KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 建築
  • マカオ
  • ムー
  • 一般公開
  • 伝統
  • 八景
  • 出資
  • 台湾地区
  • 大陸

「老子」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
74
( 1 74 件を表示)
  • 1
74
( 1 74 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Daoist Immortal, probably Laozi (??), Five Dynasties period (90760), 10th century, China, High-leaded bronze, H.

    Daoist Immortal, probably Laozi (??), Five Dynasties period (90760), 10th century, China, High-leaded bronze, H. 9 1/2 in. (24.1 cm); W. 4 1/2 in. (11.4 cm), Sculpture, This sculpture epitomizes the merging of religious and secular imagery in later Chinese Buddhist sculpture. With his shaven head and elongated earlobes, the figure resembles a luohan (one of the Indian disciples of the Buddha), but his refined facial features, dignified posture, long-sleeved robe, and pointed shoesall attributes associated with Confucian scholar-officialsidentify him unmistakably as a youthful monk.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022061904135

  • -
    VIRGEN DE LA LECHE - SIGLO XVI - RENACIMIENTO ALEMAN. Lucas Cranach the Elder. CHILD JESUS. VIRGIN MARY.

    VIRGEN DE LA LECHE - SIGLO XVI - RENACIMIENTO ALEMAN. Author: Lucas Cranach the Elder. Location: PRIVATE COLLECTION. MADRID. SPAIN.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020031603851

  • -
    Lao-Tseu (Lao Tzu) Chinese philosopher and sage, father of Taoism.

    Lao-Tseu (Lao Tzu) Chinese philosopher and sage, father of Taoism. 6th century BC. British Museum.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019082902280

  • 2000年10月31日
    老子の足跡たどる

    「次はエベレストに住んで、雪の山を描くことを計画している」と話すヒロ・ヤマガタ氏(東京・渋谷のNHK放送センター)

    商品コード: 2000110200025

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年07月28日
    青銅を流し込む職人 響け、1000度の情熱

    1000度を超える真っ赤な青銅を釣り鐘の鋳型に流し込む職人=7月23日、富山県高岡市の老子製作所

    商品コード: 2003072800137

  • 2008年04月29日
    China: Emperor Liu Bei (161-223 CE), Liu Bei Palace, Wuhou Ci (Wuhou Ancestral or Memorial Hall), Chengdu, Sichuan Province

    Liu Bei (161 ? 21 June 223) was a warlord, military general and later as Emperor Zhaolie the founder of the state of Shu Han during the Three Kingdoms era of Chinese history. Despite having a later start than his rivals and lacking both the material resources and social status they commanded, Liu overcame his many defeats to carve out his own realm, which at its peak spanned modern day Sichuan, Guizhou, Hunan, part of Hubei and part of Gansu.、クレジット:Pictures From Asia/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401623

  • 2008年04月29日
    China: Scenes from ‘The Romance of the Three Kingdoms, Wuhou Ci (Wuhou Ancestral or Memorial Hall), Chengdu, Sichuan Province

    Wuhou Ci (Wuhou Ancestral or Memorial Hall) is dedicated to Zhuge Liang, hero of the classic ‘The Romance of the Three Kingdoms‘ and his emperor, Liu Bei. Zhuge Liang (181?234) was a chancellor of Shu Han during the Three Kingdoms period of Chinese history. He is often recognised as the greatest and most accomplished strategist of his era.、クレジット:Pictures From Asia/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401618

