KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • ちょう
  • ほのか
  • サガリバナ
  • ツツジ
  • ボタン
  • 三大
  • 名花
  • 国花
  • 宮殿
  • 後期

「翰林院」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  サガリバナの香りに包まれた七里村を訪ねて海南省儋州市
    2019年06月25日
    サガリバナの香りに包まれた七里村を訪ねて海南省儋州市

    七里村の川床に根を張ったサガリバナの木と水面に浮かぶサガリバナの花。(6月25日撮影)中国海南省北西部の儋州(だんしゅう)市中和鎮七里村では毎年5月から9月頃までサガリバナ(Barringtoniaracemosa(L.)Spreng)が満開となり、村人たちは毎晩、ほのかな花の香りに包まれながら眠りにつき、唐の時代に戻ったかのような夢を見る。陝西師範大学文学院の趙望秦(ちょう・ぼうしん)教授によると、サガリバナは唐代では貴族だけが観賞できた珍しい名花で、唐昌観、集賢院、翰林院などの宮殿のみで栽培されていた。唐代中後期、玄宗皇帝の娘である唐昌公主が栽培したサガリバナと崇敬寺のボタン、鶴林寺のツツジが三大「国花」と呼ばれ、中でもサガリバナが最も珍重されていたという。(儋州=新華社配信/何文新)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005824

  •  サガリバナの香りに包まれた七里村を訪ねて海南省儋州市
    2019年06月25日
    サガリバナの香りに包まれた七里村を訪ねて海南省儋州市

    地面に落ちたサガリバナの花。(6月25日撮影)中国海南省北西部の儋州(だんしゅう)市中和鎮七里村では毎年5月から9月頃までサガリバナ(Barringtoniaracemosa(L.)Spreng)が満開となり、村人たちは毎晩、ほのかな花の香りに包まれながら眠りにつき、唐の時代に戻ったかのような夢を見る。陝西師範大学文学院の趙望秦(ちょう・ぼうしん)教授によると、サガリバナは唐代では貴族だけが観賞できた珍しい名花で、唐昌観、集賢院、翰林院などの宮殿のみで栽培されていた。唐代中後期、玄宗皇帝の娘である唐昌公主が栽培したサガリバナと崇敬寺のボタン、鶴林寺のツツジが三大「国花」と呼ばれ、中でもサガリバナが最も珍重されていたという。(儋州=新華社配信/陳鐘鵬)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005830

  •  サガリバナの香りに包まれた七里村を訪ねて海南省儋州市
    2019年06月25日
    サガリバナの香りに包まれた七里村を訪ねて海南省儋州市

    七里村の川床に根を張ったサガリバナの木と水面に浮かぶサガリバナの花。(6月25日撮影)中国海南省北西部の儋州(だんしゅう)市中和鎮七里村では毎年5月から9月頃までサガリバナ(Barringtoniaracemosa(L.)Spreng)が満開となり、村人たちは毎晩、ほのかな花の香りに包まれながら眠りにつき、唐の時代に戻ったかのような夢を見る。陝西師範大学文学院の趙望秦(ちょう・ぼうしん)教授によると、サガリバナは唐代では貴族だけが観賞できた珍しい名花で、唐昌観、集賢院、翰林院などの宮殿のみで栽培されていた。唐代中後期、玄宗皇帝の娘である唐昌公主が栽培したサガリバナと崇敬寺のボタン、鶴林寺のツツジが三大「国花」と呼ばれ、中でもサガリバナが最も珍重されていたという。(儋州=新華社配信/何文新)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005864

  •  「新華社」サガリバナの香りに包まれた七里村を訪ねて海南省儋州市
    00:29.71
    2019年07月10日
    「新華社」サガリバナの香りに包まれた七里村を訪ねて海南省儋州市

    中国海南省北西部の儋州(だんしゅう)市中和鎮七里村では毎年5月から9月頃までサガリバナ(Barringtoniaracemosa(L.)Spreng)が満開となり、村人たちは毎晩、ほのかな花の香りに包まれながら眠りにつき、唐の時代に戻ったかのような夢を見る。陝西師範大学文学院の趙望秦(ちょう・ぼうしん)教授によると、サガリバナは唐代では貴族だけが観賞できた珍しい名花で、唐昌観、集賢院、翰林院などの宮殿のみで栽培されていた。唐代中後期、玄宗皇帝の娘である唐昌公主が栽培したサガリバナと崇敬寺のボタン、鶴林寺のツツジが三大「国花」と呼ばれ、中でもサガリバナが最も珍重されていたという。晩唐期と五代十国時代の戦乱により、長安のサガリバナの木は一株も残ることなく、中原(黄河の中下流域の平原地帯)から姿を消した。かつては皇族や貴族、高官のみが身近に観賞できたサガリバナを、今では海南省の七里村で目にすることができる。七里村は海南島北西部を流れる北門江の畔に位置し、1300年の歴史がある。村には中原からこの地に移って来た何、梁、呂、黎、金という苗字の人々が生活している。村は川に囲まれており、サガリバナはその川に沿って生え、多くが川床に根を張っていることから、村全体が「緑の壁」で包まれている。サガリバナは1万株を超え、約400ムー余り(約27ヘクタール)の広さで、約6キロにわたって分布している。最も大きなサガリバナは、高さが15メートルに達している。中国林業科学研究院熱帯林業研究所の研究員でマングローブの生態と栽培について研究している廖宝文(りょう・ほうぶん)氏によると、七里村一帯の野生のサガリバナの樹齢は恐らく700~800年で、分布面積は国内随一の広さがあり、海南省初の淡水湿地林として、島内で複製できない「生きた標本」だという。(記者/厳鈺景、劉詩豪)<映像内容>サガリバナの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005888

  • 1