、村の子供たちに同習俗を教える「子ども儺クラス」が開かれている。10歳から16歳までの子どもが参加するこのクラスでは、小さな「儺師」たちがお面をつけ、鮮やかな衣装をまとい、テンポに合わせて決められた動きで舞う。同県の儺の舞は2000年余りの歴史を有する。この伝統的な無形文化遺産である儺の文化を継承するため、現地の儺の舞伝承者である葉根明さんは、2006年から授業の合間や夏休み、冬休みなどに村の子どもたちに儺の舞を教えている。これまでの12年間で80人余りの小さな「儺師」を育ててきた。(南豊=新華社記者/万象)=2018(平成30)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022600551

  •  2千年の厄除けの習俗「儺」文化を伝える江西省南豊県の石郵村
    2018年02月21日
    2千年の厄除けの習俗「儺」文化を伝える江西省南豊県の石郵村

    21日、江西省南豊県の石郵村で子どもに儺のお面をつける葉根明さん(左)。中国長江中流域や四川省、貴州省の山間部などに伝わる厄除けの習俗「儺」。「儺の郷」と称される江西省南豊県の三渓郷石郵村では、村の子供たちに同習俗を教える「子ども儺クラス」が開かれている。10歳から16歳までの子どもが参加するこのクラスでは、小さな「儺師」たちがお面をつけ、鮮やかな衣装をまとい、テンポに合わせて決められた動きで舞う。同県の儺の舞は2000年余りの歴史を有する。この伝統的な無形文化遺産である儺の文化を継承するため、現地の儺の舞伝承者である葉根明さんは、2006年から授業の合間や夏休み、冬休みなどに村の子どもたちに儺の舞を教えている。これまでの12年間で80人余りの小さな「儺師」を育ててきた。(南豊=新華社記者/万象)=2018(平成30)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022600541

  •  西安で漢民族スタイルの成人式伝統文化を受け伝える
    2018年04月07日
    西安で漢民族スタイルの成人式伝統文化を受け伝える

    7日、漢服を身にまとい、成人式に参加する少女中国陝西省西安市の漢城湖畔で7日、漢民族スタイルの成人式が行われ、多くの漢服(漢民族の伝統服装)愛好家が参加した。式では少女50人余りが、古代の習俗に従い髷(まげ)を結い、簪(かんざし)を挿し、黄帝(中国古代伝説上の帝王)を祭り、人生の新たな門出を祝った。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040901219

  •  西安で漢民族スタイルの成人式伝統文化を受け伝える
    2018年04月07日
    西安で漢民族スタイルの成人式伝統文化を受け伝える

    7日、成人式で宣誓を行う少女。中国陝西省西安市の漢城湖畔で7日、漢民族スタイルの成人式が行われ、多くの漢服(漢民族の伝統服装)愛好家が参加した。式では少女50人余りが、古代の習俗に従い髷(まげ)を結い、簪(かんざし)を挿し、黄帝(中国古代伝説上の帝王)を祭り、人生の新たな門出を祝った。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040901253

  •  西安で漢民族スタイルの成人式伝統文化を受け伝える
    2018年04月07日
    西安で漢民族スタイルの成人式伝統文化を受け伝える

    7日、漢服を身にまとい、成人式に参加する少女。中国陝西省西安市の漢城湖畔で7日、漢民族スタイルの成人式が行われ、多くの漢服(漢民族の伝統服装)愛好家が参加した。式では少女50人余りが、古代の習俗に従い髷(まげ)を結い、簪(かんざし)を挿し、黄帝(中国古代伝説上の帝王)を祭り、人生の新たな門出を祝った。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040901277

  •  代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西
    2018年07月25日
    代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西

    25日、マオナン族「儺面」を彫る方文展さん。中国広西チワン族自治区河池市環江マオナン(毛南)族自治県の洛陽鎮江口村大河屯で農業に従事する方文展さんは、マオナン族の「儺面(なめん)」(傩とは神を迎え厄払いをする古代の習俗を指し、儺面は厄払いの儀式などに用いられる)彫刻の4代目後継者であり、同自治区の無形文化遺産の代表的な事業、マオナン族木彫り技術の伝承者でもある。「儺面」作りには良質な木材が用いられ、その隈取は文、武、善、凶の4分類、36組・72種類に分かれ、これらが登場人物の性格や表情の特徴を表しているという。彫刻職人はマオナン族の民間口承文学を基に、個人の想像力を頼りに創作しているため、「儺面」一枚を作るのに10回以上の工程を経て、1週間近くもかかるという。(環江=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000322

  •  代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西
    2018年07月25日
    代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西

    25日、自作のマオナン族「儺面」の作品を整理する方文展さん。中国広西チワン族自治区河池市環江マオナン(毛南)族自治県の洛陽鎮江口村大河屯で農業に従事する方文展さんは、マオナン族の「儺面(なめん)」(傩とは神を迎え厄払いをする古代の習俗を指し、儺面は厄払いの儀式などに用いられる)彫刻の4代目後継者であり、同自治区の無形文化遺産の代表的な事業、マオナン族木彫り技術の伝承者でもある。「儺面」作りには良質な木材が用いられ、その隈取は文、武、善、凶の4分類、36組・72種類に分かれ、これらが登場人物の性格や表情の特徴を表しているという。彫刻職人はマオナン族の民間口承文学を基に、個人の想像力を頼りに創作しているため、「儺面」一枚を作るのに10回以上の工程を経て、1週間近くもかかるという。(環江=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000336

  •  異彩を放つ無形文化遺産広西チワン族自治区
    2018年07月25日
    異彩を放つ無形文化遺産広西チワン族自治区

    上:広西チワン族自治区環江マオナン族自治県洛陽鎮江口村大河屯の自宅で、マオナン族の「儺面(なめん)」(儺とは神を迎え厄払いをする古代の習俗を指し、儺面は厄払いの儀式などに用いられる)を彫る方文展さん。方さんは自治区級無形文化遺産プロジェクト(マオナン族の木彫り技術)を代表する伝承者。(7月25日撮影)下:広西チワン族自治区環江マオナン族自治県洛陽鎮江口村大河屯の自宅で、完成したマオナン族の儺面を付けてみる方文展さん。マオナン族の儺面は国家級無形文化遺産である伝統的な行事「毛南族肥套(マオナン族ひとう)」で必ず付ける仮面でもある。(7月25日撮影)(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区は成立から60年にわたり、自治区全体の文化は大きく発展・繁栄を遂げ、さまざまな無形文化遺産が異彩を放ってきた。同自治区文化庁のデータによると、現在広西チワン族自治区の国家級無形文化遺産は50件、自治区級無形文化遺産は618件、国家級無形文化遺産を代表する伝承者は49人、自治区級無形文化遺産を代表する伝承者は555人に達しており、同自治区には国家級文化生態保護試験区1カ所、自治区級文化生態保護試験区6カ所があるという。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321395

  •  代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西
    2018年07月25日
    代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西