  • 2009年09月28日
    寄贈される友好の鐘 海を渡る「平和の鐘」

    老子製作所が製造し、大阪市からブラジル・サンパウロ市に贈られた鐘(左)と、兵庫県加古川市からニュージーランド・ワイタケレ市に贈られた鐘=7月28日、富山県高岡市

    商品コード: 2009092800014

  • 2009年11月20日
    中国・上海料理 旬の恵みを濃厚に

    「上海老飯店」の上海料理。手前から「上海蟹の〓(☆將の下に酉)油煮込み」、「なまこと海老子の〓(☆將の下に酉)油煮」、「いしもちと雪菜の蒸し物」=東京・汐留

    商品コード: 2009112000173

  • 01:55.03
    2018年11月27日
    「新華社」「南京はすでに私の故郷」南京日本人会会長·兎澤和広さん

    日本の大阪府出身の兎澤和広(とざわ・かずひろ)さん(45)に初めて会ったのは、中国江蘇省南京市新街口(しんがいこう)にある日本式の焼肉店。話し方や振る舞いは中国人そのもので、老子の「道法自然」(中国道教の哲学思想)を語り始めると話が止まらなくなる。南京市で焼肉店を営む兎澤さんは、南京日本人会の会長も務める。幼少時からアトピー性皮膚炎を患っていた兎澤さんは1996年、中国伝統医学に治療法を求め同市の中国薬科大学に留学した。以来この地で22年の歳月を過ごしている。兎澤さんは南京に初めて降り立った日のことを「駅を出ると、空気はきれいで街の各所に文化の深さが感じられた。玄武湖も美しかった」と語る。その日のことは永遠に忘れないという。南京の山も水もある環境をすぐに気に入り、以来22年間、南京の人びとに助けられながら過ごしてきた。多くの友人も得たと語る。今年は中日平和友好条約締結40周年にあたる。南京で生活する兎澤さんにとっても、ひと際感慨深いものがある。兎澤さんは、中国と日本が永遠に平和であってほしいと述べ、「昔の人は『前事を忘れざるは後事の師なり』と言った。今後の日中関係のため日本人は歴史をもっと学ぶ必要があり、それは中国と日本の平和につながる。日本人会の会長として、自らも歴史を学びつつ、南京に来る日本の若者にも聞かせていきたい」と語った。南京という街、人びとの寛容性の高さ、そしてこの街の食べ物が好きだという兎澤さんは、将来について「以前は南京を第二の故郷だと言っていたが、今では本当の故郷だと思っている。一生この街で暮らしていきたい」と語ってくれた。(記者/季春鵬)<映像内容>南京日本人会会長インタビューの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112928619

  • 2019年08月24日
    300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市

    福清市黄檗文化促進会が今回購入した「列子鬳斎口義」。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700421

  • 2019年08月24日
    300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市

    福清市黄檗文化促進会が今回購入した古籍の本文。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700774

  • 2019年08月24日
    300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市

    福清市黄檗文化促進会が今回購入した「荘子鬳斎口義」。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700771

  • 2019年08月24日
    300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市

    福清市黄檗文化促進会が今回購入した「老子鬳斎口義」。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗と関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700620

  • 2019年08月24日
    300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市

    福清市黄檗文化促進会が今回購入した「荘子鬳斎口義」に残る「和田表図書記」の蔵書印。(8月24日)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700623

  • 2019年08月24日
    300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市

    福清市黄檗文化促進会が今回購入した「列子鬳斎口義」を手にする劉莉生氏(右)と林文清会長。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/孫秀蓮)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700776

  • 2019年08月24日
    300年前に日本で刊行の漢籍が中国に「逆輸入」福建省福清市

    「列子鬳斎口義」に残る「大島氏図書」の蔵書印。(8月24日撮影)中国福建省の福清市黄檗(おうばく)文化促進会は8月24日、同市出身の著名在日華僑の劉莉生(りゅう・りせい)氏の協力を得て、日本の古書店から「老子鬳斎口義(けんさいくぎ)」「列子鬳斎口義」「荘子鬳斎口義」という貴重な漢文古籍3部を購入した。これらの古籍は中国で書かれたが、日本に伝わり広く刊行されたため、両国で幾つかの版本が残されている。今回の購入で日本の版本の一つが中国に「逆輸入」されたことになる。「列子鬳斎口義」と「荘子鬳斎口義」は日本の万治2年(1659年)、「老子鬳斎口義」は宝永6年(1709年)の出版。著者は中国儒学の一派、南宋理学最後の学者といわれる林希逸(りん・きいつ、1193~1271年)。林希逸は現在の福清市魚渓鎮で生まれ、字(あざな)を粛翁(しゅくおう)、号を鬳斎または竹溪(ちくけい)という。ほかにも「竹溪稿」「竹溪詩選」「竹溪鬳斎続集」などの著作がある。劉氏はこれらの著作について、黄檗宗の僧侶、隠元禅師の一行が1654年に渡日した際に持ち込んだものが、その後、日本で大量に印刷・出版されて広まったのだろうと語る。福清市黄檗文化促進会の林文清(りん・ぶんせい)会長は、林希逸と黄檗宗との関係を説明してくれた。林希逸の子孫で禅僧の即非如一(そくひにょいつ)は、俗姓を林といい、同市内の黄檗山万福寺で隠元の主な弟子の1人だったという。隠元渡日から3年後に隠元の招きで日本に渡り、15年にわたる布教の中で、隠元が日本で黄檗宗を開くのを助け、隠元入滅後はその後を継いだ。即非如一は詩や書に長けており、師匠の隠元や兄弟子の木庵(もくあん)と共に「黄檗の三筆」と称され、江戸時代の日本の文化に大きな影響を与えた。(福州=新華社配信/劉莉生)=2019(令和元)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700709

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、陝西省の楼観台風景区にある牌坊(はいぼう、伝統的建築様式の門)。中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019120900535

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、空から見た陝西省の楼観台風景区。(小型無人機から)中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019120900582

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、空から見た陝西省の楼観台風景区。(小型無人機から)中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019120900719

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、陝西省の楼観台風景区にある塑像。中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900793

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、陝西省の楼観台風景区にある塑像。中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900800

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、陝西省の楼観台風景区にある建築物。中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900572

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、陝西省の楼観台風景区。中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900797

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、陝西省の楼観台風景区にある建築物の内部。中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900711

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、陝西省の楼観台風景区にある石像。中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900787

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、陝西省の楼観台風景区にある牌坊(はいぼう、伝統的建築様式の門)。中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900665

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、陝西省の楼観台風景区にある牌坊(はいぼう、伝統的建築様式の門)。中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900774

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月05日
    道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    5日、空から見た陝西省の楼観台風景区。(小型無人機から)中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019120900779

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:13.12
    2019年12月09日
    「新華社」道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市

    中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(記者/孫正好、張博文)<映像内容>陝西省西安市の楼観台風景区の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121113298

  • 2020年06月13日
    中国の東西交流の証、天下の要害「函谷関」

    河南省霊宝市の函谷関歴史文化観光区にある老子像の前で行われたパフォーマンス。(6月13日撮影)中国河南省には三つの函谷関(かんこくかん)がある。霊宝市の秦函谷関、洛陽市新安県の漢函谷関、黄河河畔に築かれ秦函谷関に隣接する魏函谷関で、うち秦函谷関が最も古い。記者はこのほど、霊宝市内にある秦函谷関を訪れた。同市函谷関歴史文化観光区管理処の郜俊明(こう・しゅんめい)副主任は「歴史に名高い関所の中で函谷関は最も特殊だといえる。西の長安から東の洛陽に至る交通の要衝であり、千数百年にわたり「兵家必争」の地であり続けた。古代中原地域(黄河中・下流の平原)の中心部と西北地域との文化・経済交流の拠点でもあった」と説明した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400301

  • 2020年12月20日
    (1)貴州省貴陽市で「世界の老子」国際漫画展

    15日、「世界の老子」国際漫画展の会場で展示作品を点検するスタッフ。中国貴州省貴陽市の貴陽孔学堂芸文館でこのほど、「世界の老子」国際漫画展が開幕した。40を超える国・地域のアーティストが描いた作品120点を展示している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201128