    25日、マオナン族の「儺面(なめん)」を掲げる方文展さん。中国広西チワン族自治区河池市環江マオナン(毛南)族自治県の洛陽鎮江口村大河屯で農業に従事する方文展さんは、マオナン族の「儺面(なめん)」(傩とは神を迎え厄払いをする古代の習俗を指し、儺面は厄払いの儀式などに用いられる)彫刻の4代目後継者であり、同自治区の無形文化遺産の代表的な事業、マオナン族木彫り技術の伝承者でもある。「儺面」作りには良質な木材が用いられ、その隈取は文、武、善、凶の4分類、36組・72種類に分かれ、これらが登場人物の性格や表情の特徴を表しているという。彫刻職人はマオナン族の民間口承文学を基に、個人の想像力を頼りに創作しているため、「儺面」一枚を作るのに10回以上の工程を経て、1週間近くもかかるという。(環江=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000339

  •  代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西
    2018年07月25日
    代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西

    25日、自宅で自作のマオナン族「儺面」を整理する方文展さん。中国広西チワン族自治区河池市環江マオナン(毛南)族自治県の洛陽鎮江口村大河屯で農業に従事する方文展さんは、マオナン族の「儺面(なめん)」(傩とは神を迎え厄払いをする古代の習俗を指し、儺面は厄払いの儀式などに用いられる)彫刻の4代目後継者であり、同自治区の無形文化遺産の代表的な事業、マオナン族木彫り技術の伝承者でもある。「儺面」作りには良質な木材が用いられ、その隈取は文、武、善、凶の4分類、36組・72種類に分かれ、これらが登場人物の性格や表情の特徴を表しているという。彫刻職人はマオナン族の民間口承文学を基に、個人の想像力を頼りに創作しているため、「儺面」一枚を作るのに10回以上の工程を経て、1週間近くもかかるという。(環江=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000334

  •  代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西
    2018年07月25日
    代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西

    25日、方文展さんがマオナン族「儺面」のつや出し作業をしている。中国広西チワン族自治区河池市環江マオナン(毛南)族自治県の洛陽鎮江口村大河屯で農業に従事する方文展さんは、マオナン族の「儺面(なめん)」(傩とは神を迎え厄払いをする古代の習俗を指し、儺面は厄払いの儀式などに用いられる)彫刻の4代目後継者であり、同自治区の無形文化遺産の代表的な事業、マオナン族木彫り技術の伝承者でもある。「儺面」作りには良質な木材が用いられ、その隈取は文、武、善、凶の4分類、36組・72種類に分かれ、これらが登場人物の性格や表情の特徴を表しているという。彫刻職人はマオナン族の民間口承文学を基に、個人の想像力を頼りに創作しているため、「儺面」一枚を作るのに10回以上の工程を経て、1週間近くもかかるという。(環江=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000342

  •  代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西
    2018年07月25日
    代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西

    25日、マオナン族「儺面」に色を塗る方文展さん。中国広西チワン族自治区河池市環江マオナン(毛南)族自治県の洛陽鎮江口村大河屯で農業に従事する方文展さんは、マオナン族の「儺面(なめん)」(傩とは神を迎え厄払いをする古代の習俗を指し、儺面は厄払いの儀式などに用いられる)彫刻の4代目後継者であり、同自治区の無形文化遺産の代表的な事業、マオナン族木彫り技術の伝承者でもある。「儺面」作りには良質な木材が用いられ、その隈取は文、武、善、凶の4分類、36組・72種類に分かれ、これらが登場人物の性格や表情の特徴を表しているという。彫刻職人はマオナン族の民間口承文学を基に、個人の想像力を頼りに創作しているため、「儺面」一枚を作るのに10回以上の工程を経て、1週間近くもかかるという。(環江=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000394

  •  代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西
    2018年07月25日
    代々伝えられてきた「儺面」作りの技術中国広西

    25日、息子の方庭源さん(右)に「儺面」の彫刻技術を伝える文展さん。中国広西チワン族自治区河池市環江マオナン(毛南)族自治県の洛陽鎮江口村大河屯で農業に従事する方文展さんは、マオナン族の「儺面(なめん)」(傩とは神を迎え厄払いをする古代の習俗を指し、儺面は厄払いの儀式などに用いられる)彫刻の4代目後継者であり、同自治区の無形文化遺産の代表的な事業、マオナン族木彫り技術の伝承者でもある。「儺面」作りには良質な木材が用いられ、その隈取は文、武、善、凶の4分類、36組・72種類に分かれ、これらが登場人物の性格や表情の特徴を表しているという。彫刻職人はマオナン族の民間口承文学を基に、個人の想像力を頼りに創作しているため、「儺面」一枚を作るのに10回以上の工程を経て、1週間近くもかかるという。(環江=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073000332

  •  「新華社」浮世物語―日本の浮世絵巨匠の原版版画展、上海で開催
    00:55.59
    2018年09月11日
    「新華社」浮世物語―日本の浮世絵巨匠の原版版画展、上海で開催

    江戸時代の浮世絵の巨匠による原版版画48点が、8日から上海虹橋当代芸術館で展示されている。今年は中日平和友好条約締結40周年で、同芸術館と上海半島版画工作室が共同で「浮世物語―日本の浮世絵巨匠原版版画展」を主催した。今回展示された作品はいずれも、上海市の画家で収集家でもある湯黎健(とう・れいけん)氏個人の収蔵品となる。湯氏は、好きな絵画のために早い時期から日本に赴いて交流学習を行い、以後20年以上をかけて世界各地の芸術品市場や浮世絵収集家から、江戸時代の作品数百点を次々と買い取ったと述べ、その中には浮世絵の逸品も数多く含まれていると紹介した。展示品には浮世絵の三傑である喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重の作品のほか、東洲斎写楽、豊原国周、渓斎英泉などの作品も含まれている。葛飾北斎の数ある作品のうちの1枚「神奈川沖浪裏」は、一人の少年と老女が農村で出会う日常風景が描かれている。中国の来場者は、創作者の大衆目線による題材選択や、生き生きとした技法を称賛した。また展示には、珍しい日本伝統のちりめん紙に印刷した浮世絵人物画もあり、落款から歌川広重と歌川国貞の共同で創作した作品であることがわかる。上海大学美術学院の潘力(はん・りき)教授は開幕に当たり行った講座で、浮世絵は江戸時代の平民の生活や習俗を生き生きと描写したものであり、大衆文化を伝える重要な文芸媒体だったと指摘。中国画が日本の浮世絵に与えた影響は、古くは唐の時代にまで遡ることができ、唐代の画風が日本に伝わり、日本の木版画が発展する上での参考となったほか、その後明代(1368年〜1644年)や清代(1644年〜1912年)の小説絵本、蘇州桃花塢木版年画なども日本の民衆の間で流行し、浮世絵芸術の発展に大きな影響を与えたと説明した。上海版画家・上海半島版画工作室盧治平さん来場者が一つ一つの作品を真剣に観賞し、作品を通じて日本の文化を理解することを期待している。【解説】開幕当日のイベントは、大勢の絵画愛好者が関心を寄せた。その中にはスケッチ帳と筆記具を持って作品に向き合い、熱心に模写を行う多数の青少年の姿も見られた。会期は9月17日まで、入場無料。(記者/許暁青、黄揚、任垚媞)<映像内容>浮世絵の原版版画の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092015441

  •  影絵芝居「爬楼」を披露湖南省張家界市
    2018年11月12日
    影絵芝居「爬楼」を披露湖南省張家界市

    12日、湖南省張家界市武陵源区の渓布老街にある無形文化遺産体験基地で、上演された影絵芝居「爬楼」。中国湖南省張家界市武陵源区の渓布老街にある無形文化遺産体験基地で12日、湖南省西部の結婚に関する民間習俗をテーマにした影絵芝居「爬楼」が上演された。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111529588

  •  影絵芝居「爬楼」を披露湖南省張家界市
    2018年11月12日
    影絵芝居「爬楼」を披露湖南省張家界市

    12日、湖南省張家界市武陵源区の渓布老街にある無形文化遺産体験基地で、上演された影絵芝居「爬楼」。中国湖南省張家界市武陵源区の渓布老街にある無形文化遺産体験基地で12日、湖南省西部の結婚に関する民間習俗をテーマにした影絵芝居「爬楼」が上演された。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111529589

  •  影絵芝居「爬楼」を披露湖南省張家界市
    2018年11月12日
    影絵芝居「爬楼」を披露湖南省張家界市

    12日、湖南省張家界市武陵源区の渓布老街にある無形文化遺産体験基地で、影絵芝居「爬楼」を披露する劇団員。中国湖南省張家界市武陵源区の渓布老街にある無形文化遺産体験基地で12日、湖南省西部の結婚に関する民間習俗をテーマにした影絵芝居「爬楼」が上演された。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111529787

  •  影絵芝居「爬楼」を披露湖南省張家界市
    2018年11月12日
    影絵芝居「爬楼」を披露湖南省張家界市

    12日、湖南省張家界市武陵源区の渓布老街にある無形文化遺産体験基地で、影絵芝居「爬楼」を披露する劇団員。中国湖南省張家界市武陵源区の渓布老街にある無形文化遺産体験基地で12日、湖南省西部の結婚に関する民間習俗をテーマにした影絵芝居「爬楼」が上演された。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111529888

  •  影絵芝居「爬楼」を披露湖南省張家界市
    2018年11月12日
    影絵芝居「爬楼」を披露湖南省張家界市

    12日、湖南省張家界市武陵源区の渓布老街にある無形文化遺産体験基地で、影絵芝居「爬楼」を披露する劇団員。中国湖南省張家界市武陵源区の渓布老街にある無形文化遺産体験基地で12日、湖南省西部の結婚に関する民間習俗をテーマにした影絵芝居「爬楼」が上演された。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111529883

  •  「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院
    2019年01月05日
    「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院

    5日、南京博物院で豚舎を形どった陶器を見学する来場者。旧暦の己亥(つちのとい、きがい。中国では「亥」は豚を意味する)年の到来を前に、中国江蘇省の南京博物院が主催した展示会「富貴豚‐南京博物院の豚の文化財収蔵品展」が5日に開幕した。陶磁器、玉器、画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)、書画、皮影(ピーイン、影絵芝居で用いられる人形)、年画(旧正月などの際に飾られる民間版画)、切り紙細工、玩具、装飾品などを含む、豚をモチーフとした文化財80点(セット)余りが展示され、来場者は豚に関連した古代農耕文明や十二支の亥の文化・習俗について理解を深めた。(南京=新華社記者/孫参)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812312

  •  「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院
    2019年01月05日
    「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院

    5日、南京博物院で展示品を見学する子ども。旧暦の己亥(つちのとい、きがい。中国では「亥」は豚を意味する)年の到来を前に、中国江蘇省の南京博物院が主催した展示会「富貴豚‐南京博物院の豚の文化財収蔵品展」が5日に開幕した。陶磁器、玉器、画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)、書画、皮影(ピーイン、影絵芝居で用いられる人形)、年画(旧正月などの際に飾られる民間版画)、切り紙細工、玩具、装飾品などを含む、豚をモチーフとした文化財80点(セット)余りが展示され、来場者は豚に関連した古代農耕文明や十二支の亥の文化・習俗について理解を深めた。(南京=新華社記者/孫参)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812224

  •  「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院
    2019年01月05日
    「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院

    5日、南京博物院で豚の書画作品を鑑賞する来場者。旧暦の己亥(つちのとい、きがい。中国では「亥」は豚を意味する)年の到来を前に、中国江蘇省の南京博物院が主催した展示会「富貴豚‐南京博物院の豚の文化財収蔵品展」が5日に開幕した。陶磁器、玉器、画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)、書画、皮影(ピーイン、影絵芝居で用いられる人形)、年画(旧正月などの際に飾られる民間版画)、切り紙細工、玩具、装飾品などを含む、豚をモチーフとした文化財80点(セット)余りが展示され、来場者は豚に関連した古代農耕文明や十二支の亥の文化・習俗について理解を深めた。(南京=新華社記者/孫参)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812001

  •  「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院
    2019年01月05日
    「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院

    5日、南京博物院で豚の形をした唐代の陶器を見学する来場者。旧暦の己亥(つちのとい、きがい。中国では「亥」は豚を意味する)年の到来を前に、中国江蘇省の南京博物院が主催した展示会「富貴豚‐南京博物院の豚の文化財収蔵品展」が5日に開幕した。陶磁器、玉器、画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)、書画、皮影(ピーイン、影絵芝居で用いられる人形)、年画(旧正月などの際に飾られる民間版画)、切り紙細工、玩具、装飾品などを含む、豚をモチーフとした文化財80点(セット)余りが展示され、来場者は豚に関連した古代農耕文明や十二支の亥の文化・習俗について理解を深めた。(南京=新華社記者/孫参)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812028

  •  「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院
    2019年01月05日
    「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院

    5日、南京博物院で豚の皮影、色を施したお面を見学する来場者。旧暦の己亥(つちのとい、きがい。中国では「亥」は豚を意味する)年の到来を前に、中国江蘇省の南京博物院が主催した展示会「富貴豚‐南京博物院の豚の文化財収蔵品展」が5日に開幕した。陶磁器、玉器、画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)、書画、皮影(ピーイン、影絵芝居で用いられる人形)、年画(旧正月などの際に飾られる民間版画)、切り紙細工、玩具、装飾品などを含む、豚をモチーフとした文化財80点(セット)余りが展示され、来場者は豚に関連した古代農耕文明や十二支の亥の文化・習俗について理解を深めた。(南京=新華社記者/孫参)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812022

  •  「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院
    2019年01月05日
    「豚の文化財収蔵品展」開幕南京博物院