  • 2020年12月20日
    (5)貴州省貴陽市で「世界の老子」国際漫画展

    15日、「世界の老子」国際漫画展の会場で展示作品を点検するスタッフ。中国貴州省貴陽市の貴陽孔学堂芸文館でこのほど、「世界の老子」国際漫画展が開幕した。40を超える国・地域のアーティストが描いた作品120点を展示している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201217

  • 2020年12月20日
    (3)貴州省貴陽市で「世界の老子」国際漫画展

    15日、「世界の老子」国際漫画展の会場で展示作品を点検するスタッフ。中国貴州省貴陽市の貴陽孔学堂芸文館でこのほど、「世界の老子」国際漫画展が開幕した。40を超える国・地域のアーティストが描いた作品120点を展示している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201225

  • 2020年12月20日
    (6)貴州省貴陽市で「世界の老子」国際漫画展

    15日、「世界の老子」国際漫画展の会場で展示作品を点検するスタッフ。中国貴州省貴陽市の貴陽孔学堂芸文館でこのほど、「世界の老子」国際漫画展が開幕した。40を超える国・地域のアーティストが描いた作品120点を展示している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201239

  • 2020年12月20日
    (8)貴州省貴陽市で「世界の老子」国際漫画展

    15日、「世界の老子」国際漫画展の会場に作品を展示するスタッフ。中国貴州省貴陽市の貴陽孔学堂芸文館でこのほど、「世界の老子」国際漫画展が開幕した。40を超える国・地域のアーティストが描いた作品120点を展示している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201244

  • 2020年12月20日
    (2)貴州省貴陽市で「世界の老子」国際漫画展

    15日、「世界の老子」国際漫画展の会場で展示作品を撮影するスタッフ。中国貴州省貴陽市の貴陽孔学堂芸文館でこのほど、「世界の老子」国際漫画展が開幕した。40を超える国・地域のアーティストが描いた作品120点を展示している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201249

  • 2020年12月20日
    (10)貴州省貴陽市で「世界の老子」国際漫画展

    15日、「世界の老子」国際漫画展の看板の前を通るスタッフ。中国貴州省貴陽市の貴陽孔学堂芸文館でこのほど、「世界の老子」国際漫画展が開幕した。40を超える国・地域のアーティストが描いた作品120点を展示している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201250

  • 2020年12月20日
    (4)貴州省貴陽市で「世界の老子」国際漫画展

    15日、「世界の老子」国際漫画展の会場で展示作品を点検するスタッフ。中国貴州省貴陽市の貴陽孔学堂芸文館でこのほど、「世界の老子」国際漫画展が開幕した。40を超える国・地域のアーティストが描いた作品120点を展示している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201234

  • 2020年12月20日
    (9)貴州省貴陽市で「世界の老子」国際漫画展

    15日、「世界の老子」国際漫画展の会場に作品を展示するスタッフ。中国貴州省貴陽市の貴陽孔学堂芸文館でこのほど、「世界の老子」国際漫画展が開幕した。40を超える国・地域のアーティストが描いた作品120点を展示している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201259

  • 2020年12月20日
    (7)貴州省貴陽市で「世界の老子」国際漫画展

    15日、「世界の老子」国際漫画展の会場に作品を展示するスタッフ。中国貴州省貴陽市の貴陽孔学堂芸文館でこのほど、「世界の老子」国際漫画展が開幕した。40を超える国・地域のアーティストが描いた作品120点を展示している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201213

  • 2021年04月08日
    Women‘s Olympic Soccer Playoff ( South Korea vs China - 2021/04/08 )

    GOYANG, SOUTH KOREA, APR 08: Ma Jun of China and Lee Young-ju of South Korea duel for the ball in the air during the Women‘s Olympic Football Tournament Playoff between Korea Republic and China at the Goyang Stadium in Goyang, South Korea, on April 08, 2021.(Photo by Seokyong Lee/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040900195