    5日、南京博物院で東漢時代の豚舎を形どった陶器を見学する来場者。旧暦の己亥(つちのとい、きがい。中国では「亥」は豚を意味する)年の到来を前に、中国江蘇省の南京博物院が主催した展示会「富貴豚‐南京博物院の豚の文化財収蔵品展」が5日に開幕した。陶磁器、玉器、画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)、書画、皮影(ピーイン、影絵芝居で用いられる人形)、年画(旧正月などの際に飾られる民間版画)、切り紙細工、玩具、装飾品などを含む、豚をモチーフとした文化財80点(セット)余りが展示され、来場者は豚に関連した古代農耕文明や十二支の亥の文化・習俗について理解を深めた。(南京=新華社記者/孫参)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010812084

  •  「新華社」清代宮廷の「年越し」習俗を展示北京故宮博物院
    01:49.78
    2019年01月07日
    「新華社」清代宮廷の「年越し」習俗を展示北京故宮博物院

    間もなく訪れる春節(旧正月、今年は2月5日)を前に、中国北京市の故宮博物院が主催する「賀歳迎祥―紫禁城内の春節」展が7日、開幕した。885点(セット)の文化財が展示されたほか、かつての皇宮のさまざまな春節の飾り付けも再現され、来場者を春節の雰囲気にいざなっている。故宮博物院単霽翔(ぜん・せいしょう)院長一定期間の準備を経て、「紫禁城内の春節」がついに見学者に公開されました。この展覧会は確かに普通のものとは異なります。まず、故宮の出展数として過去93年間で最多の885点の貴重な文化財が出展されました。その多くが初めて公開されるもので、私たち故宮のスタッフも初めて目にするものがあります。修復や手入れを行い、今日万全の状態で展示しました。展覧会の会期は3カ月で、4月7日まで公開されている。展示内容は「祈福迎祥」(福を祈り幸運を迎える)、「祭祖行孝」(祖先を祭り孝を行う)、「敦親睦族」(家族や親族と親しく睦み合う)、「勤政親賢」(政務にいそしみ賢人と親しくする)、「游芸行楽」(芸を遊び楽を行う)、「歓天喜地」(大きな喜び)の六つのテーマごとに、清代の宮廷における年越しの風習を全面的に表している。(記者/武思宇、張文)<映像内容>「賀歳迎祥―紫禁城内の春節」展の様子、撮影日:2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120786

  •  臘八節を迎える子どもたち
    2019年01月10日
    臘八節を迎える子どもたち

    10日、臘八粥の食材について知識を深める江蘇省蘇州市の平江実験学校の児童ら。中国江蘇省蘇州市の平江実験学校は10日、臘八節(旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い、旧正月を迎える準備をする日。この日に臘八粥を食べる習慣がある)を迎えるイベントを行った。児童らは伝統的な服を着て臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を味わい、昔から伝わる習俗を体験した。(蘇州=新華社配信/華雪根)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624157

  •  臘八節を迎える子どもたち
    2019年01月10日
    臘八節を迎える子どもたち

    10日、臘八粥を味わう江蘇省蘇州市の平江実験学校の児童ら。中国江蘇省蘇州市の平江実験学校は10日、臘八節(旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い、旧正月を迎える準備をする日。この日に臘八粥を食べる習慣がある)を迎えるイベントを行った。児童らは伝統的な服を着て臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を味わい、昔から伝わる習俗を体験した。(蘇州=新華社配信/華雪根)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624083

  •  民俗体験で臘八節を迎える
    2019年01月11日
    民俗体験で臘八節を迎える

    11日、河北省の石家荘市第一幼稚園で、「臘八蒜」(旧暦12月8日前後に作るニンニクの酢漬け)を作るためニンニクの皮をむく園児と教諭(左から2人目)。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517887

  •  民俗体験で臘八節を迎える
    2019年01月11日
    民俗体験で臘八節を迎える

    11日、臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)の食材について理解を深める山東省臨沂市郯城(たんじょう)県郯城街道の官塘(かんとう)幼稚園の園児。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011518216

  •  民俗体験で臘八節を迎える
    2019年01月11日
    民俗体験で臘八節を迎える

    11日、河北省の石家荘市第一幼稚園で、「臘八蒜」(旧暦12月8日前後に作るニンニクの酢漬け)を作るためニンニクの皮をむく園児。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517820

  •  民俗体験で臘八節を迎える
    2019年01月11日
    民俗体験で臘八節を迎える

    11日、河北省の石家荘市第一幼稚園で「臘八蒜」(旧暦12月8日前後に作るニンニクの酢漬け)を作る子どもたち。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517451

  •  民俗体験で臘八節を迎える
    2019年01月11日
    民俗体験で臘八節を迎える

    11日、園児に臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)の食材を紹介する河北省保定市望都県の藍天第二幼稚園の教諭(右端)。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(保定=新華社配信/陳衛紅)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011518065

  •  民俗体験で臘八節を迎える
    2019年01月11日
    民俗体験で臘八節を迎える

    11日、河北省石家荘市第一幼稚園で、自ら漬けた「臘八蒜」(旧暦12月8日前後に作るニンニクの酢漬け)を整理する園児。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011518187

  •  民俗体験で臘八節を迎える
    2019年01月11日
    民俗体験で臘八節を迎える

    11日、園児に臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)の食材を紹介する山東省臨沂市郯城(たんじょう)県郯城街道の官塘(かんとう)幼稚園の教諭(右から3人目)。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011518088

  •  民俗体験で臘八節を迎える
    2019年01月11日
    民俗体験で臘八節を迎える

    11日、河北省の石家荘市第一幼稚園で、臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を食べる双子の姉妹。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011518054

  •  絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版北京市
    2019年01月21日
    絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版北京市

    21日、絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」を読む子ども。子ども向けの文化・歴史学習絵本全集「子どものための故宮シリーズ:わぁ!故宮の二十四節気」の出版発表会が21日、中国北京市の故宮博物院で開催された。この本は3~6歳の児童向けで、親子で読むためのものであり、計24冊から成り、ユネスコ無形文化遺産に登録された「二十四節気」の時系列に沿って、故宮の実景を描いた830枚の大型手描き絵図、故宮の52棟の建物、48の伝統習俗、115点の宝物、64種類の動物、76種類の花や木など、豊富な要素を子ども心あふれる物語に盛り込んでいる。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402824

  •  絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版北京市
    2019年01月21日
    絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版北京市

    21日、絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版発表会で本を撮影する女性。子ども向けの文化・歴史学習絵本全集「子どものための故宮シリーズ:わぁ!故宮の二十四節気」出版発表会が21日、中国北京市の故宮博物院で開催された。この本は3~6歳の児童向けで、親子で読むためのものであり、計24冊から成り、ユネスコ無形文化遺産に登録された「二十四節気」の時系列に沿って、故宮の実景を描いた830枚の大型手描き絵図、故宮の52棟の建物、48の伝統習俗、115点の宝物、64種類の動物、76種類の花や木など、豊富な要素を子ども心あふれる物語に盛り込んでいる。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402803

  •  「新華社」【字幕あり】故宮で感じる二十四節気の美
    01:22.39
    2019年01月21日
    「新華社」【字幕あり】故宮で感じる二十四節気の美

    子ども向けの文化・歴史学習絵本「子どものための故宮シリーズ:わぁ!故宮の二十四節気」が21日、中国北京市の故宮博物院で発表された。子どもたちは絵本の中で、神獣の友達と一緒に故宮の悠久の歴史と文化を探り、四季の美しさに触れることができる。同シリーズは全24冊で、ユネスコの世界無形文化遺産に登録された「二十四節気」の時系列に沿って、故宮の実景を描いた830枚の大型手描き絵図、故宮の52棟の建物、48の伝統習俗、115点の宝物など、豊富な要素を子ども心あふれる物語に盛り込み、故宮の600年近い歴史と文化を子どもたちに巧みに語りかけている。より良い読書体験をもたらすため、絵本は最新のAR(拡張現実)技術も採用して同名のアプリも開発し、テクノロジーによって節気の変化や建物の建造、双方向学習の楽しさを子どもたちに感じてもらい、開かれた視点で伝統文化の魅力を伝えている。(記者/王君璐、馬暁冬)<映像内容>「二十四節気」の絵本発売の様子、撮影日:2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012403018

  •  絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版北京市
    2019年01月21日
    絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版北京市

    21日、絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」を読む人々。子ども向けの文化・歴史学習絵本全集「子どものための故宮シリーズ:わぁ!故宮の二十四節気」の出版発表会が21日、中国北京市の故宮博物院で開催された。この本は3~6歳の児童向けで、親子で読むためのものであり、計24冊から成り、ユネスコ無形文化遺産に登録された「二十四節気」の時系列に沿って、故宮の実景を描いた830枚の大型手描き絵図、故宮の52棟の建物、48の伝統習俗、115点の宝物、64種類の動物、76種類の花や木など、豊富な要素を子ども心あふれる物語に盛り込んでいる。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402922

  •  絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版北京市
    2019年01月21日
    絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版北京市

    21日、絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」を読む人々。子ども向けの文化・歴史学習絵本全集「子どものための故宮シリーズ:わぁ!故宮の二十四節気」の出版発表会が21日、中国北京市の故宮博物院で開催された。この本は3~6歳の児童向けで、親子で読むためのものであり、計24冊から成り、ユネスコ無形文化遺産に登録された「二十四節気」の時系列に沿って、故宮の実景を描いた830枚の大型手描き絵図、故宮の52棟の建物、48の伝統習俗、115点の宝物、64種類の動物、76種類の花や木など、豊富な要素を子ども心あふれる物語に盛り込んでいる。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402789

  •  絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版北京市
    2019年01月21日
    絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版北京市

    21日、絵本全集「わぁ!故宮の二十四節気」出版発表会であいさつする故宮博物院の単霽翔(ぜん・せいしょう)院長。子ども向けの文化・歴史学習絵本全集「子どものための故宮シリーズ:わぁ!故宮の二十四節気」の出版発表会が21日、中国北京市の故宮博物院で開催された。この本は3~6歳の児童向けで、親子で読むためのものであり、計24冊から成り、ユネスコ無形文化遺産に登録された「二十四節気」の時系列に沿って、故宮の実景を描いた830枚の大型手描き絵図、故宮の52棟の建物、48の伝統習俗、115点の宝物、64種類の動物、76種類の花や木など、豊富な要素を子ども心あふれる物語に盛り込んでいる。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402817

  •  初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市
    2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、特製の「煎堆」と「油角」を味わう赤ちゃんパンダ「隆仔」と「婷仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で2018年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411724

  •  初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市
    2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、屋外で遊ぶ赤ちゃんパンダ「隆仔」と「婷仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で2018年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411721

  •  初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市
    2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、屋外で遊ぶ赤ちゃんパンダ「隆仔」と「婷仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で2018年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411543

  •  初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市
    2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、木に登って遊ぶ赤ちゃんパンダ「隆仔」と「婷仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で2018年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411464

  •  初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市
    2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、特製の「煎堆」と「油角」を味わう赤ちゃんパンダ「隆仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で昨年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411919

  •  初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市
    2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、木に登って遊ぶ赤ちゃんパンダ「隆仔」と「婷仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で2018年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412002

  •  「新華社」田舎料理「武邑釦椀」が春節に人気のネット商品に河北省
    02:26.19
    2019年02月06日
    「新華社」田舎料理「武邑釦椀」が春節に人気のネット商品に河北省

    中国河北省武邑(ぶゆう)県の農村では、毎年年越しの季節になると、どの家でも地元の特色ある料理、「釦椀」(こうわん)を用意する。釦椀は一つの料理ではなく、テーブルいっぱいに並べられるさまざまな蒸し碗料理の総称。同県の農村では、宋代から釦椀を用いた宴会の習俗があり、毎年春節(旧正月)などの重要な祝日には、釦椀で客をもてなす。明・清の時代になると、武邑釦椀はすでに名声を有しており、清の康熙(こうき)39年(西暦1700年)には皇帝自らの指示によって宮廷料理に取れ入れられた。武邑釦椀は材料にこだわり、作り方が精巧で、現在の武邑県のほぼ全ての村に釦椀を専門とする料理人がいる。煮込み、いぶし、切り、蒸し、スープを加えるのが武邑釦椀の5大手順。釦椀を作ってすでに50年になる武邑釦椀の伝承者、金樹征(きん・じゅせい)さんによると、一つ一つの手順に細かい要求があるという。1種類の蒸し碗料理を会得するだけで3、4年かかるが、伝統的な武邑釦椀は8種類の「浄碗」で構成される。「浄碗」は肉の蒸し碗料理を指し、これらの料理にとって、燻製の過程が味の決め手となる重要なステップだ。煮込み、いぶした後、さらに切って碗に盛り付け、蒸す。蒸した後、小さな碗を大きな碗にはめ込む。釦椀という名前はここから付いた。大きな碗で最後にスープをかけて完成となる。時代の変化に伴い、釦椀に用いる食材も絶えず変化しており、現在の釦椀は野菜と肉の合わせ方が重視され、昆布、豆腐、キノコなど、多くの新しい料理が加わっている。武邑の人たちにとって釦椀は、年越しに欠かせないものだが、現在では電子商取引(EC)の台頭により、ギフトセットの武邑釦椀が「ネットで人気」の年越し用品となっている。武邑釦椀は地元の伝統的な田舎料理から全国区の料理になりつつあるのだ。統計によると、武邑釦椀のギフトセットは毎年約30万セット販売され、売上高は5千万元余りに達している。同県では毎年、春節前後の繁忙期に約1千人が武邑釦椀関連の産業に従事しているという。(記者/張碩)<映像内容>田舎料理「武邑釦椀」の調理風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621606

  •  「新華社」広州伝統の年越し花市、幸運のブタあふれる
    04:40.66
    2019年02月08日
    「新華社」広州伝統の年越し花市、幸運のブタあふれる