  • 2021年05月31日
    (26)仏山市内の博物館所蔵品を一挙公開広東省

    18日、石湾陶瓷(陶磁器)博物館所蔵の、現代の石湾窯の白釉「貞観の治唐の太宗」と青釉「老子出関」。中国広東省仏山市祖廟博物館で18日、同市の貴重な所蔵品を一挙公開する大規模展覧会「珍宝紛呈-仏山館蔵精品展」が開幕した。陶磁器や書画、玉器、古銭、竹製品、器物など、市内にある25カ所の博物館から厳選した100点(組)以上に及ぶ所蔵品を展示している。(仏山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053106528

  • 2021年07月20日
    (1)老子のふるさとが化粧筆の一大生産地に河南省鹿邑県

    河南省鹿邑県にある化粧筆の生産工場で作業するスタッフ。(5月19日撮影)中国古代の思想家、老子のふるさととして知られる河南省東部の鹿邑(ろくゆう)県でここ数年、化粧筆の生産が基幹産業として地域の経済を支えている。同県産の化粧筆は20以上の国や地域に出荷され、中国の輸出量の8割以上を占める。(鹿邑=新華社記者/張興軍)= 配信日: 2021(令和3)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072101937

  • 2021年07月20日
    (2)老子のふるさとが化粧筆の一大生産地に河南省鹿邑県

    河南省鹿邑県にある化粧筆の生産工場で作業するスタッフ。(5月19日撮影)中国古代の思想家、老子のふるさととして知られる河南省東部の鹿邑(ろくゆう)県でここ数年、化粧筆の生産が基幹産業として地域の経済を支えている。同県産の化粧筆は20以上の国や地域に出荷され、中国の輸出量の8割以上を占める。(鹿邑=新華社記者/張興軍)= 配信日: 2021(令和3)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072102018

  • 2022年02月05日
    (11)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の老子道徳文化広場。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511954

  • 2022年02月05日
    (21)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三聖宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600036

  • 2022年02月05日
    (22)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の山門。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600042

  • 2022年02月05日
    (13)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の凌霄宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511987

  • 2022年02月05日
    (4)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の朝元図。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511592

  • 2022年02月05日
    (20)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三清殿前にある石彫。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600071

  • 2022年02月05日
    (18)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三清殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600060

  • 2022年02月05日
    (5)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の純陽宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511681

  • 2022年02月05日
    (2)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の八徳台。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511582

  • 2022年02月05日
    (27)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の鐘楼。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600360

  • 2022年02月05日
    (28)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の中和楼。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600362

  • 2022年02月05日
    (24)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の山門牌坊(はいぼう)。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600150

  • 2022年02月05日
    (8)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の観音殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511876

  • 2022年02月05日
    (25)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の元辰宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600152

  • 2022年02月05日
    (26)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の元辰宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600154

  • 2022年02月05日
    (23)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の山門と山門牌坊(はいぼう、裏側)。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600134

  • 2022年02月05日
    (16)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三清殿(中央)、凌霄宝殿(右)、純陽宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600004

  • 2022年02月05日
    (14)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の羅天大殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511988

  • 2022年02月05日
    (15)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の盆景園。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020512008

  • 2022年02月05日
    (12)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観にある老子像。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600052

  • 2022年02月05日
    (17)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三清殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600083

  • 2022年02月05日
    (19)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三清殿前の広場。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600084

  • 2022年02月05日
    (3)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の財神金殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511590

  • 2022年02月05日
    (1)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の元辰宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511576

  • 2022年02月05日
    (7)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の鼓楼。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511823

  • 2022年02月05日
    (6)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の敷地内。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511775

  • 2022年02月05日
    (29)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の円玄素食館。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600397

  • 2022年02月05日
    (9)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の黄大仙殿(中央)、文昌殿(右)、太乙殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511908

  • 2022年02月05日
    (10)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観にある金山湖。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511933

  • 1