    「花街を巡って年越し」は中国広東省の伝統的な春節(旧正月)の習慣だ。春節の前後には毎年、広東省各地で花市が開かれる。花市巡りは花街巡りとも呼ばれ、一家そろって花街を巡らないと年を越せないと言われるほどだ。広州市の中心にある西湖路(せいころ)花市は地元で最も歴史が古く、最も伝統の味わいを持つ迎春の花市だ。旧暦のブタ年(日本ではイノシシ年)の今年は、花市の入り口に金色のブタの像が置かれ、花市に訪れた多くの人がSNSで公開する写真を撮影する人気スポットになっている。百年の伝統を誇るこの迎春花市に入る時、最初に目に入るのが花ではなく、まばゆいばかりに輝く金色のブタなのが今年ならでは。花市では、ペッパピッグやマクダルに代表されるアニメのキャラクターグッズが至る所で見られ、いろいろな形の風船や家庭に幸福を呼ぶとされる風車、また好奇心を大いにそそられる、ひねると鳴き声のする蛍光色のブタまで、さまざまブタのキャラクターグッズが店頭に並んでいる。当然、各種のぬいぐるみもたくさんある。しかし、花市であるからには、やはり最大の主役は花だ。年々歳々花あい似たり。迎春を象徴する小型の柑橘系植物「年橘」の鉢植えや、桃の花、百合、水仙、胡蝶蘭、ツノナスなど縁起が良いとされる花は、昔も今も花市で最も人気がある。しかし、今年はさらに強力なライバルが出現した。やはり「ブタ」と関係がある。「花街を巡って年越し」は中国南部の特色ある伝統習俗で、広州市では、迎春花市は毎年旧暦の12月28日午前に開場し、同1月1日の明け方まで続く。(記者/霍思穎、黄国保)<映像内容>中国広州、年越し伝統の花市巡りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020825156

  •  「新華社」無形文化遺産と共に楽しむ元宵節遼寧省
    03:20.19
    2019年02月20日
    「新華社」無形文化遺産と共に楽しむ元宵節遼寧省

    旧暦1月15日の元宵節(今年は2月19日)を前に、中国遼寧省の100人近い無形文化遺産の伝承者がこのほど、遼寧省文化遺産保護センター文馨苑で行われたイベントに登場、踊りや伝統工芸などの技術を披露し、この伝統的祝日に彩りを添えた。イベントで披露された満州族の伝統的踊り「撫順(ぶじゅん)満族地秧歌」は、国の無形文化遺産に登録されており、軽快で躍動感に富んだリズムが祝日のムードを一層高めた。秧歌(ヤンコ踊り)の楽しさを感じてもらおうと、演者が来場者の手を取り一緒に踊る一幕も見られた。「元宵節の習俗体験」コーナーでは、にぎやかな元宵節の雰囲気に合わせ、元宵団子作りやなぞなぞ遊びなどを実施。伝承者が元宵節に関連する伝統の職人技を披露し、来場者は団子作りの全過程を間近で見て、出来立ての元宵団子を堪能した。今回のイベントは、元宵節文化の含意を存分に掘り起こし「伝統技芸展示」「元宵節の習俗体験」「インタラクティブ即興実演」「無形文化遺産公開講座」「無形文化遺産バラエティーの夕べ」の五つのテーマごとに催しが行われた。多様な年始の習俗体験と多彩な無形文化遺産の実演により、来場者は一層楽しい元宵節の雰囲気を満喫した。(記者/姜兆臣)<映像内容>中国遼寧省の元宵節のイベント開催の様子、伝統工芸や踊り、元宵団子作りなど、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003168

  •  Sorbian costumes between fashion week and customs
    2019年03月08日
    Sorbian costumes between fashion week and customs

    08 March 2019, Brandenburg, Lübbenau: Sarah Gwiszcz (3rd from right), fashion designer, is standing in her shop for the fifth anniversary of her fashion label “Wurlawy“ after a fashion show for the fifth anniversary of her label. “Wurlawy“ - freely translated from Sorbian means “wild Spreewald women“. Sarah Gwiszcz studied fashion design and wants to offer casual everyday clothes with traditional Sorbian costume elements from her homeland. She was allowed to show her collection at the Fashionweek 2015. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031104805

  •  Sorbian costumes between fashion week and customs
    2019年03月08日
    Sorbian costumes between fashion week and customs

    08 March 2019, Brandenburg, Lübbenau: Sarah Gwiszcz, fashion designer, is in her shop for the fifth anniversary of her fashion label “Wurlawy“. “Wurlawy“ - freely translated from Sorbian means “wild Spreewald women“. Sarah Gwiszcz studied fashion design and wants to offer casual everyday clothes with traditional Sorbian costume elements from her homeland. She was allowed to show her collection at the Fashionweek 2015. (to dpa “Sorbian costumes between fashion week and customs“ of 10.03.2019) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031104789

  •  Sorbian costumes between fashion week and customs
    2019年03月08日
    Sorbian costumes between fashion week and customs

    08 March 2019, Brandenburg, Lübbenau: A model wears clothes by designer Sarah Gwiszcz at a fashion show to mark the fifth anniversary of the “Wurlawy“ fashion label. “Wurlawy“ - freely translated from Sorbian means “wild Spreewald women“. Sarah Gwiszcz studied fashion design and wants to offer casual everyday clothes with traditional Sorbian costume elements from her homeland. She was allowed to show her collection at the Fashionweek 2015. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031104712

  •  Sorbian costumes between fashion week and customs
    2019年03月08日
    Sorbian costumes between fashion week and customs

    08 March 2019, Brandenburg, Lübbenau: A model wears clothes by designer Sarah Gwiszcz at a fashion show to mark the fifth anniversary of the “Wurlawy“ fashion label. “Wurlawy“ - freely translated from Sorbian means “wild Spreewald women“. Sarah Gwiszcz studied fashion design and wants to offer casual everyday clothes with traditional Sorbian costume elements from her homeland. She was allowed to show her collection at the Fashionweek 2015. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031104809

  •  Sorbian costumes between fashion week and customs
    2019年03月08日
    Sorbian costumes between fashion week and customs

    08 March 2019, Brandenburg, Lübbenau: Sarah Gwiszcz (6.f.r., with pigtails), fashion designer, is standing in her shop after a fashion show to mark the fifth anniversary of her fashion label “Wurlawy“. “Wurlawy“ - freely translated from Sorbian means “wild Spreewald women“. Sarah Gwiszcz studied fashion design and wants to offer casual everyday clothes with traditional Sorbian costume elements from her homeland. She was allowed to show her collection at the Fashionweek 2015. (to dpa “Sorbian costumes between fashion week and customs“ of 10.03.2019) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031104781

  •  Sorbian costumes between fashion week and customs
    2019年03月08日
    Sorbian costumes between fashion week and customs

    08 March 2019, Brandenburg, Lübbenau: A model wears clothes by designer Sarah Gwiszcz at a fashion show to mark the fifth anniversary of the “Wurlawy“ fashion label. “Wurlawy“ - freely translated from Sorbian means “wild Spreewald women“. Sarah Gwiszcz studied fashion design and wants to offer casual everyday clothes with traditional Sorbian costume elements from her homeland. She was allowed to show her collection at the Fashionweek 2015. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031104704

  •  Sorbian costumes between fashion week and customs
    2019年03月08日
    Sorbian costumes between fashion week and customs

    08 March 2019, Brandenburg, Lübbenau: A model wears clothes by designer Sarah Gwiszcz at a fashion show to mark the fifth anniversary of the “Wurlawy“ fashion label. “Wurlawy“ - freely translated from Sorbian means “wild Spreewald women“. Sarah Gwiszcz studied fashion design and wants to offer casual everyday clothes with traditional Sorbian costume elements from her homeland. She was allowed to show her collection at the Fashionweek 2015. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031104763

  •  Sorbian costumes between fashion week and customs
    2019年03月08日
    Sorbian costumes between fashion week and customs

    08 March 2019, Brandenburg, Lübbenau: Sarah Gwiszcz (r), fashion designer, is standing in her shop during a fashion show to mark the fifth anniversary of her fashion label “Wurlawy“. “Wurlawy“ - freely translated from Sorbian means “wild Spreewald women“. Sarah Gwiszcz studied fashion design and wants to offer casual everyday clothes with traditional Sorbian costume elements from her homeland. She was allowed to show her collection at the Fashionweek 2015. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031104802

  •  世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市
    2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605226

  •  世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市
    2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605168

  •  世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市
    2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604800

  •  世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市
    2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605273

  •  世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市
    2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605262

  •  世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市
    2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605293

  •  世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市
    2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605264

  •  世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市
    2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605270

  •  世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市
    2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605306

  •  世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市
    2019年10月12日
    世界唯一の女性文字「女書」の作品展湖南省長沙市

    12日、湖南省長沙市の銅官窯古鎮で女書作品展を見学する来場者。中国湖南省長沙市の銅官窯古鎮で12日、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をテーマにした文化観光ウィークが始まり、女書作品約300点が並ぶ展覧会も開かれた。女書は同省江永県で1980年代に発見され、国内外を驚かせた。女書の習俗は2006年に第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。女書は非常に独特で、江永県の方言の発音に合わせて作られており、女性の間でのみ伝わった。全て右から左、上から下へ書き、文字は全て右が高く左が低い特徴を持ち、菱形になっている。筆画は非常に簡単で、点、縦、払い、反りの四つのみでできている。国の関係部門と地元政府による重視と宣伝、大学の学者と民間の研究者による研究がここ数年進むにつれ、女書は徐々に広く知られるようになった。米ニューヨークの国連本部とスイス・ジュネーブの国連欧州本部でも展示され、女書の伝承者が招待を受け、解説や広める活動をするなど、古い文字が新たな輝きを放ち始めている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604971

  •  「新華社」桂林に魅了された南アフリカ男性、地元に溶け込み民宿経営
    02:02.28
    2020年06月22日
    「新華社」桂林に魅了された南アフリカ男性、地元に溶け込み民宿経営

    南アフリカ出身のイアン・ハムリントンさんは、中国広西チワン族自治区桂林市陽朔県で民宿を経営している。まもなく50歳を迎えるイアンさんはこのほど、自身のために新たに古民家を1軒借りた。これまで民宿の一室に住んでいたが、プライベートな空間が欲しくなったという。イアンさんは10年前、貯金をはたいて同県旧県村で古民家を6軒借りた。いずれも古く傷んでいたが、20年契約でサインした。地元の人々からは変わり者と言われた。母国で建築家だったイアンさんは、初めて訪れた陽朔の美しい風景や素朴な習俗に魅了された。漓江支流の遇竜河畔に立つ民家の青みがかった瓦や両端が反りあがった屋根にも深く心を引かれた。仕事を辞めて陽朔に移住したのは2010年。古民家を借り、自ら内装と補修を手がけ、民宿に改装した。イアンさんにとって、美しい風景以上に魅力的なのは地元の人々だという。陽朔には、イアンさんのように美しい自然と開放的で寛容な文化が気に入り、長期間滞在する外国人が少なくない。(記者/覃広華、梁舜、李兪輝)<映像内容>中国で民宿を経営する南アフリカ出身のイアン・ハムリントンさん、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403294

  •  「新華社」雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見
    00:36.53
    2020年08月11日
    「新華社」雲南省麗江市で春秋戦国時代の古墓群を発見

    中国雲南省麗江市玉竜ナシ族自治県大具郷の為都村でこのほど実施された中学校のグラウンド工事で、古墓群が出土した。その後の考古調査で春秋戦国時代のものだと暫定的に判断された。同省文物考古研究所が11日、明らかにした。発掘済みと発掘中の墓は現時点で計59基。墓の類型は長方形、円形、不規則形状の竪穴式土坑墓と石棺墓の4種類が確認された。墓坑は上下複数の層からなり、それぞれの層から遺体が見つかった。各層には一次葬として1、2体の遺体が安置され、その周囲に二次葬の遺骨が多数置かれていた。同省で発掘された古墓でこのような葬送習俗を持つものは初めてだという。墓坑の層は最も多いもので4層あり、一つの墓坑からは最大19個の頭骨が確認された。ほかにも陶罐(とうかん)や海貝の殻、小型の銅器などが出土した。発掘作業は現在も続けられている。(記者/字強、厳勇)<映像内容>雲南省麗江市の中学校の工事で古墓群が出土、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081403456

  •  「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催
    2020年08月16日
    「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催

    16日、迎神賽会で披露された民族舞踊。中国マカオ特別行政区文化局は16日、航海と漁業の女神「媽祖(まそ)」を祀る「媽閣廟(まかくびょう)」前の広場で、伝統的な祭祀活動「迎神賽会(げいしんさいかい)」を行った。会場ではさまざまな踊りが披露され、訪れた人々に中国古代の祭祀儀式や礼制、習俗を紹介した。(マカオ=新華社記者/張金加)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803532

  •  「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催
    2020年08月16日
    「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催

    16日、迎神賽会で披露された民族舞踊。中国マカオ特別行政区文化局は16日、航海と漁業の女神「媽祖(まそ)」を祀る「媽閣廟(まかくびょう)」前の広場で、伝統的な祭祀活動「迎神賽会(げいしんさいかい)」を行った。会場ではさまざまな踊りが披露され、訪れた人々に中国古代の祭祀儀式や礼制、習俗を紹介した。(マカオ=新華社記者/張金加)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803509

  •  「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催
    2020年08月16日
    「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催

    16日、迎神賽会で披露された民族舞踊。中国マカオ特別行政区文化局は16日、航海と漁業の女神「媽祖(まそ)」を祀る「媽閣廟(まかくびょう)」前の広場で、伝統的な祭祀活動「迎神賽会(げいしんさいかい)」を行った。会場ではさまざまな踊りが披露され、訪れた人々に中国古代の祭祀儀式や礼制、習俗を紹介した。(マカオ=新華社記者/張金加)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803500

  •  「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催
    2020年08月16日
    「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催

    16日、迎神賽会で行われた儀式。中国マカオ特別行政区文化局は16日、航海と漁業の女神「媽祖(まそ)」を祀る「媽閣廟(まかくびょう)」前の広場で、伝統的な祭祀活動「迎神賽会(げいしんさいかい)」を行った。会場ではさまざまな踊りが披露され、訪れた人々に中国古代の祭祀儀式や礼制、習俗を紹介した。(マカオ=新華社記者/張金加)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803515

  •  「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催
    2020年08月16日
    「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催

    16日、迎神賽会で披露された民族舞踊。中国マカオ特別行政区文化局は16日、航海と漁業の女神「媽祖(まそ)」を祀る「媽閣廟(まかくびょう)」前の広場で、伝統的な祭祀活動「迎神賽会(げいしんさいかい)」を行った。会場ではさまざまな踊りが披露され、訪れた人々に中国古代の祭祀儀式や礼制、習俗を紹介した。(マカオ=新華社記者/張金加)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803533

  •  「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催
    2020年08月16日
    「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催

    16日、迎神賽会で披露された民族舞踊。中国マカオ特別行政区文化局は16日、航海と漁業の女神「媽祖(まそ)」を祀る「媽閣廟(まかくびょう)」前の広場で、伝統的な祭祀活動「迎神賽会(げいしんさいかい)」を行った。会場ではさまざまな踊りが披露され、訪れた人々に中国古代の祭祀儀式や礼制、習俗を紹介した。(マカオ=新華社記者/張金加)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803511

  •  「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催
    2020年08月16日
    「新華社」マカオ、伝統祭祀「迎神賽会」を開催

    16日、迎神賽会で披露された民族舞踊。中国マカオ特別行政区文化局は16日、航海と漁業の女神「媽祖(まそ)」を祀る「媽閣廟(まかくびょう)」前の広場で、伝統的な祭祀活動「迎神賽会(げいしんさいかい)」を行った。会場ではさまざまな踊りが披露され、訪れた人々に中国古代の祭祀儀式や礼制、習俗を紹介した。(マカオ=新華社記者/張金加)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803558

  •  世界的な「巣ごもり消費」が追い風、揚州包子の輸出急増江蘇省
    2020年11月16日
    世界的な「巣ごもり消費」が追い風、揚州包子の輸出急増江蘇省

    16日、企業の工場で包子の生産状況を調べる揚州税関の関係者。中国江蘇省揚州市には朝食に中国茶を飲みながら点心を食べる習俗、揚州早茶の長い歴史がある。その文化を代表する揚州包子(中華まん)は、美しく精巧な形と新鮮で繊細な味わいを持ち、国内外で広く知られている。新型コロナウイルスにより「巣ごもり消費」が拡大すると、揚州包子はまたたく間に、世界中の食卓に上るようになった。輸出は好調で、1~10月の輸出額は前年同期比24%増の2005万4千元(1元=約16円)になっている。(揚州=新華社配信/胡文静)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008728

  •  世界的な「巣ごもり消費」が追い風、揚州包子の輸出急増江蘇省
    2020年11月16日
    世界的な「巣ごもり消費」が追い風、揚州包子の輸出急増江蘇省

    16日、輸出用中華まんの原材料と補助材料を調べる揚州税関の関係者。中国江蘇省揚州市には朝食に中国茶を飲みながら点心を食べる習俗、揚州早茶の長い歴史がある。その文化を代表する揚州包子(中華まん)は、美しく精巧な形と新鮮で繊細な味わいを持ち、国内外で広く知られている。新型コロナウイルスにより「巣ごもり消費」が拡大すると、揚州包子はまたたく間に、世界中の食卓に上るようになった。輸出は好調で、1~10月の輸出額は前年同期比24%増の2005万4千元(1元=約16円)になっている。(揚州=新華社配信/胡文静)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008743

  •  「新華社」新年に備え、干し豚肉づくり湖南省江華ヤオ族自治県
    00:48.08
    2020年12月23日
    「新華社」新年に備え、干し豚肉づくり湖南省江華ヤオ族自治県

    中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県の多くの地区では冬至(今年は12月21日)の時期になると、豚を解体して、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)にする。この伝統の習俗を通じ、村人は一足早い年越しの気分を味わい、1年の豊作を祝う。習俗に基づき、豚を解体する時は村の親しい友人を招き「殺豚宴(豚解体宴)」を催す。食後に豚肉を小さく切り分け、塩漬けにして2日間乾燥させる。その後、弱火で20日ほどかけていぶせば、ヤオ族の家庭ならではの深い味わいを持つ臘肉が出来上がる。(記者/程済安) =配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122402339

  •  「新華社」安福県で前漢高位者の墓を発見江西省
    00:53.29
    2021年03月09日
    「新華社」安福県で前漢高位者の墓を発見江西省

    中国江西省安福県でこのほど、前漢時代の高位者の墓が見つかり、土器や陶器、漆器、金銀銅器、ガラス器などが出土した。専門家は被葬者の身分について、列侯(漢代の爵位の一つで諸侯王に次ぐ)クラスで、前漢の安平侯と関わりがあると推測する。墓は同県北西部の起鳳山にある。2019年8月に道路の建設工事中に発見され、同10月に江西省文物考古研究院の発掘チームが緊急発掘調査を開始した。墓の構造は「甲」字型の竪穴土坑木棺墓で、封土と墓道、墓坑、棺室からなる。出土した漆器片からは精密な技巧と精美な文様が見てとれ、形状の分かるものでは耳杯や漆盤などがあった。一部の器物では銘文も確認できた。専門家は、同墓が前漢高位者墓の葬送習俗や構造・配置を研究する上での尺度になると指摘。前漢の安成侯と安平侯の管轄地域を探る重要な手がかりにもなると述べた。(記者/劉彬) =配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030907627

  •  千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市
    2021年04月24日
    千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平寺の山門に掛かる扁額。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108325

  •  千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市
    2021年04月24日
    千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平寺の広済大師金身堂の内部。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108364

  •  (9)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市
    2021年05月28日
    (9)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    三平寺と三平祖師文化園の間に架かる橋。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809674

  •  (6)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市
    2021年05月28日
    (6)千年の古刹「三平寺」を訪ねて福建省漳州市

    福建省漳州市にある三平寺の牌坊。(4月24日撮影)中国福建省漳州市平和県文峰鎮にある三平寺は、唐代後期の高僧、義中禅師によって845年に創建された古刹で、建築面積は2千平方メートル余り。境内の両側は回廊になっている。主要建築物の天王殿(半殿)、大雄宝殿、祖殿、塔殿に由来する「三殿半」という俗称で呼ばれる。義中禅師は俗姓を楊氏といい、原籍は現在の陝西省西安市高陵区にあり、781年に福建省福清市で生まれた。14歳で父に従い同省泉州市に赴き、程なく仏門に入った。45歳の時に漳州市の紫芝山に「三平真院」を創建したことから、後に「三平祖師」と尊称された。三平祖師にまつわる習俗は、平和県一帯の伝統文化として国家級無形文化遺産リストに登録されている。信徒の居住地は香港・マカオ・台湾地区をはじめ、世界30カ国以上に及んでおり、国内外に380余りの廟がある。三平寺の東側には広大な三平祖師文化園が新設され、2011年11月30日に開園した。園内の広済大師(朝廷から贈られた尊称)金身堂には、三平祖師の金銅像3666体が祭られている。(漳州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052809670

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4